ここから本文です
  • 安倍総理、人手不足倒産激増に、ベルリンの壁崩壊以上の外国人就労大幅拡大!



    日本の移民政策「ベルリンの壁崩壊」・外国人の就労大幅拡大!在留期間の上限なくし家族の帯同認める




    安倍晋三首相「新たな在留資格を創設します」

    日本政府が移民政策で大変革!

    「ベルリンの壁崩壊くらい」外国人の就労大幅拡大!


    試験に合格すれば、在留期間の上限をなくし、家族の帯同も認める!(移民受入れを認める!)

    専門家「移民政策への一歩」「現場労働者を受け入れ、定住する可能性を残す」 「韓国の外国人受け入れ制度に負けるな!」

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3387759.htm
    「ベルリンの壁崩壊くらい」外国人の就労大幅拡大へ

    TBS News i

     日本全体を覆う深刻な人手不足の問題。その活路は、やはり、外国人労働者に、見いだすことになりそうです。5日、政府は、今後の財政運営の考え方を示す文書、「骨太の方針」の原案を示しました。

     注目は労働力不足への取り組みですが、その対策として、今後、外国人に対し新たな在留資格を設けることが明記されました。「ベルリンの壁が崩壊したくらいだ」。専門家はその変化をこう表現しています。


    ■動画
    「ベルリンの壁崩壊くらい」外国人の就労大幅拡大へ

    https://www.youtube.com/watch?v=DwB19T1JN8M

    http://www.ootapaper.com/entry/2018/06/07/080918

    「ベルリンの壁崩壊くらいの変化」-外国人の単純労働者受け入れ開始


    外国人の就労、大幅拡大へ。「ベルリンの壁が崩壊したくらい」

    5日、政府は、今後の財政運営の考え方を示す文書、「骨太の方針」の原案を示しました。

    今日(6月5日)開かれた経済財政諮問会議。
    政府はこの場で、経済財政運用と改革の基本方針、いわゆる骨太の改革の原案を示しました。
    この場で総理が真っ先に触れたのが、

    「即戦力となる外国人を幅広く受け入れていく仕組みを早急に構築してく必要があります。」


    「新たな在留資格、その創設を明記します」


    これまで就労目的で認められていた外国人は、医師や弁護士など、専門性の高い18の職種でしたが、政府はこれに、単純労働とされる農業、建設、介護、宿泊、造船の5分野を含めようというのです。


    骨太の方針の原案では、技能実習生度に加え、新たな在留資格を取得した場合、合わせて10年の滞在も可能になります。

    注目は労働力不足への取り組みですが、その対策として、今後、外国人に対し新たな在留資格を設けることが明記されました。

    今回の政策には移民政策とは異なるとして、新たな在留資格を取得する際、「家族の帯同は基本的に認めない」と明記されています。


    しかし、一定の試験に合格するなど、「より高い専門性」が確認されれば、在留期間の上限を設けず、家族の帯同を認めるなどの措置を検討することとしました。


    専門家は今回の政策は「移民政策への一歩」だと評価します。


    「ベルリンの壁が崩壊したくらいだ。」


    「現場労働者を受け入れ、その人たちが定住する可能性を残すと。」


    「韓国の場合、制度として国として外国人を受け入れて活性化させて国を発展させていくという方針がはっきりしているので、外国人にとって日本で働くことが魅力であるという制度をつくらないと韓国にどんどん負けてしまう」

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ