ここから本文です

おれは絶対王者だ

  • 228
  • 0
  • 2017/02/27 15:58
  • rss
  • <<
  • 227 206
  • >>
  • >>226

    おはようございます♪

    予防線、ですかぁ~

    ああ。・・・♪そうなると、どうも「社会」とか「国益」とかっていう言葉を聞くと何気な思考停止を起こす私は、社会にとってとか国益のためとかのたまうマヌケの(魔法の)言葉を聞いて何も疑わず納得する大マヌケってことになるのかな。。
    (・・・・・・悲しすぎる。)
    (集団で教育を受けすぎちゃったり、それから映画とかTVドラマとか観すぎちゃったせいかなぁ。。。)

    私は、出来ればこれからは社会のためとか(←私には大きすぎるなぁ。でも平気で使えちゃうから面白いですよね♪)○○のためとか、誰誰のためとか使わないで行きたいなぁと。
    確かに、私は「自分の気分のため、私憤のため」と言えない社会規範を自分の中に持ってしまっているようなのですが、それはそれで問題だと思いました。

    「自分の気分のため、私憤のため」とは言えない行為への欲求、欲望をどうやってかなえたり諦めたりするのか。
    それはそれで難しそうです。

    社会自体が囚人のジレンマゲームみたいになっているところがミソかなぁなんてふと思いました。

    >「みなさんどう思いますか」は「おまえらもそう思え、思わないなら許さん!」のすり替え。

    あはっ♪
    なんとなく納得です。
    そういえば会議なんかで言われるときも、「みなさんどう思いますか」という問いかけの言葉には2つ意味合いがありますよね。
    本当に皆さんから意見をもらいたいときと、私に同意しなさい、私の期待通りに動きなさい、みたいな雰囲気があるときあります。
    (言われた方は瞬時に「空気を読む」を作動します、みたいな。)

    貼り付けていただいた映画面白そうです♪

  • >>224

    https://www.youtube.com/watch?v=sjA8qzg8E4Q

    社会にとってとか国益のためとかのたまうマヌケがよくいます。これを主語のすり替え詐欺と言います。自分の気分のため、私憤のためだと叩かれるので予防線を張ってるんですな。

    「みなさんどう思いますか」は「おまえらもそう思え、思わないなら許さん!」のすり替え。

    一億人が間違っとる! 佐分利信は「日本の黒幕」でそう騒いでましたがこのように大きくでたいものです。

    おれは絶対王者だ https://www.youtube.com/watch?v=sjA8qzg8E4Q  社会にとっ

  • >>223

    無縁さん♪おはようございます。

    ああ。そっかぁ。
    生保は、それやりたいでしょうね。遺伝子診断の結果が保険料に反映される、とか。
    リスクが高いと診断された人は、初めから診断書に基づいて高い保険料を支払うことになる、みたいな。
    (・・・でも、それじゃ、リスクの低い人は生保いらないじゃん、という話になっちゃう・・なんか、・・・変だなぁ。。)

    >就職や結婚の時も互いに提出しあうとか。

    きゃははは~~♪
    受験もそれでいけばいいじゃんね♪

    (遺伝子の解析は許可がないとできないと聞いていますが、個人的には私のご先祖様がどのあたりから来た人なのかな、という興味はあります。)
    (まあ、どこでも一緒なのですけれど、どんな風景を見ていたのだろうかと。)

    >月額290万円の薬や平穏死の問題も本人の希望より社会の維持が優先されるような方向に行ってますね。

    これ、本人が必要だ、というよりこの人間にこの薬を使うことが社会のためだから使う、この人間の意志はどうあれこの人間を平穏死させることが社会のためだから死なせる、という方向に言っている、というわけですか?

  • >>222

    >というのは、例えばどのような例があげられるでしょうか。

    生命保険会社は遺伝子診断の結果の提出を求めるなどということも起こる気がします。就職や結婚の時も互いに提出しあうとか。月額290万円の薬や平穏死の問題も本人の希望より社会の維持が優先されるような方向に行ってますね。

  • >>221

    そういう社会だと先へ行ったらどういうことになるのでしょうか?

    なんだか、いや~~な(息苦しい)未来が来そうですが、・・・・

    ・・・・

    >社会全体でリスクを嫌う傾向が異常に強くなってる

    というのは、例えばどのような例があげられるでしょうか。


    >だからそれほどリスクにならないネコに夢中になるのかな~♪

    わが国では、子どもの数より犬(愛犬)の数の方が多いそうですが、確かに猫を飼うリスク問と犬を飼うリスクでは、どう考えても猫を飼うリスクの方が低そうです♪

  • >>219

    社会全体でリスクを嫌う傾向が異常に強くなってる気がします。リスクや損失をもたらすと(勝手に思い込んだ)集団へのバッシングがすごいし大衆食堂に入るのにも本を買うのも検索して評判を確認する。

    だからそれほどリスクにならないネコに夢中になるのかな~♪

    おれは絶対王者だ 社会全体でリスクを嫌う傾向が異常に強くなってる気がします。リスクや損失をもたらすと(勝手に思い込んだ

  • >>218

    こんばんは♪

    発達段階のモデル自体がもう古いのではないかとぼぅ~~と思っていたところです。
    最近の日本の社会では、乳児が他者と関わる時間は睡眠時間を抜くと母親と関わる時間より保育士と関わる時間のほうが多いのじゃないかと。
    それに伴い、いろいろなことが変わってくるような気がします。
    一般的に就学期間が長くなったために青年期が長くなってきていますし、他者(パートナー)との親密な関係を結ぶ、結ばないということについても考え方の幅がでてきた。
    平均寿命は延びてきて死を迎える前に認知症になってしまう方が増えてきた。
    そんなこんなを考えると、エリクソンの発達課題なんてもう古いのだろうなと思います。
    だから、自分が発達や成長のどこかで得た気分(思想・・かな。気分と言うと語弊がありそうですが。・・・うまく言えません。)のようなものを持ち続けて生きることは自分にとって正解なんじゃないか、なんて思います。

  • >>216

    は~い。

    ご覧になったら感想など聞かせてください♪
    (よろしければ♪ですが。)

  • >>214

    イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優~ という映画を東急文化村でやってるようで観たいです。なんか優等生的な女優としてまったく興味がなかったんですがその無茶苦茶な行動から魅力ある女性に変わりました。

    おれは絶対王者だ イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優~ という映画を東急文化村でやってるようで観たいです。なんか

  • >>214

    しかし、8段階のうちの最終段階にいる人が3割を占める社会というのは成熟を通り越して社会そのものが老化しているということにもなるかなと。

    でも、水が形を持たないように時代(?)人の生き方も形を持たないということなのかもしれない。

    山の間をながれるときは小川に、海に出たときは海になる、というだけかもですね。

  • >>213

    なんとなくエリクソンの発達課題(古典になるのかなぁ?)を検索してみたのですが、(趣味です。)超高齢化社会になるとライフサイクル自体が変わってくるのだろうか、という疑問がわきます。
    エリクソンは8つの段階に加えて9番目の段階(死への準備期間かなぁ)も考えていたらしいのですが、(そこは私の知識が足りないので)詳しくはわかりません。
    ともあれ今このエリクソンの発達段階の表を眺めていて思ったことは、8番目の最終段階65歳からの発達課題が最長120歳ぐらいまで続くのかと思うとなんか不思議な気がしてきました。

    (思ったのですが、男女ともに余剰の生みたいなところあるのではないかと。)

    女性も子どもを産まない、産めないのであれば安定する必要はない。
    そうであるならば、女性にもまた物語が必要なのだろうな、と。

  • >>211

    男の場合楽しくなるには無理なことをする必要があります。

    子供を産めないので安定する必要がない。そうなると別の物語にすがりついて生きる意味を見出してるのかもしれません。

  • >>211

    なんか、自分は生活原理主義者だと思いっきり自覚しました~♪

    アホクサさんは、どうですかぁ~?

    ・・・・で、「つばめ」って誰だかわかりました?

  • >>209

    こんばんは♪

    「全部わかった! よし死のう」は、面白いというか素敵だなと。
    いかに生きるかじゃなくて、よし、死のうはいいなぁと。

    男性は滅ぶ種族かもしれませんね。

    まぁ。女性もかもだけれど。

    >「ベニシアさんの四季の庭」を選ぶのが女、「戦争のはらわた」を選ぶのが男です。

    この組み合わせは面白いかなと。

    >男は無理なことをするほうが楽な部分があります。

    無理なことをさせられる幻想ってないですか?

  • >>208

    無縁さん♪おはようございます。

    >私にはわからない感情ということです。

    あ。いいなぁ。
    その分感情的に安定していて無駄がない状態の時が多いというわけですね。
    私、他人から見たら(特に農業が多い場所の人)大雑把というか陽気というか、気にしない性格に見えてしまうようなのですが、それでもやはり嫉妬ってあるかなと。
    「なんか、状況や特定の人が嫌いじゃないのだけれどなんとなく面白くない」という感情を持ってしまうことがありました。
    自分でこれは嫉妬だ、と自覚するのですが自覚してどうなるわけではない。
    なので、必要以上に関わらないようにしたり、必要以上に内心できついことを思わないようにしようとしていました。
    だからと言って状況面でも感情面でも上手くいくわけじゃなかった。

    でも、責任と嫉妬は違うような気はします。

    >嫉妬のない人間は責任回避しますよと言ってるようなものなので反感をかうのかもしれません。

    反感は覚えませんが、責任って「任された領域」という感じがしてやっぱ一種の所有だろうと思うのです。

    >ファム・ファタールというのは映画というより世紀末デカダンス文学に現れる典型的な女です。魔女、女吸血鬼の場合もあります。

    ありがとうございます。
    ファム・ファタールが大好きなのですね♪

  • >>207

    「ベニシアさんの四季の庭」を選ぶのが女、「戦争のはらわた」を選ぶのが男です。男は無理なことをするほうが楽な部分があります。「空手バカ一代」とか「アストロ球団」のように女がいないところで無理をするのが妙に楽しい。実は男もいなくてただ自分の欲望だけを肥大化させる。これも私の思い込みかもしれませんが。釈迦も途中までは「全部わかった! よし死のう」ですから。

  • >>206

    >男性に嫉妬ってないんですか?

    ここは説明不足でした。私にはわからない感情ということです。男の場合地位の嫉妬はあるかもしれません。誰かや何かに対して最後まで責任をもとうとするのが嫉妬の起源だと思います。嫉妬のない人間は責任回避しますよと言ってるようなものなので反感をかうのかもしれません。

    >「ファム・ファタール」って映画のことですか?

    ファム・ファタールというのは映画というより世紀末デカダンス文学に現れる典型的な女です。魔女、女吸血鬼の場合もあります。

  • >>178

    私は食わず嫌いが多く「葉隠」もよく知らないけれどなんとなく好きじゃないものの一つです。

    好みとして人に無理をさせるものって嫌なんです。
    だから忍恋(検索しました)なんて聞くとぽ~~~んと蹴飛ばしたくなる。
    釈迦に関しては(これから何か本を読んでみようと思います。)純粋さを求めそれから純粋でなくても(このままでも)いいのだ、というところにいったのではないかと推測しています。

    ・・・・難しいです。

  • >>173

    嫉妬感情というのは、ものごとが総合的にうまくいっているときにはあまり起きない感情のような気がしています。自分に当てはめても、役割分担がしっかり決まっていて安定しているときには起きてこないのじゃないかと。じゃぁ、「安定」というのはなんだ?と聞かれると、今、とてもピュアな状態という言葉が脳裏に浮かんできていますが。

    >好きな人が喜ぶなら別に自分でなくてもいいじゃんという発想があるためです。
    愛情全体の中でエロの占める割合は微小なのでなにも気になりません。この発想を説明すると女性はとてつもなく嫌な感じになるようで頭がおかしいとみなされます。

    頭がおかしいとは全然思わないです。
    ただ、嫌な感じがするとしたらなにか安定性に欠けるような気がするからだろうと思います。「好きな人が喜ぶなら別に自分でなくてもいいじゃん」って、関係の継続性が一面、あるかなきかのようなことですよね?場合によってはなくてもいいよ、みたいな。女性はそういう状態に耐えることは難しいのではないかと。

    >嫉妬は女偏の漢字で構成されていて男が嫉妬というのはないと説明しても無駄でした。

    男性に嫉妬ってないんですか?
    私は嫉妬って所有に関する感情で男女ともに持つものだと思っていました。

    「ファム・ファタール」って映画のことですか?(知らなかったので検索しました。)

  • <<
  • 227 206
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン