ここから本文です
  • 私の会社には、中国出身(まだ中国国籍)で、正社員で働いている41歳の女性がいる。日本人の年の離れた男性と結婚し、一人息子がいる。性格は可愛らしい人なのだが、親戚の結婚式に出席するからと、他の社員の人に(体格も年齢も近い)ワンピースを借りて、結婚式後にはクリーニングを出して返却したらしいのだが・・・。返却されたワンピースを貸した人の反応と言ったら・・・。腰の部分のリボンは、ゴムで一つの輪っか状のリボンになっているのだが、ワンピースが戻ってきたときには、輪っかの一箇所が完全に切られていて、ホックを取り付けられ、長さを調節されていた。貸している間は、少し長さが合わないからちょっと調整したと言っていたのだが、貸した側によれば、着物の簡単な裾上げ程度で、また糸をほどけば元に戻るのもだと解釈していたみたい。でも、返却されたワンピースを見たとき、完全に改造されていてびっくりしていた。貸した子は、まだ一度も袖を通していなかったらしい。これって、お国の違いなのか・・・。普通、勝手に改造するのはあり得ないと思う。そして、今春、また他の結婚式に出席するらしく、そのワンピースを貸してと言ってきている。私は、ワンピースの持ち主に「格安でその子(中国人)に売っちゃえば?」と提案中。

  • <<
  • 11 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン