ここから本文です
  • <<
  • 44 25
  • >>
  • >>43

    【2017ル・マン24時間レース】
    小林可夢偉(トヨタTS050)驚異のコースレコード3分14秒791でポールポジション。
    2番手の中嶋一貴(トヨタTS050)が3分17秒128なので、いかに飛び抜けたタイムか分かる。
    決勝レースは17日(土)午後10時スタート。

  • 【アウディWECシリーズ撤退】
    アウディスポーツは2016年限りで、ル・マン24時間レースを含むWEC世界耐久選手権から撤退すると発表した。

  • 【WEC2016 メキシコシティ6時間結果】
    WEC2016の後半戦がスタート。
    結果は以下の通り、ポルシェが連勝した。

    1位 ポルシェ919  1号車
    2位 アウディR18 7号車
    3位 トヨタ TS050 6号車

    トヨタはスピードもなく機械の安定性も低い。
    トラブルを起こしても何とか走り続けるポルシェ、アウディに対し、一発でリタイアになる率も高い。
    言い訳を重ねてもしょうがない。
    せめてル・マンだけは…という願いも空手形に終わった。
    残る戦いも厳しい状況で、一つも勝てない可能性もある。

    そろそろ来期を見据えた体制作りが必要だ。
    3台体制という噂もあるが、今年のような情けない姿は見たくない。


    9/17 アメリカ
    10/16 日本(富士)
    11/6  上海
    11/19 バーレーン

  • WEC メキシコ6時間
    ♯45号車 マノーから元F1ドライバーのマルドナドが参戦するという噂があるようですね。またㇾべリオン・レーシングは2017年のマシン開発にも集中するためにメキシコ以降1台のみの参戦という形になるかもしれません。ドライバーも未定ですが。

  • >>36

    【The Flame】
    2016年のル・マン24時間レースが終了した。

    前戦のスパ6時間が終わった時のスレが自分でもイヤになる。

    >次回ル・マン24時間は6月18日。
    >燃料消費は各車とも極端な違いが無いので、問題は当日の天候と電気系の信頼度か…
    >ここ数年、トヨタは中嶋がステアリングを握っている時に必ずトラブルが起きる。
    >何とかして欲しい。
    「予言者」かよ…


    レース結果は各メディアの既報通り。

    1 ポルシェ919・2号車(R・ヂュマ、N・ジャニ、M・リーブ)384周
    2 トヨタTS050・6号車(S・サラザン、M・コンウェイ、小林可夢偉)381周
    3 アウディR18・8号車(L・ディグラッシ、L・デュバル、O・ジャービス)372周

    以下…
    4 アウディR18・7号車
    5 アルピーヌA460・36号車
    6 オレカ05・26号車
    7 BR01・37号車
    8 ギブソン015S・42号車
    …と続く。


    ♪クロージングテーマを聴きながら
    The Flame/Cheap Trick
    https://www.youtube.com/watch?v=muhFxXce6nA

    FIA 世界耐久レース選手権 (WEC) 【The Flame】 2016年のル・マン24時間レースが終了した。  前戦のスパ6時間が終わった

  • >>37

    LMGTE-プロクラス 決勝結果
    1 71 フェラーリ488 GTE AFコルセ D.リゴン/S.バード 145
    2 67 フォードGT フォード B.ジョンソン/S.ミュッケ/O.プラ 144
    3 97 アストンマーチン・バンテージV8 アストンマーチン R.スタナウェイ/F.リース 144
    4 77 ポルシェ911 RSR(2016) デンプシー-プロトン R.リエツ/M.クリステンセン 142
    – 51 フェラーリ488 GTE AFコルセ G.ブルーニ/J.カラド 140
    – 66 フォードGT フォード M.フランキッティ/A.プリオール/H.ティンクネル 100
    – 95 アストンマーチン・バンテージV8 アストンマーチン N.シーム/M.ソレンセン/D.ターナー 40

    95号車と66号車のクラッシュが心配でしたが、66号車のドライバーは大怪我しなくて済んだと言うことですね。オールージュでのクラッシュは本当に怖いですね。今年のGTEクラスはフェラーリ1強に近いのでは。51号車は不運でしたが。

    LMGTEアマクラス
    1 98 アストンマーチン・バンテージV8 アストンマーチン P.ダラ-ラナ/P.ラミー/M.ラウダ 140
    2 83 フェラーリ458 イタリア AFコルセ F.ペロド/E.コラード/R.アガス 139
    3 50 シボレー・コルベットC7 ラルブル・コンペティション 山岸大/P.ラグエス/P.ルベルチ 139
    4 78 ポルシェ911 RSR KCMG C.リエド/W.ヘンツラー/J.カマサス 139
    5 86 ポルシェ911 RSR ガルフ・レーシング M.ウエインライト/A.キャロル/B.バーカー 138
    6 88 ポルシェ911 RSR アブダビ-プロトン K.アル-クバイシ/D.H.ハンソン/K.バクラー 136

  • WEC第2戦 スパ・フランコルシャン6時間 決勝結果 (LMP2クラス)

    1 36 アルピーヌA460・ニッサン シグナテック・アルピーヌ G.メネセス/N.ラピエール/S.リチェルミ 151
    2 31 リジェJS P2・ニッサン エクストリーム・スピード R.ダルジール/L.F.デラニ/C.クーミング 151
    3 45 オレカ05・ニッサン マノー M.ラオ/R.ブラッドリー/R.メリ 151
    4 43 リジェJS P2・ニッサン RGRスポーツ・モランド R.ゴンザレス/F.アルバカーキ/B.セナ 151
    5 26 オレカ05・ニッサン G-ドライブ R.ルシノフ/N.ベルトン/R.ラスト 150
    6 38 ギブソン015S・ニッサン G-ドライブ S.ドラン/G.バン・デル・ガルデ/J.デニス 148
    7 30 リジェJS P2・ニッサン エクストリーム・スピード S.シャープ/E.ブラウン/J.V.オーバービーク 146
    8 44 オレカ05・ニッサン マノー T.グレイブス/W.スティーブンス/J.ジェイクス 144
    9 37 BR01・ニッサン SMP V.ペトロフ/K.ラディン/V.シェフター 136
    – 35 アルピーヌA460・ニッサン バクシー・アルピーヌ D.チェン/ホ-ピン・タン/N.パンシアティ 143
    – 27 BR01・ニッサン SMP N.ミナシアン/M.メディアーニ/D.マーケノフ 123
    – 42 ギブソン015S・ニッサン ストラッカ N.レベンティス/D.ワッツ/J.カーン 78

    SC導入もあったんですが、トップ争いは最後まで盛り上がったみたいですね。ラピエールが31号車をGTクラスのフォードを巧く利用してトップにたってそのままゴールしたようです。こうしてみると日産のワンメークレースみたいですね。WECが本家でしょうかね。マノーが表彰台3位。

  • >>35

    【レース結果】
    WEC第2戦スパ・フランコルシャン6時間

    1  8号車アウディR18
    2  2号車ポルシェ919
    3  13号車レベリオンR-One
    4  12号車レベリオンR-One
    5  7号車アウディR18
    6  4号車CLM P1
    7  36号車Alpine A460
    8  31号車LIGIER JS P2
    9  45号車Oreca 05
    10 43号車LIGIER JS P2

    快晴のスパに合わせ、耐高温対策のタイヤ選択をしたトヨタの作戦が見事に当たり、レース前半から中盤までを支配する。
    しかし、これから勝負の後半というところで、6号車、5号車ともミッション系もしくは電気系のトラブルでリタイア。
    5号車だけはレースエンドの最終周に完走を狙いピットアウトした。
    ここ数年、トヨタは中嶋がステアリングを握っている時に必ずトラブルが起きる。
    何とかして欲しい。

    ポルシェは頼みの1号車が電気系トラブルで早々にリタイア。
    2号車も故障を抱えながら、何とか完走~2位でフィニッシュ。
    ここ一発の速さはともかく、ハイブリッド車の難しさを露呈した。

    アウディは回生エネルギーを溜め込むブレーキポイントが他車と違うせいか?
    コーナーで複数の接触事故を起こした。
    その中でも軽微なトラブルに済ませた8号車が優勝した。

    次回ル・マン24時間は6月18日。
    燃料消費は各車とも極端な違いが無いので、問題は当日の天候と電気系の信頼度か…

  • >>34

    【予選結果】
    WEC第2戦 スパ・フランコルシャン6時間

    予選結果(5月6日)
    1 ポルシェ919 1号車 1:55:793
    2 ポルシェ919 2号車 1:56:590
    3 トヨタTS050 6号車 1:57:698
    4 アウディR18 8号車 1:57:716
    5 トヨタTS050 5号車 1:57:750
    6 アウディR18 7号車 1:57:915
    7 レベリオン 13号車 2:01:547
    8 レベリオン 12号車 2:02:126
    9 バイコレスCLM 4号車 2:03:571
    10 オレカ・ニッサン 26号車 2:07:363


    相変わらず好調なポルシェに比べ、トヨタ、アウディの出遅れが目立つ。
    1周で2秒差は「痛い」。
    6時間の耐久戦だが、ポルシェに順調なペースを刻まれたら、トヨタ、アウディはついて行けない「差」だ。
    両陣営ともエース格の車両が下位にあるのもいただけない。

    スパは1周7キロを超えるロングサーキットで、長いケメル・ストレートもある。
    1ヵ月後のル・マンを占うには条件が揃った絶好の一戦だ。
    ポルシェの独走ではなく、抜きつ、抜かれつの混戦を期待したい。

    FIA 世界耐久レース選手権 (WEC) 【予選結果】 WEC第2戦 スパ・フランコルシャン6時間  予選結果(5月6日) 1 ポルシェ919

  • >>31

    アウディの失格騒動でもめたWEC第1戦シルバーストン6時間。
    結局、先頭でゴールしたアウディが控訴を撤回し、ポルシェ2号車の優勝が確定した。

    最終順位は…
    優勝 ポルシェ2号車
    2位 トヨタ6号車
    3位 レベリオン13号車
    4位 レベリオン12号車
    5位 バイコレス4号車
    6位 トヨタ5号車

    この結果、LMP1(ハイブリッド)クラスのマニファクチャラーズポイントはトヨタが首位に…
    混戦の中、2台完走したのが大きかった。

    さて今週は第2戦ベルギー、スパ・フランコルシャン6時間が開催される。
    どうなることやら…

  • WEC 開幕戦シルバーストーン 決勝結果(LMGTクラス)
    ■LMGTE Pro

    1 71 フェラーリ488 GTE AFコルセ D.リゴン/S.バード 167
    2 51 フェラーリ488 GTE AFコルセ G.ブルーニ/J.カラド 1Lap
    3 95 アストンマーチン・バンテージV8 アストンマーチン N.シーム/M.ソレンセン/D.ターナー 1Lap
    4 67 フォードGT フォード B.ジョンソン/S.ミュッケ/O.プラ 2Laps
    5 66 フォードGT フォード M.フランキッティ/A.プリオール/H.ティンクネル 2Laps
    6 77 ポルシェ911 RSR(2016) デンプシー-プロトン R.リエツ/M.クリステンセン 13Laps
    7 97 アストンマーチン・バンテージV8 アストンマーチン R.スタナウェイ/F.リース 16Laps

    今年からフォードが参戦すると言うことが今年の注目ポイントではないでしょうか。INDYでもお馴染みのガナッシが運営する模様なのですが、今年のル・マンはWEC参戦のチームとWTSCに参戦しているチームを含めて4台エントリーすると言うことなので、今年のフォードは気合が入ってます。ちなみにポルシェは来年に照準を定めているようで今年はその準備期間ということのようです。レースではフェラーリが優勝。フォードはまだまだ開発途上といったところでしょうか。とはいえ大きなトラブルもなかったようですし、次戦のスパも楽しみですね。
    ■LMGTE Am
    1 83 フェラーリ458 イタリア AFコルセ F.ペロド/E.コラード/R.アガス 163
    2 98 アストンマーチン・バンテージV8 アストンマーチン P.ダラ-ラナ/P.ラミー/M.ラウダ 1Lap
    3 50 シボレー・コルベットC7 ラルブル・コンペティション 山岸大/P.ラグエス/P.ルベルチ 2Laps
    4 78 ポルシェ911 RSR KCMG C.リエド/W.ヘンツラー/J.カマサス 9Laps
    5 88 ポルシェ911 RSR アブダビ-プロトン K.アル-クバイシ/D.H.ハンソン/K.バクラー 10Laps
    6 86 ポルシェ911 RSR ガルフ・レーシング M.ウエインライト/A.キャロル/B.バーカー 107Laps

  • WEC シルバーストーン 結果 LMP2クラス

    1 43 リジェJS P2・ニッサン RGRスポーツ・モランド R.ゴンザレス/F.アルバカーキ/B.セナ 179
    2 31 リジェJS P2・ニッサン エクストリーム・スピード R.ダルジール/L.F.デラニ/C.クーミング +32.054
    3 26 オレカ05・ニッサン G-ドライブ R.ルシノフ/N.ベルトン/R.ラスト +41.918
    4 36 アルピーヌA460・ニッサン シグナテック・アルピーヌ G.メネセス/N.ラピエール/S.リチェルミ 1Lap
    5 42 ギブソン015S・ニッサン ストラッカ N.レベンティス/D.ワッツ/J.カーン 2Laps
    6 45 オレカ05・ニッサン マノー M.ラオ/R.ブラッドリー/R.メリ 2Laps
    7 35 アルピーヌA460・ニッサン バクシー・アルピーヌ D.チェン/ホ-ピン・タン/N.パンシアティ 3Laps
    8 37 BR01・ニッサン SMP V.ペトロフ/K.ラディン/V.シェフター 3Laps
    9 30 リジェJS P2・ニッサン エクストリーム・スピード S.シャープ/E.ブラウン/J.v.オーバービーク 4Laps
    10 27 BR01・ニッサン SMP N.ミナシアン/M.メディアーニ 8Laps
    11 44 オレカ05・ニッサン マノー T.グレイブス/W.スティーブンス/J.ジェイクス 50Lap

    KCMGがLMGTEアマクラスへ鞍替えしたものの、マノーチームが参入し相変わらず活気あるLMP2クラス。このクラスはブロンズクラスドライバーの活躍がカギを握りそうです。

    レース序盤からスプリントレースかと言うくらいバトルが観られましたね。その中でも去年サードと組んで参戦していたモランドが今年メキシコチームと組んで参戦し、開幕戦いきなりクラス優勝。元F1ドライバーもいるので意外と豪華かもしれませんね。

  • >>30

    【WEC第1戦シルバーストン6時間結果(暫定)】

    1アウディR18(レース後の車検で違反裁定~失格~控訴中)
    2ポルシェ919
    3トヨタTS050
    4レベリオン
    5レベリオン
    6バイコレスCLM P1

    全9戦で争われる今年のWEC。
    第1戦がシルバーストンで開催され、アウディR18がトップでゴールした。(現在、裁定中)
    昨年同様、ポルシェの速さは優位性がある。
    予選~決勝を通じ安定的に速い。
    メカ的な弱さも感じさせない。
    今後のレースもポルシェを軸に展開することは間違いない。
    ル・マン、シリーズ全体も第1の優勝候補だ。

    アウディは黒赤のカラーリングといかにも「悪」なフロントから分かるように「悪役」に徹する位置づけだ。(笑)
    タイトコーナーを曲がるスピードと角度が他車と違い強烈。
    まさに「ターミネーター」というあだ名を捧げたい非人間的な未来のレースカーだ。

    トヨタは今回も優勝争いに加われなかった。
    ル・マン仕様は違うという説明だが、基本が同じでそこまで変わるだろうか?
    高速仕様の空力モデルは他車も用意しているはずだ。
    正直な話、トヨタの考え通りに物事が運んだとしても、ようやく優勝争いに加われる程度だと思う。

    運にも大いに恵まれないと、ポルシェ、アウディに勝つのは容易ではない。

  • LMP1クラスはポルシェ、アウディ、トヨタの順で変わらず。
    予選の天気予報は「雨」と分かっていただろうに…
    対応できないのは、やはりチーム力か…

    本戦のレースも今の所、勝負になりそうにない。
    やはりポルシェのスピードは圧倒的だ。
    昨年のマシンでも優勝できそうなほどだ。

    こうなるとトヨタが6時間レースで勝つのは、余程の事が起きないと難しい。
    しかし、24時間レースはスピード以外の要素もあるので、まだ分からない。

    逆転を狙い、ル・マンだけに集中しろ。

  • WEC 開幕戦 予選結果 (LMP2クラス)
    1 Roman Rusinov René Rast Nathanael Berthon G-Drive Racing ORECA 05 2:08.479
    2 Ryan Dalziel Pipo Derani Chris Cumming Extreme Speed Motorsports Ligier JS P2 2:09.632
    3 Ricardo Gonzalez Filipe Albuquerque Bruno Senna RGR Sport by Morand Ligier JS P2 2:10.295
    4 Nicolas Minassian Maurizio Mediani SMP Racing BR Engineering BR01 2:10.627
    5 Vitaly Petrov Kirill Ladygin Viktor Shaytar SMP Racing BR Engineering BR01 2:11.023
    6 Roberto Merhi Matt Rao Richard Bradley Manor ORECA 05 2:11.893
    7 Nicolas Lapierre Gustavo Menezes Stéphane Richelmi Signatech Alpine A460 2:12.221
    8 Tor Graves Will Stevens James Jakes Manor ORECA 05 2:13.105
    9 Jonny Kane Nick Leventis Danny Watts Strakka Racing Gibson 015S 2:13.729
    10 Nelson Panciatici Ho-Pin Tung David Cheng Baxi DC Racing Alpine Alpine A460 2:14.863
    11 Scott Sharp Ed Brown Johannes van Overbeek Extreme Speed Motorsports Ligier JS P2 2:20.410

  • WEC シルバーストーン予選結果 (LMP1クラス)

    1 Andre Lotterer Benoit Tréluyer Marcel Fassler Audi Sport Team Joest Audi R18 E-Tron Quattro '16 1:53.204
    2 Loic Duval Oliver Jarvis Lucas di Grassi Audi Sport Team Joest Audi R18 E-Tron Quattro '16 1:53.308
    3 Mark Webber Brendon Hartley Timo Bernhard Porsche Team Porsche 919 Hybrid '16 1:54.150
    4 Marc Lieb Romain Dumas Neel Jani Porsche Team Porsche 919 Hybrid '16 1:54.266
    5 Kamui Kobayashi Mike Conway Stéphane Sarrazin Toyota Racing Toyota TS050 HYBRID 1:58.200
    6 Anthony Davidson Kazuki Nakajima Sébastien Buemi Toyota Racing Toyota TS050 HYBRID 2:00.109
    7 James Rossiter Oliver Webb Simon Trummer ByKOLLES Racing Team CLM P1/01 2:08.332
    31 (8)Nelson Piquet Jr. Nick Heidfeld Nicolas Prost Rebellion Racing Rebellion R-One
    33 (9)Alexandre Imperatori Matheo Tuscher Dominik Kraihamer Rebellion Racing Rebellion R-One

    ウェットとはいえアウディが1-2で決勝に臨めるというのは大きいですね。ちなみにレべリオンは後方からスタートする模様。トヨタは決勝で頑張れ。

  • >>26

    WEC第1戦シルバーストン6時間
    予選前、白熱のフリー走行もポルシェのアドバンテージ変わらず。
    1ポルシェ919 1:39:6
    2ポルシェ919 1:41:3
    3アウディR18 1:41:4
    4トヨタTS050 1:41:5
    5アウディR18 1:41:7
    6トヨタTS050 1:42:9

    フリー走行も後半なので、まぁそれなりに本気のアタックですね。(笑)
    かなりこれが各車の実力を表したものなら、ポルシェには、1周あたり1.5秒から2.0秒のアドバンテージがある。
    アウディ、トヨタが先行するポルシェを追う展開は、今シーズンも変わりそうもない。
    「隠し球」があることを願いたい。

  • 2016WEC第1戦シルバーストン6時間、開幕。
    トヨタGAZOOレーシング!
    今年こそ頼むぞ!

  • アレックス・ブルツが、非公式ながらトヨタのリザーブ・ドライバーに就任したそうです。ブルツ以外にRDを見つけられなかったトヨタに非があると思うんですけどね(苦笑)

  • <<
  • 44 25
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!