ここから本文です
  • <<
  • 68 41
  • >>
  • 68(最新)

    slx***** 1月17日 23:22

    奈良の仏塔、こちらはズマロン君。
    ヘクトール君とは雰囲気ちょっと違うけど、ハレハレですねぇ。

    以前、レンズが曇っていたものをカメラ店に 「掃除してね」 と
    安易に頼んだら、レンズ表面のキズまでなくなってピカピカになって
    戻ってきたので、そこまで頼んだつもりはないのにと、びっくり。
    それで写りがどう変わったかって、悪くはなってないと思います(微笑)

    キヤノンP Summaron 35mm ISO160

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 奈良の仏塔、こちらはズマロン君。 ヘクトール君とは雰囲気ちょっと違うけど、ハレハレですねぇ。  以前

  • 奈良の仏塔、法起寺
    何年か前に行ったときに似たような写真を撮ったのを思い出しながら、
    まだ岩石がたくさん置いてあったので、お気に入りの風景をまた撮影。
    標準ヘクトール君の逆光で、まるで、古本屋で見つけた昔の本の
    総天然色印刷頁みたいな写真~(微笑)
    結構絞っているので回折なのか、逆光ハレなのか、両方でしょうね。

    ⅢC Hektor 50mm ISO160

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 奈良の仏塔、法起寺 何年か前に行ったときに似たような写真を撮ったのを思い出しながら、 まだ岩石がたく

  • JR名古屋駅発のディーゼル特急「南紀」号
    排煙の匂いをかぐと昔の列車旅の事など思い出されて感慨深いです。
    ただ、新しい車両は多分、エンジンや変速機の性能がよくて
    煙は少なめでホームにいてもあまり気にならないときがあり、
    加速も電車なみに軽快のように思います。

    名古屋駅発のディーゼル特急はもうひとつ、北に向かう「ひだ」号
    があるのですが、南に向かう「南紀」号のほうが日差しの関係上
    排煙がたくさん出ているように見えるので雰囲気が出ます。

    写真の日時とは無関係ですが、撮影場所のホームは先日、不具合の
    新幹線編成が切り離され、停車したままの姿がよく見える場所で、
    私のような野次馬が集まらないよう一部立ち入り禁止になっていて、
    寒い中ずっと駅員が見張っていました。ご苦労様です。
    もっとも、野次馬は私以外誰もいなかったので電車乗り換えのついでに
    駅員のすぐそばまで行ってぼんやり見物させてもらいました。
    それにしても新幹線上り線が片側ふさがっても大きな遅れがなく
    1日のダイヤがつながるとは驚きでした。
    不具合再発防止に頑張ってほしいです。

    ペンタMX iso400 100mmレンズ 1.4倍テレコン

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) JR名古屋駅発のディーゼル特急「南紀」号 排煙の匂いをかぐと昔の列車旅の事など思い出されて感慨深いで

  • 前のコメントと同じ日に、法隆寺五重塔。
    逆光で丁度いい感じにもやっとした写真が出来ました。
    ガラス玉に気泡が入った楽しいオールドレンズです。
    過去の持ち主がつけてくれた拭きキズも
    ちょっとあったりする(笑)。

    キヤノンP Hektor 73mm ISO160

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 前のコメントと同じ日に、法隆寺五重塔。 逆光で丁度いい感じにもやっとした写真が出来ました。 ガラス玉

  • 奈良の法隆寺駅を降りて少し歩いたところで、
    よく見るとこれは涅槃仏ですねぇ。
    だとしたら周囲には仏弟子がいたりするのが
    普通だけど、この絵はニャンコ達のようです。

    オールドレンズお気に入りヘクトールにて、
    適当に絞って順光で撮れば普通の写りかと
    思いきや、周辺光量落ち気味かな。

    ⅢC Hektor 50mm ISO160

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 奈良の法隆寺駅を降りて少し歩いたところで、 よく見るとこれは涅槃仏ですねぇ。 だとしたら周囲には仏弟

  • OM瑞光マクロ80mm
    1:1と刻印があっても明るさではなく等倍撮影用ということで開放絞りはF4.0
    このレンズは専用チューブを使ってのマクロ撮影時に微動用として使う
    目盛の無い距離リングがついています。
    それを面白半分で専用チューブではなく中間リングをつけて一般撮影に
    使うのだけど、長さ25mmのリングを使って最短撮影距離が約2mなので、
    場合によって7mmのリングをつけたり外したり面倒なことをやっていました。
    そこで先日気がついて14mmのリングを2個つなげてみたら、
    無限ちょっと通り越すところから1m弱まで使えたので、これはいいです。
    (この中間リングだけでも結構なお値段なのがちょっと苦しい~けど)

    添付写真はデジカメにて、室内照明手持ち撮影でこんなに綺麗に
    撮れてしまうのはなんとも便利。手ブレ補正無しでも高感度のおかげで
    数枚撮ればどれかブレのないのがありますねぇ。

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) OM瑞光マクロ80mm 1:1と刻印があっても明るさではなく等倍撮影用ということで開放絞りはF4.0

  • 最近、他ごとがあって写真作成が間に合ってません。
    でも出かけると必ずカメラ持っていくので現像済み
    ネガはたまってしまう。積んどく状態(苦笑)。

    さてさて、最近気になった些細なことで…
    3~4週間ほど前に NHK-BS で「エヴァンゲリオン」なる
    アニメを見ていたら、軍隊の航空機同士が
    「ネオパン400」と「エクター64」というコールサインで
    交信していたのが楽しかった。
    画像のほうも良く見ていると瞬間ちょっとだけお遊びが
    入っていたりして、重箱の隅が好きな人には面白い
    アニメでしたねぇ。

  • 夕暮れ前の街角駐車場でちょっとシュールな写真。
    MEsuper、私のものは長時間放置したあとでシャッター切ると
    最初の1回はミラー上がりっぱなし、でも2回目からは普通に
    動くのでフィルム装填後カウントゼロから撮影出来るから
    特に支障はなかったのですが、なんか最近その不具合は
    起こらなくなって快調。 油切れを通り越してしまい、
    つっかえていた部品が磨耗してきたんでしょうかねぇ(笑)。
    まあ動くうちは使い続けますよ。
    ペンタMEsuper ISO160 77mm

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 夕暮れ前の街角駐車場でちょっとシュールな写真。 MEsuper、私のものは長時間放置したあとでシャッ

  • 自宅から駅までの途中、小さな空き地みないな畑にて、
    お気に入りのほんわか瑞光で遊んでみました。
    レンズ中央の画質のいいところを殺すライカタンバール風
    フィルタを久しぶりに使用してみたくなったので、
    迷わず一輪挿し構図でねぇ。
    でもなかなか生き生きとした写真だと自画自賛。

    OM2SP ISO160 瑞光50mm1:1.4 テレコンx1.5
    自作センタースポットND2フィルタ使用
    絞り開放AE

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 自宅から駅までの途中、小さな空き地みないな畑にて、 お気に入りのほんわか瑞光で遊んでみました。 レン

  • 1ヶ月程前に滋賀県に行って汽車見物。
    見物が目的のため、しっかり写真撮ろうとは思って
    いないのだが、そんなわけのわからないこといいながら、
    でもやっぱり持参ペンタックスSLとイエナパンカラー80mm
    にて1枚だけ撮影してしまった。
    田植えをしたばかりの田んぼの前景を少しボカしたいな
    などとその場で迷って絞り開けぎみf5.6にしたのが災いか、
    逆光でしまりのない絵になってはしまいましたが、
    なんか古本屋で買った昔の雑誌の写真みたいで、それはそれ、
    自分では面白がっています。
    添付写真は120mmレンズ程度にトリミングしています。

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 1ヶ月程前に滋賀県に行って汽車見物。 見物が目的のため、しっかり写真撮ろうとは思って いないのだが、

  • No.55コメントと同じ日の写真。
    背景の階段と花の重なりをもっと調節したかったの
    だけど大型三脚に重いカメラをドンとセットしてしまうと
    ちょっとでも位置を動かすのが大変、
    というか転倒の恐れがあるので危険。
    三脚立てる前にしっかり確認しなければ~
    という感じでした。
    ネガを最初にルーペで見たとき、構図と微妙なピントは
    さておき(微笑)、桜の枝が背景からうきうきして見えた
    のはちょっと感動でした。
    しかし画像アップ用にノートPCの画面で見たらいまひとつ
    ぱっとせず、こんなはずないと思ってデスクトップのモニタ
    (シャープ液晶TVのアナログPC入力)で確認しなおしてみたら
    そこそこ立体感があって良かったです。

    トヨビュー45G ロールフィルム6x9
    テレクスナー360mm ポートラ400 1/125 f11~16

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) No.55コメントと同じ日の写真。 背景の階段と花の重なりをもっと調節したかったの だけど大型三脚に

  • 桜の咲く時期、蛇腹カメラ6x9にて古い360mmレンズ、
    ノンコートだと思うけどうっすらとモノコートかも。
    深度が浅いので、これまで(といっても数回(微笑))
    f22~32程度に絞り込んで使ってきて、回折なのか
    何なのかわからないけど、なんか絵が気に入らなかったから、
    今回はf11ぐらいで撮影してみようかと。
    添付写真、まあ、こんなの撮るの?という意見もあるかと
    思いますけど個人的に絞りの選択的には、
    いい方向が見えてきたような気がしています。
    あと、浅い深度を考慮した絵作りの工夫がいりますね。
    彩りとしてはもっと若葉が欲しかったのですが
    わざわざ有給とってまで時期をねらうほどのものでも
    ないのでまた来年を楽しみにします。

    トヨビュー45G ロールフィルム6x9
    テレクスナー360mm ポートラ400 1/125 f11~16

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 桜の咲く時期、蛇腹カメラ6x9にて古い360mmレンズ、 ノンコートだと思うけどうっすらとモノコート

  • 桜の咲く時期、ひねくれものの私は
    蕾が膨らんだ頃と、葉桜を好んで写真を撮り、
    先日土曜日は大げさな蛇腹カメラに6x9つけて
    葉桜ねらいで出かけたのですが、まだまだ普通に
    お花見が可能な状態でちょっと残念ではありましたが、
    それでも120フィルム1本8枚撮りは撮影することに。
    カメラがでっかいので計画的に撮影しないと疲れる
    だけだから、まずはデジイチだけ持って現地を一回り
    適当に撮影してみたときの1枚が添付写真。
    桜じゃないけど、本命の6x9判よりも下見の写真の
    ほうが面白い場合もあるかも(笑)。
    6x9判はネガ現像待ち、多重露光の失敗は無いと思うけど、
    絞るのを忘れて極端なオーバー露光になっているのが
    1枚あるのは確実~(苦笑)

    ペンタ*istDs 77mm ISO200 1/2000 f4 Mモード

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 桜の咲く時期、ひねくれものの私は 蕾が膨らんだ頃と、葉桜を好んで写真を撮り、 先日土曜日は大げさな蛇

  • >>51

    「光華寮」そんな物件だったのですね。
    道理で朽ちるままに放置されているわけです。
    高性能の最新レンズも面白そうですね、昔は道楽して
    骨董品レンズをいくつか購入したりしましたが、今は、
    おいそれと高価なレンズを入手できませんねぇ(苦笑)

    私はたまにネーチャンフォトのときは600万画素APSデジイチ
    *istDs で、とにかく表情が第一なので沢山撮ります。
    AFは使い物にならないのでMFでピントリングをせわしく
    ぐりぐり回しての撮影は結構楽しいです。
    友人のフルサイズキヤノンの画像と比べたら、やはり見劣り
    はするのですが、ケンコーの「ブラックミスト」フィルターが
    私のお気に入りで、それでごまかしをきかせています。

    添付写真は私の好きなライカヘクトール73mmにて
    奈良は薬師寺そばの秋篠川です。
    ノンコーティングで内面反射ぎみなのが原因のひとつかと
    思っていますが、絞っても繊細な感じに写るところが好きです。
    コシナの75mm1:1.8が3群6枚のほぼ同じ構成となっていて、
    とても興味があり、現在私が欲しいレンズの最右翼です。

    キヤノンP ヘクトール73mm ISO160

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 「光華寮」そんな物件だったのですね。 道理で朽ちるままに放置されているわけです。 高性能の最新レンズ

  • >>47

    このNYCの写真ですが、ツァイスの力がよく出ていると思います。発色も諧調も最高。(これではよくわかりませんが立体感もコントラストも最高です)。プラナーはコダックが主張するように35㎜フィルムは4切35㎝観察を前提にするなら何の問題もありません。MTF10本のラインだけを考慮したらいいからです。ベルビアの40本のラインが丁度70%くらい。この辺がフィルムの限界です(エクターはもうちょっと高い)。しかしデジタルのように畳サイズ伸ばしが簡単にできるようになると、欠点が明瞭になります。プラナー50/1.4はMTF40本であらわされるような細かい部分のコントラスト再現性=解像度に問題を抱えているのです。

    それゆえ、今のツアイスレンズは解像力優先、というか素材技術が進化した結果コントラストも解像力も両方とも高い水準を実現できるようになったように見えます。

    とはいえフィルム時代のツアイスでも現行品とはりあえるものもあります。例えばSonnar85/2.8、解像度は300本近くあり、これを超える一般撮影レンズを見たことがありません。(Otusで356PPMと半分くらいです=解像度1本で2ピクセルですから)Planer85/1.4も2段絞れば同等の画質になりますよ。(ものを撮ったら目に見えないホコリまでうつる)

    写真はP85/1.4二段絞りです。X.40に縮めてますのでわかりにくいのですが、3つ目の切れ目にピントがあっており、ほこりが見えます。これは肉眼では見えませんでした。

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) このNYCの写真ですが、ツァイスの力がよく出ていると思います。発色も諧調も最高。(これではよくわかり

  • >>44
    おお、光華寮、20年くらい前に台湾と大陸のどちらが所有者か争った建物です。これだって歴史的建造物ですよ。

    今のレンズは、非球面レンズや異常低分散ガラスレンズが安く精度よくなったし、コーティング技術も良くなったんでしょう、レンズをいっぱい使うようになった。で、開放からものすごいピントです。Otus(ていうとZeiss の新しい旗艦れんずですが)でネーちゃん撮ると開放から肌荒れも毛穴も産毛もグキッとうつります。あんまりすごいんで、ちょっとした騒ぎになってるみたいですよ。F1.4開放のMTFが全面98%近い!85/55/28の三本で140万円ですけどね。MFだし。これに近いのはコンタックスにもあって、55/1.2や85/1.2がそうでした。値段も同等でもちろん買えません。

    デモネエ、写真が現実をモンタージュしてきて紙かディスプレイの上に移動させるだけの手段なら、別に現物を見るのと何ら変わりありません。なにか足すか引くかしないと。なら、レンズ性能が悪いってのも味のうち、使いようだと思います。(ちょっとやせ我慢気味なんはみとめますが)

    ペンタ50/1.7は持ってまして、プラナーと違って開放からカリカリだったかと。アダプター買ってきたんで復活させようともくろんでます。

    プラナーで撮ったNYC出します。こういう湿った秋の色はデジではなかなか。まるで奈良ですけど。

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) >>44 おお、光華寮、20年くらい前に台湾と大陸のどちらが所有者か争った建物です。これ

  • 私は基本ペンタックス党ですが、
    50mm1:1.4で、現在持っているレンズは
    OMズイコーとMライカのズミルクスだけです。
    今は昔の学生の頃はペンタのM50mm1:1.4を使っていましたが、
    何を撮ってもいまひとつという感じでしたね。
    コンタックスでプラナー50mmをちょっとだけ使ったこと
    がありますけど、絞り開放あたりで撮影した画像を拡大
    してみるとソフトレンズみたいな、ある意味、
    いい感じの味かある(笑)絵ではありました。
    OMズイコー50mm1:1.4は収差バリバリの楽しいレンズで手放せません。
    1.5倍テレプラスで収差ボケも1.5倍にして楽しめます。
    ズミルクスM50mmは開放でも絞っても自分の気持ちに合った写真が
    撮れるとてもいいレンズで、たまにゾクっとするような絵が撮れます。
    そんなこんなで、どうも一眼レフ用レンズは設計上の制約が多くて
    画質が歯がゆいような、あくまでもイメージですがそんな気がしています。
    でも、機械いじりが好きでカメラやっていますので、きまぐれに
    いろいろ使っています。

    上記と無関係ですけど、添付写真は京都大学そばで見かけた物件。
    たぶん学生寮のようなそんな建物だと思います。
    撮影時に少し見上げているのでネガ上では上すぼまりなんですけど、
    デジタルアオリをきかせました。
    マンション広告のパース画のようにまっすぐ垂直に立ててもみたけど、
    ちょっと不自然かなと思い、少しだけ上すぼまりに戻してあります。

    ペンタMX K30mm ISO160 f11 1/60 程度

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 私は基本ペンタックス党ですが、 50mm1:1.4で、現在持っているレンズは OMズイコーとMライカ

  • スキャン終了しましたが、やっぱりフィルムは色がいいですねえ。高い暗い手間がかかるの3重苦を乗り越え、フィルムをやり続けるぞ、と決心がつきました。色はRGBでできているわけで、フォトレタッチで作れそうなもんですが、合成では発酵食品の味を絶対に再現できないのに似てますね。

    でも当時、写しまくっていたプラナー50/1.4は、スキャンしてみるとボケボケです。等倍観察には耐えられない。良像を得るためには4段絞る必要があるみたい。同じプラナーで同様に開放ボケボケでも85/1.4は2段絞れば素晴らしいんですがねえ。(焦点移動がデカくて開放測光のフィルムカメラでは4段絞らないとピンが深度に入ってこない。デジは絞り込み測光ですから、レンズの能力を生かせます。)

    今ではもっぱら50/1.7のほうです。

  • >>41
    「写真は切り取りだ」(現実の一部をそのまま切り取ってくる)という意見があります。写生を主とする俳句と同じで実際に俳句作家は写真愛好家が多いです。おれは写生という思想に我慢がならず俳句を捨てた人間ですから、「写真は表現だ」「写真は抽象だ」という意見に賛成したいです。

    さて、絵画と比べると写真の表現の幅はかなり少ないのですが、こればかりは絵画が逆立ちしても勝てないリアリティとぼかし・色とならんで言葉や観念を参照するというのは有効な方法です。先のブルネット氏はその点すごいです。普通スポーツ写真というと、選手の一瞬を切り取る。これは機材の進歩もあって、だれでも割と簡単にできる。でもそれでは写真五輪の金メダルは取れません。ブルネット氏は例えば五輪のカメラマン席から4x5の極端に薄い深度を使用して次のような写真を撮ります。「走者が一人スタートラインについている。ところがピントはあっていない。ピントはうしろの観客席にあっていて、そこは超望遠レンズで埋め尽くされている。」ちょっと衝撃的でした。観念が入れ子になっていて、なんだかベラスケスのラスメニーナスみたい。

  • >>40

    誰かの写真に似ているといえば…
    行きつけのカメラ店で置いてある「日本カメラ」2月号を見ていたら、
    黒塗りの車を横から見た森山大道さんの白黒写真が載っていて、
    ちょっと似てるな~と思ってしまいました。
    もっとも、私の場合は、
    ただ形が面白いというだけの動機ですけどね(苦笑)。

    ペンタMX M40mm ISO160 f16 1/30 程度

    フイルムカメラ日記 (たまにデジカメ) 誰かの写真に似ているといえば… 行きつけのカメラ店で置いてある「日本カメラ」2月号を見

  • <<
  • 68 41
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン