ここから本文です
  • ◇ アベ金融→富の集中、格差拡大・世襲、賃金年金減、物価高、財政危機 

     TPPの米国≒日本の未来= 国が富裕層の(株)化= 脱公共の階級社会
                    (「貧困大国アメリ カ」岩波新書 など)


    ◇ アベ金融→格差拡大、賃金減、財政危機 (中原圭介、要旨、2014)

     2013年または2013年度のGDP増加分は、個人消費と公共投資の増加分だけで十分に説明で きます。 とりわけ2013年度では、2.3%の成長のうち、2.2%が個人消費(1.5%)と公共 投資(0.7%)の増加によるものなのです。

     2013年または2013年度の成長内容を冷静に分析すると、個人消費は株高によって高額消費 だけが大きく伸び、公共投資は消費増税の環境整備のために大幅に引き上げられたという状 況にあります。

     私がこれまで拙言い続けてきたことは、大規模な量的緩和を行っても、
      
      (1)実質賃金は下がる可能性が高い、 
     
      (2)格差が拡大する可能性が高い、
      
      (3)輸出は思うようには増えない、 
     
      (4)日本は経常赤字国になる可能性が高まる、  の主に4点になります。

  • <<
  • 248 228
  • >>
  • ◇ アベ金融緩和・失敗=日銀・国債↓損→税で、 雇用統計で給料連続↓
        株価↑、少数大企業の業績↑、 多数庶民は物価高、 実質所得↓

      (経済評論、YKさん、MSさん、HHさん・・ NG紙2015)

     ・ 金融緩和でも、需要なし、 お金が市場に供給されない。  
       日銀は、銀行保有の国債を買い、支払いは日銀内の銀行当座預金へ。 

     ・ 日銀保有の多量の国際(高い購入価格、日銀資金の65%!
      損失をもたらし、将来の国民負担へ!

     ・ 基本給料は、22カ月連続減(雇用統計)

     ・ 円安、株高、官製相場が主、 大企業のみ円安好決算


     ○ いずれも、駆逐すべき 格差拡大の 米欧型金融資本主義

       
      以上、マスコミ、一切、報道なし

  • ◇ 金融緩和の米国・・ 景気回復+ 格差貧困拡大+ 富の集中

      ・ 富者から貧者へ金の流れ(トリクルダウン)は、起こらず
     
      ・ 過大な金→ 株投資資産へ、富裕層5%が富40%独占

      ・ 貧困層20%、 企業→ 金を株投資へ、賃金上がらず

       例、 富裕層、企業業績は上昇 : NY市民22%、食事も不十分

       例、 ニューヨーク2002~2014、インフレ2.4%=交通70%、肉60%ほか
       
       例、 企業、保険料逃れで、労働者のパート化、労働組合の解体

       例、 無保険者の増大、 
     
       例、 がん治療薬は自己負担、 安楽死薬は保険適用

       例、 高齢庶民がん患者、 痛み止め治療だけで放置

  • ◇ 金融緩和の米国・・ 景気回復+ 格差貧困拡大+ 富の集中

      ・ 富者から貧者へ金の流れ(トリクルダウン)は、起こらず
     
      ・ 過大な金→ 株投資資産へ、富裕層5%が富40%独占

      ・ 貧困層20%、 企業→ 金を株投資へ、賃金上がらず

       例、 富裕層、企業業績は上昇 : NY市民22%、食事も不十分

       例、 ニューヨーク2002~2014、インフレ2.4%=交通70%、肉60%ほか
       
       例、 企業、保険料逃れで、労働者のパート化、労働組合の解体

       例、 無保険者の増大、 
     
       例、 がん治療薬は自己負担、 安楽死薬は保険適用

       例、 高齢庶民がん患者、 痛み止め治療だけで放置

  • ◇ アベ米欧金融資本主義→ 外資の植民地+ 庶民は貧困化

    ◇ 韓国=経済発展+富は外資+庶民は低賃金貧困化 (未来の日本)
      
    ・ 低法人税↓15%、 経済成長→ 富は外資に、役員報酬、株配当、不動産投資 + 低賃金で国民貧困化へ、植民地へ

    例、サムソン、現代自動車、銀行 ・・  殆ど外資、非韓国企業

    ・ 規制、金融緩和、過度の自由化→ 過剰投資、インフレ、物余り
                       →  不良債権
      
    ・ 大学進学率9割→ 職なし5割 + 職あり非正規雇用5割
      
    ・ 犯罪、自殺、海外移住希望70%、 高齢者の低年金月7千円、

       対日本比較・・殺人5倍、 性犯罪40倍、 自殺3倍(死因の3分の1)、

  • ◇ トリクルダウン(富者→貧者へ金の流れ)  起きない

      (富山和彦氏、 経営共創基盤CEO、A紙、2014、要旨)

     ◇ グローバル経済(2割相当)・・ 国債企業は、国内生産・縮小

     ◇ 国内経済 (8割相当)・・ 地域密着・労働集約・サービス産業
                   医療、介護、交通など公共サービス

       需要・減少、低生産性、人手不足、

       バラマキ公共事業では消化できない

       規制緩和、企業減税の市場主義 では失敗

     ○ 最低賃金・大幅上げ→ 低生産性企業の廃業+ 雇用の流動化を

     ○ 雇用の流動化= 通年採用+ 同一労働・同一雇用・同一賃金を

        雇用調整助成金(×) より→ 職業訓練、雇用の流動化(○)を

  • ◇ トリクルダウン(富者→貧者へ金の流れ)  起きない

     (富山和彦氏、 経営共創基盤CEO、朝日新聞、2014、など)

     ◇ グローバル経済(2割相当)・・ 国債企業は、国内生産・縮小

     ◇ 国内経済 (8割相当)・・ 地域密着・労働集約・サービス産業
                   医療、介護、交通など公共サービス

       需要・減少、低生産性、人手不足、

       バラマキ公共事業では消化できない

       規制緩和、企業減税の市場主義 では失敗

      ○ 最低賃金・大幅上げ→ 低生産性企業の廃業+ 雇用の流動化を

      ○ 雇用の流動化= 通年採用+ 同一労働・同一雇用・同一賃金を

        雇用調整助成金(×) より→ 職業訓練、雇用の流動化(○)を

  • ◇ アベ金融緩和、円安バブルの損失→ 将来、国民が負担!
        (N氏、W大ファイナンス総研、 M紙、2015/3、要旨)
     ○ アベ金融緩和策で起こっていることのすべて
      アベ金融は円安バブル。 国債市場に無理を強い、過激な円安。
      円安に支えられた日本企業の収益。
      日銀の2013年からノ金融緩和は、目的達成できていない。
       金融緩和を行えばマネタリーベースが増えて、それでマネーストックが増えて
      金利が下がると見込んでも、マネーストックは増えていない。
      お金が市場に供給されていない。 
     銀行保有の国債を日銀が買って、支払いは日銀に持っている銀行の当座預金になる。 
     これが異次元緩和で起こっていることのすべて。

    ○ 日銀保有の多量の国債は損失をもたらし、将来の国民負担へ
     マネタリーベースと当座預金はものすごい勢いで増えているが、貸し出しが増えないため
     預金は増えていない。 金利は日銀が国債を買っている効果で、力ずくで下げている。 

     将来、日銀が保有している国債は損失をもたらす。
     日銀が非常に高い価格で国債を買っているからです。 
     将来、損失が発生する可能性のある資産を大量に保有している。

     今の円安は、損失は将来、国民が負担することになる。
     かつて1980年代のバブルの後始末の不良債権処理では
     大きな国民負担が発生したが、それと同じようなことが今起きている。

    ○ 悔やまれるのは、円高を是認する政治勢力の不在。 労働者の立場を代弁する政治勢力がな  い。 円安というのは労働力、賃金を安くするという意味で労働者の敵ですから。
     
    ○ アベ金融緩和、円安バブル崩壊の時期
      それは分からない。金融市場で非常に不自然な状況を起こして
     進んでいる円安バブルは長期的に安定均衡ではいられない。
     ずっとはもたないことは明らか。いつ壊れるかは、分からない。

  • ◇ 米国の経済政策 を真似てはいけない理由 (N氏、経済評論、2015)

     ○ インフレ政策の結果、何が起こったのか
        ↓
     2000年以降、平均で2%超の
     インフレと経済成長が進んだ
        ↓
     その一方で、実質賃金の著しい低下が起こった
         ↓
     日本では、米国の経済成長ばかりに焦点を当て、
     庶民生活について触れない傾向がある
        ↓
     右図のような状況が自分の身に起こったとして、
     どうなるのかを考えてみよう
        ↓
     答えは決まっている

     ○ なぜ米国で格差が拡大したのか

     ①インフレ目標政策
      → 実質賃金の低下傾向
     ②株主資本主義
      → 失業者、賃下げの横行
      → 名目賃金の低下
        ↓
      豊かな中間層の没落

     ○ 中間層が没落した国は衰退していく

      歴史を遡れば、ローマ帝国やギリシャも
      中間層の没落から衰退していった
        ↓
      格差拡大が国としての連帯感を失わせ、
      軍事力も経済力も疲弊させた
        ↓
      アメリカも国としての一体感を失いつつある

  • 現実問題なのが、在日韓国人男子への「韓国での兵役義務」。こち
    らはすでに「1994年以降誕生の韓国籍男子」への兵役義務が発生
    しています。

    これは在日韓国人社会には相当な打撃を与えたようで、在日韓国人
    「民団」の新聞では兵役関連の記事が多いです。「民団新聞」から兵
    役関連の記事を探すと、 

     ①本国滞在期間延長59日から89日間に…兵役義務留保の「在外国民2世」 
     改定兵役法に懸念の声…全国事務局長会議で憤出
     ②海兵隊に志願 合格…在日2世の朴哲勇君
     ③兵役義務に質問集中…「移動大使館」巡回説明会

    1994年以降に誕生した在日韓国人男子(今年21歳、20歳)は
    「60日以上在韓だと自動的に兵役→その後90日に緩和」とすでに
    「条件付兵役」が実施されています。 

    民団の記事の中には「海兵隊に志願 合格…在日2世の朴哲勇君」とい
    う戦意高揚?の記事もありますね。こちらは、いつ「条件付」を止める
    かだけです。早ければ2015年中、遅くても2017年までには「条
    件なしの完全兵役」になると推測しています。

    在日韓国人は従来は「日本にいても韓国籍選択」が民族の誇りだったよ
    うですが、最近は、在日の両親どちらかが日本に帰化して日本国籍の場
    合、子どもには「日本国籍を選択させる」ことが増えているのも韓国で
    の兵役を避けるためでしょうね。

    実際問題、在日韓国人1世の多くが韓国軍による「韓国大虐殺」から逃
    れて日本に密入国して来たわけですから、いくら「韓国マンセー」して
    いても、韓国軍には息子や孫を送れないのでしょう。

    在日韓国人は、日本という安全地帯で反日をやっているとんでもない集
    団なんですが、実際には、「韓国人の恐ろしさ」が身に染み付いている
    と思います。私たち日本人から見ると大変迷惑な存在ですが。

    アベ金融→富の集中、格差拡大・世襲、賃金年金減、物価高、財政危機・・ 現実問題なのが、在日韓国人男子への「韓国での兵役義務」。こち  らはすでに「1994年以降誕生の韓国

  • 生活保護費を受給するための偽装結婚





    ★クラブ経営で1億円超収入も「無職」と申請 





    生活保護不正受給の夫婦を逮捕 警視庁





    東京都足立区に住む韓国籍の50代の女が韓国人クラブを実質的に経営して1億円超の売り上げがありながら、無職を装って生活保護費数百万円を不正受給していた疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。

    警視庁組織犯罪対策1課は7日夜、詐欺容疑で女と日本人の夫を逮捕した。夫妻は別居を続けており、組対1課は生活保護費を受給するための偽装結婚だった可能性もあるとみて実態解明を進める。
     
    捜査関係者によると、夫妻は数年前、足立区役所で無職と偽って生活保護費を申請。女が約3年前に同区内で韓国人クラブを開業した後も毎月十数万円、総額数百万円の生活保護費を不正受給していた疑いがもたれている。
     
    申請時に入金がない預金通帳のほか、夫に持病があるとの診断書を提出し、夫の介護のために女も働けないと説明していた。
     
    クラブの名義上の経営者は知人男性だったが、組対1課は女が売上金やホステスを管理するなど実質的に経営していると判断。売り上げは約3年間で総額1億円超に上るとみられる。女は同区内のマンションで暮らし、高級車で通勤する姿が確認されている。
     
    夫にも廃品回収などで数百万円の年収があった。組対1課は生活保護費を夫妻で分配していたとみて資金の流れを調べている。

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140208/crm14020808160000-n1.htm


    逮捕された韓国クラブの実質的経営者で韓国籍のパク・スンギョン(58) ↓

    アベ金融→富の集中、格差拡大・世襲、賃金年金減、物価高、財政危機・・ 生活保護費を受給するための偽装結婚      ★クラブ経営で1億円超収入も「無職」と申請 

  • ◇ OECD、富者から貧者へ金=誤り、と結論 2014/12/10 公表
       
       ガーデアンほか欧米有力紙でトップ報道!  日本の報道なし!?

     ・ OECD経済開発協力機構 、トリクルダウン(富者から貧者へ金の流れ)
       は、起きないと結論

     ・ 過去30年、世界の国で、所得格差が拡大、成長率を下げた (米国6%↓)

     ・ サッチャー、レーガン以来の市場原理による規制緩和、富裕層減税を否定

     
     ・ アベノミクスの基礎の トリクルダウン(富者から貧者へ金)は誤り!

  • ◇ 韓国 =米国とFTA協定、植民地化= 近未来の日本
      
    ・ 低法人税15%、 経済成長→ 富は外資に、役員報酬、株配当、不動産投資 + 低賃金で               国民貧困化へ、植民地へ
      
      例、 サムソン、現代自動車、銀行・・  = 外資、非韓国企業

    ・ 過度の規制、金融緩和 → 過剰投資、インフレ、物余り
      →  不良債権
      
    ・ 大学進学率9割→ 職なし5割 + 非正規雇用5割
      
    ・ 犯罪、殺人5倍、 性犯罪40倍、 自殺、日本の3倍(死因の3分の1)、 
      海外移住希望7割、 高齢者の低年金月7千円、

  • ◇ OECD、富者から貧者へ金=誤り、と結論 2014/12/10 公表
       
       ガーデアンほか欧米有力紙でトップ報道!  日本の報道なし!?

     ・ OECD経済開発協力機構 、トリクルダウン(富者から貧者へ金の流れ)
       は、起きないと結論

     ・ 過去30年、世界の国で、所得格差が拡大、成長率を下げた (米国6%↓)

     ・ サッチャー、レーガン以来の市場原理による規制緩和、富裕層減税を否定

     
     ・ アベノミクスの基礎の トリクルダウン(富者から貧者へ金)は誤り!

  • ◇ 韓国 =米国とFTA協定、植民地化= 近未来の日本
      
    ・ 低法人税15%、 経済成長→ 富は外資に、役員報酬、株配当、不動産投資 + 低賃金で               国民貧困化へ、植民地へ
      サムソン、現代自動車、銀行・・  殆ど外資、非韓国企業

    ・ 規制、金融緩和、過度の自由化→ 過剰投資、インフレ、物余り
      →  不良債権
      
    ・ 大学進学率9割→ 職なし5割 + 非正規雇用5割
      
    ・ 犯罪、殺人5倍、 性犯罪40倍、 自殺、日本の3倍(死因の3分の1)、 
      海外移住希望7割、 高齢者の低年金月7千円、

  • これは、現在進行中の人身売買である!!





                    そして、現代における奴隷制の一つである!!






    <米政府・米軍の勧告>
    2010年にアメリカ国務省は韓国の米軍基地周辺のバーで働く女性達の状況について、現在進行中の人身売買であるとする報告を行っている。2012年に在韓米軍はジューシーバーで高いドリンク代を支払うことは現代における奴隷制の一つである人身売買業を支援することであるとする動画をユーチューブに投稿した。


    <基地村浄化キャンペーン>
    全斗煥政権(1980年 - 1988年)の時代には、全斗煥大統領による基地村浄化キャンペーンが実施されると売春婦とアメリカ兵との関係の発展を目指して、エチケット講義が行われるとともに頻繁に薬物療法が行われるようになった。医師免許を持たない医者達の前で脚を広げることを強制され、抗生物質を打たれて死にいたる女性もいた。女性達が逆らうと医者達に暴力を振るわれて監禁されることとなっていた。



    韓国では旧日本軍慰安婦問題だけでなく、在韓米軍を相手にした慰安婦(売春婦)の問題も、在韓米軍慰安婦問題として社会問題にもなっている。1990年までに韓国における米軍相手の売春婦は25万から30万にのぼった。

    ○尹今伊殺害事件
    1992年10月には、米兵のケネス・マークル(Kenneth Markle)が米軍専用クラブの従業員で「洋公主」の尹今伊(ユン・クミグミ)を殺害し、ちつにコーラ瓶、肛門には傘が刺され全身に洗濯用洗剤がまかれたままの遺体で見つかるという尹今伊殺害事件が発生し、反米運動にまで発展し、翌1993年には駐韓米軍犯罪根絶運動本部が設置された。
    <注>ちつを漢字で書くと、この掲示板では投稿を拒否されます。


    <韓国と米国に対する慰安婦訴訟>
    2009年、韓国系アメリカ人の元慰安婦らが米兵との性的行為を1960年代から1980年代にわたり強制されたとして、米軍と韓国政府に対して損害賠償をもとめてアメリカで提訴した(在韓米軍慰安婦問題)。原告の慰安婦らは韓国政府は米軍のためのポン引きだったと批判している。
    その後、謝罪と補償を求める女性たちもいるが、韓国最高裁は売春である不法行為に基づく損害賠償請求であるとして棄却している。

    アベ金融→富の集中、格差拡大・世襲、賃金年金減、物価高、財政危機・・ これは、現在進行中の人身売買である!!                       そして、現代にお

  • ◇ 金融緩和の米国・・ 景気回復+ 格差貧困拡大+ 富の集中

      ・ 富者から貧者へ金の流れ(トリクルダウン)は、起こらず
     
      ・ 過大な金→ 株投資資産へ、富裕層5%が富40%独占

      ・ 貧困層20%、 企業→ 金を株投資へ、賃金上がらず

       例、 富裕層、企業業績は上昇 : NY市民22%、食事も不十分

       例、 ニューヨーク2002~2014、インフレ2.4%=交通70%、肉60%ほか
       
       例、 企業、保険料逃れで、労働者のパート化、労働組合の解体

       例、 無保険者の増大、 
     
       例、 がん治療薬は自己負担、 安楽死薬は保険適用

       例、 高齢庶民がん患者、 痛み止め治療だけで放置


     ◇ 金融緩和の米国の属国=日本、次の金融ゲームの餌食に!
       
      (「貧困大国アメリカ」、「沈みゆく大国アメリカ」、堤未果、岩波新書ほか)

  • ◇ トリクルダウン(富者→貧者へ金の流れ)  起きない

     (富山和彦氏、 経営共創基盤CEO、朝日新聞、2014、など)

     ◇ グローバル経済(2割相当)・・ 国債企業は、国内生産・縮小

     ◇ 国内経済 (8割相当)・・ 地域密着・労働集約・サービス産業
                   医療、介護、交通など公共サービス

       需要・減少、低生産性、人手不足、

       バラマキ公共事業では消化できない

       規制緩和、企業減税の市場主義 では失敗

    ○ 最低賃金・大幅上げ→ 低生産性企業の廃業+ 雇用の流動化を

     ○ 雇用の流動化= 通年採用+ 同一労働・同一雇用・同一賃金を

        雇用調整助成金(×) より→ 職業訓練、雇用の流動化(○)を

  • ◇ 金融緩和の米国・・ 景気回復+ 格差貧困拡大+ 富の集中

      ・ 富者から貧者へ金の流れ(トリクルダウン)は、起こらず
     
      ・ 過大な金→ 株投資資産へ、富裕層5%が富40%独占

      ・ 貧困層20%、 企業→ 金を株投資へ、賃金上がらず

       例、 富裕層、企業業績は上昇 : NY市民22%、食事も不十分

       例、 ニューヨーク2002~2014、インフレ2.4%=交通70%、肉60%ほか
       
       例、 企業、保険料逃れで、労働者のパート化、労働組合の解体

       例、 無保険者の増大、 
     
       例、 がん治療薬は自己負担、 安楽死薬は保険適用

       例、 高齢庶民がん患者、 痛み止め治療だけで放置


     ◇ 金融緩和の米国の属国=日本、次の金融ゲームの餌食に!
       
      (「貧困大国アメリカ」、「沈みゆく大国アメリカ」、堤未果、岩波新書ほか)

  • ◇ 金融緩和の米国・・ 景気回復+ 格差貧困拡大+ 富の集中

      ・ 富者から貧者へ金の流れ(トリクルダウン)は、起こらず
     
      ・ 過大な金→ 株投資資産へ、富裕層5%が富40%独占

      ・ 貧困層20%、 企業→ 金を株投資へ、賃金上がらず

       例、 富裕層、企業業績は上昇 : NY市民22%、食事も不十分

       例、 ニューヨーク2002~2014、インフレ2.4%=交通70%、肉60%ほか
       
       例、 企業、保険料逃れで、労働者のパート化、労働組合の解体

       例、 無保険者の増大、 
     
       例、 がん治療薬は自己負担、 安楽死薬は保険適用

       例、 高齢庶民がん患者、 痛み止め治療だけで放置


     ◇ 金融緩和の米国の属国=日本、次の金融ゲームの餌食に!
       
      (「貧困大国アメリカ」、「沈みゆく大国アメリカ」、堤未果、岩波新書ほか)

  • <<
  • 248 228
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!