ここから本文です
  • <<
  • 885 864
  • >>
  • 岡野俊一郎氏がお亡くなりになりました。
    昔は(当時は数少ない)サッカー中継と言えば、このひとが解説者でした。
    独特の落ち着いた話しぶりが大好きでした。
    実家が高名な和菓子屋で、そちらの業務もありながら、日本サッカー協会会長、JOC理事、IOC委員などを歴任。
    日本スポーツ界に多大な貢献をしてくださいました。
    ご冥福をお祈りします。m(__)m

  • とうとうワールドカップ本大会出場国枠が増加・・・
    個人的には大反対です。むしろ現状より減らしてほしい。
    フランスやオランダでも予選で敗退することがある・・・それこそがワールドカップだと思ってました。

    自分が見たいのはレベルの高い試合。
    日本が予選勝ち抜けなくても、それはそれで仕方ないこと。

  • EURO2016

    考えてみればポルトガルも人口は約1,000万人。
    大航海時代に世界をリードしてきたとはいえ、面積も含めて小国ですね。
    ただ、サッカーは昔からさかんで、クラブチームでもSLベンフィカ、FCポルト、スポルディングPCなどはレベルが高いです。

    1966年にはモザンビークの黒豹と呼ばれたエウゼビオを擁してワールドカップで大活躍。(釜本邦茂氏が憧れたことで有名な選手です。)
    1980年代にはルイ・バロシュ、フットレといった好選手を擁して好チームを作ってます。

    そして1991年には有名な黄金世代・・・ルイ・コスタ、フェルナンド・コウト、パウロ・ソウザ、ジョアン・ピント、そしてルイス・フィーゴという素晴らしいメンバーでワールドユースで優勝してます。
    ただ、この年代を持ってしてもEUROやワールドカップでは大活躍とは行かなかったんですが・・・。

    クリスティアーノ・ロナウドは、ポルトガル念願のビッグタイトルを手にすることが出来るでしょうか!?(^◇^)

  • EURO2016

    小国のアップセットが話題になってますが、まあ、アイスランドは自分も驚きました。
    人口少ないのは知ってましたので・・・(^◇^ ;)

    一方で、ウェールズはそれほど驚くことではないですね。
    ワールドカップも出たことないし、EUROも初出場ですけど、ウェールズはもともとレベルの高い選手はいましたからね。
    ベイルの前はライアン・ギグスが有名ですし、80年代後半から90年代はイアン・ラッシュ、ソーンダース、マーク・ヒューズの3人のFW、GKサウスオール(この選手は当時、ルート・フリットが”彼こそが世界最高のGKだ!”と絶賛したことで有名です。)が居ましたから・・・むしろ、ワールドカップとかに出られないのが不思議でしょうがなかったです。(^◇^ ;)

  • 全日本大学野球選手権二日目、九産大ー日体大観戦中。

    九産大・草場(3年)は143~148のストレートで押しまくれば、日体大・松本航(2年)も141~144キロのストレート中心に良い立ち上がり。
    この二人は来年、再来年のドラフト候補ですな。


    今年は前評判高かった投手のいる大学があまり出られてないんだけど、良い投手はいるなぁ。
    一日目に登場した投手も、好投手がけっこう居たみたいだし・・・。

  • EURO2016、6月10日から7月10日までWOWOWで全試合放送です。
    それにしても、本大会参加国が24カ国に増え総試合数が50試合とか・・・一昔前のワールドカップの規模です。

    さすがに拡大しすぎでしょうww
    EUROのある年はオリンピックもあるのに・・・。
    さすがに全試合は追いかけられないので、予選リーグは目玉カードだけ視聴、ダイジェストで確認ってことになりそうです。(^◇^ ;)

    徒然なるままに( ^^) _U~~ EURO2016、6月10日から7月10日までWOWOWで全試合放送です。 それにしても、本大会参加

  • >>859


    えーとですね。
    貰いっぱなしではなく、自発的に義理のお菓子も渡していますよw
    (自発的な義理チョコ、なんて日本語あるのでしょうか?w)

    これは、
    "4人の女性友人たちに渡した義理のお菓子を「 uccも食べなよ♪ 」と言われ、1種類ずつお裾分け頂いている図"
    です(^^;;

    少し間隔が空く(可能性が高い)ので、時季外れになる前にこのネタを
    出しておきました。

    徒然なるままに( ^^) _U~~  えーとですね。 貰いっぱなしではなく、自発的に義理のお菓子も渡していますよw (自発的な義理チョコ

  • >>877

    日本代表も改めて載せないといけませんね。
    日本は堂々の準優勝、銀メダルでした!

    初出場が5人中3人(吉田姉妹、鈴木夕湖)。
    緊張してもおかしくない中で、常に笑顔で伸び伸びプレーしていました。
    今考えると、予選リーグ初日が vs Finland , vs Italia という、
    比較的勝ちやすい2チームが相手だったのが大きかったです。

    逆に言えば、初日に強豪国と対戦して2連敗スタートとなってから
    立て直して予選通過となれば、(日本に限らず)相当にメンタルが強いと言えるでしょう。

    カーリングの現地観戦というのは、TVでは伝わりにくいですが、
    1日のうちで
    第1試合 8時~11時
    第2試合 13時~16時
    第3試合 18時~21時
    のように組まれていて、自分たちの試合は第1と第3試合、のように
    組まれることもザラで、体調管理がとても難しいんですよね。

    現地観戦もそうです。
    僕も何度かカーリングの現地観戦に行った事がありますが、
    時間を潰すのが結構大変です(^^;
    だいたい、会場は都市部から外れているので、近くに娯楽施設もありません。
    あと、試合は冬がほとんどなので、外は寒いです(当たり前ですがw)。

    今回の日本代表は藤澤五月が元中部電力のスキップで非常に攻撃的な作戦を
    とっていました。
    簡単に言うと、ハイリスク・ハイリターンで、大量得点も出来るが大量失点もしやすい、
    という事です。
    予選で Scotland や Canada 相手にギブアップ勝ち(試合途中でのコールド勝ち)が
    出来たのはそのためです。

    ただ、これも上記の試合スケジュールに充てて考えると、予選に関しては
    「負けるなら早くに負けた方が次の試合への休養に時間を使える」
    と考えることが出来るかも知れません。
    合理的と言えば合理的ですね。

    Scotland や Canada がギブアップ負けをしたのは、その考えもあったのでしょう。
    (もちろん、カーリングはフェアプレーを重んじる競技なので、潔く相手の
    勝ちを認める精神の部分が大きいのですが)

    男子の日本代表は3位決定戦に敗れ4位。
    スペースの都合で簡単に書きますが最後の日本のショット、
    タイムアウトを取らずに投げた方が確率は高かったですね。
    チームメイトはドローショットの作戦で一致していたし、手元の力加減が非常に大事な場面で1分間の間は不要でした。

    徒然なるままに( ^^) _U~~ 日本代表も改めて載せないといけませんね。 日本は堂々の準優勝、銀メダルでした!  初出場が5人中3人

  • >>876

    2016年 女子カーリング世界選手権

    第2応援チームの Russia は、3年連続となる3位。
    銅メダルです!
    (場合によっては Denmark が第2応援チームになるのですが)


    競技中に髪をアップにしている選手が表彰式でロングに戻していたり
    私服だと別人に見えるのも、女性アスリートならではと感じます( *´艸`)

    こうして見ると、Berlitz のロシア語講師で language center に普通にいそうですねw

    徒然なるままに( ^^) _U~~ 2016年 女子カーリング世界選手権  第2応援チームの Russia は、3年連続となる3位。 銅

  • >>875

    日本の放送で、表彰式まで流したのは今回が初めてでしたね。
    (日本が4位以下なら表彰式までは放送しないので)

    これも、今回の日本の快挙の一つと言っていいでしょう!

    それにしても、カメラ目線ではない選手が多すぎですね(^^;

    徒然なるままに( ^^) _U~~ 日本の放送で、表彰式まで流したのは今回が初めてでしたね。 (日本が4位以下なら表彰式までは放送しない

  • >>870

    2016年 女子カーリング世界選手権







    日本は決勝戦で Switzerland に敗れましたが、堂々の準優勝!
    男女を通じて、オリンピック・世界選手権のような大会での銀メダル獲得は
    史上初です(*^^)v
    世界選手権2連覇中の Switzerland を相手に素晴らしい戦いぶりでした!

    世界ランキングも、6位にまで上がりました。
    ここまで世界ランクが上がるのも、男女を通じて日本史上初です!
    これが凄い。
    ランキング表を見ると、その凄さが分かります。

    なお、Canada チームの エイミー・ニクソンは2006年の
    トリノオリンピックで銅メダル.
    Switzerland チームのビニア・フェルチャー、こちらは2006年のトリノで
    銀メダルを獲得しています。
    (結婚前のビニア・べーリという氏名で)

    そして、その Switzerland チームでスキップを務めていたミリアム・オットの
    愛弟子のアリーナ・ペーツが、昨年の世界選手権で金メダルを獲得しています。

    以上、知っていたところで何の役にも立たない情報でしたw
    No.867の答えは、またの機会にでも(秋になるかも?)書きます。

    これで、彼女たちはオフに入ります。
    見応えのある大会をありがとうございました!
    ゆっくりと休んで下さい(^^)/

    徒然なるままに( ^^) _U~~ 2016年 女子カーリング世界選手権        日本は決勝戦で Switzerland に敗れま


  • 2016年 MLBが4月3日に開幕しました!

    ひいきチームの Pittsburgh Pirates は
    同地区(ナ・リーグ中地区)で最大のライバル
    St. Louis Cardinals(一昨年まで、5年連続でリーグ優勝決定戦に進出)
    を本拠地の PNC Park で3タテ、スイープ!
    嬉しいです(*^^)v

    MLBの全30チームで開幕3連勝をしているのは、
    Pittsburgh Pirates と Los Angeles Dodgers だけだというのに、
    日本のスポーツニュースでは Pirates はテロップのみの勝敗ニュースで
    ”映像は1秒も無い”という扱いの小ささ(^^;

    BOSの田澤のリリーフ失敗(逆転打を打たれ敗戦投手)は
    スポニューで5分以上流していたのにw

    まぁ、日本人選手が少なく(3人のみ)注目度の低いナ・リーグの方が
    僕は観やすくて好きですがw

    開幕戦に勝って、ナ・リーグ中地区優勝マジック161(※)を点灯させた Pittsburgh Pirates 、3連勝でマジック159にまで減らしました!

    ※マジックというのは、冗談で書いています。(一応w)

    徒然なるままに( ^^) _U~~  2016年 MLBが4月3日に開幕しました!  ひいきチームの Pittsburgh Pirate

  • >>871


    寒すぎて、屋内に移りましたww

    2/14のお返しは今日にしました〜。
    今日は2人分です(^_^;)

    徒然なるままに( ^^) _U~~  寒すぎて、屋内に移りましたww  2/14のお返しは今日にしました〜。 今日は2人分です(^_^;

  • >>869


    リーグ戦で Sweden の6連敗 ,
    Scotland や Canada が連敗でリーグ戦を終えるなんて、はっきり言ってあり得ない。
    新聞を見て
    「え!?」
    と声を出してしまいました。

    冗談ではなく、数チームが食当たりなどの体調不良でもあったのか?と思ってしまうほどです。
    (Sweden は40歳overの選手が多く、過渡期に来ている感はありましたが)

    世界ランクで格上の China が今回は出場出来ていないことを考えると、
    大げさではなく、今回の日本代表は数年に一度の快挙になるかも知れません。

    ちなみに、メディアでの扱いが小さいのでほとんど知られていませんが、カーリングの世界選手権は当然のように毎年出られるわけではなく、その前に行われるパシフィック選手権などの国際大会に上位入賞し続ける必要があります。
    世界選手権に出場出来ない年ももちろんあります。

    さらに、今回の代表のLS北見というチームは、北海道銀行や中部電力のような
    企業チームではなく、日本カーリング協会からの支援金など無く、リンクのレンタル費や
    遠征費諸々の活動費を「自分たちで」捻出しています。

    "競技選手として採用されている企業チーム"と違って、練習時間も限られています。
    チームメイトの勤め先も異なります。
    大げさに言うなら、有志のグループです。
    (LS北見は先日行われた日本選手権で優勝したので、"来年から"カーリング協会からの支援は受けられますが)

    そのチームが日本選手権(兼日本代表決定戦)を勝ち抜き、世界のTOP12が集う
    世界選手権で予選2位通過。
    プレーオフも勝ち抜いて決勝進出。

    これで、今回の日本代表がどのくらいの快挙なのかお分かりになって頂けますでしょうか。

    徒然なるままに( ^^) _U~~  リーグ戦で Sweden の6連敗 , Scotland や  Canada が連敗でリーグ戦を終

  • 2016年 女子カーリング世界選手権
    予選通過した4国によるプレーオフ
    (誰も読んで&観戦していないと思いますけどww)








    ◇Japan 4-8 Switzerland (Page 1-2 game)

    ◇Russia 7 - 4 Canada(Page 3-4 game)

    ◇Russia 5 - 7 Japan(Semifinal)

    Japan have reached the final !


    Switzerlandは、vs Japan の1試合に勝てば決勝進出。
    Japan は、Russia × Canada の勝者の勝てば決勝進出。
    Russia と Canada は、 Russia × Canada に勝ち、Japanに勝てば決勝進出。

    というページシステムによる順位決定戦で、Japan が世界選手権で初めて、
    決勝進出しました!
    (メダルが確定したということ)
    これ、本当に快挙ですよ!

    世界の5強 Canada , Switzerland , Sweden , Scotland , Russia
    と12か国で同じグループに入り、9勝2敗で予選2位通過。
    (勝敗数は1位 Switzerland と同じですが、直接対決で敗れているので)
    この時点で、充分凄いです!

    さらに、プレーオフで2位以上を確定。
    世界選手権で初めて Finalist になりました!

    いや、ですから本当に物凄いことなんですってば!
    観ている人はほとんどいないでしょうがw

    そうでも無ければ、僕が一昨日今日の中1日で textream に入って
    カーリングに関する投稿はしませんw

    徒然なるままに( ^^) _U~~ 2016年 女子カーリング世界選手権 予選通過した4国によるプレーオフ (誰も読んで&観戦していない

  • >>864

    今、海外サッカーリーグについては、リーガ・エスパニョーラのダイジェストを見るくらいで、あとはたまにチャンピオンズリーグのダイジェストを見たりするくらいで各国の順位を把握していませんでした。

    セリエAで、ナポリがそんなにがんばってるんですか!
    ちょうど自分がサッカー誌買い始めたころ、ナポリにはマラドーナ、カレッカが居たので強かったのですが・・・
    でも、こういうチームが強いのは面白いですね。

    プレミアリーグの首位がレスターってのもびっくりですね。
    マンUとかなにやってんだろ・・・。
    マルシャルとか凄い選手がたくさんいるのに。(^◇^ ;)
    ちなみにナポリが強かった頃、当時のイングランドリーグではリバプールが強かったです。

  • 2016年 女子カーリング世界選手権

    日本は5日目を終えて7勝2敗で1位タイです。
    1日に2試合ずつ、中1日で消化というハードスケジュールです。

    予選は12チームの総当たりで戦い、上位4チームが準決勝に進みます。
    予選が8勝3敗以上でしたら、準決勝に進めます!

    しかし、大会6日目はいよいよ

    ◇「百年に一人の天才」(小笠原歩選手談)と言われるイブ・ミュアヘッド率いる、
    ソチ五輪銅メダリストのスコットランド。
    ◇世界ランク1位でソチ五輪金メダルの、カーリング王国のカナダ。しかも、あのジョーンズが率いるチームを破ってカナダ代表になった強豪チーム。

    の、2チームと対戦します!


    再生・観戦がなかなか追いつかないので、準決勝以降にまた(時間があれば)書きます。
    今日のところは、この画像を。

    「これは、どのチーム?」
    「ストーンを投げている選手は誰?」
    「カーリングって、女子はウエアがスカートで競技をすることがあるの?」

    などなど、これ1枚でいろいろ感想があるでしょう(^-^)
    全て答えられる人は、かなりの通ですww
    (もちろん、検索機能など使わずに)

    チームと選手名に関しては、ヒントは
    「9」
    です。
    個人的に、かなり嬉しかったです( *´艸`)

    徒然なるままに( ^^) _U~~ 2016年 女子カーリング世界選手権   日本は5日目を終えて7勝2敗で1位タイです。  1日に2試

  • >>864


    『MLB』・・・前田健太に関しましては、ナ・リーグ中地区のvs STL、vs CIN 、vs CHC、vs MIL、で特に全力で応援致します(*^^)v
    (pittsburgh pirates がひいきチームですのでw)
    前田は、ナ・リーグに入って良かったのではないかと思います。
    ◇投手が打席に入るので、打ち取ることによってリズムを取りやすい。
    ◇前田自身がバッティングが好きということもあり、自らが打席に立つことによって
    気分転換もしやすい。
    ◇LA自体が温暖なので、特に投手にとって調整しやすい。
    (細かく挙げればまだありますが)


    『NPB』・・・コリジョンルールが良くも悪くも注目される点でしょうか。
    終盤の1点差というのは、リードとは呼べない点差になるかも知れませんね。
    そして、捕殺よりも刺殺を優先する局面も増えるでしょう。
    外野手(特にライト)の守備力と控え捕手がこれまで以上に重要になりますね。

    併殺崩しのスライディングは禁止にして欲しいと思います。
    足を払われる側は受け身も取れないですし、走者側は「仕掛け得」でしかない
    わけですから。

    日ハムの田中は併殺崩しのスライディングを受けて、CS(日本シリーズだったかな?)に
    出場出来なかったこともありました。

  • スポーツ記事 à la carte です(^^♪

    『セリエA』・・・リーグ戦も2/3強を消化しました。
    2位のナポリは、ユベントスとの直接対決に敗れて2位に落ちても、
    気持ちを切らさずに首位のユベントスに食らいついていますね!
    逆転優勝すれば、マラドーナ在籍時の89-90シーズン以来となります。
    紀行番組などを観ても分かりますが、ナポリでは、未だにマラドーナは英雄なんですね!
    (それならなぜ、90年W杯準決勝でマラドーナに罵声を浴びせたのかw)

    ナポリ目線ですと、残りの対戦相手はリーグ中位~下位のチームが多いのですが、
    トリノ、アタランタあたりは残留争いの佳境ですし、最終節が、残留争いをしている vs フロジノーネというのは厄介かも知れませんね。


    『プレミアリーグ』・・・何と言っても、首位がレスターであるというニュースですね!
    2位がトットナムというのも面白いです。
    ここ数年のアーセナル、マンC、マンU、チェルシーの上位常連チームたちに見慣れていたので新鮮な感じがします。
    レスターは、ここから少しづつプレッシャーがかかるでしょうが、いつも通りにプレー出来るかどうかですね。
    そして降格圏にニューキャッスルがいるのは寂しいですね。
    かつて、代表でもプレーしていたアラン・シアラーも在籍していたチーム。
    何とかプレミアに残留して欲しいです。


    『NBA』・・・いやぁ。GSウォリアーズ、強いですね!昨シーズンに殻を破った感じはしましたが、ここまで強くなるとは思いませんでした。
    プレーオフやNBAファイナルでも、5試合中の3敗、7試合中の4敗もしないのではないか?
    とも感じますね。
    ちなみに、レギュラーシーズンを残り11勝3敗(12勝4敗でタイ)でいけば、ジョーダンが居たころのシカゴ・ブルズの「NBAシーズン最高勝率」も更新します。

    挙げて下さったシュートコンテストですが、これは黄色人種には到底マネ出来ない
    バネと身体の柔らかさですよね(^^;


    「1996 BULLS ROAD TO 72 WINS」
    https://www.youtube.com/watch?v=Ab1MWkWT320
    相手も同じNBA一流プロのはずなのに、別カテゴリーの試合も観ているようですね(^^;

  • <<
  • 885 864
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順