ここから本文です
  • “委員長におとりはからい願って秘密会に“ なんと国会が秘密会に・・

    日本の覚醒剤問題の原点は、実にここにあった! とは・・・

    これは国会議事録です。
    国家の最高の公式記録です。
    誰でも気軽に、そして簡単にいつでもアクセスできます。

    昭和29年05月20日 衆議院 厚生委員会

    日本社会党(社会民主党) 柳田秀一

    仰せのごとくこのやみのルートは輸入、密造、譲渡、使用、こういう段階にわかれるのだろうと思いますが、最初、戦後は今国内で法的に製造を許されておる2つの会社の製品のレッテルを張っておった。

    最近はそうではなしに、生じ出ておるということは信用度が高まって来たという一つの証左であるということも何か新聞に出ておったと思うのです。

    そこで製品が相当高度に機械化され、そしてかなり製品の精製度も高くなって来ておるという現状で、先ほど警視総監のお話のように、朝鮮人部落においていろいろと小口の密造の場所もあるように聞いておりますし、先般来この青少年保護育成運動期間中に、後楽園あるいは深川等において手入れがあったように聞いておりますが、

    それ以外に何らか地下に少くとも一つの企業として成り立つくらいの大きなやみ工場でもあるのではなかろうかというような疑いすら持ってるのですが、そういう点はどうですか。

    もしもなおそのほかに公開の席上で御答弁しにくいことがあるならば、委員長におとりはからい願って秘密会にしていただいてもけっこうでございますが、そういう点もあわせてお答え願いたいと思います。

    参考人(警視総監) 田中榮一

    大体密造の場合におきましてはきわめて小規模な工場でやっております。

    私の方でやりました中で比較的大きなものとしましては、大宮市で検挙いたしましたものは、小さい古い工場を借り入れて研究室をつくりまして、やはりエフェドリンを銀または白金の触媒によって製造しておったのでありますが、

    これが約6万5000本程度つくって隠しておった。これは元陸軍の薬剤関係に従事しておった者で、復員してから非常に生活に困り、苦しくなってやったものであります。

    それから北区田端町の大内某というのが、これは朝鮮人が金を出しまして浦和市の常盤町の廃工場を借り受けまして、やはり研究所をつくりまして、昨年の8月から相当な機械等を入れましてこれをつくっております。
    https://youtu.be/QA1uDraayHA

    大体におきまして大がかりになりますとすぐ警察の手が入れられますので、大体小さな自宅の8畳の部屋であるとか、あるいは2階でつくりまして、そうして転転として居所を転ずる。

    きょうはここでつくったけれどもあすはまたほかに行ってつくるというように、なるべく人目にかからぬようなところでつくる。従って大規模の製造というものは現在われわれの方で検挙したものの中にはございません。

    大体において家内工業的な8畳の部屋でやるとか、2階のすみの部屋でやるとか、そういう小さなものでございます。ことにああいうものは小さいアンプルで、かりに1万本にいたしましても小さなものでございますので、製造の実体はさようなものでございます。

  • <<
  • 5 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!