ここから本文です
  • ディーゼル車の規制が厳しくなってから特にベース車両の選択肢が少なくなって来てますね。
    エコカーブームなのにキャンカーの世界では燃費も改善されてるようには感じません。
    すぐに購入したい訳ではないので、居住性と燃費を両立しているモデルが出たら購入しようかと
    思っています。
    EV.PHV,燃料電池車まで含めると電気を使いたいキャンカーとしては非常に有望なので現在のモデルを購入して良いものかとも考えています。
    キャンカーのような重量のある車に低燃費は不可能という前提はなしでお話ができたらいいですね。

  • <<
  • 121 100
  • >>
  • キャンピングカー選びには どの機能を求めるかで、決まります。
    シャワー必要? ガスコンロ必要? シンクはキャンピングカーなら 要ります、
    など それと 移動の人数と 寝る時の人数
    カムロード ボディーは いすゞ? 私は キャンターのWタイヤなら お勧め、ローリングやパンク時の安全や安定を 確保しています、シングルタイヤの場合 客室を広げているので タイヤが 横幅より だいぶ中にあり 横風や山道のローリングで 運転席以外の乗車で 車酔いが あるからです。
    無駄なようですが、レンタルで 使ってみたり、 乗っている方に 聞いてみたりして 車選びが一番です。
    買った後で これじゃあ 乗れないなんて 後悔しては 高価な買い物ですからね。
    最近は ハイエースなど バンのままで 内部を改造して 車検には 元に戻す方も 増えていて、自動車税対策だと 思います。これも 一考ありですね。

  • >>117

    まほろばさん、こんにちは。返信遅くて申し訳ありません。
    自作バスコンとは凄いですね。相当の心得がないと不可能ですね。
    現在はハイエースとカムロードの仕様の差がありすぎてカムロードを購入する気になれないので困ってます。
    ハイエースキャブコンは割高なのに装備が貧弱で購入するか迷ってます。

  • >>111

    > 「6mクラスのキャンピングカー」
    > 5.5mを超えるようなキャンピングカーを一般道やフィールドで見た事がない。
    > 専門誌などを見るとかなりの数の大型輸入、国産キャンピングカーが存在しているようだがショーや販売会社以外で実際に使用されているところを見かけた事がない。商売として成り立っているのだろうか?
    それには 保管場所の問題や 旅先での駐車場 5M程度なら 普通車の駐車スペースに納まりますが、観光地では 普通車ではなく 中型もしくは大型スペースに誘導されますね。
    確かに バスコンが売れていませんね、やはり キャンピングカー=キャブコンやトラコンとイメージされるからでしょう。
    バスは 価格も高く それをベースに制作となると 完全オーダーになります、出来合いで良いと二千万円も 出すのは・・と 思います。

  • >>76

    車の車種選びも 慎重に 
    使わない装備などは 除外された方が 良いですね。
    特に 温水シャワー 水回りで一番高価な物で 使用頻度は 少ないです。
    私のでさえ 三年間で 三回 その使用後 ルームの拭き掃除や 帰宅後の清水廃棄 温水器の排水など
    また 後輪が シングルタイヤや かなりのオーバーハングの車も 高速や横風 山道などでは ローリングが激しく 車酔いする方も おられますので 後輪はWタイヤか エアーサス付きが 後悔しないと思います。

  • こんにちは。
    私も キャンピングカーを所有しています。
    今のが 6台目 キャンピングカー歴 30年以上で 自作で仕上げ 登録しています。
    旅は 宿泊施設として 全国の観光地を巡っています。
    お仲間に させていただいたら 嬉しいです。
    福山からの参加になります。

    キャンピングカー購入予定。 こんにちは。 私も キャンピングカーを所有しています。 今のが 6台目 キャンピングカー歴 30年以

  • 「ダイハツ、「ハイゼット トラック」に衝突回避支援システム「スマートアシストIIIt(スリーティー)」搭載」
    軽トラックも遂に衝突軽減ブレーキ搭載が当たり前に。
    ボンゴ、ライトエース、カムロードだけが取り残されて行く。
    こんなことでキャブコンは大丈夫なのか?

  • 「CANPINGCAR TOUR IN ASO(BSフジ)」
    納車に半年、改装に更に半年かかって納車というのでどんなキャンピングカーかと思ったら、
    カングーのバンコン...................?どんな装備なのかどこを改装したのか等一切の説明なし。
    以降ただのグルメ番組.........。タイトルにキャンピングカーとか入れないで欲しい..................

  • 「クルマに装着したい運転支援機能ナンバー1は「自動ブレーキ」…60代以上はさらなる運転支援機能も希望」
    だそうです。
    カムロード、ライトエース、ボンゴなどキャブコンベース車両では全くの未搭載。
    オーナーはシニア世代が圧倒的多数だろうに今時の日本市場では見かけないユーザー無視状態。

  • 「トヨタ タウンエースとライトエースに盗難防止システムを全車標準装備」
    燃費性能向上とセイフティーセンス搭載が最優先事項ではないのか?
    盗難防止は後付け他社製品でも対応できるであろう。本当に疑問に思うような対応ばかりである。

  • 「6mクラスのキャンピングカー」
    5.5mを超えるようなキャンピングカーを一般道やフィールドで見た事がない。
    専門誌などを見るとかなりの数の大型輸入、国産キャンピングカーが存在しているようだがショーや販売会社以外で実際に使用されているところを見かけた事がない。商売として成り立っているのだろうか?

  • 【本格的にキャブコンの不買運動を展開せねばならない状況だと思います】
    居住性、断熱防音性の観点からバンコン否定派なのだが今のキャブコンは買えません。
    エンジンは古くエコカー減税とは無縁、衝突軽減ブレーキも選べない。
    ボンゴ、ライトエースはディーゼルエンジンすら選べなくなった。
    比較的に新しいライトエースですら10年以上前のモデルである。
    期間的に長く使用されるであろうキャンピングカーで基本設計が20年前とかではこれからの部品供給も不安になって来る。
    エコカー減税やら古い車の自動車税増額やら買い替えは積極的に促すのに、古いモデルの販売は放置。
    2ケタものメーカーが存在する日本でこの状況はあまりに酷い。
    乗用車は似たようなファミリーカーが溢れてるというのに商用車は必要としている者に選択肢がない状況。
    この際、韓国でも中国でも構わないので参入してくれないものだろうか?

  • 「売る側の都合を買う側に押し付けない方が良い」
    ルームエアコン→スペース、電力供給の問題などで設置を薦めないところもあるが日本の夏は暑い、エンジンかけておけないシチュエーションも多い。災害時、自宅駐車時でもサブルームに利用できるメリットは大きい。
    全長6m以上が多い→国内の道路事情に合わない。都市部駐車場などほぼ入れない。機動性が圧倒的に落ちる。
    デザイン、カラー→内装、外装ともに原色の赤、緑を使ったり、昭和臭のするガラの内装だったりとどうみても専任のデザイナーいるように見えないモデルもある。高額商品なのだから気を使って欲しい。
    オプション料金が高額→少量生産品が多いのは理解できるが、国内品もあるのに輸入小型冷蔵庫が15万円とか、家庭用エアコンが30万円近く、せめて内訳も明記して欲しい。
    スペック表示がいいかげん→室内高、車両総重量など重要なスペックも公表しない。
    カタログが粗末→なかなか実車を見れない状況なのにカタログ、価格表、スペック表などが粗末で実車を見ないと始まらない。
    こちらは自動車メーカーについて
    ディーゼルエンジン→ボンゴ、ハイエースワイドなど燃費、耐久性、ディーゼルの方がニーズがあるのに選べない。
    衝突軽減ブレーキ、エコカー減税など先進技術とは無縁のベース車両が多い。

    メーカーは商用車は冷遇状態、ビルダーさんは経営的に厳しい状況なのは理解できるが高額商品なので納得できなければ購入には至りません。

  • 「ウラル エイジア」
    現時点ではウラル エイジアが一番有力候補だろうか?
    ソーラーパネルが180Wと少な目だがもっと大容量を搭載できるとほぼ不満な点はなくせる。
    フリールームがないので大型犬スペースを別に考えなければならないが、後部座席前側をつぶせばなんとかなるだろう。6名乗車する可能性はないのでユーロでもいいのだがあの横座りダイネットは居心地乗り心地ともに悪そう。
    ディーゼルでルームエアコン付キャブコン、衝突軽減ブレーキあり、エコカー減税もあり。常設ベッド+カーゴスペースと条件をほぼ満たす上にスタイルも取り回しも良い。

  • >>106

    おまけにキャンピング特装車にはセイフティーセンスはおろかディーゼルの設定もないそうな。
    業界的には何ら行動は起こさないのだろうか?またしても自社の都合優先のメーカーの姿勢が浮き彫りに...
    カムロードの新エンジンもセイフティーセンスもあまり期待しない方がいいという事か?
    業界ももう少し融通を効かせてくれるメーカーと新ベース車を考えた方がいいと思う。
    ISUZUで1トンクラス2Lディーゼルのベース車両とか出してくれないものか?

  • 「ハイエース5型の不信感」
    形式こそ1GD-FTVとプラドと変わらないもののスペックが全然違う最大トルクはハイラックスの2GDにも劣る。
    全く同じ型番のエンジンでこれ程スペックが違うのは記憶にない、トヨタからは何も発表されていないし不信感は募る。

  • [キャンピングカーショー2018]
    キャンピングカーショーの季節が近づいて来たが、今年も足を運ぶかどうかは微妙である。
    ハイエースキャブコンは購入対象にしても良いがルームエアコン搭載モデルがほとんどないのと、
    何故か標準ボディーベースの狭いキャブコンにしかエアコン搭載モデルがない。
    ルームエアコン+ソーラーパネルの組み合わせだと災害時だけでなく普段のサブルームとして使えるし節電にもなる。
    ルームエアコン非搭載モデルだと自宅駐車時は基本停めておくだけになるので利用価値が全く違うのである。
    ハイエースキャブコン、値段はかなり高額なのだがディーゼルエンジンやルームエアコン選べなかったり、全長が6m近かったり購入するに至らないものが多い。
    キャンピングカーの場合日本の道路事情に合わなかったり、このご時世に燃費が悪くエコカー減税とも無縁だったりと、どれだけニーズがあるのか疑問に思うような車種が非常に多い。

  • >>103

    genqiaoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
    ベース車両についてはハイエースが新しくなったので現在ならハイエースキャブコンを選ぼうかと思ってます。
    やはり新型エンジン、自動ブレーキはリセールバリューにも影響しますし20年乗るつもりでいるので、ここでほぼ20年前のエンジンを購入という線はないかと思います。
    おそらく近いうちにカムロードもGDエンジンとセイフティーセンス搭載になると思うのでここは待ちかと思ってます。
    もしくは買い替え覚悟でハイエースバンコンというのも検討中です。
    やはり心臓部と自動ブレーキは後付けは不可能なので譲れない部分ではありますね。

  • スレ主さん、こんにちは。
    時々このスレをのぞかせてもらっています。
    タイトルからスレ主さんがいつキャンピングカーを買うのかな?と興味を持って見ていますが、
    5年経過しようとする現在でも買う気配が見えませんね!

    多くのキャンピングカー所有者は自分の車にすべて満足している訳では無いため多少なりとも
    自分なりの改造を施していると思いますよ!
    また、所有する喜びは何者にも代え難く、旅の楽しみ方が大きく広がります。

    私もテントキャンプから始め、20年ほど前に新車でキャンピングトレーラー購入しました。
    当時、小学生だった私の子供達は大喜びで年に数回のキャンプを楽しんでいました。
    しかし、全長が大型トラック並で取り回しの悪さから手軽に出かける事が出来ず、トレーラーを
    手放して自走式の中古キャンピングカーを購入しました。
    この車は手軽に私たち家族をいろんな所に連れて行ってくれ、家族のコミュニケーション向上
    にも貢献してくれました。
    現在私は会社の下命により海外赴任中で年に数回の帰国時に所有しているKDY231カムロード
    ベースのキャンピングカーで主に妻との国内旅行を楽しんでいます。
    子供達はみんな大学を卒業し社会人となっていますが、「キャンピングカーで行くぞ」と声を掛け
    ると必ずくっついて来ます。

    スレ主さんが言う通りキャンピングカーはシャーシーが古い割には販売価格が高い商品です。
    これは乗用車と違い大量生産ラインでの組立が困難な為、多くが手作りとなり従って製造原価
    の多くを人件費が占める事によると考えます。また販売台数が限られているためベース車メー
    カーも大きな投資が必要となるモデルチェンジがやりにくい状況かと推定します。
    一方では乗用車に比べ中古の値下がりが少ないのもキャンピングカーの特徴かと思います。
    繰り返しますが購入後に改造する楽しさや旅の喜び等は投資価格以上に代え難いものです。

    スレ主さんの家族構成は分かりませんが、お子さんがいらしたら是非小さいうちに購入した方
    が経験上良いかと思います。その際は奥さんの理解が大切です。
    さあ、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入に向け「ドン!」と進みましょう!
    多少高くても高年式ディーゼルのフル装備中古車がお勧めですよ。
    1KD-FTVはコモンレールディーゼルで意外とパワフルです。スレ主さんが言うほど悪くないよ!

  • [古いベース車両なのに価格だけは高騰するキャブコン]
    自動ブレーキなし、20年前のエンジンでも価格だけは上がっていく、約500万円から1000万円オーバー。
    ちょうどトレーラーハウスやログハウスと価格帯がかぶる。
    500万円のトレーラー、ログハウスはなかなどうしていっぱしの家である。
    移住込みだと土地無料、建築補助金100万円の自治体すらあるのだ。車は普通に燃費のいいものにしておいて
    日本列島の南と北に二軒の別荘というのもありだと思う。

  • [臭いものに蓋の業界?]
    ベース車両に無関心というかメーカー任せで大人が中で立てなかったり、エンジン古かったり、自動ブレーキ選べなかったりしても無頓着。
    数十万円の高額なオプションなのに詳細を明記しない。
    (家庭用エアコンとか数万円のはずがオプションになると数十万円。)
    室内高とか車両総重量とかかなり重要な項目なのに明記しない。
    高額な商品なのに色々不親切が見えてくる。やはり中古別荘かトレーラーハウスに軍配か?

  • <<
  • 121 100
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順