ここから本文です
  • 1

    *****

    日本経済新聞 2012-12-27

     自民、公明両党の連立による第2次安倍晋三内閣が26日夜、発足した。自公両党の政権復帰は2009年9月に退陣した麻生内閣以来、約3年3カ月ぶり。安倍氏の首相就任は前回の06年9月以来2度目となる。首相は首相官邸での就任後初の記者会見で「政権に課せられた使命はまず強い経済を取り戻すことだ」と述べ、金融・財政政策と成長戦略を総動員して景気回復をめざす考えを表明した。

     首相は会見で「危機突破内閣を組織した」と説明。全閣僚に経済再生と東日本大震災からの復興、危機管理の3点に全力で取り組むよう指示したことを明らかにした。経済再生では「内閣の総力をあげて大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の三本の矢で力強く経済政策を進めて結果を出す」と強調。

     首相は政府が憲法解釈で禁じている集団的自衛権の行使について、前回の第1次安倍内閣で設置した「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の有識者から再び意見を聴取して検討を始めると表明。「内閣をあげて外交・安全保障体制の強化に取り組む」として日本版NSC(国家安全保障会議)の設置をめざすと強調した。

     環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加については「十分な情報を分析してから総合的に検討していきたい」と語った。社会保障と税の一体改革に関しては、自民、公明、民主の3党合意を踏まえて対応する考えを改めて強調。インターネットを活用した選挙活動については来年夏の参院選までに解禁をめざす意向を示した。

     首相は同日午後の衆参両院本会議の首相指名選挙で選出された後、直ちに官邸入りし、18人の閣僚を任命した。同日夜の皇居での首相の親任式、閣僚の認証式を経て内閣は正式に発足した。

     内閣・党役員人事では来夏の参院選をにらみ党人事で清新さをアピールする一方、閣内は安定感を重視し、枢要ポストに有力者や政策に詳しい議員を多く配置した。首相は経済再生を最優先課題に掲げており、実績を重ねて景気浮揚を実現し、参院選で自公両党で過半数を確保したい考え。金融政策を担う日銀にも一段の金融緩和を求めている。

    ***************************

    閣僚の顔ぶれを見ると、それぞれ担当の分野に精通した専門的知見の持ち主を配しており、極めて重厚な内閣だ。是非とも日本再興に尽力して欲しいものである。期待を込めて注視したい。

  • <<
  • 1727 1697
  • >>
  • 1727(最新)

    hh1***** 6月23日 15:10

    安倍総理のメッセージ(平成29年6月23日2017年)
     沖縄の方々には、永きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいており、この現状は到底是認できるものではありません。政府として、基地負担軽減のため、一つ一つ確実に結果を出していく決意であります。
 昨年12月には、20年越しの関係者の御努力により、県内の米軍施設の約2割に相当する北部訓練場の過半、本土復帰後最大の返還が実現しました。今後、地元の皆様の御意見を伺いながら、地域振興に向けて、基地の跡地利用を政府として最大限支援してまいります。
 これからも、「できることはすべて行う」。沖縄の基地負担軽減に全力を尽くしてまいります。
     沖縄は、美しい自然の中で豊かな文化を育んできました。成長するアジアの玄関口に位置し、出生率は日本一です。沖縄の尽きることのない魅力に惹かれてこの地を訪れる人々や、寄港する外国クルーズ船の数は、近年、目を見張る程、増え続けており、沖縄は、その優位性、潜在力を存分に活かし、飛躍的な発展を遂げつつあります。私は、可能性に満ちた沖縄の、明るい未来を切り拓いていくため、先頭に立って、沖縄の振興をさらに進めてまいります。
     結びに、この地に眠る御霊の安らかならんこと、御遺族の方々の御平安を、心からお祈りし、私の挨拶といたします。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年6月23日2017年)
     平成29年 沖縄全戦没者追悼式が執り行われるに当たり、沖縄戦において、戦場に斃れた御霊、戦禍に遭われ亡くなられた御霊に向かい、謹んで哀悼の誠を捧げます。
     先の大戦において、ここ沖縄は、国内で最も苛烈な地上戦の場となりました。のどかな日常は、修羅の巷に変じ、20万人もの尊い命が失われ、豊かな自然は焦土と化しました。多くの方々が、家族の行く末を案じながら犠牲となられ、豊かな人生を送るはずであった子ども達の輝かしい未来、多くの若者の夢や希望も無残にも奪われました。平和の礎に刻まれた多くの戦没者の無念を思うとき、胸塞がる気持ちを禁じ得ません。
 沖縄戦から72年が経った今日においても、決して癒えることのない最愛の肉親を失った御遺族の皆様の深い悲しみ。そのことに思いを致し、そして、私たちが享受する平和と繁栄は、沖縄の人々の、言葉では言い表せない塗炭の苦しみ、苦難の歴史の上にあることを噛み締めながら、静かに頭を垂れたいと思います。
     我が国は、戦後一貫して、平和を重んじる国として、ひたすらに歩んでまいりました。戦争の惨禍を決して繰り返してはならない。この決然たる誓いを貫き、万人が心豊かに暮らせる世の中を実現する。そのことに不断の努力を重ねていくことを、改めて、御霊にお誓い申し上げます。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年6月6日2017年)
     日本が初の開催国となった、プーチン大統領肝いりの「ロシアの季節」。世界最高峰のバレリーナ、ザハロヴァさんの公演の余韻が残る中、ご主人でやはり世界的なヴァイオリニストのレーピンさんと共に、お会いすることができました。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年6月2日2017年)
     今日は、沖縄の「かりゆしウェア」を着た閣議です。爽やかなかりゆしを着て、日本を元気にしていきたいと思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年5月30日2017年)
     国連の象徴であるブルーベレーに、真っ黒に日焼けした精悍な顔。
     日の丸を背負って、我が国の国際貢献への強い決意を、灼熱の現場で身をもって示してくれました。
     本当に誇りに思います。
     南スーダンPKO第1次隊から第11次隊に至るまで、のべ3854名の派遣隊員の一人一人に、心より敬意を表します。
     そして、隊員を送り出してくれた御家族にも、改めて、感謝申し上げたいと思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年5月29日2017年)
     伊勢志摩サミットから1年、リーダーたちの顔ぶれは大きく変わりました。私にとって6度目のサミットとなりましたが、今回も、これまで同様、胸襟を開いて、率直で、熱のこもった議論を交わしました。世界の様々な課題について、共に手を携えて行動していく。強い結束を、改めて、確認することができました。
     しかしながら、私たちG7が共有する基本的な価値が、かつてない挑戦を受けています。北朝鮮の問題は、東アジアにとどまらず、世界全体の脅威であることを、今回、G7のリーダーたちと共有しました。
     今、問われているのは、平和を守り、法の支配を貫徹する、国際社会の「意志」であり、その意志を担保する「具体的なアクション」であります。
    トランプ大統領とは、日米が、北朝鮮に対し、さらなる制裁などの圧力を強めるために協力することに合意しました。サミットでも、制裁などの措置を強化する用意があることで完全に一致しました。拉致問題の即時解決に向けた決意も共有しました。
     この北朝鮮問題を、今回のサミットにおいて最優先事項と位置づけ、力強いメッセージをまとめてくれた、議長であるジェンティローニ首相のリーダーシップに、感謝したいと思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年5月28日2017年)
    「大日本帝国海軍第二特務艦隊戦死者之墓」にお参りをいたしました。
第一次世界大戦中、第二特務艦隊は、ここマルタを基地として、船団護送のため働きました。
     ちょうど100年前です。駆逐艦「榊」が魚雷を受け大破、多数の乗員が命を落としました。
 お墓には、遺骨や、遺灰が納められています。
 万感の思いを込め、御霊の平安をお祈りしました。
     日本は、世界から信頼されていますと、申し上げました。
     日本はこれからも、国際協調に基づく、積極的平和主義を貫きます。墓前で、誓いました。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年5月27日2017年)
     英国マンチェスターにおけるテロを受けて急遽、テロや暴力的過激主義との闘いに関する共同声明を出すことになりました。
     残忍なテロ行為の犠牲者、ご家族に対し、深く哀悼の意を表するとともに、あらゆる形態のテロを厳しく非難します。
     G7 として、昨年の伊勢志摩サミットで採択された行動計画を完全に実施することを確認するとともに、できるだけ早く担当閣僚が集まり、対策を一層強化することといたしました。
     特に、インターネットの悪用、外国人戦闘員の国際移動、テロ組織への資金供与に対処するとともに、国際組織犯罪防止条約を含めた全ての関連する国際文書の履行に向けて協力していくことで一致しました。今後も各国と連携して、断固としてテロに立ち向かっていきます。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年5月25日2017年)
     G7サミット出席のため、イタリア・タオルミーナに向かいます。
     共通の価値観を持つG7のリーダー達と、北朝鮮、テロを含め世界のあらゆる課題について、じっくり議論してきたいと思います。

    *****
    G7:アメリカ イギリス フランス
    日本 ドイツ イタリア カナダ

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年5月10日2017年)
     いよいよ、ラグビーの強豪が集う世界大会が、日本にやってきます。
     本日、ラグビーワールドカップ2019のキックオフとして、組み分け抽選会が開かれました。英国、アイルランド以外で開かれたのは、初めてです。私も、日本チームのグループを決めるという大役を任され、大変緊張しました。日本は、アイルランド、スコットランドと同じ組になりました。
     今から2年後が待ち遠しいです。世界の皆さんを最高のおもてなしでお迎えしたいと思います。

  • 連休中でも揺れる…
     災害や地震は忘れた頃にやって来る。忘れてはいないけれども
    ......,,,,,............今年も来年も
    ............東北も関東も東海も南海も
    ........災害や地震が起きませんように!
    .......,,,,...............2017年
     巨大地震・巨大津波が起こりませんように。
     惑星のカケラや彗星とも衝突しませんように。
     天変地異がおこりませんように。
     災害が起きても一人の犠牲者も出ませんように。
     巨大噴火も災害が起こりませんように。
    ..........,,,.......,,,...2018年

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年5月2日2017年)
    「思った以上にたくさんのお客さんが来てくださっている。もっともっと来ていただけるように、みんなで商店街を盛り上げていきたい。」
     吉野新復興大臣と訪れた南三陸と女川の商店街では、元気な皆さまの笑顔と再会することができました。東松島の宮野森小学校では、木のぬくもりに満ちた新しい校舎で、元気いっぱいの子供たちが学んでいました。
     地域の皆さまの情熱と努力で、新たな拠点、新たな人の流れができ、復興が前進しています。
     石巻、閖上で、献花、黙とうをいたしました。東日本大震災でお亡くなりになられた多くの方々の思いを深く胸に刻んで、復興に全力で取り組んでいく決意を新たにしました。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年4月29日2017年)
     チェッカーズ(英国首相の公式別荘)にお招きいただくという、メイ首相の特別なおもてなしに心から感謝します。
     英国は今、EUからの離脱に向けて、大きな変化の中にあります。メイ首相に対しては、日系企業を含め、円滑な企業活動の維持のため、引き続きの配慮をお願いしました。世界で保護主義の動きが顕著になる中で、日欧が米国と共に、自由貿易の旗を高く掲げ続けなければなりません。日EU EPAの早期の大枠合意を実現するために、今後とも日英で緊密に協力していきます。
     北朝鮮の核・ミサイル開発については、緊密に連携し、挑発行動の自制と国連安保理決議の遵守を強く求めることで一致しました。
     メイ首相とは、1か月後、イタリアで開催されるG7サミットで再会します。G7の価値・結束・責任は揺るがず、G7が国際秩序の牽引者であることを、共に示していきたいと思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年4月28日2017年)
     モスクワは4年ぶりです。温かく迎えてくださったプーチン大統領、ロシア国民の皆様に心から感謝します。
     歴史上初めて、元島民の方々に航空機を利用して御墓参りをしていただくことが決まりました。6月中に、国後島、択捉島のご先祖のお墓にお参りしていただきたいと思います。これまで一ヶ所に限られていた出入域手続については、8月にも、歯舞群島の付近でも、行えるようにしたいと思います。
     北方四島における共同経済活動については、5月中にも官民による現地調査団を派遣することに合意しました。いよいよ、日露双方の手によって、プロジェクトの具体化が始まります。
     はじめは小さくとも、こうした協力を積み重ね、共同経済活動を大きく発展させていきたい。そのような双方の努力の向こうに、日露の平和条約があります。
     私が昨年ソチで提案した8項目の協力プランも着実に前進しています。医療、都市環境などの分野で、多くのロシア国民が日露関係の発展を実感するよう、さらに具体化を進めていきます。
     本年もあらゆる機会を捉えて、幅広い分野で日露関係を進展させていく。その強い決意を新たにしています。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年4月27日2017年)
     プーチン大統領とは、昨年12月の長門会談の成果の上に、平和条約交渉を着実に前進させていきたいと思います。そのために北方四島での共同経済活動、そして元島民の皆さんの自由な墓参の実現について、大きな一歩を記したいと考えています。
     さらには、喫緊の課題である緊迫する北朝鮮情勢について、またシリア情勢について、様々な世界の課題について率直に意見交換を行い、共に連携して取り組んでいくこととしたいと考えています。

    *****
    ロシア訪問! 連携!

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年4月26日2017年)
     先ほど今村復興大臣から辞表を受け取りました。東日本大震災からの復興は、政権発足以来、安倍内閣の最重要課題です。そして被災地の皆さまの心に寄り添いながら、復興に全力を挙げる。これは揺るぎない内閣の基本方針であります。
     にもかかわらず、昨日、今村大臣の講演において、被災地の皆さまのお気持ちを傷つける極めて不適切な発言がありました。復興大臣にとって最も大切な被災地の皆さまの信頼を失う重大な発言であり、辞職したいとの今村大臣の意向を受けて、辞表を受理することといたしました。
     内閣総理大臣として、改めて、被災地の皆さまに深くお詫びを申し上げます。任命責任はもとより、内閣総理大臣たる私にあります。こうした結果となりましたことに対しまして、国民の皆さまに心からお詫びを申し上げます。
     復興は未だ道半ばであり、今も多くの方々が大変な困難に直面しておられます。一日たりとも停滞は許されません。被災地福島の出身であり、そして発災以来、復旧・復興に全力を挙げてきた、現在、衆議院の東日本大震災復興特別委員会の委員長を務める吉野 正芳さんに、後任の復興大臣をお願いすることといたしました。
    「東北の復興なくして日本の再生なし」、この基本方針のもと、東北の復興、福島の再生に全力で取り組んでまいります。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年4月25日2017年)
     2025年の万博開催国として立候補しました。
     開催地は、1970年、アジアで初の国際博覧会を開催し、大成功を収めた経験をもつ大阪です。
     あれから約半世紀を経て、技術の力も借りて一人一人がもっと幸せになれる社会のあり方について、日本から、世界に発信していきます。

    *****
    東京オリンピック! 大阪万博!

  •  災害や地震は忘れた頃にやって来る。忘れてはいないけれども
    ......,,,,,............今年も来年も
    ............東北も関東も東海も南海も
    ........災害や地震が起きませんように!
    .......,,,,...............2017年
     巨大地震・巨大津波が起こりませんように。
     惑星のカケラや彗星とも衝突しませんように。
     天変地異がおこりませんように。
     災害が起きても一人の犠牲者も出ませんように。
     巨大噴火も災害が起こりませんように。
    ..........,,,.......,,,...2018年

  • 安倍首相は<左翼の聞くに堪えないヘイト投稿>など風雪に耐え、本当に良く頑張っている。

    よくまあ、北朝鮮ばりのあの手この手の<左翼の汚い誹謗中傷>、暴言は、<左翼の愚劣な本性>が見えて、冷静な国民は嫌悪感や不信感を一層強めるだろうね。

    安倍政権の支持率はどんどん上がり、愚劣な左翼の汚い表現に、民進党の支持率はどんどん下がる。

  • <<
  • 1727 1697
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア