ここから本文です
現在位置:
アンデス

アンデス

  • 283
  • 2
  • 2016/02/23 01:33
  • rss
  • <<
  • 283 264
  • >>
  • 283(最新)

    もと 2016年2月23日 01:33

    皆さん、こんばんは
    春近しなのに妙に冷えますね。

    動画と合奏、いいですね。
    私もドラムの練習をするときはYouTubeで音を流して合わせています。
    とうべい合奏団も実現させてください?!

    え、譜面って見なきゃいけないものでなんですか?
    耳コピーがスタンダードだと思っていました。
    口笛も本来歩きながら自転車乗りながら自分のために気持ちよく吹くものと思っているので
    風のように奏でればいいのだと、もともと思っていました。
    そんないい加減なのあかんかったのか…。
    自分の常識と本当の常識の差に今気が付い板ぼんやり加減です。
    元々音と音の間にある音は楽譜には書いてないし、いいやんかって気がしまう大雑把な性格。
    ドラムの先生もこの前、譜面通り叩くドラマーなんているかなって言ってましたよ。

  • ゆうたんさん。もとさん。もしかしてロムしているアナタ。おはようございます。

    ハンドフルート連日暇さえあれば、一日中吹きまくっていますが、少しアイデアが浮かびました。

    オルゴールの動画(実際は音ばかり)が結構おおくて、音楽的にはどうかと思うけど、人が感じるままに良いとする方も多いようでオルゴールファンも根強いはず。  それをバックにハンドフルートを吹くのも有りかな?と思って試しています。  ここの動画のオルゴール曲は、メドレーが多いので突然切れたり(編集の精度か?)していますが、同じようなレベルですから合う気が致します。(笑)
      
    それから口笛の名人と話をする機会があって・・・その中で、その方は、演奏する曲はすべて譜面を見ずに耳に残った音を磨いて、舞台で吹いているだけと、ハンドフルートも同じ感覚でいけばいいのかな~あと思えてきました。  簡単なバッハのメヌエットなどは譜面もあるし、記憶も確かなモノなので大丈夫ですが、オカリナだと思えばいいのだから?(本当にそうなのか?)堅苦しく考えないでいこうと思います。

    いずれ近いうちに、皆様にはハンドフルートの音を披露致します。


    とうべい

  • 皆様、こんにちは

    確定申告終了、ほっとしたけれど
    確定申告処理中にストップしていた物事に追われ結局バタバタ。

    時間の使い方が下手なんですね。

    ゆうたんさん、いえいえ、やっぱり首都東京ですよ。
    首都圏のほうが何かとイベントも講習会豊富ですよー。
    人材が集まっているからかなあ。
    ただ、首都圏が広すぎるのが難点ですね。
    いわゆる「東京」と言っても広いし。
    大阪は住んでみてびっくりしましたが狭いです。
    仙台とさして変わらないと感じます。

    そういうわけか、私は東京に降り立つと
    いつものびのびとした気分になります。
    ごみごみしたと言われる新宿や渋谷の雑踏も
    野山や農場のように広々と感じます。

    地方の良さももちろんありますが、東京はお金があればおもしろい街。
    大阪は貧乏人でも生きていかれる街。
    それでも冬場に亡くなる路上生活者がかなりの数だと聞くと
    なんとか家賃だけは払っていこうと思います。

    ピアニカのミッチュリ-さんがアンデスの演奏も聴かせてくださるそうで
    お言葉に甘えてのこのこ顔を出しに行きます。
    プロのプライベ-トライブを無料でって凄いプレゼントですよね。
    似てはいますがアンデスとピアニカ、やはりかなり違うものだと
    私のようなド素人でも感じました。
    ま、弦楽器と比べれば兄弟のようなものですが。
    アンデスをどう使ってくれるのか楽しみです。

    今日は大荒れの天候の予報ですね。
    たまたまシフトを決めかねて登録していなかったのを幸いに
    休日にしてしまいました。
    貯まっている気になる物事をせっせとクリアしつつ
    心緩やかに過ごす日にしたいです。

    昨日の帰り暖かかったので手袋をとって
    久しぶりにハンドフル-トをしてみたら
    下手にも上手にもなっていなくかったです。
    もう音も出なくなっていると思ったのに
    変わりなく程度にダメで安心したような?!

  • 今晩は★久々に登場のゆうたんです。相変わらず仕事に追われる日々です。関西の方はピアニカのワークショップとかさかんですよね。関東ではあまりありません。身近な楽器なわけですから、体験イベントとかあるといいのになぁ♪

  • もとさん。こんばんは。

    モダンバレエのクラスは参加していかがでしたか?

    やっぱり、クラッシックとちがうのでしょうか?でもきっと表現する根っこは同じなのでは?


    そうそう、バイオリンの弾く時の姿勢とても大切ですね。  顎で挟んじゃうと首が前に出ちゃってカッコ悪いですね。まず挨拶と、楽器を構える姿勢からお稽古は始まります。

    弓も弦と垂直に交差しなきゃ、ダイアモンドトーンにはなりません。手首のしなやかさなど、やらなきゃならない事は沢山あるようです。


    ケーナでさえ姿勢は音に敏感、ハンドフルートは・・・?猫背ではカッコ悪いし胸を張ってですね。(笑)



    また、モダンバレエの結果教えてくださいね。



    とうべい

  • もとさん。

    ピアニカのWS、刺激になりましたね。

    もう、一旦、のめり込んだら突っ張るしか無いでしょう~!  なんて無責任なことしか言えませんが、本来ご自分で決めることだし・・・恐らくもう「ヤル!」って気持ちは固まっているでしょう。  きっと素晴らしい出会いに、「嬉しい困った」でしょうね。(笑)


    バレエも素敵ですよね。  あのしなやかな指先まで神経を張り巡らせての動き・・・あれはクラッシクバレエだったかな?

    「コンテンポラリーバレエ」ですかね。才能と血が滲む努力。

    新たな挑戦はとても良いことですよ~! 自分の可能性と大きな夢の実現を信じて突き進めば、きっと道は開けますよ。 (何事も)
     
    頑張れ!  

     とうべい

  • ピアニカの魔術師さんのレッスン体験に行ってきました。
    困ったことに、とても楽しい。
    楽器の可能性をどんどん引き出しながら
    自分の思うニュアンスを盛り込んでいく技術の確かさ
    センスの良さに拍手でした。
    先生としてもなかなか達人で、リクエストされた曲をその場で楽譜にして
    1時間の中で、生徒二人に、まあ、それなりにでも演奏の楽しさを味あわせてくださいました。

    ああ、困った。
    あきらめるための体験のはずだったのに
    困った困った。
    ちなみに堺の方だそうですよ。

    ご一緒した女性が京都在住のプロのシンガーさんだそうで
    芸能界の華やかさがあって楽しさがいっそう高まりました。

    ああ、困った。

    とうべいさん、お孫さんの舞台おめでとうございます。
    お孫さんの舞台って、おじいちゃんおばあちゃんメロメロですよね。
    バレエでも、いつもおじいちゃんおばあちゃんの孫愛で会場が熱くなります。

    以前のバレエの先生が その子のために一番大切なのは
    家族が踊ることを喜んでひたすらほめることです、って言っていました。
    注意は教師がするので家族はほめてくださいと。

    お孫さんは教師がお母様という特殊な事情ですから
    その分ご家族がいっそうほめて喜んでいることを伝えてあげてくださいね。

    古澤巌さんのWSを見学したことがあります。
    小学生や中学生が難しい曲を一生懸命弾いているのを聴いてから
    まず、バイオリンをもってちゃんと立てるようになろう、とアドバイスしていました。
    彼が熊川君と舞台を共にした時期で
    どの子にもバイオリンの前にバレエを習うといいよって言っていました。
    そして驚いたのは 
    僕も最近ようやくバイオリンを持って立てるようになれた気がしてきたところです。
    と言うようなことを話していました。
    後、カウントをとってはダメと言ってたのも印象的でした。
    カウントは伴奏のお姉さんがちゃんして伴奏してくれているから
    君は数えちゃだめだと。
    振付家の島崎徹さんのWSも素晴らしくて1週間笑いが止まらなかったです。
    あのようなステキな体験をまたしたいな!

    ああ、困った。アンデスも、アンデスも。
    と、言いながら
    明日はモダンバレエのクラスに初参加してみるのです。

    そして確定申告の準備が進むにつれ、大変な赤字財政であることが明確になりました。

    破滅への階段を転げ落ちます。

  • 今日は、堺でバイオリンの独奏会があってとうべいの孫娘も一曲だけ独奏いたしました。
    緊張してステージの真ん中まで歩いていけず、指導者の長女がソデから現れてつかさず補助。(笑)

    8分の一の子供用の小さなバイオリンで、鈴木鎮一作曲の「アレグロ」を元気イッパイで演奏していましたので、可愛かったです。
    そうして、流石に中学生や高校生になると演奏はレベルが上がって、バッハの無伴奏ソナタとか、ラロのスペイン交響曲とか難曲をこなしていました。

    演奏会聴くのも、たまにはイイね。


    とうべい

  • つまりは、我が家の経済は完全に握られているということに・・・・表向きはですが。

    それでもで、わずかですが、臨時収入もあるので、おこずかいには苦労していません。(笑)


    ボーカルですが、自分で思っていたより高音が出なくて悪戦苦闘です。

    やっぱりキチンと、ボイストレーニングしなきゃね!早速ネットや、ユーチューブでボイストレーニング訓練法を調べて、ピアノを使って、声だししています。(少々不安)

    高校の時、音楽の授業で、声楽のテキスト、確か「コールユーブーゲン」だったかな?(ドイツの教本なの?)懐かしく想い出しました。

    どこか一日、音楽の日を決めて頑張らなきゃね。中途半端は嫌だもん。



    とうべい

  • 皆さん、こんばんは

    と言うことは、とうべいさんが自由に遊べるのは
    奥様のおかげですね。
    理解していないどころか、奥さんの助けがなくてはダメってことで
    感謝の嵐で胴上げするぐらいの気持ちで接してもちょうどぐらいではない?かな。
    全ての音楽を奥様に捧げてくださ~い♪

  • こんばんは。

    ゆうたんさんに、もとさん。この季節、確定申告、頑張っているのですね。

    確定申告とか苦手です。 数字に弱いとうべいは何年か前からか・・・もう忘れましたが相方に任せていて、ほぼ出来上がった書類を確認して、それを清書して提出するだけですから楽ですね。



    話は変わりますが、手の荒れをハンドクリームで手入れしていたら、何やらブツブツができてきて痒い~!どうやら自分の肌には合わないのかな?  手のザラザラには仕事にも影響するので、はたはた困りました。


    アメリカの第二の国歌とまで言われている「アメイジング・グレイス」ケーナでは吹けたのですが、ハンドフルートでも高音が出るようになったので、何とか、人に聴かせられるぐらいにはなりました。(その日の調子にもよりますが・・・)  そうして、一部リズムが間違っていた部分の修正もできて一石二鳥かあ~。  で、目下英語で歌えるように頑張って練習しています。  難しいですが、独りで演奏する時は、曲はすべて、歌と他の複数の楽器を組み合わせて独りで演奏できたらな~と思っています。

    誰かと組めればそれにこしたことはないのですが・・。


    とうべい

  • 皆さん、こんばんは

    私も今日は数字と格闘していました。
    めどがついてきたけれど
    勝負はここからかもしれません。

    これからの一年が
    うんと酷い貧乏になるか、やや酷い貧乏になるかの境目です。

  • 皆様今晩は★お久しぶりです。
    只今、確定申告書作成&医療費控除計算中…。

  • 連投失礼いたします。
    「四星球ツアーに岡崎体育」なんてニュースを見つけちゃいました。
    他人の創造物に興味がないこの頃でしたが
    四星球はいいなあ。
    聡明で清々しい康雄君のブリーフ姿、久しぶりに行こうかな。
    岡崎体育さんもメジャーデビュー後、行ってないから。

    これにトモフも参加していれば
    もう飛びついちゃう。
    早くフジロックに出ないかな。キュウソより四星球がいい!
    チケット手に入るかなあ。

    お、タワレコでインストアライブがありますね~♪

  • 皆さん、こんばんは

    習い事、親の財力は大きく関与しますね。

    私も親がバレエの財力はないと判断して
    姉が希望したピアノになっちゃったみたいです。
    私にはピアノはあまり合ってなかったようですが
    習ったのは良かったな、って今は思います。
    弾けなくても、鍵盤に触ることが怖くないのは良かったです。

    私たちの時代ピアノは女の子の必修科目のようなもので
    ピアノを習っていない女の子はクラスで一人二人ぐらいでした。
    やがてそれがスイミングになったり体操教室になったり
    そして年齢が上がると塾や予備校になり、ですね。
    私は塾も予備校も、そんなお金ありません、と言われて行ったことないんですけど。

    せめて10歳までにバレエに触れていたかった。
    うさぎや小鳥の役で舞台に出たかった。
    この後の人生の何回か目でいつかやらせてもらえるでしょう。

    大人になってから習える時代にいられたことに感謝しなくっちゃ。

  • 自分が小学生の頃かな?バイオリンを習いたいな~と憧れていたし。又、ボーイスカウトにも入りたかったし、リトルリーグで野球もしたかった・・・。

    でも、田舎であることがネックになって親に頼んでも実現できなかった。親からは諦めるように説得された記憶があるが多分いつのまにか諦めたのか?(経済的にも無理だったのでは?)

    自分は習うことができなかったが、子供には出来るだけ良い音楽環境を与えようと思っていました。でも、自分から音楽をやりたいと言い出すまで我慢していたら、長女が六歳の時チャンスが訪れてバイオリンとの縁ができました。

    遅くなった分、本人が自覚して必死の努力の賜物と、ラッキーが重なって、遂に指導者にまで慣れたのでしょう。

    親になった長女は、孫がまだ0歳なのにもう早々と英才教育にと、突っ走っていました。  今は三歳の孫も、今のところその気で頑張っていますが、恐らく近い将来、音楽で身を立てるかどうか?分岐点がいずれ来ることでしょう。その頃はとうべいは居ないけどね~。(笑)



    一つに秀でていても、人間、道を踏み誤ると、栄光も何もかもなくしてしまうのですね・・・。
    kには罪を償って、早く立ち直って欲しいですね。


    とうべい

  • 皆さん、こんばんは☆

    陽ざしの春はやってきているようですね。
    我々そろそろ要日傘。寒いのに日傘。

    マリーズももう2年か3年前に解散し
    遼平君が続けたバンドも空中分解し
    今はドレスコーズの名のままソロ活動。

    マリーズで一番好きなのは「人間失格」
    ドレスコーズならゴッホ、かな。

    いずれにしても遼平君はペテン師。

    変に今を時めいてしまってるゲスの極み乙女だって好きです。
    師と仰いでいるのはトモフスキー

    そういえばマリーズのアルバムでトモフのお兄ちゃんのハルさんが
    ステキな口笛を吹いてました。

    とうべいさん、時を経て自信があるって素晴らしいですね。

    私なんかどんどん自信がなくなっていく一方です。
    人生の重ね方がよろしくなかったのでしょう。
    もう飽き飽きしたから
    早く次の人生に乗り換えたいと切に思う毎日です。
    人間に生まれ変わる前に、一度草になっておきたいし
    絶対サルは体験しておきたいです。
    そして人間になるときは3才からバレエを習える環境に生まれたいです。

    あー早く乗り換えたい!!

  • もとさん。おはよう!ゆたたんさん。元気かな?

    「毛皮のマリーズ」ですか。ユチューブで聴きましたよ~良かったあ!
    見た目より全然違って、不思議?断然、ウキウキと楽しくなるね~エッ!
    さてさて、もとさんの振り付けも大いに興味あるなあ~。「どんなんかな~?」


    昔むかし、とうべいの若い頃のロックバンド全盛だった頃、一寸想い出しました。  あんなメイク?に髪型周りの仲間に多かったような・・。男でもメイクして夜のロック喫茶(今でもあるのかな?)とか徘徊していたね。

    繰り返されている感じがしますね、でも音楽はかなり違うね。今の方がストレートに気負わず自分の気持ちや身近な想いを素直に表現しているもの・・・。

    仕事でも、遊びでも、今の方がズーット自由に表現できるし、何をしても上手くいくような気がする。つまりは自分の生き方に僅かですが、以前より自信があるってことかも?言い換えれば、年食ったので破れかぶれ(笑)だわ。


    今日も仕事に、スポーツに音にまみれて、一向に焦りは無いです。


    とうべい

  • 皆さん、おはようございます。

    今日はまた寒さがぶり返しているようです。

    とうべいさん、ますます磨きがかかって
    楽しみが広がりますね。
    私もバロックは好きです。

    お孫さん3才からバイオリン習えるなんて
    うらやましいです。
    習い事は昔は6才の6月から、と言われていたそうですが
    今では3才から、フライング2才数ヵ月が多いようですね。
    私の頃は3才か4才でした。
    まだ人間になりきらない脳だからすっと受け入れてくれるのだろうな。
    いいなあ、柔らかな脳。どんな世界だったのだろう。

    日曜は働いてお終い。
    あ、優待券の期限が昨日までだったので
    出勤前にスターウォーズを観に行きました。
    この頃全然劇場にも行っていなかったので
    映画そのものより
    劇場の暗がりが心地よかったです。
    久しぶりに行くとまた観に行きたくなるものですね。

    最近の脳内妄想は 毛皮のマリーズの「ビューティフル」の
    脳内振り付けです。
    これは難しいです。
    自転車を飛ばしながら妙な様子をしていたら
    振り付けを考えている時だと思います。

  • ハンド・フルートの曲数飛躍的に増えて十曲を超えてきました。  もちろん譜面なしですが、チューナーは使っていませんがまずまずの音程だと思います。(自分で吹いていて違和感がないので・・・良しとしています。)
    でも、曲は様々で、一連の統一感が無いのがね・・・。ゴミ屋敷風だわ!


    三歳の孫娘が習っているバイオリン曲を吹くと、大いに不満そうでふくれっ面になります。それはきっと楽器じゃないのに音が出るのが嫌なのでしょうね(娘の感想)。(笑)

    神経細やかなので、刺激しないように孫の前ではこれからは音は出さないようにしますが、ケーナやインディアンフルート、それにサンポーニャには非常に興味を示し、自分で吹いて音を出して満足そうです。


    皆さん日曜日どんな一日でしたか?

    とうべいは半日仕事で、午後からはスポーツでした。

    とうべい

  • <<
  • 283 264
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順