ここから本文です
  • 1

    *****

    日本経済新聞 2012-12-27

     自民、公明両党の連立による第2次安倍晋三内閣が26日夜、発足した。自公両党の政権復帰は2009年9月に退陣した麻生内閣以来、約3年3カ月ぶり。安倍氏の首相就任は前回の06年9月以来2度目となる。首相は首相官邸での就任後初の記者会見で「政権に課せられた使命はまず強い経済を取り戻すことだ」と述べ、金融・財政政策と成長戦略を総動員して景気回復をめざす考えを表明した。

     首相は会見で「危機突破内閣を組織した」と説明。全閣僚に経済再生と東日本大震災からの復興、危機管理の3点に全力で取り組むよう指示したことを明らかにした。経済再生では「内閣の総力をあげて大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の三本の矢で力強く経済政策を進めて結果を出す」と強調。

     首相は政府が憲法解釈で禁じている集団的自衛権の行使について、前回の第1次安倍内閣で設置した「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の有識者から再び意見を聴取して検討を始めると表明。「内閣をあげて外交・安全保障体制の強化に取り組む」として日本版NSC(国家安全保障会議)の設置をめざすと強調した。

     環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加については「十分な情報を分析してから総合的に検討していきたい」と語った。社会保障と税の一体改革に関しては、自民、公明、民主の3党合意を踏まえて対応する考えを改めて強調。インターネットを活用した選挙活動については来年夏の参院選までに解禁をめざす意向を示した。

     首相は同日午後の衆参両院本会議の首相指名選挙で選出された後、直ちに官邸入りし、18人の閣僚を任命した。同日夜の皇居での首相の親任式、閣僚の認証式を経て内閣は正式に発足した。

     内閣・党役員人事では来夏の参院選をにらみ党人事で清新さをアピールする一方、閣内は安定感を重視し、枢要ポストに有力者や政策に詳しい議員を多く配置した。首相は経済再生を最優先課題に掲げており、実績を重ねて景気浮揚を実現し、参院選で自公両党で過半数を確保したい考え。金融政策を担う日銀にも一段の金融緩和を求めている。

    ***************************

    閣僚の顔ぶれを見ると、それぞれ担当の分野に精通した専門的知見の持ち主を配しており、極めて重厚な内閣だ。是非とも日本再興に尽力して欲しいものである。期待を込めて注視したい。

  • <<
  • 1882 1862
  • >>
  • 1882(最新)

    hh1***** 5月25日 18:42

    安倍総理のメッセージ(平成30年5月25日2018年)
     北朝鮮の問題については、米朝首脳会談に向けてトランプ大統領と緊密に連携をとっており、その方針や認識について完全に一致してきています。
     そうした中で、今回、米朝首脳会談が実施されなくなったことは残念ではありますが、今回のトランプ大統領の判断を尊重し、支持します。
     大切なことは、核・ミサイル問題、そして何よりも重要な拉致問題が実質的に前進する機会となる、そのような首脳会談にしなければならないということであります。
     今後、日米、そして日米韓、またロシア、中国、国際社会としっかり連携し、様々な問題の解決のために全力を尽くしていきたいと思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年5月20日2018年)
     巡視船やしまに乗艦しました。今から海上保安庁観閲式に参加します。

     6年ぶりに開催された海上保安庁の観閲式・総合訓練。
     巡視船や航空機を縦横に操り、ヘリコプターから要救助者目掛けて正確に降下、逃走する容疑船に素早く乗り移る。その錬度の高い動きを目の当たりにし、大変頼もしく思いました。
     今年は、海上保安制度創設70周年の節目の年に当たります。今この瞬間も、海における様々な脅威に対峙し、海の安全確保という我が国の根幹を成す使命を、実直に、そして立派に果たしている海上保安官に、心から敬意を表します。
     海上保安庁の歴史に裏打ちされた「現場力」を力に、これまで以上に多くの重要な使命を果たしていくことを期待しています。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年5月11日2018年)
     米朝(首脳)会談の日にちと場所が、正式に決定したことを歓迎したいと思います。
     この歴史的な米朝会談によって、核問題、そしてミサイル問題、何よりも重要な拉致問題が前進していく。そういう機会になることを強く期待したいと思います。
     これからこの米朝会談に向けて、準備がさらに進んでいくと思います。
     その準備において、日本側の考えをしっかりと米国に伝えながら、米国と共に準備を進めていきたいと思いますし、
     またトランプ大統領とも電話等を通じて、
     綿密に連携をとっていきたい。
     そして、この米朝会談が成功し、北朝鮮に関わる諸問題が解決するよう、日本としても全力を尽くしていく決意であります。
     そのためにも何よりも、日米で、日米韓で、あるいは中国やロシア、国際社会としっかりと連携していくことが大切であろうと思います。
     その中で日本もしっかりと、その役割を果たしてまいります。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年5月9日2018年)
     北東アジア情勢が大きく動く中、中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領を日本にお迎えして、日中韓サミットを開催します。議長をつとめるため、今、直前の打ち合わせ中。率直に意見を交わしたいと思っています。
     
     日中韓サミットが終わりました。大変充実した議論を行うことができました。終了後に控室にて。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年5月4日2018年)
     先ほど、中国の習近平主席と電話による首脳会談を行いました。日本の首相と中国の主席が電話会談を行うことは初めてのことでありますが、これは正に日中関係の改善が進んでいるということ。そして、北朝鮮のような課題について、国際的な課題について、共に緊密に連携を取っていく。電話会談を行い、連携を取っていく姿を国際社会に示していくということは極めて重要であるという考えで一致をいたしました。本日は、北朝鮮の問題、そして日中関係についてお話をいたしました。先般の板門店宣言において、完全な非核化が盛り込まれたことを評価するということについて、習近平主席と一致をしたところであります。そして、累次の(国連)安保理決議をしっかりと実行していくことは極めて重要であると、そして実行していくということについても習近平主席と一致をしたところであります。北朝鮮が具体的な行動を取るよう国際社会と連携し、強く求めていかなければならないと考えています。私からは、北朝鮮が核・ミサイル問題の解決に向けて進み出すことについて、中国の働きかけに対し、習主席の働きかけに対して、改めて敬意を示したところであります。今後とも日中で連携をして、この問題に対応していくということについても一致をしたところであります。昨年、ベトナムのダナンにおける首脳会談、新しいスタートとなったという認識を習近平主席と共有しているところでありますが、今月、李克強首相が8年ぶりに日本を訪問をします。首脳レベルの往来を契機に日中平和友好条約締結40周年の本年、あらゆる分野における国民同士の交流を飛躍的に拡大し、新しいスタートを切った日中関係を次なる段階へと引き上げていこうということでも一致をしたところであります。今回、初めての電話会談となったわけでありますが、このように様々な課題に、正に地域の平和と安定に責任を有する両首脳が意思疎通を図っていくということについても一致をしたところでありますが、今後ともこうした機会を捉えて、日中関係を緊密にし、関係を発展させていきたい、このように思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年5月3日2018年)
     10年前、一次政権の時にスタートした、パレスチナの大地に平和と繁栄の回廊をつくる試みは、今、たくさんの地場産業と雇用を生み出しつつあります。日本、ヨルダン、イスラエル、パレスチナの四者が手を携え、かつての荒れ地は、パレスチナの人々に経済的な自立と未来への自信を生み出し、立場の違いを超えて相互の信頼を育む場所へと、生まれ変わりました。日本は、これからも中東和平のために、日本ならではのやり方で大きな役割を果たしていく決意です。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年5月2日2018年)
     ヨルダンは、シリア難民の受け入れなど、長年、地域の安定に中核的な役割を果たしてきました。我が国にとって、中東における偉大なパートナーです。アブドッラー国王陛下と、中東情勢全般について突っ込んだ意見交換を行わせていただき、今後とも、この地域の平和と安定のために力を合わせていくことで一致しました。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月30日2018年)
     アラブ首長国連邦は5年ぶりの訪問です。これまでの友好関係の上に、今般、我が国の海上油田権益が40年間更新されました。今後、エネルギーのみならず、あらゆる分野で、両国の経済関係を深化させていきたいと考えています。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月29日2018年)
 また拉致問題についても、文在寅大統領から先方に、私の考え方を伝えていただいた。その重要性について、伝えていただいたわけでございますが、米朝首脳会談の機会を生かして、この問題が前進するように、これからも全力を尽くしていきたいと思っております。
 この後、徐薫国情院長から詳細について、お話を伺うことになります。
    (質問)
 金正恩国民委員長から、日本人拉致問題について、具体的にどのような言葉があったかの説明は、文在寅大統領からあったのでしょうか?
    (安倍総理)
 詳細については、この場で紹介することは控えさせていただきます。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月29日2018年)
    (質問)
 日韓電話首脳会談では、文在寅大統領とどのようなやりとりがありましたでしょうか?また拉致問題については、言及ありましたでしょうか?
    (安倍総理)
 先ほど、文在寅大統領と電話首脳会談を行いました。南北の首脳会談について、説明をしていただきました。
 詳しくはこの後、現在この南北の首脳会談の説明のために訪日をしている、徐薫国情院長とお目にかかって、お伺いをするという風になっています。
 北朝鮮をめぐる問題については、日韓で、そして日米韓において、詳細な打ち合わせを行い、対応方針を決め、実行してきたところであります。
 そして、南北首脳会談においても、日韓で、日米韓で、話し合ってきたところでありますが、今回の南北首脳会談においても、ここで我々が方針を決めてきたラインに則って、南北の首脳会談が行われたということが、確認されたわけでありました。お互いにそれを確認し合ったということであります。
 そしてまた、私の方からは、板門店宣言に朝鮮半島の完全な非核化が、明記されたことを評価いたしました。具体的に北朝鮮が行動をとるよう、我々も努力をしていこうということで、一致をしたところでございます。
 米朝の首脳会談に向けて、今後さらに日韓においても連携をしながら、日韓米で、核兵器を含む大量破壊兵器、あるいは、あらゆる弾道ミサイルの廃棄に向けて、日本も連携をしながら努力をしていきたい。このように思います。
 そして文在寅大統領から、拉致問題について、そして日朝関係について、金正恩国民委員長に話をした。私の考えを伝えたというお話がございました。詳細については、現段階では申し上げることができませんが、私から要請したことについて、しっかりと提案をしていただいた文在寅大統領の誠意に対して、感謝申し上げたいと、このように思います。
 今後、日韓中の首脳会談の際に、文在寅大統領が来日をされるわけでございますが、米朝首脳会談の前に行われる、この日韓の首脳会談において、しっかりと今後、我々が今まで話し合ってきたラインに則って、北東アジアの平和と安定を実現するために、有意義な会談にしたいということでも、一致をしたことでございます。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月28日2018年)
     先ほど、南北首脳会談の説明を受けるため、韓国の文在寅大統領と電話首脳会談を行いました。そして、今から、中東に向けて出発します。この地域では、難民支援、経済開発支援など、長年にわたって日本ならではの貢献を行い、友好、信頼関係を築いてきました。こうした関係をさらに重層的なものに深化させながら、この地域の平和と安定に日本として大きな役割を果たす考えです。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月27日2018年)
     本日、文在寅大統領と金正恩国民委員長が北朝鮮の非核化等について真剣に議論したことを、北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた前向きな動きと歓迎します。
     また、今回の会談の実現に至るまでの韓国政府の努力を称賛したいと考えています。
     今回の会談を受け、そして米朝首脳会談を通じ、北朝鮮が具体的な行動を取ることを強く期待しています。北朝鮮の今後の動向を注視してまいります。
     また、具体的な中身については今後、文在寅大統領から直接電話でお話を伺うことになっておりまして、文在寅大統領の受け止めも含め、詳しくお話を伺いたいと思っています。
     いずれにせよ、拉致・核・ミサイルの包括的な解決に向け、そして米朝首脳会談に向け、日米韓で緊密に連携していきたいと思います。こうした問題の解決に向け、更には中国やロシア、国際社会ともしっかりと連携していきたいと考えています。
     今回の声明については、過去の声明もあります。盧武鉉大統領と金正日委員長との間で発出された声明があります。そうした声明との比較・分析等も行いながら我々、今後の対応、取組をよく考えていきたいと思います。
     いずれにせよ文在寅大統領、あるいはトランプ大統領とも緊密に連携を取り合っていきたいと考えています。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月27日2018年)
     昨日、平昌オリンピック・パラリンピックの選手の皆さんを、官邸にお招きしました。日本中にたくさんの感動と勇気を与えてくれた皆さんに、感謝状をお送りしました。東京オリンピック・パラリンピックは、いよいよ2年後。世界中にたくさんの感動が生まれる素晴らしい大会にしたいと考えています。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月21日2018年)
    (質問)北朝鮮が核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験中止を表明しましたが、受け止めと今後の対応についてお聞かせください。
    (安倍総理)この北朝鮮の発信については、前向きな動きと歓迎したいと思います。ただ大切なことは、この動きが、核、大量破壊兵器の、そしてミサイルの、完全、検証可能、不可逆的な廃棄につながっていくかどうか、それをしっかりと注視していきたいと思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月19日2018年)
     この二日間、食事やゴルフなど、7時間以上の時間をトランプ大統領と過ごし、くつろいだ雰囲気の中、充実した会談ができました。
     来る米朝首脳会談に向け、トランプ大統領と、様々な展開を想定し、具体的かつ相当突っ込んだ形で、方針の綿密なすり合わせを行いました。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月18日2018年)
     フロリダに到着し、早速トランプ大統領との首脳会談に臨みました。今日は、大半を北朝鮮問題に費やし、非常に重要な点で認識を一致させることができました。
    「日本のために最善となるようベストを尽くす」
     トランプ大統領は、来る米朝首脳会談で拉致問題を取り上げることを確約してくれました。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月17日2018年)
     今から、アメリカに向けて出発します。二日間にわたり、たっぷりと時間をかけて、トランプ大統領と、世界の様々な課題について語り合いたいと思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月13日2018年)
     本日は、大阪で、熱意あふれる中小企業のものづくりの現場、ラグビーワールドカップに向けて準備が進む花園ラグビー場を訪問しました。大阪は、本当に元気いっぱいでした!

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月4日2018年)
     今年度、新たに国家公務員となった諸君に対し、細心かつ大胆に職務を遂行してほしい、と訓示しました。
     “国民全体の奉仕者として職務に邁進する”
     決意表明した、今の気持ちを大切に、若い感性、柔軟性、突破力を発揮し、行政のプロとして、大いに活躍してほしいと思います。

  • 安倍総理のメッセージ(平成30年4月2日2018年)
     新入生・新入社員の皆さま、おめでとうございます。
     約40年近く前、私も皆さまと同じように新入式を迎えました。当時の写真を見ると、とても痩せっぽっちで、不安そうな顔で写っていました。でも、新たな人生のスタートに、とても気持ちはワクワクしていました。
     新しい人生のスタートに立った皆さま、頑張ってください!応援しています!

  • <<
  • 1882 1862
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託