ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    ラーメン以外の麺類について、お店の情報などを募集。

  • <<
  • 1656 1637
  • >>
  • 1656(最新)

    fur***** 11月22日 16:23

    「角丸・カレー煮込み」
    ここ数日は寒くて、やっぱり温かいものが食べたくなります。
    角丸へ行って、カレー煮込みを食べることにしました。
    土鍋の中で汁がグツグツと煮えたぎり、熱々だけでなくスパイシーです。
    暖まるには持って来いです。
    店に入ったのは12時50分頃、満員ですし、私の後からも客が次々と押し寄せていました。
    角丸は人気店ですが、やっぱり寒さもこの繁盛の後押しをしているのでしょう。
    何も入れないカレー煮込みが950円、少し価格的には高めですが、こんなものでしょう。
    極細の麺にスパイシーなスープ、少しだけ汗ばみました。

  • >>1654

    どこの店でしょうか、残念でしたね。
    でも、美味しい店は沢山あります。
    味噌煮込みを見捨てないでください。

  • 先日、名古屋に40年ぶりに行きました。
    大好きだった味噌煮込みうどんを食べようと駅の周りをグルリ。
    店は二軒、本家か本舗か、どっちでもいいけど、食べてみて
    驚いてしまいました。あまりのお粗末さに、何で、こうなるの〜!
    ただの味噌うどん!
    あの日食べた、誠実な味と造りのカケラもない!
    ガッカリしてしまった。汁のたっぷりある、ひもかわうどんのはいった
    あのみそ鍋うどん!  幻になってしまったのね。

  • 昨日の朝歯を抜きました。
    昼食は生協で買った鴨出汁の掛け蕎麦でした。
    妻が焼き葱も入れてくれましたが、余り鴨の味は分かりませんでした。
    歯の調子が悪いと、食べ物の味が分からないことがあります。
    早く治療を終えたいのですが、高齢者で歯茎が固まるまで時間が掛かるので、まだまだ先になるようです。

  • 宇治「蓮華茶屋」

    今日は宇治へ世界文化遺産を見に行きました。
    平等院と宇治上神社です。
    お昼前に到着して1日1回700円の民間駐車場に車を預け、表参道を歩いて、平等院に入る前にお昼を食べることにしました。
    お土産屋さんや飲食店がたくさん並んでいますが、どこも宇治抹茶や宇治煎茶、宇治ほうじ茶など、お茶を使ったお蕎麦やうどん、スイーツばかりでした。
    平等院に一番近い店は窓越しに満席なのがわかったので、2軒ほどおいた「蓮華茶屋」と言う店に入りました。
    まだ半分ほども席が埋まっておらず、4人掛けテーブルでいただきました。
    私のオーダーは「食べ比べ(温) 天麩羅付き」1,580円、家人は「湯葉さしみ御膳」1,820円でした。
    私のは、小鉢に汁蕎麦、汁茶蕎麦、細い京都うどん の3種類と、海老(サービスで2尾とありました)、長いも、カボチャ、サヤインゲンの天麩羅で、天麩羅は抹茶塩でいただきます。
    麺類の具は薄い蒲鉾と刻み葱だけでした。麺の種類毎にお汁の味が違っていて、うどんは昆布出汁の円やかな京都風、蕎麦は甘味のある汁で、茶蕎麦はその中間でした。蕎麦はあまり特徴がなく、量は多くてお腹がいっぱいになりました。茶蕎麦はお茶の香りがしました。
     食べ比べて、やはり私はうどんが好きだな、と思いました。

    ちなみに家人の御膳には汁の代わりに汁茶蕎麦が付いていました。

    店を出るとき、店前で10人ばかりの年配の男女のグループが「席はあるやろか?」「誰か入って訊いて」と話していたので、「空いていますよ」と言ったら、「ここにしよう。どうせどこもいっぱいや」と喜んでいました。

  • Casa Del Amici の 鰻のパスタ

    篠山のイタリアンのお店 Casa Del Amiciさんへお昼を食べに行きました。
    神戸新聞の月刊情報誌「奥様手帳」で紹介されたばかりなので席の空き具合が心配でしたが、11時半過ぎに到着すると私達が最初の客でした。12時には満席になっていましたが、夫婦だけの小さなお店ですから殺到されても困るでしょうね。
    今日のパスタは4種類で、その中から「鰻のラグーソース、自家製手打ちパスタ」と「ミニトマトのソースのスパゲティ、焼き茄子和え」を選びました。鰻のパスタは通常のランチ価格1500円より600円高いです。
    地元産の野菜を使った前菜7種類がこの店ではサラダ代わりです。
    パスタは必ず取り分け用小皿とトングが付いてきます。
    パンは自家製フォカッチャで、オリーブオイルの香りが香ばしく美味しいです。

    鰻のパスタは、やはり出て来た瞬間は魚の匂いがしました。
    しかし爽やかな香りのハーブが使われており、すぐに気にならなくなりました。
    鰻は細かく刻んでありますが、見れば「鰻だ」とわかります。
    パスタは短く少し太め。もちもちしています。
    美味しかったので、最後はソースをパンに付けて食べました。

    ミニトマトのスパゲティは、焼き茄子を細かく刻んでトッピングしてあり、焼いた茄子の香ばしい風味がします。
    上品で美味しいパスタです。

    お店は来月開店3周年を迎えるとかで、シェフ仲間が集まってそれぞれの得意料理を使ってパーティをするそうです。会費8000円は高いので遠慮しましたが、お祝いを告げると喜んでくれました。
    そろそろ顔を覚えてもらえた様です。

    うどん・きしめん・パスタ・蕎麦 Casa Del Amici の 鰻のパスタ  篠山のイタリアンのお店 Casa Del Amici

  • お盆明けのうどんは「手打ちのかとう」にしました。
    満員を回避したかったので、1時過ぎに行きました。
    ところが、世間はお盆休みらしく、遅い時間でも長蛇の列が出来ていました。
    案外回転が早く、間もなく座りました。
    掛けうどんにカシワの天婦羅、これで1000円近くなります。
    出汁の色が少し濃くなったように見えましたが、相変わらず美味しかったです。

  • >>1648

    ご承知だと思いますが、出石蕎麦の歴史は江戸時代の中頃からなんだそうです。
    信濃国上田の殿様が但馬国出石に国替えをした時、大好きな蕎麦が食べられなくなる事を心配しました。
    そこで、蕎麦職人を大勢連れて行って、出石でもそばを食べられるようにしました。
    小皿に少しずつ盛って並べて食べる、このやり方は実にユニークで、他では見ませんね。
    薬味の種類も他より多いですね。

    近所のスーパーに「出石蕎麦」の乾麺が並んでいました。
    食べ方に特徴があることは分かりますが、蕎麦そのものにも特徴があるのかどうか分かりません。
    それでも小皿を並べ、出石蕎麦独特の食べ方を真似るのも楽しいでしょう。

    関西なので、東京より出汁を利かせたつゆなんだろうなと思います。

  • 出石「山下」

    今日は朝から蒸し暑く、お昼は冷たい麺類が食べたくなったので、出石へ皿蕎麦を食べに行きました。
    初めてのお店「山下」、斜め向かいに前回入店した「五萬石」があります。
    駐車場の客呼び込みのオジサンが、身障者マークのスペースに入れと誘導するので、遠慮無く駐車しました。
    「ここに車置いたままで、後で遊びに行っても良いからね」とオジサン。
    (一応、これは駐車場に余裕がある店のサービスです。)
    中に入ると「ただ今満席です」と書かれた貼り紙と順番リストが置いてあったので、名前を書いて待つこと10分。
    その間に一組来ましたが、満席と書かれているのを見て出て行きました。
    蕎麦屋はいっぱいありますからね、店にこだわりがなければ客は別の店を探しに行きます。
    店内では、どこかのラーメン屋みたいに放送で客に人数や注文の数を伝えるのが聞こえます。
    これは今までの店ではなかったパターンです。
    やがて席が空いたと案内されたのは、小上がりの座敷で、6人用のテーブル。
    途中、予約席がいくつかありました。
    2人で6人用は大きいと思いますか? 出石蕎麦は小さい小皿5枚で1人前なので、スペースが必要です。
    家人が15枚、私は10枚注文しました。たくさん食べると思われるでしょうが、これは普通の量です。
    多い人は30枚、40枚食べます。
    汁は鰹出しで、ちょっとしょっぱめ。
    薬味はどの店も同じで、葱、山葵、とろろ芋、生卵です。1枚ずつ違う薬味で食べるのが皿蕎麦の楽しみ方です。
    家人は結局14枚でギブアップ、私は11枚食べるはめになりました。
    この店は皿蕎麦だけで、後は蕎麦を使った甘味数種類のみの店です。
    部屋が数カ所に枝分かれしており、全部で何席あるのかわかりませんでしたが、かなりのテーブル数でした。
    その割にトイレは女性用個室が2部屋しかなく、最新式の機能のトイレで、お掃除も行き届いていましたが、大混雑でした。

    うどん・きしめん・パスタ・蕎麦 出石「山下」  今日は朝から蒸し暑く、お昼は冷たい麺類が食べたくなったので、出石へ皿蕎麦を食べに行き

  • 今日の昼は中村区役所駅近くの「手打ちのかとう」へ行って来ました。
    私が好きなうどん屋で、確実に片手に入ります。

    その割には久しぶりです。
    一番安い掛けうどん540円を食べてきました。
    実に美味しい。
    頻繁に来なきゃあな、と思いました。

  • >>1645

    美味しそうですね。
    名古屋は麺類が盛んな土地で、まずまずの讃岐うどんなら食べられます。
    でも残念なことに、本当に美味しい讃岐うどんの店は、私が知る限り僅か一軒しかありません。

  • 「讃岐うどん 優」

    久し振りに行ってきました。
    相変わらず流行っていて、しかも美味しい。営業時間が1日3時間しかない店なので、一気に稼いでさっさと閉める(笑

    今日は、掻き揚げ、温玉、おろし をトッピングに選んで、ぶっっかけ冷や にしました。ワカメがサービスで入っていました。
    家人は掻き揚げの代わりに 肉 で 温 でした。

    この店はNPO活動を支援していて、接客をしているのは知的障害のある人だったりします。
    少し要領が悪くても誰も文句は言いません。
    店自体流行っていても席数を増やさないのは、従業員がこなせる人数しか客を入れないと言うことなのでしょう。
    現在県下の中学校で「トライやる」をしているので、平日は中学生が接客をしているはずです。

    また、壁の貼り紙に「福島県の滝桜の苗木を申し込めます」と書かれていました。
    丁度土曜日に見た「世界不思議発見」でブータン王国に福島から送られた滝桜の苗木が花を咲かせているとリポートがあったばかりでした。

    うどんが美味しくて喉越しが良いので、ほとんど嚼まずに呑み込んでしまい、後で胃にもたれました(笑

    うどん・きしめん・パスタ・蕎麦 「讃岐うどん 優」  久し振りに行ってきました。 相変わらず流行っていて、しかも美味しい。営業時間が

  • 「瓢箪家」掛け蕎麦

    今日の昼は近くの瓢箪家で掛け蕎麦を食べました。
    瓢箪家は味噌煮込みの専門店だと宣言していましたが、次第にメニューが増え、今や総合的な麺類食堂になってしまいました。
    近隣に美味しい味噌煮込みの店があるので、味噌煮込みだけでは商売にならないのかもしれません。
    私が頼んだ掛け蕎麦は、一番低価格のメニューですが、量はほどほどあって、味もこんなものでしょう。

  • 「そじ坊」鴨せいろ蕎麦

    今日の昼は久屋大通地下街の「そじ坊」で、鴨せいろ蕎麦950円を食べてきました。
    久々に歯が痛くないので、鴨肉も問題なく食べられました。
    しかし、何かストレスがあるのか、味が良く分かりません。
    好きな鴨せいろなのに、少しも美味しく感じられません。
    困ったことです。

  • 「角丸」カレー煮込み

    先ほど久屋大通駅で降りて、角丸まで行って来ました。
    12時5分過ぎに入ったときは既に満員、相席でした。
    カレー煮込みうどん850円を注文しました。
    これに卵などを入れると、うどんメニューなのに1000円を超えていきます。
    味噌煮込みは高いものです。

    極細の麺で、美味しかったです。
    でも、まだ歯が痛く、油揚げを噛んですり潰すことが出来ません。
    辛いなあ。

  • 今日は一宮まで行って来ました。
    この町へ行くと、「太田屋」で食べる習慣になってしまっています。
    店に入ると
    「一人?」
    「うん」
    との女将さんとの会話の後、
    「一杯」
    と女将さんが調理場に声を掛けます。

    今日の味噌煮込みうどんは少し濃く感じました。
    暑くなってきたからなのかなあと思いました。
    相変わらず独自の味、不思議な旨さです。
    750円でした。

  • JR中国勝山駅前の カフェ bird さん

    4日のお昼ご飯を高梁市で取るつもりだったのですが、お手頃なお店が見つからず(GW中は休む店が多い・・・)、1時間かけて真庭市まで戻りました。
    観光地では人気のお店がGWは休む傾向があるようです。客が殺到してさばききれないからでしょうね。
    着いたら2時で、ランチタイムは終わっていました。
    なんでも良いよ、と駅前の無料駐車場に車を置いて、駅舎の中で営業しているうどん店に入ろうかとも思ったのですが、国道から駅へ曲がる角にナポリタンと幟を立てた店があったので、そこへ行きました。
    ローストビーフ丼が美味しそうでしたが、3日が牛肉三昧だったのと、この店のランチタイムは3時迄だったので、ランチセットを注文。
    私は、「ブロッコリーと海老のトマトソースパスタ」、家人は「ピッツアマルゲリータ」、これにそれぞれサラダ、飲み物、デザート(その日は小豆ムース)で、各1080円。

    貼り紙を見ると、小麦粉、パスタ、トマト、オリーブオイル、アンチョビなどはイタリア産、塩はゲランド、野菜と卵は地元の農家、と書いてありました。
    パスタのソースは唐辛子が少し利かせてあってアラビアータ風。美味しかったですが、家人はピッツアに不満が。
    彼は蕎麦は「鬼そば」ピッツアは「kuwamonpe」が基準になっているので、なかなか合格点が出ません。

    余談ですが、JR中国勝山駅は、昭和の香りが残る駅として人気で、駅だけ見に来る人も多いそうです。
    その日も、「これが噂の駅だ!」と言いながら歩み寄る観光客を見ました。

  • 大江山

    土曜日に買い物で福知山へ行って来ました。
    出かける前に、昼食に「福知庵」のラーメンが食べたいと家人に言ったのですが、現地に到着すると10時半。店が開く時間にまだ半時間早かったので、半時間あれば大江山に行ける、と家人は車を走らせ、「鬼そば」へ行きました。
    駐車場に英国車が1台。先客は所沢ナンバーでした。
    入ると乳幼児を連れた女性が2人、小上がりの座敷席にいるだけ。地元の人と埼玉の人なのかな?

    いつものメニューで、家人は冷たい月見蕎麦と天麩羅盛り合わせ、私はからめ醤油蕎麦と天麩羅盛り合わせ。この日は生卵はなしで、葱・山葵、生醤油だけでお蕎麦をいただきました。
    天麩羅は、大根、海老、椎茸、玉葱、蕨。
    蕎麦汁の土瓶を置いてくれたので、お蕎麦を食べ終わった後の丼に入れて、生醤油で飲みました。
    とても美味しかったです。
    家人は汁蕎麦だったので、大盛りの汁を全部飲み干してから、私の生醤油で蕎麦汁を・・・。
    どんなお腹なんだ(笑

    食べている間にどんどん客が増えて満席になりました。
    連休なので常連より遠方からネットや情報誌を見て来た人が多かったようです。

    外が夕方の様に真っ暗になり、雷が鳴り始めました。大江山の鬼が暴れる前に山を下って福知山市街地に戻りました。

  • 日曜日、岐阜の金華山までハイキングに行って来ました。
    名古屋に帰ってから、知人の案内で「磯丸水産」へ行きました。
    名前の通り水産会社が経営する居酒屋で、生きの良い魚を安く提供することが売り物です。

    店に入ったのは4時20分頃、なんとこの店では5時までにオーダーするとランチタイム価格なんです。
    飲んで食べて、5時からは価格が変わるというので、一気に〆まで注文しました。

    メニューの中に、「うどん190円税抜き」と言うのがありました。
    少なめのうどんですが、税込みでも205円です。
    ランチにマグロ丼やヅケ丼を食べ、まだ少し足りないという人のためのメニューのようです。
    それにしても安い。
    興味津々、こうなったら注文あるのみです。

    出てきたうどんは、量は少なめで、透き通ったスープに入っています。
    具材としては1つまみのとろろ昆布に、刻み葱が入っていました。
    スープは昆布出汁、多分僅かに薄口醤油が白醤油だと思います。
    そのスープが、なぜか少し甘い。
    麺は機械打ちで、断面は丸く、角が立っていません。
    でも、酷いものではありません。

    205円でこれなら凄いなあと思いました。

    他にもラーメンやつけ麺がありました。
    ラーメンを少し味見させてもらいましたが、「サッポロ一番塩ラーメン」と何かが共通している味でした。

  • 今日の昼は、雨だったので「手打ちのかとう」へ行きました。
    地下鉄を降りてすぐなので、天気の悪い日には便利です。
    12時10分過ぎ頃でしたが、既に行列が出来ていました。

    いつもの鶏天婦羅と掛けうどん850円にしました。
    美味しいです。
    好みを言えば、細い青葱に迫力がなく、もう少し太い葱が良いと思いました。

    この店、今のところ名古屋では最高です。

  • <<
  • 1656 1637
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順