ここから本文です

>>5992

熊本城は私も行きましたよ、それまで城跡しか見た事がなかったので完全体のお城は一見の価値ありました (・∀・)

トラと較べるとCLは非力ですが取り回しが楽(180kgくらい)なので乗ってて楽しいです、XSはCLより大分性能が良い筈なので、、、と調べてみると性能は格段に上ですが車重も大分増えて中期以降はトラより重くなるんですね><

もう買えないけど日本メーカーで2気筒250~800ccくらい、車重200㎏未満の日本人の体形にあったスクランブラー出さないかな?と妄想中w

  • >>5993

    ヤマハ650ツインも初期型は乾燥185kg、セルモーターの着いたEでも、194kgでしたね。CB450が、175kg、500fourが、183kg、私の乗ってた550F- IIか、190kgでしたが、どれもアクセルターン出来ました(^o^)

    でも、後に買ったXS650spは210kgプルバックハンドルの抑えの効かなさもあって、アクセルターンしようとして、横倒しにしちゃいました(//∇//)

    乾燥で200kg以下、装備で210kgチョイ位までが、扱い易いですね〜(^_^)

  • >>5993

    >もう買えないけど日本メーカーで2気筒250~800ccくらい、車重200㎏未満の日本人の体形にあったスクランブラー
    ・・・判る様な・・ww

    何度か書き込んだようにも思いますが、一応、70年台で性能に過不足ないバイク達が完成したって感じですよね。現代ではスタンドこすって火花散らして走る・・ってのも見なくなった様に思いますが、学生時代のツーリング仲間が前を行って火花散らしながら走っていたのを思い出します。でも飛ばしていた訳では無いんですよね。彼はGS400でした。普通にツーリングペースで走った峠越えでもこんなシチュエイションが見られました。ワタシは怖くてダメでした。乗っていたトレール車(カワサキ125TR)は当たり前ですが、時々借りていた弟のZ250FTでもスタンド擦るまでは走れなかった。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ