ここから本文です
  • 国は人口分布を調べるだけで何の政策も執って居ない、いわゆるダメ政権である、特養老人オームは希にあるだけだ、会社が経営する老人ホームは毎月25万円以上かかり、年金者には入ることが出来ない、国は国勢調査を金を掛けてしてるだけで何の政策も執っていない、未来予想は容易にできるものを、何のために保険金を払ってきたのか、郵政の簡易保険のように無駄に使ってしまい手持ちはゼロなのか、郵政の簡易保険の10兆円ものムダ使いは誰が責任を取ったのだ、郵政簡易保険で利益をえた人間の邸宅をいくつも知ってるが、なぜ差し押さえて老人ホームにしないのだ、10兆円もあれば今の施設不足は無かった、自民党政権のマイナスは赤字財政だけでは無い、国民はもっと厳しく政権を選ぶべきである、現役のサラリーマンに至っては更に厳しい状況になる、この是正を早急に改善すべきだ、景気刺激政策ばかりでは経済は良くならない、親の介護で安心して会社に行けない人間が続出している、これでは経済発展どころではない。

  • <<
  • 13 1
  • >>
  • 寒波のたびに6701人死亡とかニュースの流れるニューヨークようになるのか?ガクブル

  • >>2

    だめ政府の穴埋めをする私的な施設ですね、このような費用の安い老人施設が絶対に必要な日本、政府は介護への費用を減らしている場合ではない、日本の経済発展のためにも、介護者が会社を辞めずに済む社会を作るべきである。

  • 自民党政権は企業への援助は湯水のように金を出すが、弱者である高齢者への施設創りや支援はやらない、在宅看護を推進すると聞こえは良いが、結局は各家庭へ放り投げる政策である、団塊世代が80歳を迎える頃は年間1千万人以上が介護を必要となる、この状況は日本を必ず苦境へと追いやる事態になる、国勢調査をしたのなら政策と実行せねば意味がない、集合的に高齢者を集めてまとめて介護する方法が一番合理的である、医療コストも下がる、介護する人間も仕事を辞めずに済むのだ、この頃の介護者は両親2名の面倒を見ることになる、とても困難なことだ、高齢者の介護は想像を超える重労働である、介護施設の従事者の待遇も低すぎる、政府の政策は甘すぎる、後悔せぬうちに今から急ぎ公的な介護施設を造り雇用も作り出す努力をすべきだ、遅すぎるかも知れない。

  • >>9

    嘘を言ってるのはお前だ、何も勉強せずに投稿するな、介護のの何かも知らん奴が口出す場所ではない、
    無知を晒すな。

  • 息を吐くように虚言を並べるなよ。この嘘つき

    どこの統計に200~300待ちなんて記述があるんだね?
    オイラが外部監査している特別養護老人ホームなんぞ待機者は40人も居ない。
    しかもそのうち県・市町村が要請する特別養護老人ホーム入所相当とされるのは20人でうち14人は施設介護不可能という行政側の判定さえある
    待機者数が多い東京だって200人も居ない。延べ数統計であるから必然的に重複がある。
    そもそも介護者のほとんどが特養に入れたい、などというのはデマである
    要支援レベル・要介護3以下の要介護者を抱える介護者には相当数がショートステイ・デイケア・デイサービス利用で十分だと資料にもある

    分かった・・君が介護者で「厄介払い」したいだけだな?
    君が介護者だから、多くの介護者が「特養にぶち込みたい」などと思っているんだろう?

    実情を調べろ、などと根拠もない数字を並べて、虚言するのは、君が要支援レベルの要介護者を抱えて特養にぶち込みたいだけだろ?
    居るんだよな。面倒だから「特養」にしたい、という姥捨て山感覚の介護者

    そういう人間ほど、根拠もないデマな実情を並べているんだろうけどな

    どうせ、在宅でロクな介護もしていないのが、施設介護の悲惨さも知らずに「介護を語る」ってのがかなり多いのは、世界共通らしいしな

    まぁ、デマでしか語れない息を吐くように嘘を付ける人間なんだろうけどさ・・あんたw

  • >>4

    どこの特養も200~300人待ちである、介護者のほとんどが病気か通院中の人が特養に入れることを望んでいる、介護者が遊ぶために特養に入れるのではない、仕事をしながらの人もいるが自分もウツ病になり介護に大きな負担を感じている人等、投稿は自由だが実情を調べてしないとただ無駄な投稿となるので注意。

  • >>2

    認可されていない施設で相応なリスクを利用者が自己責任で利用できますか?

    認可制なのは、管理しないと無駄に行政経費が増えるからです
    貴方が言うような老人介護の自由化で待ち受けるのは、経済格差による介護格差ですw

    いいんですか?貴方の母親が、施設のオヤツの時間に、同じラウンジの利用者とは別のオヤツを食べていてもw

    貴方の母親は麩菓子、隣の老婦人はケーキ。
    貴方の母親は風呂は1週間に1度。隣の老婦人は毎日。
    オムツ交換は一日4回。尿意・便意があれば即時対応
    こういう介護格差は介護する側が辛いので日本では馴染まないですがねw海外ではありますからねw


    その格差は利用者が直面するもので、施設に放り込む側は、それで「終わり」になるでしょう・・・・放り込んでおいて、二度と来ない

    ああ・・なんか想像したら暗くなってきた。やめよう

  • >>3

    介護保険料の用途以前に、介護保険料を収めていないのが、その利益を受けている、という不思議・・・言うまでもないかw

    在宅介護環境整備については、上限が決まっているので不公平感はあまりない。年収の応能負担の意見は自治体によっては行われる話
    むしろ、介護保険サービスに関する情報・知識の不公平によって、介護格差が生まれる問題はあるかもしれない

    とりあえず、極論しておけば、重い介護になる前に、自死を選ぶ自由 を保障するべき時代になっている
    現実に、尊厳死が制度的に確立しつつある北欧諸国は社会保障費の軽減のために、医療拒否であるリヴィングウィルを推奨している
    家族のエゴで 意識もない状態で機械によって生かされる要介護者の姿を 施設に放り込んで<見ない・目を背けられる>日本の介護環境が異常だろう

    もっとも、要介護者は病院にとっては良い経営素材(入退院を任意で出来る)であるからこそ、日本の高い医療水準のためには、要介護老人が必要なのだろうがw

  • ねぇ・・特別養護老人ホームが足りないという話以前に、特別養護老人ホームの必要な要介護者と、それ以前の要介護者の区分とか理解しているの?

    特別養護老人ホームは、相当な介護レベルを必要とする要介護者が対象
    一方、特別養護老人ホームに相応な要介護者ではない軽度の要介護者を特別養護老人ホームに入れることは望まれない
    世間で言われる特別養護老人ホーム不足は、需要(入れたい側)と施設側ノミスマッチがかなりあって、それを精査すれば、驚く程待機要介護者は少ない
    同時に考えるべきは、特別養護老人ホームでも到底介護できない要介護者の存在。
    要介護者には、暴力を振るうケースもある上に、人的資源から特別養護老人ホームに適さない要介護者も多い。それらも特別養護老人ホーム待機者としてカウントされる。
    しかも、これらは延べ数なので一人の要介護者が複数の施設に申請しているケースもカウントされる。

    現在の老人福祉の介護行政は、在宅介護を前提にしている。施設介護に対する予算・行政資源の分配は縮小される見込みであって、政策的にはもはや「施設」依存の政治論は時代遅れとも言える。
    なお、吠えるだけで具体的な献策もない「負け犬の遠吠え」のような愚痴としか思えないのだが、文章からしても、どうやら全うな社会人ではないと推測されるので、発狂されたら困るので、この程度にしておこう

    もう少し勉強してから、投稿しませう

  • 一番の問題点は介護保険料の使途の件がネックではないのか
    一時は介護認定に一般人がなかなか決まらない時代もあったが、今はだいたい認定されている様だ

    しかし、年収にかかわらず、介護ベッド、玄関スロープ、介護用浴槽、介護用トイレなど1割の手資金でリニュアールできる、て行き過ぎではないのだろうか

    この様な事に大金を支払っていては、保険料の増税があるばかりでなく、施設の認可どころではない

    介護?なのだから、動けない人、老齢、一人住まい、近親者の介護が無理な人など、を対象に制度を改めるべきである

    養老院が増えないのは、介護施設が増えた事にある

  • 今日、認可されていない老人施設の話がテレビでありましたけど、
    私はあういうのも良いと思いました。
    行政は自分たちの支配権を強めたくて認可制にしています。でも
    もうそういうのじゃ間に合わなくなってきている。
    一人暮らしで介護が必要になり病院から退院するのに入居できる施設が無い場合、近所にそういうところがあれば助かる人たちはものすごく多いと思います。
    法的に整備してあげたらいいと思いました。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン