ここから本文です
  • <<
  • 10 1
  • >>
  • つけたし‥。症状が酷い時は、一時的に『思考停止』させてゆっくりとやすみます‥。無理はイカン‥。

  • ‥愚痴るとスッキリしますね。「王様の耳はロバの耳」‥独り言とはいえど、今度は前向き発言。人間は他の動物よりも脳が発達し過ぎて、苦しみも複雑に深化してしまったように思います。エデンの園からの追放。パンドラの匣。でも、感情が複雑に発達しているから喜びも多様化して奥深い。苦しみを複雑に感じる分、喜びも沢山味わえる。醜いけれど、その分、美しい行為に接すると感動も深い。『思考停止』させてしまうとそうはいかない。苦しくても、自分を憐れんでばかりいないで、出来る事をひとつひとつ丹念に心を込めてやり遂げていきたいです。失敗しても、出来が悪くても、『改革』ではなく少しずつでも『改善』していきたいとおもいます。しかし、それも『平和』があってこそ‥。一人ひとりの『思考停止』が『平和』を壊してしまわないように‥。私も逃げずに、人間であることを恥じる事のないように、自分に出来る事をコツコツとやっていきたいと思います‥。人間万能主義は危険ですが、努力は美しいと思います‥。

  • そのケースはその糞やろうの上司に何が何でも電話をつながせて、ありのままを伝えて報復すべきでしょう。ストレスはためると自分の精神と身体をむしばみます。あくまで合法的にやってやりましょう。

  • 私「障害者手帳を持っているんで、利用したいんですけど」

    相手(女)「どこが悪いのか?」

    私「区の『障害者のてびき』を見て電話してるんで、『どこが悪いのか』はないでしょう」

    相手「障害の場所によって違うから聞いたんです」

    私「精神障害者手帳を持ってるんです」

    相手「では手紙を送るので、手帳をコピーして送ってください」(早口で言って電話を切ろうとする)

    私「ちょっと待ってください。申込書に書いて、手帳のコピーと一緒に送るんですね?」(確認するのは当然である)

    相手「そうです」(電話を切ろうとする)

    私「ちょっと待ってください。暗証番号を登録するって見たんですけど」(後で考えてみたら、これはNTTのHPで自分で調べた知識であった)

    相手「そうです。暗証番号を書いてください」(ガチャ)




    この女は、「どこが悪いのか?」と失礼な質問をした上に、説明を全くしようとせず、自分の名前も言わなかった。

    よくNTTの対応が悪いので、イタズラをして捕まるものがいるが、気持ちはよくわかる。

    確かに、身体障害者手帳では視覚障害1~6級または肢体不自由1,2級、戦傷病者手帳の場合は視力の障害特別項症から第6項症または上肢の障害特別項症から第2項症と制限されている。

    しかし、愛の手帳と精神障害者保健福祉手帳の場合は無条件で認められることになっている。

    このような場合、まず手帳の種類を聞き、もしそれが身体障害者手帳または戦傷病者手帳の場合、

    「失礼ですが、どこがお悪いのですか?」

    と丁寧に聞くのが、当然のマナーである。

    この女は、そのような礼儀をわきまえず、説明もろくにせず、口答えをした上に、自分の名前も言わなかった。

    これで、「ふれあい案内」という美名を名乗っているから呆れ果てたものである。

並べ替え:
古い順
新しい順