ここから本文です
  • 1

    *****

    私の周りには海外ドラマを見てない人ばかり…
    ドラマの話しで盛り上がれる仲間がいたらいいなぁ〜

  • <<
  • 1986 1966
  • >>
  • 1986(最新)

    6月30日 08:19

    NCIS シーズン15 #23

    アビーの代わりの科学捜査担当者は
    ダッキーの助手を務めていた元気いっぱいの女性。
    彼女も高感度高いので良いのだけど、
    そのラボにギブスが3度ほど登場!!
    今までかなりの話数、ラボにはいっさい出現していなかったので
    その差にナンダカナ~~~な気分^^;

    シーズン16も今まで見続けてきたその惰性で見るけど
    マークハーモンを見る目は正直かなり冷ややかなものに変わりました。。。

  • >>1984

    NCIS シーズン15 #22

    先週の私の予想 先に書いたものすべて的中^^;
    ④はリーブスの意思を継いでイギリスで慈善団体を立ち上げる、って。

    NCISでは
    女性レギュラー陣が退場するときって死亡退場ばかりだったから
    アビーもかな、なんて考えもよぎったのだけど・・。

    #22でもアビーとギブスが一緒の場面にいるのは
    昏睡状態で寝ているアビーの病室のシーンだけ。
    そこでギブスは独り言。

    ラスト、メンバー勢ぞろいの場面にギブスの姿なし。
    ギブスの家の玄関にアビーが手紙を貼って、最後、遠くから窓越しに対面。
    この場面もそれぞれ単独で撮って、つなぎ合わせた感じ?

    アビーはもちろんだけど
    リーブスのキャラも好きだったな~~~

  • NCIS シーズン15 #21

    数年前から惰性で見続けている感が強いNCIS^^;
    シーズン15は放送前からFOXの番宣で
    アビーの画像と共に「別れは突然やってくる」なんてナレーションがかぶるので
    どんな形でアビーが去るのか興味を持ってたんだけど
    #21のラストで銃声とともに暗転のまま番組終了・・・

    この先が気になって検索しても答えがヒットしないので
    ここからは私の妄想だけど・・・

    ①アビーが撃たれる
    ②リーブスもアビーをかばって撃たれる
    ③アビーは重症だけどどうにか命を取り留める
    ④かばったリーブスが死に、それに責任を感じたアビーがNCISを去ってどっかの国でボランティアなどに従事する

    もしくは
    ①撃たれたアビーはあの世に旅立つ
    ②リーブスは軽傷
                            かな??

    シーズン15は気が付くと、アビーとギブスが同じ場にいる演出がない。
    前半は気をつけて見てなかったので、いつからそうなのか不明だけど
    後半はほんとに不自然なほどに一緒の場面がない。
    TVカメラ越しとか電話とかの会話はあるけど・・・

    アビー降板は、
    さすがに50歳目前であのキャラを演じるのに抵抗があったから(自他ともに)なのかと漠然と思っていたけど
    同一現場で一緒に撮影していない回が続くので、二人の確執説、
    マーク・ハーモンのパワハラ説はホントなのかな、と・・・

    アビーは#22で退場らしい。
    NCISの次回放送が待ち遠しく思うのは何年ぶり???^m^

    ところでポーリーの昨年の年収にビックリ!
    アメリカのドラマ女優の年収で第10位、それでも850万ドル!!
      h ttps://kaigai-drama-board.com/posts/11363?p=1

  • クリミナルマインド12#6

    ホッチの件、この回で一件落着??

    ホッチは特別任務中ではなく、凶悪ストーカーから息子を守るため
    証人保護プログラムを受け、BAUには辞表をだした、とロッシからチームメンバーに発表。

    これでお終いなのかな^^;
    もっと劇的に、特別任務中の殉職扱いにするのかな、と思ってた^^;

    でもそうするとシーズン12で用意していたお話そのまま使えないもんね、
    なんてったって青天の霹靂級の降板だったから^^;

    因みに前回#5ではホッチについてはいっさい言及なし。

  • クリミナルマインド12#3

    この回あたりでホッチ特番になるかな、と思っていたけれど
    打ち合わせ冒頭でロッシがこれまたさらっと
    「ホッチは特別任務がまだ終わらない」とメンバーに告げたのみ。

    次回以降も興味津々^^;

  • NCISを卒業したトニー
    2016年から「BULL / 法廷を操る男」というドラマの主演をつとめ、
    全米ナンバー1レベルの高視聴率を稼いでシーズン2まで製作決定なのだとか。
    おちゃらけトニーは好きではなかった(嫌いでもなかったけど登場シーンはけっこう飛ばしてた)けど
    wowowで10月から放送開始なので見てみる♪

    人気ドラマのレギュラーを13年もつとめてきたあとの第2のドラマ人生、
    順風満帆っぽい?
    人気ドラマでブレークした俳優さんでそのドラマを離れても活躍できる人
    少ないから、彼の今後にも興味津々^^

  • クリミナルマインド12#3
    この回でホッチは特別任務で不在だと同僚の台詞一言。
    タイトルロールから名前も姿も無くなってた^^;
    次回あたりで殉職扱いかな?

  • 今週AXNで放送のシカゴファイア3#18。
    超~久しぶりに録画とめながら台詞をメモ^^;
    牧師さんの言葉なんだけどね、妙に心に響いた^^;
    ただし???なとこもあってそこは〔 〕で表示^m^

    『愛する人の死、それは父親や子供かもしれません。
    私たちは彼らが召された理由を探そうとします。
    納得できないこともある。
    そんな時、私たちは神に問いかけます。
    「なぜこんな仕打ちを?」
    「ひどいじゃないですか!」

     〔ですが神には計画があるのです。私たち人間の理解を超えた計画が。
      ここで大切なのは信仰心です。
      信仰により神が伝えたいことが見えてきます。〕

    愛する人の存在は当たり前のものではありません。
    平凡な瞬間を大切にすること。
    他人を深く愛すること。
    勇気と思いやりをもってこのような、人を愛する心。

    寛容で絶え間ない無条件の愛のなかに、心の平安はあるのです。』

  • wowowでクリミナルマインド12が始まった。
    作品全体より
    どんなふうにホッチ退場エピを作ったのかに興味津々^m^
    なんたって急ごしらえだもの。

    今のところ2話見たけど、ホッチナーの二重あごが目立つ^^;
    こーゆー容貌の衰えなんかもイライラ原因の一つだったのかな、なんて思ったり^^;

  • 8月になって親戚や友人と会う機会が多くなり
    いつもどおりの接し方で楽しく会合?終了^^

    ホントはMajor Crimes やヴェラの主演氏みたく
    スローペースでおっとりとして余裕を感じさせるオトナのオンナ然な話し方を真似してみたかったのだけど
    やっぱり無理でした^^そもそもその時にはアタマの片隅にもその意識なかった^^ 
    それに昔から私と親しい人はいきなり話し方が激変したら驚き必至^m^

  • 今週放送のシカゴPDシーズン2#12 ラストで
    FBIへ引き抜かれたリンジーがボイトに戻っちゃダメ?ってなことを言って
    ボイトは快く了承~~♪
    ちらっと調べたところ、リンジーはシーズン4まで出演するのだな^^

    シカゴPDとシカゴファイアはどのキャラも好感度高し継続中^^
    ストーリー展開も今のところマンネリ感ないし^^

  • シカゴファイアの先週放送分で拉致された救急隊員ふたり

    今回はあやうく難を逃れてほっとした(^^ゝ
    でもミルズには危うさ継続、なんだろうな・・。

    このドラマ中で、救急隊員が消防士を目指すエピがあって
    それまで漠然と 救急隊員>消防士 だと思ってたわたしは何で?と思ってた。
    アメリカでの消防士のステータスって相当なものらしいって初めて知った。

  • ゲームオブスローンズ第6章7話~10話
    やっぱり一気見^^; 途中でやめられない^^;

    以下 ネタバレ含む なのでいちおうちょっとだけあけとこ^^










    この章でうざかった悪役たち一掃された。

    ハイスパローはわたしの願望どおり、サーセイの壮絶な一気リベンジで昇天^^
    でも一気すぎてリベンジとしてはあっけなさすぎの感強し。
    これはだいぶ前の章で、ジェイミーの手を切り落とした悪党の最期についても思ったこと。
    やっぱり人をいたぶって傷つけた人間にあっけない最期は似合いません^m^
    同じくらいの痛みと恐怖を味あわせてやらねば^m^

    その点、サンサはラムジーに見事リベンジ♪
    その前にジョンが相当殴ってたけど、そのあと、ラムジー自身の飼犬に襲わせるなんてgood job(^-^)b
    これぞ「目には目を」でした♪

    アリアもフレイの喉を一文字に切って母の「目には目を」リベンジ達成♪
    修行が役にたってよかったねな場面でした^^

    それにしてもサーセイのリベンジ、
    敵視した人たちが集まってた大聖堂を一気に爆破するとはまったくの想定外。
    マージョリーのキャラ好きだったのだけど彼女もここで退場。
    彼女があのキョウシン思想に染まるわけないと思ってたので
    今後どういうふうに対処するのか興味があったのでやや残念。

    ハウンドが生きてたのにはびっくりした~~~!

    10話でちらっとジョンの出自に関する場面があって
    ジョンはエダードスタークの息子ではなくその妹の子であることが示されていた。
    でも父親に関しては口の動きだけで明言なし。
    私が見た第7章の番宣で明言しちゃってたのは・・・^^;

    第7章もぜんぶ録画ためてから着手しようっと。じゃないとフラストレーションたまる^^
    もう一度6章は始めから見る^m^

  • Major.Crime 私も好きです。
    ただし、メアリー・マクドネルの演技はイマイチですね。
    クローザーのキーラ・セジウィックと比較してしまうせい
    でょうか。

  • 今頃になって欠かさず見ているのはMajor Crimes 。

    以前ハマさんが熱心(?)に書いてた頃は、
    おじさんおばさんだらけで
    かっこいいキャラも好きになれそうなキャラも見つけられず
    ちらっと見る程度だったのに^^;

    イギリスドラマの「ヴェラ」もそうなんだけど、
    主演のゆったりとしたスローペースで柔らかい声が心地よく
    いつしか録画を欠かさなくなり現在に至る^^
    あの話し方、まねてみようかな、なんて思ったりもして^m^

    ストーリー展開も”人間ドラマ”が随所に見られ好感度高し。

  • GOT第6章について またまた^^;

    ホーダーの意味、「Hold the door」だったとは・・・。
    第6章前半でそれまで重要な役割を担っていたキャラが数人
    退場しましたが、ホーダーのラスト、壮絶・・・。

  • 今視聴中のシカゴファイアとシカゴPD。
    どちらも面白さ継続中♪
    シカゴファイアでは先週放送分では救急隊員が拉致され
    彼らの処遇が気になり検索してみたけど核心的記事見つけられず・・。

    シカゴPDではお気に入りキャラの一人がFBIへ引き抜き移動。
    シカゴシリーズはファイアとPDとメッドともう一つあるそうなので
    そっちがFBIものなのかな。継続して見れたら嬉しいな、っと^^

  • またまた1ヶ月以上あいてた^^; ほんとに光陰矢のごとし!

    ゲームオブスローンズ最新第7章が日米同時公開ってことで
    過去シリーズの一挙放送でおさらいしてから第6章見始め
    案の定ストップかけられず第6話まで一気見。
    ハマさんのカキコも第6章第6話までだったのでようやく今さっき拝見。
    やっぱりハマさんのGOT関連レスは読み応えあるし、
    私の記憶や理解の曖昧なところとかが解消されるので
    あらためてありがたく拝読しました<(_ _)>

    先日第7章の番宣をちらっと見てしまったとき^^;
    ジョンスノウの出自がばっちりネタばれされていて
    (もしかしたら第6章7話以降に登場するエピかもですが・・)
    ハマさんも吃驚仰天だな、なんてこと思ったり・・。

    第6章2話
    ティリオンに首輪はずしてもらうとき、首を差し出すドラゴンが可愛かった♪

    第6章5話
    焼けずのデナーリスの本領発揮場面、ホントぞくぞくものデシタ。
    ハマさんも心わしづかみにされたというドラゴン誕生エピ同様名場面!

    わたし的にはこれらのほかに、
    魔術師や親方を火だるまにするようドラゴンに命じ実行したエピや
    開放した奴隷たちにナウシカのように青い衣をまとったデナーリスが
    手から手へと開放された奴隷たちの頭上を運ばれていく場面なども印象深い。
    こう考えていくと、他にも心にぐっと迫る名場面いっぱいあって
    やっぱり特別な作品デスワ~~。

    GOTの大嫌いキャラで言うと、ラムジーはもちろんだけど
    それ以上にハイスパローが大嫌い! 
    はやくサーセイが残酷冷酷なまでにリベンジするとこ見たい!(←願望^^;)
    第7章も一気見したくなるだろうからこれも録画ためてから視聴しようっと♪

  • この半年でわりとちゃんと見たドラマ^^;もう一つあった。

    「クリミナルマインド国際捜査班」
    他のメジャーな類似ドラマで主演してた人を
    外見もそのままに主演にもってくるのはナンダカな感が強かったし~etc.で
    イマイチというかかなり作品世界にはいりこめなかったのですっかり失念。

    で今になって米国人学生釈放ニュース見て思い出した・・・。
    シーズン2までは制作されたということは、「レッドセル」よりは評価されたのね^^

  • <<
  • 1986 1966
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ