ここから本文です
  • 朝日新聞さん、帰還事業の総括をしないでヘイト云々はないでしょう

    北朝鮮への帰還事業・・地上の楽園への帰還
    これ今も続いているのですよ!
    だって、北朝鮮も在日朝鮮総連も帰還事業が終わったとは一言も言っていませんよ!

    朝日新聞さん、熱烈に帰還事業を応援しましたよね!
    じゃあー、「北朝鮮に帰ろう!」「偉大な祖国建設に邁進しよう!」と、
    再び叫びませんか・・・いやですか??


    朝鮮総連が、少なくとも首脳陣が北朝鮮の体制や示した方針に隷属し、組織全体が北朝鮮への翼賛体制を維持しつづけている主要因について、私の考えを述べたいと思います。

    1959年より、在日朝鮮人の帰還事業というのがはじまり、多くの在日コリアンが、北朝鮮へと永住すべく渡って行きました。

    詳しい説明は他で見ればいくらでもあるので割愛しますが、多くの在日コリアンがなぜ縁の薄い北朝鮮(在日コリアンの多くは半島南部や済州島の出身)に渡ったのか、主だったところを挙げると以下のとおりです。


    ・当時は南北朝鮮の経済的優位は、韓国よりむしろ北朝鮮の方であり、韓国は軍事政権下でもありダーティーなイメージがあったこと。

    ・当時の在日コリアン組織も、北朝鮮を支持する朝鮮総連が韓国民団より優位だったこと。

    ・信頼できる客観的中立的な北朝鮮の内部情報がまるで無いなか、多くの日本メディアが伝聞や憶測で北朝鮮を礼賛し、帰国を美談として取り上げ持て囃したこと。

    結果、北朝鮮に渡った在日コリアン等は、約9万人にものぼりました。

    しかし、彼らを待っていたのは、劣悪な生活環境と、日本以上に激烈な差別社会でした。
    北朝鮮からしてみれば、韓国との主導権争い、自己の社会制度の優位性の宣伝から、在日コリアンが南ではなく北を選んで帰国しさえすればよく、受け入れる環境や姿勢など、まるでなかったのです。

    彼らはその多くがインフラもろくに揃わない山間部や辺境の地に定住させられ、職業や学校も自分の意志で決めることは、ほとんどできませんでした。(元々北朝鮮には居住地と職業の選択の自由は無いに等しいが)

    現地人からは「帰胞」や「半チョ・ッパリ」と蔑まれ、日本から持ち出したなけなしの財産をたかられ、現地に身寄りのない彼らはみるみるうちに落ちぶれて行きました。当然のように彼らは不満を口にし、日本への再出国を求めたりもしました。

    苦しい日本での境遇を憂い、「地上の楽園」を夢見て渡った北朝鮮。ところがそこは「地獄の果て」で、多くの帰国者が失意のうちに、政治犯収容所で、餓死で、銃殺刑で、死んで行きました。

    ここまでは一般的に知られる帰還事業の顛末ですが、これが、帰還事業が終わったあとの、現在に至るまでの朝鮮総連にも暗い影を落としていると私は見ています。

    すなわち、いまも北朝鮮で命をつないでいる帰国者、そしてその子孫が、北朝鮮当局の人質となり、朝鮮総連傘下同胞の金を搾り取り、幹部の口を封じ、北朝鮮を批判できない環境を維持するのに機能していると考えるのです。

    その構造を説明します。

    帰国者は帰国当初こそ持ち出した財産で何とか食いつなぐことができましたが、早速物質的に困窮するようになり、それを日本に残る親類やツテのある同胞に頼るようになります。

    日本に残った親類は、毎月のように送られて来る手紙に、「祖国の懐は素晴らしい」といった美辞麗句の隅に「10万円送ってくれ」とか「中古車を一台…」とか、しつこくモノをねだる言葉が置かれているのを見て、北朝鮮は「地上の楽園」などではないことを直ちに知ることになりました。
    https://youtu.be/pvtlkU1U6ng


    それでも困窮する家族の為にと、日本に残った者は援助を続けます。これによって、日本に頼る親類がいる帰国者は、物質的には比較的恵まれた生活が送れるようになるのですが、現地人がこれに目を付け、職場や地域の帰国者に、工場の物資や外貨をアテにするようになります。

    職場の立場や党員資格をエサに、祖国建設に貢献するようにという建前で、帰国者にたかるのです。帰国者は生きるために無心を続けますが、さすがに際限ない援助に疲れ果て、耐え切れなくなって祖国との交信を絶った在日コリアンが数多くいます。

    私の親もそうだし、私の周りの在日コリアンにはそのようなエピソードを持つ人がたくさんいます。実際私も学生時代に、会ったこともない従兄から手紙が来て、「溶接用の色つき眼鏡レンズを…」と書かれていたのを見てびっくりした経験があります。

  • <<
  • 2 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!