ここから本文です
  • 1945年9月、
    日本が連合国に対する降伏文書に調印したことにより
    在朝鮮日本人財産の処理はその後進駐した米ソ両軍
    に委ねられた。

    南朝鮮においては、9月9日に発足した米軍政庁が発した
    法令第二号(9月25日公布)及び第三三号(=1月6日公布)
    を通じて、
    日本人の財産は公有、私有を問わず、
    すべて同政庁の所有とされた。

    そして、1948年8月に大韓民国が成立した後、
    同年9月に米韓間で締結された
    「米韓間財産及ぴ財政に関する最終協定」第五条の
    規定により、それらは全て
    アメリカ政府から韓国政府に委譲された
    (この財産を「帰属財産」と呼ぷ)。

     ところで、アメリカによるこの一連の措置の背景に、
    同国の対日賠償方針があった。

    1945年に発表された対日賠償中問報告では
    日本の機械設備を日本から撤去し、
    その賠償対象国への移転を打ち出した。

    当初、日本の賠償に積極的だった米政府は
    東西冷戦がはじまると態度を一転。

    日本の経済復興を優先させる為に
    その妨げとなる対日賠償取り立てに消極的になると、
    朝鮮の立場にも変化が生じた。

    すなわち、第二次大戦中の朝鮮は
    日本の一部であったという論理で、連合国は
    朝鮮の日本に対する賠償要求権を否定したのである。

  • <<
  • 16 1
  • >>
  • チベット大虐殺を「解放」と呼んだ


          「死に神」朝日新聞の犯罪


    朝日のイデオロギーを知っている者にとって、朝日がチベット&ダライ・ラマを罵倒することは
    至極当然と受け止める。

    左翼思想による「平和」とは、民族・伝統・文化・慣習・宗教・国家など全て破壊して、
    世界を「一つ」にすることだからだ。

    朝日は、パレスチナ・ガザ地区におけるるイスラエルの入植問題の報道には熱心ですが、殊中国が不利なことは一切報道しないという姿勢を貫いています。

     性的暴力のひどさを尼僧でインドに亡命したケンサン・ペモさんは以下のように話しています。

    「つかまった尼僧たちがひとつの部屋に集められ、服を調べられました。顔を伏せたままでいると、服を一枚一枚脱がされ裸にされました。その部屋は窓が多く、外には大勢の一般囚が見ていました。そして、大勢の見るなか、警官の一人が頭を、もう一人がお尻を棒で殴り続けました。

    やがて、あまりの痛さに恥ずかしさも忘れ、私は床に転げまわりました。そしてついに気絶したのです。気付くと水をかけられてびしょ濡れになっていました。再び拷問が始まりました。電気棒を口や肛門、女性器に押し込んできました。私はあまりの痛みとひどさに再度気を失いました」

     電気棒は家畜に用いる電気ショック棒です。80年代から使われたようです。民族浄化作戦で女性が子供を産めないようにする目的でも使われたようです。

    日本のメディアはケンサン・ペモさんの証言を報道したことがありますが、性的暴力のところは隠蔽して報道しませんでした。朝日新聞と岩波書店の月刊誌「世界」がそうです。このチベットの事実を女性の人権問題として声を上げようとすると妨害をうけるといいます。

    朝日新聞いわく!
    慰安婦問題の本質は女性の人権問題であると。
    チベットでほとんどの尼僧が毎日のように陰部に拷問用の電気棒を差し込まれ、この世の地獄を味あわされたにもかかわらず、朝日新聞はそれを女性の人権問題とは考えなかったらしい。

    中国におべっか使って「平和」を謳う偽リベラルのインチキは、もうウンザリ。
    思想洗脳された「良心的知識人」ののたまう『平和』とやらが、如何に胡散臭いか・・・
    朝日新聞などがやって来た事を見ればお分かりいただけるだろう!

    連合国は朝鮮の日本に対する賠償要求権を否定 チベット大虐殺を「解放」と呼んだ         「死に神」朝日新聞の犯罪   朝日のイデオロギーを

  • 自治体は絶対に拒否できません!!


    住民の皆様!


       一人でもできます!


          住民監査請求を申請すれば


            一目瞭然です!!



    板橋区では
    総ての外国人学校に通学する月額8500円を生徒の両親に
    一切の所得制限もなく支給され
    荒川区では
    外国人学校に通学していれば日本国籍者でも所得制限なく
    月額7000円支給されています

    しかし
    江戸川区では
    月額16000円を朝鮮学校に通学する生徒の両親に
    一切の所得制限なく支給され
    台湾学校や韓国学校に通学している生徒の両親に
    一切の所得制限なく15000円支給されていますが
    他のインタナショナルスクールに通学している場合には
    0円です

    新宿区では
    所得制限は存在しますが
    朝鮮学校・台湾学校・韓国学校に通学する両親にのみ
    月額6000円支給しています

    外国人でも
    日本の公立学校に通学している場合に共通するのは支
    給対象外ですしもちろん日本人は対象外です

    日本人が私立の学校に通学している場合
    補助金が毎月支給されている事例が存在せず
    「朝鮮学校だけが外国人学校でも無償化されないのは
    差別ニダ!!」と云う側は
    朝鮮学校が都道府県から受けている恩恵や
    江戸川区や新宿区の様に露骨に朝鮮学校通学者だけが
    恩恵を受けている状況を
    どう考えているのでしょうか?

    朝鮮学校無償化賛成派が
    高校無償化は高校生個人に対する支援であって
    朝鮮学校に対する支援では無く
    無償化は高校生個人個人が持つ「学ぶ権利」をバック
    アップする制度で朝鮮学校の生徒だけ「学ぶ権利」を
    侵害しているという意見を目にします

    「朝鮮人学校児童・生徒の保護者に対する補助金」な
    どは在日朝鮮人個人へのバックアップで日本人は享受
    出来ないモノですよね・・・

    高校無償化は支給される金額は年間12万~14万です
    ちなみに
    江戸川区では月額16000円を朝鮮学校に通学する者
    に支給していますから年間19万2000円が支給され
    ている事になります

    ま・さ・か貰えるモノは貰っておけ的な精神で
    高校無償化を声高に要求しつつ、戦後の混乱時のド
    サクサ的やり方と同じ手法で両方を貰うつもりなん
    でしょうかね・・・

    連合国は朝鮮の日本に対する賠償要求権を否定 自治体は絶対に拒否できません!!    住民の皆様!       一人でもできます!        

  • えっ~!翁長・沖縄県知事の娘さんは中国共産党幹部の息子と結婚しているってほんとなの? 



    中国による沖縄強奪計画は相当準備されているみたい!

    沖縄がチベットやウィグルのような悲惨な状況にならないといいのですが


    ネット上にはさまざまな情報が流れています。もちろん貴重な情報もありますが、一方、根拠のないデタラメな情報もあります。さてこの情報はいかがでしょうか? 私はこの情報は貴重だ見ています。もしかするとこの情報が現在の沖縄の混乱を解くカギになるかもしれませんね。

     中国を訪れている沖縄県の翁長雄志知事は14日、北京の人民大会堂で李克強首相に対して、中国福建省と沖縄県との間の定期航空便開設など経済的な関係強化を図るよう要請した。
    .
     李首相は「両国の地方政府同士の交流を支持する。沖縄を含むすべての地方との交流を開放していきたい」と述べた。
    .
     知事は、河野洋平元衆院議長らに同席して李首相と会談。アジアとの交流で栄えた琉球王国の歴史に触れ「アジアの発展が著しい中、沖縄が注目されてきていることを、ぜひご認識いただきたい」と語った。(共同)


     沖縄県知事・翁長氏の娘は中国・北京大学に留学後、上海の政府機関で働く男性と結婚。 その男性は中国共産党・太子党幹部の子息だという。

      沖縄県知事・翁長氏
     知事の娘さん
     娘の旦那=中国共産党・太子党幹部の息子

     人の結婚 のことをとやかく言うほど私は野暮ではありませんが、でもこれって「公人として許される範囲なのか?」という疑念を感じる人も多いのではないでしょうか?

     いいように考えれば、翁長知事の親中路線は「娘婿の親の顔を立てるために中国に配慮した」ように見えますが、悪く見れば「中国に人質をとられて、中国の言いなりになっている」ようにも見えます。

    こういう人物が「日本国沖縄県の知事」であってもよいのでしょうか? これって沖縄県の皆様はご存知なんですか?

    連合国は朝鮮の日本に対する賠償要求権を否定 えっ~!翁長・沖縄県知事の娘さんは中国共産党幹部の息子と結婚しているってほんとなの?      中国

  • 神原 元(かんばら はじめ)は、日本の弁護士。レイシストしばき隊代理人。植村隆代理人。

    たまたまそのWikipedia を見ていたら、次のような記載があり。

    現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。
    削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

    (*特)神原元 - ノート[編集]
    以下の加筆が、出典からの引き写し。引用の要件を満たしていない。ケースB-1。また、記事主題の特筆性は「レイシストしばき隊の代理人」というただ一点に集約しており、独立項目の必要性があるのか疑問です。--Claw of Slime (talk) 2015年1月19日 (月) 13:05 (UTC)



    元朝日新聞記者植村隆の訴訟的会見での弁護士神原元のコメント

    “弁護団の方より若干補足させていただきます。

    植村さんの訴状は、本日東京地方裁判所に提出されました。被告は株式会社文藝春秋および東京基督教大学の西岡力さん、ということになります。

    裁判で植村さんは3つのことを求めていきます。インターネットからの西岡さんの論文の削除です。ふたつめは謝罪広告の掲載です、そして、損害賠償として1650万円の請求です。根拠は、捏造という記載が不法行為に該当します。現在170人の弁護士が代理人として植村さんを支援しております。

    他方、植村さんを攻撃している歴史修正主義者は他にもたくさんおります。私たち弁護士はこれからも次々と裁判を起こし、植村さんの名誉回復を図っていきたいと思います。”

    ところで
    しばき隊&植村隆氏の弁護士・神原元氏、青林堂に対する名誉棄損で告訴される... 神原氏「対抗措置としてこちらも刑事告訴する」
    てなことになっています。

    これに対し神原弁護士は
    ヘイトスピーチを垂れ流すヘイト出版社=青林堂が告訴状と題した文書を送ってきた。青林堂をヘイト出版社と呼んだことが名誉毀損罪なのだそうだ(笑)。警察署がこの文書をどう扱ったか不明だが、不受理か不起訴なら、「青林堂をヘイト出版社と呼んでよい」ということが公的に確定することになる(笑)
    2015年2月15日 18:08

    だそうです。

    連合国は朝鮮の日本に対する賠償要求権を否定 神原 元(かんばら はじめ)は、日本の弁護士。レイシストしばき隊代理人。植村隆代理人。  たまたまそ

  • 周知徹底のほどよろしくお願いいたします。




         国民の皆様へ




            警察庁よりのお知らせです!!
       




    警察は、北朝鮮による拉致容疑事案について、


    高敬美さん、高剛さん拉致の主犯である北朝鮮工作員・洪寿惠(ホン・スヘ)こと木下陽子

    宇出津(うしつ)事件の主犯格である北朝鮮工作員・金世鎬(キム・セホ)

    地村さん夫妻の拉致の実行犯である北朝鮮工作員・辛光洙(シン・グァンス)

    蓮池さん夫妻の拉致の実行犯である北朝鮮工作員・通称チェ・スンチョル並びに共犯者・自称韓明一(ハン・ミョンイル)こと通称ハン・クムニョン及び通称キム・ナムジン

    曽我さん母娘の拉致の実行犯である北朝鮮工作員・通称キム・ミョンスク

    原敕晁(はらただあき)さん拉致の主犯である北朝鮮工作員・辛光洙(シン・グァンス)及び共犯者・金吉旭(キム・キルウク)←この男元朝鮮学校の校長

    石岡亨さん、松木薫さん拉致の実行犯である「よど号」犯人の妻・森順子及び若林(旧姓:黒田)佐喜子

    有本恵子さん拉致の実行犯である「よど号」犯人・魚本(旧姓・安部)公博
    を特定し、それぞれ逮捕状の発付を得て、ICPOを通じて、国際手配を行っています。

     また、木下陽子、金世鎬、辛光洙、通称キム・ミョンスク、通称チェ・スンチョル、通称ハン・クムニョン、通称キム・ナムジン、森順子、若林(旧姓:黒田)佐喜子及び魚本(旧姓:安部)公博の10人については、外務省を通じて、北朝鮮に対し、身柄の引渡しを要求しています。

     なお、通称チェ・スンチョルについては、過去の諜報事件(昭和60年、西新井事件)に関しても、逮捕状の発付を得て、ICPOを通じて、国際手配を行っています。

    警察庁のホームページを見れば、顔写真つき一覧表があります。
    https://www.npa.go.jp/keibi/gaiji1/wanted/wanted_j.html


    洪寿惠(ホン・スヘ)こと木下陽子 ↓

    連合国は朝鮮の日本に対する賠償要求権を否定 周知徹底のほどよろしくお願いいたします。           国民の皆様へ             

  • 塩見訴訟は、子供の頃、「はしか」にかかって失明した韓国人の女性
    が、後に日本国籍を取得し、障害者年金の受給を申請したが、失明し
    た際に日本国籍でなかったことから国籍条項に引っ掛かり、申請が却
    下されたことから起きたものだ。

    裁判での主張は、もっぱら日本国民と在日韓国人という自らのかつて
    の身分は平等に扱われるべきものだということで、国籍を重視しない、
    国籍を無にする方向で行われてきた。


     原告側が根拠に挙げたのは、憲法第14条第1項の「法の下の平等」

    や世界人権宣言、国際人権規約、ILO条約であったが、これらはこと

    ごとく最高裁によって退けられている。



    憲法第14条第1項の法の下の平等の原則は「合理的理由のない差別を

    禁止する趣旨のものであって、各人に存する経済的、社会的その他の種

    々の事実上の差異を理由としてその法的取扱いに区別を設けることは、

    その区別が合理性を有する限り、何ら右規定(憲法第14条第1項)に

    違反するものではない」ので、国籍の違いによる「取扱いの区別につい

    ては、その合理性を否定することができず」、憲法第14条第1項に違

    反するものではない。

    連合国は朝鮮の日本に対する賠償要求権を否定 塩見訴訟は、子供の頃、「はしか」にかかって失明した韓国人の女性 が、後に日本国籍を取得し、障害者年金

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン