ここから本文です
  • <<
  • 285 2
  • >>
  • 285(最新)

    Ted***** 3月29日 15:19

    >>284

    カジノを二か所だけに制限し、アメリカからサンズホテル(航空母艦の様な)とマレーシアの雲頂高原
    〈ゲンチンヒル)の業者に限定し成功した国はシンガポールである、国名が抜けていた、

    この国はリーカンユウ元首相が博打は身を亡ぼすので絶対許さないとそれまで国内で非合法の賭博が発見
    されたら、厳罰に処していたのに国策変更となり、賭博誘致となり、国民は敬愛していたリー首相も他の国
    同様、実際はいい格好しているが,駄目な腐敗した悪人だったんだと非難が起きかけたが、

    彼の狙いはシンガポールが海外観光客の誘致で成功し大儲けをしているが更に国富の増加を狙い彼がもっとも
    忌み嫌った賭博を誘致したが、彼の真意が判って歓喜した、

    自国民がこんなバカなことで金銭的な損と賭博依存症から守るように信じられない規制をかけて国民を守り、
    海外観光客からの収入を増やして国民を助けることが目的だったことが判り彼の真意が見直されたのである、

    誘致に汚職の起きないように選抜も厳しく、この二軒の賭博業者に賭博とは全く逆の文化、美術などの
    教育的な施設の設置を賭博場の近所に業者に負担させ義務付けたのである、

    観光客が短期にこの国を訪れて金を落とすのは国益だと割り切って無料入場だが、自国民には一回の入場料
    100シンガポールドル(約8千円)そして入場回数を厳密に制限して、賭博依存症の発生で自国民が苦しま
    ないように厳格に予防して、賭博場開場が海外からの収入を増やすだけで、国民の雇用や、関連の業務で
    も国民を助けるようにした、こんなことがしっかりできる国は他にないのだ。

    インチキの愛国心でなく、本物の愛国心と、国民を親身に守る政治家のいる国は栄えていくのだ、

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 小池百合子都知事が「カジノ推進」を打ち上げた。NHKとのインタビュー(8月9日)で「東京に魅力をつけるため、IRがあっていいと思っている」と語った。
     IRとは「統合型リゾート」の略称。娯楽施設や劇場・ホテルなど集めた複合施設だが中核はカジノだ。政治家たちは「カジノ」と言いたがらず「アイアール」と言う。一種の隠語である。
     小池氏は自民党衆議院議員のころ「IR推進議員連盟」のメンバーで、カジノ解禁には前向きだった。
    ---------------------------

    やっと、カジノ運営が正式に議論されるようですが、遣るからにはしっかりとした計画性あるもので無ければ成らない。
    税金制度もカジノ税と言う物を作ると良い。
    カジノでの収入からの一部税金として徴収し、それを社会福祉・社会保障費として高齢化社会に役立てるような制度であれば、効果が有るのでは・・・!?

    カジノはパチンコや競馬・競輪・競艇と同様、娯楽で有りながら博打でも有り、楽しめれば良いのでは・・・!?

    競馬や競艇・競輪・パチンコが合法なら、カジノも何ら問題無い筈です。

  • 第185条
    賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

    風俗営業法
    ●雀荘、パチンコ店、その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業
    ●スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。) - ゲームセンターなどが該当する。
    ---------------------------------------

    カジノを賭博と言う事も有るが、一時的に店外で現金をメダル等に交換してカジノを娯楽として楽しんだ後、店外にてメダルを現金に交換する。と言った方法ではこの限りではない。と言う事に成りますよね。
    そもそも、カジノを娯楽として楽しむのだから、射幸心そそって当たり前ですよね。

    ですから、この様なレベルでカジノを楽しむ場として作って、何処が悪いのでしょうか。
    考えとしてはパチンコ屋のカジノバージョンで良いのでは・・・

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • カジノ先輩の韓国では殆どのカジノが外国人入場専用だが江原ランドという韓国人が入れるカジノを作ったその結果の顛末は以下のウエブの最後まで読めばわかる、

    http://onlinecasino-millionaire.com/category1/entry251.html 

    シンガポールは賭博厳禁の国だったが数年前にカジノを誘致し本島とセントサに一つづつあるが、この国はこれらの博打場に旅券提示での外国人は無料入場、シンガポール国民及び永住ビザの外国人はS$100が入る度にとられる仕組み。

  • パチンコの「特殊景品」を店が無関係という交換所に持ち込み換金している
    現況は、風営法の「パチンコ出玉の換金禁止行為」にあたるとして法改正に動き始めた。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS06H1X_W4A001C1PP8000/

    石原さん、頑張って下さい。応援します。

    「カジノ法案」も廃止の方向でお願いしたい。

    熱中気質の日本人は、ギャンブル依存症者が多い。
    現況、ギャンブルに狂った者が生活破綻し家族に大迷惑を与えている。
    カジノを造った場合には、火に油を注ぐ様なものです。

    日本にカジノを造る事は相応しくない。カジノ法案反対。
     
    パチンコ関係の法改正と、
    カジノ法案成立を阻む事に成功すれば、
    次の選挙で中国韓国系の「維新の党」「民主党」を壊滅に追い込み、
    「次世代の党」は100議席超の大躍進も可能です。

    頑張って下さい。

並べ替え:
古い順
新しい順