ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 14 1
  • >>
  • 3月3週
    今週も騎乗数が多い。土曜だけで4鞍、日曜は2鞍。
    しかし、重賞のクリスタルカップには乗らず。
    というのも、がんこオヤジの山崎先生が騎乗の願いを受けてくれず、
    50のPRポイントを5回も使わされたためだ。
    この間、人気馬をどべにした恨みだろうか。

    ダイオライト記念を12人気で1着。石崎先輩のアドバイス無視の13頭ごぼう抜きな直線一気はナイショ。
    しかし、中央に戻ってからは最悪。
    2人気の馬でビリをやらかし、それがまた照屋厩舎の不運。女王様はおかんむり。

    2人気で2着、5人気で4着、8人気で7着、1番人気で2着、
    3番人気で3着などストレスのたまるレースが続く

  • 3月2週
    ついに弥生賞ウィーク。皐月は目の前だ。
    できるだけ弥生賞に集中したいのだが、貧乏性で未勝利とか500万下とか
    PR値30前後の馬も選んでしまう。怒られ凹んで本番に臨む事態は避けたい。。。

    スズパレードの依頼が届いて安心する。ここまで3戦1勝。
    新馬戦の相手がルドルフだったのは悲劇だ。
    そして弥生賞でも再びルドルフが・・・結果はビゼンニシキ、スズマッハにも負け4着。
    皐月への道が閉ざされかけている。

  • 3月1週
    地味に12人気を2着にしたり、9人気を1着にするも、
    1人気の馬を10着にしたことで評価はガタ落ち、、、
    小回り中山で大外枠の差し馬は辛い。
    重馬場得意の穴馬激走に古窪先生のやって当然みたいなセリフに唖然とする。

    庄治さんが重賞初タイトルを獲得。
    それがクイーンCなのだから光栄もやるなとニヤリ。
    照ちゃんにはエリザベス女王杯勝利をプレゼントすべきか。
    まぁ乗れるのは数年後・・・だろうがw

  • 2月4週
    大胆不敵にもG1の依頼がくる(といっても砂のフェブラリーSなのはご愛嬌)
    一応30勝ジョッキーですからね! と誰となく声をあげてみる。
    出走するのは根岸S勝ちのコンバットハーバー。え?もう?
    風雲新撰組の永倉のセリフが浮かぶ、人使いが荒いなぁ~ まぁ、馬なんですが。

    他にもG2の京都記念とG3のクイーンCの依頼があり、なんとなく、、、
    ただなんとなくG3を選んでしまった。G2の方が能力高い馬なのに!

    PRポイント16とかいうコレ、絶対無理だろ?!的な馬なのだが、
    照屋厩舎所属と聞いて知らないフリはできない。
    乗りましょう! 乗らせていただきましょう! 
    勝てないけど5着目指しましょうw

  • 2月3週
    今週は騎乗依頼が少ない。土曜が3鞍、日曜は1鞍だけ。
    その1鞍がまさかの小倉。これはアプリコットデューに乗れという示唆か。

    たまに挨拶にいくと乗り変わりでおこぼれ騎乗依頼をもらえるのだが、
    なぜか西川先生だけは毎回「よく来たね」と優しい。尻を狙われているのか。

    照屋厩舎で期待の2歳馬トチノニシキを見せられる。聞いたことがある名だ。
    照ちゃん喜ぶ。ミスタールマンは乗る乗る言って全然乗らないけど、今度はがんばります。

  • 2月2週 
    クラシック期待のメジロシートンで共同通信杯へ。
    照屋厩舎からも出走馬がいたが・・・照ちゃんごめん。
    というか、結果は4人気で5着。情けない。。。
    皐月へいよいよかって感じだが、スズパレードには乗せてもらえるのだろうか。

    ・今週だけで畑山厩舎5頭に騎乗。
     中でも能力の高そうな新馬ニッソウアンケーで1人気に応えて1着。
     がんばってるつもりなのだが、たまに4,5番人気の馬をどん尻にさせて評価が上がらない。うつだ。
    ・新人時代に3度騎乗して7着連発したアプリコットデューが小倉に出走。
     元気であってほしい。もう乗る気はないけどw
    ・末足も鋭い追い込み馬のケンセツエースで3人気1着。
     庶民派ぽい名前に親しみを感じるが、これがゼネコンエースだとまた違うだろう。
    ・地味に13人気の馬を8着にする。照ちゃんよろこぶ。

    今週は8鞍騎乗して3勝。すげー日だ。

  • 2月1週 ●G3の根岸S勝利!
    騎手ランキング9位! まだ一ヶ月過ぎただけですがw

    新人王を獲ったからか、今年になって一気に依頼が増えた。
    今週は土曜4鞍、日曜3鞍。
    去年は1鞍もざらだったのにな。
    今週も照屋厩舎騎乗が多い。

    ロベルスポートの新馬戦を11番人気で1着。
    穴をあけたことよりデビュー戦で勝てたのがうれしい。それも照屋厩舎馬でだ。
    しかも厩舎期待の疾走馬コンバットハーバーのG3根岸Sも1着。照ちゃん笑顔。

    かなりご機嫌だからか、次のレースで出遅れの最下位をやらかすも怒られず。
    (12人気で12着だから・・・だけですがw)

    相性のあうあわないがあるなら、ラウンドボウルがそうだ。
    前回1番人気で3着、今回再騎乗のチャンスが訪れるも、
    結果はまたもや1番人気で2着。。。。松岡先生ごめんなさい。

    そして新聞では弱気一辺倒だったニッポーアトラスでのG3東京新聞杯で2着。
    小頭数のスムーズな競馬で勝てると思ったが頭差とは・・・残念。

  • 1月4週
    今年になってここまで照屋厩舎の馬には乗っていなかったが、今週は5鞍も!
    そこで2勝できたのはうれしい。美女の笑顔はご馳走であるw

  • 1月3週
    厩舎に挨拶周りをしていたら二歳馬のクシロキングを自慢される。おおお、有名馬だ。
    昔すぎて名前だけだけどw

    京成杯でスズパレードに騎乗。同冠のスズマッハに次ぐ2番人気で結果は2着。
    先行型のスズマッハはつえーなーと思ったら勝ったのはサクラトウコウでしたw

    ちなみに京成杯では照屋厩舎期待のミスタールマンの依頼を断ってしまった。
    ごめん、照ちゃん。次の機会には・・・たぶん・・・www

  • 1月2週 ●G2川崎2歳優駿勝利!
    川崎競馬場へ遠征。G2の2歳優駿をシーブラックで勝つ!
    重賞4勝目。そのうち地方が3勝と地方偏重気味なのはナイショ。
    地方競馬は小回りコースが多く、コーナーを内内へ攻めると
    他馬を弾いて進出できるので、距離さえあれば差し追い込みでも決まりやすい。
    ただし、ダメージをくらって後方へ弾き飛ばされることがあるので賭けだが。

  • 1月1週
    昨年の成績がよかっためか、懇意にする調教師が増えた。
    これまでは照屋美人調教師!と西川、松岡、長野の4人の先生だったが、
    今年からはメジロの古窪、サクラの山崎、畑山の3人の先生も仲間入り。

    山崎調教師は同期の万作の所属厩舎でもある。
    やっかまれそうだが、サクラスターオーなどの名馬に乗れる機会を夢見て震える。
    有馬で完走させてあげたい・・・。

    年明け初戦で初勝利。縁起がいい。
    新たな調教師からも良馬をまわしてもらい、1週は1-1-1の着外0と手堅く終えた。
    しかし、相変わらずの未勝利とか500万下とかオープン以下のレースが多い。
    まだ2年目のういういしい坊やなのであーるwww

  • ~名馬たちの記憶~

    昨年デビューから37勝をあげて新人王を獲得できた。
    同期は4人。それぞれ30勝前後の成績で僅差だったのがわかる。
    それよりも勝率が先輩騎手たちよりも良い360だったのがうれしい。
    騎乗数が少なく、良い馬をまわしてもらえたからだ。
    照屋調教師に感謝。これから少しでも恩返ししていきたい。
    と思う2年目であった。。。

    あ、ちなみにアクションゲームとか全然ダメの苦手おやじですw ←これ重要
    下手糞なのは勘弁を~

並べ替え:
古い順
新しい順