ここから本文です
現在位置:

LOVE!ゴルフ!

  • 2,582
  • 12
  • 2018/08/18 00:24
  • rss
  • <<
  • 2582 2563
  • >>
  • 2582(最新)

    penang 8月18日 00:24

    黄アルムのスイングですね!

    こんばんは!
    山本先生が更なる、いつきちゃんヘのスイング改造は黄アルムのスイングですね! 今、絶好調です…上げたら、その上体の型を崩さずに残したまま、下半身回転でスイングする…
    力みなくして、

  • >>2580

    今日の山本道場は必見だね。 
    https://www.youtube.com/watch?v=2k2oBtY_Pnc

    みほチャンネルもいいけど。。
    デンデン太鼓。。 腕は脱力だけど、【肩甲骨をゆるめない】というのが必須なんだよ。
    新井美穂ちゃんのスイングは 肩甲骨がゆるゆるなのが最大の欠点なんだよな。

    肩甲骨と股関節の使い方 <これが肝心だわ。

  • >>2579

    でんでん太鼓のハーフショット
    ダイエット体操にもいいかも~🌸(=^_^=)

  • >>2578

    ん~~~
    いきなりフルスイングからじゃなく、ちいさなショットからはじめればいいよ。
    上半身はアドレスの形をキープだね。
    右股関節を後ろに引くと勝手にクラブは動くはず。
    ダウンスイングは上半身をそのままに下半身だけ左に90度!

    山本道場で散々やっているけど、腕は振らない!だね。
    右手に持ったボールを右つま先あたりに投げつけるイメージがいいかな?
    そうすることで自然と股関節が使えて腰が回っていると思う。

    ちいさなスイングでインパクトの感覚が掴めたら、でんでん太鼓は次のステップだね。

  • でんでん太鼓の意味
    体から振る
    腕は後で回ってくる
    だけど腕、手首、手の使い方が
    なかなかその想像の通り動かない

    ??・(。ノωノ)

  • こんにちは。
    この10回のラウンドがやっと90を少し切れました。
    目標は85以下ですから、まだまだです。
    改善の要因は
    ①テイクバックは左腰でしっかりとトップの形を作る。
    即ち右踵に体重を載せる。
    ②ダウンスイングはトップ位置の右肩と右踵を右腹筋で縮める。
    ③あとは余り意識しない、左足裏がめくれない様に…
    トップ位置で力まない様に…

    ドライバーの飛距離が伸びました。
    パターがダメです、打ち切れない!
    方向を意識すると距離が合わない、弱くなります!
    今日は埼玉の川越でラウンドしました。
    トランプさんがプレーしたコースです、安倍さんが転んだバンカーに私も入れました。

  • 有村智恵ちゃん 本当に優勝して良かった!
    あんなに切れが良く、体幹がぶれないスイングのプレーヤーが不調に苦しむ様は不思議でした!
    アメリカの地が何もかも狂わしてしまった!?
    それが見事に優勝、苦しんだプレーヤーの復活は胸を打たれます!
    京都出身の5年前の賞金女王は沈んだままですね!
    彼女の場合はアメリカに挑戦していません…
    大きな躰からの綺麗なフォームからロングドライブ。
    何があったやら…
    右股間から左股関節への体重移動、考えれば躰の構造上から一直線に飛び越えられないですね!
    一度、グルリンと沈む過程があるはずです。
    山本先生はたくさんの表現がありますが、全て脱力(間)、落ち込みを経る。

  • >>2574

    はぁ~い!心から 復活優勝おめでとうございます🌹🌸🌷(=^_^=) デスネ💕

  • いぇ~~い 有村智恵ちゃん 優勝おめでと~~!
    完全復活だわ! やった~~~ (はーと)

    つ~か暑いわ、暑すぎる。練習時間が朝5時とか、お昼寝が必要だわ。。。。

    沈み込み、 まぁちょっと違うかな?
    これ、山本道場で先月あたりからいろんな表現方法で一生懸命説明しているんだけど、コメント欄読むと理解している人はほとんどいないんじゃないかな。

    これ  すん! ですよ。 爆発噴火すん!

    山本先生は足を使うのではなく、腰を落とす! と説明したり、縮みながらインパクトする!とかいろんな表現方法を使っているんだけどね。

    テイクバックで腰を船底のように使う、というのは 右股関節を入れるということです。
    右股関節に上体を乗せる、といってもいい。
    ダウンスイングからフォローにかけては逆に 左股関節を入れる。 上体の重さを左股関節の上に乗せるということですね。
    つまり右股関節に乗っている上体を左股関節の上に乗せる1瞬の間に自然に沈みこみが起きるわけです。

    しかしアベレージな人たちはインパクトにかけて上体が伸び上がるのでそれが起きない。
    それはトップの位置からクラブを振り下してしまうからだと思うよ。

    ダウンスイングではグリップは自然落下!と言う表現は【脱力】に通じるものだけど、山本先生は【筋肉を縮める】という表現をつかって説明を試みていると思うよ。

    直立した状態から体全体を脱力すると、腰が落ちる、膝が曲がる。
    山本道場では フルゴリラと表現してるよね。 

    SITDOWN 沈み込みは 膝を曲げる動きではなく、脱力の結果であって、そこを取り違えないように。。

    LOVE!ゴルフ! いぇ~~い 有村智恵ちゃん 優勝おめでと~~! 完全復活だわ! やった~~~ (はーと)  つ~か暑

  • こんばんは、雨の後は身を焼く酷暑です!
    【沈み込み…】 基本認識では(頭はテイクバック)で少しは右に移動しても構わない、そのトップの頭位置を保ってダウンスイングする。
    しかしプロや上級者のスロー動画を観ると、トップの頭位置はダウンスイングの初動で真っ直ぐ沈み込んでいます、と言うか、頭位置はアドレス時が一番上で、トップでも早くも下がり掛けております!
    そしてダウンスイングでは明らかに下がっています!
    これ基本には無かった事です。
    ネット検索すると、マッケロイ動画があり、両膝を沈ませる事を薦めています!
    両膝につられ頭が下がるのは正しい動きとありました!
    何となく上体が下がるとダブルと思うのですが、インパクト時の背骨の丸みと左膝の蹴り上げで自然と調整がなされると。
    もう一つ、両膝の沈み込み…でシャフトが寝るので縦にダブル様にヘッドは下りて来ない。
    暑い中、沈み込みを試して来ました!
    何だ、こうだったの?! アイアンが特に安定して強い球が出ました!
    【慶さん】がボートの縁が船底を中心にグルングルンとの表現と教えて頂きましたが、この船底に重心を落とす…

  • 凄い雨続きで
    うちの近くの川は 氾濫しない感じですが、近畿地方ヤバイです💦

  • 雨が止みません、もう三日間も降り続いています。
    今日と明日のラウンドは当然キャンセル…
    ジムは地震で閉鎖中、ニュースは暗いし…
    湿気で汗にまみれ練習して来ました!
    特にしっかりして、柔軟なスイングが出来るアドレスを注意しました!
    重心、フットワークを意識した両膝の屈曲、股関節の前傾角度です!
    前回ラウンドは尿管結石の為か? 知らず知らず棒立ち猫背で良いスイングにならなかったからです!
    お蔭様で体調は完全回復しました!
    基準は脇下からシャフトを垂直に垂らし、膝頭にちょうど接するアドレスです。 ユーチューブでレッスンプロからのアドバイスです!…ショートアイアンからドライバーまで同じ基準です。
    私にはちょっと前屈み過ぎに感じましたが、スイングでのスエイが改善され、しっかりスイングが出来る感じがしました…
    元々、棒立ち気味なのかも知れません。

  • >>2569

    お体おだいじにしてください。

    スコアメイクの考え方、まぁ初めてのコースだとわからないことも多く難しいんだと思いますけど。
    まぁよほどのことじゃない限り おいらは 4つあるPar5は落としたくない。
    4つあるPar3のうち最低でも1つはparを取る。 Par4は絶対ボギー以上打たない。
    そんな割り切りがあるよ。
    スコアはいかにいいショットをするか? ではなく、如何にミスを大きなミスにしないかにかかっているからティショットは2ndでちゃんとクラブが振れる場所にボールがあればOKだし、グリーンを狙うショットは乗らなくても寄せやすいところにあればOK。30yのロングパットよりも30y手前からのアプローチショットのほうが簡単。
    無理にパーオンを狙わず、レイアップ。 ショットなんてそこそこでいいと思う。
    80台中盤までなら鉄壁のボギーオンを心がければ何とかなるんだけどね。 
    結局どこかで無理をするから大叩きになり、次のホールにも影響するよね。

    *前傾…
    クラブにはライ角があるから、ライ角どおりに構えれば自然な前傾になるよ。
    前傾は意識して作るもんじゃないと思う。
    山本道場でやってたっけ?  
    体全体の重心点がグリップの位置になるように構える。
    アドレスしたらその場で軽くジャンプして着地した形がそうかな?
    おいらはアドレスしたら両足をパタパタやっている。

    インパクトで上体が伸び上がる、これは駄目だね。
    原因は上半身の力で打とうとすると、お腹が前に出ちゃう。 グリップの位置が高くなる=>ライ角が変わる=>トウダウンしてフェイスが右を向く。
    地面反力をつかうには 伸び上がるのは足! 結果的はキャイーンみたいな感じになるのが正解なんだろうね。

    パットは人それぞれ考え方が違うと思うし、まぁいろいろ書きたいこともあるけど。。。

  • こんにちは。 今日は又も46と44の90でした。 簡単にパーが取れる時、中々パーが取れそうもない時が18ホール中で織り混ざります! やはりセンスがない!
    実は30日に尿管結石なる激痛病に襲われました、脂汗の七転八倒が突然にやって来ました! 地獄の3時間でしたが、CT撮影で幸いにも3ミリと分かり、小さい為に処置をせずに自然落下にて楽になりました。
    昨日までは気怠さがありました!
    今日のスイングは知らず知らずに腹に負担にならない様に(棒立ちアドレス)になっていた様です!
    意識して膝を少し曲げ、股関節から前傾の適切なアドレスをやり出しから、良くなりました!
    尿管結石のせいにしたくありませんが、知らず知らずに棒立ち猫背に今朝はなっていたと思います!
    何とか90以上はないですが、都度 色々な悪要素が出ます、やはりセンスがない!
    修正点の発見が遅いです!
    次は金曜、土曜の連チャンです。

  • 【力味】この厄介さに、遅まきながら最近気付きました…
        厄介とは思ってましたが、桁外れでした。
    20ヤードくらいのロングパットの練習をしました、特に登りラインです! 力味があるとショートします、ショートを避けて大きく強くヒットすれば、大オーバーか、最悪はダブります。これはラウンド中にもある事でした。 ショットと同じ様に力味を意識して無くしました、スムーズなストロークから転がる球になります、体の起き上がりもありません! 距離と方向ともに、まずまずで大半が2パット圏内に収まります!

  • >>2566

    いろんな傾斜と言えば
    かのライザップゴルフ⛳
    室内のゲーム機でやるそうですね(っ´ω`c)
    あれじゃ、ゴルフじゃないと思われます🌹

  • >>2565


    コースに出れば、傾斜やきびしいラフとかいろんな要素が絡んでくるから、状況判断ってすごく重要な要素になってくるよね。
    むしろ真っ平らなところってほとんどないと思っていいからね。
    特にスコアはショートゲーム、グリーン周りなんだよね。 砲台グリーンがほとんどだから、どうしても左足上がりのライは必然的になる。 傾斜なりに立てばロフトは開くし、鉛直に立てばヘッドは抜けない状況ですよね。

    おいらはグリーン周りはほとんど58度のウェッジに頼るけど、ボールの位置を変えることでロフトを変えたり、いろんなことをするよ。 左足上がりでピンまで30yなら傾斜によるけど52度を使うだろうな。

    傾斜が5度違えば ロフトも5度違うと考えるべきだから実際の打ち出し角は52度のクラブは平坦なライで使う58度を大差はないことになるよね。だから思ったほど転がらなかったりする、もちろんグリーンの傾斜もそうだから絶対ショートする局面。まぁオーバーすると下りのラインが残るからそれも悩ましいんだけど。

    やわらかい球を打つって難易度は高いよね。おいらはおそらく30yが限界かな? 
    イメージ的にはボールをフェイスに乗せている時間を長くする感覚だからHSもゆっくりな感じ。
    SWだとバンスを滑らせることですこしはやりやすいけど、LWやAWだとバンスは少ないからざっくりのミスの確率が高くなるよね。
    当然斜面に対して垂直に立たなきゃいけないから非常に難しい。一か八か、左肘を抜きながらインパクトするにしても距離感は激ムズだわ。


    **傾斜ではイメージ通りに素振りして、ヘッドが着地する地点を探る。
    その位置がボールのポジションだからフェイス面、ロフトがどこを向いているか見極めることが肝心だよね。

  • こんにちは。
    慶さんのおっしゃる事、図星です!
    【浅いテイクバック】の表現は間違いでした。
    腰回転のテイクバックでなくて、【手だけを引いた…】バックスイングになったと思います! 軽く丁寧にバックをする気持ちが【手だけ】を誘発したと思います!
    そのきっかけの状況は左足上がりの打ち上げです、ピンまで30ヤードでした、ライは良い! 高い球で手前からピンに近付けるイメージでサンドウェッジでキャリー25ヤードで柔らかくスイングしました。
    当然、左足上がりであり球は通常より高くなり、20ヤードくらいしか飛ばなかったです! ゴロゴロと球は手前に転げ落ちてダボでした。
    (反省)左足上がりを計算して35ヤードのスイングか、もしくはピッチングウェッジで少し低い目の球で転がし上げる。本来はボギーで良しですが、それまで4ホールがパーペースなので、欲が出て高い球でパー狙い、実力もないのに難しい挑戦でした。
    それも腰回転せず、手!
    45度の腰回転ですね!
    肝に銘じます、次は来月3日!

  • >>2563

    >浅いテイクバックが最大のミスになったと感じます!

    魚突きドリル。山本先生はこれはマルチなドリルだと言ってますが、ひとつの大切な要素としては 骨盤の回転だと思うよ。 クラブを下半身をつかって上げる、右股間接を後ろに引く反動でクラブは勝手に上がっていくと説明してますね。(前傾しているから勝手に上がると言う要素もあるけど)
    腰は45度くらいまでしか回らないのでそこでロックが掛かるから勢いでクラブは慣性で上がっていくんだけど同時に体も【捻られる】わけだけど、 おいらは45度の腰のポジションがもっとも重要だと思うよ。

    切りかえしはまさにそのポジション(グリップが右腰のあたり、シャフトが水平のデリバリーポジション)でクラブを振りに行く起点があるとすればそこなんだとおもう。

    クォーター理論のときから書いていることだけど、トップというのはいわば勢いとか慣性とかで生じたポジションでコントロールショットならその強さによってトップのポジションは変わるよね?

    初心者に教えるにしてもフルショットの形から教える弊害なんだろうけど、いきなりトップの位置からクラブを振り下ろしてしまう。 2561の動画の生徒さんもおそらくそこそこのスコアを出せるレベルなんだろうけど。。
    ちょうどいいところにサムネがあるけど 【ここから打つんですか!?】

    うん! 3月の山本道場のテーマーは切りかえしだったけど、そのあたりをじっくり見て欲しいな。

    最近では 先生は ダウンスイングで『縮む!』っていっているけど、『すん!』にしても トップから脱力するってことだよね。 グリップを真下に落とすにしてもトップで力が入ったのではできないよ。

    ゴルフのスイングで最重要なのは腰から腰のインパクトプレーン (デリバリーポジションからリリースポジション) 下の半円なんだよね。
    いわゆるトップから振り下ろすから、力が入って伸び上がり前傾が崩れたり、右肩が出たりする。

    スイングは【反動動作】なんだからバックスイングの大きさはその強弱、感覚的なものでいいと思うよ。

    上の半円はいわば助走の部分、トップからいきなりクラブを振り下ろすのは、走り幅跳びでスタート直後にジャンプするみたいなもの。だね。

  • お早う御座います。
    日曜日は43-47の90でした…
    アウトは2つのパーに7つのボギーでドライバーは安定して、まずまず。
    インの出足はバーディーとパーにボギーにパーで始まって4ホールがパーのペース…しかし残り5ホールで11オーバーって事です!
    これリズムの狂いです、40前後は軽く行けると考えて…丁寧に行き過ぎて浅いテイクバックにスロースイングになってしまいました、修正を試みるも中々良いリズムが戻りません、スイングスピードを調整すると手打ちになりシャンクやドライバーも擦り球です!
    浅いテイクバックが最大のミスになったと感じます!
    【丁寧=浅いテイクバック】に何となくなって、その状態を2ホール続けて、修正加えるもリズムとタイミングが戻って来ませんでした。
    浅いテイクバックのトップで力みを抜くと、全体スピードが落ちる、それを手で補う!
    メリハリでしょうね、ここ3週間は旧満州旅行と地震の片付け等々、クラブを握る事が少なかった理由としたいです! 結論はセンスのなさ、練習量よりラウンド量を増やす!…
    スポーツジムのインドア練習場が地震の為に1ヶ月も閉鎖になりました…

  • <<
  • 2582 2563
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ