ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 97 77
  • >>
  • 中々再現性が上がらず、残念な結果が続いています。
    ただ、スイングに関しては迷宮の出口が見えてきました。

    しかし、日本人のレッスンプロのレベルの低さにはあきれるばかりですね。
    こんな人達に習ってたらいつまでたっても上手にはなれないので、海外武者修行に行く事にしました。

    まぁ、この程度のレベルの指導者しかいないので、日本のプロが海外で勝てないのは当然ですね。
    全米オープンでも日本人は松山君を除いて全員予選落ち。何しにニューヨークまで言ってんのかな。
    観光??

    早く松山君にはくだらないしがらみに捕らわれない、自由な環境で自分のゴルフを極めてもらいたいです。
    アメリカにも、ヨーロッパにも素晴らしい指導者がいっぱいいますよ。

  • 何方か教えて下さい。 練習場でバット振ってる人、あれって何の練習。
    野球ならバッティングセンター行けばいいのに??

  • スイングの迷宮真っ只中のとらちゃんです。

    ここに来てとうとうショートパットまでおかしくなってきました。
    パーオン3パット パーオン4パット と遣らかしてしまいました。
    これじゃスコアになんないよ。 誰か助けてー。

    (;´д`)トホホ

  • キンちゃんさん こんにちは。

    その自分に合ったレッスンプロが見つかりません。
    日本のゴルフ界はあまりにレベルが低くて、レッスンプロに至っては
    全くNGですね。

    https://www.powerrotationalgolf.com/

    最近はこのサイト見てます。

  • 自分に合ったレッスンプロに付く。
    → 言葉で教えるのだから、言葉の微妙なニュアンスの似たプロが「自分に合ったプロ」
    1. 自分のスコアにもよるけど、レッスン書は読まないこと。
    2. 教え魔に地被かないこと。

  • Jokさん、もりもりさん

    先日は練習ラウンドお付き合いいただきありがとうございました。
    大変有意義なラウンドになりました。本当にありがとうございました。

    とらちゃんはもっと修行が必要なようです。

  • みなさん、おはようございます。
    スイングの迷宮に迷い込んでいる、とらちゃんです。

    東京・千葉方面で何方かご一緒に練習しませんか。
    一人寂しくぼちぼち練習しています。
    出来たら僕みたいな素人の方でお願いします。

    (o*。_。)oペコッリン

  • Jokさん。

    パワー・ローテーショナル・ゴルフ 見てみました。

    https://www.youtube.com/watch?v=CdbEKt8jMGE&list=PL2ma3f9i2zKI1ug6ZauA3Z8K4-RaLqNXV

    中々面白いコンテンツづくりしてますね。少し難しい用語が多いので、全て理解するのは難しいですが、
    僕の目指しているスイングの方向性にあっているようです。
    しばらく、見てみようと思います。

    最新の映像もどんどん上がってくるみたいだし、少し楽しみにしています。

    少し下半身の動きが微妙だなと思うこともありますが、山本道場とか桑田とか武市などに比べたら、
    よっぽどまともかな。しかも、最近はまってる海外のレッスン動画にも方向性が似ていますね。

  • Jokさん、こんにちは。

    貴重な情報ありがとうございます。
    ヨーロッパ、US PGAで流行っている理論ですか?!
    早速、検索してみます。

    ありがとうございました。

  • ヨーロッパとかPGAとかの理論を推進してるパワーローテーショナルゴルフだったかなぁ⁉️
    最近、ちょくちょく見てるんですけど、結構ハイレベルで勉強になると思って見てるんですけど、どうですかぁ⁉️😄

  • やはり、ヨーロッパツアーが面白いですね。
    今、僕が一押しのスイングは "トミー・フリートウッド" ですかね。
    一生懸命猿真似してます。
    誰かこんなスイング教えてくれる人いませんかね。(笑)

    https://www.youtube.com/watch?v=whtsEDu7yTI

    昨日初めてご一緒した方、中々珍しい動きをしていました。
    僕のスイングイメージに近い方向性で、語り合ってしまいました。
    楽しかったです。

  • 昨日のラウンド最悪でした。
    ティーショットはターゲットラインに対してほぼ九割がたプッシュスライスで、全然飛距離も出ず、
    ラフに入っただけなのにロスト二発も出してしまいました。
    池ポチャ一発。あわや90オーバーの大乱調。

    余りのショックで風呂にも入らず逃げ帰りました。その後地元の練習場へ行ってみましたが、
    結果的に何が原因かわからずじまい。更にスイングの迷宮が深まってきました。

    ヘッドカバーもどこかに置き忘れてしまいまして、後ろを廻っていた馬場ゆかりプロが拾って来てくれました。

  • グルコサミンさん、初めまして。

    何かお勧めのレッスン動画ありませんか。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>80

    重心距離が長いクラブはフェイスが開いたままヒットしやすいのでダウンスイングで開いたフェイスを閉じる操作が必要になりますね。前倒し はアジャストメントの手法の一つだと思います。
    スイングプレーンの後ろの半円(上の半円)ではグリップ/クラブヘッドを胸の正面にキープできなくなるので、そこからクラブをどのように上げるかで スイングプレーンが変わってきますね。

    Jim Hardy氏は 1プレーンスイング・2プレーンスイングと大別してます。
    簡単に言うと腕が水平の位置から上に上げるか、シャフトを後ろに倒して1面に上げるかの違い。
    2プレーンスイングについては筑波大学の安藤先生のコンバインド・プレーン理論を読めば理解できると思います。

    1プレーンに振ろうとすればシャフトは背中側に倒れるのクラブヘッドを正面に戻す必要があります。
    それをダウンスイングの初期に行うのが前倒し、ですね。
    あとはボクシングのパンチや空手の突きのように捻り戻しながら腕を伸ばすことでパワーを引き出す効果もあると思います。 トップの位置からヘッドを最短距離で捻り戻しながらボールを突く感じ、野球の大根切り、あるいは袈裟切りの感覚だと聞いたことがあります。右腕の内旋を意識するのかな?
    テイクバックでどのような軌道でクラブを上げるかで内旋の大小が決まってくるし、そのタイミングも選手によってさまざまだと思います。 あまり軌道がフラットになるとクラブ全体をローリングさせる必要が出てきますから.…どうなんでしょうね??

    山本先生のは説明を聞く限りでは2プレーンなので前倒しの意識はないと思います。
    魚突き、グリップを右わき腹に向かって、真下に落とす感じ、クラブの重量や遠心力によって勝手に右腕の内旋がおきます。
    切り替えしのタイミングは『魚突き』のポジションのようなので2プレーンスイングであろうと勝手に思ってますが。おいらはこれを取り入れてます。

    どちらにしても クラブの慣性はすごく大きいので前倒しの動きや内旋の動きは第三者には見分けはつきにくいと思います。
    『魚突き』はやっている本人が奇妙な動きにみえるんだろうな?と思っていても普通の動きにしか見えない。
    そんなものなので おいらは形はどうでもよく、意識の問題だと思うんですよ。

    前倒しとは別にカーリングと言う動きもあります。 手首の使い方でフェイス面をコントロールすることといればいいのかな?
    左手首を手のひら側に折る動き。 ハンドファーストでボールを捕らえるには必要な動きです。
    どのタイミングでカーリングを行うか、テイクバックからトップまでの過程で完成されるか、トップから切り返しで完成させるか、ダウンスイングで緩やかに完成させるか、これも選手によって違うので、いろんないろんな形がありますね。

    ま。パーフェクトコピーは黄瀬涼太じゃないと無理だと思うよ。

  • みなさん、おはようございます。

    ゴルフの迷宮真っ只中のとらちゃんです。
    いよいよゴールデンウィークですね。
    僕も何回かゴルフの予定入れました。何とか僕のスイングを劇的に変える良い
    練習方法がないか未だに焦って探しております。

    どなたか教えて下さい。いつもUSPGAのプロの猿真似しているうちにある事に気付いたので、
    USLPGAのスイングも少し参考にしようと観てみました。
    そこで以下の映像の中の選手でどの人とどの人が桑田プロや山本先生の様な前倒しのタイプなのですか、
    僕の乏しい知識では誰一人としてこのタイプの人発見することが出来なかったのですが。(残念です)

    https://www.youtube.com/watch?v=9zsGr67SsbQ

    慶ちゃんさん、東南さんは知識も豊富なようなので、良かったら教えて下さいませ。よろしくお願いいたします。(o*。_。)oペコッ

  • おはようございます。

    僕ももっと練習して、皆様のレベルに達するようがんばりま~す。(*^_^*)

    中々良いレッスン見つかりませんね。みな様の貴重なご意見のおかげで何となく
    二種類のスイングがある事が分かってきましたが。
    又、今まで気にした事もなかった、ネットレッスンの動画もいっぱい見てみて
    結構適当だなってのもが大半だと言うのもわかりました。
    やっぱり日本の指導者終わってんなって感じですね。
    ただアクシデント的に海外のレッスン動画で気になるのを発見できましたので、これを試しながら、
    これに似たレッスンをしている日本の指導者を探し続けてまいります。

    昨日は一日外回り営業で忙しい中、合間の一時間で猛打練習してきました。お陰様で今日は全身打撲(筋肉痛)の様な状態です。(爆笑)
    全体に打ち出し方向がターゲットラインか少し左目に打ち出している感じで、なかなか思った球にならなかったです。残念!! 打席マットの向きとフィールドに貼ってある芝生マットの向かっている方向が
    一致していないから、実際何ヤード位左右に出たのか又曲がったのかが分かりずらい練習場でした。
    150Yキャリー地点で左右差は各々3Yづつの直径6Yの中に70%以上おさまれば合格。
    これをフック系回転の球とスライス系回転の球で交互に打ち続ける。とにかく今は身体がきついです。
    やっぱUSPGAプロの猿真似はきついです。(爆笑)

  • >>77

    おはようございます。 
    たぶん ゴルフをやっている人の8割が100を切れなくて 90を切れるレベルでプレーしている人はたぶん1割りもいないんじゃないかな?と思うよ。 ネットで公開されているレッスンのほとんどは手の動かし方に偏るのは仕方がないと思うんですよ。
    股関節と肘は連動しているという話は聞いたことがあります。肩周りの肩甲骨とかの動きと連動しているのか…まぁおいらはその辺はよくわからないけど、武市プロの言う、右掌を下に向けると右の踵は上がらない筋反射があることは確かなので、正しい腕の振り方をしていれば必然的に正しい下半身の動きになる、というのも否定できないとは思います。まぁおいら目指しているものじゃないけどね。

    どのようなスイングであれ プレーンの下半分の円(インパクトプレーン)では、胸ーヘッドーグリップでできる鉛直の三角形の面が崩されずに軸を中心に回ることが最重要で、ヘッドの軌道がアップライトだとかフラットだとかはさほど重要ではないのかな?と思います。
    骨格構造上、クラブのライ角どおりにどこまでも上げることはできないので、デリバリーポジションからはアップライトに上げざるを得なくなりますよね。 そこからどのくらいの角度であげるかは個人差だよね。

    まぁ実際はクラブを振る(振られる)という感覚はインパクトプレーン(デリバリーポジションからリリースポジションまでの間)だからトップまで、あるいはフィニッシュまでの上の半円は勢いのついたもの、だとおいらは考えるんだけどね。 おいらは事実上のトップはデリバリーポジションだとおもうけど、世間一般に言われているトップの位置からデリバリーポジションまでどのようにクラブを動かすか? でひっくり返す(前倒し)なのか ガルシアみたいにシャフトが傾いたまま下に下ろしてクラブを振るのか、そんなことは人それぞれでいいんじゃないの?っておもうけどね。
    トップでの切り返しなんてこというから、キャスティングになったり、いきなりボールを打ちに行ったりするんだろうね。

    おいら飛距離がねぇ。。。だからドラコン選手の手法はすごく興味があるよ。
    吉田一尊(一誉)プロ、grandista TV なんてどうでしょうね?
    こちらは バンプの入る使い方みたいなので、ちょっとおいらの取り入れているのとは違うと思うけど。

    山本道場は股関節の動きを重視したもの、スプリントスイング理論と同じ方法だと思います。
    岡本啓司プロがかかわっているみたいですから。

    ピート・コーエンって人の名前は聞いたことがあるていど、ちょっとのぞいてみようかな?

  • おはようございます。

    三觜プロ、レッスン映像色々見てみました。
    レッスン内容・方向性は比較的僕の好きなスイングに近いですね。
    ヘッドやクラブ等の動かし方は、結構共感できるところはあるのですが、
    やはり下半身の特にひざ下の動き、更にインパクト以後の腕の動きがあれ??
    と言うところがあるように感じました。

    少なくとも桑田プロよりはかなりまともと言うか、そもそも、やってる事が全然違うので、
    比べること自体してはいけないレベルかな。

    とにかくほとんどの日本の指導者は腕の運動量が非常に多くて、この手の人はやたらと腕や手の
    動かし方を教えるものが多いですね。僕が考える理想のスイングでは下半身、特にひざ下の動きが
    重要なんですが、ここに特化したレッスンは一切ありません。まあ、神経の80%が腕・手に集まっているらしいのでここの感覚に集中してしまうのももっともかなと。。。

    慶ちゃんさんのお話を聞くと、桑田プロや山本道場は全く逆効果ですね。よくある現象で日本のプロなんかで、50過ぎて突然飛距離が落ちて来て今までの様なパフォーマンスが出なくなる人。素人レベルでもこれ
    起こります。基本的に腕の運動量に頼った結果ですね。だから、僕の仕事先の先輩たちも50過ぎ辺りから
    突然ゴルフしなくなっちゃう人多くなるんですね。聞くとたいていの人は、飛ばなくなったと言います。

    知り合いの大先輩に女子ツアープロのお父さんと言う方がいて、背も高いし以前はかなりのアスリート
    だったと言う事もあり、70歳としてはかなり飛ばす方なんですが、同じく70歳台の方が中でAさんはあんなに飛ぶのかなと、僕に質問してきました。僕の感想としては、一つ膝の動かし方です。インパクトにかけて
    ダウンスイングしている間、右ひざを左ひざに寄せて行かないんです。ともすると、両ひざの間が離れていくような。

    ところで、ヘンリック・ステンソン等の指導をしている、ピート・コーエンって聞いた事ありますか。
    スパイラルスイングだったかな? これ結構 慶ちゃんさんにあってるかも。

  • <<
  • 97 77
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!