ここから本文です
  • <<
  • 10 1
  • >>
  • カカア天下。
    結構、結構。
    良いじゃないですか。
    我が家は亭主関白(世間体では)

    まずは趣味を持たせてのめり込ます。
    自分も浪費すれば私にもお流れが・・・・・。
    そんな感じでやっておりますが。

    結婚以来40年。とにかくお金を扱ったことが無い小生。
    銀行もカードも携帯も使い方すら分からない。
    すべてかみさん任せ。
    カカア天下ってある意味楽でしょうがない。
    掃除、洗濯、食事の用意まで・・・・・。
    お返しに時々、背中を流してやるくらい。

    お互い足りないところをカバーする。
    共同生活だから作業も分担かな。

    仕事さえさせてくれれば、後はすべて任せている。
    子供中心の生活をしてきたから、夫婦は・・・・なんて
    考える余裕が無かったのも確かです。
    離婚! やめたほうが良いよ。
    得るものより失うものは考えている以上に大きいものがあるから。

  • >>7

    お早うございます
    人間は一人で生まれません。縁あって交わって誕生します。それからと言うもの手塩に無常の愛で育てられて今います。
    カンガミテ知る伝承の生き方すべきと思います。

  • >>5

    Jについて回答しておきたい

    例えば夫婦不和の原因は様々、その直接的因子ではなく、間接的因子に対して、共通の敵とする

    より具体的には、
    お互いにすれ違いの生活が続いている。その主因は仕事に忙殺されている
    しかし、その主因である仕事は世帯を維持するために必要なものであるから敵対できない
    では、その主因を担う上司や仕事の請負・受注先を「敵」にすれば良い

    一番敵にしやすいのは、ご近所。
    概して近所付き合いにはトラブルが付き物。そのトラブルの原因たる事象を「共通の敵」として、夫婦で協同・共同できるようになれば、結びつきが形成・維持しやすい

    ちなみに、Cの件は、お互いに問答できない状況であることが原因なのだろうが、
    その程度の夫婦関係でも良いと思われ

    逃げ道なのだが、居宅にひと部屋でも逃げ場所が必要とも言える
    一つ屋根の下であるにも関わらず、生活空間は隔離される・・これだけでも体裁は整った夫婦であるが、他人としての生活があることで余裕が出来るので・・物理的に困難かもしれないが

    とりあえずは、”夫婦はこうあるべき”って考えがあるだろうから、それから捨てることを強く推奨しておきたい

    あ・・そうそう。これは指摘しておくね

    ”子供のために離婚しない”とか口外してはならないよ
    そんな言説をすることは、子供の居場所を奪うようなもの
    「子供のためには離婚もある」という前提で、離婚は検討するべきもの
    『子は鎹(かすがい)』ではあるが、その”鎹”に夫婦関係を維持するのは無理だと思うので

  • A・・・2人います。
    B・・・言うより、既に行動としている
    C・・・何度か渡したり、その都度無かったことに
    D・・・両方片親で、何度か相手方の親には相談済み
    E・・・同性の親友宅が現状の逃げ道
    F・・・思いやり、むしろ感じれないし向こうが押し付けてる感がある
    G・・・愚痴は相手からは仕事や自分の家族(親や兄弟)に関わる言葉ばかり
       自分は、極力口にしないようにはしている
    H・・・基本、自分ができないからという気持ちで結果的に頼っている面が強い
    I・・・新しい考えとして覚えておきます
    J・・・例えばどんな?

    以上が今の現状での回答

    ちなみち、自分の親との同居
    自分も優柔不断ながら、相手は有言不実行(言葉と態度だけは誰よりも大きい・・・体型も)

  • ”夫婦はこうあるべき”という夫婦肖像にこだわらないこと・・かな?
    色々な夫婦があってそれでいい・・自分の描く夫婦肖像に拘らずに、楽に生きれば良いと思うが

    というか、配偶者は所詮は他人

    お互いご都合主義に利用したり、利用されたり、理解したり、されたり・・そんな関係でも良いのでは?

    ってか、長続きさせることに、こだわらない方が良いね

    もっとも、子供がいれば話は別だろうけどね

    ①実質的には別居状態

    ②お互いにお互いの生活に必要最低限だけ相互干渉するだけに留める
    ただし子供の問題は別

    ③配偶者の両親とは仲良く。自分の親よりも相手の両親の方が夫婦維持には必須
    極論すれば、自分の両親を仇にしても良いw
    相手の好きな食べ物を掌握すること

    では具体的方法を

    A:子供を作る
    B:喧嘩して逃げる・辛くなったら”(相手の)実家に行かせてもらいます”を言う
    C:自分の名前・押印のある離婚届を相手に渡しておく
    D:辛くなったら、相手の実家に相談する
    E:逃げ場所を用意する(愛人はダメだよ)
    F:思いやりを押し付けない
    G:愚痴は相手にこぼさない。ただし、他人に愚痴るのは、推奨w
    H:相手に期待しない
    I:夫婦だと思わず、共同生活者だと思う
    J:共通の敵を作る。

    そんな感じだねぇ・・・結婚してそろそろ8年目に過ぎない覚めた夫婦の事例で良ければどうぞ・・・

    ってか、離婚しちゃえば?
    再婚できるようなら再婚すれば良いだけでしょ?

  • >>1

    こんにちは。

    >自分は妻の考えを尊重しつつ、意見を受け入れてもらいたい。

    これは結婚維持のためにですか?
    それとも離婚の条件の事?

    離婚したいのか、改善して行きたいのか良く分からないっす^^;

並べ替え:
古い順
新しい順