ここから本文です
  • <<
  • 5773 5753
  • >>
  • 5773(最新)

    ✿すず 11月21日 11:11

    市場では、きょう権利行使期限を迎えるオプションが巨額で、それに関連した売買が値動きを抑制しているとの指摘が出ている。目立つものだけでも、112円前半から半ばに66億ドル程度、112円後半から113円にかけて18億ドル程度のストライクが存在しているという。


    今週は金曜日が休みだから乗りが悪い
    長く持ちたくない💦

  • ドル高の動きがドル円をサポートした。前日はFRBの利上げ期待の後退からドル売りが優勢となっていたが、きょうは逆の動きで、リスク回避のドル買いといったところのようだ。

    ドルに対しては様々な見方が出ているが、ユーロの上値の重さを見るとドルは底堅く推移するとの見方も出ている。パウエルFRB議長が可能性として指摘してた通り、世界経済へのリスクが高まれば、FRBの利上げ期待も後退するが、同時に原油安や株安から新興国市場からドルへの資金流入も予想され、意外にドルは底堅く推移するとの見方もあるようだ。世界経済が不安定になれば、米経済よりも他国の経済のほうが打撃が大きいことも留意される。


    株安の中でリスク回避でドルが上昇
    今まではドル買い、円買いでしたが、それだけドル買いが多いのでしょう

    昨日は予定通りドル円Lを持ちました
    東京時間がNY時間のような反応になるのか心配です

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ ドル高の動きがドル円をサポートした。前日はFRBの利上げ期待の後退からドル売りが優勢となっていたが、

  • EU離脱強硬派が目指すメイ英首相退陣への動きは、不信任案手続きの開始に必要な48人にまだ4-5名足りないもよう。党首不信任のチャンスは年1回と党則で決められており、強硬派によるメイ降ろしへの動きは今日・明日中が山場ともみられている。
    そのような中、移行期間終了までに「北アイルランドとアイルランド国境を厳格管理せず」との合意に達しなかったとき発動される「バックストップ」について、メイ首相が見直す方向との一部観測報道も聞こえてきた。

    19時にはカーニーBOE総裁は始め、数名のBOE高官の議会証言が予定されている。最近の離脱を巡る状況について、どのような意見がでるのかに注目。


    ドル円をどこで買うか考え中(⋈◍>◡<◍)。✧♡

  • リスクシナリオとして、本日欧州委員会がイタリア政府に対する制裁を発表する予定、トランプ米政権がカショギ事件に関する包括的な報告を行う予定、そして、メイ英首相に対する不信任決議案の進展などを念頭に置き、取引に臨むことになる。


    アメ株の流れもあり既にリスクはあります!
    強盗日は実需さんが動くので先が読み難い😿
    海外時間にもご注意下さいね~

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ リスクシナリオとして、本日欧州委員会がイタリア政府に対する制裁を発表する予定、トランプ米政権がカショ

  • 12月は利上げが確実視されている状況に変わりはないが、来年は利上げを一旦停止するのではとの見方も浮上しつつあるようだ。9月のFOMCメンバーの金利見通しでは12月利上げのほかに、来年はあと2回との見方がコンセンサスとなっていた。

    アップルがアイフォーンの生産縮小を指示したとの報道でIT・ハイテク株が下げており、リスク回避の雰囲気を強めている。そのような中、この日発表になった米住宅指標が2016年8月以来の低水準に落ち込んだことも、その雰囲気を加速させた模様。ドル円は21日線を下放れる展開が見られているが、目先は100日線が112.05円付近に来ており意識される。


    ダウが一時500ドル超の下げです
    APECでの米中の溝と、先週のFRBメンバーの発言が重い(-_-;)
    ゴーン氏はこんな時に…🙅

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ 12月は利上げが確実視されている状況に変わりはないが、来年は利上げを一旦停止するのではとの見方も浮上

  • [ロンドン 18日 ロイター] - メイ英首相は19日の講演で、欧州連合(EU)からの離脱を巡り、今週は合意草案の詳細をまとめる厳しい週になるとの見解を示すことが、講演原稿の抜粋で明らかになった。

    EUは合意草案を協議するため、25日に首脳会議を開く。


    落ち着かない一週間になるかもね。。

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ [ロンドン 18日 ロイター] - メイ英首相は19日の講演で、欧州連合(EU)からの離脱を巡り、今

  • APEC議長国であるパプアニューギニアのオニール首相が「今回は首脳宣言は出せない」と説明すると、一体何が起きたのかと記者が取り囲む事態となり、一時、プレスセンターは騒然となりました。
    パプアニューギニア、オニール首相:「(Q.どの国が合意できなかったのか)部屋には2大国(米、中国)がいるんだ。他に何が言えるというのか」

    中国の習近平国家主席は17日に続き、18日の首脳会合でも「保護主義と一国主義が台頭し、多角的な貿易体制が打撃を受けている」とアメリカを念頭に批判しました。一方、アメリカのペンス副大統領も「中国が態度を改めるまではアメリカは対応を変えない」と強気の姿勢で、結局、慣例である首脳宣言の採択は見送られ、議長国による声明だけが追って発表されることになりました。ただ、ペンス副大統領はAPECの場で習主席と個別に2度接触し、今月末にアルゼンチンで予定されている米中首脳会談に向けた調整を行ったことを明らかにしています。貿易摩擦を含むアメリカと中国の対立は今月末の米中の首脳会談に持ち越されることになります。


    米中の溝が明日の相場に影響しそうで…

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ APEC議長国であるパプアニューギニアのオニール首相が「今回は首脳宣言は出せない」と説明すると、一体

  • クラリダFRB副議長は米CNBCのインタビューで「世界経済に減速している証拠がある」と述べていた。今週、パウエル議長はFRBが来年直面する課題の一つに、海外需要の鈍化を指摘していたが、副議長の発言もその線に沿った内容とも言える。また、カプラン・ダラス連銀総裁が来年から2020年にかけて成長鈍化見通しを示したことも圧迫した可能性もありそうだ。


    昨夜はいつも見ているチャートが不調でヾ(・ε・。)ォィォィ
    違う証券会社のチャート・・ローソクが全然違う💦
    当然、移動平均線も変わります💢💢
    ガン見しないと取引できないチャートは困るよ。。

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ クラリダFRB副議長は米CNBCのインタビューで「世界経済に減速している証拠がある」と述べていた。今

  • メイ英首相の離脱案、議会通過の確率は「地に落ちた」-ユーラシア
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-16/PI9MX86TTDS201?srnd=cojp-v2

    メイちゃんに不信任でもリーダーが大事な時期に
    リーダー交代ではEUと交渉できないね

    でも政治家たちは逃げ出しているような気がして…

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ メイ英首相の離脱案、議会通過の確率は「地に落ちた」-ユーラシア https://www.bloomb

  • 前日はメイ首相が提案したEU離脱協定を閣議了承されたことで安心感が広がっていたが、きょうはラーブEU離脱担当相の辞任が伝えられ、メイ首相の去就を含めて英政治リスクが高まっている。英議会がEU離脱協定案を承認するか不透明な情勢で合意なき離脱への警戒感が高まっている。与党保守党内からもメイ首相の党首としての信任投票実施の声もあがっており、投票に賛同するか各議員に書簡が回っている。


    英国の政治不安で、英金利の下げから米金利が圧迫され
    米金利低下が円高って、わかるかな?
    米金利は株下落の影響もあったから、株が反発したことで
    戻った感じ・・シランケド

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ 前日はメイ首相が提案したEU離脱協定を閣議了承されたことで安心感が広がっていたが、きょうはラーブEU

  • 10月米消費者物価指数(CPI)は予想通りの結果となったものの、エネルギーと食品を除くコア指数が前年比で予想を下回った。


    NY時間は、英国の政治絡みのニュースで乱高下してますが
    米CPIのコア指数は予想を下回って、思うほどインフレが上昇していない

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ 10月米消費者物価指数(CPI)は予想通りの結果となったものの、エネルギーと食品を除くコア指数が前年

  • 英国の欧州連合(EU)離脱交渉で、英国とEUの交渉官が13日に合意の草案で合意した。メイ英首相は日本時間のきょう午後11時に特別閣議を開き、閣僚らに草案の承認を求める予定となっている。一部では、ラーブEU離脱担当相、ハント外相、ジャビド内相、ゴーブ環境相、グレイリング運輸相が合意草案を支持する可能性が報じられているが、合意草案の詳細はまだ明らかになっていない。


    議会の反応ですねー

  • NY時間に入ると米株が下げに転じたことからドル円も113円台に再び下落したが、下値も底堅くリバウンドの流れが崩れる気配までは見られていない。きょうは一服していたものの、もうしばらくドル高が続くとの期待は根強く、ドル円をサポートしているものと見られる。米大手金融のファンドマネジャー調査によると、ドルロングが最も多かった取引の一つとなっているという。米追加利上げが期待されるなか、ドル資産は魅力的な投資先になっているようだ。


    欧州通貨が不安定だから選ぶとドルになるね
    そろそろ欧州のネタが切れた時を考えた方がよいのかな?

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ NY時間に入ると米株が下げに転じたことからドル円も113円台に再び下落したが、下値も底堅くリバウンド

  • ロンドンタイム、英雇用指標は賃金上昇の強さでも確認されれば、ポンドの押し上げ材料になりそう。だが、独・ユーロ圏の景況指数(期待指数)はマイナスが続いており、改善を促すような明るい材料が乏しいなかでは、さらなる悪化が懸念される。戻りが抑えられやすい地合いのなか、株価など他市場の動向をにらみつつ推移することになりそう。


    確かにドルが強いんだけど、株が下落しても反応が悪い日本円が怖い!
    日銀シャブの麻痺症状ですねー

  • 米政府は、国家安全保障目的での輸入自動車の関税の是非をめぐっての商務省による報告書草案を配布していると、複数関係者による発言が報じられている。トランプ大統領は13日、同問題で通商チームと会合予定。


    NYは株安です
    ユーロはイタリアの修正予算案の提出期限で売られてます

    ドル高なので日本円は動きが悪い💦

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ 米政府は、国家安全保障目的での輸入自動車の関税の是非をめぐっての商務省による報告書草案を配布している

  • ○米国は債券市場が休場(ベテランズデーの振替)
    ○カナダはバンクホリデー(リメンバランス・デーの振替)

    NY時間は方向感がでないかも…

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ ○米国は債券市場が休場(ベテランズデーの振替) ○カナダはバンクホリデー(リメンバランス・デーの振替

  • ジョー・ジョンソン英運輸担当閣外相の辞任が報じられた。英EU離脱交渉も大詰めに来ているが、メイ首相が臨時閣議を数日中に開催するとも言われている。それを経てラーブ英離脱担当相とEUのバルニエ首席交渉官が来週会談し、完全な離脱合意と政治宣言の概要が発表される可能性もあるという。


    国民投票のやり直しを求めていた人です
    今さら何言うねん・・です。。

    アメ株は下落、ユーロはイタリアの予算案再提出期限が13日
    もっと落ちても・・日本円はショボイ💦

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ ジョー・ジョンソン英運輸担当閣外相の辞任が報じられた。英EU離脱交渉も大詰めに来ているが、メイ首相が

  • FOMCの結果が発表され、政策金利は大方の予想通り据え置きとなった。声明では「更なる漸進的な利上げを想定」との見解を繰り返したほか、設備投資に関して「急速なペースから緩やかになった」との表現に変更された。ただ、概ね変化はなく、従来通りに12月利上げは示唆する内容ではあった。

    先月の株急落やトランプ政権からの圧力で、やや慎重なトーンも垣間見せるのではとの見方も一部ではあったようだが、変わらずタカ派トーンを維持したことから改めてドル買いが入った模様。米国債利回りも前半の下げを取り戻している。


    FOMCは前回と変わらないので、12月利上げは織り込み済みと思っています
    住宅市場を見ると利上げを続けると厳しいね

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ FOMCの結果が発表され、政策金利は大方の予想通り据え置きとなった。声明では「更なる漸進的な利上げを

  • 米中間選挙は予想通りに上院は共和党が過半数を維持した半面、下院では民主党が過半数を奪取した。一部には今後のトランプ大統領の政権運営に支障が出るとの見方も出ているが、市場ではある程度予想されていたことでもあり、市場は無難な通過となった模様。

    逆に今回の選挙結果を受けてトランプ大統領が2020年の再選に向けて経済に力を入れてくるとの期待もある。トランプ政権や共和党が目指す減税第2弾は困難な局面が想定されるものの、インフラは推し進むことが予想される。一方で財政赤字拡大がある程度抑制されるとの見方から、米国債利回りが下げており、ドル安・株高に結びついているようだ。

    11月はドル高が多い月ではあるが、今年はそれがない可能性も指摘されている。その一方で、FRBの利上げが今後も続くことが予想され、ドル資産は更に魅力的になることもあって年末にかけてのドル需要が旺盛に出るとの見方も根強い。


    ダウが上げあげなのにドル円は・・しょぼい💦
    重要イベントが終わって、FOMCは・・来月利上げで
    今夜は何もない(>_<)
    政府の捻じれで来年の利上げ回数は予定通りなの…?
    そんな話はまだでしょーね。。

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ 米中間選挙は予想通りに上院は共和党が過半数を維持した半面、下院では民主党が過半数を奪取した。一部には

  • 中間選挙の結果を控えて様子見ムードはあるものの、米株の買い戻しが続いており、米国債利回りも上昇していることからドル円もポジティブな反応を見せている。

    中間選挙について世論調査では、上院は共和党が過半数を維持するものの、下院は民主党が過半数を奪取するとの見通しが多い。しかし、トランプ大統領の積極的な遊説もあって共和党も終盤にかけて追い上げており、情勢はなお混沌としている状況。市場は下院は民主党のシナリオで織り込んでいるが、共和党が善戦した場合のシナリオも想定しているようだ。結果判明は現地時間の夜(日本時間8日昼ごろ)と見られる。


    10月に売られた株が値ごろ感で買い戻されてます
    予想通りの展開になるか…?
    楽しみです。。

    ✜為替で小さく☆うっは~♪ 中間選挙の結果を控えて様子見ムードはあるものの、米株の買い戻しが続いており、米国債利回りも上昇してい

  • <<
  • 5773 5753
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!