ここから本文です
  • >>7385

    葉は落ちていく、それは9月
    夜が来て、彼女は震え始めた
    僕はジャケットを彼女に貸したんだ
    彼女はジャケットで肩をきつく包んだ
    そして、彼女が僕にキスをするまで、僕は幼かったんだ
    ウィスキーのように、ウィスキーのようにね

    僕は、愛が衝動的だなんて知りもしなかったんだ
    僕は彼女のものであるまではね、でも彼女は決して僕のものにはならなかった
    そう、僕は向こうみずだったんだ
    でも僕はそれを燃やさせた、それを燃やさせたんだ
    感じること、それはほろ苦かったんだ
    僕はあまりにも深いところに居たんだね
    彼女は見本だった
    僕は学ばなきゃ、学ばなきゃいけなかったんだ

    僕は以前、彼女を忘れようとしたんだ
    でも今は、思い出すたびに微笑んでしまうんだ

    葉は落ちていく、それは9月
    夜が来て、彼女は震え始めた
    僕はジャケットを彼女に貸したんだ
    彼女はジャケットで肩をきつく包んだ
    そして、彼女が僕にキスをするまで、僕は幼かったんだ
    ウィスキーのように、ウィスキーのようにね

    この世界を去ったんだ
    ちょうど君のそばで起きるよ
    毎朝ね
    僕は、自分の魂を少しの時間で売ったんだ
    1000の夜を待ったよ
    彼女が決して、さよならすら言わないなら、
    僕はもう認めるよ
    僕は、自分の魂を少しの時間で売ったんだ

    この世界を去ったんだ
    ちょうど君のそばで起きるよ
    毎朝ね
    僕は、自分の魂を少しの時間で売ったんだ
    1000の夜を待ったよ
    彼女が決して、さよならすら言わないなら、
    僕はもう認めるよ
    僕は、自分の魂を少しの時間で売ったんだ

    葉は落ちていく、それは9月
    夜が来て、彼女は震え始めた
    僕はジャケットを彼女に貸したんだ
    彼女はジャケットで肩をきつく包んだ
    そして、彼女が僕にキスをするまで、僕は幼かったんだ
    ウィスキーのように、ウィスキーのようにね

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン