ここから本文です
  • 日本共産党の志位委員長は、昨日記者会見し、戦争法の成立をうけて、これまでの戦争法案反対の国民の広範な運動の拡がり、政党間の一致結束した共同の成果をうけて、戦争法廃止、「閣議決定」撤回をするために、安倍内閣打倒、戦争法廃止の一点で協力共同をすすめ、総選挙、参議院選挙において暫定的な「国民連合政府」をつくる運動を起こそうという国民への呼びかけを発表しました。
     
     これまでの政党間の協力は70年代の野党共闘、社会党、共産党との選挙協力などはありましたが、
    ここ30年あまりはこうした共闘は実現しませんでした。
     現在の野党間では、安保政策に対する立場の違いから、いままでは国政選挙で共闘する条件は残念ながらありませんでした。
     しかし、戦争法廃止、立憲主義を守るという問題については安保条約に対する立場の違いは横に置き、この間の戦争法案に反対する協力共同の到達点を踏まえて、野党間で共闘することは可能であると同時に、戦争法案反対憲法9条守れとこの間国民の全階層から新しく沸き起こってきた巨大な運動に正面から応えることが、国民の皆さんの願いにそった、野党の責務であるように思えます。
     沖縄では昨年の総選挙において米軍新基地建設阻止の一点で、小選挙区すべてで共同候補が当選しました。このような協力共同を、政党、団体、個人間で広げ、安倍内閣打倒、総選挙、参議院選挙で政権を獲得することが実現できるならば、戦争法廃止、「閣議決定」を撤回することができます。
     この課題が実現した後は、「国民連合政府」は暫定的なものですから、解散、総選挙を行い、それぞれの立場で国民に信を問うというプロセスになります。また、「国民連合政府」が政権運営をしている期間にも国政、政策上様々な問題が生じてくると思います。この問題も、あくまでも不一致点は横に置いておいて、一致点による政権運営を貫くことが政党間の信頼と協力共同を強固なものにし、国民の皆さんの負託にこたえることになります。
     戦争法案反対の戦いでは、多くの自民党幹部経験者の方々、公明党元議員の方々、創価学会員の方々など、与党を支持してこられた方々からも、広範な批判、運動への勇気ある参加と行動がいたるところで見受けられました。この呼びかけは、こうした人々にも共感と協力を得ることができるものと思います。
     皆さんで大いにこの問題について考え、この運動を本当に日本の政治を変える壮大な運動にしていこうではありませんか?

  • <<
  • 1675 1652
  • >>
  • 1675(最新)

    yos***** 9月21日 21:50

    今日の『日刊ゲンダイ』によると自公は58議席減とされています。まあ、『ゲンダイ』が書く記事ですから控えめに考えるとして。野党共闘+市民+国民が本気で団結して闘えば、自公を100議席以上減らして、憲法が守られる国民が主人公の政治を実現することができます。
     私の選挙区では共産党からは谷川智行さんが立候補を表明しています。民進党はアノ!長妻昭さんが現職です。私は、都議選の時に、民進党の西沢圭太候補の事務所を訪れました。その際、私は、「もし総選挙になって、野党統一候補が長妻さんになったら、私共(共産党)は命がけで長妻さん当選のために全力を尽くさせていただきます!」と話しました。民進党の運動員の方々は「命がけですか?」と仰っておられましたが。「本気の共闘」とはそういうことなのではないかと思います。
     私たちが自衛隊員の方々、未来ある若い人たちを戦争法によって死なせないためには、これくらいの「覚悟」が必要です。それがなければ、国民の皆さん、とりわけ、若い人たちに納得していただき、野党共闘に投票していただくことなどできるわけがありません。
     
     是非とも、拙論に少しでも賛同していただいた御仁には、野党共闘に投票していただき、安倍自公政権に歴史の表舞台から退場していただこうではありませんか。付則ですが、小池知事&若狭さんの「日本ファースト」?は、橋下さんの維新と同じ「自民党の補完勢力」ですので、この方々がいくら議席をとっても、自公政治は変わらないということを付け加えさせていただきます。

  • >>1673

    台風18号が去ったと思ったら今度は政界に解散総選挙の突風が巻き起こりました。安倍自公暴走内閣は、臨時国会で審議しなければならないことが山積しているのに、何も審議せず、国会を解散してしまおう、民進党がゴタゴタしているうちに選挙で多数をかすめ取ろう、ドサクサ紛れに9条改憲を行ってしまおうという姑息な手段に打って出てきました。
     逆に言えば、安倍総理は国民の怒りと運動の前にそこまで追い込まれているということです。今こそ、野党が一丸となって市民とガッチリスクラムを組み、国民の皆さんに自公政治を根本から転換する、国民の命と暮らしが守られる魅力ある政策を示して、「本気の共闘」をすれば、自公連合を大敗させ、自民党政治の継承(旧民主党政権、日本新党等の政権、自社さの政権の失敗を思い出そう)ではない国民が主人公の政権をつくる絶好のチャンスです。

  • 昨日、民進党の新執行部が国会内で共産党執行部に就任の挨拶にきた。野党共闘についていろいろと話題になる前原新代表の言動ですが、長妻さんや、松野さんなどと力を合わせて「本気の共闘」を成就させるために奮闘されることを心から願うものです。
     総選挙に向けて、国民の心をつかむ魅力ある政策を知恵も力も出して打ち出していただきたいですね?

  • 先日沖縄に行って参りました。主に西表島でしたが。ヤマネコには残念ながら会えず仕舞いで。しかし、カンムリ鷲2羽、アカショウビン、フルーツバット、クイナなどと逢えて良かったです。
     羽田から石垣まで直行便で行きました。石垣空港は白保に移転していました。この空港建設巡ってはサンゴ礁の破壊ということで反対運動がありましたので、私としては複雑な思いがありました。でも、移転したということを知らないで、観光客気分で行ってしまったということに罪深さを感じました。
    石垣空港に向かうタクシーの運転手さんと沖縄戦の話をして、私は「石垣は沖縄戦の被害はあまり受けていなかったのでは?」と伺いました。運転手さんは、石垣の人たちは「西表島に疎開していたので米軍の被害はあまり受けなかったが、疎開した先の西表島で、マラリアにかかって少なくない人たちが亡くなった」というお話を伺い、愕然としました。
     西表に8年振りにお伺いしたら、新しい建物が増えていました。リゾートホテルも増えているようです。
    私たち夫婦は素泊まり3000円の宿でしたが。以前は、1泊2食付きで、4500円くらいで、食事の切り盛り、部屋の掃除等は「ヘルパー」という若い人たちが1日3食付き、給料3~5000円位?で切り盛りしていたのですが、そういう所はほとんどなくなったとか?そういう所で、夜な夜な、みんなでダべリングと酒盛りというのが定番でした。また、オカズの魚は、海人が日中魚を釣ってきてそこに納品して、朝晩2食食べさせてもらうというスタイルでした。そういうものが消えてしまったのです。
     沖縄本島の豊見城に母親がいますので、1日泊まりました。那覇に着陸する直前に自衛隊の戦闘機、オスプレイと思しき飛行機。私は「ああ、ここは未だに戦争の島なんだな」と、心が痛みました。翌日は「旧海軍司令部壕 [海軍壕公園]」に行きました。そこでは沖縄戦の地獄の様の一端と、帝国の一般住民と帝国陸海軍を巻き込んだ無謀かつ無謀な戦争遂行、戦略を垣間見る思いがしました。この施設を見て、現今の「平和安全法制」にたいするいかなる態度をとる人々も、この悲劇から学ばなくてはならないと思いました。

  • >>1666

    「中国共産党合併して」何処と?
     
    「共産党を支持する人」何処の国の共産党なのか?

    「反日政策を掲げたり、国民の不安をあおる党」何処の党なのか?

  • >>1666

    「中国共産党合併して、共産党を支持する人は中国に移住してください。 反日政策を掲げたり、国民の不安をあおる党なので、」

     ???私の読解力がないのか、ちょっと意味が不明なのでもう少し詳しく解説していただけないでしょうか?

  • >>1658

    中国共産党合併して、共産党を支持する人は中国に移住してください。 反日政策を掲げたり、国民の不安をあおる党なので、

  • >>1664

    日本が外敵の直接の軍事的攻撃および、侵略を受けていない段階で、アメリカが起こす先制攻撃戦争=シリアなどへの攻撃=が起きた場合に、日本が兵站を行うということを、戦争法の審議の過程で日本政府は否定をしませんでした。
     トランプ米大統領は、再びアフガンへの米軍の増派を言明しました。これに、もしも、アメリカから、自衛隊の兵站を要請されたら、日本政府はこれを受け入れるでしょう?
     正に、「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律」、「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律」

     の法律の主旨に則って!
     御立派な「平和安全法制」です。「戦争法」のネーミング?大間違いですな?

  • 戦争法ではありません。 共産党 社民党 一部の民進党がつけただけで 島国の日本は世界情勢もわからずに 平和ボケしている人が多いので、直に戦争法になってしまいます、第二次世界大戦の戦争を今の戦争とはぜんぜん異なることもわかっていない。 武器は最低限の抑止力であり、今の兵器で第二次世界大戦みたいに戦ったら、地球が崩壊してしまいますよ。

  •  今日出てきた「ニッポンファースト」これは如何なものか?排外的なナショナリスティックなものになりはしないかという懸念が各界から出されています。
    本日放送されたTBSラジオ『森本毅郎スタンバイ』では、国内のメディアでは『東京新聞』の「特報面」で強い懸念が示されたほかは、大した反応がない。海外のメディアではかなり「ニッポンファースト」という名称そのものに対して強い懸念と警鐘が鳴らされていると、森本さんは指摘されていました。

     それに乗っかろうとする細野氏らの思惑、如何なものでしょう?

     私たち国民もこの人たちのパフォーマンスではなくて、この人たちが「本音」で考えているところを真剣に捉えて、この人たちが「本物」であるか、「まがい物」であるか見極めなくてはならないと思います。

  • >>1660

    飛んじゃいました。

     財界からすれば、「自民党政権の基本政策を継承する第二自民党」の役割を担ってつくられたのではないでしょうか?
     旧民主党は政権獲得前の「マニュフェスト」を相次いで捨て去りました。国民が怒ったのは、「政権担当能力のなさ」ではなくて、「自民党政治と変わりがない」ということに対する失望感ではなかったのではないでしょうか?

     私には長島、前原、細野氏、あるいはこの方々に同調する人々に、旧民主党が歩んだ道から、このような方向に、民進党、民進党を離党してこういった方向を目指すことに未来が果たしてあるのかどうかを、真剣に考えて頂きたいと思います。

  • 民進党は蓮舫代表が辞任しました。残念なことです。後任を選ぶ代表選には前原氏、枝野氏が名乗りをあげています。前原氏は共産党を含めた野党共闘に否定的。枝野氏は容認とされています。代表選を前に細野氏が離党表明。代表選の結果がどう出ても大変なことになりそうです。

     前原氏や細野氏、長島氏に同調する人もいるでしょう?細野氏は「自民でも民進でもない二大政党制をつくりたい」ということだそうですが、旧民主党政権の「失敗」をどう見ているのでしょう?旧民主党は、「政権交代できる二大政党制つくり」

  • 都議選に続いて仙台市長選では野党共闘と市民連合が推した郡和子さんが自公候補を破って当選しました。7月24日に放送されたTBSラジオ『森本毅郎スタンバイ』において森本さんは、「有権者の自公に対する怒りは深い。内閣改造をしたぐらいでは収まらないもの」「共産党が加わる野党共闘を仙台の有権者は『受け皿』として選択したということだ」「これは自公にとって重大な脅威になる」「この結果は一地方選挙の結果に留まらないということだ」という旨のコメントをしていました。
     『スタンバイ』では『毎日』の世論調査において安倍内閣の支持率が26%に急落したと報道しました。これについて、森本さんは「内閣支持率が20%台から回復した内閣は過去にはない」とコメントしました。また、本来自公批判の「受け皿」になるべき野党第1党の民進党の支持がわずか5%に低迷していることについて苦言を呈していました。

  • 今日、7月15日は日本共産党の創立記念日です。1922年7月15日に創立されて以来97年、日本で最も老舗の政党です。今日の政界においては、様々な立場の市民の方々、政党の橋渡し役を果たす重要な役割を担っています。

  • >>1656

    飛んじゃいました。という名前で投票し、一定の得票を得たら当選で良いのでは?

  •  【カイロ時事】2014年6月に過激派組織「イスラム国」(IS)に制圧された後、3年以上に及ぶ恐怖支配が続いたイラク北部モスルで9日、軍による「解放」がようやく宣言された。
     かつては重要な交易路として栄えたモスルはIS支配と戦闘で破壊を極めたが、この日ばかりは市民らが悲願の自由を喜び、街頭に繰り出して歓喜に酔いしれた。
     モスルではこの日、アバディ首相の「解放宣言」が出る前から、軍兵士が戦車に乗って高々と武器を掲げ、IS打倒を祝うムードに包まれていた。首相もモスルに到着後、昨年10月から続いた奪還作戦の経過報告を軍司令官から受けつつ、ISが最後まで抵抗したモスル西部を歩いて凱旋(がいせん)し、歓声を送る人々に手を振る余裕すら見せた。
     ISは特異の宗教解釈を採用し、モスルで市民の自由を極端に制限。そのため、窮屈でおびえる生活を終えた達成感はひとしおのようだ。イラクのテレビでは、モスル市内で国旗を掲げて祝福する子供たちや、首都バグダッドなどイラク各地でモスル奪還を盛大に喜ぶ様子が繰り返し放映された。 

    以上時事通信ネットニュースより。
    こうして巨悪に対して命をかけて戦う国や人々がいて初めて平和が訪れる。
    共産党のように「ISと話し合え」「戦争反対」と口先だけきれいごとを言うのは誰でもできるし、ISと戦っている兵士に対して失礼だ。これからも残党はテロに走るだろうが、大きな1歩を踏み出した。日本共産党員も少しはISと戦った戦闘員たちに感謝をすべきだろう。そして大きな被害がでている福岡・大分の被災した住民を救助している自衛隊にも感謝をすべきだろう。自衛隊の予算を「人殺しの予算」などという共産党には馬の耳に念仏だろうが。

  • >>1653

    選挙制度はどんな制度であっても一長一短ありますよね。
    小選挙区制度は比較第1党に有利で安定多数となりやすい。政権政党の支持が激減すると別の人気のある政党が一気に政権政党になれる。候補者は小さな範囲の選挙区を回るので、有権者がより詳しく立候補者を知ることができる。しかし国民の政党支持率が議席数に反映しにくい。死票が多い。
    大選挙区制度はいろいろな政党がある程度の議席を確保することができる。国民の支持率が議席数に反映される。しかし安定多数の政党が出現しなくて政治が不安定になる。立候補者は大きな選挙区を運動するので、有権者は候補者のことがよくわからない。どちらかというと政党本位の選挙になる。
    比例代表制度は完全に政党本位の制度。各党の支持率がストレートに議席数に反映される。しかし憲法には選挙によって国民の代表者によって政治を行うという趣旨のことが書かれており、比例代表制度のみで選挙をすると国民は「人」を選ぶことができなくなり、「政党」しか選ぶことが出来なくなって憲法違反の可能性が強くなる。
    現実には小選挙区制か中選挙区制くらいが良いと思います。

  • >>1650

    もっと各党の実力がストレートに出る大選挙区制にしたらどうだろうか?

  • >>1651

    まあとにかく都議会自民党はひどすぎた。
    東京の議会だからもっと中身が近代化していると思ったらドン内田がやりたい放題の密室議会。
    だから舛添も安心して公私混同都政を運営していた。自民党はこれを機会に近代化しないといけない。
    あと大阪の自民党もひどいもんだ。かつては解放同盟を甘えさせ、労働組合を甘えさせ、社会党と共に解放同盟天国をつくりあげた。公務員は毎日やってもいない残業代をもらい、府民の税金を無駄に使い放題で巨額の財政赤字となった。だからこそ大阪では維新が切り込んで大幅に是正されたのだ。形は違うが東京もよく似たことになった。
    共産党は無責任野党なので国民に対しては「皆さんの要望を当局にぶつけて実現します。」と耳障りの良いことばかり言っておれば良い。しかし国民も学習して次第に賢くなっているので、「耳障りの良い」ことばかり言う政党など信用しない。それは詐欺の手口と同じだからだ。

  • <<
  • 1675 1652
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン