ここから本文です

海水魚

  • 59
  • 1
  • 2016/01/10 22:34
  • rss
  • <<
  • 57 11
  • >>
  • スレッド名を海水魚・珊瑚へ変更したく、カテゴリーも間違っているので新たに「海水魚・珊瑚」を作成しました。
    そちらへ投稿宜しく願います。

  • サンゴを飼育するなら総水量で異なりますが90cm水槽なら1週間/総水量20~30%の換水が基本となります。
    目的は硝酸塩・リン酸塩の除去、イオンバランスの補正と補充です。
    スキマーがサンゴに必要な栄養分(微量元素・ヨウ素等)を1~2週間で除去する為、換水する事で栄養分を補充します。

    毎週換水出来ない場合は微量元素・ヨウ素等を添加剤で補充する必要があります。
    更にSPSやミドリイシを沢山飼育するならカルシウム・マグネシウム・ストロンチウム等が消費されるので添加剤を投入するかカルシウムリアクターで補充となります。

    という訳で換水はサンゴを長期飼育する上で重要な作業です。

    ちなみに我が家の場合は人工海水+RO水→人工海水+水道水+茶ゴケキラー→人工海水+水道水という経緯で今に至っています。
    90cm水槽なら換水での水質の変化はそんなに気にしなくても大丈夫ですよ。

  • 本日2体のミドリイシが届きました。
    レイアウトを一部変更しミドリイシが置けるスペースを作り配置。
    地味なミドリイシの中に色揚げされた綺麗なミドイリシがいると良いですね。
    草原に花が咲いたような感じになります。

    しかし、ピンクと白に色揚げされた綺麗なミドリイシを維持出来るのか、ちょっと心配になりました。

    別のミドリイシでほんの少し白化したところを発見。
    硝酸塩・リン酸・ヨウ素・KH・カルシウムは試薬で確認して問題ないので後は微量元素・アミノ酸・ビタミン等が足りないのかも。

    やはり換水頻度を上げるしかないので当面は毎週45ℓ換水を実施ですね。

    海水魚 本日2体のミドリイシが届きました。 レイアウトを一部変更しミドリイシが置けるスペースを作り配置。 地

  • 我が家で飼育しているクマノミペアのメスですが、水槽掃除で手を突っ込むと敵対行動をとります。
    手を突っ込むと近づいてきて一定の距離を置き、隙を見て噛みつきます。
    他の魚とトラブルもなく穏和な性格だと思っていましたが、こういう一面もあるんですね。

    明日はネットで購入したミドリイシが2体届きます。
    レイアウトどうしよう・・・

  • 人工海水のストックが無くなったのでネットで注文。
    その時に一緒に逆止弁を注文するかどうか悩みましたが、流量の損失が気になり未だ踏ん切りつかず。
    ヘタレだなぁと思う今日この頃。

    今飼育しているハタタテハゼペア?がいるのですが、一匹のハタタテハゼのおなかが少し大きい。
    もしかして卵?それともただの肥満?
    いずれにしても様子見で初めての経験ですが、これも海水魚の楽しみですね。

  • サンゴ&海水魚水槽ですが、玄関に設置しており、知人・業者等の方が来られて水槽を見ると驚きと感動されます。
    そういう時は少し嬉しいですが、以前 窓の修理業者が来られたら、その人もサンゴを飼育しているらしく、修理後はサンゴの話で1時間程話をして盛り上がりましたね。

    という訳で今のサンゴを更に綺麗にすべく精進するのでした。

  • ゼオビットは導入していないので効果はわかりません。

    今現在はベルリン+バイオペレットで硝酸塩・リン酸塩は0ppmをキープしつつ、カルシウムリアクター+定期的な換水+添加剤でミドイリシが維持出来るようになりました。

    クオリティーについては全然足りていないと思っていますが、目標の水槽を見つけて、なるべく同じような環境に近づけるようにサンゴ雑誌とネットで情報収集すると共にお金は使いましたね。

    【カミナリ事件発生】
    照明用のLEDが突然チカチカ点滅。
    ソケットを入れ替えても変わらず。
    保証期間内なので暫く入院です。

  • 今の水槽は立ち上げて1年です。
    それまでは60cm水槽でした。

    私の中でも理想の水槽があり、ゼオビット+T5蛍光灯を導入してミドリイシの色揚げをしたいですね。
    そういう水槽でインドニシキヤッコが飼育出来たら最高です。

    ところで水槽の写真を撮るのは難しいですね。
    照明の影響を受けるので色合いに違和感を感じます。
    良いカメラが欲しい・・・

  • プロフィールの画像をMy水槽へ変更しました。
    綺麗なミドリイシは高価なので安物で地味なミドリイシばかりですが、色揚げにチャレンジ中です。

  • ライブロックの交換は出来ません。
    ライブロックの選定ですが、自分の要望を伝える事は出来ると思いますが、結局はお店にお任せになるのでそれを受け入れるしかありません。
    それが嫌ならやはり直接お店へ行って選定するしかありませんね。

    先週は2件の事件がありました。

    【ウスコモンサンゴ傷害事件】
    子供が水槽内に苔取り用のヘラ棒を突っ込み、その際にウスコモンサンゴに接触しサンゴが欠ける傷害事件

    【トゲサンゴ殺人事件】
    ヤフオクでストアショップよりトゲサンゴを落札
    商品到着時にはRTN?の状態で4割程白化、白化の根本は苔も生えて瀕死状態。
    鑑賞には耐えられないし、RTNを水槽に入れたくなかったので処分。
    落札評価を非常に悪いにしました。

  • 質は良いです。
    写真通りですが、サイズは微妙に事なるかも。
    採りたてなのでキュアリングは1週間程度念入りにして、一個ずつ異物の付着がないか確認した方が良いです。
    後、ライブロックのLLサイズを注文したのですが、思っていたより大きくなく残念でした。

  • デスロックは購入しませんし、使いません。
    ライブロックの購入先ですが、ジェイズアクアリュウムというところで購入しています。
    下記サイト参照下さい。

    http://j-aqua.net/

  • こんにちは!

    ライブロックは海水魚店で2~3000円/㎏販売しているのですが、石灰藻が付着していないただのライブロックなので購入した事はありません。
    沖縄のお店で取れたばかりのライブロックをネット購入したり、オークションであったり様々ですが、5万円以上は使っていると思います。

    先々月より光量を強化する為にメタハラ150W→250Wへ買い替えしたのですが、電気代が3万円越・・・
    嫁さん機嫌悪いです。

    電気代節約の為、システムLEDの価格を調べると90cm水槽だと20万円くらいは掛かるので諦めました。
    それにワット数も340Wで以外に電力を使用するのであまりメリットは無さそう。

  • おはようございます。
    レイアウト変更は終わりました。
    大きなタワーを2個作り、更に天井を繋ぐレイアウトにしたかったのですが、結局 前のレイアウトに枝系ライブロックを盛ってる状態になってしまい、自分のセンスの無さに愕然としました。

    同じように作るにはライブロックに穴を空けてアクリル棒で固定しないといけないし、ライブロックも小ぶりなので元々無理なんですけどね。

    我が家の水槽はミドリイシだけでも12体いるのですが、ライブロックへ接着作業だけで結構な作業になりました。

    さて、ご質問ですが、ウールは戻しました。
    ウールがあるとウールそのものがろ材の役目になり硝酸塩の元になってしまう為、外したのですがろ過槽にデトリタスがすぐに溜まり掃除大変なので小まめ(週1回)にウールを取り換える事にしました。
    それにバイオペレットのおかげで硝酸塩は0にキープ出来ているので。

    次にライブロックの量ですが、23㎏くらいです。
    ベルリンにするなら全体水量に対して10%以上あった方が良いのでこれくらいの量になります。
    床砂も5cmくらい敷いています。
    なのでスキマーとポンプを止めると翌日には硝酸塩が発生しています。

    次に我が家の水槽はベルリンなのでスキマーのみですが、脱窒しているのかしていないのかわかりませんが、硝酸塩が徐々に増えてしまうのでペットボトルを使った自作のバイオペレットリアクターを設置。
    そのおかげで硝酸塩0ppmとリン酸塩は0ppmをキープ出来ています。

    そういえば、スキマーは同じHS-850ですよね。
    ろ過槽は2層式ですか3層式ですか?
    スキマーの配置によっても汚れの取れ具合が変わりますよ。

  • カルシウムリアクターのみでしたらオークションにて1万円で購入出来ますが、添加量の調整が難しかった事もありPHコントローラ・電磁弁・ミドボンと追加したので結局、数万の出費になりました。

    サンゴを飼育する上でネックになるのかヤッコです。
    ヤッコやチョウチョウウオはサンゴを食害します。
    最初はサンゴを突かずに安心しても、ある日突然突くという事もあります。
    従って、ヤッコを飼育している以上、常にリスクがあります。

    動画でサンゴとヤッコの両方を飼育しているのを拝見すると羨ましいですね。
    私もそんな水槽を目指しています。

    後、ソフトコーラルのみであれば今のシステムのままでも大丈夫だと思いますが、ハードコーラルも飼育するなら硝酸塩・リン酸塩を今よりも下げないと長期飼育は厳しいと思いますので、ベルリン式へ移行した方が良いと思います。

    さて、実は枝系のライブロックを購入したので本日、大幅なレイアウト変更を行います。
    レイアウトのセンスがないので丸一日掛かりそう。

  • 逆止弁ですが、評価(口コミ)の中に逆止弁が機能しなかった旨の内容があったので、それが少し懸念材料でした。
    もし、購入する予定ならその結果を教えて下さい。

    人工海水はマリンソルト 600L用を使用しています。
    送料込で3600円と格安なので。
    サンゴ飼育するならもっと良い人工海水を使用した方が良いのかも知れませんが、カルシウムリアクター(カルシウム・マグネシウム・ストロンチウム等)と添加剤も投入している事もあり、飼育上の影響もないので今に至っています。

    後、RO水は使用しておらず、家庭用の簡易浄水器に通した水道水を使用しています。
    普通なら茶ゴケが発生するところですが、スキマーで珪素を除去出来てる事もあり茶ゴケが発生しません。

    キッカケサンゴ(LPS)以外はソフトコーラルなのでリアクターは必要ありません。
    週1回の換水であれば問題ないと思います。

    サンゴを飼育する上で照明の強化・水質維持(硝酸塩・リン酸塩・微量元素等)・水流(水流ポンプ)・水温の管理が重要ですね。
    魚が多く、餌も沢山与えているなら、それだけリン酸塩が多いはずです。
    (試薬を購入し調べた方が良いです。)
    硝酸塩もキッカサンゴ飼育するならもう少し下げた方が良いでしょうね。

    更にヨウ素も添加されていますが、これも検査試薬を購入し低ければ添加するようにした方が良いです。
    ヨウ素は濃度が高くなると逆に調子を崩すので気を付けた方が良いですね。

  • LSSの逆止弁ですが、評価(口コミ)を確認すると微妙でした。
    色々なサイズもあり価格も安いので本当に機能してくれるなら是非購入したいと思いますが、少し悩みどころですね。

  • 我が家はポンプの先に手動バルブを設けています。
    ポンプを停止したらすぐにバルブを閉めて逆流防止させています。
    但し、停電の時には対応出来ないので実は私も思案中でした。

    給水パイプの先が海水に完全に浸かっていませんか?
    浸かるとサイフォンの原理で逆流します。
    パイプの先を斜めにカットしてサイフォン状態にならないようにすると良いかも。
    その代わり、音はうるさくなります。

    後はLSSから販売している逆流防止弁を追加。

    http://item.rakuten.co.jp/chanet/59872/?scid=af_pc_etc&sc2id=65468996

    私も色々と対策を検討中なので他の良いものがありましたらご報告します。


  • こんにちは!

    ニシキヤッコは欲しいですが、今だ躊躇しています。
    先日、お試しで7cmのソメワケヤッコを購入したけど、珊瑚の食害を始めたので残念ながら海水魚店で引き取ってもらいました。
    やはり珊瑚とヤッコの両立は厳しいです。

    場所と金銭的な余裕があれば、ヤッコ水槽を立ち上げたいですが、宝くじでも当たらない限り無理ですね。

    市内の海水魚店は海水魚のスペースを徐々に縮小し、熱帯魚を拡大しており、お店へ行っても欲しい生体も少なく、その内ネットでしか買えなくなるかも知れませんね。

    硝酸塩ですが、スキマーがあるならNO3:PO4ーXの添加やバイオペレットはどうですか?
    魚水槽でどの位下がるのかわかりませんが、今よりは下がるのではないかと思います。

    我が家もヒーター(300W)は少しずつ稼働していますが、これから怖い季節に入ります。
    電気代がどの位上がるのか・・・

  • ミドリイシを色揚げ中ですが、現在は硝酸塩は1ppm以下・リン酸塩が0.04ppm以下ですが、目標の0に下がらない。
    自作のバイオペレットの調整が不十分なのか量が少ないのか・・・今日は休みなので最調整しよう。

  • <<
  • 57 11
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順