ここから本文です
現在位置:
  • チェウニ歌唱『NARITA発』⇒地震前兆(ダイレイタンシー水拡散モデル説)
    作詞:福田一三 作曲:網倉一也


    あなたの姿
    あるかと思い
    もう何度振り向いた(turn )

    ことでしょう
    【避難行動】
    にぎわうロビー
    【混乱する避難経路】
    (being)
    ためいきついて【★震源地(域つ射て):成田~銚子線上の沖合い海域】
    【避難所】
    ひとり発つ
    【銚子】(盃+つ膨)
    NARITA 発
    【利根川】(幕府改修の御成田)
    アテネ行き
    【Rainbow Bridge 】
    (map東京湾入口三浦~房総)

    당신의 모습 있을 것인가라고 생각해
    몇도 더 뒤돌아본 것이지요
    붐비는 로비 한숨 붙어
    혼자 출발하는 NARITA 발 아테네행



    あの部屋【社】に慣れ【神武天皇東征】
    あの胸【要石】に馴染み 【祭神武甕槌大神】
    あの愛が【三笠山】すべてだった
    縺れた【しめ縄:周辺の大鳥居配置】
    理由が
    何だったのか
    今もまだ
    分からない
    ことばかり

    〔★ダイレイタンシー水拡散モデル・効果(岩石が壊れる前に内部に割れ目が生じて体積が膨張する現象)が地震前に生じたとしても、それは震源近くのごく限られた領域であると現在では考えられており、地表近くの地下水に影響を及ぼし液状化および地殻境界面でのスベリ地震の一員と考えられている。〕

    저 방에 익숙해져 저 가슴에 어울려
    저 사랑이 모두이었다
    뒤얽힌 이유가 무엇이었던 것인가
    지금도 아직 모르는 것만



    私の国の言葉で
    【韓国語・千葉県】
    (map皿様海岸線・鹿嶋臨海~九十九里)
    愛を 【サラゲヨ】
    囁いてくれた夜
    【大陸プレート境界】【ユーラシア・北米・フィリピン・太平洋プレート】
    思い出す 【日本列島周辺の4プレート】
    【隆起地形】
    まぶしい日々は
    【活断層面】 【大鳥居】+四方海域の4鳥居
    指からこぼれ
    【破砕帯を形成し】
    足元に
    【空間に】 【鹿嶋市神向寺鳥居(東)】
    悲しみの【浸透】 【御手洗池水深伝説】
    染みつくる
    【液状化・震災】 【鹿嶋市大船津鳥居(西)】

    나의 나라 말로 사랑을
    속삭여 준 밤 상기한다
    눈부신 매일은 손가락으로부터 흘러 내려
    발밑에 슬픔의 물들어 만든다



    この耳を噛み
    【地域地盤変動】 【夏目漱石】
    この髪をなでた
    【地震計測】
    あの愛に【連動する】【吾輩は猫である】
    溺れたけど 【津波被害】
    こんなに早く
    終わりになると
    今もまだ
    頷けぬ
    ことばかり

    이 귀를 깨물어 이 머리를 쓰다듬었다
    저 사랑에 빠졌지만
    이렇게 빨리 끝이 되면
    지금도 아직 수긍할 수 없는 것만



    *あの部屋に慣れ
    【原稿用紙】
    *あの胸に馴染み
    【文筆・業】
    *あの愛がすべてだった
    【創作活動】
    *あなたを【被災状況】
    恨むことさえ出来ず
    【把握出来ず(ウラム)】
    ひとり発つ
    【大仏】
    NARITA 発
    【鎌倉】 【NARITA=NIGHT】
    アテネ行き【(*あ)定数4×2重(行)時期】4×8
    【湘南・地域】【아(時計)테(目盛)네(夜半)行き 】

    저 방에 익숙해져 저 가슴에 어울려
    저 사랑이 모두이었다
    당신을 원망하는 것을 할 수 없고
    혼자 출발하는 NARITA 발 아테네행

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!