ここから本文です

♪宝塚おもちゃ箱♪

  • 16,567
  • 9
  • 2018/09/22 10:57
  • rss
  • 1

    はじめまして。宝塚やOGの舞台、四季、東宝の舞台などが
    大好きな、ハナモモです。

    枠や年令、性別にとらわれずに、色んな話がしたくてこのタイトル
    にしてみました。

    宝塚の感想や生徒さんの事(下級生の話)とか、過去の作品の
    話やご質問などでもいいし、何でもOKです

    今、宝塚では星組、東宝は花組、名古屋は月組です
    まもなく、大阪のエリザガラコンサートや青年館もはじまります

    いつもどこかへ参加している人(していた人)には是非
    ヘルプをお願いしたいし、初めての人には一言感想でも
    いいので気楽に書いてもらえればいいと思います。

    今日は運勢がラッキーだったので、思い切って作りました
    新米なんで、皆様の楽しい感想で「おもちゃ箱」を一杯
    にしてくださいね。

  • <<
  • 16567 16548
  • >>
  • 16567(最新)

    han***** 9月22日 10:57

    月組大劇場公演「エリザベート」美弥さん休演&役替わり  

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    さきほど、観劇した月組公演「エリザベート」の感想を書かせて頂き、続きを書こうと思い宝塚公式HPをのぞいて
    みたら、今日の公演からフランツ役の美弥るりかさんが休演との発表があり、美弥さんの休演にともない、役替わり発表がありました。

    実は、2回目の観劇は昨日の公演でしたが、美弥さんは先週観劇した時よりもかなり調子が悪くて、フランツとしては
    最初から最後まで登場されていたものの、フランツのソロの場面を全て美弥さん自身の声で聴く事ができず、長年、美弥さんの歌を聞いてきた私にとって、本当に驚くべき観劇日となりました。

    先週の1度目の観劇時もいつもの美弥さんらしくない音程の取り方で高音が全く伸びず「どうしたのかな?こんな歌声は聞いた事がない」と思えるほどの歌声でしたが、フランツ美弥るりかが舞台に存在していても、歌声が
    ついていかず、残念でしたし、昨日は、望海さん、真彩さんの雪組トップコンビをはじめ、雪組生が数名、客席でご観劇でしたので、誰よりも美弥さんが一番悔しい思いをされたのではないかと思います。

    本日の11時公演より下記の通りの役替わりでの公演となります。

    フランツ 月城かなとさん ルキーニ 風間柚乃さん ルドルフ 暁千星さん エルマー 蓮つかさん 

    となります。生徒の皆様にとっても突然の事ですし、8月24日の初日から昨日まで上演してきたキャスト変更にはなりますが、ルキーニの風間さんは、9月11日の新人公演でルキーニを演じて以来になり、本公演でははじめてのルキーニ役となり、かなり緊張されるかもしれませんが、幕開きからすぐに登場するルキーニは、物語のストーリーテラーとして重要な役ですし、今日からフランツを演じる月城さんが好演している役だけに、大変だとは思いますが、入団5年目の風間さんらしいルキーニを魅せてほしいと思います。まだ感想を書いておりませんが、本公演の役替わりとなったルドルフも完成度が高く素晴らしかったので、ルキーにも期待したいと思います。

    劇団としては、万が一の生徒のアクシデントを考慮して、代役のお稽古などもされているとは思いますし、美弥さんは私が観劇した先週も調子が悪くて、そのまま頑張ってこられて、体調が回復しないまま、昨日まで出演されていたと思いますが(真相はわかりませんが)まだまだ大劇場の千秋楽まで公演は続きますし、今後、東宝公演も続きますので、体調を万全にされてまた素敵な美弥フランツが完全復活されるのをお待ちしたいと思います。

    フランツ役の月城さんは、今日から同期生として愛希さんの相手役を務めますが、同期生夫婦として、最初から最後まで息のあった皇帝夫妻になると思います。

    本公演では、ほとんどといっても過言ではない別キャストでの本公演にはなりますが、舞台を見守るお客様にとっては、ベストキャストでも別キャストでも観劇する事に何ら変わりはないと思いますので、素晴らしい「エリザベート」の世界を楽しんで頂ければと思います。

    本日の本公演は、午前、午後とも15分遅れで上演されますので、ご観劇の皆様は、お時間をお間違えないようにお越しくださいね。

    美弥さんの1日も早いご回復をお祈りすると共に、役替わりの公演の成功をお祈りしております。


                      ハナモモ

  • 月組「エリザベート 愛と死の輪舞」(宝塚大劇場 暁ルドルフ 風間ルドルフ)

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    9月も残り少なくなり、今日からは平成最後の秋の3連休ですね。
    関東では、昨日からかなり気温が下がり寒くなっているようですが、近畿は、数日続いた雨もようやく止んで、今日と明日は晴天に恵まれそうです。

    先週と今週、ようやく大劇場で上演中の月組公演「エリザベート」を観劇して参りました。今回の2度の観劇では
    ルドルフ役替わりを両方とも観劇できましたので、2度の観劇感想をそれぞれ書かせて頂きたいと思います。

    1996年の初演の雪組公演から全て観劇している宝塚歌劇のエリザベートですが、今回は、10回目の公演になり
    月組で上演されるのは3回目になります。

    珠城さんが演じる黄泉の帝王トート。長身でウェーブの鬘には、グリーンとパープルかかっていて、難曲大曲といわれるナンバーを丁寧に歌っています。エリザベートを観劇する時に毎回、トートが樹から落ちたシシィと初めてあう場面、そして最後に白い衣装で長年追い続けてきたエリザベートがようやく自分の胸に飛び込んできた表情に注目していますが、珠城さんは、この2場面ともエリザベートへの思いを情感豊かに表現。今まで自分があった事のない少女を何度も行き帰らせ、追い続け、自分と一緒に黄泉の国へ誘い続けながらも、拒否され続け、それでも死という立場から永遠に愛し続ける姿は、誠実な役が多い珠城さんにとっては、挑戦する部分が多いとは思いますが、ますます東宝では進化されるのではないかと思います。

    トートは、突然、エリザベートの前に現れますが、寝室に登場した時もエリザベートに出ていくように言われて、
    律儀に一礼して、ドアから出ていく姿などは、死というよりも人間に近い感じがしています。

    今回、シシィが樹から落ちてその後、トートが椅子に座って登場する時に、トートは右手に骸骨(スカル)の模型をもっていますが、この演出は、前回の宙組にはなかったように記憶しております。

    今回が、宝塚生活最後の舞台となる愛希さんのエリザベート。愛希さんは歌、ダンス、お芝居と3拍子揃った実力派の娘役で、月組では、龍さん、そして珠城さんの相手役をつとめてきました。
    最初の登場場面から最後の天空に昇るまで、エリザベートとしての一人の女性を見事に演じ切っていて、まさに最後の役に相応しく完成度が高くタイトルロールを超えるほどの熱演でした。

    自分の父親のように自由で何者にも縛られない生き方を望む一人の少女時代から皇帝に見初められて王室に入り、その後も宮廷生活になじめず、旅を続ける孤独な王妃を愛希さんは、時には強く、時には儚く、愛と哀しみの旅を続けるその姿に実在の皇妃エリザベートが重なります。愛希さんは長身で手足が長いので、どのドレス姿も着こなしが美しいですし、1幕最後の「鏡の間」のドレス姿も眩しいぐらい美しいですが、ソロの「私だけに」の歌詞に込められた自分の人生は私だけの人生という信念を貫く姿は、長くトップ娘役をつとめてきた姿と重なるかもしれませんね。

    個人的に印象的だったのは、2幕の病院訪問で、ボロボロになった白い扇をもって自分をエリザベートだと勘違いしているヴィンディシュ嬢を優しく抱きしめ「自分の孤独に耐えられるなら私と変わってもいいのよ」と歌う場面ですが、愛希さんの左頬から流れる一筋の涙が美しく、その涙をヴィンデイッシュ嬢役の海乃美月さんが、左の指で拭うと、その拭ってくれた左手に自分の黒い扇を手渡す場面が心に残りました。

    珠城さんとの最後のデュエットダンスは、「エリザベート」の主題歌である「最後のダンス」に乗せてになりますが
    真っ白いドレスには、エリザベートが鬘につけている星型のスターシシィのような飾りがつけられているデザインのようにみえました。珠城さんと息のあったデュエットダンスも今回が最後になりますが、キレがありしなやかで優雅なダンスは、長身のトップコンビならではの見応えのある場面になりました。

    過去に何度もタイトルロールを数々の生徒の方が演じてきましたが、今回の愛希さんのエリザベートは、まさに有終の美を飾るの相応しく、初演の花總さんに続き、強烈な印象を残す完璧で素晴らしいエリザベートでした。

    毎回、ヴィンでシュ嬢を演じる方は、話題になりますが、2幕を通して、この場面だけの登場になりますが、海乃さんの演じるヴィンディシュ嬢は、何度も新人公演でヒロインを経験したり、数々の舞台で重要な役を演じてきただけに安定感、安心感があるヴィンディシュ嬢でインパクト大でした。海乃さんなら、リヒテンシュタインやスターレイなども似あいそうですが、今回、逆に一場面でしか登場しない、ヴィンディシュ嬢を演じることで、今後は、月組の実力派娘役として役の幅が広がると思いますし、フィナーレでは、綺麗なドレス姿で大階段をおりてくる姿の笑顔はとてもキュートで綺麗でした。

    美弥さんのフランツ。先週、今週と観劇しましたが、先週も少し調子が悪いようでしたが、今週は更に悪化されているようで心配です。美弥さんは、星組時代からとても好きな男役で、今回のフランツ皇帝も楽しみでしたが、元気のない感じが気になります。
    しかしながら、美弥さんは登場するだけでその高貴で爽やかなフランツ皇帝がぴったりですし、はじめてのお見合いで、シシィを選ぶ場面やエリザベートを愛していながらも永遠のすれ違い夫婦になってしまう苦悩などは、しっかりと伝わりました。前作品の「カンパニー」「BODDY」では、かっこいい男役を演じていた美弥さんだけに
    今回の体調不良が心配で、今週の2度目の観劇では、フィナーレの大階段をおりてこられた時に、胸元に手をあてて
    申し訳ないようなスタイルで会釈される姿が印象的でした。
    フィナーレなどのダンスは、前列で元気に踊っておられるので、喉の調子がかなり厳しいように感じます。
    できれば、最初から最後まで完璧な男役の素敵な美弥さんのフランツを観劇したいですが、もう千秋楽も近いので
    難しいようです。連休にはお茶会があると思いますが(記憶違いならお詫びします)ご無理ならさらずに、今は、
    1日でも早く、ご体調が回復するのを祈っております。

    一旦、この辺りで終わります。また続きをかきますね。

  • ハナモモ様 皆様 こんばんは 村おばです。

    9月、10月は毎年の、いつもの行事 で手いっぱいで
    残念ながらエリザベートは本公演もパスしています。
    新人公演もいつもの方々にお願いせずでした。
    (多分お願いしても手に入らなかったでしょうけど)

    それでも9月7日に new wave 星 を観劇できました。
    梅田を終えた紅さん、綺咲さん他が観劇にいらして出演者にいじられてました。
    客席降りの時、紫藤さんは紅さんと親しげに交流。
    交代して瀬央さんは紅さんをずうーっと睨みつけて近付き、ニコッと笑って交流かと
    思いましたが、そのままズルズルズズッとバックして舞台に戻ってしまい、もう大笑い。

    2014年1月のナポレオンの時、本役紅さんマルモンを瀬央さんが新人公演でなさいました。
    その時のかなり印象に残っていた瀬央さんが
    バウで堂々とお声を響かせ中央に立っていらっしゃるので
    4年の年月はとても貴重な成長の期間だったんだと
    一人、勝手にウルウル浸っていました。

    new wave はこれで終わります。大好きだったので残念です。
    出来ればまた各組一回りして欲しいです。

    10月の宙組新人公演は、その日用事が早めに終わりますので、観劇出来そう。

              村おば

  • ハナモモ様、皆様、おはようございます。すっかりご無沙汰しています。
    私はここ最近、やっと秀樹ロスから抜け出せつつあるかなと思っています(苦笑)

    西城秀樹さんの死はすごくショックでしばらく立ち直れませんでした。
    だって宝塚に嵌るまでずっと秀樹に夢中だったんですよ。
    あれから7月にZipなんば大阪へ「ブロウアップHIDEKI」という西城さんが20歳の時に開催した球場コンサートの映像を上演するとのことで猛暑の中を大阪まで観に行ってきました。

    今はYouTubeで昔の映像を見て涙する毎日です。

    でも、そんな中でも月城さんの「ラストパーティー」を観に行ったり、和希さんのバウ初主演公演「ハッスルメイツ」を観に行ったりと、観劇も欠かさずの日々でした(苦笑)

    そらちゃんの「ハッスルメイツ」は宙組20周年ということで、今までの歴代の宙組公演メドレーが歌われたり、ダンスも盛りだくさん、ほんとに楽しい公演でした。
    何よりも新人公演から応援してたそらちゃんが舞台の真ん中に立って歌い踊る、プラグラムの表紙を飾る、そして開演アナウンスを聞いたときは涙が出そうでした。

    それはそうと、来年には「ベルサイユのばら45」が大劇場と東京国際フォーラムで公演されるそうで。たくさんのOGさんが出演されるのできっとチケット難だと思いますが。
    私の御贔屓の凰稀さんは東京のみしか出られないみたいで。
    なんてことかしら、また東京へ行けってこと?!
    でも、かなめさんのオスカル様、見てみたいです。

    今、公演中の「エリザベート」はまだ観劇してませんが近いうちに観に行きたいと思っています。

    このところ、西日本豪雨や台風など西日本が集中的に被害を受けてますね。被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。
    そして、北海道の地震も。
    最近はうちの地域だけは安全とか言ってられないですね。
    明日は何が起こるかわからない今日この頃dす。
    皆様、気を付けてお過ごしくださいね。


    今日はこの辺で。

    ななみでした。

  • 皆様 こんばんは。ハナモモでございます。
    9月のカレンダーも10日が過ぎましたが、ここ最近は、自然災害のニュースが多くなり、先週もまた北の大地で
    大きな地震があり、一瞬の内に多くの方が被害あわれ、大切な命が失われました。
    被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
    これ以上被害が拡大されない事を祈りつつ、1日も早く、復旧、復興される事を祈っております。

    平成最後の夏は、全国的に猛暑酷暑が続きましたが、ようやく気温も落ち着き、近畿地方もまだ少し日中は残暑は残るものの、エアコンを使う頻度も少なくなってきたように感じます。

    秋は、1年の季節の中で1番過ごしやすい季節だと思いますが、年々、夏や冬などはっきりした季節が長くなる傾向があるように感じますので、今年もまた秋は短くなるかもしれませんね。

    まだ9月ですので、各施設や電車内などエアコンが強い時もありますので、皆様もくれぐれも体調管理にはきをつけてお過ごし下さいね。

    宝塚大劇場では、月組公演「エリザベート」が上演中ですが、今夜は、新人公演が行われました。

    「エリザベート」は大好きな作品なので、早く観劇したいと思いつつ、今回の観劇は、舞台の後半になりまだ少し先になります。今回は、A、Bと役替わり公演がございますが、どちらも観劇する予定なので、大変楽しみです。

    宝塚おもちゃ箱では、村おば様が各組の新人公演をよくご観劇されて、箱にご感想を寄せて下さいますが、本日の
    月組公演は、ご観劇されましたでしょうか?

    今回は、本公演も連日、当日券も完売で大人気公演となっておりますし、毎回、どの公演の新人公演も人気チケットで確保が厳しいですが、また村おば様がご観劇されておられましたら、ご感想を楽しみにしております。

    今回の新人公演主演でトートを演じるのは、暁千星さんですが、暁さんは、本公演では、役替わりを演じておられますし、新人公演のお稽古もあり、大変、ハードな日々を過ごしておられると思いますが、今夜は、大劇場の新人公演も終わり、明日は休演日という事で今夜は、ようやく少し落ち着かれたかもしれませんね。

    暁さんにとって、今年は、新人公演出演の最終学年となる研究科7年生ですが、最後の新人公演の学年で、いつも爽やかな笑顔でフレッシュな暁さんがどんな感じで黄泉の帝王トート閣下を演じられたのか興味深いですが、同時に
    次期月組トップ娘役が決まっている美園さんも今回、タイトルロールのエリザベートを演じられて、かなり見所の多い新人公演になったと思います。

    暁さんは、また関西ローカルの宝塚ラジオ番組「ビバタカラジェンヌ」にご出演されますので、私もラジオを通して、暁さんの声で新人公演のご感想を聞くのを楽しみにしたいと思います。

    「ビバタカラジェンヌ」には、先日、エリザベートの父親を演じている輝月ゆうまさんが出演されましたが、輝月さんも今回、役替わりと新人公演主演をつとめる暁さんにエールを送られていました。

    輝月さんは、今回、エリザベート父親を演じていますが、毎回、この役は、専科の方などが演じる事が多く、今回は、歴代でも1番若いパパという事で、かなり悩まれたようですが、若さをいかしたパパ作りを目指されているようで、自由奔放なシシィの性格を作り上げたのは、自由気ままな生活を続ける父親の性格がそのまま受け継がれて来た意外の何物でもないという事でございました(笑)

    また、皆様がご観劇されましたら、箱でご感想をお待ちしております。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                         ハナモモ

  • 台風21号 (宝塚大劇場 宝塚バウホール 9月4日午後公演休演)

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    9月に入り、今日で4日目ですが、今年は、本当に例年以上に台風が多い年になっています。

    本日は、台風21号が午後から近畿に上陸して、物凄い風と雨になりました。

    この時間は、台風も少し抜けましたが、大阪市内や関西空港など各地で被害がでていて、今回の台風の勢力がいかに強い台風だったかがわかります。

    JRなどの交通機関などは、昨日から早々に本日の運転とりやめを発表しておりましたが、他の関西の私鉄も本日のお昼迄は、順次、運転休止となっています。

    大阪の大手百貨店も全て今日は台風の為に臨時休業になっていて、スーパーなども朝は営業していましたが、台風が近づくにつれて閉店する店が多くなっています。

    宝塚大劇場と宝塚バウホールでは、本日、月組公演と星組公演が上演中ですが、どちらも午前中の公演のみが上演されて、午後の公演は中止になりました。

    今回の台風では、不要不急の外出などは控えるようにとの発表がありましたが、大劇場公演やバウホールなどの公演は中止の発表はされておりませんでしたが、今回の台風21号は、上陸前から強力台風との事でしたし、鉄道、航空などの運休なども前日から発表されていただけに、ご観劇チケットを確保されて観劇を楽しみにされていた方にとっては、交通事情で観劇できない方もおられると思いますし、万が一ご観劇できても帰りの交通機関が動くかどうかなどかなり心配の多いご観劇になったかと思います。

    既にこの時間は、雨も風もおさまっていますが、JRや私鉄は動いてないので、大劇場やバウホールの午前公演を御観劇された皆様が無時に帰宅の途につかれる事を願っています。

    大劇場で上演中の月組公演「エリザベート」は、連日、お立ち見席まで売り切れの人気公演になっていますし、
    星組バウホール公演「New Wave 星」も5組最後のNew Wave公演として人気公演となっています。

    毎回、おもちゃ箱で書いておりますが、自然災害だけは、いつおこるかわかりませんので、遠くからの遠征観劇などを予定されている方には、毎回の天候などは気になると思いますし、特に台風シーズンの時などは、いつも以上に
    観劇ができるかどうか気になりますね。

    100年以上続いた宝塚歌劇の中で、舞台が休演するのは、ほとんどない事ではありますし、1つのカンパニーとしては、舞台を休演する事なく幕が上がり、ファンの皆様に舞台を楽しんで頂く事も大切だと思いますが、ご観劇される方が劇場への行き帰りでお怪我やアクシデントにあわないとも限らないので、そのあたりの判断は慎重にお願いできればと思っています。

    平成最後の夏は、本当に猛暑酷暑が続いた夏でしたが、台風や地震なども多い年になりました

    皆様もくれぐれも天候などにはきをつけてお過ごし下さいね。


                        ハナモモ

  • 「歌劇創刊100周年記念号」&hanayumetowa様へ

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    8月のカレンダーも最終週になり今週の土曜日からは9月ですね。

    本当に今夏は、猛暑酷暑続きで、この先の3カ月予報でも残暑が続き、なかなか涼しくなる気配もないようですが、
    これだけ気温の高い時期が長くなると日本の四季は季節を感じる事なく過ぎていくかもしれませんね。

    先日、メイ様が書いて下さいましたが、早く秋らしく過ごしやすい季節になるといいですね。

    今月発売された「歌劇」は、「歌劇創刊100周年記念号」となり、今までから現在まで宝塚歌劇団に携わってこられた多くの方、卒業生、現役の生徒、そして宝塚歌劇ファンの皆様が沢山、毎月、発刊される「歌劇」に様々な思いを寄せておられます。

    今年の上半期に放送されたお昼のドラマで大地真央さんが主演された「越路吹雪物語」の中でも、当時の宝塚歌劇団内にあった歌劇編集部が登場して、当時の若手スターである越路吹雪さん(瀧本美織さん)と編集部員の岩谷時子さん(小南晴夏さん)のお話も出てきましたが、現在も続く「歌劇」の歴史の1ページを重ねながら、歌劇編集部も色々な時代をくぐりぬけながら、長くこうして100周年までたどりついたのは本当に素晴らしい事だと感じます。

    私がはじめて「歌劇」を購入したのは、それまで全く興味がなく自分には一生、宝塚歌劇はご縁のない趣味だと思っていた時に、初めて、大地真央さんのトップお披露目公演を大劇場で観劇して、その翌日にすぐに購入した大地さんが表紙の「歌劇」が購入一冊目です。

    我が家には、今も沢山の「歌劇」がありますが、整理をしだすとどうしてもまた片づけながら読みふけってしまい、片づけがなかなか前に進みません(苦笑)

    今回、記念号の中で、この「宝塚おもちゃ箱」を作る前からお世話になっているhanayumetowa様の投稿をお見かけしました。hanayumetowa様の投稿が掲載されるのは、今回がはじめてではありませんが、ファン歴が長くて、以前からどんなご質問でもわかりやすく教えて頂いております。

    ここ最近は、おもちゃ箱でもお顔を観る事がなく淋しい思いをしておりますが、今も奥様と仲良くご観劇を続けておられるとの事で安心致しました。

    ここ最近は、宝塚大劇場やキャトルレーヴでも男性ファンをお見かけする機会も多くなりましたが、その中でも
    hanayumetowa様は、紳士的で男性ファンのお手本のような方だと思っています。

    hanayumetowa様
    すっかりご無沙汰しております。ハナモモでございます。
    今回、「100周年記念号」掲載、おめでとうございます。
    奥様と仲良くご観劇を続けておられるようで、ご夫婦が同じ趣味で素敵ですね。
    私以外の方もhanayumetowa様の投稿に気づいた方もおられるようで、懐かしく思われているようです。
    これからも長くファン歴を重ねて、素敵な時間をお過ごし下さいね。
    そして、また時々でもこの「宝塚おもちゃ箱」でお話できれば嬉しいです。
    まだ、今のようにSNSが人気になる前は、掲示板という場所で色々な事を教えて頂き、この「宝塚おもちゃ箱」を作ってからもいつもご親切に丁寧な文面で箱を支えて頂き有難うございます。
    おもちゃ箱は、細く長くこれからもマイペースで進んでいくと思いますし、箱はいつでも開いておりますので、お時間がある時には、いつでもお越し下さいね。
    まだまだ残暑が厳しく暑い日が続きますが、くれぐれもお身体にはきをつけてお過ごし下さいね。


                     ハナモモ

  • 月組大劇場公演「エリザベート」上演中  ♪

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    8月のカレンダーも残り5日間となりました。
    本日は8月最後の日曜日ですが、関東から西にかけては猛暑になっていてとても暑いですね。

    台風前に少しは朝晩は涼しくなった近畿地方も台風通過前からまた気温があがり、通過後は、また真夏のように連日35℃を前後の高い気温が続いております。

    今年は、例年以上に台風発生が多く、まだまだ豪雨災害の復興も先が見えない中、これから本格的な台風シーズンにむけてどうなるのか心配ですね。

    まだまだ暑い日は続きますので、皆様も熱中症にはきをつけてお過ごし下さいね。

    8月24日から宝塚台劇場では、月組公演「エリザベート」が開幕しました。

    今回の月組公演は、宝塚歌劇が「エリザベート」を上演してから10回目の公演となります。

    私は、1996年初演の雪組公演から9回目の宙組公演まで全て観劇して参りましたが、毎回、この素晴らしいミュージカルを観劇する度に、初演時に感動した言葉にできない極上の舞台が蘇りますが、何度再演されても、ストーリーがわかっていても、流れるナンバーがわかっていても、プロローグでルキーニが登場する場面からワクワクします。

    今回、はじめて宝塚版の「エリザベート」をご覧になる方、初演からかかさずご覧になっている方、偶然はじめて観劇する宝塚歌劇の演目が「エリザベート」の方など。。皆様が劇場で「エリザベート」を観劇する状況などは様々だと思いますが、美しい旋律と歌だけで繋がれる独創的な「エリザベート」の世界を楽しんで頂ければと思います。

    今回、10回目のトートを演じる珠城りょうさんは、健康的で大らかなイメージの男役で誠実なお役が多い感じですが、その珠城さんがどんな黄泉の帝王を演じられるのか楽しみです。

    今回の舞台が宝塚生活最後となる愛希れいかさん。月組トップ娘役として龍さん、そして珠城さんとコンビを組み様々な役を演じてきましたが、最後の役は、タイトルロールとなるエリザベートを演じます。
    愛希さんは、多くのスターを輩出している95期生ですが、95期生では、OGの実咲凛音さんに引き続き、トップ娘役としてこの大役に本公演で挑みます。

    愛希さんは、歌、ダンス、お芝居と3拍子揃った実力派の娘役ですが、トップ娘役が「エリザベート」で卒業するのは、白城あやかさん、大鳥れいさん、蘭乃はなさんに続き4人目になります。

    大人気ミュージカルの再演と、愛希さんのサヨナラ公演が重なり、初日より大人気になっていますが、私が観劇するのは来月中旬以降になりそうです。

    今回は、役替わり公演もありますし、新人公演とあわせて、見所の多い公演になりそうです。

    また皆様がご観劇されましたら、おもちゃ箱でご感想をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。

    再演される度にまた新たな歴史が刻まれる宝塚歌劇「エリザベート」。

    大劇場公演、そして東宝公演の千秋楽まで、月組生一丸となって、皆様、お身体にきをつけて頑張って頂きたいと思います。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                       ハナモモ

  • hanamomo様皆様 こんにちは、メイです。

    台風が四国から兵庫へ上陸し、被害も出ているようですが、皆様がお住まいの所は大丈夫だったでしょうか。
    今年は酷暑の上に台風の発生も多く、私の地元でも先月は高潮で大きな被害がありました。

    今日は月組の大劇場初日でしたが、無事開演したようなので安心しました。
    先日は公演時間を遅らせたり、観劇にこられない方へのチケット代払い戻しなどがあったので、朝一にPCを開いたとき、即HPを確認しました。
    台風シーズンはまだこれからですが、もう来てほしくないですね。

    さて、東宝で上演中の雪組公演を2回観劇してきました。
    凱旋門は深いお話で考えさせられますね。でもちょっと眠くなってしまいそうでしたが^^;

    ショーは夏らしく黒塗りのラテンショーで、客席も盛り上がっていましたね。
    とにかく望海さんが熱くて望海さんにぴったりなショーでした。
    客席から登場する「黒猫のタンゴ」は、1回目は台風が近づいていたので、猫ちゃんたち(銀橋にいる朝美さん、朝月さん、永久輝さん)と台風を追っ払いましょう!というアドリブ(笑)
    2回目は「いい匂いがすると思ったら、緋村抜刀斎がきているぜ!」と客席にいる早霧さんを紹介!
    望海さんは加納惣三郎になりきって「維新は終わってはいない!」と叫び、早霧さんは立ち上がって望海さんと握手していましたね。
    早霧さんはフィナーレでも手を高く上げて手拍子したり拍手したりしていました。
    そして帰るときは客席に手を振っていました^^

    早霧さんは秋に「るろうに剣心」の上演が決まっていて、宝塚と同じ緋村剣心役を演じられますね。
    OGになっても同じ役を演じるなんて、前代未聞ではないでしょうか。私も興味があるので、チケット確保しちゃいました^^
    そういえば、この公演で朱音太夫役で元宙組の彩花まりさんが出演する様です。また高荷恵役は愛原美花さんです。

    8月もあと1週間ですが、残暑が厳しそうですね。今年は酷暑だったので早く秋めいて欲しいですが。

    メイ

  • 祝 花組大劇場公演千秋楽  ♪

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    8月のカレンダーも残り10日間となりました。
    暑かった2018年平成最後の夏ですが、ようやく近畿地方も朝晩は気温が下がり涼しくなりました。
    まだまだ日中は暑いですが、それでも一時のような35℃以上となる猛暑、酷暑はなくなりましたが、まだまだ残暑は厳しいので、皆様も熱中症や突然ゲリラ豪雨にはきをつけてお過ごし下さいね。

    宝塚大劇場では、本日、花組公演「MESSIAH」「BEAUTIFUL GARDEN」が千秋楽を迎えます。

    もう既にこの時間は、1階席のお立ち見席を含めて全ての座席が満席になっていて、大劇場千秋楽の舞台が多くの拍手に包まれて開幕しております。

    今回の舞台が開幕したのは、7月13日でしたが、本当に連日、気温が高く、ようやく千秋楽近くになり気温が下がぅてきた感じなので、出演される生徒の皆様も大変な公演だったと思います。

    花組公演を観劇したのは、開幕すぐで、数回、舞台の観劇感想を書かせて頂いたんですが、長文投稿の際にエラーになってしまい、再度トライする元気がなくそのままになり申し訳ございません。

    お芝居もレビューも大変見応えのある作品でしたので、是非、感想は書かせて頂きたいと思います。

    今年100回大会を迎える夏の高校野球選手権大会も今日が準決勝、そして明日が決勝ですね。

    何度も書いておりますが、今夏は、例年にないほど気温が高い夏になりましたので、選手の皆様もゲーム途中で水分補給する姿がいつもより多く観られましたが、甲子園名物の「カチワリ氷」もこの暑さで連日売れ行きが好調のようです。

    今年は100回大会で平成最後の大会となりますが、連日、始球式には、甲子園を沸かせたOGのかたが登場するのも
    見所の一つです。

    宝塚歌劇団が、100周年を迎えた時にも感じたんですが、いくら時代が変わっても、同じ目標をもって仲間と共に
    駆け抜ける時間や姿は、これからも変わる事なくまた新しい歴史をそこに刻み続けるんだなと感じています。

    100回大会の中では、様々なドラマがありますが、厳しい練習を積み重ねて、代表校となり、憧れの甲子園の土を踏む姿やゲーム終了後、お互いの肩を抱き健闘を称えあう姿、そして最後に甲子園の土を持ち帰る姿、帽子をとって甲子園球場に一礼してグランドを去る姿などは、いつみても爽やかでいいですね。

    明日は、いよいよ決勝戦です。どこの高校が、頂点となり、新調された真紅の大優勝旗を母校に持ち帰るのか楽しみです。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また箱で皆様をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


                        ハナモモ

  • ハナモモ様 皆様 こんにちは、村おばです。

    酷暑!!!

    睡眠不足の中、花組 MESSIAH 新人公演を観劇して参りました。

    観劇券の入手が難しかったのですがぎりぎり何とか。

    花組さんは研7さん以下素敵な男役さんばかりです。
    今回はとくに亜蓮冬馬さんのお休みをカヴァーしようと
    心ひとつに突き進んで行かれたようでとても充実していました。

    研7長の飛龍つかささんのうまさにはいつもながら感心します。
    ご挨拶も亜蓮さんの名前を出され がんばったよー とばかりの
    心にしみたお言葉にじんわりしましたわ。

    本役鳳月さんの悪役 松倉勝家 を 帆純まひろさん
    顔つきは鳳月さんは時代劇の悪役風ですが
    帆純さんは 冷酷な織田信長風 でした。

    一之瀬航季さん
    帰りに花の道の外側に沢山のファンが出待ちされていました。
    大至急の代役にファンの方達もはらはらされたでしょう。
    無事済み良かった。

    本公演で見逃していたバックの景色など確認しましたが
    特に江戸城の舞台装置は感心します。

            村おば

  • hanamomo様皆様 こんばんは、メイです。

    西日本では酷暑が続いていますが、関東は台風の影響もあるのか、気温は30℃前後でひと頃よりかなり過ごしやすくなっています。でも明日はもろに台風の影響がありそうで、防災無線では避難所を開設する、と放送がありました。
    この台風は通常とは違って日本列島に近づくと西に行くようなので、豪雨被害の地域の方々はまた不安になられているでしょうね。

    さて酷暑の厳しい先日、宙組のウエストサイドストーリーを観劇するために、久々に(7年ぶりくらい)梅田芸術劇場まで遠征してきました。
    1月の東京国際フォーラムで観劇して、素晴らしいミュージカルに感動し、またキャストも一部入れ替わりもあるので、また観劇したい!とチケットを確保しました。
    確保したときはまさかこんな酷暑になるとも思わず・・夜公演だったので、久々の関西だし!と京都の観光バスを予約したのですが。。
    予約したのは屋根のないバスだったので、この酷暑で大丈夫なのかな~と不安に思っていたら、バス会社から「運行中止」との連絡が。だよね~でも、せっかくの大阪、どうしようかな・・この暑さじゃ歩き回るのは危険だし。
    そうだ!鉄道の旅にしよう!と思い立ちました^^

    まずは新幹線で新大阪へ。一度改札を出て(ICカード利用のため)再入場して新快速で姫路へ向かいました。
    大阪から姫路まで90キロ以上あるらしいですが、停車駅が少なく知らない土地のせいか、あっという間に着いた感覚でしたね。
    ふとななみさんはこの距離を移動しているんだ~と思ってしまいました。

    姫路では駅から真っ白な姫路城を眺め、駅にある兵庫めしのフードコートで姫路おでんをいただきました。姫路は生姜醤油をつけて食べるんですね。

    帰りは海側に座り、明石海峡大橋の大きさに感動!レインボーブリッジよりはるかに大きくて、いつか渡ってみたいな~なんて思ったり。
    途中神戸三宮で阪急に乗り換えて梅田へ向かいました。阪急神戸線は20数年ぶりに乗りましたが、住宅街で緑が多くホッとしますね^^

    梅田では阪急百貨店で食事やお土産を物色。友の会カード(スタシア)にポイントがつくのが嬉しかった!関東じゃ阪急系ショップは少ないので知りませんでした。
    その後梅芸へ向かったのですが、あの距離だけでかなり汗だくに。。やはり大阪は暑い‼

    WSSはフォーラムの時ほど感動はしませんでしたが、配役が一部変わって少し印象も違いましたね。
    特にマリアの星風さんが成長ぶりには少し感動でした。これからもどんどん進化して欲しいですね。
    また愛月さんのベルナルドも野性味があって好みでした^^

    暑かったですが、いろいろ楽しめた遠征でした。でも・・やっぱり真夏の旅は避けたいな、とも思ってしまいました(苦笑)

    メイ

  • 月組次期トップ娘役  美園さくらさん

    皆様 こんばんは。ハナモモでございます。
    7月のカレンダーも残り5日間となりました。
    お子様がおられる方は、夏休みに入っていますが、今夏は、まだ7月だというのに、連日、異常な暑さが続き、日々多くの方が猛烈な暑さの為に命をおとされたり、救急搬送も過去最高の年になっております。

    まだまだ今月上旬におこった西日本の雨の被害の復興は、暑さとの戦いが続きますが、大型の台風も発生しており
    進路が気になります。

    皆様も外出の際には、水分補給や休憩をとりながら、無理をせずにお過ごしになり、室内では、エアコンを使用して
    お部屋の温度を適温に設定してお過ごし下さいね。

    本日、宝塚公式では、「エリザベート」で宝塚歌劇団をご卒業される月組トップ娘役の愛希れいかさんの次の新しいトップ娘役が発表されて、美園さくらさんが次期月組トップ娘役に決まりました。

    宝塚ファンの皆様は、愛希さんの退団発表以降、次期トップ娘役については、色々と予想や思いを巡らされていたと思いますが、美園さんは、「雨に唄えば」でヒロインをつとめられたり、再演が続く「エリザベート」の舞台では、エトワールをつとめる生徒さんが、その後、トップ娘役に就任している事があったり(全ての公演ではございませんが)次回の月組公演では、そのエトワールを美園さんが決まっている事などもあり偶然とはいえ「やっぱり」という感じで今回もエトワールをつとめる娘役が次期トップ娘役となりました。

    新トップコンビとなる珠城さんとのプレお披露目公演の日程も発表になっておりますが、今は、8月24日からはじまる「エリザベート」にむけてお稽古真っ最中だと思います。

    最新号の「月刊ミュージカル」では、今回上演される「エリザベート」の小池先生、珠城さん、愛希さんのインタビューも掲載されておりますが、その中で珠城さん、愛希さんのお二人とも「自分の宝塚在団中にエリザベートが月組で上演されるとは思ってなかった」と驚かれていたようですが、愛希さんにとって、娘役の集大成となる最後の役になりますので、心をこめて1日1日演じられると思います。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    また、観劇した花組公演の感想は、書かせて頂きますね。


                         ハナモモ

  • 暑中お見舞い申し上げます (灼熱の日本列島)

    皆様 おはようございますな。ハナモモでございます。
    7月のカレンダーも残り10日間となりましたが、連日、日本列島は、北海道をのぞき、高温が続き、暑い暑い7月になっております。

    お子様がおられる方は、殆どの学校が今日が終業式で明日から長い夏休みがはじまりますね。

    今年の関東は、例年よりかなり早く梅雨明けしましたが、近畿なども7月上旬の大雨の翌日には梅雨明けとなり、日を追うごとに気温が上がり連日35℃以上の猛暑日が続いております。

    先日の西日本豪雨災害では、一瞬の内に多くの方が命をおとされ、いつも普通に観ていた美しくのどかな光景が、自然災害により、全く別の想像できない世界にかえてしまう光景を観る度に、本当に予想のつかない甚大なる被害の大きさにただただ驚いてしまいますが、未だ、行方不明の方もおられます。1日も早く、見つかってご家族のもとに戻られる事を祈っております。

    この度の豪雨被害にあわれた皆様には心からお見舞い申しあげます。

    被災地域も連日35℃をこえて猛暑続きの中、災害の片づけも暑さ、睡眠不足などの体調不良との戦いもあると思いますし、避難生活も時間が長くなるにつれて、ストレスも多くなりこの暑さも加わり、予想以上に御疲れがでると思いますが、1日も早く、元の生活を取り戻せますように祈っております。

    毎日、関西も本当に暑くて、各地で熱中症で救急搬送される方や命をおとされる方が年齢、性別を問わずに増えております。

    毎年、夏が来る度に「今年の夏は特別暑い」と言われておりますが、今年の暑さは、昨年以上だと思いますし、いくら冬が寒くて氷点下になっても路上で連続で倒れてる方(雪かき作業で事故にあわれる方はおられると思いますが)
    や部屋の中で寒さ中で連続して凍死やそれに近いかたの救急搬送のニュースなどもあまりきかないように思いますし冬は、寒くても重ね着やカイロなど防寒する事で体内温度をあげる事ができる事で寒さから自分の身体を守る事ができますが、連日35℃をこえる猛烈な夏の暑さでは、外の気温が暑すぎるので、夜もなかなか気温が下がりませので、
    エアコンを使って過ごすしか方法がないですし、高齢の方などは、エアコンも使わない方も少なくないようですが、
    エアコン活用して、梅干しなどの塩分をとりいれたりして、まだまだ続く猛暑を乗り切りましょう。

    先日、宝塚大劇場で上演中の花組公演を観劇して参りましたが、外がものすごく暑くて、電車からおりて、花の道から大劇場までいつも歩く道も、日差しが強くて日傘をさしていても倒れそうな暑さでした。
    観劇後は、観劇前よりかは、幾分、日差しもおさまった感じはあったものの、気温が下がらないので、熱風で汗がとまらず、コンタクトレンズが焼けそうでした(笑)

    公演の感想は、1度、途中まで書いたんですが、ここ最近PCの調子が悪くて、かなり長く書いたんですが、操作ミスで消えてしまいました。

    この異常な暑さは、まだまだ終わりがみえないほど、続くようですし、今日も大阪、京都は、38度の気温がでております。

    御観劇やおでかけされる皆様は、くれぐれも暑さにきをつけて、水分や休憩をしながら、お出かけ下さいね。

    観劇した花組公演ですが、暑い中、明日海さんをはじめ生徒の皆様は頑張っています。

    お芝居、ショーと若手で頑張っていた亜蓮冬馬さんが、怪我の為に昨日の公演から休演されているようで残念です。

    今回、新人公演も休演との事ですが、本公演では、お芝居も明日海さんの側で活躍していただけに休演は残念ですが
    亜蓮さんの代役の生徒さんも頑張ってほしいと思います。

    本当に連日暑くて大変ですが、皆様もお身体にきをつけてお過ごし下さいね。


                       ハナモモ

  • 7月の雨(皆様くれぐれも気をつけてお過ごし下さい)

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    4年に1度のサッカーワールドカップですが、日本は、惜しくも負けてしまい、昨日、代表選手の皆様は帰国しました
    出発前は、お見送りの方が少なかった空港も昨日の帰国では、多くの方が手に様々な応援グッズをもたれて、ベスト16に入った代表選手の皆様を大歓声で迎えられました。今大会で、長年キャプテンをつとめてきた長谷部選手と今回の大会で指揮をとった西野監督はそれぞれ退かれるという事ですが、また4年後にむけて新監督、新キャプテンの元で新しい侍ブルーが誕生すると思います。まだまだワールドカップは続きますが、どの国が優勝するか楽しみです

    7月に入り明日で1週間ですが、今週は、全国的に雨が続き、各地で雨の被害がでております。
    関東地方は、最速で梅雨明けしましたが、また雨マークがでておりますし、大劇場のある宝塚市やその近辺の場所も
    連日雨が続き、私の住んでいる場所も朝から夜まで雨が降り続き、この数日間で7月1か月分の雨量が降る予報も
    でており、河は増水したり、自治体の災害情報から眼が離せない日々が続いております。

    近畿地方は、まだ梅雨明けはしておりませんが、ここ最近、これほどまとまった雨が降り続いた事がないですが、先月の地震から少し落ち着いたかなと思った時期に今回大雨が続き、自然災害は本当にこわいですね。

    各交通機関も昨日午後あたりから本日にかけて運転とりやめが多くなっておりますが、本日の上演されている宝塚大劇場の雪組公演と愛希さん主演のバウホール公演も、交通機関の影響でご観劇できない方には、チケット代金の払い戻し対応もでております。

    個人的に本日、観劇予定だったら、自宅から近い大劇場ですが、いつも利用する交通機関が動いてないので、今日ばかりは、観劇できなかったと思いますが、今日しかご観劇できないファンの皆様にとっては、大変残念です。

    近畿の雨は、8日の日曜日頃まで続きそうですが、また次の台風も発生しておりますので、皆様もくれぐれも雨情報を気にしながらお過ごし下さいね。


                     ハナモモ

  • 前代未聞?の星組公演♪

    hanamomo様皆様 こんにちは、メイです。
    西日本や北海道では、大雨で被害も出ているようですが、皆様がお住まいのところはいかがでしょうか。
    関東は梅雨に戻ったような天気になっていて、蒸し暑いです。

    先日星組東京公演を観劇してきました。いや~面白かったですねぇ^^
    落語を題材にした作品は、バウなどではありましたが、本公演では初めてとのこと。
    これも紅さんあってのことだな、と改めて観劇して思いました。

    幕開きはチョンパで、客席からは歓声が上がっていました。とても華やかなオープニングですね。
    恋煩いで冥途へやってきた康次郎が、冥途で知り合った仲間たちとの珍道中といった嗜好も面白かったですし、宝塚にゆかりのある名前も登場したり。まぁまだ存命中の方もおりましたが(笑)
    一三翁が創った?冥途歌劇団のラインダンスは、電車からマルーンカラーの衣装を着たダンサーがロケットをする、といのは凝っているな~なんて思ったり。

    亡き者の裁きをする閻魔さまが女好きとは、いかにも落語らしいですね^^
    艶治(虞美人)が赤い花びら~と歌うのもご一興といったところでしょうか。
    エンディングも大団円で賑やかに。たくさん笑わしてもらいました^^

    ショーは暗転はほぼなく、流れる様な構成なのに、いろんな場面があり楽しかったですね。
    ロケットはサクラメドレーで、フィナーレの西城秀樹さんの曲には、やはり感慨深いものがありました。。
    このショーは台湾公演でも上演されるので、それを意識したセット(漢字)も逆に新鮮な感じでしたね。
    今回は台湾公演の作品も、大阪と東京でも上演されますが、青年館公演のチケットが確保できたので、とても楽しみです。

    メイ

  • ハナモモ様 皆様 こんばんは、村おばです。

    今年の6月は低温だったり、地震があったり、サッカーで盛り上がったり
    そしてもう、明日で終わりますね。

    26日の雪組新人公演を観劇して参りました。

    本役轟ラヴィックの縣さん、登場されて感じたのは、爽やかさと若さの明るさの好青年でした。
    スーツも白スーツもトレンチコートも着こなすなんて素晴らしいです。
    ダンスの場面は流石の力強さで見応えありました。

    前回の新人公演主演をされた、本役望海ポリスの綾凰華さんは
    とても落ち着いた演技で安心感があり、最後のご挨拶も立派で、
    縣さんの挨拶を見守るお顔は母親のような慈愛に満ちていました。

    本役朝美アンリの彩海せらさん、朝美さんの雰囲気に似ています。

    本役美穂圭子 女将フランソワーズ の役の方はどのような歌を
    聞かせてくれるのか興味がありました。
    歌い出しが何か低めのお声でしたので うん? だーれ? って、、
    男役のゆめ真音さんでした。納得。

    本役奏乃シュナイダーを諏訪さきさん 上手い役者じゃ無くては務まりませんね。
    上手いです。

    おおーっと思ったのは娼婦役の方々。
    柔らかにしなやかに嫌み無いお色気。

    新人公演に全力で取り組んでいる新人さん達に何時もイイモノ頂いています。

            村おば

  • 月組2作品観劇♪

    hanamomo様皆様 こんにちは、メイです。
    関東はまだ6月だというのに、今日梅雨明けして暑くなっています。長年生きていますが(笑)6月に梅雨明けなんて初めてだと思います(観測史上最速だそうです)

    今月組は3つのチームに分かれ、珠城さん主演の「雨に唄えば」がTBS赤坂ACTシアターで、秋さん主演のバウ公演、そして明日からDCで始まる月城さん主演「THE LAST PARTY」は、先に日本青年館で公演が行われたので、都内で同じ組の2つの公演が上演というのは、めずらしい事だったかもしれませんね。

    私は先週ラスパを、そして一昨日は「雨に唄えば」を観劇してきました。
    先週は雨が降ってけっこう涼しかったのですが、一昨日はとても蒸し暑くて汗だくになりましたが(苦笑)

    2作品は対象的な内容でしたが、どちらも見応えがありました。またどちらも生演奏というのも、別箱公演では珍しいかもしれませんね。

    ラスパは14年前に初演され、かなり評判が良かった様で06年に東京でも上演された作品ですね。このときゼルダ役が組替えで入れ替わったのも話題だったと記憶していますが、私はまだファンになりたてで、チケットの取り方もわからない時期で、後年スカステで一部を見た程度でしたので、今回の観劇は楽しみでした。

    主演の月城さんは、雪組時代から注目している男役ですし、まだ研2のころに新人公演で味のある演技(おじさんの役)をしていて、その頃から注目していました^^
    そして期待通りの演技で、過去の栄光にすがり、ヘミングウェイの才能を嫉妬するスコットを熱演していました。
    ゼルダ役の海乃さんも、難しい役を丁寧に演じていましたね。海乃さんというと、OLL for ONE のスペイン王女のコケティッシュな役が印象的なんですが、こういう大人な役も上手いですね。

    ただ演出が?な部分もあり、幕開きとラストがスコットがTSUKISIROという第三者的な立場というのがちょっと理解しがたい感じでしたね。
    また2幕に急に娘スコッティが登場しますが、1幕に子供が産まれたという説明もなくて、唐突な感じがしました(あったのに気がつかなかった?)
    でもS・フィッツジェラルドとゼルダという人物の生きざまは興味深かったですね。
    華麗なるギャッツビーやロストパーティ(スコットの遺作)ともつながっていたんだな、と。

    雨に唄えばは、やはりスカステで観ていて、再演があればぜひ観て見たいと思っていた作品でした。
    珠城さんのドン、美弥さんのコズモ、美園さんのキャシーも良かったですが、なんといってもわががまで自尊心が強く、そして変な声のリナ役がキーマンになるので、輝月さんのリナは期待を裏切らないリナでした^^
    いやな女優なんですが、憎めない。そしてあのへんな声でソロもあるという役ですが、キュートでスタイルも良くて^^ ドンより大きなリナでしたが、それも面白くて(笑)
    フィナーレでは男役になってダンスとソロもあり、そのギャップがまた良かったですね。

    1幕ラストの雨は、本当に豪雨(笑)でびっくり!まぁ2段階の雨量なので、ドンはだいたい弱い方でダンスしていましたが^^ でも毎日、日によっては2公演雨に打たれるのも大変だな~なんて思ってしまいました。

    雨に唄えばも笑いの絶えない公演でしたが、来週は星組公演を観劇予定です。こちらは捧腹絶倒?でしょうか。楽しみです。

    メイ

  • サッカーワールドカップ(決勝トーナメント進出)&望海さんのレビューアドリブ

    皆様 こんにちは。ハナモモでございます。
    6月のカレンダーも明日1日限りになりました。
    今日の関西は、朝から雨が降ったりやんだりと梅雨の季節らしいお天気になり気温も高くなっています。

    梅雨に入ってから雨が降り続くという状態はあまりみかけませんが、やはり今年も昨年に引き続き、梅雨明け前から
    夏日や猛暑日、夜は気温の下がらない熱帯夜と本当に暑い日が続いております。

    梅雨の時期の暑さは、本格的な夏の暑さ異なり、湿度が高くムシ暑くなりますが、まだまだ梅雨が明けるまでは
    は時間がかかりそうですので、皆様も体調管理にきをつけてお過ごし下さいね。

    ここ数日の話題といえば、4年に1度のサッカーワールドカップですが、昨日の試合は、ポーランに負けてしまいましたが、何とか、日本は予選リーグを突破して2年ぶりの決勝トーナンメントへ駒を進めました。

    毎日、かかさずどんなが事があっても阪神タイガースが1面にくる大手スポーツ紙も昨日だけは、かなり悩まれた末にサッカーのを話題を1面にもってきているようです。スポーツ紙とすれば、阪神タイガースの3連勝を1面で飾りたい所だとは思いますが、昨日ばかりは、サッカーに軍配があがりました。

    昨日のゲームをご覧になった方にはおわかりだと思いますが、得点をあげることのできなかった日本の作戦は、他国の試合結果が頼みの綱という部分もあり、不本意な試合になった感想もございますが、それはたぶん戦っている選手の皆様自身が1番強く思われている事ではないかと思います。
    次回は、4日後になりますが、また日本から精一杯応援したいと思います。

    昨日、雪組公演を観劇して参りました。初めて観る「凱旋門」と藤井先生のショー「Gato Bonito」ですが、
    御芝居が暗い分、ショーは最初から最後まで明るくて楽しかったです。

    ショーの中で、美しい猫のような男である望海さんが、客席の左側の扉から「黒猫のタンゴ」を歌いながら登場する場面がありましたが、その中のアドリブの中でも昨日のサッカーワールドカップの話題がでてきて、「今日のサッカーワールドカップがあるんです。今日の試合は11時。でも先日の試合は12時からだったから途中で寝てしまいました。誰か私と一緒にみてくれないかしら?」という感じの内容でした。

    藤井先生のショーは、毎回、スピーディでとても楽しくて大好きですし、今回の指揮担当は、御芝居もショーも
    以前からとても好きなミュージカル指揮者で有名な塩田明弘さんでした。

    できれば、もう1度ぐらい観劇したい所ですが、来月は時間がとれそうにないので、残念です。

    また、のちほど、観劇感想はかかせて頂きますね。

    いつも「宝塚おもちゃ箱」に楽しいお話を届けて頂き有難うございます。

    連日、暑い日が続きますが皆様もお身体にきをつけてお過ごし下さいね。


                        ハナモモ

  • サッカーワールドっカップ(頑張れ 日本 &大迫 hanpanai)

    皆様 おはようございます。ハナモモでございます。
    18日におきた大阪地震から4日目になりますが、昨日は、朝から雨の1日となりました。
    月曜日以降、余震もおさまりつつありますが、まだまだ発生後1週間以内は、注意が必要だそうですので、揺れの大きかった場所に御住まいの皆様はきをつけてお過ごし下さいね。

    宝塚歌劇の話題からまた少しそれてしまいますが、今、話題のサッカーのお話を書かせて頂きますね。

    「宝塚おもちゃ箱」を作って以来、4年に1度開催される夏冬のオリンピックの話題などや大好きなスポーツの話題も書かせて頂いております。

    4年前の2014年のワールドカップ開催の時もおもちゃ箱で書かせて頂きましたが、本当に4年という月日は遠いようであっという間ですね。

    日本チームは、2か月前に突然、指揮官である監督が交代して、選手の皆様やサポーターの皆様も落ち着かない中、
    ロシアでの初戦となりましたが、見事にコロンビアに勝利となり初戦突破となりました。

    開幕前は、あまり盛り上がらなかった今回のワールドカップですが、先日の日本人選手の活躍と初戦突破で一気に
    盛り上がってきましたね。

    勝利後から話題になっておりますが、ゴールを決めた大迫選手をほめたたえる「大迫 半端ない」という言葉が日本のみならず海外のメディアでも取り上げられています。

    会場では、この言葉とこの言葉を発した男性のTシャツなどを着用して応援しているサポーターの男性もTVで見かけましたが、この言葉は、大迫選手が高校時代に出場したサッカーの全国大会で負けた高校の選手が大迫選手の神業のような凄いプレーの連続に対して、試合後のインタビューで発した言葉だそうです。

    「半端ない」という言葉を外国の言葉にあてはめるとすれば「凄い」「偉大だ」という意味に近いそうですが、先日の初戦で見事にゴールをきめた大迫選手は、一気にこの言葉と共に世界から注目される選手となりました。

    次の試合は月曜日の午前0時からのセネガル戦になり、その後は、28日のポーランド戦になります。

    初戦を突破した西野JAPAN。1つ1つ目の前の課題をクリアーしながら、白星を重ねて、侍ブルーのユニフォームと共に、遠くロシアの地から日本に元気と勇気を与えてほしいと思います。

    ここ数日、宝塚以外の話題を書いており、トピずれになっておりますが、おもちゃ箱は枠がないので、書かせて頂きました。

    関西は、今日と明日は、お天気も回復しそうですが、梅雨の時期ですので、傘は手放せない日がつづきそうです

    皆様も雨や食中毒などには注意してお過ごし下さいね。

                          ハナモモ

  • <<
  • 16567 16548
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順