ここから本文です

♪宝塚おもちゃ箱♪

  • 16,467
  • 10
  • 2017/11/20 14:18
  • rss
  • 1

    はじめまして。宝塚やOGの舞台、四季、東宝の舞台などが
    大好きな、ハナモモです。

    枠や年令、性別にとらわれずに、色んな話がしたくてこのタイトル
    にしてみました。

    宝塚の感想や生徒さんの事(下級生の話)とか、過去の作品の
    話やご質問などでもいいし、何でもOKです

    今、宝塚では星組、東宝は花組、名古屋は月組です
    まもなく、大阪のエリザガラコンサートや青年館もはじまります

    いつもどこかへ参加している人(していた人)には是非
    ヘルプをお願いしたいし、初めての人には一言感想でも
    いいので気楽に書いてもらえればいいと思います。

    今日は運勢がラッキーだったので、思い切って作りました
    新米なんで、皆様の楽しい感想で「おもちゃ箱」を一杯
    にしてくださいね。

  • <<
  • 16467 16446
  • >>
  • 16467(最新)

    メイ 11月20日 14:18

    hanamomo様皆様 こんにちは、メイです。

    昨日、宙組千秋楽のライブ中継へ行ってきました。
    映画館に着くと、入場だけでもの凄い行列に。どうやら中継のスクリーンは2か所だった様です。中には始まってから着席した方もいたようでした。

    朝夏さんの退団公演となったこの公演、10月に2回劇場で観劇していたので、少し久しぶりの観劇になりました。
    特に「神々の土地」は、とても感動したお芝居だったのですが、久しぶりに見てもやはり感動の嵐でした。
    サブタイトルの「ロマノフたちの黄昏」にふさわしく、ロマノフ家の人々の描写が的確で、一人一人の個性がしっかり描かれていると思いました。
    ドミトリーやイリナ、オリガ、フェリックスはもちろん、特にマリア皇太后(寿組長)とアレクサンドラ皇后(凜城きらさん)は内面からにじみ出る感情が伝わってきました。

    そしてラスプーチンを演じた愛月さんの怖いくらいの迫力(苦笑)
    また桜木さんや瀬音さんなどが演じる民衆の怒りが間もなく起きる革命に結びつくことも、ひしひしと伝わりました。

    初見からドミトリー(朝夏さん)とイリナ(伶美さん)の関係性の描き方が素晴らしいと思いましたが、今回はライブ中継ならではの細かい表情やセリフがわかり、とても感動しました。
    中でもラスト、ドミトリーが護送列車から飛び降り、イリナの元にやってきて、それまで愛し合いながら距離を置いていた二人が熱い抱擁をして、イリナの手がドミトリーを抱く描写には感涙でした。。

    その後ロシアの雪原を背景に、二人の最後のシーンで、イリナの涙を拭う(伶美さんは本当に泣いていて)ドミトリーの手が…本当に美しいシーンでした。
    ドミトリーの熱い瞳・・そして美しいイリナ、朝夏さんと伶美さんだからこそ成り立った作品でしょうね。

    ショーは朝夏さんが黒燕尾でソロダンスから始まるフィナーレは見応えがありました。

    サヨナラショーはラダメスから始まり、TOP HAT などトップ時代の公演からでしたね。よさこいソーランでは朝夏さんは客席通路を走り抜けていました。
    唯一2番手時代の「翼ある人々」からフィナーレのデュエットダンスをシルバーのドレスを着た伶美さんと踊られました。伶美さんはシルバーグレーがとてもお似合いですね。
    その場面の後、暗転すると目の前にスタン(真風さん)が現れ、メランコリックジゴロの再現。
    二人で銀橋を渡ると袖には北白川右京の担当編集者の早見さん(純矢ちとせさん)が水と本を持って待ち受けていて、北白川の本を紹介すると、真風さんが「余の本ではないではないか!」とスタンからルイ14世になっていました^^

    朝夏さんは東京でも黒燕尾で大階段を降りてきました。同期のお花渡しは桜乃さんで、花は白いバラでした。
    カーテンコールでは、次期とっぷの真風さんを読んで「支えてくれてありがとう」と言うと、動揺していた真風さんを見て「なんだ、その目は!」と激を飛ばしたり(笑)
    最後までまぁ様らしい笑顔で涙はみせませんでしたね。

    トッププレお披露目公演の「TOP HAT」を観劇したとき、あ、このトップさん好きだな~と思ってからたったの2年半・・短い様にも思いますが、充実した時間だったのかもしれませんね。個人的にはもっといて欲しいという気持ちはありませんでした。
    相手役の実咲さんが一足先に退団し、伶美さんとのトップコンビは叶いませんでしたが、今回の作品で十分だったように思います。

    皆の前ではチャラ男キャラで明るい朝夏さんですが、その裏では血の滲むような努力をされてきたのだと思います。
    朝夏さん自身、新しいことにチャレンジすることが好きだとおっしゃっていたので、新しい朝夏さんに出会える日も近いかもしれませんね。

    メイ

  • 祝 ご卒業 朝夏まなとさん

    皆様 こんばんは。ハナモモでございます。
    11月も後半に入りましたが、全国的に冬の寒さのように気温が下がって、秋を感じないまま冬が来るような感じがするのは私だけでしょうか?

    ここ数年、10月末の秋のハローウィンが終わると街は一斉にクリスマスムードになり、クリスマスの飾りやイルミネーションなどが点灯して、あっという間に12月になりそうですね。
    皆様もこれから来る本格的な冬に備えて、体調管理にはくれぐれもきをつけてお過ごし下さいね

    本日、東宝では、宙組公演が千秋楽を迎え、宙組トップスターの朝夏まなとさんはじめ数名の宙組生が宝塚を卒業されました。

    もう、早々と各メディアには、本日のラストディーの様子がアップされておりますが、本日の千秋楽は、全国の各映画館でもライブ中継されましたので、各劇場でご鑑賞された方もおられたと思います。私の友人たちもそれぞれ近くの映画館で鑑賞しております。

    朝夏さんは、東宝最後の大階段も宝塚大劇場と同様に男役の黒燕尾姿でおりてこられたそうで
    同期生のお花渡しには、OGで花組トップ娘役の桜乃彩音さんが登場されたそうです。

    今日の東宝も気温が下がり寒い千秋楽になったようですが、まもなく最後のパレードも行われると思いますので、パレードに参加されている方はくれぐれもお風邪などひかれないように暖かくして
    お過ごし下さいね。

    ここ最近、宝塚を卒業されたトップスターの方は、時間をおかずに新しいお仕事の発表やブログ
    やインスタグラムを開設されて、ご自身の言葉でご自分の近況を発信される方が少なくないので
    新しい朝夏さんの今後の予定なども早ければ年内に私達の元に届くかもしれませんね。

    今後はどんな方向に進まれるかわかりませんが、宙組時代には「風と共に去りぬ」でスカーレットを演じられた事もございますし、長身でスタイル抜群の朝夏さんですので、ドレス姿なども似あうので、舞台で女優としての活躍なども観てみたいです。

    まぁ様(朝夏さん)宝塚歌劇団、ご卒業おめでとうございます。
    これからも爽やかなまぁ様スマイルが永遠に美宙のように輝き続けますように。。

    また皆様が、本日の朝夏さんのラストディ―をご鑑賞されましたら、箱でご感想をお待ちしております。

    私は、本日、梅田芸術劇場で月組全国ツアー「鳳凰伝」「クリスタルタカラヅカ」を観劇して参りました。

    久し振りの梅田茶屋町界隈もすっかりクリスマスムードに包まれて、多くの人が休日を楽しんでおられましたが、今日もとても寒い1日でした。

    また月組の感想は、後日書かせて頂きますが、初演の「鳳凰伝」を観劇していないので、今回がはじめての観劇でしたが、珠城さんが演じるカラフ、愛希さんのトゥーランドットは、お似合いで
    見応えのある作品だと感じました。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                   ハナモモ

  • 10月最後の日曜日 (秋の雨)

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    10月のカレンダーも残り2日間となりました。

    今月は、台風が多い月となり、毎週週末になると雨が続いて、全国的にすっきりしないお天気が続きます。一雨ごとに秋が深まりますが、10月最後の日曜日もまた雨になりました。
    秋は、1番過ごしやすい季節ですが、急に気温が下がると体調管理が難しい季節なので、皆様もお風邪などにはきをつけてお過ごし下さいね。

    10月から仕事が多忙になり、後は、家族が先月、緊急入院から手術になったり、バタバタと時間を過ごしており、なかなか、おもちゃ箱に登場する事ができず申し訳ございませんが、日々皆様が箱に届けて下さるお話は、欠かさずに読ませて頂いております。いつも楽しい舞台観劇のお話を届けて頂き有難うございます。

    時間が慌ただしく過ぎていく中、大劇場で上演中の星組公演を観劇して参りました。

    前回、大劇場へいったのは、朝夏さんのサヨナラ公演でしたが、あの暑い夏の公演から、時間が過ぎて、観劇した日は、冷たい雨の降る日となりました。

    星組公演については、また感想を書かせて頂く予定ですが、ミュージカルの「ベルリン わが愛」は、原田先生演出の舞台で、紅さんが演じる映画製作に全力をかけた青年を中心にしたミュージカルでした。全編スーツ姿の作品ですが、宝塚の男役のスーツ姿作品は、やはり着こなしや立ち姿が美しく、男役の魅力が堪能できると改めて感じました。

    酒井先生演出のレビュー「ブーケドタカラヅカ」は、宝塚レビュー90周年の伝統を紡ぐレビューですが、繰り返される主題歌は、どこか懐かしさを感じさせながらも、プロローグで舞台の上から
    ブランコでおりてくる登場する紅さんの姿も懐かしい感じでした。

    出演者のお衣装は、レビューのタイトル通りに「宝塚の花束」のような感じのデザインになっていますが、特に全場を通して、目新しい場面はないものの、鳳蘭さん時代の名曲「セマニフィーク」を出演者が歌う場面などは、宝塚の名曲だなと感じました。

    しかしながら、今回は、大階段の黒燕尾ダンスやトップコンビのデュエットダンスもないので、
    レビュー90周年と謳っているものの、やはりこの2つがない事で宝塚レビューの醍醐味や夢の世界を堪能するまでには、時間が足りないような感じがしました。

    ラストは、紅さん、綺咲さんのトップコンビを中心に凪七さんのソロ「花夢幻」で、3組コンビのダンスになりますが、この曲には、個人的に和のイメージがあるので、今回のレビューには、あわないような感じがしましたし、フィナーレ場面までは、パリやスペインなどの場面が多かったので
    最後もレビューの本場のパリをメインした曲して黒燕尾場面やデュエットダンス演出などが
    観たかったなと思いました。懐かしい曲が多い分、目新しい演出がないので、あまり印象に残らない感じのレビューです。

    「花夢幻」の曲を使用するのであれば、2番手の礼さんがソロを歌い、トップコンビのデュエットダンス場面にした方が良かったなと思いました。(この場面の紅さん、綺咲さんの黒のお衣装
    も曲やダンスが似合ってないように思います)

    エトワールは、研4の娘役の天彩峰里さんです。透き通った美しい歌声が、大劇場に響きわたります。天彩さんは、今回、礼さんが登場する「すみれの花の咲く丘」の場面で、相手役をつとめていますが、笑顔がキュートで清楚な娘役さんで、今後の活躍が楽しみです。

    礼さんの相手役は、お芝居でも有沙さんがつとめていますが、今後は、天彩さんとのコンビも是非観てみたいです。

    簡単ですが、星組公演の感想を書かせて頂きました。また皆様がご観劇されましたらご感想を
    箱でお待ちしております。

    10月最後の日曜日も全国的に雨の日曜日になりましたが、皆様もお風邪にはきをつけて
    お過ごし下さいね。

    また、箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                        ハナモモ

  • >>16462

    > ハナモモ様、皆様、おはようございます。
    >
    > 10月8日(日)に梅田シアタードラマシティに「はいからさんが通る」を観に行ってきました。
    >
    > 私は元々、大和和紀先生の大ファンでm原作コミックも全巻揃えてます。
    >
    > 正直、観るまではどうなのかなと思ってました。
    > 「はいからさんが通る」はその昔、関西テレビ「ザ・タカラヅカ」の中で宝塚テレビロマンとして放送されたこともあって、
    > 伊集院少尉を平みちさん、紅緒を花鳥いつきさん、青江冬星を剣幸さん、紅緒の友人、環を美幸花代さん、蘭丸を瀬川佳英さん、鬼島軍曹を日向薫さん、ラリサを遙くららさん、などで演じられました。
    >
    > 今回のドラマシティでの「はいからさん」、予想以上に良かったです。
    >
    > 伊集院少尉の柚香さんのカッコ良かったこと。
    > 歌も上手くなりましたね。
    > 以前は椅子からひっくり返りそうだった柚香さんの歌(笑)
    > あの人の歌で胸がきゅんとなろうとは。
    >
    > 紅緒役の華優希ちゃん、まだ凄く若いんですね。
    > 歌はもうちょっと頑張って欲しいって感じだけど、なかなか可愛い紅緒で、柚香さんとのコンビが絵に描いたようで素敵でした。
    >
    > そして、冬星さんですが、私は剣幸さんの冬星さんの印象が強かったのですが、鳳月さんの冬星さん、カッコよくてちょっとクラっときました(笑)
    >
    > 鬼島軍曹の水美さんもいいですね。
    >
    > 花組は明日海さんの後もこの人たちが引っ張っていくのかなと思います。
    > ちょっと花組を観る楽しみが増えたかも(笑)
    >
    > 内容も原作にほぼ忠実で良かったです。
    >
    > ♪はいからさんが~~とおお~~る~♪
    >
    > 挿入歌も耳に残る感じでいいですね。
    >
    > 大劇場の星組公演はまだ観てなくて、ドラマシティ公演のほううが先になってしまいました。
    >
    > 星組ももうちょっと先になると思いますが、観るのを楽しみにしています。
    >
    >
    > ではでは、今朝はこの辺で。
    >
    >
    > ななみでした。

  • hanamomo様皆様 こんにちは、メイです。

    先週は夏のような暑さだったのに、今週は暖房が必要なほど寒くなっています。おまけに毎日雨で・・本当に今年の秋は雨ばかりで憂鬱になります(苦笑)

    昨日、宙組公演を観劇してきましたが、日中は雨が降らなかったので傘はささずに済みました。
    工事中だった東宝前の道路もほぼ終わり、石畳に草木が植えられていて、ちょっとした小径という風情になりました。

    「神々の土地」・・観劇している時はストーリーを追うのに必死でしたが、観終わったあとの余韻に浸れる作品ですね。
    帰りの車中であれこれ思いを巡らし、ドミトリーのイリナへの思いの深さが後になって感動してしまいました。
    ラストにロシアを追われ、海外の赴任地へ向かう途中に列車を降り、イリナの元へ駆けつけますが、その後のラブシーンにはとても感動しました。

    皇女オリガもただのお姫様ではなく、したたかな面もあったりと、なるほど~と思ったり。
    また皇后アレクサンドラの凜城さんの美しさ、同期である松風さんとの夫婦役もいい感じでした^^
    ラスプーチン役の愛月さんは怪僧を怪演していましたし、その熱狂的信者の娘役が怖かったです(苦笑)

    寿さんの女役は初めて観ましたが、貫禄ある皇太后でとてもお似合いでした。
    イリナの屋敷の侍従役の星吹さんは、素顔は可愛い感じの男役ですが初老役をしっかり演じていましたね。
    また猟師イワン役の風馬さんは相変わらずの安定感ですね^^

    今回は初見でストーリーを追うのに必死でしたが、2回目はラストの場面は泣いてしまうかもしれません。
    後からじわじわと感動する作品かなと思いました。

    ショーは・・あまり新鮮味もなくて・・とにかく衣装が酷い!もっときれいな色味にして欲しかったな~なんて思ってしまいました。
    もっと朝夏さんの魅力溢れるショーであって欲しかったかな。。なんだか不完全燃焼な印象でした。
    でも2回目はまた印象が変わるかもしれませんが。

    ななみさん、ハイカラさんが通るを観劇できたんですね。うらやましいです。
    スカステで初日の様子を見ましたが、本当に原作から抜け出したようなビジュアルで、あ~こんな場面あった!と思いながら見ていました。
    私も原作が好きでコミックスも買いましたが、兄が友人に貸したら戻ってこなくて・・今は手元にありません(涙)
    ラインアップが発表になった時から、柚香さんの少尉はピッタリ!と思いましたが、華さんの紅緒もとっても可愛いですね。
    はいからさんはどうやらDVDにはならないそうなので、1年待たずにCSで放送されるかなと期待しています。

    メイ

  • ハナモモ様、皆様、おはようございます。

    10月8日(日)に梅田シアタードラマシティに「はいからさんが通る」を観に行ってきました。

    私は元々、大和和紀先生の大ファンでm原作コミックも全巻揃えてます。

    正直、観るまではどうなのかなと思ってました。
    「はいからさんが通る」はその昔、関西テレビ「ザ・タカラヅカ」の中で宝塚テレビロマンとして放送されたこともあって、
    伊集院少尉を平みちさん、紅緒を花鳥いつきさん、青江冬星を剣幸さん、紅緒の友人、環を美幸花代さん、蘭丸を瀬川佳英さん、鬼島軍曹を日向薫さん、ラリサを遙くららさん、などで演じられました。

    今回のドラマシティでの「はいからさん」、予想以上に良かったです。

    伊集院少尉の柚香さんのカッコ良かったこと。
    歌も上手くなりましたね。
    以前は椅子からひっくり返りそうだった柚香さんの歌(笑)
    あの人の歌で胸がきゅんとなろうとは。

    紅緒役の華優希ちゃん、まだ凄く若いんですね。
    歌はもうちょっと頑張って欲しいって感じだけど、なかなか可愛い紅緒で、柚香さんとのコンビが絵に描いたようで素敵でした。

    そして、冬星さんですが、私は剣幸さんの冬星さんの印象が強かったのですが、鳳月さんの冬星さん、カッコよくてちょっとクラっときました(笑)

    鬼島軍曹の水美さんもいいですね。

    花組は明日海さんの後もこの人たちが引っ張っていくのかなと思います。
    ちょっと花組を観る楽しみが増えたかも(笑)

    内容も原作にほぼ忠実で良かったです。

    ♪はいからさんが~~とおお~~る~♪

    挿入歌も耳に残る感じでいいですね。

    大劇場の星組公演はまだ観てなくて、ドラマシティ公演のほううが先になってしまいました。

    星組ももうちょっと先になると思いますが、観るのを楽しみにしています。


    ではでは、今朝はこの辺で。


    ななみでした。

  • ハナモモ様、皆様、おはようございます。

    昨日は1日雨模様で、結構しっかりした降りになりましたね。
    今日もまだ降ると聞いてるので、ちょっと憂鬱です。
    早く、晴天になってほしいです、

    でも、一雨降るごとに秋が深まってくるみたいですね。
    実際このところ、一気に気温が下がってきました。

    うちの地域は秋祭りが間近に迫っていて、自治会の人たちは祭りの準備に追われています。
    昨年は我が家も隣保長が当たってたので、昨年の今頃は大忙しでした。
    でも、今年はのんびりできて嬉しいです(苦笑)

    朝夏さんの大劇場千秋楽から1週間たちましたが、昨日の2018年の雪組ラインアップを見て、私も嬉しい驚きでした。
    クロネコ様のご贔屓である、朝美さん、バウ主演が発表されましたね。
    確か、単独初主演では?
    雪組に組替えになって、どんな立ち位置になるのかなと思ってました。
    彩風さんもいますしね。
    でも、このバウホール公演で朝美さんの良さを発揮できれば、今後の行く末も見えてくるのではと思っています。
    頑張って欲しいですね。

    それで、私はというと、今度の日曜日にシアタードラマシティでの花組公演「はいからさんが通る」を観に行ってきます。
    今度は、今のところ台風も来てないので、電車が動かなくなるというようなことはないと、思っています(笑)

    大和和紀さん原作の「はいからさんが通る」はその昔、漫画もリアルタイムで読んでコミックも持ってます。
    あの美形の柚香さんがどんな伊集院少尉を演じるのか楽しみです。
    最近、95期の活躍が目覚ましくて、ただただ、凄い!と思っています(笑)

    ではでは、今朝はこの辺で。


    ななみでした。

  • ハナモモ様、皆様、こんばんは!!

    私にとってとても嬉しい発表が今日ありました。

    来年3月の雪組バウ公演単独主演があーさに決まりました。
    ばんざ~いです。
    組替えになってどのような扱いになるのか、ファンはみんなとても気にしていましたから。

    義経妖狐夢幻桜と和物ロックファンタジーとの事ですが、何気に龍さんのサヨナラ公演のNOBUNAGAを連想してしまいましたが、とにかく嬉しいです。

    FCのライン仲間と喜びを分かち合いました。
    今日のお稽古入り待ちに行った時、そういえば何時もより饒舌だったかな?と思い返していました。

    3月の公演では、バウホールに通います。


    クロネコでした♪

  • hanamomo様皆様 こんにちは、メイです。早いもので今日から10月・・今年もあと3か月ですね。

    大劇場では星組公演が始まり、紅さんがトップになって初めてのオリジナル2本立てですね。CSで見た限りではなかなかいい感じに思えました。
    東宝の月組公演もあと1週間となりました。老若男女が楽しめる浪漫活劇もあとわずかとなってしまいました。

    私も今回は3回観劇しましたが、1回はスカイステージの貸切公演が当選し、ご招待での観劇となりました。
    開幕前には司会の元月組組長の越乃リュウさんの挨拶があり、終演後には珠城さんに質問をされ、珠城さんも「リュウさ~ん」と懐かしそうでした^^

    ALL for One は屈託なく楽しめた作品でした。小池先生のオリジナル1本物の中ではやはり一番楽しかったかも^^ 
    演者たちも回を重ねる毎に面白くなってきたと思いました。

    ルイ14世役の愛希さんは、グランドホテルでは盛りの過ぎたバレリーナを演じていましたが、今回は男のふりをしなくてはいけない王女を可愛らしく演じていて、そのふり幅の広さに改めて感心させられました。
    全国ツアーではトゥーランドットを演じますが、とても楽しみです。

    9月はチケットが取れず諦めていた雪組全ツーが思いがけず観られることが出来ました。
    「琥珀色の雨にぬれて」は初演を観ているはず・・なんですが、全然記憶になく(苦笑) でも楽曲は聞き覚えがありましたね。
    主人公クロードは貴族の御曹司で、フランソワーズという許嫁もいますが、運命的に出会ったシャロンに心奪われてしまい・・まぁよくある展開ですね^^
    クロードはゲスな男、などと批評する方もいますが、多分フランソワーズとは親が決めた許嫁だと思うんですよね。
    今まで出会ったことがないタイプの女性に惹かれるってあると思いますよね。
    そして望海さん演じるクロードがとても自然体で、今までこういう役を見たことがなかたったので、なんだか新鮮でしたね。

    真彩さんのシャロンは、男を虜にさせる魔性の女・・には見えませんでしたが、でも頑張っていましたね。

    ちょっと残念だったのがフランソワーズの星南さん。車の運転をするような当時の女性にしては自己のある役だと思うのですが、声も邪魔してあまりそういう感じには見えませんでしたね。

    イケメンはネモ組に殆ど行ってしまっていましたが、皆よく頑張っていました。
    ジゴロ役の彩凪さんは、歌が上達したような? 

    ショーは早霧さんの退団公演の演目でしたが、真ん中が変わると全然違って見えましたね。また差し替え場面(希望など)も手抜きじゃなくて、とても良かったですね。

    新星雪組は大劇場でのお披露目公演に向けて、お稽古中ですね。
    お芝居はまたフランス革命ですが(笑) ロベスピエールを中心にどのように描かれるんでしょうか。
    先日配役も発表になり、気になる役は彩凪さん演じるロラン夫人と朝美さんのサン・ジュストですね。
    彩凪さんは多分2回目の女役だと思いますが、ロベスピエールと対立する役の様です。
    朝美さんのサン・ジュストはロベスピエールの盟友で、美貌の青年で革命の大天使とも呼ばれたとか。でも多数の人をギロチンへと送り、自身も最後はギロチンの露と消えてしまいます。。

    楽曲は全曲ワイルドホーン氏というのも楽しみですね。
    結末が暗いのでちょっと心配ですが、望海さんの魅力溢れる舞台になって欲しいですね。

    10月は後半に宙組を2回観劇します。千秋楽ライブ中継もチケット当たって欲しいです。

    メイ

  • 星組大劇場公演開幕&沙央くらまさん退団

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    9月のカレンダーも残り2日間となりました。
    9月下旬になり一気に秋が近づき、関西も昨夜から今朝にかけてかなり気温が下がりました

    今夏の関西は、猛烈な暑さが続き、本当に連日、焼けつくような暑さが続きました。全国的に朝夕の寒暖の差が激しい時期ですので、皆様もお身体にはきをつけてお過ごし下さいね。

    宝塚大劇場では、25日に朝夏さんのラストステージが無時に千秋楽となり、本日からは星組公演が開幕します。

    紅さんが星組トップスターに就任してから2作目となる公演ですが、前回のお披露目公演は「スカーレットピンパーネル」で1本物でしたので、今回、紅さんがトップになりはじめてのお芝居とレヴューの2本立てになります。

    今回の星組公演では、専科から凪七さんが出演されますが、凪七さんは、今回の公演で卒業される壱城さんの同期生ですので、お二人とも星組公演出演するにあたり、長く同じ時間を過ごしてきた同期生として、様々な思いが交差する舞台になるのではないかと思います。

    夏樹さんも今公演で卒業となりますが、夏樹さんはお誕生日が11月6日なので、星組千秋楽となる11月6日がお誕生日と偶然重なり、一生今年のお誕生日は忘れられない日になりそうですね。ご自分のお誕生日に宝塚の卒業が重なる生徒さんは、ほとんどおられないと思いますが
    夏樹さん自身もそして夏樹さんを応援されるファンの皆様にとっても大切な日になりそうです
    夏樹さんは、いつも舞台のどこにいてもはっきりとした顔立ちが魅力の男役ですし、歌もお得意で本当に今回の退団は残念です。

    昨日は、雪組大劇場公演の集合日でしたが、今回の舞台に専科から出演される沙央くらまさんの退団が発表になりました。

    沙央さん(コマさん)は、OGの龍さん、早霧さん、夢乃さんと同期生ですが、組替えを経験しながら、現在は、専科生として活躍されています。

    沙央さんが宝塚生活最後の舞台に選んだのは、望海さんのお披露目公演となる雪組公演ですが、やはり最後は、思い入れのある雪組公演でご卒業される道を選ばれました。

    現在、沙央さんは、東宝月組公演「ALL for One」で圧倒的な存在感であるモンパンシェ侯爵夫人を演じていますが、本日は、退団発表された翌日ですし、あと少し月組公演は続きますので、千秋楽にむけてまた沙央さんへの拍手もより多くなると思います。

    個人的に沙央さんの舞台で印象的なのは、沙央さんも「宝塚おとめ」の好きだった役の中で書いておられますが「ロミオとジュリエット」の乳母役ですが、最初、沙央さんがこの役を演じると聞いた時に驚きましたが、かっこいい男役の沙央さんが、挑戦した乳母役は、今後また
    再演されるとしても私の心の中で1番心の中に残る乳母です。

    かっこいい二枚目の男役から輪っかのドレス姿を着こなす役まで、様々な役を演じてきた
    沙央くらまさん。

    最後の舞台では、どんな場面が用意されているのかわかりませんが、沙央さんらしい宝塚生活の最後の舞台になる事を願っています。

    また皆様が、星組公演、月組公演をご観劇されましたら、箱でご感想をお待ちしております。

    私もなるべく早い時期に観劇できればと思っております。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                   ハナモモ

  • 祝 ご卒業 (朝夏まなとさん 宝塚大劇場)

    皆様 こんばんは。ハナモモでございます。
    宝塚大劇場で8月18日から上演されていた朝夏まなとさんラストステージとなる「神々の土地」「クラシカルビジュー」が本日千秋楽を迎えました。

    初日がはじまった頃は、真夏で大変猛暑が続く大劇場も今日の千秋楽は9月下旬になり、公演が進むにつれ、季節も夏から秋へと移っていきました。

    今日の大劇場は、朝から綺麗な秋晴れが続き、日中は気温が上がり暑い1日になりました。

    もう既に各メディアでは、本日の千秋楽の様子がでておりますが、朝夏さんは、長年過ごされ宝塚大劇場の大階段を大好きな黒燕尾でおりてこられました。

    お花渡しには、同期生である星組の紅ゆずるさんが登場されましたが、同期生として長く同じ時間を過ごされて、同期としてトップスターという時間を過ごしてきたお二人にとって
    特別な時間が流れたのではないかと思います。

    前楽、千秋楽で本公演に引き続き行われる「サヨナラショー」の様子なども少しでておりましたが、個人的に大好きだった宙組のソーランの場面が上演されたのも嬉しく感じます。

    朝夏さんは、相手役だった実咲さん退団後、相手役を決めずにそのまま退団する形となりましが、ご自分より先に退団する実咲さんを送り出してから自分の卒業を決めたあたりは、朝夏さんらしいなと感じます。

    追って「宝塚の殿堂」では、朝夏さんの手形が展示されると思いますが、ファンの皆様もご自分の手を重ねたり、他のトップスターの皆様の手形と比較されると思います。

    宝塚生活最後となる東宝公演は、10月13日からスタートしますが、最後の千秋楽となる11月19日まで、ファンの皆様も駆け抜けて頂きたいと思います。

    本日、6月に産まれた上野動物園のジャイアントパンダの名前が決定しました。

    沢山の名前の中から選ばれた名前は「シャンシャン(香香)」ですが、宝塚ファンとしては、
    「シャンシャン」というと、宝塚歌劇のレヴューの最後のフィナーレで生徒の皆様がそれぞれ手にしておりてくる持ち物ですが、可愛いお名前が、宝塚の持ち物を連想されるのは、
    宝塚ファンとしては、個人的には少し嬉しく感じますし「シャンシャン」という名前は
    全く私の頭の中には思い浮かばない名前でした。

    「シャンシャン」の愛らしい姿がTVで公開される度に、本当に大きくなったなと思いますし
    これからも健やかに成長されるように願っています。一般公開が待ち遠しいですね。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                     ハナモモ

  • 安室奈美恵さん (去りゆく美学)

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    9月のカレンダーも今週いっぱいになり、来週の日曜日からは10月ですね。
    先週からお彼岸の時期に入っておりますが、昨日今日のお休みを利用されてお墓参りをされる方もおられると思います。

    街では、秋から冬にかけてのファッションや年末年始のお年賀状やおせち料理などの案内も
    みかけるようになりました。本当に1年はあっという間ですね。

    宝塚大劇場で上演されている朝夏まなとさんのサヨナラ公演も今日と明日の残り2日間となり
    今日の午後15時公演、そして明日の千秋楽には、本公演に引き続きサヨナラショーが上演されます。

    関西地方は、今日も明日も晴れマークがでておりますので、明日の千秋楽でパレードの準備をされるFCの皆様方も雨の心配もないので良かったですね(予報が変わったらお詫びします)

    先日、観劇する予定でしたチケットが急な予定で観劇できなくなりました。譲渡させて頂いた方は、新聞で掲載されていた上田久美子先生のコラムをご覧になり、今回先生が演出される
    「神々の土地」にご興味をもたれたようで、是非とも大劇場で観劇希望という事で、譲渡させて頂きました。譲渡させて頂いた方は、男性の方でしたが、また今回の舞台で、宝塚歌劇男性ファンが増えたら嬉しいなと感じています。

    少し、宝塚歌劇と話題がそれるんですが、先日、安室奈美恵さんが来年9月に芸能活動引退を発表されました。

    安室さんは、ここ数年間、TV出演されず、歌手活動は、ライブ活動が中心になっていますが
    デビューからここ最近の曲まで、ヒット曲も多く、常に音楽業界のトップを走り続けてきたと感じます。

    まだ40歳という若い安室さんですが、1年先の引退にむけて発表された経緯などは、ジャンルは異なりますが、宝塚歌劇団のトップスターの引退に似ているなと思いました。

    宝塚歌劇団でトップスターのラストステージも、退団発表、退団会見から様々なスケジュールをこなしながら、大劇場公演、そして最後の東宝公演千秋楽が男役トップスターの男役としての集大成となり、その翌日には、劇団の公式HPからお名前をみる事ができなくなります。

    安室さん自身、10代の若い頃から25年間、走り続けてきて、様々な経験、活動を続けながら、シングルマザーで頑張ってこられて、そのお子様も成人される時期と重なり、この辺りで
    ご自分を今1度見つめなおしたいと思われたのかもしれませんし、それが、今まで頑張ってきた音楽活動から去りゆく事で、デビューから引退まで駆け抜けてきた25年間をファンの方に
    「いつまでも覚えていてほしい」「心にとどめていてほしい」という思いなのかもしれません

    安室さんがファンの皆様に1年前に発表した引退発表は、安室さん流の芸能界を去りゆ美学と宝塚歌劇のトップスターのような引き際を感じます。

    TVで会う事なく、ライブ会場でしか会う事ができない安室さんですが、宝塚歌劇も劇場でないと舞台を観劇する事ができない部分も共通していますし、卒業の日となる引退の日も決まっているあたりも宝塚歌劇のトップスターの卒業と似ているような気がしています。

    安室さんファンの皆様は、引退される来年9月にむけて、今後発売されるメモリアル商品や
    コンサートなど、チケット確保も大変だと思いますし、この辺りも宝塚歌劇トップスターのサヨナラ公演チケット確保と似ていますね。

    ご自分が走り続けてきた音楽の道で1番美しく、輝いていた時代をファンの皆様の心の目に
    永遠に残しながら来年9月に芸能界から引退をする安室奈美恵さん。

    最後の1年間が、素晴らしく充実したお時間になりますように願っております。

    私もまた、カラオケで、大好きな「Can you セレブレーション」を歌いたいと思います

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。

    素敵な日曜日をお過ごし下さいね。

                      ハナモモ

  • ハナモモ様、皆様、こんにちは!

    呼ばれたような気がして、来てみました。

    朝美さんが博多座公演終了から雪組生として舞台に立ったのが先月29日からでしたね。
    今回は調度主人が東京ジャズがHNKホールで行われるのに行くというので、9月2日の日本青年館での公演を観ました。
    初めての日本青年館でしたが、その前にスマホに変えていたので迷わずに行けました。

    ドラマ・シティは初日を観劇して、ななみ様が心配してくださったお茶会の日は観劇せず、お茶会だけ行く予定でした。

    仲良くなったFCの人たちとラインのやりとりしながら、入りで代表さんが短くなってもやります~と言われていたとの情報で少し早めに家を出ました。

    旦那が、最悪でも地下鉄は動くだろうから旦那の実家に泊まれるように弟に連絡を取ってくれて鍵をわたしてくれていました。

    お茶会は予定どうり始まり、あーさが少し咽喉を痛めているので質問コーナー、握手会、くじ引きと何時もとあまり変わりなくでも、サクサクと進み丁度一時間で終了しました。

    かえりは、あーさがみんなに手を振ってお見送りをしてくれました。

    その時点で、梅田はほとんど雨は降っていなくて阪急も普通に動いていました。
    ただその後市バスに乗るのでもし動いていないとこまるので地下鉄で最寄の駅まで帰りました。

    悲劇はそこからでした(^^;
    地下鉄の駅をでたらなんとどしゃぶりの雨!!
    家までの15分あまりで全身ずぶぬれになりました。

    旦那には、阪急に乗った時点でメールをしていたので安心していたようで、私が玄関で「雑巾持ってきて」とわめいてやっと外がどしゃぶりの雨ときずいたようです。

    その日は、ひとこちゃんも大阪でお茶会だったようで結構みなさん大変だったのではないかと思いました。

    公演のキャプテン・ネモですが、始めは??マークが一杯でした。
    なんで此処で?というかストーリーがぼやけてしまうような感じで、それにみちるちゃんの役が出番が多くて咲ちゃんより主演?という感じをうけました。

    もちろんあーさの軍人役はとても素敵でしたし、最後のフィナーレのダンスも素敵でした。
    何度か観ていると、この台詞はあそこの場面に繋がるのだと理解できるようになりましたが。

    あとは、前楽と千秋楽をお願いしているのですがなぜか前楽に振替以来がきて?となっています。

    まぁとりあえずあと一回は観れると思うので楽しみにしています。

    というわけで、ななみ様無事あーさのお茶会には行きました。
    心配して頂きありがとうございましたm(_ _)m

    クロネコでした♪

  • ハナモモ様、皆様、おはようございます。

    既往の話とは前後しますが、8月末に宙組公演「神々の土地/クラシカルビジュー」を観てきました。
    朝夏さんの退団公演としては、今回の作品は良かったのではないかと思います。
    同じく退団される怜美うららさんのイリナも本当に綺麗で、やめてしまうのはもったいないなあと思ったほどです。

    ラストの朝夏さんのドミートリ―とイリナが見つめ合いながら歩み寄っていく。そこで幕が落ちますが
    あのシーンが今でも記憶に残っています。

    真風さんのフェリックスもカッコ良かったですが、ドミートリ―ににはちょっと怪しげな友人?(苦笑)
    でも、あれは真風さんだからこその役でしょうね。

    愛月さんのラスプーチン。凄く衝撃的ですが、ああいう役を演じて、この先、どんな方向に行かれるんでしょうね?
    京都のオフ会の時にも話題になったのですが、今度、芹香さんが組替えで入ってこられて、愛月さんの今後の立ち位置は?どうなるんでしょうか?
    その辺が気になるところです。

    ショーの「クラシカルビジュー」も素敵で楽しいショーでしたね。
    最近では私の中では久しぶりに印象に残ったショーです。
    ♪クラシカルビジュー~~♪のあの歌も、今でも脳裏によみがえります。

    私のご贔屓さんも今回はお芝居でも目立ってて、ショーのほうでも、愛月さん、桜木さんと共に銀橋でのトリオ(苦笑)いや~、ご贔屓がああいうふうに目立ってきたのは嬉しい限りですね。

    欲を言えば、もうちょっと背が高ければ。。。ね(笑)
    ま、天は二物を与えず。。ですね。
    その代わり、歌にダンスに活躍してますから、贅沢はいえないです。

    17日はお茶会だけになったのですが、帰りのあの時間、あのタイミングで、新幹線に乗って帰れたのは
    今考えても、何か目に見えない力が働いたのかな?と、しか思えません。
    ちょっと時間がずれててもきっと、帰れず、駅で夜明かしすることになってたかも。

    この次は、雪組観劇でしょうかね?
    あ、それに月組の全ツもありますが。
    花組の「はいからさんが通る」は観てみたかったのですが、チケットが取れず、諦めました。
    また、スカイステージの放送を待ちます。

    メイ様も言ってましたが、「ポーの一族」の明日海さんのエドガーの写真。
    私も見て、思わず「オオ~~ッ!」と(笑)
    「ポーの一族」は当然のことながらコミックも全巻持ってます(苦笑)
    最近、漫画の舞台化が多いので、昔のコミックもうっかっり処分できませんね。

    お正月公演だし、またしてもチケット難になるんでしょうかね。

    ではでは、今朝はこの辺で。


    ななみでした。

  • ハナモモ様、皆様、こんにちは。

    3連休に日本列島を縦断した大型の台風18号は各地に大きな爪跡を残していったようですが皆様の地域は大丈夫だったでしょうか?

    実は私は17日の朝から京都で宝塚サイトの仲間でオフ会があって行ってました。

    お昼、12時から2時間ほどランチをしながらヅカトークで盛り上がり、楽しいひと時を過ごしました。

    その後、オフ会終了後は午後8時から阪急伊丹駅前のホテルで宙組のご贔屓さんのお茶会があり、大阪でちょっと時間をつぶして伊丹へ移動しました。

    伊丹のホテルへついた頃はまだそれほど台風の影響もなく、帰りのことを考えるとちょっと不安はありましたが
    ま、何とかなるわと安易に考えていました。

    お茶会は珍しくテーブル席で、質問コーナー、ゲーム、写真撮影、抽選会と、短い時間でサクサクと進んで
    最後はご贔屓さんからの歌のプレゼントですっごい楽しい時間を過ごしました。
    最後、帰るときはご贔屓さんがお見送りをしてくれて、幸せいっぱいでホテルを後にしました。

    でも、そこからが地獄の始まりでした(苦笑)

    そもそも、ホテルを出たときに雨風が凄くて、傘をさしてても役に立たないくらいでした。

    それでも、何とか阪急に乗って三宮へ向かってましたが、車内の放送で須磨から先の山陽電鉄の運転は取りやめておりますとのこと。
    思わず「え~~っ!」
    JRが止まるのはいつものこと。でも、姫路までなら山陽電車があるしとタカをくくってました。
    そしたら、運転見合わせって。。。ヤバい!どうすりゃいいんだって思って。
    とりあえず、三宮で降りてJRへ行きました。
    そしたら、案の定、止まってて。西明石までしか行かないとのことで。

    う~~ん、どうしようと思いながらもとりあえず西明石行きに乗り込みました。
    西明石と言えば、新幹線があったなと思って、西明石について、新幹線乗り場に急ぎました。
    この時すでに時間はPM11時半を回ってて。。。ちょっと厳しいかなと思いました。

    新幹線乗り場に行くと、電光掲示板に大阪方面は動いてるっぽいのに、岡山方面は調整中と。
    ええ~、どうなんだろうと思って駅員の人に「岡山方面は動いてないんですか?」と、聞いて
    すると、調べてくれて、のぞみ広島行きが西明石と相生に臨時で停車すると言ってくれて。
    とりあえず時間がないので、通行整理券を渡されて、姫路に着いたら特急券と乗車券を支払いということに。

    そんなこんなで、いろいろありましたが無事帰宅できました。
    姫路に着くと主人に電話して車で迎えにきてもらいました。

    帰宅したのはAM1時近かったと思います。
    もうね、身も心も疲れました(苦笑)

    えっと、あの日は確か、朝美さんも大阪でお茶会があったと思いますが。
    クロネコ様は行かれたのでしょうか?
    ちょっと気になってました。

    こんなことならホテルを取っておけばよかったかなと思いましたが。こればっかりはわからないですよね。

    でも、唯一の救いは楽しいイベントの後でのことだったので、まだ良かったかなと思っています。
    家族にも迷惑をかけてしまいましたが、天災だけはわからないですからね。

    と、言うことで、今日はひとまずこれにて。


    ななみでした。

  • 9月の空  ♪

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    秋の3連休も終わりましたが、今年の連休は、大型台風が日本列島を駆け抜けて
    各地で雨風の被害がでました。近畿地方では、日曜日の午後以降、夜にかけて雨風が強くなりました。台風通過した昨日の敬老の日は、朝から綺麗な青空が広がりましたが、皆様がお住まいの所は大丈夫でしたか?

    宝塚大劇場で上演中の朝夏まなとさんのラストステージも残り1週間をきりました。

    9月1日には、東西の劇場で本公演終了後、久しぶりの「レヴュー記念日」が開催されて
    ご観劇の皆様には、記念品プレゼントがございましたが、箱の村おば様がご観劇されて箱にご感想を寄せて下さいました。村おば様は、新人公演もご観劇されて、毎回、わかりやすいご感想を届けて頂き楽しく読ませて頂いております。今回の新人公演主演をつとめた夢白さんは、今年入団された研1生ですが、清楚な美人娘役で今後も眼が離せませんね。

    9月25日の千秋楽にむけて、朝夏さんをはじめ今回の公演で大劇場をご卒業される宙組生徒の皆様のFCの皆様会服や化粧前なども全て宝塚の卒業色である「白」で統一されいると思いますが、最後の幕がおりるまで、皆様の笑顔が輝く舞台が続く事を願っております。

    8月25日に開幕した雪組全国ツアーも昨日、無事に千秋楽となりました。
    新生雪組のトップコンビとなる望海さん、真彩さんコンビを中心とした雪組選抜メンバー
    が出演した舞台でしたが、今回は、梅芸で観劇する事ができて本当にラッキーでした。

    16日からは、梅田ドラマシティで彩風さん主演の舞台「CAPTAIN NEMO」が上演中です。
    こちらの舞台は、先に日本青年館ホールでの公演が終わりましたが、日本青年館でご観劇されたメイ様がおもちゃ箱に届けて下さいました。メイ様 いつも丁寧でわかりやすいご感想を有難うございます。こちらの舞台には、クロネコ様が応援されている朝美さんが出演されていますが、クロネコ様お元気にされておられますでしょうか?

    新生雪組が全員揃ってのはじめての大劇場公演は、11月10日開幕になりますが、新トップとなる望海さんが演じるロベスピエールは、どんな作品になるのか楽しみですね。

    10月9日から赤坂ACTシアターで開幕する花組公演「ハンナのお花屋さん」ですが、先日、
    特番が放送されました。生憎、外出していて見逃してしまいましたが、皆様はご覧になられましたか?

    明日海さんといえば、公式HPに2018年の元旦から公演される話題作「ポーの一族」の
    写真がアップされております。私は、原作を詳しく知らないのですが、また原作ファンの方や
    はじめて宝塚をご観劇される方もおられると思います。小池先生の演出で、宝塚歌劇の世界で
    演じられる劇画の世界は、想像が膨らみますが、今後、登場する公演ポスターなども話題になると思います。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますのでよろしくお願い致します。


                      ハナモモ

  • 有沙瞳さん(池田泉州銀行イメージガール決定)

    皆様 こんばんは。ハナモモでございます。
    9月のカレンダーも10日がすぎ、ようやく秋を感じる季節となりました。

    今夏の関東は、雨が続き気温が低い日が多かったですが、関西は、梅雨入り前から猛暑が続き
    9月に入っても日中は残暑が厳しい日が続いておりますが、それでも太陽の陽ざしや空を流れる雲は、秋を運んできて、夜の虫の音は、季節を感じさせます。

    南では、台風が発生しておりますので、台風の進路によっては、今週末からの3連休に御天気が影響しそうですが、地元の小学校や中学校では、毎年この時期に体育祭がありますし、連休を利用されてお出かけされる方も少なくないと思います。

    夏にも雨の被害がございましたが、台風は秋以降多くなりますので、皆様も天気の急変にはきをつけてお出かけ下さいね。

    関西に拠点をおく「池田泉州銀行」のイメージガールですが、現在、イメージガールをつとめる伶美さんから新イメージガールとして星組の有沙瞳さんが決定しました。

    池田泉州銀行は、数年前に池田銀行と泉州銀行が合併しましたが、当時から各銀行のイメージガールは、宝塚歌劇団の生徒がつとめています。

    ここ最近、池田泉州銀行のイメージガールは、宙組の娘役がつとめていましたが、今回は宙組の伶美さんから星組の有沙さんへと受け継がれます。

    「池田泉州銀行」は、阪急沿線の駅前に支店が多い銀行ですし、CMも流れているので
    関西の方にはおなじみの銀行です。

    銀行のポスターには、四季折々にイメージガールをつとめるタカラジェンヌの爽やかで素敵な笑顔のポスターに足をとめてしまいますが、有沙さんは、11月から新イメージ―ガールとして登場します。

    現在、イメージが―ルをつとめている伶美さんは、大変、華のある美人で魅力的な娘役ですが、有沙さんは、明るく爽やかで笑顔が美しい娘役だなと感じます。現在、研6生ですが、
    雪組から星組に異動後は、本公演や新人公演、礼さんの「阿弖流為」でもヒロインをつとめるなど活躍が目覚ましい娘役ですね。

    次回の星組大劇場公演中には、池田泉州銀行の本支店に、有沙さんのポスターが登場すると
    思いますが、関東の方もまた、宝塚大劇場へこられましたら、阪急宝塚駅前にあるお店で
    有沙さんのポスターをご覧くださいね。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また9月も箱で皆様をお待ちしておりますのでよろしくお願い致します。

                  
                     ハナモモ

  • ハナモモ様 皆様 こんにちは 村おばです。

    宙組新人公演を観劇しました。
    今回は知人に前から 手に入るよ との話を頂いていたので
    安心して当日を迎えられましたわ。

    当日、細かい雨が降ったりやんだりしていました。
    劇場内に入りますと立ち見の方達もぎっしりで
    劇場内はむし暑く、舞台に出ている軍服姿の
    皆さんは汗を滲まされていました。

    本役朝夏ドミトリーを瑠風さん、もう新人公演主演も3回目。
    堂々と落ち着いて主役らしい立ち振る舞いに
    本役真風フェリックスの鷹翔さんが絡みます。

    あ、今、外は雨、雷のゴロゴロが大きくなって来ました。

    鷹翔さんもすらりとして貴族らしい振る舞いでしたが
    長く歩く場面に若さ?経験不足?がちらり見えました。

    群を抜いてお上手だったのが星風さん。
    舞台に出て来てすぐの歌から魅了されました。
    地に足が着いている、役をわかっている、役に溶け込んでいる、
    次の娘役1、なるほど納得。

    本役愛月ラスプーチンを留依さん、
    新人公演は皆はじけてされるのですが
    留依さんは少しおとなしい感じがしました。

    本役桜木ゾバールを優希しおんさんがされましたが
    優希さんの本公演の役はギター弾きのミーチャ。
    よく目立っていまして目が引かれます。
    新人公演の優希ゾバールのダンスは踊り上手の
    仲間達との激しい踊りにもダントツで
    人が3回回っている時、4回高速スピンされました。

    新人公演 最後の場面、ドミトリーとイリナの少しずつ歩み寄る時、
    瑠風ドミトリーのなんとも切ない目つきにジーンとして胸いっぱいになりました。
    イリナも切なさそうでこの場面は最高でした。

    本役うららイリナさんのドレスはうららさんに合わせてあるので
    夢白さんには肩の辺りが少し大きいかな、と思いました。
    夢白イリナさんははっきりとしたお顔立ちで美人さんです。

            村おば

  • hanamomo様皆様 こんばんは、メイです。今日の関東は少し暑くなりました。昨日は肌寒いくらいでしたが。

    青年館は昨日千秋楽となった雪組公演「CAPTAIN Nemo」を先日、観劇してきました。7月末の星組公演「阿弖流為」がこけら落とし公演だったそうですが、チケットが取れず・・この雪組公演が新日本青年館初お目見えでした。
    前より少し駅(地下鉄)に近くなり、椅子がかなり良くなってお尻が痛くなることはなくなりましたね^^

    さてNemoですが・・内容は面白かったです。出演者も見目麗しい男役さんたちが勢ぞろいで、月組から組替えになった朝美さんもそれはそれは美しくて凛々しい軍人で^^
    でも・・なんだか中途半端感がぬぐえないんですよね。出演者は皆熱演ですが、掘り下げが浅いというか。。急に心変わりしちゃったり、う~む・・となってしまうんですよね。
    でもあまり深く考えなければ楽しめるかも?
    雪組イケメンを楽しむにはもってこいの作品かと(苦笑)
    娘役では研2の潤花さんが抜擢に応えて頑張っていましたね。これからが楽しみです。

    東宝の隣には大きなビルを建設中ですが、名前が「東京ミッドタウン日比谷」に決まったそうです。商業施設とオフィスの複合ビルで、シネコン(TOHOシネマズ)も入るとか。
    個人的にはどんなレストランが入るのか楽しみです^^
    でも東京ミッドタウンって・・他にいいネーミングなかったのか、と思わなくもないですね。六本木とまぎわらしいような。。

    新生雪組の大劇場お披露目公演「ひかりふる路」の楽曲が全曲、フランク・ワイルドホーン氏の曲になるそうです。
    言わずと知れたスカピンの作曲者ですが、歌が得意な新コンビにふさわしい名曲が生まれると嬉しいですね。

    メイ

  • <<
  • 16467 16446
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン