ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    ラーメン以外の麺類について、お店の情報などを募集。

  • <<
  • 1701 1682
  • >>
  • もうすぐヤフーの掲示板がなくなってしまうらしいので、ここで内緒の話を書いておきます(笑

    昨夕、丹波の篠山で、お気に入りの大衆食堂「大手食堂」に行きました。「大手食堂」は頑固オヤジ(と見える)と奥さんが2人でやっておられる昔ながらの「一膳飯屋」で、近所で息子さんがモダンな定食屋「大手新丁」をしています。

    テーブルは8人がけが2つ、2人がけが2つのみ、但し、2階と3階も客席があります。縦長のビルです。
    当然ながら相席で、8人掛けのテーブルに男性3人(互いに初対面らしいのですが話が弾んでいる)、2人がけの一つに男性1人、きり。昼間は観光客もレトロ感覚に惹かれて入って満席になりますが、夜は地元民の世界です。

    警備員の制服を来た初老の男性が1人入ってきて、2人掛けのテーブルがどちらも占領されているのを見て、仕方なく空いた8人掛けの端っこに座りました。親父さんは私たちが注文したオムライスと他人丼を作っているので応対なし。
    男性は自分で冷蔵庫から瓶ビール1本と、お惣菜(金平牛蒡と里芋の煮っころがしが1皿に入っている)を取って、厨房のカウンターに持っていき、「頼むわ」。親父さんがレンジで温めてくれます。
    しばらくすると、別の男性が入店して、厨房に向かって、「いつもの」。そして警備員の前に座りました。

    やがて、親父さんが鍋焼きうどんを持って新しい客に出しました。客が七味をかけていると警備員が話かけました。
    「美味そうやね?」
    「美味いで」
    「美味いのに、なんでお品書きに書いてへんの?」
    「なんでやろね。」
    警備員は厨房に声をかけました。
    「ワシにもメニューにない鍋焼きうどん、作ってぇなぁ! それと飯を少し!」

    親父さん「ん」

    やっと奥さんがご出勤。
    警備員が鍋焼きうどんを運んで来た奥さんに質問。

    「美味いのに、なんでメニューに書いてないの?」
    「これは時間かかるやろ? 昼の忙しい時間に鍋焼きばっかり注文されたら困るやんか。せやから書かへんの。」
    「秘密の裏メニューやねんな?」
    「そうや、常連さんだけが知ってるねん。」


    知ってしまったので、次に夜行くことがあれば注文してみようかな(笑

    ここだけの内緒ですよ。

  • 「あんかけ堂」
    丸の内近辺でスパゲティの店を探すと、専門店はほとんどあんかけスパ。
    そうでないスパゲティは喫茶店メニューです。
    今日はあんかけ堂でピカタスモールサイズ860円を食べてきました。
    この値段は安くないです。
    でも、いつも安定した味で、特別美味しくもないがけっして不味くもない。
    つい食べてしまう。
    今日もランチタイムはサラリーマンやオーエルで一杯でした。
    近くにもっとスパイシーで有名なからめ亭がありますが、そちらは満員どころか超満員、待たされるのが嫌だし席も窮屈です。
    と言う事で、中々行けず、行くとしたらあんかけ堂、実に消極的な理由です。

  • 久々に手打ちのかとうへ行って、いつもの通り「掛けうどん」「鶏天3つ」を頼みました。
    これで920円です。
    高いけれど、美味いから仕方がありません。

  • 昨夜は色々な肴を食べながら飲んで、ご飯を食べる前に寝てしまいました。
    今朝は空腹です。
    そこで、味噌煮込みうどんを作り、中に卵を入れ、ご飯にかけて食べました。
    犬まんまと言う感じですが、このジャンクぶりが意外に美味しい。
    しっかりご飯のお代わりをしてしまいました。

  • >>1696

    わははは・・・
    そうでしたね、間違えました。
    実は11月23日の勤労感謝の日に、ハイキングをする予定で、その案内状を作っていました。
    頭の中はそれで一杯で、体育の日については完全に意識から消えていました。

  • 10月6日土曜日、妻が外出するため、カレーを作っておいてくれた。
    当然夕飯はカレーだった。
    翌日曜日、大量のカレーが残っていたので、豚肉と玉葱と和風出汁を入れてカレーうどんにした。
    しかし、カレースープが大量に出来てしまい、8日の勤労感謝の日の昼食で又してもカレーうどん。
    うどんは、スーパーで讃岐うどんが売られていたのを買って、2度とも同じ麺を使った。
    讃岐を名乗っているのに、このうどんの腰が無い事甚だしい。
    とは言え、カレーうどんに適した太い乾麺のストックが無い。
    何故かあるのは、素麺や冷や麦、うどんがあっても稲庭や五島、細麺ばかりだ。
    今年の夏は暑さが続き、その間に買い込んだ麺類は夏用の物ばかりだからだ。
    こうして3日間に渡ってカレーを食べた。

  • 「想夫恋」焼きそば
    九州の日田市に本店がある想夫恋は、人気焼きそば店です。
    普通の焼きそばは「炒めそば」に過ぎず、焼きそばと言うからには焼かなくてはならないと言うのです。
    中華麺をしっかり焼いて、そこに豚肉ともやしを入れる。
    ですから、そばの一部はバリバリになっています。
    主に九州で多くの支店を展開していますが、最近名古屋にも2店舗が出来ました。
    その一つが大須に出来ました。
    大須なら行けます。
    で、先ほど行って来ました。
    カウンターに座ると、調理場が見えます。
    注文してから出てくるまで、かなり時間が掛かりました。
    良く焼くから時間が掛かるのでしょう。
    熱々にした鉄板に、沢山のもやしが混ざった焼きそばが出てきます。
    バリバリに焼けた部分もあるので、食べる時に歯に当たる事を覚悟しなければなりません。
    ソースの良い香りがします。
    しかし、豚肉が物凄く硬い。
    全く肉のジューシーさがありません。
    豚肉も麺と同じように焼いたのか、火が通り過ぎているのです。
    これは少し工夫する必要があります。
    880円です。
    今後果たしてどうなるのか、多少の不安も感じます。

  • 頂いた和泉一丈麺の冷や麦を食べました。
    愛知県産なのに中々買えないものです。
    知人が特別にメーカーに注文して送ってもらったのだそうです。
    長さが2メートルほどあり、適当な長さに切って鍋に投入します。
    茹で時間が6分から7分、火を止めて5分間蒸らします。
    こんなに蒸らし時間が長い冷や麦は他にないと思います。
    ・・・・・・・・・・・
    むっちりとした歯触りで、大変おいしい。
    簡単に入手出来たらもう少し頻繁に食べるのにと思いました。
    調べたら、名古屋では中村区のピアゴと八事のイオンで買えると分かりました。
    中村区のピアゴは行き難い場所ですが、八事のイオンなら地下鉄の駅から近い。
    買いに行こうかなと思っています。

  • 久しぶりに大須の「生駒屋」へ行きました。
    女将さんが私の顔を見て、
    「狸コロだね。どっち?」
    と聞きます。
    「大盛り」
    と答えました。
    久々です。
    相変わらず、優しい味です。
    二日酔いが治るとは言いませんが、これなら食べられます。
    支払い(700円)の時、女将さんが
    「まだ店をやっているので驚いたかね」
    と言います。
    久しぶりだから、多少の皮肉交じりかとも思いました。
    その時、
    「81歳だからね」
    と言います。
    主人が81歳、何時店を閉めるか分からないとの意味でした。
    「現役で働いているから、体は丈夫だよね、81歳には見えない」
    と答えて店を出ました。
    そうなんだ、何時までもあると思うな行き付けの店、なんだ。
    昨年から今年にかけて、行き付けの店が3軒減ってしまった。
    私が昔から通うのだから、店主はみな若くありません。
    黒川のラーメン店「陽龍」も、店主はかなり高齢ですが、後継者がいるようには見えません。
    時は流れる。

  • >>1690

    なるほど、江月がありましたか。
    美味しくて高くて少ない店ですね。
    でも、遠いなあ。

  • お墓参りの道中、思いがけず営業していた「江月」にお邪魔しました
    お盆のお昼どきとあって6組待ちでしたが、平日のランチセットの為には待ちますとも!!
    お気に入りは蕎麦豆腐と季節のお蕎麦セット☆
    ざる蕎麦にウニ添えの蕎麦豆腐は優しいお出汁の葛餡仕立て
    相変わらず繊細で喉越しの良い蕎麦で、まずは山葵だけで。。。ん~~美味っ!!!
    しっかりな味わいのつゆはちょんツケで。。。
    で、お楽しみの季節の蕎麦登場~~~~゚*。゚(O゚・∀・)ワクワクテカテカ゚。*゚
    椀の蓋をそぉっと開けると、、、すだちの香りに鱧と松茸のかけ蕎麦~~~~~♪。
    そーして濃厚で風味豊かな蕎麦湯はまずそのままで堪能、、、あ~~ほっこり

    ここのお味はいつも心が満たされます。。。

  • 今朝の朝食は、一応「蕎麦」でした。
    一応、と言うのは、そば切りではなく蕎麦クレープだったからです。
    蕎麦粉を水で溶いて、フライパンでお好み焼きのように薄く焼きます。
    それにカレーを付けて食べます。
    レトルトのカレーを使えば、あっという間に出来ます。
    寝坊した時の妻の得意技で、手抜きの最たるものです。
    とは言え、結構カレーと合うので、不満を言わずに食べます。
    ところが、今日は蕎麦の香りがしませんでした。
    蕎麦粉の保管が悪かったのかもしれませんが、暑さで私の味覚がボケたんじゃないかと思いました。
    食べながら蕎麦の香りを探しましたが、カレーのスパイスの香りしかしませんでした。
    匂いに鈍感になるのは、老化特徴のようです。
    凄く気になります。
    季節が悪いこともありますが、名店なら今でも香りがある蕎麦を出しているでしょう。
    どこか良い店で蕎麦を食べてみよう。

  • >>1687

    関西はアナゴを出す店が多いですね。
    どうしてなんでしょう。
    漁獲量では愛知が4位、兵庫の8位より多いけれど、消費量はどうなのでしょうか。
    三重県にアナゴ料理を出す有名な店がありますが、名古屋にはアナゴに特化した店が余り見当たりません。
    ちらし寿司にアナゴが必須と言う事もありません。
    寿司屋か天婦羅屋へ行けば、大抵アナゴを食べますが、それ以外に食べる機会は多くありません。
    微妙に食の好みが違うみたいです。

  • 穴子が食べたくなったので、高砂市の「そらまめ」と言うお店に行って来ました。
    高砂、穴子と検索すると、下村商店が出て来ます。老舗で有名なので、そこはパスして、ひと月前にテレビで紹介されていた昨年オープンした「そらまめ」に行きました。
    シャッターが閉まった寂れた高砂銀座商店街の中にある古民家を改装したお店で、入ると土間になっていて、中庭まで突き抜けています。建物は古いですが、改装してあるのでとても綺麗です。伝統的な高砂織の着物や和太鼓が展示されています。靴をスリッパに履き替えて板張りの廊下を通り、突き当たりの引き戸を開けるとそこがお店になっています。
    4人掛けのテーブル4つ、座卓一つ、奥に10人ほどの大テーブルの部屋が一つ、それだけです。あらかじめ予約を入れておいたのですが、テーブルは2組が先客に来ており、残りも予約が入っていました。電話を入れて正解でした。
    麺類のスレでどうして穴子の店の情報を書くかと言うと、「そらまめ」は穴子と茶蕎麦の店なのです。
    どちらか一つだけのメニューもありますが、セットメニューは全て穴子ご飯と茶蕎麦が付いていて、どっちかが主で片方がミニサイズになるのです。穴子はせいろ蒸し、蒲焼き、蒸し穴でお重や丼になっています。茶蕎麦はぶっかけのみで、冷たいのと温かいのを選べます。
    穴子のせいろ蒸しセット1800円を注文しました。穴子は蒲焼きにしてからご飯に載せてせいろ蒸しになっています。ふわふわで香ばしく、鰻よりしつこくなくて、大変美味しかったです。播磨の人は穴子が大好きで、お寿司は穴子がないと駄目だし、蒲焼きは昔の子供のおやつだったそうです。
    茶蕎麦は抹茶を練りこんで爽やかな良い香りとしっかりした歯ごたえです。お汁も程よい醤油加減です。
    茶碗蒸しは珍しく梅肉が具材になっていましたが、ご主人が和歌山の有名温泉旅館で修行されたとのことで、成る程と思いました。鰻だと梅はいけませんが、穴子なのでお口爽やかになります。
    デザートも抹茶わらび餅とグレープフルーツで爽やかでした。
    老舗下村商店がすぐ近くにありますが、またリピートしたお店になりました。

    うどん・きしめん・パスタ・蕎麦 穴子が食べたくなったので、高砂市の「そらまめ」と言うお店に行って来ました。 高砂、穴子と検索すると、

  • 昨日の昼、「松屋」で冷やしきしめんを食べました。
    安くて量もありました。
    手っ取り早く昼食を済ませるには良い店でした。
    でも、やっぱり手打ちきしめんの旨さはありません。
    きしめんは高価な物ではありませんから、安さを捨てて、専門店で食べるべきだなと思いました。

  • 今日の昼は古本屋の帰りに栄町ビルの地下の「チャオ」へ行きました。
    選んだのはボンゴレの小です。
    美味しく食べましたが、あんかけにしては大人しい味だと思いました。
    からめ亭やこだまの辛さに慣れてしまったからなのでしょうか。

  • 今日の昼は南区の「すし辰」で、天婦羅コロきしめんを食べました。
    天婦羅の頃はカリカリ、きしめんは透き通った薄いものでした。
    美味しかったです。
    この店は年間5回程しか行きませんが、既に10年程前からなので顔なじみです。
    初めて冷たいものを食べました。
    「うちのきしめんは冷たいのを食べてもらいたい。そういう粉を使っているのです」
    店主はそう言います。
    次回も機会があれば冷たいきしめんを食べる事にします。
    きしめんを食べるなら、ここもお勧めの店です。

  • 私の同級生に卵アレルギーの人がいて、しかも職業がコックです。
    卵の料理も作りますが、茶碗蒸しなどは出汁の味さえ決めればいいのでしょう。
    何事も慣れと熟練なんでしょうね。
    有名なラーメン店へ行ったとき、卵麺なのでスープだけ飲んできたと言っていました。
    その店の店主は、鴨で出汁を取っているから、スープだけでも1000円の価値があると言います。
    凄い自信ですが、バブル崩壊後繁華街の中心から移転してしまいました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    息子の友人に蕎麦アレルギーの人がいます。
    こちらは気を付けていても、思いがけない時に発症します。
    街の食堂でラーメンを食べる時、安物の胡椒を振りかけたら、蕎麦粉で増量されていたことがあるそうです。
    吉田製麺のうどんは私の好みですが、伸ばすときの打ち粉に蕎麦を使っています。
    蕎麦アレルギーの人は、この会社のうどんやきしめんが食べられない。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
    私の家族には、深刻なアレルギー体質がいません。
    アレルギーを治す方法について、少し前にテレビで見ました。
    食物アレルギーの場合は、長い時間をかけて、少しずつ慣らしていくようです。
    大変だとは思いますが、突然倒れたりしないように、治せるものなら治しておいた方が良いでしょう。

  • >>1681

    以前、蕎麦アレルギーの友人が韓国冷麺を食べてアナフィラキシーショックを起こした事があります
    食後、階下のブティックで試着をしてる際いきなり嘔吐と痙攣で卒倒
    息が出来なくなって死ぬかと思った~~~って言ってましたが、搬送先の病院で一時危篤だったとか
    お店に確認すると、麺の打ち粉に蕎麦粉が入っていたのが原因だったそうです
    少量だったからか材料表示や注意がなされてなかったようですが、
    アレルギーのある方にもお店側にとっても死活問題ですね

    、、、自分、蕎麦が食べられない、、、って考えるとちょっと辛いなぁ。。。
    あ~~~お昼は久し振りに江月のお蕎麦にしようかな、、、

  • <<
  • 1701 1682
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順