ここから本文です
  • <<
  • 193 172
  • >>
  • 193(最新)

    Yoshinada. あまり思わない 6月8日 13:37

    Title:鯨のふぐりに消化のわるいプラスティックの件
    消化の悪いナフサ原料のプラスティックは納豆菌で分解してあげるのがくじら医院の役割ですから、消化不良で困っている便秘くじらに下剤じゃんばくて、納豆菌錠剤を与える運動でもタマにしたらどうか。私は動物実験に反対だから、動物でなくて人間で実験してから七海鯨に処方は慎重意見もあること。
    [ ♥p]!PN:Yoshinada.0806H30

    日本の捕鯨を中止せよ Title:鯨のふぐりに消化のわるいプラスティックの件 消化の悪いナフサ原料のプラスティックは納豆菌

  • >>174

    調査捕鯨で犠牲になったクジラさんあなたの命、頂きます合唱。
    頂きますで何が悪い。

    せっかく生きながらえた命、何が原因か知らだいけれど浜に打ち上げられた多くのクジラ
    人の手で結局、浜に埋められる運命、人の手と金を使って、そんなだったら人の手を煩わせるくらいなら
    あなたの命、生きている間に人の為に食べていただいた方がよいと思う。

    食わず嫌いの方には食べていただかなくて結構。

    食物、野菜ににしろ飼育された家畜や、海の幸を頂いておりながらクジラやイルカだけを目の敵に言うのは
    どうかと思います。
    其れならいっそうベジタリアン野菜、穀物、木の芽やくだ物ぐらいで生きた動物や魚など一切口にしなければ
    良いのでは。

    きれいごとを言っていれば皆、北朝鮮じゃないけれど餓死して死んでしまうと思いますよ。
    そんな食生活、まっぴらですよ。

    何方か反論どうぞ。

  • >>190

    私が変な人と思われている以上、世界は安定した環境に戻りません。
    私のような意見が、普通になったとき、初めて安定した環境に人類が住めるのでしょう。

  • 日本の捕鯨は、昔昔から日本の文化だ。
    捕鯨反対と唱える皆さん、寿司文化を否定なさいますか? 全世界でマグロを消費しているのはどこの国?
    其のことをうやむやにしてクジラを取るのそんなに悪いこと・・?

    今の団塊の世代、幼少の学校給食、クジラの肉とアメリカからの援助の脱脂粉乳のあのおいしくないミルクの
    お蔭でなんとか生きながらえてきたと思う。

    豪SSどうにかして日本の調査捕鯨を阻止しようと高速艇を投入して阻止の構えだが・・。

    良くニュースであちこちの浜に数十頭単位で浜に打ち上げられているクジラのこと報じられていますが
    マーァもったいない話。

    せっかく生きて死ぬのであれば人の為に死ねばよいのにと思うの私だけ・・・・・?
    皆さんのご意見はどのようでしょうか・・。

  • 適正固定数30億を達成しても産業革命は再来しない。

    淘汰と進化とは、ORの関係ではなくANDの関係であることが望ましいわけですが、あえてORの関係にあると考えることで、現象の全てを進化と捉えることもできる。
    他者が食料化できないものを食料化しうることは、人類(日本人)の進化であると日本人は考えているわけであって、貨幣論となじまないのはこのため。日本人だけが貨幣経済と切り離して鯨食できるというイメージ作りは賢くない。我々は自国の進化にのみ専念してはならないのである。
    近年、食用になることでしか金を稼げなくなった鯨に比して、イルカは芸をすることで金を稼ぐので経済的人気が高いが、このことをもってイルカ人気に鯨が淘汰されたと考えるのは早々にすぎる。
    SSは鯨が芸達者であるという事実の公表を怠っている。SSの怠慢によらなくても例えば、TPPによる鯨芸の自由化について、我々はこのことをイルカ芸による鯨芸の淘汰と捉えるのではく、鯨芸進化のチャンスと捉えるべきなのである。
    イルカ芸はポピュリズム化(一般化)原因により淘汰範疇なされてきたが、鯨芸はポピュリズム化することがないので、常にキャッチオール化によってのみ進化してきたのであった。ライフサスティナビリティにとってキャッチオール政策はポピュリズム政策よりも優位にある。

    ■!PN:吉っつあん。

  • IWCでの表決では半分以上が捕鯨に賛成だと言われてます。其れが結果として認められないのは米国の仕掛けた3分の2条項の為です。更に最近は豪州や新西蘭が煩いがこいつ等はテキサスの牛飼いにセッツカレて今は二カ国が反対運動の先頭に立ってるのです。更に米国は海も無いアフリカの国を10カ国ぐらい入れて反対票を入れるように動かしてます。それでも賛成派半分以上有るのです。更に言えば先日の裁判での表決の際には東大出の優秀といわれる馬鹿官僚が何の根拠も無く充分な根回しもせずに放置した結果で負けたのです。こいつがその後どうなったかは存じ上げませんが阿倍さんから厳しく叱責されたそうです。いずれにしても鯨を殺すのは可愛そうだとの宣伝に惑わされ米国,オーストラリア、新西蘭の牛肉生産国の宣伝に乗せられ捕鯨反対と言う間抜けには呆れる。最近は中国の輸入量の増加に羊を止めて牛を増産することになったようです。鯨の食文化を知らずに分かったようなことを抜かす軽薄な奴には呆れる。

  • >>181

    調査捕鯨で日本は姑息な国と見られている、これは国益に大きく反する、国家イメージも悪くなっている。

  • 農水省の役人が数名天下りして勤める財団がある、そこは調査捕鯨がらみの利権会社だ、こんな国民を裏切った行為はない、毎年10億円以上の援助が国から出ている、既に80億円以上の税金が注ぎ込まれている、調査捕鯨とは茶番であった、極少数の天下り組織のために永遠と継続して、ある国会議員の地元擁護でもあり、国民の税金を政府は垂れ流していたのだ、多くの先進国が反対しても頑固にごり押しした裏にはこんな醜い利権があった、既に米国もこの事実には気が付いている、日本の行政の出鱈目を露呈し、日本の信用とイメージを大きく損なっている、即茶番の調査捕鯨を停止すべき。

  • わたしがおもうに、いま捕鯨をつづけろと言っている人たちは、たとえて言えば明治時代にちょんまげを切るのに反対していた人たちとおなじレベルだとおもいます、たしかにくじら屋の板さんにはもうしわけあないが、ほかの料理にきりかえられてもいいかと・・・

  • 調査するための捕鯨なら、毎年捕獲する必要などない。三年に一度くらいで十分だろうに。
    それも、ひょっとするとわざわざ捕獲しなくても調査できるのかも。
    調査捕鯨を冠して毎年捕鯨するような無理筋なことを強引にするから、日本は小ずるい国だと世界各国から思われて、国益を損なっていると思う。

    かって南極商業捕鯨をやっていたころは、参加していた国は、日本、ノルウェー位しかなかった思う。

    もし、今、南極商業捕鯨を再開したら、日本、ノルウェーの参加に加えて、中国、韓国は絶対に参加するだろう。そうなれば、南極のクジラなど、またたくまにとり尽くされるだろう。
    そしてその責任を取らされるのは、南極商業捕鯨再開を推し進めた日本となるのではと心配する。

  • >>179

    例外が認められるか、地域限定で認めること、これは私がOKしても無駄なことですね、
    国際協定で盛り込むことだと思います、大型船で日本国として捕鯨することがなければ宜しいかと思います。

  • >>178

    まあ、確かに団塊の世代の「貧しい食生活の記憶」は、記録として残せばいいだけかもしれない。お世辞にも「美味しい」とは言えない鯨肉を、絶対食べたいとも思わないからね。
    -----------------------------------------------------------------
    現在、世界で行われている捕鯨は、次のタイプに分けられます。
    I)先住民生存捕鯨[ICRW附表第13項(IWCによる決定)]

    国名・地域 捕獲対象種 資源状況 年間捕獲頭数
    米国・アラスカエスキモー
    ロシア・チュクチ先住民 ホッキョククジラ 約8,000頭 67頭
    米国ワシントン州マカ族
    ロシア・チュクチ先住民 コククジラ 約26,300頭 140頭
    デンマーク・グリーンランド住民 ナガスクジラ 約47,300頭 19頭
    ミンククジラ 約30,000頭 175頭
    セント・ビンセント(ベックェイ島沿岸) ザトウクジラ 約10,000頭 20頭


    II)ノルウェーの商業捕鯨[ICRW第5条(モラトリアムへの異議申し立てによるもの)]

    地域 捕獲対象種 資源状況 年間捕獲頭数 推定生産量
    北大西洋 ミンククジラ 約107,000頭 96年 388頭(425)
    97年 503頭(580)
    98年 625頭(671)
    99年 589頭(753)
    00年 487頭(655)
    01年 552頭(549)
    02年 634頭(674)
    03年 647頭(711)
    04年 544頭(670)
    05年 639頭(797)
    06年 546頭(1052)
    07年 -----(1052) 約2,500トン
    ( )内は捕獲枠

    III)IWC非加盟国による捕鯨実績

    国名・地域 捕獲対象種 資源状況 年間捕獲頭数 推定生産量
    フィリピン(フィリピン沿岸) ニタリクジラ 不明 約5頭 約100トン以上
    インドネシア(レンバタ島) マッコウクジラ 20~50頭 数百トン規模
    カナダ(北極海沿岸住民) ホッキョククジラ 悪い 申請があった時のみ
    http://www.whaling.jp/qa.html#02_01
    ----------------------------------------------------
    先住民と同じ枠を、江戸時代から捕鯨してる地域に限って認めることもダメですか?

  • >>177

    オーストラリアは奉迎はやりません、オーストラリアの国内の世論が許さない、
    オーストラリアのマグロ御殿?クジラと関係無し、和食文化としてでクジラを語りたいのであれば歴史として残せば良いのです。これ程世界の多くの国から反対されている捕鯨をほんの一分のグルメの為に残すことはない。

  • >>176

    捕鯨を止めても日本の未来は暗い。

    >車離れと言いますが若い人の収入が少なく車を買えないのです

    全くその通り。要は民間の賃金を上げて国内市場を大きくし、経済循環をよくしなければならない。資本論でいう二部門三価値構成でいうV1+V2=W2が、今の日本国内では成立していないのだ。

    しかし、捕鯨だけ?オーストラリアには日本向けで儲けた連中が「マグロ御殿」を建ててる。今度は日本の捕鯨だけ禁止して、連中が捕鯨をやるのかな?

    そんなに卑屈にならずに、堂々と鯨肉は和食の伝統としてあることを主張すべきだ。量的適正化は必要だろうけどね。

  • >>175

    団塊の年代の方が懐かしく思うことは記憶としてのこせば宜しいかと思います、日本は今イギリスが辿ったような右下がりの経済になろうとしてます、高齢化による経済成長の鈍化です、車離れと言いますが若い人の収入が少なく車を買えないのです、消費の鈍化、この落ち込みを少しでも少なくしなくては日本の未来は暗いものです、クジラで頑張ってオーストラリアやニュージーランドを敵に回すようなことはやめにすべきです、この両国は今後日本の輸出が伸ばせる少ない相手です、オーストラリアは日本の製品の高さを認めていますが、日本から買うことに抵抗を持つ人が多いのは、捕鯨です、買うに買えないのがオーストラリアです、今話題になっている日本からの潜水艦輸入、軍事品ですが潜水艦には様々な製品が使われます、轍・ガラスもケーブルもレーダーも、1艘、2000億円以上もする製品が及ぼす貢献は大きいものです、潜水艦は一例ですが、彼ら白人はイメージが大きく支配する人種です、彼らが嫌がる捕鯨をやってもマイナスのほうが明らかに大きいものです、打算的と思われますが多くの先進国が非難する捕鯨を無理に続けることは無いでしょう。

  • >>174

    鯨が日本の食文化だというのは、嘘ですか?

    まあ確かに最近は外国産の牛肉が安く手に入るので、クジラ肉は「美味しくない」と思えるようになりましたが、地方によっては、クジラ漁が江戸時代まで遡って文献上は確認できますから、あながち否定出来ないと思います。

    団塊の世代である我々が、飲み屋で「あのころは皆が貧しくて、旨くないクジラ肉がタンパク源だったな」と回想してるのですから、食文化かな?

    逆に今は飽食の時代で、もう食い飽きたが、中トロのまぐろ、油の乗った牛肉は、鯨肉よりはるかに美味しくて、日本は世界中の美味しい食い物を頂ける・・・

    不味い鯨肉は無くてもいいのですが、文字通り地域によって特区として残してもいいかもしれない。遠洋漁業だとすぐ捕りすぎるからな。

  • >>173

    驚いているのは、大臣どもの古臭い感覚だ、鯨が日本の食文化だと、嘘っぱちを並べるな、調査と言いながら裏で売りまくる、その金が政治献金でもされているのか、即捕鯨を止めろ。

  • 南氷洋での調査捕鯨の復活に向け「捕鯨の伝統と食文化を守る会」が15日、東京都千代田区の憲政記念館で開かれた。主催は日本捕鯨協会。

     日本の調査捕鯨をめぐってはオーストラリア政府が、調査中止を求め提訴。国際司法裁判所が3月31日、日本の訴えを退け、日本に調査捕鯨の許可取り消しなどを言い渡した。

     「会」に先立ち、超党派国会議員による捕鯨議員会議が開かれ、自民、民主など7党の議員が参加した。

     「会」では鯨の刺し身など料理が出され、林芳正農林水産相が挨拶。ある議員は「判決には驚いている。日本の食文化、伝統文化を守らなきゃいけない。判決の中身を精査して国際社会の理解を得られるようにする必要がある」と挨拶したという。

    数量的に適正な限度を設定するのは仕方がないと思うが、捕鯨を完全には止めてほしくない。クジラ肉は、私のような団塊の世代の、子供時代の思ひ出。いまでも時々竜田揚げを食しております。

    この問題の背景には、日本を陥れようとする世界の動きがある。背景には総理のスピーチ「私を軍国主義者と呼びたいならそう言ってもよい」発言があるような気がします。

  • >>171

    調査捕鯨と言いながらスーパーに売りに出している、誰が儲けているのだ、ある胡散臭い団体が利益を上げているだけだ、暴力団まがいなことをするな、外国も捕鯨を胡散臭い日本の部分と見ている、日本は誠意のある騙さない国として見られている、その信頼を裏切る胡散臭い捕鯨は即止めろ、他の輸出産業にも迷惑を掛けている。

  • <<
  • 193 172
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!