ここから本文です
  • 被害者なのか? それとも加害者への加担者か? どっち??・・



    本来は韓国に謝罪する義務も金銭を支払う責任も無い



    韓国は被害者ではなく日本の戦争に加担した加害者


    ナチスに武力で併合されたオーストリアは、なぜ、戦後、ヨーロッパ諸国に謝罪したのでしょうか・・・



    国際的に見ても例外中の例外で
    国家賠償から個人補償まで日韓基本条約で最終的かつ完全に解決している。(協定第二条1)


    日韓基本条約

    1965年の日韓基本条約において
    無償で3億ドル、有償で2億ドル、民間借款で3億ドルを支払っている。合計して8億ドルである。
    この金額は当時のものであるので、貨幣価値を今の時代に換算してみる。
    また、8億ドルのうち3億ドルの無償分のみに絞って考えてみる。

    ・(円換算)3億ドル×360円(当時1ドル=360円)=1080億ドル
    ・(物価換算)1080億円×10(当時の大卒初任給が約2万円)=1兆800億円

    これを、韓国が主張する通りに、
    強制連行労働者70万人、従軍慰安婦20万人の合計90万人の賠償対象者で割ると
    (強制連行、従軍慰安婦など実際はなかったという議論は当然あるが、
    ここでは韓国の主張を100%飲んだ数字で算出する。)

    ・(強制徴用者被害者一人換算)1兆800億円÷90万人=120万円/人

    これで比較できる金額が出た。さて次はこれが高いかどうかである。
    よく、ドイツは戦後十分な補償をしている。
    ドイツを見習えとか言う人や新聞社がありますのドイツを参考にしよう。

    ドイツの強制労働者への賠償は、現在価値換算で30万~80万円で、
    一番高いユダヤ人の奴隷労働者でも80万円である。
    これで客観的に見ても日本の韓国に対する戦後賠償が非常に高い水準であったことがわかる。

    尚、無償、有償あわせて合計8億ドルという額は
    当時の韓国の国家予算の2.3倍であり、いかに高かったかが分かる。
    ちなみにこの賠償額は、朝鮮半島全地域が対象であり、
    韓国政府が「北朝鮮を統一したら北の人に支払うから北の分もくれ」と言って持って行った額である。

    さらに、日本は戦前韓国に残した資産を放棄している。
    これはインドが英国から独立したとき、イギリス人がインドに持っていた個人資産が個人に返却されたという前例があるように、十分に戦後賠償として通用する行為である。

    驚くべきはその額であり、総司令部民間財産管理局の調査では、軍事用資産を除き計53億ドルであった。
    (大蔵省財政史室編『昭和財政史。終戦から講和まで』東洋経済新報社)
     
    つまり、日本は韓国に対して戦前資産53億ドル、
    戦後賠償8億ドルもの巨額の賠償を行っている。
    そして日韓基本条約には、以下の言葉が記されている。
    「戦後処理は完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」
    (協定第二条1)

    しかし条約締結の後、韓国は日本からの清算金を個人の賠償対象者に支払うことなく、国家発展のために活用した。「漢江の奇跡」と言われた韓国の経済成長が韓国人の努力とともに、この南北朝鮮を対象として支払われた清算金を原動力としてなされたことは疑うべくもない。

    そして韓国政府は驚くべきことにこの条約のことを国民に知らせていない。
    個人に支払わず国家発展に流用したことを隠す為であろうか。
    それとも反日感情をいつまでも煽る為であろうか。もしくはその両方か。

    その為韓国人は未だに日本が賠償責任を果たしていないと思いこみ、憤慨し、
    日本で終わった賠償問題について訴訟を起こしているのであり、
    日本と韓国の間の大きな溝の一つはそこにある。

    このことを韓国国民はもちろん、日本人も良く知る必要があると思う。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ