ここから本文です

不公平拡大では

  • 39
  • 0
  • 2014/08/26 21:23
  • rss
  • 所得拡大促進税制
    給与を増やせば、支払い法人税を少なく出来る税金制度

    事業が拡大できた企業は減税される。事業が拡大出来なかった企業からの税金等で拡大企業に税というお金を略奪されることになるので不公平じゃないでしょうか。

    給与が上がらなかった者の支払う税金等を給与が上がった者が略奪することになり不公平じゃないでしょうか。

    一時的に給与を増やし税金を減免し、後は一時金や雇い止めなどで調整もあり、不公平じゃないでしょうか。

    事業者の親類縁者などを低率所得税内の高給で雇ったことにすれば法人税が帰って来ることになり不公平じゃないしょうか。

    そもそも只でさえ大きすぎる国内外価格差を拡大させる意図があり、産業や技術や資金流出など将来的に困ることになるのじゃないでしょうか。

  • <<
  • 39 17
  • >>
  • “forcibly drafted”=強制的に徴兵された???




        いいから、挺身隊はみんな従軍慰安婦ということにしておけ!!




           いいから、英訳するときは、徴兵されたということにしておけ!!




    韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は日本軍の慰安婦問題を解決するために結成された韓国の団体。元日本軍慰安婦の調査、日韓両政府への意見表明、世界各国で日本軍慰安婦は強制動員された「従軍慰安婦」であるとして日本政府に謝罪を要求する運動を行っている。本部は、ソウル市内、西大門に近いところにある。

    •1990年11月16日 - 韓国教会女性連合会、韓国女性団体連合会等16団体が参加して結成。初代代表は尹貞玉。

    •2005年4月18日 - 「被害者と被害者たちを支援する団体の名誉まで毀損した」などとして韓国陸軍大佐の評論家池萬元を名誉毀損でソウル中央地検に告訴した。

    •2009年3月5日 - 日本の民主党に法制定などを通じた旧日本軍慰安婦問題の早期解決を促す要請書を伝達と発表。

    •200名近い元日本軍の慰安婦たちの聴き取り調査を行ったとしている。その調査の詳細を出版の形で公表した人数はこれまでのところ34人(第1回19人、第2回15人)であり、百数十名以上について、被害事実や名前、仮名を公開できておらず、「大多数のハルモニたちは、アジア女性基金を拒否している」と主張する挺対協が慰安婦の意見の総代表として振る舞おうとしていることへの批判が絶えない。

    •日韓政府に対して、日本政府の公式の謝罪、責任者の処罰、国家賠償を求めて活動している。また韓国での元慰安婦の意見を代表する組織として、声明をだしている。

    •女性のためのアジア平和国民基金にはそれが国家賠償ではなく、日本政府の責任を曖昧にするとして批判している。アジア女性基金が元慰安婦各個人に「償い金」を受けとるよう活動した際には、上記の理由から反対し、受け取れば「自ら進んで行った売春婦」であると認めることになるとして非難した。

    •挺身隊対策協議会はアジア女性基金への対抗策として募金を募ったが、あまり集まらなかった。

    •韓国の日本軍の元慰安婦7人が1997年にアジア女性基金から一時金を受け取ったことに対し韓国内の支援団体やマスコミが猛反発。7人は厳しい批判にさらされ、挺身隊対策協議会は、7人を募金対象者から外した。

    •安秉直ソウル大学名誉教授は、この韓国挺身隊問題対策協議会と3年間、日本軍慰安婦について共同調査をおこなったが、慰安婦を強制動員した証拠はなく、元慰安婦とされる人たちの証言についての客観的な資料もなかったと述べるとともに、韓国挺身隊問題対策協議会の人たちについては、慰安婦の本質を把握し、現在の悲惨な慰安婦の状態を防止するためではなく、日本とケンカするためだったと述べている。

    •2011年12月14日には、韓国の日本大使館前の公道に無許可で元慰安婦の少女時代を題材にしたというブロンズ像を建てた。公道に無許可で設置することは違法になり、日本の在韓大使も韓国政府に抗議したが、韓国側は日本政府が解決に向けて努力すべきだとし、黙認するに至っている。

    •この団体の英語の名称は"The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan"となっており、日本語に訳せば「日本によって軍の性奴隷に徴兵された女性のための韓国協議会」と「徴兵された(Drafted)」という語を使っている。このため「日本が慰安婦を徴兵した」との誤解を生んでおり、例えばAFP通信社の発信するニュース[Japan distances itself from 'comfort women' comment, May 14, 2013などでも,「徴兵された(drafted)」と全世界に報道されている。

    •李栄薫ソウル大学教授の「従軍慰安婦は売春業」「朝鮮総督府が強制的に慰安婦を動員したと、どの学者が主張しているのか」などの挺身隊関連の発言に対し、常任代表の申蕙秀は李教授の教授職辞任を要求した。(朝鮮日報 2004/09/03)

    •団体名が慰安婦ではなく挺身隊という誤った名前である理由は千田夏光、女子挺身隊、からきている。

    •池萬元から日本大使館前で毎週水曜に行われている抗議集会に参加する元挺身隊の女性たちは偽者であるなどの批判をされている。

    日本大使館前で毎週水曜に行われている抗議集会に参加した岡崎トミ子
    前民主党参議院議員。2013年の7月の参議院選挙で落選。  ↓

    不公平拡大では “forcibly drafted”=強制的に徴兵された???       

  • 絆は理解できないだろう!!





    存亡をかけた情熱!!





                歴史」を勉強する必要がある!!






    「朝鮮人の強制連行」問題の著作物は、地方の公立図書館へ行くと、意外なほど多い。戦前の日本国内では、朝鮮人の犯罪者が多かったので、いかにして朝鮮半島からの人の流入を釜山港で阻止するかに悩み、たびたび朝鮮総督府に有効な対策を求めていた。だが、「朝鮮人の強制連行」問題の著書があれほど多くても、「犯罪」「入国阻止」関連研究書は、大学図書館でさえほとんど見いだすことが困難だ。

    (中略)
    韓国人の著述には、「日帝36年」について「強制連行」「強制労働」「強制徴集・徴用」と表現することが多いが、その「強制連行」とは、じつは大陸文化そのもので、戦争や動乱があるたびに、住民が「強制連行」されたことは、中国史にも、朝鮮史にも繰り返し書かれている。


    韓国人の「日帝」糾弾のバターンは、たいてい決まっている。それはあたかも日帝のすべての悪事悪行が隠蔽されてきたが、それが次から次へと考古学や犯罪事件摘発のように発掘されていくという図式である。

    第二次大戦末期に、台湾からも多くの少年工が来日している。しかし、彼らは「強制連行」ではなく、厳しい選考をへて、来日が許可されたのだった。
    「強制連行」については、台湾人の子供まで連行され、海軍飛行場の建設工場で、酷使され、息を引き取ったと韓国有力紙に報道されたこともある。

    この「子供強制徴用の実態」に関して、あたかも「歴史発掘」のように、韓国では一時、歴史捏造に狂奔した。

    「東亜日報」(91年10月23日付)は、「神奈川県で12から18歳の台湾少年工8000名が、軍需工場で強制労働させられていたことが明らかになった。しかし、8歳の少年強制労働と火葬というのは、ひょっとすると日本全国で初めて確認されたことではないだろうか」と日本の大学教授の発言を引用して報道している。

    日本の反日大学教授も不勉強であるが、韓国のマスコミも「反日」の話題でさえあれば、なんでもかんでも派手に報道するという姿勢は問題であろう。

    じつは、台湾少年工についての歴史捏造と歪曲ほどひどいものはない。

    戦争末期、台湾から日本に来た8000名の台湾少年工は、主に名古屋、大和市、群馬県の戦闘機工場で働いた。彼らは「強制連行」ではなく、厳しい筆記試験に合格、さらに身体検査にも合格、校長と両親の許可を得て来日したものであった。

    「強制連行」どころか、現在でいえば「東大入試」の狭き門をパスした誇りある少年たちである。私が直接彼らから聞いたところでは、「隼」以外に「ゼロ戦」をつくったという人もいた。

    彼らは現在「高座会」をつくり、生存者は70歳前後になっているものの、なおも5000人以上の会員を有している。会誌も発行されている。十数歳の台湾少年工の作詞、作曲した会歌は、日本の寮歌に似ていて、合唱するとじつに感動的である。

    彼らは日本人の友人との絆が強く、94年の大和市の大会では、2000人以上の会員が台湾から来日し、大和市は、交通大渋滞となるほどであった。当時、日本のマスコミは、彼らを「強制連行」と報道したため、自尊心を傷つけられ、会長が会員全員を引き連れ、新聞社へ抗議に行くという話もあったほどだ。

    戦争末期の米軍空襲下でともに働いてきた台湾人と日本人は、上官と部下の関係のみでなく、その絆もなかなかに強い。私は台湾から来た昔の少年兵を連れ、かつての日本人仲間の病気見舞いや、老後の不遇者の生活の面倒に奔走する戦友を案内したこともあった。

    日帝の「暴挙」ばかりを追及してきた韓国人には、日本国民として育てられ、ともに国家の存亡をかけた情熱と戦友としての絆は理解できないだろう。この5000人以上の証人について、日本人ももっと「歴史」を勉強する必要があるのではないだろうか。

    彼ら韓国人が、いかに「強制連行」「虐殺」「追害」だけを喚(わめ)いているかを示唆するような話ではないだろうか。

    韓国人の「反日」 台湾人の『親日」 黄文雄 1999 光文社より

    この人が台湾の気鋭のジャーナリスト黄文雄氏 ↓

    15,6歳で徴用された元台湾少年工の懇親会。↓ 今でも続いている。彼等は、ゼロ戦や雷電戦闘機の製造にかかわったことを、この上なく誇りに思っている。どうして、こうも朝鮮人元徴用工とこんなにも違いが生じるのでしょうか・・・

    不公平拡大では 絆は理解できないだろう!!       存亡をかけた情熱!!                   歴

  • “都市伝説”は本当だった




    「ポルシェ」で万引、生活保護、




    49歳・韓国籍男の“仰天非常識”…、




    見過ごした行政の“怠慢”・・・


    2014.2.12

     いずれも似つかわしくない取り合わせだった。男が「万引」の犯行現場に乗り付けた車、そしてこの男は生活保護受給者…。男の愛車は、万引と生活保護という2つの言葉とは縁遠い存在のドイツの高級車「ポルシェ」だったのだ。

    兵庫県警長田署に窃盗容疑で逮捕、起訴された男は、韓国籍で神戸市長田区の無職、朴永錦被告(49)。さらに交通事故で1千万円超の保険金を受け取ったにもかかわらず、生活保護費を不正受給していたことも判明し、詐欺容疑で再逮捕された。

    原則、所有が認められない高級外車を生活保護の受給中に購入したという呆れた行動。だが、保護費を支給していた神戸市も、不正を見破る機会をみすみす逃していたという。

    万引現場への足にポルシェ

     「生活保護をもらいながら外車に乗っている」。こんなフレーズは半ば都市伝説のごとく語られることはあったが、現実だった。

     平成25年10月、神戸市長田区のホームセンター。朴被告は携帯型の発電機(約5万円相当)を店外に持ち出し、駐車場にとめていた愛車のポルシェに積もうとしていたところを、男性保安員に呼び止められた。

     保安員が朴被告を取り押さえ、通報で駆けつけた長田署員に引き渡した。朴被告は「買うつもりだった」と否認している。

     捜査の結果、朴被告が生活保護を受給していることが判明した。生活保護の受給者は原則的にマイカーを持てないはずだ。なぜ、高級車のポルシェなのか。

    捜査員らが調べを進めると、朴被告が以前に2度、交通事故で治療費を含み計1100万円超の保険金を受け取っていたことも分かった。この保険金をポルシェの購入資金に充てていたとみられる。

    生活保護の原資は税金だ。生活に困窮している人たちの手に渡るのは当然だが、支給する側の自治体には、せめて見抜ける不正は見逃さないという当たり前の手続きだけは怠らないでほしいものだね。

    男が生活保護を受給している最中に購入したという車ポルシェ ↓

    不公平拡大では “都市伝説”は本当だった     「ポルシェ」で万引、生活保護、

  • 【質問】日本の政治家には,北朝鮮を巡るどんな利権があるか?



    【回答】川砂利利権があるという説がある.
    以下,抜粋.



     巨大なコンクリート建築物のコンクリートには
    川砂利が必要。
    そして日本にはもうすでに必要なだけの川砂利がないのだ。

    ある日本政府関係者は言う。
    「多くは中国から輸入されています。
    中国の川砂利利権をほぼ独占しているのは道路族のドンとして知られる元自民党の古賀誠ですが、実は中国船で運ばれてくる川砂利の相当部分が北朝鮮産ではないかという疑惑が持たれているのです。

    今は北朝鮮に対し日本は経済制裁を実施しているので、直接北朝鮮から輸入することはできません。
    また仮に、北朝鮮から直接輸入するとなると、また利権スキャンダルで叩かれることになるという配慮から中国を経由させてるのでしょう」

    北朝鮮の砂利利権を握るのは野中広務だといわれる。野中と古賀の親密ぶりを考えれば、ありえない話ではない。

    日本政府関係者が続ける。
    「昨年の四月末に北京で日朝赤十字会談が開かれましたが、このとき、実は古賀が北京に飛び、夜に朝鮮労働党の幹部と会っています。
    そこで、一シーズンに二万五〇〇〇トンの川砂利を十回にわたって日本に運ぶという輸入話をまとめたといわれています。 」

    (野村旗守[編]
      「北朝鮮利権の真相」,別冊宝島Real, p.86-90)

    不公平拡大では 【質問】日本の政治家には,北朝鮮を巡るどんな利権があるか?      【回答】川砂利利権があるという

  • 歴史から葬り去られた門があります。






          その門を、朴クネ大統領は民族のために再建するか???






    ソウル近郊にあった迎恩門!!






    朝鮮国王は、ここで、清国(中国)の使者に対し、三度ひざまづき、九回頭を地にこすりつけていたのです。
    日清戦争後に締結された下関条約第2条により、朝鮮の清国よりの独立が認められたため、朝鮮民衆は、歓呼の声を上げて、歓喜の涙を流しながら、この迎恩門を叩き壊しました!!

    そして、その跡地に西洋風の独立門を建立しました。
    今の韓国人は、迎恩門というのを一切知りません。
    教科書から抹殺してしまったのです。

    そして、清国(中国)から押し付けられた朝鮮という国号を即座に捨て去り、中国と対等であるという意味で、大韓帝国という国名に変更しました。
    同時に、李氏朝鮮始まって以来はじめて、朝鮮独自の年号(元号)を定めました。
    それまでは、中国の年号(元号)に忠実に従っていたのです。

    独立門と迎恩門の2本の門柱跡  ↓

    不公平拡大では 歴史から葬り去られた門があります。              その門を、朴クネ大統領は民族のために再

  • その理解し難き精神構造



        身も凍る残虐行為の実態とは-



    韓国がダンマリを決め込む歴史上の“負の遺産”



     従軍慰安婦など歴史問題を盾に執拗な反日政策を展開する韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領。だが、実は、自国の“負の遺産”についてはダンマリを決め込んでいる。1960~70年代のベトナム戦争で、凄惨を極めた韓国軍による大量虐殺や性ビジネス。自国のこととなると知らぬ存ぜぬ一点張りの朴氏。その理解し難き精神構造と身も凍る残虐行為の実態とは-。

     昨年2月の就任以降、日本に「過去を直視せよ」と迫り、安倍晋三首相との会談を拒み続ける朴氏。日本の戦争責任を厳しく追及しているが、韓国軍が犯したベトナム戦争での蛮行に目を向けると、「過去を…」という言葉をそのまま返したくなる。その残虐さは、近代戦争史のなかでも群を抜き、突出しているからだ。

     米国の要求に応えて、韓国がベトナム戦争に参戦したのは64年。朴氏の父親である朴正煕政権(当時)が、世論の反対を押さえて決断した。以降73年までに、米軍以外では最大規模の延べ30万人以上を派兵。「青龍部隊」「猛虎部隊」「白馬部隊」という先鋭部隊が、激戦区のベトナム中部の海岸地帯に送り込まれ、“拠点防衛”を任されたという。

     インドシナでの取材経験が豊富な戦争ジャーナリスト、井川一久氏(79)は“拠点防衛”の実態をこう話す。

     「いわゆる『農村無人化作戦』。最初は敵を探し出し、集中的に攻撃する作戦だったが、なかなか降参しないベトナムの武装ゲリラを掃討するため、民間人が住む農村部を攻撃することにした。事前通告して村から離れないものはすべて敵とみなして殺害する。米軍と規模こそ異なるが、韓国軍の手口は残虐さを極めた」

     「兵士である男は村にいないので、実際に殺害されたのは女性と子供、そして、老人ばかり。防空壕に逃げ込んだ村民を引っ張りだして片っ端から射殺したり、手榴弾を投げつけたりした。生き残った村民からは『韓国軍は事前通告をしなかった』という証言も得た」(井川氏)

     残虐方式にはパターンがあり、「子供たちの頭や首を切り落とし、手足を切断して、火に投げ込む」「妊婦の腹から胎児が飛び出すまで軍靴で踏みつける」など、筆舌に尽くしがたい生存者の証言内容が、韓国の雑誌などで報告されている。

     韓国軍による慰安婦問題もベトナム戦争の傷跡として重く残る。

     井川氏は「韓国軍や韓国の民間人は、村を追われて戦争難民であったベトナム人女性を『売春婦』に仕立てた。これは事実上の強制連行といえる」と強調。当時、南ベトナムの至る所に韓国人経営の性的慰安施設があり、戦闘地には軍人専用のものがあったという。

     「ある韓国軍副司令官の家に呼ばれた際に、10代のベトナム人女性が出てきて『今夜はお宅に連れていっていいですよ』と言われて非常に驚いた。まさに占領国意識の塊だった。韓国人男性とベトナム人女性の混血児『ライダイハン』は1万5000人いるといわれるが、セックス・ビジネスと無関係ではない」

     こうした負の遺産は、韓国国内で長い間、封印されてきたが、90年代後半から韓国の市民団体などが調査、報道して顕在化した。

      韓国政府はいまだ正式に調査を行っていないものの、2001年に金大中大統領(当時)がベトナム訪問の際に「不本意ながらもベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と謝罪した。

     これに対し、「金大統領の歴史認識を憂慮せざるを得ない。参戦勇士の名誉を傷つけるものだ」とかみついたのが当時、野党でハンナラ党副総裁だった朴氏。今年9月のベトナム訪問でも朴氏は一切、謝罪をしていない。

     「朴氏の発想の原点は『国軍の名誉』というところにある。要は、事実には目をつむるということ。自分の国の悪いことは一切言わないが、同じようなことが日本にあると攻撃する。大統領からマスコミ、国民までみんな同じ思考で、朴氏は韓国を映し出す鏡といえる」

     本紙の連載などをまとめた『呆韓論』の著者でジャーナリストの室谷克実氏はこう語り、朴氏が抱える矛盾を指摘する。

    南ヴェトナム中部のビンホア村にある韓国軍憎悪記念館 ↓
    南ヴェトナムで韓国軍により日常的に虐殺された人たち ↓
     「事実をねじ曲げて『慰安婦は性奴隷』と日本を批判している韓国人は、ベトナム戦争を体験した世代。自分たちがやったことは、日本もやったはずだと思い込んでいる」

     自国の歴史に直面せず「日本は慰安婦を侮辱している」などと繰り返す朴氏。虚偽をかたり、他者をおとしめ、都合の悪いことには、目をそむける。侮辱しているのは一体、どちらなのだろうか。

    南ヴェトナム中部ビンホア村にある韓国軍憎悪記念館 ↓

    不公平拡大では その理解し難き精神構造         身も凍る残虐行為の実態とは-     韓国がダンマリを決め込

  • 「韓国中央日報」からの記事です。



    在日同胞の姜尚中教授、日本の聖学院大学学長



     韓国国籍の在日同胞2世である姜尚中(カン・サンジュン)教授(63)が、日本の聖学院大学学長(韓国の総長)に選任された。キリスト教系総合大学で埼玉県上尾市に位置する聖学院大が30日にホームページで明らかにした。任期は2014年4月から5年間。1950年日本の熊本県で生まれた姜教授は15年間東京大学教授に在職した。政治学および政治思想史の専攻で『オリエンタリズムの彼方へ』『東北アジア共同の家を目指して』などの著書がある。  
     
     姜尚中(カンショウチュウ)については「二面性」があることで有名です。日本国内では、「評論家モドキ」の顔をしてますが、韓国にもどれば、「素の韓国人」に戻り、反日演説をやりまくっています。  
     
     まずは姜尚中の人物像を見てみましょう。姜尚中の父親は、戦前に朝鮮半島から日本へ出稼ぎに来た朝鮮人です。もちろん、「強制連行」されてきたわけではありません。戦前の朝鮮半島の人間から見れば、日本は一攫千金を狙える夢の場所だったんです。ですから、日韓併合時代においても「日本に密入国する朝鮮人」は多かったんですね。

     姜尚中の両親は、パチンコ・マルハン会長のような戦後の密入国組ではなく、戦前から日本に来ていましたが、戦後も韓国には帰らず、「永野」という通名を使って、日本人に成りすまして暮らしていました。それは、韓国より日本のほうがはるかに文明国であり、安全で暮らしやすかったからですね。     

     姜尚中は早稲田大学在学中の22歳の時に「朝鮮人として覚醒」して、「通名=偽名=日本人風の名前」であった「永野鉄男」から「姜尚中」という本名を名乗るようにしたと述べていますが、早稲田卒業後に留学した西ドイツの大学では、ふたたび「日本人の永野鉄男」と名乗っていたようです。 なぜなんでしょうね?
      
     姜尚中の「竹島問題」に関しての発言

     「独島は韓国が実効支配してるじゃないか。だから日本は戦争をしない限り、独島を実効支配することは不可能です。日本が竹島だと主張しても、放っておいてかまいません。私達が我々の領土を実効支配しているからね」(2010年(平成22年)1月2日、韓国『MBC』の取材で)

     「日本から独島問題をめぐる妄言が出てきても、韓国は実効的支配をしているため感情的に対応する必要はない」(2010年(平成22年)3月10日、韓国『中央日報』の取材で) 
      

     姜尚中の「北朝鮮による拉致被害者」に関する発言

     「北朝鮮核問題や拉致問題を取り上げて北朝鮮を批判する日本の世論を変えねばならない。在日同胞たちが過去に日本に連れて来られたことに対しては何も言わず、冷戦時代の拉致ばかり話すというのは矛盾したことだ。私は横に横田夫妻がいても、これを言うことができる」 (2006年(平成18年)11月25日の世界海外韓人貿易協会での講演)

     聖学院大学の学生の皆様、ベンツに乗ったミーハー「在日韓国人・姜尚中」が皆様のキャンパスに現れるかもしれません。そのときにはぜひ「おい、ながのてつお、竹島はどこの国の領土だ?」、「てつおちゃん、日本人拉致被害者のことはどう思ってんの?」と質問してみてください。

    こいつが大の反日家の在日韓国人・姜尚中 ↓

    不公平拡大では 「韓国中央日報」からの記事です。     在日同胞の姜尚中教授、日本の聖学院大学学長      韓国

  • ■鎌倉孝夫
      
     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%AD%9D%E5%A4%AB


    1980年代以降、一貫して
    チュチェ思想を支持する立場に立っており、
    雑誌『キムイルソン主義研究』などに
    たびたび論文を発表している。
    現在もキムジョンイル著作研究会全国連絡協議会
    代表世話人を務める。
    日朝友好への貢献が評価され、
    朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会より
    親善勲章第1級を授与されている。

    不公平拡大では ■鎌倉孝夫     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%8C%E

  • 連続して発生する、重要文化財の盗難事件



            国家ぐるみの犯行か??



    重文狙い寺襲った韓国人逮捕 愛知 福井の事件も関与か
    2007年02月02日09時56分、朝日新聞

     国の重要文化財を所蔵していた愛知県御津町の大恩寺で05年8月に住職の長男(当時19)が刺された事件で、同県警が韓国から来日した住所不定、無職金在七容疑者(48)を逮捕していたことがわかった。

    金容疑者は「文化財は韓国で金になるので、ほかの韓国籍の男3人と一緒に襲った」と供述。県警は身元が分かった2人を指名手配した。金容疑者は強盗致傷と建造物損壊などの罪ですでに起訴されている。

     調べでは、金容疑者は05年7月19日ごろ、国の重文の掛け軸などが保管されていた大恩寺の宝物庫の屋根をドライバーで損壊。同年8月3日には、寺に侵入して長男の両手足を粘着テープで縛り、腹を柳刃包丁で突き刺すなどして約3カ月の重傷を負わせたとされる。宝物庫のシャッターの鍵を開けられず、掛け軸などは無事だった。

     金容疑者は、06年9月に福井県敦賀市の西福寺で男性僧侶(当時46)が襲われて重傷を負い、現金数十万円などが奪われた事件にもかかわったことを認めているといい、福井県警は近く強盗致傷容疑で再逮捕する。

     この事件では、同県警は、別の韓国籍の男3人も関与したとみて捜査。東京都新宿区高田馬場2丁目、無職金鐘浣容疑者(34)を同容疑で1日逮捕した。

    不公平拡大では 連続して発生する、重要文化財の盗難事件            国家ぐるみの犯行か??    重文狙い

  • 火あぶりにしろ!!



             今なお続く、恐怖の魔女狩り!!



                      そしてみんな、火病に罹った!!





    親日派リスト(チニルパリスト、ハングル表記:친일파 목록(親日派目録)、以下チニルパリスト)とは韓国の民族問題研究所(所長:任軒永)と関連団体の傘下の親日人名辞典編纂委員会(委員長:尹慶老)が、日本統治時代の朝鮮において反民族行為を行ったとみなした人物を親日人名辞典に収録する目的でに整理した資料を言う。

    2005年8月29日に行われた第1回の発表では、3090人がリストに収録された。2008年4月29日に行われた第2回の発表では新たに1686人が加えられ、現在では4776人が収録されている。

    韓国での考え方は以下の通り。

    1. チニルパリスト全体の人員は 4776人であり、この中にはその間抗日名士と民族リーダーとして著名な人々を含んでおり、本当にチニルパとして分類しなければならないのかの議論が多い人物たちも含まれている。

    2. 民族問題研究所は上記問題に対し抗日運動をしていた経験があっても主張を変更した人、また特定の親日行為がないとしても日帝時代に職位にあった人も含まれるという回答をしているが、後者は明らかに表面的で浅薄な民族主義に基づいていると非難の声が多い。

    3. 基準が北朝鮮におけるチニルパ基準と類似していること、また1民間機関の民族問題研究所が代表性を持つかに対する批判もある。

    分野毎のチニルバリストは以下(氏名はハングルと漢字表記)としている(第1回で収録された3090人のみ。第2回収録分は含まれていない)。

    1. 売国類似行為・追従者 : 124人
    2. 中枢院 : 279人
    3. 帝国議会 : 11人
    4. 官僚分野 : 1,608人
    5. 警察分野 : 450人
    6. 日本軍及び満洲軍将校服務 : 213人
    7. 判事及び検事(法曹界) 分野 : 190人
    8. 親日団体分野 : 272人
    9. 宗教分野 : 157人
    10. 文化/芸術分野 : 146人
    11. 教育/学術分野 : 68人
    12. 言論分野 : 40人
    13. 戦争協力 : 72人

    韓国の大統領をつとめた朴正熙、韓国国歌を作曲した安益泰、大韓民国の国旗をデザインした朴泳孝、韓国の一万ウォン紙幤に使用されている世宗の標準肖像画を書いた金基昶などがリストアップされており、反民族行為を行なった人物として糾弾の対象になっている。

    おぞましいまでの韓国の反日画像の数々 ↓

    不公平拡大では 火あぶりにしろ!!             今なお続く、恐怖の魔女狩り!!             

  •  韓国の歴史教科書のデタラメを具体的に列記したらきりがない。自国民を20万人大虐殺した1950年の保導連盟事件も累計8万人大虐殺した1948年の済州島四・三事件も教科書に記述がない。完全隠蔽である。

    日本ではたとえば天下分け目の戦いといわれた関が原の戦いですら、死者は6000名から8000名の間といわれる。韓国では、たかだか5~60年前に関が原の戦い以上の殺戮があったにもかかわらず教科書はわざと黙殺する。国定教科書の陰謀だ。

    だが映画「ブラザーフッド」は保導連盟事件を取り上げ韓国中を震撼させた。またベトナム戦争時、強姦で生まれた混血児ライタイハンの問題も一切触れていない。捏造・隠蔽のオンパレードだ。

     韓国では、世界史をほとんど教える学校が無くて10校に1校ぐらいしかないそうだ。韓国史と世界史の整合性が取れないので世界史を教えないと言う話であるが、韓国の歴史事態も海外から見た韓国の歴史と自国で学校の歴史教育とではかなりのずれがあるようで、高麗が元に滅ぼされて以降の李氏朝鮮の時代の内容に非常に問題があるようだ。

    高麗の前の高句麗も韓国とみなしていいのかが中国とで歴史論争になっているが、高句麗は南満州あたりの国家であり北朝鮮がダブっているだけだ。

    以来韓国は元、明、清の従属国としての歴史であり、朝鮮王は存在していても中国王朝の冊封下に置かれて来た。

    しかし韓国の歴史教科書では重要な部分が記述されていない。不都合な部分を省略したら歴史ではなく単なるプロパガンダになってしまう。

    韓国の歴史教科書は学問ではない。ただのウリナラマンセーだけだ。

    こんなクズ教科書で洗脳教育を行っている国が、日本の歴史教科書に言いがかりをつけてくる。日本人は歴史に対してある種の畏怖の念をもっているだろう。朝鮮人にはその感覚が致命的に欠けている。だから自分たちはクズのような歴史教科書をつくっておきながら、他国の教科書に言いがかりをつけることができるのだろう。

    1948年4.3済州島虐殺事件。この事件や保導連盟事件のために、戦後間もなく数十万人の朝鮮人が日本に密入国することになったわけである。

    不公平拡大では  韓国の歴史教科書のデタラメを具体的に列記したらきりがない。自国民を20万人大虐殺した1950年の保

  • ”往復航空券などの旅費を国が負担”します!!


    はい、皆さん、しっかり読んでください!!


    在大阪大韓民国総領事館からのお願いです!!


         在日の方に限り、特別に第五種補給品の支給もあります!!


    <<
    永住権者等の入隊希望願い制度



    兵務庁では、永住権を取得したり、国外移住を理由として国外旅行許可を受けた者が兵役義務の履行を希望する場合には、徴兵検査日付、場所、入隊日を本人が直接選択し、ご希望の時期に兵役履行ができるよう『永住者等の入隊希望願い制度』を実施しております。兵役義務の履行を希望する在日同胞の皆さんは、下記を参考にしください。



    - 記 -



    1. 『永住権者等の入隊希望願い制度』とは?


    国外で永住権を取得したり、国外移住を理由として国外旅行許可を受けた者が兵役義務の履行を希望する場合には、徴兵検査日付、場所、入隊日を本人が直接選択し、ご希望の時期に兵役履行が可能であるのはもちろん、軍服務期間中に定期休暇を利用して永住権を習得した国を訪問しようとする場合、出国と帰国の保証及び訪問にかかる往復航空券などの旅費を国が負担する制度


    - ただし、第3国への滞在可能期間が6ヶ月で永住権を維持するために、必ず6ヶ月ごとに永住権を習得した国を訪問しないといけない永住権者は、年2回永住権国家への海外旅行ができて、この場合には、本人が直接関連法令などの資料を提出し、6ヶ月ごとに永住権国家に訪問する必要があることを証明しなければならない。




    2. 実施機関:兵務庁




    3. 入隊希望願い出願対象者

    ㅇ 永住権を取得した者

    ㅇ 永住権制度がない国で無期限在留資格(5年以上の長期在留資格を含む)を取得した者

    ㅇ 国外移住を理由として国外旅行許可を受けた者

    ㅇ 在外国民登録簿に在外国民として登録された親と共に国外に居住している者で
    - 二重国籍の者
    - 居住期間が5年以上の者
    - 父又は母が永住権(又は市民権)を取得した者




    4. 受付及び提出書類

    ㅇ 受付:兵務庁ホームページ、在外公館、地方兵務庁、仁川空港兵務民願センター

    * 兵務庁ホームページ『永住者等入隊希望願い』の手続き
    兵務庁のホームページ(www.mma.go.kr) -> 民願広場-> 民願申請 ->
    「海外旅行․海外滞在民願申請」-> 「永住権など入隊希望申請 - >公認認証書ログイン -> 
    入隊日時及び徴兵検査日時選択

    ㅇ 提出書類:永住権者など入隊希望申請書(インターネット申請の時は省略)永住権のコピー




    5. その他の詳細は、添付されている『永住権者等の入隊希望願い制度案内リーフレット』を参考にするか、兵務庁のホームページをご確認ください。




    添付: 永住権者等の入隊希望願い制度案内リーフレット1部

    <<
    これが、韓国の徴兵検査だああーー  ↓

    不公平拡大では ”往復航空券などの旅費を国が負担”します!!   はい、皆さん、しっかり読ん

  • 「お主もワルよのう」






                  「貧すれば鈍する」






                       “とうに処分済みだ!” だってさ!!






    【ソウル聯合ニュース】韓国の姜昌熙(カン・チャンヒ)国会議長は27日、呉公太(オ・ゴンテ)中央本部団長をはじめとする在日本大韓民国民団(民団)幹部8人の表敬訪問を受け、在外国民の安全や投票権保障などについて意見を交わした。

     呉団長は「安倍晋三首相の就任以降、『在日特権を許さない市民の会』(在特会)など右翼勢力の活動で在日同胞の安全な生活が脅かされている」と述べ、この問題に韓国政府が関心を持つよう求めた。

    2013/08/27朝鮮日報


    在日本大韓民国民団(民団)団長の呉公太は、パチンコホール27店舗を運営している株式会社三公商事の代表です。

    そして、呉公太は「呉本公太」という通名(偽名)を使い、民主党政権下で防衛大臣政務官だった下条みつ(先の衆院選で落選)に政治献金をしました。

    民団団長から献金貰った民主党防衛大臣政務官(下條みつ)&民主党、パチンコ店や在日コリアンからの献金をマネーロンダリング

    下条みつの政治団体「みつの会」の収支報告書には、平成20年から22年まで、それぞれ100万円、110万円、100万円の政治資金パーティーへの支払いがあります。

    いずれも呉公太が代表を務める会社名義で、代表者の名は「呉本公太」と通名(偽名)が記載されており、外国人からの献金とはわからないようにしました。


    民団は、会員数50万人を数える在日韓国人などのための組織です。

    民団は、違憲な外国人地方参政権付与を主張し、いわゆる従軍慰安婦問題で日本政府に難癖をつけている反日組織です。

    呉公太は民団団長として、2012年5月に民団代表団とともに李明博大統領を訪れ、在日韓国人の地方選挙参政権の獲得などに向けてさらなる支援を要請しました。

    韓国人は、嘘つき元慰安婦の証言があれば、従軍慰安婦という日本の犯罪が立証できると主張しています。

    民団は、「安倍晋三首相は、いわゆる従軍慰安婦問題について『軍による直接関与を示す証拠はない』と主張している」と訴え、安倍政権を批判しています。

    安倍首相の発言は事実あり、韓国政府も日本軍直接関与を裏付ける証拠をもっていませんが、民団は日本政府の調査に難癖をつけています。

    2月13日付の「民団新聞」は、従軍慰安婦について、「軍・官憲や業者による強制は巧妙であり、関連資料が残っていたとしてもとうに処分済みだ」と主張しました。

    <布帳馬車>どっちがサムライらしいのか

    軍・官憲や業者による強制は巧妙であり、関連資料が残っていたとしてもとうに処分済みだ。「証拠がない」などとうそぶく安倍氏と歴史事実に向き合った河野氏といずれがサムライか。悪徳商人からの賄賂を懐手にしながら、「お主もワルよのう」などと高笑いする大名は時代劇の中だけにしてもらいたい。
    2013.2.13民団新聞抜粋


    5月24日付の「民団新聞」は、「公の文書などなくとも、被害者の証言と状況証拠があれば十分だ」と主張しました。

    <布帳馬車>「貧すれば鈍する」vs「窮すれば通ず」

    日本の為政者は従軍慰安婦問題について、軍の関与と強制性を認めた河野談話があるにもかかわらず、強制性を示す文書(証拠)は存在しないとの立場を間欠的に示してきた。その中心人物の一人である安倍首相は、河野談話の見直しさえ公言してはばからない。こうした奇異な態度が橋下徹大阪市長の「慰安婦は必要だった」などとする妄言につながっている。

     文書がなければ犯罪行為は立証できない?まさか!それを裏付ける公の文書などなくとも、被害者の証言と状況証拠があれば十分なはずだ。日清・日露戦争当時から万国公法に通じていたことを自慢してきた日本は、戦時国際法にも熟知していた。それに抵触する行為を示す文書は極力残さず、残っていたとしても焼却したに違いない。
    2013.6.12 民団新聞

    こいつが韓国居留民団の呉公太(オ・ゴンテ)中央本部団長
    通称パチ屋のデブゴコウ ↓

    不公平拡大では 「お主もワルよのう」                      「貧すれば鈍する」         

  • 絆は理解できないだろう!!





    存亡をかけた情熱!!





                歴史」を勉強する必要がある!!






    「朝鮮人の強制連行」問題の著作物は、地方の公立図書館へ行くと、意外なほど多い。戦前の日本国内では、朝鮮人の犯罪者が多かったので、いかにして朝鮮半島からの人の流入を釜山港で阻止するかに悩み、たびたび朝鮮総督府に有効な対策を求めていた。だが、「朝鮮人の強制連行」問題の著書があれほど多くても、「犯罪」「入国阻止」関連研究書は、大学図書館でさえほとんど見いだすことが困難だ。

    (中略)
    韓国人の著述には、「日帝36年」について「強制連行」「強制労働」「強制徴集・徴用」と表現することが多いが、その「強制連行」とは、じつは大陸文化そのもので、戦争や動乱があるたびに、住民が「強制連行」されたことは、中国史にも、朝鮮史にも繰り返し書かれている。


    韓国人の「日帝」糾弾のバターンは、たいてい決まっている。それはあたかも日帝のすべての悪事悪行が隠蔽されてきたが、それが次から次へと考古学や犯罪事件摘発のように発掘されていくという図式である。

    第二次大戦末期に、台湾からも多くの少年工が来日している。しかし、彼らは「強制連行」ではなく、厳しい選考をへて、来日が許可されたのだった。
    「強制連行」については、台湾人の子供まで連行され、海軍飛行場の建設工場で、酷使され、息を引き取ったと韓国有力紙に報道されたこともある。

    この「子供強制徴用の実態」に関して、あたかも「歴史発掘」のように、韓国では一時、歴史捏造に狂奔した。

    「東亜日報」(91年10月23日付)は、「神奈川県で12から18歳の台湾少年工8000名が、軍需工場で強制労働させられていたことが明らかになった。しかし、8歳の少年強制労働と火葬というのは、ひょっとすると日本全国で初めて確認されたことではないだろうか」と日本の大学教授の発言を引用して報道している。

    日本の反日大学教授も不勉強であるが、韓国のマスコミも「反日」の話題でさえあれば、なんでもかんでも派手に報道するという姿勢は問題であろう。

    じつは、台湾少年工についての歴史捏造と歪曲ほどひどいものはない。

    戦争末期、台湾から日本に来た8000名の台湾少年工は、主に名古屋、大和市、群馬県の戦闘機工場で働いた。彼らは「強制連行」ではなく、厳しい筆記試験に合格、さらに身体検査にも合格、校長と両親の許可を得て来日したものであった。

    「強制連行」どころか、現在でいえば「東大入試」の狭き門をパスした誇りある少年たちである。私が直接彼らから聞いたところでは、「隼」以外に「ゼロ戦」をつくったという人もいた。

    彼らは現在「高座会」をつくり、生存者は70歳前後になっているものの、なおも5000人以上の会員を有している。会誌も発行されている。十数歳の台湾少年工の作詞、作曲した会歌は、日本の寮歌に似ていて、合唱するとじつに感動的である。

    彼らは日本人の友人との絆が強く、94年の大和市の大会では、2000人以上の会員が台湾から来日し、大和市は、交通大渋滞となるほどであった。当時、日本のマスコミは、彼らを「強制連行」と報道したため、自尊心を傷つけられ、会長が会員全員を引き連れ、新聞社へ抗議に行くという話もあったほどだ。

    戦争末期の米軍空襲下でともに働いてきた台湾人と日本人は、上官と部下の関係のみでなく、その絆もなかなかに強い。私は台湾から来た昔の少年兵を連れ、かつての日本人仲間の病気見舞いや、老後の不遇者の生活の面倒に奔走する戦友を案内したこともあった。

    日帝の「暴挙」ばかりを追及してきた韓国人には、日本国民として育てられ、ともに国家の存亡をかけた情熱と戦友としての絆は理解できないだろう。この5000人以上の証人について、日本人ももっと「歴史」を勉強する必要があるのではないだろうか。

    彼ら韓国人が、いかに「強制連行」「虐殺」「追害」だけを喚(わめ)いているかを示唆するような話ではないだろうか。

    韓国人の「反日」 台湾人の『親日」 黄文雄 1999 光文社より

    この人が台湾の気鋭のジャーナリスト黄文雄氏 ↓

    15,6歳で徴用された元台湾少年工の懇親会。↓ 今でも続いている。彼等は、ゼロ戦や雷電戦闘機の製造にかかわったことを、この上なく誇りに思っている。どうして、こうも朝鮮人元徴用工とこんなにも違いが生じるのでしょうか・・・

    不公平拡大では 絆は理解できないだろう!!       存亡をかけた情熱!!                   歴

  • 1948年、4.3韓国済州島虐殺事件。



    たったひとり残された女の子の運命は・・・




    実は、この女の子は今も生きています。



    親戚の手で日本に密航し、大阪の鶴橋に潜伏しました。



    今は、80歳ちかくとなりひっそりと暮らしているとか。

    不公平拡大では 1948年、4.3韓国済州島虐殺事件。    たったひとり残された女の子の運命は・・・     実は

  • >>1

    官僚の考えることらしい。いかにも良くなるように装い、全体が悪くなって行く。
    官僚はその一部に習えの手であろう。

  • なにいいいーーー!!





              これは本当なのかああーーー???





     朝鮮学校といえば、朝鮮学校の校長は、朝鮮総連の中央委員から選ばれます。さらに朝鮮総連の中央委員の人事は北朝鮮本国の朝鮮労働党の承認と総書記の決済が必要ですから、朝鮮学校は完全に北朝鮮の直属下にあると言えます。

     在日韓国・朝鮮人が日本で稼いだお金や朝鮮学校への補助金は北朝鮮に送金され、その後、お金の一部が北朝鮮の「将軍様」から下賜され戻ってきたのが460億円。 朝鮮学校では、その代わりに

    「金王朝への個人崇拝」と
    「主体思想と先軍思想教育」、
    「反日思想教育」を児童生徒に叩き込むわけです。

     朝鮮学校の校長からは、日本人拉致の犯人として国際指名手配されている金吉旭や、北朝鮮と共謀しコカインを密輸したり覚醒剤の密輸で国際指名手配されている朝鮮学校の元校長・曹奎聖もいます。

    これでも、「朝鮮学校は日本の学校」と恥ずかしげもなく言い続けるのでしょうか? 日本の学校ではこんなことは許されていません。 http://ameblo.jp/fuuko-protector/day-20130427.html   


     犯罪者を引き渡さない朝鮮総連と朝鮮学校は、日本から出て行ってください!
       
     
    「覚醒剤の密輸で国際指名手配」されている朝鮮学校の元校長・曹奎聖 ↓

    不公平拡大では なにいいいーーー!!                これは本当なのかああーーー???       朝

  • >>11

    賃金や物価が高い状態で税金を多くしても国民の収入はそれ以上には増えません。貧乏になるだけです。利権者の蓄財と割安な海外での仕事を増やし、海外へ税金や資金や技術が流出大となり外国強化、国内弱体衰退をします。

  • <<
  • 39 17
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン