ここから本文です
  • 1

    *****

    トピを立てました。

  • <<
  • 2321 2302
  • >>
  • 2321(最新)

    rouzinn79 1月31日 14:03

    1日2日と又、降雪の予報です。
    若い頃の気象や冬の温度を思い比べると、今よりもっと寒かったような気がするし、
    暖房も行き届かなかったので、家におるときは褞袍を着て、炬燵に入って暖を取るしかなかった。

    現在は石油ヒーターやエアコンで部屋の温度そのものを温かい温度に保つので、
    部屋の中は薄着で歩き回ることも苦にならない。贅沢な時代になったものだ。

    東京圏は一年に精々1~2度ほどしか雪が降らないので、マイカーにスノータイヤなど
    用意している人なんて滅多に居ないみたいです。。

    なのに雪の積もっているにも関わらず、車で出かける人の気が知れない。
    昨日、粘土の仕入れに栃木の益子まで行きましたが、途中道路の凍結が原因の事故を何度か見ました。

    常識で考えても、日陰の道路は凍結しやすいので、私たちは濡れている所は減速して、
    ブレーキを踏むときもポンピングしてスリップしないように万全の注意を払って、運転します。

    マイカーを持ってる人はもう少し運転技術を真剣に学んで欲しいものです。

  • ぞうさん今日は。
    昨日は仕事は定休日で助かりました。
    朝起きたら町内会の人たちが我が家の前の道も雪かきをして呉れましたので助かりました。

    何もすることが無いので、一日中PCの前に座り、YOUTUEBを見たり、買って有る株の値動きを見たりで、
    その日を過ごしましたが、その過ごし方が悪かったのか、夜眠れなくて困りました。

    体を疲れさせれば眠れるかと思い、夜中、階段を何度も上り下りしたり、スクワットを繰り返したりして寝たら、
    お陰で、ぐっすり朝まで眠れました。

    矢張り貧乏性なのか、体を絶えず動かしていないとダメなように出来て居るんですね~。

  • それはまた難儀なことですね、雪かきで腰をいためんように、お気をつけください。とにかくこの寒さは
    こたえます。あまり頑張らないように!

    ぞう

  • 今年初めての雪、朝からサンサンと降っています。
    このまま今晩中降り続けたら明朝は雪かきで大変。

    歳をとる毎に雪かきをする面積が減ってゆく。
    たぶん明日は積もっても、雪かきはおそらく30センチ幅で、
    玄関から門までの2~3m位でしょう。

    それでも「あ~疲れた~」で一日終わり。

  • 日本を舐めきっている沖縄米軍。
    こんな米軍に日本を守って貰っても真剣に守るとは思えない。

    日本政府もだらしない。何をされても表向き抗議をしているだけで、
    事務的に「止めて下さい。」と電話で述べているだけだろう。

    米軍も日本の出方が判っているから「ハイハイ気を付けます。」と云って
    馬耳東風を決め込んでいるだけ。

    本土の人間ももう少し沖縄県民の気持ちを理解してもっと声を上げるべきだろう。
    日本もそろそろ自分で国を守り、他国に守って貰おうなんて根性捨てた方がいい。
    虎の威を借りる政府の米国への諂う安倍はもういらない。

  • 稀勢の里一勝三敗、本人は相撲を取り続けると云っているが、
    自分より下位の力士にコロコロ負けるようでは後半上位との取り組みが待っているし、
    心配ですね。

    折角ようやく日本人横綱が生まれたと喜んでいたが、それも束の間か。

  • 昨日、大相撲のNHK中継を見ましたが、今回の日馬富士暴行事件のせいで、
    国技館の入りが悪いかなと思っていましたが、その話題のせいで逆に大入りとなりました。

    白鵬は取り口が横綱としての品位を欠くと云われていたのを理解していたのか、
    かちあげも張りてもありませんでしたね。

    私が一番興味を持っていた一番はやはり稀勢の里でしたが、もう稀勢の里は引退の色が
    益々濃くなってきましたね。

    横綱になって、15日間休みなく相撲を取った場所が一度もなく引退と云うのは相撲歴史上ありましたかね。
    これも押し相撲のみに拘り、技の一つも無い取り口が災いしているのに
    本人が気が付かないところに問題があります。

    押す力は年とともに必ず衰えます。それを補うのが技です。
    今回の取り口を見ていると余力が全くなく、力を貯める余裕が無いために、
    体を交わされると踏ん張る余裕がありません。
    もう限界でしょう。

  • 大相撲初場所ももう直ぐ、you tube等で検索すると
    貴ノ岩・貴乃花問題で埋め尽くされている。

    私も相撲が好きで毎回欠かさずに見ているが、
    今年の初場所は何かモンゴル勢の相撲だけは見る気がしない。
    特に白鵬の相撲は今までと打って変わって見る気がしない。

    相撲はスポーツなのか義式なのかの論争もどちらも曖昧で、
    相撲道は日本人だけが持っている精神状態で、外国人には理解不能だろう。
    と云ってそれではお前詳しく解説しろ云われても言葉での説明は難しい。

    強いて事に例えるならば、日ロ戦争での旅順陥落した時に乃木将軍とステッセル将軍が、
    相まみえたときにステッセル将軍の帯刀を許して、お互いの健闘を称えあった。
    との逸話がある。

    もしこの立場が逆だったら、乃木将軍はこの時点で殺されていただろう。
    又、川中島の武田信玄が上杉謙信に塩を送った、という逸話も日本人らしい。

    日本ではこ゚のような逸話が数多くあるが、この精神状態を外国人に説明しても理解できまい。
    大陸にある国は、何時何処から敵が攻めてくるかわからない。
    だから攻めてきた敵は徹底的に息を止めるまで叩きのめさないと安心できない。

    先日の横審の練習見学の時に、散々白鵬の張り手やカチアゲは横綱相撲ではないと云われて
    居るのだが、この時ツイ張り手が出てしまったのが良い例だろう。

    矢張り、大相撲が国技であり、儀式であり、スポーツであるならこれは外国人を交えずに、
    日本人だけでやるべきだろう。

  • >>2312

    ぞうさん 明けましておめでとうございます。
    一時期はもう寝た切りになってしまうのかと心配しましたが、
    最近は杖を頼りとはいえ、あちこちと歩き回っていらっしゃるようで安心しました。

    私も2~3年ほど前から調子が悪く、もう豊川、名古屋あたりまでの旅行はちょっと無理。
    近くの神社仏閣などで、由緒ありそうなところを探し、日帰りで出かけるくらいが精いっぱいです。

    今まで2台あった車も、車検切れを機会に廃車し一台にしました。
    運転のほうも万が一他人様に怪我でもさせてしまって、残り短い人生を謝罪に明け暮れで
    一生終わるのも嫌ですから、娘には迷惑をかけますが免許を返納しようと思っています。

  • お久しぶりです。
    お互いにトシを重ねて浮世の義理も欠く有様でなんとなく気弱になるのが残念でなりません。
    ぞう もまもなく満90で毎日なすところなく無為に暮らしており、これでイイのかなあと、、、。
    天気のイイ日は裏の公園のベンチに腰掛けて友人とダベッテおります。
    今年もナアナアで生きてゆくことになりそう、体の具合は現時点では不都合なところはみあたりませんが歩行には
    杖をたよりにトボトボと鼻水たらして、でも人前ではキリッと気取って弱みをみせまいと苦労しますワ!
    100までにはあと10年あるんだぜと言い聞かせております。

    ぞう

  • アッと言う間に三が日が過ぎ、この三日間何もすることが無く、
    喰っちゃ寝ならぬ食っちゃキー叩きで一日が過ぎて終わる。

    過去の正月は毎年元旦に近くの神社に初詣でに出かけるのだが、
    今年はどうもそんな気持ちになれない。

    それまで三が日の間に七福神巡りをしていたのだが、これを止める最後の七福神巡りで、
    住職や神主が不在で、御朱印がもらえない社寺が3軒ほどできてしまった。

    一回りして御朱印の押紙を買った店に立ち寄り、その旨を話すと、なんと・・・
    店の人曰く、『そう云う事もあるので、当店で全ての御朱印を用意して在ります。』

    それを聞いて今までの努力は何だったのか、途端に興味が無くなった。
    一件5百円払えば全てこの店で押印して貰えるのだ。
    急に馬鹿らしくなってそのまま帰ってきた。

    それからというもの初詣でもなんとなく馬鹿らしくて行かなくなった。
    ヤッパリ神も仏も金次第かい・・・・

  • 明けましておめでとうございます。
    最近は体の調子が思わしくなく、当然気分も盛り上がらず、
    カキコが疎かになり、数か月も空けてしまうことがしばしばありました。

    最近は食欲も回復し、何となくやる気も少しずつ出てきたので、
    今年はできるだけお喋りをしたいと思っています。
    面白い話題を皆様にお届けできれば幸いです。

  • ここ2年間、7月になると食事がとれなくなり、病院で点滴を受けたり、様々な検査を受けたりで、
    気分的に鬱になり、当然ここのカキコも休みがちになり、ついに途絶えてしまいました。
    9月中頃から少し涼しくなり、最近ようやく復帰できるようになりました。

    そう云うことで何も話題が無いんですが、・・・
    そうそう1日にあすこは葛飾区金町になるのかな~。水元公園てあるのです。
    6号線を挟んで反対側は映画寅さんで有名な葛飾帝釈天があるのですが、

    その水元公園が川を挟んで両側が公園なんですが、実に心を癒される作りなんです。
    釣りのできる水辺あり、自然のままの草原あり、森林あり、整備された広場では食事処、
    貸自転車屋があり、ベンチも沢山あり、近くでは女子学生が吹奏楽器の練習をしていたり、

    広場では子供がサッカーで遊んでいたり、あまり厳しく規制していないのが凄くいいです。

  • 稀勢の里が五日目にして3敗を喫し、再度途中休場となった。
    どうも燃え尽き症候群の兆候が見て取れる。

    稀勢の里の場合、前師匠の指導を忠実に守り、押しの力相撲を今後も守っていくと
    横綱に昇進したときに語っていたが、取り組みを見ていると言葉通り押しの一手。

    押し相撲を守るということは、相撲の基本ではあるが、技が無くて良いという意味ではない。
    彼は全く決め技が一つもない。相撲には四十八手があるのだから、せめてこのうちの5,6手くらいは
    マスターして欲しい。

    残念だが技は磨けば年を取っても使えるが、力は年とともに衰えて行く。
    この辺を本人も親方も気づかなければ稀勢の里も最短の横綱として汚名を残すことになろう。

  • 日本は北方領土を日本の領土だと言い続けるだけでいい。
    日本の外交手腕ではロシアの策に嵌るだけで却って損をするばかり。

    過去の日本に対する施策を見ても狡さが際立っている。
    安倍さんの知恵の及ぶところではない。

    日本はおいしい話がロシアからあったときだけ、
    そのおいしい部分だけ吸い上げ利用すればいい。

    ロシアは外に輸出するものは石油だけしかない。
    その石油は様々な代替エネルギーが開発されてきており、
    今後値下がりはあっても、大きく値上がりは期待できない。

    そうなればロシアは今後じりじりと経済が後退して、
    必ず日本にすり寄ってくるときがある。

    その時まで日本は当たらず触らずの関係を保っていれば良いと思う。

  • 都議選、まあ千葉県人には関係ないが、昔都内に住んでいた私には
    矢張り何となく血が踊ってしまいます。

    千葉県人の事を”千葉都民とも呼ばれていますからまあ良いか。
    小池知事率いる都民ファーストが圧勝し落選したのは島嶼地区の一人だけだった。
    推薦の無所属と公明党を含めると過半数以上を占める大勝利だ。

    結果、また数の暴力にならなければ良いが。
    自民は”驕る平家は久しからず”を地で行ってしまった。

  • 出発時から出足を挫かれっ放しの落胆を鼓舞しながら富浦へと向かった。
    途中鋸山の近く、道の駅鋸南に立ち寄り、用を足して周りの店舗を見て回った。

    ここで富浦の枇杷が販売されていたので、食べながらドライブしようと思い、
    見てみると大きい枇杷が六個ほど入って400円とはまた安い。
    どうも私は値段の安さを最優先してしまう悪癖がある。
    その枇杷を買って車に戻り、娘と二人で頬張った。<ん、味がない、甘くない>
    娘も<味も素っ気もないね。>また失敗である。

    ようやく富浦の枇杷倶楽部に着き、早速枇杷ソフトを買う。
    半地下になっているロビーでソフトを一舐め、いつもの味にようやく安堵した。
    枇杷もじゃい求め、付近の店を冷かし乍らようやく帰路に就く。

    今日は一日中雨のため、非常に道路が空いているのがせめてものとりえだった。
    讃岐付近で雨が小やみになったので懲りずにまた東京湾観音に立ち寄ることにした。
    山を登る途中はやはり午前中と同じだ。
    まもなく駐車場に着くと、なんと目の前にクッキリと観音像が地上を見下ろしている。
    慌ててカメラを出し観音様の前方へと駆け寄る。
    <う~んこれで今日の目的は果たせた。>しあわせ~。

    昭和一桁生まれです。 出発時から出足を挫かれっ放しの落胆を鼓舞しながら富浦へと向かった。 途中鋸山の近く、道の駅鋸南に立ち

  • とこんな状態、とりあえずこのまま富浦の道の駅に行って枇杷ソフトでも舐めて、
    時間をつぶしてから帰りにまた寄ってみよう、ということで東京湾観音を後にした。

    雨はますます酷くなり、なんだか少し憂鬱になってきた。
    途中で昼食の時間になり、ラーメンでも食べようと入った店がまた最低だった。
    昼食時というのに客は私たち以外誰もいない。
    メニューには”スパゲッテイ、カレーライス、中華そば、そうめん”と
    喫茶店ながら一通り書いてあった。

    席に着くとやる気のなさそうな小母さんが出てきて、ぼそっと
    <いま、スパゲッティとカレーしか有りませんが>と断ってきた。
    仕方なく娘はカレー、私はスパゲッティを頼んだ。

    出来上がるのを待っていたら、何やら奥の方でガシャガシャーンと大きな音で
    皿が割れる音。
    益々気がめいってくる。しばらくするとカレーをもって<ごゆっくり>でもなく
    黙って皿を置いて行った。
    見てみたところどうもレトルトである。娘は顔をしかめながら食べ始めた。
    聞いてみるとやはりレトルトとのこと。

    娘が食べ終わってもまだ私のスパゲッティは来ない。
    食べ終わってしばらくしてから私の分が来た。
    見てみると昔ながらのナポリタンだ、まあいいか嫌いな訳でも無いしとフォークを取った。

    うん?なんだか変な臭いがする。なんだこの匂いは?頭の中がぐるぐる回る。
    どうもこれは冷蔵庫の中を不潔にすると出る臭いだと思った。
    もうそれだけで食べる気がしなかったが、腹は減るし、食べないでお金だけ払うのも癪だし、
    娘に手伝って貰いながらどうにか食べた。
    お金を払い、気持ちを入れ変え、さあ出発だ~。   続く

  • 昨日、朝目が覚めたところ雨がしとしと降っていました。
    私は晴れ男いつも旅行に行って雨に降られても、車を降りていざ見学というときは
    大抵雨が止むんです。

    まあそんなことを願って東京湾観音に出かけました。娘がスマホで天気予報を聞くと、
    現地は現在曇りだという。ところが現地に着くとあにはからんや、弟けしからんや、
    現地はやはり雨。

    佐貫駅から山に登って行くと何か霧が降っているような感じで、何か嫌な予感。
    さらに観音像のある所まで行くと霧はますます深く50メートルほど先にぼんやり見える。
    頭のほうに目をやると、なんと首から上は雲の中。

    それでもせっかく来たのだから一枚くらい写真に収めて行こうとシャッターを切った

    昭和一桁生まれです。 昨日、朝目が覚めたところ雨がしとしと降っていました。 私は晴れ男いつも旅行に行って雨に降られても、車

  • 明日の天気予報は ”曇り時々雨”チョット心配だが、房総半島の ”東京観音の写真を撮りに
    行ってこようと思い、本当は晴れた日に行きたいのだが、南房総市の枇杷が
    もう終わってしまいそうなので、枇杷狩りを兼ねていこうと思い雨を覚悟で出かけます。

    東京観音は十数年ほど前に一度行っているのですが、去年群馬の高崎観音の写真を撮りに行き、
    先月茨木は牛久大仏(ここは稀勢の里の出身地)を撮りに行き、東京観音を撮れば関東3大佛となるので
    明日言って写真に収めてきます。

    ついでに ”道の駅 枇杷倶楽部”でおいしい枇杷のソフトクリームも食べてきます。

  • <<
  • 2321 2302
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託