ここから本文です
  •  4年前に購入した東芝のブルーレイレコーダーが、最近突然DVDのディスクを受け付けなくなりました。DVDのディスクは再生も録画もできません。ブルーレイのディスクは正常に使えます。保証はメーカー1年、販売店2年の計3年あったのですが、それも過ぎてしまい、仕方なく販売店を通じて修理依頼したところ、「ディスクの読み取りレンズや回路の不具合で、交換・修理代の見積もりは約29,000円」とのこと。

     あまりにも高いので修理はキャンセルしました。4年くらいでこんな不具合があるのは癪です。しかも、ちょうど保証期間がすぎたところで------。

     実はこの東芝のブルーレイデッキ(レグザ)、購入して数か月でディスクのマウントの開閉ができなくなり一度修理しています(その時は保証期間内)。市販のDVDが見られず本当に残念です。メーカーには申し訳ないが、欠陥商品ではないのかと思います。それとも、そもそも電化製品とはそんなものなのでしょうか。同じような体験をお持ちの方、どうかご意見やアドバイスをお寄せください。

  • <<
  • 11 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!