ここから本文です

♪宝塚おもちゃ箱♪

  • 16,547
  • 10
  • 2018/06/19 10:03
  • rss
  • 1

    はじめまして。宝塚やOGの舞台、四季、東宝の舞台などが
    大好きな、ハナモモです。

    枠や年令、性別にとらわれずに、色んな話がしたくてこのタイトル
    にしてみました。

    宝塚の感想や生徒さんの事(下級生の話)とか、過去の作品の
    話やご質問などでもいいし、何でもOKです

    今、宝塚では星組、東宝は花組、名古屋は月組です
    まもなく、大阪のエリザガラコンサートや青年館もはじまります

    いつもどこかへ参加している人(していた人)には是非
    ヘルプをお願いしたいし、初めての人には一言感想でも
    いいので気楽に書いてもらえればいいと思います。

    今日は運勢がラッキーだったので、思い切って作りました
    新米なんで、皆様の楽しい感想で「おもちゃ箱」を一杯
    にしてくださいね。

  • <<
  • 16547 16527
  • >>
  • 16547(最新)

    han***** 6月19日 10:03

    クロネコ様&ななみ様

    皆様 おはようございます。
    昨日の朝におきた地震から一夜あけました。今日の空は曇っていますが、お天気はこれから下り坂になるようです。

    私の住んでいる所でも昨夜から今朝にかけて余震が続いていて、昨夜はほとんど余震で眼が覚めてしまい、今朝は
    ぼんやりしております

    おもちゃ箱のお仲間のマッシー様がお住まいの所も地震の被害がでてなければいいなと思いながら書かせて頂いております。マッシー様、大丈夫でしょうか?

    阪神大震災を経験していますが、あれからかなり年月が過ぎて、防災に対する備えなどは頭で理解してはいてもいつ起こるかわからない突然の自然災害は、本当に一瞬で平和な生活を別の世界に変えてしまいます。

    まだ完全に全地域でライフラインが復旧するまで時間がかかりそうですが、精神的に落ち着かない日も多くなるとは思いますが、余震に備えてできる準備だけをしておきたいと思います。

    クロネコ様
    おはようございます。ハナモモです。
    昨日は、ご観劇予定でしたが、地震がおこり本当に大変でしたね。
    でも、駅員さんの素早い対応で、閉じ込められる事もなく無事に帰宅されて安心致しました。
    阪急電鉄は、動いている路線もありましたが、京都線に関しては、午後11時ぐらいまで動かなかったようです
    朝美さんがご出演の雪組公演ですが、来週観劇予定です。
    しっかりと素敵な朝美さんにオペラをロックオンして観劇して参ります。
    いつも有難うございます。またご感想の続きを箱でお待ちしておりますので宜しくお願い致します。
    梅雨時期で体調管理が難しい時期ですが、お身体にはきをつけてお過ごし下さいね。

    ななみ様
    おはようございます。ハナモモです。
    姫路は、あまり被害がなくて良かったですね。でも今後また余震があるかもしれませんのでくれぐれもご注意してお過ごし下さいね。
    でも、本当に東京遠征が1日ずれていたら、新幹線も動かず大変な所でしたが、1日前に帰宅されてラッキーでしたね。どんな時でも災難などには、宿命などはあると思いますが、本当に良かったです。
    西城さんに関しては、星組公演の感想の中で書かせて頂きましたが、星組公演は御観劇されましたか?
    レビューの中で、西城さんの「情熱の嵐」「炎」が使われていました。
    他界された後でこの曲を舞台できくと、やはり元気な西城さんが目に浮かびました。
    梅雨時期で体調管理が難しい時期ですが、また箱でお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                        ハナモモ

  • ハナモモ様、皆様、おはようございます。
    すっかりご無沙汰してますが、昨日はみなさん大変だったようですね。

    私は朝、主人も娘も見送ってテレビを見てたら、いきなりスマホが「地震です!、地震です!」
    一瞬、「えっ?!」と、誤作動?とか思ってたら。。。
    急に結構な揺れが起こりました。

    テレビでも各局で地震速報が放送されて。

    私の住んでる姫路はたぶん震度4くらいで、大した被害もなかったようです。
    でも、ハナモモ様、クロネコ様は大変でしたね。

    実は私は16日~17日にかけて東京へ遠征してて。
    日曜日夜に帰宅したところでした。
    1日ずれてたら大変だったかなと思いました。

    東京では月城さんの初東上作品、「ラスト・パーティー」を観に行ってきました。
    東京の友人とも久しぶりに会ってランチしながらヅカトークで盛り上がりました。

    帰宅して週明けにいきなり地震。、。、ほんとビックリでした。

    主人の会社は明石のほうですが朝はもう会社に着いた後での地震だったようです。

    で、帰りが困ったようで、在来線は全然動かず、新幹線で帰れないことはないけど、お金がかかるし(苦笑)
    で、山陽電車が動いてたみたいで、山電で割と早くに帰宅しました。

    山陽電車は網干、姫路から神戸大阪方面に走ってて、台風や災害の時でも何とか動いてるという感じです(苦笑)
    まsない困った時の山電です。
    私も台風などのときに何度か助けられたことがああります。
    要するにセキュリティが弱いんでしょうかね?

    でも、大阪方面にお住いのみなさんにはお見舞い申し上げます。
    水道、ガスの復旧とか大変みたいですが、負けずに頑張ってください。

    本当に災害っていつ降りかかってくるかわからないですね。

    個人的にはこの5月に長年ファンだった西城秀樹さんが亡くなってショックでしばらく宝塚も観る気がせず、毎日ユーチューブで昔の映像を見ては涙する状況dした。

    東京遠征で月城さんの成長した姿を見て、何とか前向きに歩く気持ちになれました(苦笑)

    秀樹は私が宝塚に嵌る前から大好きなアイドルだったので、青春そのものでした。
    秀樹のご冥福をお祈りしています。

    8月には宙組のご贔屓さんのバウホール初主演もあるので、これからはそちらのほうに目を向けて生きていきたいと思っています(苦笑)

    ではでは、また書き込みに来ますね。

    ななみでした。

  • >>16544

    皆様 こんばんは。ハナモモでございます。

    本日の朝8時前に地震があり、私の住んでいる所も震度5弱の揺れがありました。
    地震が起きた時は、ちょうど実家の母と電話中でしたが、ここ最近は、大きな揺れがなかっただけに、予期ができない自然災害は本当に怖いです。

    地震のおきた地域に御住まいの皆様は、大丈夫でしょうか?

    クロネコ様も地震発生時は、電車内だと書かれておられますが、我が家の主人も朝7時に出勤してから3時間ほど
    電車の中に閉じ込められてその後、途中の駅で下されて、1時間かけて徒歩で会社までた辿りついたそうです。

    クロネコ様が乗車された電車は、すぐに最寄駅まで動いたようで本当に良かったですね。

    主人の乗車した時間は、通勤ラッシュで、電車は地震発生時に斜めに倒れるかのようで、社内の乗客の悲鳴があったり、気分の悪い人がでてきたりと大変だったようです。

    私は地震発生時に1階にいたんですが、地震後に2階にあがってみると、阪神大震災では全く異常のなかった2階においてある和タンスの上に置いてある大きな思い板とタンスの引き出しの3つが落下していて、その内の1つが
    私が寝ている場所に落ちていました。地震の時間が就寝中だったらと思うとゾッとしますが、時間が起床後でしたので幸い、災難を逃れることができました。

    クロネコ様がご観劇できなかった本日の雪組公演は、開演時間を1時間遅らせて午後14時開演になったようです

    夕方、近くのスーパーへいくと、今後おきるかもしれない最悪の状態を想定して、パンやお水などの棚は全て、早い時間に売り切れたらしく、コンビニなどにもほとんど売り切れているようです。

    まだまだ、余震も続くかもしれませんし、今後、また今日以上の地震がおこる可能性もあるかもしれませんんので
    今後1週間は、注意が必要だそうです。

    自然災害は、いつどこで起こるかわかりませんが、SNSの情報も真相不明な物も少なくないようなので、
    落ち着いて正しい判断で、できる備えを準備しておきたいと思います。


                           ハナモモ

  • ハナモモ様、皆様、こんばんは!

    今朝の地震皆様のところは大丈夫でしたか?
    私は、電車の中でした。
    乗客のもちろん私のスマホも一斉に緊急地震速報のなんとも言えないアラームが鳴り出してビックリ!
    私は、てっきり訓練かと思いました。

    電車に揺られていると感じないものですね。
    回りの人たちもメールを見て、ああ地震なんだて感じで落ち着いていました。
    幸いな事に、暫くすると最寄の駅まで動いてくれて、駅員さんがトイレとか気分の悪い人いませんか?
    と聞きまわって、手動でドアを開けて自由にホームへ降りれるようにしてくれました。

    私は、入り待ちして13時公演を観るつもりでそのうち動くだろうと思っていたら、全然動かず、アナウンスも復旧の目途は立ちません、ばかり。

    だんだんこれはやばいかもと思い出した頃、主人から電話があり、相当揺れてJRも私鉄も全部止まってる、今日は無理だといわれ時間もないし諦めて迎えに来てもらいました。

    家についてニュースを見てビックリ!!
    凄く揺れている映像が流れてる。
    娘もすぐラインしてきて心配してたのが分かりました。

    結局、今日は朝早くに家を出たのに何時間も電車の中で過ごし、宝塚は観れず帰ってきた、という一日でした。
    京都線は、まだ全線動いてないのでしょうか?
    友達から引き取ったチケットですが、払い戻しがあるようで、良かったです。

    気分的に長い一日でした。


    クロネコでした♪

  • 「ファントム」役替わり&2019年星組公演「霧深きエルベのほとり」再演 ♪

    皆様 こんにちは。ハナモモでえございます。
    ここ数日、梅雨らしいお天気が続いていた関西も今日は朝から晴れて久しぶりにお洗濯日和となりました。
    少し気温が下がり涼しいですが、本当に寒暖の差があり体調管理が難しいですね。
    皆様もお身体にはきをつけてお過ごし下さいね。

    現在、宝塚大劇場では、雪組公演が上演中ですが、先日、公式では、次の本公演となる「ファントム」の役替わりが
    発表されました。

    雪組公演「ファントム」は、2018年最後の大劇場公演、2019年最初の東宝公演の演目となりますが、1年の最後と最初を飾るのにふさわしい人気ミュージカルです。

    役替わりは、シャンドン伯爵(フィリップ)とアランショレになり、彩凪翔さんと朝美絢さんが2役を演じます。

    朝美さんを応援されております、おもちゃ箱のクロネコ様は、先日、8日に開幕した雪組公演の初日を御観劇されてご感想を箱に寄せて下さいました。クロネコ様 いつもお忙しい中、ご感想をわかりやすく届けて頂き有難うございます。9日もご観劇とお伺いしておりますが、また公演の見所や新しい発見がございましたら、いつでもおもちゃ箱で
    教えて頂けますと嬉しいです。クロネコ様は、ネコちゃんを飼われているので、今回のレビューは、ネコちゃんファンのクロネコ様にとっていつもより大変楽しい舞台になっていると思います。

    次回公演「ファントム」は、まだまだ先ですが、彩凪さんと朝美さんの役替わりは、今から楽しみですね。

    宝塚歌劇は、来年105周年を迎えますが、2019年の大劇場の幕開けは、星組公演です。

    昨日、演目が発表になりましたが、お芝居とレビューの二本立てとなり、お芝居は、菊田一夫さん原作の「霧深きエルベのほとり」が上田久美子先生の演出で宝塚の舞台によみがえります。

    私は、初演も再演も観劇しておりませんが、順みつきさんは、私が宝塚ファンになる前にこの作品で宝塚を退団されたので、かなり後になってストーリーを読みながら、またいつか宝塚の舞台で再演があるかもしれないと思っていたんですが、大好きな星組でこの作品が観劇できるのは今から楽しみです。

    悲恋物で、最後は、紅さん演じるカールが去ってゆくという設定は、何だか、心が落ち着かない部分も多少ございますが、イメージ的に男っぽい船乗りのカールを紅さんがどう演じられるのか興味深いです。

    今年の2月の中日劇場「うたかたの恋」も悲恋作品でしたが、次回の「霧深きエルベのほとり」とは、背景も設定も異なりますので、悲恋物にも色々なジャンルがあると感じます。

    舞台は観劇した事ないんですが、何かの折に舞台の主題歌を聞いた事があり、その曲は耳に残っているので(少し音程が取りにくい難曲のように感じます)105年の幕開けに相応しい舞台になるといいですね。

    再演でカールを演じられた順みつきさんは、少し前に他界されましたが、初演の内重さん、そして再演の順さんと
    大先輩が演じてこられた名作の舞台の主演を務める紅さんもプレッシャーがあるかとは思いますが、再演からかなり時間が経過しており、時代も変化しておりますので、また新しい星組版の「霧深きエルベのほとり」を作り上げられると思います。

    まだ今年も半分終わってない中、来年の事を書くと星組公演「ANOTHER WORLD」の中に登場する鬼に笑われてしまいそうですが、舞台はどの演目やジャンルに限らず、公演日程など発表が早くなりますので、演劇ファン、舞台ファンとしては、観劇予定をたてるのに忙しくなりそうです。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくおねがいいたします。


                          ハナモモ

  • 本日放送「徹子の部屋」放送延期(シャンシャン1歳記念放送)

    皆様 こんばんは。ハナモモでございます。

    今朝、本日1歳の誕生日を迎えた上野動物園の赤ちゃんシャンシャンの話題を書かせて頂き、本日放送の「徹子の部屋」に上野動物園の園長さんと飼育員さんが出演すると書かせて頂きましたが、急遽、報道特別番組放送となり、本日の放送は延期となりました。

    昨日から今朝にかけて、ニュース番組も歴史的会談になるかもしれない話題が続いていましたので、もしかしたら
    今日の「徹子の部屋は、中止になるかもしれないなと思わなくもなかったんですが、番組は約30分間で、今日はシャンシャンの1歳のお誕生日なので、そのまま放送されると思っていただけに残念です。

    今日の上野動物園は、シャンシャンの1歳をお祝いしようと朝早くから多くの方が並ばれたようです。

    いつも離れて過ごしているシャンシャンのパパ パンダのリーリーもきっと隣のパンダ舎から可愛い娘パンダをお祝いしている事と思います。

    本日、1歳を迎えてますます可愛く大きくなるシャンシャン(香香)

    これからも沢山可愛い姿で1日でも長く日本で過ごしてほしいと思います。

                         ハナモモ

  • 祝 シャンシャンパンダ1歳&徹子の部屋 上野動物園長&飼育員さん出演

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    6月に入り本格的な梅雨のシーズンを迎えております。気温もなかなか安定しない時期ですので、体調管理が難しい時期ですが、皆様もしっかりと睡眠をとってお過ごし下さいね。

    宝塚の話題からそれてしまいますが、本日で1歳になる上野動物園のジャイアントパンダ シャンシャンの話題を少し書かせて頂きますね。

    数日前から少しメディアでもこの話題はでていましたが、昨日は、1歳になる前日という事でシャンシャンの近況などがニュースで流れました。

    1歳のお誕生日のプレゼントは、飼育員さん手作りのハンモックですが、設置されてすぐに気に入ったようで、このハンモックの上で楽しく過ごしているようです。

    少し成長してからは、お気に入りの樹の上で眠る姿が多くなりましたが、今後は、お誕生日プレゼントされたハンモックの上で眠る日も多くなるかもしれませんね。

    1年前に産まれた頃には、本当に小さくて、無事に成長してほしいとこの箱でも書かせて頂きましたが、シャンシャンはお母さんパンダシンシンの愛情をうけて、すくすくと育ち本日1歳を迎えることができました。

    春先には、可愛い両目に炎症があったようで、飼育員さんに目薬をさされていたようですが、昨年12月の一般公開以来、多くの方が来園されてお写真を撮影するので、ストレスがでたのかもしれませんね。

    飼育員さんに限っては、どこの動物園でも同じだと思いますが、動物園にいる全ての動物に日々愛情そ注ぎ、日夜、動物のお世話をして、動物を育てるという使命の元で、気のぬけないお仕事ではあると思いますが、今回、久しぶりの赤ちゃんパンダを担当されてきた上野動物園の皆様にとっても本日の1歳の誕生日は記念で嬉しい日になると思います。

    パンダは、どの顔も同じように見えますが、よくよくみると女の子パンダシャンシャンは、耳が丸くて黒目が大きくて、お顔の整った美人パンダとの事です。シャンシャンは、成長する度に、元気で活発でお転婆娘という感じかもしれませんね。

    本日、放送の「徹子の部屋」のゲストは、シャンシャン1歳誕生日を記念して、上野動物園の園長さんと、パンダ飼育員の方の2名が出演されて、日本中が注目したパンダ誕生から日々の飼育の苦労話などが語られます。

    司会の黒柳徹子さんは、パンダ大ファンで有名なので、30分間という時間では、語りつくせないとは思いますが
    またご興味のある方はご覧下さいね。

    どんな姿も絵になる可愛いシャンシャンですが、今日は1歳のお誕生日を言う事で朝から上野動物園は、いつもよりお祝いをする方で多くなりそうですね。

    いつかは、産まれた日本を離れてしまうシャンシャンですが、今は、1日でも長く、その愛らしくて可愛い姿を
    上野動物園でみせてほしいと思います。

    宝塚の話題以外で申し訳ございませんが、シャンシャンが大好きなので、今日の1歳誕生日をかねて書かせて頂きました。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                           ハナモモ

  • ハナモモ様、皆様、こんにちは!

    昨日初日を迎えた雪組を観劇してきました。
    始めは、初日を観る予定は無かったのですが、チケットが舞い降りてきたので始発の地下鉄に乗りなんとか入り待ちをしての観劇でした(^^)

    初演は映像でしか観た事が無かったのですが、少し演出が変わっているところがありました。
    朝美ちゃんが演じたハイメも初演の安蘭さんと少し演出が変わって、ギターを弾く場面が増えていたり細かいところでの変化はありました。
    省略して望さん演じるボリスが語っていたりしました。

    私は凱旋門の中の歌が好きで「雨の凱旋門」「いのち」「たそがれのパリ」などは聞いていてジーンとするのですが、残念ながら轟さんの声が苦しそうで聞いているこちらが苦しくなるので、千秋楽まで持つかと心配になりました。

    ショーはうって変わって明るいショーで展開も早く、特にネコらしいのはとうしで子猫ちゃんをする下級生の子たちでしょうか。
    色々なネコの種類に観たてて、歌い踊るという感じですがとにかくハードです。

    朝美ちゃんも娘役さんたちに囲まれて舞台で踊り、雄たけび(本人談)をあげてみんなで銀橋を渡り上手でポーズでニャアーオ!!でした。
    望さんが懐かしい「黒猫のタンゴ」を客席から歌いながらの登場で、黄色い悲鳴が上がりました。
    舞台では、朝美ちゃん、永久輝くん、きいちゃん(多分)が踊ってました。
    銀橋までたどり着いて、初日でドキドキしてるというようなアドリブが入っていたので毎日違うかもしれません。

    大分、ネタをばらしてしまいましたが、まだまだカッコイイ場面があります。
    これから観られる皆様、楽しみにしてください。
    明日また観劇に行きます!


    クロネコでした♪ Gato Bonito!!

  • 祝 宝塚大劇場雪組公演開幕 ♪

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    6月に入り先日メイ様が書いてくださったように近畿、東海、関東と梅雨入りになりました。
    今年の梅雨入りは、各地とも例年より早いものの、例年なら梅雨終わりとなる7月に雨が集中するようですが
    今年は、雨量の比較的少ない6月にも強い雨が続く予報がでているようです。

    梅雨の時期以降は、食べ物もいたみやすくなり食中毒などもありますので、きをつけてお過ごし下さいね。

    宝塚大劇場のある近畿地方も梅雨入りとなり、本日も朝から雨が降って梅雨の季節らしいお天気となっています。

    本日から宝塚大劇場では、雪組公演が開幕します。

    今回は、専科の轟悠さんが出演されて18年ぶりにお芝居「凱旋門」が再演されて、轟さんは18年前と同じ組で主演をつとめます。

    私は、初演の「凱旋門」を観劇しておりませんが、上演に先駆けて、大劇場では初演に出演された雪組OGの方がこられて「前夜祭」も開催されたのは記憶に新しい所ですね。

    望海さんにとっては、お披露目公演から2作目となる本公演となりますが、今回は、大先輩である轟さんと共にどんな舞台を作り上げられるのか楽しみです。

    レビューは、藤井大介先生演出となりますので、スピーディーで熱く、見応えのあるレビューになりそうです。

    私は、まだ観劇予定が決まっておりませんが、できるだけ早く観劇できればと思っております。

    また、皆様がご観劇されましたら、おもちゃ箱でご感想をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。

    今回の公演は、梅雨の時期になりますので、千秋楽となる7月9日もまだ梅雨は続いているとは思いますが、私も初めてみる「凱旋門」を楽しみに日々過ごしたいと思います。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                       ハナモモ

  • hanamomo様 皆様、こんにちは。久々のコメントになるメイです^^
    6月に入って本格的な雨になった今日、そろそろ梅雨入り宣言でしょうか。

    5月に帝劇で1789を、そして5月と昨日で宙組を2回観劇しました。
    1789は宝塚初演が3年前ですが、帝劇では16年と今年と上演されているので、なんだかすっかり東宝バージョンが本家のような感じでした。
    16年とはメインキャストが少し入れ替わっていて、マリーアントワネットは龍真咲さんで観ましたが、すっかり女優さんでした^^ なんとなく役創りが愛希さんに似ていたような?
    ロナンは小池徹平さん。ちょっと背が低いので、高身長ぞろいの革命家に埋もれてしまいそうでしたが、歌も上手くてロナンのイメージにぴったりでしたね。
    この公演は、大阪では新歌舞伎座で上演されるので、宝塚版とはまた違った1789に興味のある方は是非ご覧になってくださいませ。

    新生宙組公演、お芝居の「天は赤い河のほとり」は、人気長編マンガが原作ですが、もちろん?原作は全然知らなくて(苦笑)
    でも登場人物は個性的で魅力がありますね。1時間半でよくまとまっていたとも思いますが、やはり出来れば1本物でもっと詳しく描いて欲しかったかな、と思いました。でもそうすると、もっと真風さんの出番が減ってしまう?

    ショーは古臭く感じるかな?と心配しましたが、どのシーンも見応えがあり楽しめました。
    なかでもやはり伝説の「明日へのエナジー」は迫力満点ですね。
    映像では何度か見ていますが、やはり生のステージは宙組生の気迫を感じました。
    宙組誕生の時から在籍する、寿組長もダンサーで張り切っていますし、副組長の美風さんもコーラスで美声を聞かせてくれました。

    この場面、確か過去に舞台でみたよな・・とステージアルバムをたどっていったら、やはり08年の星組全ツーのショー「ネオダンディズムⅡ」に組み込まれていました。でもイマイチ印象が薄い。。
    この時宙組生はどのような思いだったのかな・・なんて思ってしまいました。
    宙組生にとっては宝物のようなシーンだと、聞いたことがあるので。

    今月後半には、月組の別箱公演2作品を観劇予定です。

    そういえば、秋に早霧せいなさん主演で「るろうに剣心」の上演が決まりましたね。小池先生演出で加納惣三郎も登場するので、宝塚版を少し演出を変えて上演されるようです。OGが宝塚時代の役をまた演じる、それも男役とうのはかなり異例ですね。
    また梅芸主催作品が松竹系の新橋演舞場で上演というのも、ちょっと驚きです。
    なんだか興味津々で観て見たいですね^^

    メイ

  • 祝 宝塚大劇場星組公演千秋楽  ♪

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    6月に入り、関西でも今週あたりは梅雨入りになりそうな予報がでておりますが、今日は綺麗な青空が広がっています。気温も30℃近くまで上がる予報がでておりますが、皆様がお住まいの所のお天気はいかがでしょうか?
    まだまだ身体が暑さになれてない時期ですので、お身体にはきをつけて水分補給と睡眠をしっかりとってお過ごし下さいね。

    先週、宝塚公式HPでは、花組の今後のスケジュールなどが発表されましたが、スター関連では、花組の天真みちるさんが次回公演で宝塚を卒業される発表がありました。

    天真さんというと、以前、SMAPの番組に宝塚の生徒が出演した際に個性的な生徒さんとして話題になったのがつい昨日の事のように思われますが、毎公演、お芝居、ショーと舞台のどこにいても眼のいく男役です。
    次回の花組公演が宝塚生活のラストステージとなり残念ですが、天真さんの舞台を心の眼に刻みたいと思っています。

    宝塚大劇場では、本日、星組公演が千秋楽を迎えます。

    初日が開幕したのは、4月27日でしたが、あれから季節も春から初夏になり、花のみちも新緑がまぶしい季節になりました。

    今回は、何度も書かせて頂いておりますが、初舞台生104期生のお披露目公演となります。初舞台生の中には、星組トップ娘役の綺咲さんの妹さんもおられますので、姉妹同じ組での出演となり感慨深い公演になったと思います

    今回のお芝居は、谷先生の落語をモチーフにした「落語ミュージカル」でしたが、宝塚の舞台には珍しい、登場人物が、あの世の世界にいるという事ですが、また6月22日からはじまる東宝公演では、大劇場のお客様と東宝のお客様では、笑いのツボなども異なるかもしれませんし、紅さんの船場(せんば)言葉などは、テンポが速めなので、
    少し驚かれるかもしれませんね。

    本日の公演では、十碧れいやさんと白鳥ゆりあさんが宝塚大劇場を卒業されます。

    十碧さんは、今回、レビューの中で、銀橋でソロの場面がありますが、その後、紅さんと少しだけ踊る場面もあり
    惜別の場面になっています。175センチと長身の男役で、下級生の頃から舞台のどこにいても目立つ男役です紺碧

    十碧さん 白鳥さん、本日は大劇場公演ご卒業おめでとうございます。

    本日の大劇場は、雲一つない青空が広がっており、暑い千秋楽になりそうです。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また6月も箱で皆様をお待ちしておりますのでよろしくお願い致します。


                        ハナモモ

  • 星組公演「killer Rouge」(宝塚大劇場)

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    6月に入り2日目ですね。昨日に引き続き、簡単でですが、星組公演のレビューの感想を書かせて頂きます。

    開演前の舞台には、「星秀煌紅」の文字がセットの一部として登場していますが、今秋開催される台湾公演を意識した文字が並びます。この4文字は「素晴らしいスター かっこいい紅」の意味だそうですが、最初から最後までスピーディーでテンポよく、トップスターの紅さんを中心に様々な場面が堪能できるレビューになりました。
    専科から特出の華形さんは、レビューにも出演されていて、上級生として星組生に溶け込んでいます。

    紅さんは、プロローグから主題歌を歌いながら熱く登場。赤いスパンコールのお衣装に赤みの色がかかった鬘がよりオシャレで似合っています。

    家では、奥さんに頭の上がらない主人を演じたかと思えば、女役を演じる七海さん(スタイルの良さが引き立ちます)と踊る場面や、中詰めあたりの紅王子の場面から星組生が客席おりになる場面など、舞台と客席を上手く一体化に導くあたりは、流石に上手いですし、この流れのまま、104期生の初舞台となるラインダンス、そして最後の大階段のダンス、そしてフィナーレまで、トップスター紅さんの魅力が楽しめる55分間となりました。

    トップ娘役の綺咲さん。キュートな笑顔で可愛い赤ずきんちゃんやアニメ「ベルサイユのばら」の主題歌を歌いながらピンクのドレスで踊ります。若い方は御存知ないかもしれませんが、個人的にはアニメのベルばら主題歌は懐かしかったです。デュエットダンスでは、紅さんと共に西城秀樹さんの「炎」で息のあった場面を魅せていて、この場面のドレスは、少し大人っぽいデザインですが、この場面でもキュートな笑顔が輝いています。

    お芝居で放蕩な江戸っ子若主人を演じた礼さん。歌、ダンスと最初から最後まで全力で駆け抜けていますが、やはり個人的には、最後の大階段の前で歌う西城さんの「情熱の嵐」が印象的でした。下級生の頃より歌の上手い男役ですが、2番手になりますますその歌唱力がアップになり、毎公演、星組公演では、大好きな礼さんにオペラグラスはロックオンでございます(笑)

    七海さんは、紅さんとの場面が1番の見せ場になりますが、宝塚をはじめてご覧になる方なら「この綺麗な娘役は誰だろう」と思われるほど、長身でスタイルの良さがひきたち、どの場面でもかっこよくて舞台から眼が離せません

    瀬央さんは、爽やかなポストマン(郵便配達人)になり、銀橋に登場。小桜さん、星蘭さんのフレッシュな娘役と共に歌いながら銀橋をわたりますが、長身でこんなかっこいいポストマンは宝塚歌劇の中だけですね。

    今回、104期生の初舞台のラインダンスは「SAKURA ROUGE 104」とタイトルがつけられていて、紅さんが紹介をすると、ピンクの可愛い桜をモチーフにしたお衣装の104期生が登場します。

    春の公演ならではの初舞台生のラインダンスですが、日本の名曲「さくらさくら」からメツメイシ、森山直太朗さん、いきものがかり、コブクロなどの同じ大ヒットタイトル「さくら」が使用されていて、最後は、舞台の主題歌
    「killer Rouge」の主題歌へと繋がり、華やかなラインダンスに拍手がおくられます。
    春の初舞台らしく、それぞれアーティストの大ヒット曲のそれぞれの「さくら」の曲をメドレーに使用されるあたりに斎藤先生の春への思い、初舞台生デビューへの思いが伝わります。

    先日、西城秀樹さんのお話を書かせて頂きましたが、今回のレビューの中で2曲使われていると書かせて頂きました。

    礼さんが「情熱の嵐」を紅さんが「炎」を歌っていると書かせて頂きましたが、大階段前のデュエットダンスの前は、最初に「炎」を華形さんが歌っています。その後、デュエットダンスになり、紅さんが綺咲さんと踊りながら
    ワンコーラス歌っています。1度目の観劇の時は、紅さんだけだと思っておりましたが、記憶違いで申し訳ございませんでした。

    1度目の観劇は、西城さんがまだお元気な時で、この場面を観劇した時は、ただただ懐かしいなと思いましたが、
    2度目の観劇には、星組生が天国にいる西城さんへ届くように歌っているように聞こえました。

    今回のレビュ―では、振付のレクチャーなどもございますが、また4日の千秋楽では、より盛り上がるのではないかと思いますし、客席おりがございますので、1階席通路側席の皆様は生徒の皆様とハイタッチして盛り上がれそうですね

    毎回、プログラムを購入しませんので、お芝居同様に記憶違い、書き間違えがございましたらお詫び致します。


                         ハナモモ

  • 星組公演 ANOTHER WORLD (宝塚大劇場)

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    今日からカレンダーも6月に入りました。月のスタートの関西は、昨日の雨から一転して綺麗な青空が広がりました
    来週あたりは、関西も梅雨入りになりそうですが、貴重な晴れの日を有効に使いたいと思います。

    大劇場では、星組公演が上演中です。初舞台生104期生を迎えての春の華やかな公演も残り3日間となり来週の月曜日6月4日が千秋楽となります。

    今回は、時間をおいて2度観劇する事ができましたので、簡単に感想を書かせて頂きます。

    今回は、開演前に104期生の初舞台口上がございます。宝塚の黒紋付に緑の袴姿の研1生が舞台に勢ぞろいして、初お披露目となります。

    「ANOTHER WORLD」は、タイトルに「落語ミュージカル」とつけられているように、人気落語をベースにして谷先生が演出された日本物のお芝居です。私は、あまり落語はわかりませんが、百人一首の崇徳院の歌だけはわかりました。

    物語は、この世とあの世を行き来して、テンポよく進んでいくお話で、紅さんの明るい持ち味が最大限いかされて
    宝塚歌劇と落語が融合された見応えのあるお芝居になりました。

    華やかなプロローグが終わると、そこには公演ちらしの裏側と同じく、蓮の花に乗った紅さん演じる康次郎が登場。どうやら下界では、自分の葬儀が行われている事を知り、自分は恋患いであの世へ来たのだのだと悟ります。

    あの世では、康次郎より先に来た喜六を演じる七海さんや、江戸の米問屋の若旦那徳三郎を演じる礼さんなど、色々な人達が登場して、恋患いで仲間になった康次郎の相手(綺咲さん)を探し出し、現世で実らなかった二人の恋を何とか成就させようと冥土旅がはじまります。紅さんは、関西出身なので、関西弁(船場言葉)が、流れるようにうまく、少々早口ながらも聞き取りやすく(村おば様も書かれています)お芝居の間の取り方が実にうまいと感じます。

    下級生の頃よりファンの礼さん演じる徳三郎。自由奔放で現世では、全てやりたい事をやりつくした若旦那です。
    フグの毒にあたってあの世に来た徳三郎は、すぐに康次郎と気があい、先頭をきって冥土ご一行をひっぱっていくという辺りは、いつもどんな役でも全力投球でとりくむ元気な礼さんにぴったりでした。

    綺咲さんも紅さんと同じく恋患いであの世にきた大坂の菓子屋の娘のお澄です。二人が再会した後に、美人座で上演される「崇徳院心中」なる場面は、現世での二人のはじめての出会いの場面ですが、キュートな綺咲さんは、蛇がこの世で1番嫌いらしく、大人しく可愛い嬢さんが、蛇を振り回す行動は意外ですが、案外、普段も男役よりも娘役の方が度胸があるなと思う部分なのかもしれませんね。

    七海さんの演じる喜六。七海さんは、関東出身ですが、関西弁もお上手で、紅さんとの場面でも明るくて楽しい場面になっています。サバにあたってあの世に来た喜六ですが、同じ魚料理で命をおとした者同士という事で、礼さんと七海さんは、気があうあたりも笑いをとっています。

    あの世に来た冥土旅ご一行様を三途の川の船の船頭役は、天寿さんです。今春から研14年生になった天寿さんですが、天寿さんも関西出身ではありませんが、現世に借金を残し、その借金を両替商の紅さんに船賃として取り立てられる辺りは、流石に上級生らしく上手く演じています。

    有沙さんは、冥土にあるめいどかふぇの店員さん。もうかなり長く住み着いている設定なので、冥土旅ご一行の仲間に入れてもらいます。茶髪の鬘がインパクト大です。

    専科から特出の華形さんは、貧乏神。「冥土観光案内人」として、康次郎ご一行を冥土の名所に案内します。
    仲間たちからは「びんちゃん」と呼ばれますが、華形貧乏神は、極楽へいき、福の神になるのが夢だと語ります。

    冥土には、色々な名所があり、キラキラと明るいネオン街では、日夜、色々な舞台や出し物が上演されていて、
    その中には「冥土歌劇団」があり、そこでは「ベルサイユのはす」が近日上演予定だそうで「ベルサイユのばら」と違うんですか?」というと「冥土なのでハスです」との事で、作、演出の植田先生は、近日来場予定だそうです。
    「冥土歌劇団」では、下手付近で、美稀千種さんが、男役で羽をつけて歌います。

    「美人座」という劇場もあり、ここでは、現世からあの世に来た、美人で有名な小野小町や静御前がいるそうですが
    静御前の代役で、あの世にきたお澄がいると事で、ここで康次郎とお澄は再会します。美人座の座頭は、夢妃さんですが、貫禄十分です。

    瀬央さんと麻央さんは、それぞれ赤鬼と青鬼です。瀬央さんファン友人が、今回、鬼メイクなので、瀬央さんの素敵な男役のメイクではなくて残念がっていて、プロローグのお顔を楽しみにしていると話してました。

    閻魔大王のお裁き場面で登場する阿修羅役の如月さん。どの角度からみても阿修羅そのもので、短い場面ながら
    インパクト大でした。新人公演で、七海さんの役を演じた極美さんは、最後の場面近くで演じた桃太郎が印象的でした。

    先日、ラジオに出演された礼さんが話されていましたが、紅さん、礼さん、綺咲さんが、公演ポスターで着用しているあの世で作った豪華な和装のお衣装ですが、それぞれ、鬘や置物の中に自分達の現世での商売の道具がつけられているようで、礼さんの鬘には米問屋の稲穂、綺咲さんの鬘には、お菓子屋の串だんごがありました。紅さんは、たぶん両替商なので、小判がついていると話されていたと思いますが、確認できませんでした。

    最後の場面では、極楽行きになった貧乏神の華形さんもでてきますが、足元の草履は、福の神になったので、赤いキラキラのデザインがはいったサンダルになっていました(笑)

    お芝居が全て終わると幕がおります。と同時におりんの音が会場に響きわたります。

    あの世とこの世をつなぐ落語ミュージカルですが、主題歌の歌詞のように「ありがたや~ なんまいだ~」と日々の生活に感謝と反省を繰り返しながら、1日1日今日も元気に過ごせることに感謝せねばと思う今日この頃でございます

    毎回、公演プログラムを購入しませんので、記憶違い、書き間違えがございましたら、お詫び致します。

    レビューの感想は、また書かせて頂きますね。


                      ハナモモ

  • 本日開催 宝塚音楽学校生「宝塚すみれ募金」♪

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    5月のカレンダーも残り4日間となり、今週の金曜日からは6月ですね。

    南の地域では、既に梅雨入りしておりますが、ここ最近では、梅雨入り前に急に夏の暑さのように気温が上昇して、以前、メイ様が書いてくださいましたが、季節を感じる間もなく時間が過ぎていくような日もございます。関西でもここ数日は、25度をこえて夏日が続いておりますが、まだまだ急な暑さに身体がなれいな時期ですので、皆様も熱中症などにはきをつけてお過ごし下さいね

    本日、宝塚大劇場では、毎年恒例の宝塚音楽学校生による2018年「すみれ募金」が開催されます。

    「すみれ募金」は、予科生、本科生がお着物と緑の袴で登場して、社会福祉貢献の為に募金活動を協力を呼び掛ける毎年、宝塚ファンにとって人気の活動になります。

    本日は、9時半から予科生の募金活動時間となっておりますので、既に多くの方が、大劇場外の入り口付近に集まっておられると思います。

    今日の宝塚は、朝から雲ひとつない晴天が広がり、本科生の募金活動が終わる11時10分まで、
    雨の心配もなく、募金活動には行列が続くと思います。

    今年、宝塚音楽学校に合格した予科生にとっては、音楽学校生としてはじめてファンやご家族の皆様に登場する日になりますし、来年、初舞台を迎える本科生にとっては、昨年の予科生に引き続き
    2度目のすみれ募金となります。

    若さあふれるフレッシュな予科生、上級生になり少し大人になった本科生。

    ファンの皆様が、入団前の素顔の生徒さんと直接、ふれあう事のできる「すみれ募金」は、将来のタカラジェンヌへの思いや夢を託すそんな時間であるのかもしれませんね。

    2018年の「すみれ募金」は、5月の晴天に恵まれた1日になりそうです。

    すみれ募金のお時間は、予科生 9時半~10時15分 本科生  10時20分~11時10分
    となります。

    本日、ご観劇前でお時間の有る方などは、ご興味がございましたら是非、募金活動に足をとめてみられるといいですね。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    5月も残り少なくなりましたが、また箱で皆様をお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。


                  ハナモモ

  • 星組公演「Killer Rouge」」&西城秀樹さん(ご冥福をお祈りいたします)

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    5月のカレンダーも後半に入りましたが、ここ数日は、全国的に気温の高い日が続いており、関西でも25度以上の日が続いております。

    梅雨入りまでにはまだ少し時間がございますが、気温がなかなか安定しない日が続きますし、急な暑さで身体が暑さになれておりませんので、くれぐれも皆様も熱中症などにはきをつけてこまめに
    水分補給をしてお過ごし下さいね。

    昨日の午後から今朝にかけて各メディアで取り上げられておりますが、西城秀樹さんが一昨日他界されました。

    お若い方は、御存知ないと思いますが、西城秀樹さんは、昭和を代表する歌手で10代でデビューしてからは、アイドルとして歌、ドラマ、CM、映画など様々な分野で大活躍された方でした。

    現在、大劇場で上演されている星組公演のレビュー「Killer Rouge」の中のフィナーレ近くの大階段の場面で、西城さんのヒット曲が2曲使用されていて、礼さんが「情熱の嵐」紅さんが「炎」をかっこよく歌っています。

    星組公演は、4月下旬近くに1度観劇したので、少し記憶が遠くなりつつありますが、今回、最後のトップコンビの紅さん、綺咲さんのデュエットダンスも紅さんが歌う「炎」の曲だったような記憶があります。

    客席でこの2曲を聞いた時に、ただただ「懐かしいな~」と思ったと同時に、演出の斎藤吉正先生は、西城さんや及川さんのファンで曲を選ばれたのかなと思っていたんですが、改めて、公演中に
    西城さんの訃報と重なり、病気と闘いながら懸命にリハビリを重ねてこられた西城さんの思いが
    広い大劇場で一人でも多くの方に届くようにと選ばれたのかもしれないと不思議な感覚を覚えております。

    昨日も大劇場では、2回公演でしたが、西城さんの訃報を知った星組生をはじめ、西城さんを懐かしく思われる世代のファンの皆様は、きっと、客席でこの礼さんと紅さんの場面を観る度にエネルギッシュでワイルドで素敵な西城さんを舞台に重ねるのではないかと思います。

    14日の「ビバタカラジェンヌ」のゲストは礼真琴さんでしたが、司会の小山さんが、この場面の話をされた時に「何だか懐かしい曲でついついヒデキと言いたくなるね」と言うと礼さんは「ご覧になられたお客様も皆様そう話されています」との事でしたが、また大劇場、そして東宝、台湾まで、星組生が大切に西城さんの思いを届けてくれると思います。

    まだ、星組感想を書いてはおりませんが、レビューの感想を書く中で、西城さんの曲が2曲選ばれていたことは、最初から書く予定にしておりましたが、その感想を書く前に西城さんを訃報が届き
    この場面の部分だけ先に書かせて頂きました。

    まだまだ星組公演は、続きますが、また皆様がレビューで礼さん、紅さんが歌う西城さんの曲の場面をご覧になられたら、西城さんを知らない方には、西城さんが駆け抜けた時代を知って頂けたら嬉しいですし、懐かしく思われる方には、より懐かしく思い出して頂ければと思います。

    今日も全国的に暑くなりそうですが、皆様もお身体にはきをつけてお過ごし下さいね。

    また、箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                     hanamomo

  • ハナモモ様 皆様 こんばんは 村おばです。

    星組 新人公演 観劇して来ました。

    今回、皿屋敷のお菊さん や お岩さん があの世に現れました。
    ベルサイユの蓮 ではなくて アナザーワールド になっていて
    もうじきやってくるのは 谷先生、こちらを観ている、、、
    なんて。(笑いと拍手)

    天華さんは滋賀県近江出身で落語や吉本の喜劇が大好きな方です。
    見事に船場言葉をこなし、柔らかな若旦那さんになっていました。

    本役礼さんの徳三郎を天飛さん(研3-1)が歌うまを発揮されて
    聞いてて心地よかったです。

    本役七海さんの喜六を極美さんが、本公演では舞台の上手で
    Uターンの所を上手の奥まではけて行き、呼び戻されて
    上手、舞台奥から飛び出して来ました。

    本役汝鳥さんの閻魔大王は遥斗さん、かなり若い大王で
    動きが軽く、でも貫禄十分、顔の作りが少し違っていたような気がします。

    本役綺咲さんのお澄を星蘭さんが大きな瞳で美しく演技していました。
    言葉では苦労した様ですが大丈夫でした。

    本役花形さんの貧乏神を夕陽さん(研4-3)きれいなお顔の方です。

    抜群にうまいなあと思ったのが、本役夢妃さんの阿漕をされた有沙さん、
    夢妃さんが押し出しも良くて、これはなかなか難しいだろうな、と
    思っていましたが、なりきり方が凄いです。

    康次郎の父金兵衛を(本役美植さん)希沙さんがされましたが
    貫禄を付けるべくおひげが付いていました。

    本役瀬央さんの赤鬼赤太郎を蒼舞さんが
    康次郎から借金の証文を貰って しょうもないもん
    とか、だじゃれを言いつつ上手にはけて行き
    残った康次郎もあっけにとられて苦笑。
    面白い場面でした。

    いつもながら立ち見もぎっしりで座って観られる幸せを
    感じながら新人公演の楽しさを十二分に味わいました。

           村おば

  • ハナモモ様 皆様 こんばんは 村おばです。

    星組公演、2回目観劇して参りましたが、私、記憶違いをしていました。
    今時古い とおっしゃってたのは七海さんでした。ごめんなさい。 

    紅さんと七海さんがお二人で下手に消えると、上手に礼さんが現れます。

    1週間経てどう変化して行ったか、楽しみの観劇でしたが、
    早口だった紅さんの船場言葉が聞きやすくなっていました。

    礼さんの羽織にはフグが、七海さんの羽織にはサバが、背紋となっています。
    それぞれフグに当たって、サバに当たって と笑いを取ってました。

    赤鬼赤太郎の瀬央さんは紅さんから 大金の借用証文 を貰って帰る時の
    喜び様が前回よりも、もっとテンションが上がっていて、キャッホーという態でした。

    如月さんの 金ぴか阿修羅が 一段と輝きと貫禄を増した気が。

    次から次へと ん な あほな、という場面が続くので、
    初見の時はあっけに取られて各人の小芝居に眼が行きませんでした。

    今回は七海さんが紅さんの後ろで、こちょこちょしていたりする所まで
    見渡せましたわ。

    ショーで階段を降りてから、左足をつるりを滑らして、おっとという人、
    銀橋に出て来て歌いながら歩いて行く時、ヅルッとなって、おっとという人、
    あーこわ、気ぃつけてー。

             村おば

  • 月組「エリザベート」配役決定  ♪

    皆様 こんばんは。ハナモモでございます。
    春のGW(ゴールデンウィーク)も本日が最終日となりました。

    お休みが4月28日から今日まで続いた方は9連休でしたが(我が家の息子も9連休でした)
    カレンダー通りのお休みの方は、今日で4連休が終わりましたね。

    5月に入って明日で1週間ですが、まだまだ気温の変化がございますので、皆様もお身体にはきをつけてお過ごし下さいね。

    宝塚大劇場では、星組公演が上演中です。今回はGWの休みを利用して、早々に観劇して参りました。観劇当日は、客席に真風涼帆さん率いる宙組生の皆様が数名ご観劇の日と重なりすぐ近くで
    真風さんや宙組生の方を拝見する事ができてラッキーでした。

    おもちゃ箱では、既に村おば様がご感想を寄せて下さいましたが、今回は、104期生の初舞台生のお披露目公演と重なり華やかな公演になりました。
    また感想は書かせて頂きますね。

    宝塚公式では、次回月組公演「エリザベート」の全ての配役が発表になりました。

    月組は、本日、東宝公演「カンパニ―」「BADDY」が千秋楽を迎えましたが、次回公演「エリザベート」は、大劇場で8月24日が初日となります。

    今回は、暁さんと風間さんの役替わりもございますが、「BADDY」でひときわ目だつメークで個性を発揮された?輝月ゆうまさんは、エリザベート父を演じられます。

    輝月さんは、エリザベート(シシィ)を演じる愛希さんとは同期生なので、次回の公演でご卒業となる愛希さんと父娘の関係を同期生ならでは息のあった演技で演じられると思います。

    場面が少ないながらも毎回注目されるヴィンディッシュ嬢は、海乃美月さんが演じます。
    エリザベートが訪問する病院での場面にのみ登場する役ですが、初演から毎回、注目度の高い役であるヴィンディッシュ嬢と孤独で哀しみの旅を続けるエリザベートとの場面も楽しみです。

    今後、追って、新人公演の配役なども発表になると思いますが、初演から何度も再演を重ねる度に新しい感動が蘇る宝塚版「エリザベート」の世界は、人気公演となりチケット確保が厳しいですが
    珠城トート、愛希エリザベートを中心にした月組生が作り出す舞台が今から楽しみです。

    GWの連休も終わり、明日からは、お休みの疲れが出る方も少なくないと思いますが、皆様もお身体にきをつけてお過ごし下さいね。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また今月も箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                   ハナモモ

  • ハナモモ様 皆様 こんばんは 村おばです。

    ひょいと声が掛かって知人と星組公演に行って参りました。
    立ち見がちらりと出てましたわ。
    連休だからか男性も多く、知人の隣も男性2人でした。
    あ、初舞台生の家族の方やお知り合いもいらしているでしょう。

    104期の新入団員のご挨拶は170センチ超の男役3名でしたが
    緊張感のある、ういういしいお声ではっきり発声されてました。

    チョンパの後の総踊りが済みますとあの世が美しく現れます。
    この舞台の周りのカラーがパステル調で初めて見る感じ。綺麗。
    回り舞台の向こうから蓮の一片にうつぶせて乗っている紅さん。

    ここから一気に流れるような大阪言葉と落語の世界が沸き出されて来て、
    もう、こちらも巻き込まれます。
    白の死に装束を正当に左前にして着ている紅さんは、おしゃれな江戸の礼さんに
    今時古いと笑われてしまいます。
    後、豪華なあの世の着物姿(ちらし)になって出ていらっしゃるのですが
    あの世のお衣装は何処で誂えたのでしょう?

    実はBADDYを観劇して帰る時、阪急宝塚駅に向かうべく
    花の道を途切れた所の信号を渡りますね、そこでの
    あのピッポ.ピッポの音がグッデイ、バッデイに聞こえて可笑しかったんです。
    (知り合いにその事を話したら、聞こえる貴女が可笑しいって言われてしましました)
    今回は キラッ.キラッ.キラルージュ が頭の中を駆け巡りそう。

    楽しいです。豪華です。

           村おば

  • 祝 宙組大劇場公演千秋楽  ♪

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    4月のカレンダーも残り1週間となりました。

    先週の後半から昨日あたりまで全国的に春の気温を飛び越えて25℃以上を記録する場所が多くなりました。先日、箱のお仲間のメイ様が書かれておりますが、年々季節を感じる期間が本当に短くなっていますね。

    今週はまた少しお天気が崩れますので、気温も下がりそうですが、この時期の寒暖差で体調を崩す病気に「寒暖差疲労」という自律神経が乱れる病気があるようです。

    なかなか体調を維持するのが難しい時期ですが、皆様もしっかりと睡眠をとって、お食事にきをつけながら春の大型連休を楽しみましょう。

    本日、宝塚大劇場では、宙組公演が千秋楽を迎えます。

    新トップの真風さんを中心に新生宙組のお披露目公演として3月16日からスタートした舞台も本日が千秋楽となり5月11日から舞台を東宝に移して上演されます。東宝でご観劇予定の皆様、あと少しお待ち下さいませ~

    初日を迎えた頃は、まだ冬の寒さが残り、桜も開花しておりませんでしたが、あっという間に桜も終わり、千秋楽の本日は、緑の美しい季節になりました。

    今日の大劇場周辺は、朝からきれいな青空が広がっております。明日は雨の予報がでておりますが
    今日1日は、雨の心配もないようで、爽やかなお天気に恵まれた千秋楽になりそうです。

    本日の千秋楽では、専科の星条さんをはじめ宙組生徒さんが数名、宝塚をご卒業されます。

    まだ、観劇感想を書いておりませんが、今回の宙組は1度観劇しました。

    星条さんは、専科生になられるまで、月組生でしたが、今回、宝塚生活最後の舞台は長く過ごされた月組ではなく、宙組でのご卒業となります。

    先週発売された2018年度の「宝塚おとめ」で星条さんは「演じてみたい役」の中で「星条海斗にしかできない役」と書かれています。

    入団以来、様々な役を演じてこられた星条海斗さん(マギーさん)。

    今まで演じた「好きだった役」を含めて宝塚で演じてきた全ての役が、星条さんにしかできない役だったと感じますし、機会があればもう1度演じてみたい役や場面なのかもしれません。

    最後の宝塚生活で演じられた役は、ロングの金髪が美しいウルヒ役でした。

    ウルヒは、純矢さん演じるナキアの側近で神官の役でしたが、純矢さんの側にいるだけでその存在感と安定感は抜群でした。

    レビューでは、銀橋からソロの場面「アマポーラ」や様々な場面に出演されていますが、今日の千秋楽では、どんな言葉で最後のご挨拶をされるのか楽しみです。

    そして、また来月からスタートする東宝公演では、より「星条海斗しかできない役」となる最後の役を、マギーさん(星条さん)らしく、演じられる事と思います。

    そして、宙組新トップスター真風さんの千秋楽のご挨拶にも注目ですね!

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                  ハナモモ

  • <<
  • 16547 16527
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順