ここから本文です
  • 1

    *****

    ゚゚*+:・。*+*。・:+*゚゚ 楽しくお話しませんか ゚゚*+:・。*+*。・:+*゚゚

  • <<
  • 6505 6486
  • >>
  • 6505(最新)

    多摩市民 6月22日 21:57

    裕子ちゃんはお金持ちの彼氏に振られるんだとばっかり思っていたらちゃんと結婚までたどり着きましたね。
    良い人そうで良かったです。
    写真だけでしたが山中崇さんでした。
    ふくろう町の貴美子先生が還暦ということはスズメと律を取り上げた時は35歳位だったんですね。
    もうあの頃から貴美子先生は還暦くらいの貫禄がありましたね。

  • 昨日は仙吉じいちゃんの歌が良かったです。
    というか仙吉じいちゃんじゃなくて完全に中村雅俊さんになっていました。
    中村雅俊さんが歌うサザンのギターの弾き語り。
    若い仙吉じいちゃんに加えて、写真の中の風吹ジュンさんのおばあちゃんが可愛い過ぎます。

  • 菱本さんのプロフィールを描いた漫画はボクテさんの作品だそうです。
    ちょっとおぼっちゃまくんの小林よしのりさんが描く画に似ていました。
    羽より軽いすずめの口。
    他人の病名を言いふらす事についてはすずめなりの信念があるようですが、律くん同様に私はついて行けません。

  • こんばんは。

    菱本さんの経歴が分かりましたね。
    お茶の水女子大学卒の出版社勤務でしたか。
    それならあの理路整然とした論理的な喋り方ができるのは納得できるななどと
    勝手に思いました。(笑)
    不思議ですね。東大や京大それに今日のお茶の水女子大と、国立大学はそのまま名称を使うのに
    秋風先生が通うべき病院は仮名にしていますね。私立大学だからでしょうか。信濃町大学病院って
    慶応大学病院ですね。信濃町にある。こうした事ってNHKのお決まり事なんでしょうね。

    今日の秋風先生の病状の事で、鈴愛と律が言い合うシーンはこのドラマを今まで見てきた中では
    一番シリアスなシーンだと思いました。病状や病気の事って、とってもセンシティブなことで、
    人によって見解が大きく異なりますからね。鈴愛は自分が耳の聞こえない病気でも明るく生きてきたことによって、今の明るい性格が作り上げられました。律君の言う人のことを思いやり、秋風先生は人に知られたくないと思っているかも知れないんだから人にペラペラしゃべるものではないという考え方凄く理解できます。これはどっちが良い悪いの問題ではないですね。鈴愛のような明るい考え方ができることは良いのだろうとは思いますけど、自分がそうだから人もそうだと思い込んでしまうことは大変危険なことだと思いました。果たして秋風先生はどうでしょうか。その前にさっさと再検査して下さいですけど。

    余談ですが、楡野家も萩尾家も’90年でダイヤル式電話なんですね。しかも楡野家は黒電話。
    自分のことを考えると、’70年の後半にはプッシュ回線プッシュ電話で、80年代後半にはコードレス
    電話を使っていたなと思って見ていました。

    モバイルフォンの普及って、最初にPHSがリリースされて、それから携帯で、メールが自由にできるようになったのは’95年’96年’97年ぐらいではなかったかと記憶しております。最初端末は0円で配ってましたもんね。インターネットの本格的普及は21世紀になってからですよね。それ以前はあっても電話回線直結でとても料金が高かったと記憶しております。

  • >>6500

    こんばんはです。

    今夜はそれぞれの表情を見る日だったように思いました。
    鈴愛ちゃんが奈緒ちゃんに電話をしている時、コインが切れそうになったところ、
    マサト君がコインを入れた時に鈴愛の顔を見ながら微笑んだ時の顔は女子にはヤバいだろうなと
    思いました。よー女殺し。と思わず心の中で叫びました。

    菱本さんが笑いました。微笑みました。初めて笑顔を見ました。とってもいい表情をしていました。
    しかし、なぜ律君に秋風先生の病気の話をしたのでしょう?秋風が気に入ってる律君だから、
    菱本さんも心を許したのでしょうか。もはや一スタッフの友人、単なるモデルという立場ではなく
    オフィースティーンカーベルのスタッフのようです。律くんの菱本さんの話を聞くときの表情も
    見逃せんでしたし、そっと菱本さんの方に手をまわした時に現れた鈴愛ちゃんのうぎょぎょ表情も
    見逃せませんでした。

    それにしても、旅に出るとメモを残して出て行った先がふくろう町とは予想を大きく外して
    くれました。前回仙吉さんの五平餅を食べないで帰ったようですから今回食べられてよかった。
    富士山より西に行くときは和装の原則を守っていたのも良かった。しかし、最初に名古屋でトークショーを開いた時は和装ではなかったなと突っ込んでみます。
    海なし県の岐阜なのに刺身盛り合わせが立派過ぎです。海なし県の方の海産物へのあこがれは
    半端ないとは聞きます。マグロの消費量の最大県は山梨だとも聞きますし。

    朝ドラで、明菜ちゃんや聖子ちゃんがかかるのってあまり驚きがないような気がしますが、
    FUSION系の音楽が朝からかかるとはあまり考えていなかったので驚きました。ユーミンの
    ANNIVERSARYもかかっていましたね。

  • >>6499

    あそこのクロッキーの部分は良かったですね。
    時間を限ってデッサンさせる。
    菱本さんがラジカセの前でスタンバって曲をかける。
    スクウェアも良いけど私は中森明菜さんがかかったのが嬉しかったです (^^)

  • こんばんは。

    朝ドラでThe SquareのTruthがかかるなんてとっても素敵です。
    バブル時代ってもう合コンってありましたっけ?この頃から合コンが流行りだしたのかどうか
    少しばかりそのあたりを失念しております。いやいや「合コンじゃないんだから」と言うセリフが
    少し気になっただけです。
    ゆう子ちゃんが鼻血を出してしまうのは少し笑ってしまいまして。
    男性免疫ができていない女子高出身頭でっかっち漫画家志望ってこうなんですね。

    小学生の頃から目標が明確だった律君が大学に入って進む道に迷いが出て来るなんてあまり想像して
    いませんでした。でもできる子だからの迷いってあるんですね。ゆっくりで良いから「タジオ」君には
    新たな目標を見つけてほしいものです。
    それにしても鈴愛はハッキリしてるな。
    とっても頼もしいキャラになってますね。

  • こんばんは。

    昨日から気になっていましたが、鈴愛ちゃん寝巻のままで秋風先生と接見したんですね。
    それにしても中々交渉力がある娘ですね。それとどちらかと言うと増長するタイプですね。
    でも、それが良いところでもあり、おっちょこちょいも出てしまうところなんでしょうね。

    道案内で来た律とマサト特上寿司でディナー、方向音痴秋風単独で帰るってことでいいんですかね?
    その辺の時間経過がいまいち分かりませんでした。

    メシアシから脱却して特待生になれたのは良かった。
    雨降って地固まりました。

  • >>6496

    こんばんはです。

    やってまった。ですよね。
    やっぱり菱本さんが秋風先生の失態を正して、やらねばならぬことを説くんですね。
    菱本さんは秋風先生の創作意欲が向上する事だったらいくらでも正論を吐くし、
    人材の採用も厭わないんです。鈴愛は秋風の創作意欲向上には欠かせない人材であることを
    見抜いているんです。ですが残念。失敗でその立場を追われることになったのですが、
    それは秋風の大失態でした。
    それにしても、ふくろう町に謝罪に行かせるなんて菱本さんじゃなきゃできない。
    それに素直に応じる秋風先生も単なる頑固者親方じゃなくてよかったです。
    富士山より西への訪問は和装と決めているってこだわりの強い人そのものですね。
    方向音痴の先生の随伴者が律君とマサト君とはここでも菱本さんのGOOD JOBですね。

    「失敗してクビになりました。眠い今は寝かせて」
    鈴愛ちゃんの帰郷理由、実にこの娘らしい簡潔明瞭でいいですね。

    17歳から55歳へワープして再会のストーリー。
    55歳はまだまだ現役ですぞ現代では。
    やんちゃですぞ現代では。(笑)

  • >>6495

    すずめが描いた漫画のタイトルは神様のメモ。
    ストーリーの中で美少年リツと美少女サヤが神様の気まぐれで17歳じゃなくて55歳で出逢う事になってしまいます。
    その55歳の絵がリツは杖をついた老人の姿でした。
    十代のすずめが思う55歳は老人なんだろうなと面白かったです。
    55歳っていうと秋風先生役の豊川悦司さんやとんねるずの石橋や木梨、藤井フミヤ、ジャニーズの近藤マッチさんなんかの年代だからまだまだやんちゃなオジさん達ですもんね。

  • >>6494

    こんばんはです。

    秋風先生完全にやらかしましたね。
    頑固な親方は自分のやることには絶対の自信があるんですが、実は抜けてるところがあるんですよね。
    でも親方はそういう自分を絶対に認めないんです。それを「あなたも人間なのだから」と
    窘めるのが奥さんと相場は決まっているんですが、このドラマでは秋風先生の奥さんは登場して
    いませんので、代わりを務めるのが菱本さんなんですよね。レンジにあったの、ネームですよ。
    巨匠はああいうことやらかして、やったことすっかり忘れてるんです。(笑)
    鈴愛ちゃんどうなるんですかね?岐阜に帰っちゃうんでしょうけど、もしかしてまた東京に
    戻ってこられることがあるんでしょうか。早くも来週が気になってます。
    それと、秋風先生の体調が心配ですね言葉が思わせぶりすぎますね。

    マハラジャとかジュリアナ東京とかとても懐かしい気がします。ワンレン、ボディコン、お立ち台、
    クジャクの羽根のハンドファン。菱本さんはソバージュ。日本が浮かれまくっていた時代です。
    鈴愛ちゃんのボディコン姿良かったです。とにかくこの娘前向きだし切り替えが早い。
    左耳が聞こえないことなどマイナス要素ではない。むしろ自分の長所、個性と捉えている。
    いいドラマかどうかは別にして、個人的にはなんか好きな気がしてきました。

    「おもかげ」にもギターが置いてあるんですね。それとミニチュアギターなども。
    どこかでこのドラマは当時のバンドブームを思わせてるのかなと思いました。
    イカ天の話織り込んだりしてますからね。

    それにしても、数時間であの犬たちのパネル製作、一晩と言うか、数時間ではちょっと無理ですよね。
    流石ドラマと可笑しくなりました。

  • >>6493

    今日は土曜日なので昼に見てしまいました。
    すずめちゃんボディコンドレスも可愛いです。
    スタイルが良いですね。
    おっと、ラストシーンの電子レンジの中にある白い紙は何だ?
    今週のタイトルの「謝りたい!」はてっきりすずめちゃんが秋風先生に言うセリフだと思っていたけど、これは秋風先生がすずめちゃんに言うセリフだったのか?

  • >>6492

    こんばんはです。

    > すずめちゃんは髪をまとめた方がとても可愛いです。
    そう思います。その髪できょとんとした表情がとても愛らしいです。

    > 何となく感じたんですけど、秋風先生の話しかたも区切りながら話す感じですよね。
    文節喋りと言うか短く表現しようとしていますよね。
    一歩間違えると言葉足らずになるパターン。でも独裁者だからそれでいいんでしょうけど。

    しかし、いきなり強制退去ですか。ネームを捨ててしまった鈴愛が悪いのかもしれませんが、
    ゴミ同然に床にぶちまけられてたら、そりゃ捨ててしまうかもしれませんよね。まして高校卒業して
    直ぐにメシアシとして雇われているような状態ならば。
    ホテルのメイドさんならそういうこともせずに、数日は保管しておく教育も受けてるんで
    しょうけどもね。
    まあこういう徒弟制度のような状態ですから親方の言うことは絶対ですよね。ですから敢えて
    独裁者と言わせていただきます。バブル期はまだパワハラと言う言葉は使われてなかったと
    思いますが、現代なら優越的地位によるパワーハラスメントと言われてしまうでしょうね。

    ドラマであることは分かっていますが、「鈴愛ガンバレ」と言いたいです。

  • >>6491

    すずめちゃんは髪をまとめた方がとても可愛いです。
    律が訛りがバレないように文節ごとに話していました。
    何となく感じたんですけど、秋風先生の話しかたも区切りながら話す感じですよね。

  • こんばんは。

    予想よりも早く律君と鈴愛の御対面になりました。
    しかも律君がデートしてるところでの鈴愛の出現。
    来週早々ぐらいのご対面はあるかなと思っていたので不意打ちを食らった感じです。

    相変わらず、菱本さんの理路整然とした論理的な喋り方いいですね。
    今回は秋風に納得させるための喋りはちょっと痛快さを覚えました。
    井川遥さんにぴったりな役のようなような気がしてきました。
    最近、ハイボールのCMに出るようになって親近感を持っていたんですが、
    とても魅力的な方だなと余計に思うようになりました。

    朝、事務所の掃除にお団子結びで現れた時の鈴愛がとてもキュートに感じました。

  • こんばんは。

    しかし、こんな偶然ってあるんでしょうかね。
    他県同士の人間が第三県の高校入試を受けに行く途中で交通事故に遭った犬に双方が関与して
    三年後に知らないままにたまたま同じアパートに住むことになり、境遇を語り合っているうちに、
    お互いがその事故の犬に関与した事実を知合うって。これだからドラマって面白いんでしょうね。
    半分呆れながらも、でも素敵なストーリーだなと思って見てしまいました。秋風先生が「いい話だ」と言うわけですね。

    それにしても、律君と秋風先生は面識があるわけですから、律君は秋風先生の顔を見たら
    わかるはずですね。秋風先生は覚えてないでしょうけども。近々、鈴愛との東京でのご対面も
    ありそうですね。

    小宮との喧嘩は幼少の頃のブッチャーに名前のことでからかわれた延長みたいなものでしょうが、
    始末が悪いのは、同じ職場のライバル先輩ってことでしょうね。しかし鈴愛は気が強いな。

  • こんばんは。

    鈴愛ちゃんの断定的な喋り方は秋風先生の前でも出てしまうんですね。
    就労条件に納得がいかない状況だったかもしれませんが、あの喋り方は律君との間ではよいですが
    目上の先生にしてしまうのは如何なものでしょうか。ぼくて君じゃないですが、まさにため口状態。
    ドラマとして見てる方は面白いですけどね。

    喫茶店に秋風先生がいるということは、ワコさんが言っていた通りにティーンカーベル事務所と
    律君のアパートとはそんなに離れていないということなんですね。電話番号を鈴愛に教えない
    律君と鈴愛はどのように東京の地で再会することになるのか楽しみです。

  • >>6487

    そういえば、秋風先生がギターを奏でるシーンがありましたね。
    ボディーとうっすら映ったヘッドからするとOvationを思わせますよね。
    12弦ギターを奏でるとはなかなかマニアックなお方だなと思っていました。
    所で、ヘッドの形状は何となくわかったんですが、彫刻があるタイプでしたっけ?
    Super Adamasだと彫刻があるタイプではなかったでしたっけ?

  • >>6486

    先日秋風先生が持っていたギターはオベーションの12弦ですかね。
    スーパーアダマス?

  • >>6485

    こんばんは。

    多摩市民さん、家具に詳しそうですね。
    確かにティーンカーベルのリラクゼーションルームはただならぬ雰囲気がありますね。
    何て言ったって4億の上物ですから、それに見合う中身と言うことになるんでしょうね。

    私は、いたるところにギターが置いてあることが気になっています。オフィースに吊るしてあるのは
    GIBSONのJ-200だし、寮のキッチンにまでギターがあるし、秋風さんはギター好きと言うか音楽好き
    なんでしょうね。「今回のイメージはCmaj7で」って素晴らしいイメージだなって思ってました。
    C→Cmaj7→F→Fmaj7→G7は実に心地が良いメローナなコード進行です。

    秋風さんの「創造の翼を広げて」って言うセリフに花子とアンを思い出していました。花子が
    いつも広げていたのが「創造の翼」でしたよね。クリエーターはやはりいつも「創造」することが
    大切ですね。

    今、朝は「マッサン」やってますね。
    そういえば、マッサンの音楽担当が西郷どんの音楽担当してる富貴晴美さんですね。
    なかなか良い音楽を作る人だなと感心しております。
    西郷どんにテーマソングを歌っている里アンナさんが愛加那の兄の嫁役で出て来るんですね。
    歌手の人がドラマに出て来るって珍しいことですね。

  • <<
  • 6505 6486
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ