ここから本文です
  • <<
  • 13 1
  • >>
  • >>11

    見る事は大切ですね。私は聴芸教室を主宰していますが、矢張り興味を持って色々見て回る人と、
    余りそう云う所に出かけない人とでは作る物の幅とアイデアが違います。
    私の所は普通の教室と違って、陶芸の基本だけみっちり教育します。
    基本を覚えたらもう卒業です。後はその生徒の感性とやる気です。
    感性は習うものでは無くて自分の心と頭に有る物です。教える事も出来ません。
    只感性の鍛え方は有ります。其れは陶芸に限らず他の物をよく観察する事です。
    他人のものに感動を受けて其れを真似して作るのでも自分なりにアレンジしてみる事です。
    然し基本は大切です。基本を知らずに作陶しても良い物は出来ません。
    基本は先人が考えた方法を次の人が改良し、又次の人に伝えられてこの方法が一番良いとされた事です。
    基本を無視する方は決して良い物は出来ません。
    彼のピカソの絵も最初からあのような印象的なものでは無く、若い頃の彼は殆どが基本を大切にして書いた写実的な絵ばかりです。
    基本をしっかり磨いてから自分の感性に従ってアレンジするのが正しい方法だと思っています。

  • 私も大分県で見よう見真似師匠無しで日々作陶しています、゜時間があれば有田、伊万里の窯元見学先週は萩焼の窯元見学に、自分の作風に会いました。現在工房近くの方達が唯一の師匠です。

    陶芸にはまつてます 私も大分県で見よう見真似師匠無しで日々作陶しています、゜時間があれば有田、伊万里の窯元見学先週は萩焼

  • 陶芸にはまっている・・・
    私もはまっています。はまりすぎて12年前にプロに弟子入りしてしまいました。
    もちろん、仕事はそのまま継続して、休みの日だけ・・のつもりで弟子入りしたのですが
    12年過ぎて、師匠が引退することになり、最後の弟子の私が工房を継承することに・・なりました。
    今は定年前なので、仕事の合間(休日)のみ工房に通う日々。
    12年経験して言えることは、たった一つ・・アマチュアの陶芸教室とプロの工房とは雲泥の差です。
    弟子は給料はありませんが、ほとんど只で勉強ができます。
    師匠の作陶展などの手伝いなどしていると、どんな作品が評価されるのか、よくよく分かります。
    さすが、プロは違います。
    7年ほど前に師匠の作陶展の片隅に作品を展示してプロデビューしました。
    一例ですが今、私のぐい飲みは平均して3000円ほどで売れます。
    すべて師匠のおかげです。
    アマチュアの陶芸教室に通っていたら・・どうなっていたのでしょうか・・・

    はまったついでに、プロの門を叩いてみてはいかがですか。
    ただし、中々弟子にしてくれませんよ。通うのです。何度も何度も何度も・・・
    さすがに最後は根負けして、弟子入りが許されました。
    今思えば、定年後の第二の人生を用意していたようにも思えてなりません。
    求めよ、さらば与えられん・・ですね。

    そうそう、展示会なんてくそくらえですよ。
    あんなもの、審査員の恣意的な見方でどうにでもなる。日展がいい例です。お金でなんとでもなることを示しています。
    純粋に作陶してたら、きっと誰かが見ていてくれます。
    がんばれ・・

  • 展示会なんかに出しても入賞はしません。入選は直ぐします。何故でしょう、
    新しい人に出来るだけ入選させないと一偏で飽きられてしまします。
    すると主催者としては出品料が稼げないのと、出品者が減る事でその展示会の
    価値が下がってしまうからです。だから入選は割合と簡単なんです。

    所が入賞となるとよほど有名な先生の主宰して居る陶芸教室の生徒とか、
    或いは審査員をしている先生の教室の生徒とかでないと入賞できません。
    これは陶芸に限らず、生け花展、絵画展、全て同じです。
    要はその様な先生方の意向でその教室の生徒の中から入賞者が決まってしまうと云う事です。

    もう一つは審査員の趣味、例えば陶芸でロクロで造ったものでキチッとした物を出品します。
    所が審査員が歪んだ器とかに思い入れが有ると良い評価は貰えません。
    この様に審査員の好みに依っても左右されてしまいます。
    だから作った物は自己満足で行きましょう。人は夫々好みが違い千差万別です。
    貴方が作った物が好きな人も居れば嫌いな人も居ます。
    自分が満足できれば其れが最高です。大勢の人に見て貰って皆に褒めて貰おうなんて思っては
    いけません。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 今日は
    陶芸は私も習っておりますが
    貴方様はどこで習っておられますか?
    結構高くつく趣味だと思いませんか?
    質問ばかりですみません。
    宜しく

  • 展示だけなら、郵便局や銀行の一角を借りてするのもいいかもしれません。地方の話ですが。
    自己満足の世界から引きづり落とされる言葉を聞くことが出来て勉強になりますよ。
    是非、展示して下さい。販売は、様子を見ながら、作品のファンを作ってからの方が良いかも。

  • >>1

    どんな物を作っているのですか。
    いろいろな処で陶芸展などやっていますよね。

    そんな処へ出品してみたらいかがでしょう。

    老人

並べ替え:
古い順
新しい順