ここから本文です
  • <<
  • 8 1
  • >>
  • (昨年 2015/06/08-11:54)の記事
     年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)、超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」に事務所を移転する方針、豪華すぎるとの批判も

     公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は8日、2015年度中にも東京都港区虎ノ門の超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」に事務所を移転する方針を固めた。オフィス機能が充実した東京都内でも一等地のビルに移ることで、金融の専門家など優秀な人材の確保にもつなげる。

     虎ノ門ヒルズは14年6月オープン。地上52階建て、高さ247メートルで、商業施設やレストラン、外資系高級ホテルなどが入居している。運用成績が低迷した場合は、「政府関係機関の事務所として豪華すぎる」との批判が出る可能性もありそうだ。

    ※昨年の記事から、
     この独立行政法人がどれだけ酷いかが分かる!!

  • (昨年 2015/06/30-19:30)の記事より

    公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は30日、2014年度の報酬の支給状況を公表した。三谷隆博理事長の年間報酬は2148万円で、前年度(1721万円)から427万円増えた。給与は1445万円、賞与は515万円で、その他は通勤手当など。

     理事長の報酬が増えたのは、GPIFが資産運用の専門家を迎えるため、今年1月に幹部の待遇を引き上げたことが要因。三谷理事長の報酬額は年間ベースで約3100万円に上がったが、新報酬体系は1月以降に適用された。

  • 役員
    2016年(平成28年)4月1日現在
    理事長:髙橋則広(元農林中央金庫専務理事)
    理事(総務・企画等担当):藤原禎一(元厚生労働省社会・援護局総務課長)
    理事(管理運用業務担当兼CIO)水野弘道(元英国コラーキャピタル(英語版)パートナー)
    監事(常勤):吉江純彦(元新日本製鐵海外営業部海外事業グループリーダー)
    幹事(非常勤):小宮山榮(イマニシ税理士法人公認会計士)

  • 年金積立金管理運用独立行政法人 HPより

    理事長 髙橋 則広
    (平成28年4月1日)
    昭和55年3月:東京大学法学部卒業
    昭和55年4月:農林中央金庫入庫
    平成6年7月:     同    総合企画部部長代理
    平成11年7月:   同    長崎支店長
    平成13年7月:   同    企画管理部副部長
    平成13年12月: 同    企画管理部副部長兼JA基盤対策班
    平成14年2月:   同    企画管理部副部長兼経営対策班
    平成14年4月:   同    企画管理部副部長
    平成15年6月:   同    総合企画部副部長
    平成16年6月:   同    総合企画部副部長兼グループ戦略  室長
    平成16年7月:   同    総合企画部副部長
    平成17年6月:   同    債券投資部長
    平成18年6月:   同    開発投資部長
    平成19年6月:   同    常務理事就任
    平成23年6月:   同    専務理事就任
    平成27年6月:   同    専務理事退任
    平成27年6月:JA三井リース(株)代表取締役兼社長執行 役員就任
    平成28年3月:          同              代表取締役兼社長執行 役員退任

  • ”年間報酬トップ、5兆円の損失を出したGPIFの3,130万円に”
    ↑ 可笑しいの2乗だろうよ!
    頼みもしない株運用で血税を失っておいてこの金額・・・・・
    人をコケにしてんのか(怒)

  • 独立行政法人役職員の給与水準によると、理事長らトップの年間報酬が最も多かったのは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の3,130万円だった。

    ※責任を取らず国民の未来を奪う独立行政法人

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ