ここから本文です
  • 1

    *****

    『新選組!』について賛否両論ありますね。私は根っからの幕末ファンなので史実を重要に思うタイプなのですが、三谷さんの脚本がさすがなので史実+ドラマとしてのフィクション面の面白さがあると思います。感じ方はさまざまかと思いますが私的には『新選組!』楽しんでます。みなさんはいかがですか?

  • <<
  • 35105 35086
  • >>
  • 35105(最新)

    cra***** 9月27日 01:33

    uttieさん、お久しぶりです。
    『SmaSTATION!!』ご覧になられましたか?

    なんでここ(最終回)で行列グルメなの?と思ったり、
    せっかくゲスト出演回数多い副長がゲストなのに
    今までの名場面や思い出&これからのトークをしてほしかったですね。
    なので「スマタイムズ」は必見です。
    一番の希望は『組!』関連話ですが…(^^;

    最後の局長&副長のハグは名場面でした。

  •  お久しぶりです。crarinさん、こんにちは。
     「SmaSTATION!!」23日最終回のゲスト、副長ですね!!!
     久々に録画して、永久保存したいと思います。

     土曜日は副長のドラマもあるので、「組!」の余韻に浸る夜となる事でしょう。
    (副長の歌声が、植木等さんにとても似ていて、聴き応えあります♪)

     フリーになった局長の、これからの活躍を楽しみにしています。

  • 前にもちょこっとかかせていただきましたが、
    『組!』最終回直前SPより見るようになりました『SmaSTATION!!』
    とうとう番組終わっちゃうんですねぇ・・・
    最終回ゲストは副長のようです。

  • 2週に渡り、Eテレ『知恵泉』にて新選組&土方さんのことについて放送がありました。
    随所に『組!』や『組!!』の場面が出てきていたと思ましたが…
    池田屋での局長第一声が実は「御用改めである」ではなかった!という史料が発見されたり
    局長の首は会津にある説というというところでは『組!』最終回で斎藤さんが容保公から首を取り戻せとの命を受けた場面を思い出しました。

  • 先日の『おじゃMAP!!』
    大河ドラマ出演者とのバスツアー・・・なんて新聞に書いてあったので
    もしかしたら何かあるかも・・・と思いつつも録画予約をし忘れ、10分少々遅れてテレビをつけた途端
    「御用改めである!」
    局長の台詞でした。

    録画し忘れたということもあって最初の10分間はどういうことがあったかわかりませんが、
    いきなり「御用改め~」で、おぉ!とビックリしました。

  •  crarinさん、多摩市民さん、こんにちは。
     応援組、13周年ですか!干支も一周したんですね~。
     細々とでも関わりあえて、とても嬉しいです♪(最近は、かなりウザい熱量ですが。^^;)

     アド街ック天国の高幡不動、私も観てました。意外とこじんまりした駅前なので、境内を取り上げる事が多かったのかもしれませんね。

     日野新選組祭りは、メイン会場の日野市民会館(今もでしょうか?)がJR日野駅が最寄りなので、テレビを見ながら「エリア離れてるけど、新選組祭りも上手く結びつけてくれないかな~。」と思ってました。
     土方さんの資料館、懐かしかったです。数年前に、近くにある日野高校に行く機会があったのですが、その時は友人のお子さんの応援だったので団体行動に努めたのですが、「土方さ~ん、必ず改めて伺います!」と心の中で念じておりました。
     (日野高校と石田寺は、かなり近所ですね。)

     大河ドラマ新作「おんな城主直虎」がスタートしたため、「真田丸」の公式HPが閉鎖された様ですね。
     存続を願う方が沢山いらした様で、『そういえば、「新選組!」のHPが閉鎖された時、悲しかったなぁ・・。』と思い出してました。
     今回は覚悟していたので諦めていましたが、是非N様には「HPアーカイブス」のサイトでも立ち上げて頂きたいものです。
     大河と朝ドラだけでも、かなり見ごたえあると思いますね。

     「直虎」は、脚本が「仁~JIN」の森下佳子さんなので、結構期待しています。
     小野父子が、「ひ~じ~かたく~ん。」の大鳥圭介さん(吹越満さん)&容保公の弟松平定敬公(高橋一生さん)なのが、「組!」的なツボです。

  • 祝13周年!
    応援組始まったの確かこれぐらいの日だったかと思いましたが…(^_^;

    多磨市民さん、
    アド街ドック天国見ました。
    そうですね、ちよっと物足りなかった感じでしたねー

  • 昨夜のアド街ック天国は高幡不動でした。
    ベスト20の半分くらいがお不動様の境内の話でした。
    土方歳三は第3位。
    資料館が出て子孫の方が出演されていました。
    もう少し新選組を取り上げて欲しかったですけどね。
    日野新選組祭りとか。

  • 皆さん、来週のアド街ック天国は高幡不動です。
    私はビデオの録画予約をしておきました。

  • >>35095

     続きです。

     最終回では、幸村以外の豊臣方が殆ど亡くなっていないんですね。大助くんも生きています。
     で、思ったのが、「ファンタジーな発想だけど、千姫が和平交渉に尽力して、豊臣方は生き延びる事が出来たのかも。」
     最後に空を見上げる幸村から、少なくとも、みんな生き延びたと信じて亡くなったと描かれているように思いました。

     「大切な事は、出来るだけ死ぬ人を少なくする事じゃないですか?」
     最後まで、お梅ちゃんの言葉を信念として、幸村は生きたのですね・・・。
     きりちゃんと佐助も、生き延びたと信じています。
     
     佐助は最後まで頼りになる男でしたね。史実だと幸村は徳川方に討ち取られた様ですが、ドラマでは幸村の自刃の介錯を務めていました。
     きっと、故郷上田へ幸村の首を持ち帰ったのだと思います。55歳まで、よく働いてくれましたね。余生は上田でゆっくりして欲しいものです。

     (首を持ち帰る、仕事が出来る、のキーワードで、私は「組!」で言えば斉藤さんだと思って、なんだか嬉しかったです。)
      
     さて、ラストを飾った人物である、信之兄さんについても書かせてください。

     彼が握った紐の無い六文銭は、弟の源次郎を表していたのでしょうか?
     少なくとも、ここで兄さんは弟の死を察知したなとは思ったのですが、魂となって再び兄の元へ行ったと、ネットの感想で見かけて、「なるほど!」と思いました。
     そこで見かけた、「真田丸」の船出との言葉にも、納得でした。
     信之兄さんは、これから領主として国作りを進めることになるので、その時に知恵のある源次郎の魂が、支えになる気がします。

     そんな信之兄さんに国作りの根本を教えたのが、本多正信でしたね。
     私は近藤正臣さんが大好きなので、
     「正信に、こんなに大きな役割を与えてくれて三谷さん、本当にありがとうございます!!」

     インタビューでも、「国盗り物語」の光秀と「黄金の日日」の三成が好き、と仰っておられた様で、「ですよね、ですよね♪」と、年甲斐もなくはしゃいでしまいました。

     正信は、真田家との長年関わりの中で、昌幸や幸村の侮れぬ敵としての姿から、敬意を持っていたのだと思います。
     その気持ちが根底にあって、これから一人で真田家を担う信之に助言をしたかったのかな、何て思いました。

    (まだ書いてますが、今日はこれにて失礼します。)

  • こんにちは。今年もよろしくお願いします。
     最終回の感想が書けたので、やってきました。(相変わらず長いです。)

     多摩市民さん、こんにちは。高幡不動尊に初詣に行かれたのですね。貫主さんの法話をお聞きになったとの事、うらやましいです。
     今年もふらりと高幡不動尊に行きたくなりました。そのときは、誠扇売ってるかも、チェックしたいものです。

     最終回は、とにかく幸村VS家康にドキドキしました。
     史実は分かっているけど、それでも幸村に本懐を遂げさせたいと、念じながら見ていたのです。

     ネットでの感想で見かけた、家康を倒すために大坂に来た、まさにその通りの戦いぶりでしたね。
     戦況がどんなに不利でも、幸村が家康だけを目指した理由、それは、父・友・愛する人のため・・・。幸村を取り巻く愛しい人々が頭をよぎり、胸が詰まりました。

     その望みを打ち砕く、余りにも晴れやかと登場した秀忠。この瞬間に、天下泰平の江戸時代の始まりを三谷さんは表現していた気がしました。

     戦国最後の名将幸村は、九度山で村人に豊かな生活を送る知恵を授けた様に、間違いなく泰平の世でも有能な人物でした。
     でも、彼は戦国時代最後の戦いで、愛する人と自分を重用した秀吉一家の為に戦う事を選んだのだと思うと、切なくも天晴れだなと感動します。

     (秀忠役の星野源さんの、「真田左衛門介、ここまでじゃあ!」が今までの鬱憤を晴らすぞ!、って感じで笑っちゃいました。^^)

     内野さんの家康も、本当に素晴らしかったですね。
     時には滑稽さ、時には底知れぬ冷酷さを感じさせながらも、決して憎めない、人間味に満ちた家康でした。
     秀忠の援軍のお陰で幸村の銃口から逃げられた家康は、一回幸村の戦う方を振り向いて去ったのですが、私は、その姿は最後まで自分に楯突き続けた真田への別れを告げる様にも思ったり、または世代交代を果たした事を噛み締めている様にも思いました。
     この瞬間、実は家康の生涯も終わりに近づき、翌年亡くなるのを感じさせます。

     一旦区切ります。

  • 高幡不動尊に初詣に行って来ました。
    駅前から参拝者で物凄い人混みです。
    今年は戊辰戦争から150年だそうです。
    土方歳三の菩提寺でもある高幡不動尊では「誠」の一字を書いた誠扇を販売していした。
    貫主さんも法話の中で土方歳三のことに触れていましたね。

    『新選組!』応援組です。 高幡不動尊に初詣に行って来ました。 駅前から参拝者で物凄い人混みです。 今年は戊辰戦争から150年だ

  • >>35092

    「真田丸」最終回について書く前に・・・。その前後に起こった二つの出来事が、私の心を昂ぶらせました。

     前日の「スマステ」は見逃したのですが、冒頭に局長が副長の第一子誕生を報告されたのですね。crarinさん、私も局長に真っ先に話したんだな、と思いました。

     今年、局長はとても辛い一年だったと思います。
     ファンの皆さんも、様々な報道に気持ちが振り回された様で、お気の毒でした。

     でも、「おじゃMAP」や「スマステ」などでの様子から、前向きな様子が伺えたので、「局長は大丈夫。」と信じていました。
     そして、「副長なら、家族最優先だけど、局長との友情も大事にしてくれるはず。」と思っていました。

     ふたりの友情が12年たっても変わらない事を、「組!」ファンに見せてくださって、ありがとうございました・・・。(涙)
     フライング疑惑を、記者会見で「僕と彼の絆があるから。」と言ってくれた副長。
     局長の事で話す事は「無い。」と言ってくれた事も含めて、素敵な方だなと惚れ直しました。

     浮き沈み激しい芸能界ですが、これからも二人の絆が続きますように!

     そして、最終回を挟んで、ミーハーながらも観ていた「アントラーズVSレアル」。 
     20時直前に、0ー1で負けていたのを観ていたので、最終回を見届けた後、「どうなったかな?」と負けを覚悟していたら、なんと2-2!
     「嘘っ!」と興奮して叫んじゃいました。

     本気で倒しにかかる欧州王者に、全身全霊で向かっていくアントラーズに、感動しました・・・。
     
     ネットでも、ちょこちょこ呟かれてましたが、私もアントラーズが大坂方に重なって見えましたね・・。
     ドラマというフィクションと、スポーツというリアルとの一瞬のシンクロに奇跡を感じました。

     長くなったので、最終回感想はまた時間のある時に書きたいと思います。
     年内は無理かもしれないので、皆様よいお年をお迎えください。

  • >>35090

     crarinさん、最終回に明かされた佐助の年齢、ビックリでしたね!

     >『組!』でかっちゃんとトシが永倉さんと出会った時に年齢を聞いた時と同じ衝撃?!じゃないでしょうか。
     そうでしたね!
     ありがとうございます。思い出しました~。

     「組!」ファンだと、「真田丸」には共通点探し、時には描き方の対比を味わうという、楽しみ方がありましたね。
     こうやって、気付かなかった事を思い出せるのは、楽しい事です♪

     最終回は、OPが最後の方だったのが良かったですね。
     たしか「組!」は本編で終わりだったので、悲しい余韻が心の中に燻ったので。
     あの勇壮なOPと、幸村たちが赤備えで勇ましく家康に向かっていく姿が前回までのタイトルバックと似ていたので、再び気持ちが上がりました。

     きりちゃんと捨助の事、同じように感じてくださって、嬉しいです。
     捨助も、かっちゃんの事大好きでしたものね~。

     今の掲示板になって、応援組の皆さんの以前の書き込みが読めなくなったのがとても悲しいのですが、投稿がしばらく途切れても消えないのは、ほっとしています。

     12年経っても、話題が続くのは素敵な事ですね。
     今は書き込まれていない方々も、そっとROMしてくれていたら嬉しいな、と思っています。
     私も、今年より頻度は減るかもしれませんが、以前より時間に余裕が出来たので、応援組が続くように時々書き込みたいと思います。

     またまた長文ですが、早めに書き込みたい事があるので、また続きます。

  • >>35089

     こんにちは。yukihimenomimiさん、crarinさん、返信ありがとうございました。
     スペルの事、気にしないでくださいね。(^o^)b
    私も、送信前に誤字に気付かない事は、よくやります。今の掲示板システムだと、投稿直前のチェックがやりにくいのが困りますね。

     yukihimenomimiさん、風邪は良くなりましたか?
     体調崩しても、仕事があるとなかなか休めないですよね。お身体お大事になさってください。

     幸村の最後の場面は、微笑みでしたね・・・。
     堺さんが山南さんを演じていた時に、「微笑みの貴公子」と呼ばれていたのを思い出しました。
     幸村は、脳裏に愛しき人々の姿を浮かべ、幸せを願っていた気がします。
    山南さんは家族が居なかったですが、新選組の未来を思い、明里さんの幸せを願って、切腹に臨んだように思います。

     最後のナレーションは、驚きと感動でした!

     「象山先生って、松代藩だよね~。」位は思っていましたが、あんなにはっきりと、幸村の思いを引き継いだ様に書くとは、大胆ですね。
     主人公方の敗戦と死で終わる話なのに、最後に希望を感じる、素晴らしいドラマでした。

     yukihimenomimiさんの仰るように、堺さんの微笑と、象山先生へのループは、素敵な素敵な三谷さんからの贈り物だったと思います。

     私も、来年以降も時々語りに来たいので、yukihimenomimiさんも是非語りにきてくださいね!

  • 懐かしいですしねぇ・・・ uttieさんの長文書き込み。
    yukimimiさん、お気になさらずに。
    大分前に掲示板のシステムが変わってから膨大な応援組のほとんどの投稿はなくなってしまうし、
    しばらく投稿しないと消えてしまうということはなくなりましたが。
    書き込みをして投稿する前に以前は確認の画面が出て一度チェック出来ていましたが、
    今はいきなり投稿で画面見て「あわゎ・・」なんてことも・・・

    『真田丸』最終回、最後の最後はやっぱり『組!』同様OPテーマがあった方が
    少しでも終わる心の準備が出来て私はいいと思いました。
    ドラマの本編でいきなり終わってはその余韻をどこに持っていけばいいかと。

    土壇場で一番驚いたのは佐助の年齢でしょうね。(^^;
    『組!』でかっちゃんとトシが永倉さんと出会った時に年齢を聞いた時と同じ衝撃?!じゃないでしょうか。


    yukimimiさん
    >佐久間象山の名が、最後の最後に。
    >そして「それはまだ遠い先の話である」と。
    >その「遠い先」の始まりが、「黒船が来た」。

    時代は進みますがドラマは12年前のものに遡り…(ややこしい…)
    あれだけ初代に敵対してきたのに14代将軍の警護で上洛と。
    なんか不思議な感じです。

    uttieさん
    >きりちゃん! 「組!」で言えば捨助みたいな役柄だな~と感じていたのです。

    なんだかんだでそばにいる… 私もそう思いました~


    『新選組!』最終回が終わってから私は応援組に来させてもらいました。ちょうど12年…
    応援組も時が経てばどうなっちゃうんだろう…と思っていましたが、
    最近でも朝ドラでまんま副長出演とかあったり、なんだかんだお話できることがありましたね。
    話といえば『スマステ』にて山本さんにお子様が生まれたとどこよりも早い速報で。
    どこよりも早く香取さんに連絡されたんでしょうね。
    その『スマステ』も吉弥さんが出演されるということで『組!』最終回直前SPがきっかけで見始めたものです。

  • すみません、crarinさんのスペルが勝手に変更されていて
    大変失礼いたしました。
    uttieさんのスペルもしばらく前からずっとその状態でした。
    気づかずにおりまして、重ねて申し訳ありません。

  • >>35082

    carrionさん、それにuttieさん、コメントの数々、本当にありがとうございます。


    昨日仕事が遅くてその上風邪も引き込んでとても余力なく
    今しがたようやく
    真田丸を見届けました。
    組!の時と全く同じく、最後の赤備えを見つめながら、気づけば滂沱の涙、でした。


    佐久間象山の名が、最後の最後に。
    そして「それはまだ遠い先の話である」と。


    その「遠い先」の始まりが、「黒船が来た」。
    ここにループさせる三谷さんを、やっぱり私は好きでいて良かったと思いました。


    堺さんを、今作は微笑みのまま送りましたね。
    山南さんを思う私達には
    これもまた
    三谷さんの贈りもののような気がしてなりません。
    あるいは
    あの時の山南さんだって、この幸村のように目を閉じたのかもしれない。
    ふとそんなことを。


    いつか時間がゆっくりとれるときに
    この作品と組!とを、続けて観たいと本気で思っています。
    そのように観て初めて、大河ドラマというこの枠で三谷さんの伝えたかったことが
    さらにくっきりとわかるような気が。


    いつかまたここへ語りに来たいです。

  • >>35086

     これで最後です。
     
     「真田丸」の三成は、なすべき事はやり切った気持ちで、最期を迎えた様に感じます。笑みを浮かべた時には、きっと愛しき人々の姿を思い浮かべたのではないでしょうか。

     私も、yukihimemomimiさんの仰る様に、
     「歳・・・。」と重なりました。

     こんな風に「真田丸」を見る事が出来るのは、「組!」ファンだからこそ、ですね。感動が一層広がります。

     山本さんも、出演終了後のインタビューで、まっすぐに三成として駆け抜けました、の様な感じで話されていたので、三成の最期は悔いの無いものだったと思います。

     撮影終了後も、山本さんは三成としてイベントに招かれたりしている様ですね。「組!」の放映後も、土方さんとしてイベントに招かれていた事を思い出します。

     10月行われた関ヶ原のお祭りの後には、大谷吉継のお墓参りに行ったと記事で読みました。
     土方さんになったとのと同じく、今回も心を込めて三成になられたんだなと、感動がじわじわと身に沁みました。
     自分が演じた役のお墓参りをするのは割と聞く話ですが、その盟友のお墓参りをする俳優さんって、そんなに居ないと思います。
     あの世の三成も吉継も、嬉しかったでしょうね・・・。
     
     土方さんも三成も、山本さんを通して現代に颯爽と蘇った様に感じます。なんて素敵な役者さんなんだろう!、と改めて惚れ直した一年でした。

     長々と、失礼しました。m(_ _)m
     明日は、ハンカチ片手に幸村最後の戦いを見届けます。

  • >>35085

     続きです。

     一番最初に人間味を見せたなと思ったのは、「家康は人質をどんな風に扱うか?」と、祖母とりさんを人質に取られた経験がある信繁に、尋ねたシーンです。
     そしてそのあと、清正に「お前のやる事には、心がねえんだよ!」
    と怒鳴られて言い返さない姿から、誤解されやすい部分が描かれていて、胸が痛みました。

     山本さんも、三成を演じながら余りの人望の無さに胸が締め付けられたと、インタビューに答えられていますが、真心を伝える事がとても下手な故に、忠興に嫌われたのが可哀想でしたね・・・。
     
     でも、三成が心から気持ちを伝えたいと思った時に心を打たれた人々が描かれていたのが良かったです。
     信繁や昌幸父さん、ハグしてくれた御屋形様こと景勝様(これは三成の行動に対してですね。)などなど。

     その中でも、さりげない描かれ方でしたが、家康を討つと決めてそれを断念した時に、宇喜多秀家に「あなたを巻き込んで、申し訳なかった。」と詫びるシーンが、心に残ります。
     その企みの途中で、三成の言い方が悪くて不快感を持っていた秀家でしたが、まっすぐな気性なので、素直に詫びる言葉を正面から受け止めてくれたのだと思います。
     だから、関ヶ原で味方してくれたのだと、感じる描き方でした。

     清正にも最後に心を開き、豊臣家を託せて良かったです。
     恐らく今までで一番仲良く描かれた、三成と清正ですね。清正役の新井浩文さんのインタビューで、清正は三成の事が好きなんです、と話されていた様なので、途中からそれを踏まえて観る様にしたら、二人のシーンに一層深みを感じました。
     清正は、有力大名で最後まで豊臣家を支えようと、唯一人正面から家康と対峙した人物ですが、きっと関ヶ原後に三成の見えていた事に気付いたのだと思います。

     ドラマでは、関ヶ原が超高速!になってしまい、天下分け目の合戦シーンが無かったのは残念ですが、三成が小早川秀秋に裏切られて呆然とするシーンがあると胸が痛むので、まあいいか、と思う事にしました。

     そしてもっともっと悲しくなる、最期のシーンについてです。

     まず、処刑役の人と会釈しあうシーンに清々しさを感じました。
    家康方と思われるその人も、三成に対して敬意を持って接している描かれ方に、救いがあるなと思いました。
     
     長くなって、申し訳ありません。もう少し続きます。

  • <<
  • 35105 35086
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン