ここから本文です
  • 米軍元慰安婦122人、


    韓国政府に1億4400万円の賠償金を求めた裁判に


    米国ネット「まだお金を得ようとしているのか」





    2014年12月26日、米軍準機関紙「星条旗新聞」によると、米軍の

    ために売春に従事していた122人の女性が韓国政府に対して起こした

    裁判の初公判が19日、ソウル地裁で行われた。
    この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

    星条旗新聞が19日に報じた記事によると、米軍相手の売春婦として働

    いていた122人の女性が、「国のために働くよう」仕向けられたとして、

    韓国政府に賠償金を求めて告訴していた。

    原告の女性らは韓国政府に対して120万ドル(約1億4400万円)の賠

    償金と、正式な謝罪を求めている。


    この報道に、米国のネットユーザーからはコメントが寄せられている。

    「韓国政府は売春が行われているかどうか気にしていない。街中の駅

    近辺を歩けば分かるよ」

    「彼女たちは売春婦だった。それでお金を稼いでいた。韓国政府は彼

    女たちに米軍相手に売春するように促し、普通の売春婦が手に入れら

    れない健康保険などを手に入れていたんだ。
    それなのに、まだお金を取ろうとしているのか?」

    「もちろん韓国政府は売春を許していただろう」

    「賠償金を求めているだって?当時、売春に従事していた時に十分な

    お金を得ていたんだろう?」

    「少なくともフィリピンの女性たちの方が賢いね。彼女たちは米兵と

    結婚するか、それとも売春婦の仕事から抜け出るために十分なお金を

    貯めるかのどちらかを選ぶべきだと判断した。
    韓国人たちはそういう解決法を見つけられなかったようだな」

  • <<
  • 9 1
  • >>
  • ウトロ地区は、京都府宇治市伊勢田町51番地に所在する地区。在日コリアンの集住地域のひとつで、自衛隊大久保駐屯地の北隣に展開している。



    “強制連行だ!!”

          
    故に、我々には無条件で居住権がある!!




             強制連行は、本当だったのか!!!




    日産関連会社の工場労働者とその家族が暮らした飯場をその由来とする。住民側が数十年にわたって日本政府と日産グループに対して居住権の保証を要求する闘争を展開し、在日コリアン問題の象徴的事例とされてきた。2008年現在、65世帯203人の韓国系住民が、最高裁判決を以て不法占有と認定された状態で違法に占拠し居住し続けている。

    「ウトロ地区」とはあくまで通称であり、正式な地名(地番)ではない。本来の正しい地名は宇土口(うとぐち)であるが、誤記や誤読によって「ウトロ」へと変化したと考えられている。故に北海道のウトロとの関係性は全くない。

    かつて当地区住民側は居住権を主張する根拠として「ウトロ住民は1944年9月から1945年3月までの間、朝鮮半島にも適用(女性は対象外)された日本政府の国民徴用令により、強制的に来日させられた徴用労務者とその子孫であり、日本が強制連行したウトロ住民の居住権は日本政府、もしくは原因企業の日産車体、ひいては母体の日産グループが保証すべきである」とし、地主企業の西日本殖産との法廷闘争と並行して、日本政府、および日産グループを相手方として闘争を展開してきた。

    しかし現在、ウトロ地区住民の作る「ウトロ国際対策会議」などによると日本国際航空工業の1300人の朝鮮人労働者達は、ほとんどが国民徴用令や国家総動員法による強制徴用で来日した訳ではなく、経済的理由や兵役免れなどで移住してきた者であるとしている。

    また、韓国の国務総理傘下の「日帝強占下での強制動員被害者の真相究明委員会」も、2006年末の報告書で、ウトロ地区住民について、「強制徴用者ではなく、元から日本に居住していた朝鮮人がほとんど」と明らかにしている。

    米国ネット「まだお金を得ようとしているのか」 ウトロ地区は、京都府宇治市伊勢田町51番地に所在する地区。在日コリアンの集住地域のひとつで、自衛隊大

  • 韓国ではさかんに「韓国は日本を追い抜いた経済大国」、「日本人は
    韓国に追い抜かれて劣等感をもっている」という「韓国人のウリナラ
    願望」が盛んに流され、実際、そのデマを信じている韓国人や在日朝
    鮮人移民(=在日韓国朝鮮人)も多いですよね。

    韓国人はなぜ、日本への復讐心と劣等感を拭い去れないのか──
    この謎に迫り、昨年夏、韓国で大論争を巻き起こした話題書
    『あなたたちの日本』が、『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』と改題
    して小学館より出版された。

    同書の著者・柳舜夏(ユ・スンハ)氏と『恨の法廷』など韓国関連の
    書も多い作家の井沢元彦氏が、韓国が抱える「歴史の宿痾」を論じ合っ
    た。

     柳:私が主張したいのは、韓国は名分にこだわり続けたために、実質
    を失ってきたのではないかということです。植民地支配の解放から70年
    以上経過してなお、政治、経済、文化において日本に従属せざるをえな
    い状況に劣等感を抱えたまま、反日を叫び続けるばかり。事実上、韓国
    は日本に飼われた“鵜”に成り下がっている。それが悔しければ、そんな
    「反日劣等感」など捨て去って国際社会の中で力を養え、というのが私
    の長年の持論です。

     井沢:反日劣等感はどうすれば捨てられますか。

     柳:効果的な方法がわかっているのなら、こんなに悩んだりしませ
    ん(笑い)。

     井沢:私は、韓国の歴史学者が声を上げるべきだと思いますね。

     柳:韓国で日本や日韓関係の研究で目立つと、親日派の烙印を押され、
    学者生命を絶たれかねない。

     井沢:ソウル大の李栄薫教授は、慰安婦は売春婦だと主張したために
    暴行を受け、元慰安婦らに土下座させられたことがありましたね。

     柳:私の出身大学には日本研究所がありますが、そこから出た論文は
    1本もありません。韓国の日本関連学科はほとんどが語学中心で、日本
    学ではない。

         在日朝鮮人移民たちはぜんぜん発言しませんね!

    米国ネット「まだお金を得ようとしているのか」 韓国ではさかんに「韓国は日本を追い抜いた経済大国」、「日本人は 韓国に追い抜かれて劣等感をもっている









  • 大韓民国に帰国したベトナム派遣軍司令官達は、この秘密の福

    祉政策を再開します。

    1980年の大韓民国政府の、思いやり溢れる大規模な福

    祉施策 その実態 

    楽しく愉快に天国で遊ぶ、若い大韓民国国民が大勢写っています。

    一説では、光州市の3,000人が、この恩恵を受けたようです。

    この事業は、1ドルも儲けは無いんですが。

    辛い人生を送る国民への福祉政策だったのでしょう。


    虐殺される直前の光州市民 ↓

    米国ネット「まだお金を得ようとしているのか」               大韓民国に帰国したベトナム派遣軍司令官達は、この秘密の福   祉政策を再

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン