ここから本文です
  • 1

    日蓮大聖人のご生涯と御書について、学びの輪を広げられたらと思っています。
    多くの人との、様々な角度からの意見交換を通して、日蓮大聖人の実像と教えの真実に近づきたいと願っています。

    しかし、学び合う目的は過去を紐解くことではありません。
    その研鑽を通して、人の幸福とは何か、を求めていくことが、このトピの主眼です。
    参加していただける人に対しては、その主旨を共通の認識としてご諒解いただけたらと思います。

    日蓮仏法といっても、その教えは仏教全般に及んでいます。
    その意味からも、宗派を越えて、多くの人のご意見をいただきたいと思っています。もちろん、批判であっても構いません。

    私自身も、この機会に、多くの人から学ばせていただき、意見交換を通して、仏教と人間の幸福について、その全体像に少しでも近づいていけたらと願っています。

    教えていただきたいことが多くあります。

    仏教と人生を真剣に考えておられる方。
    一緒に学んでいただける方。

    ご参加を、心からお待ちしています。

       
       
        日蓮正宗法華講    nanatokoko

  • <<
  • 24101 24078
  • >>
  • 24101(最新)

    nan***** 3月4日 23:36

    >>24099

    お仕事、ご苦労されたようですね。
    フリーといえば、見方によれば自営業みたいなものですからね。
    私も遅蒔きの自営業スタートで、9年間色々ありました。
    充実した日々を過ごせたことは確かなので、やはり幸福な9年だったのかな。

    それと、ずっと御本尊に護られてきたことを実感しています。
    凄い信心ですね。
    魔も競いましたが、諸天善神の護りがそれより強かったですね。

    お仕事、ご健闘を!!

  • >>24097

    私も基本的にはすぐ割り切るタイプなんですよ。
    性格も粘っこくない方です。

    ただ、御書に、ああ両親への恩が説かれてますとね、日蓮オタクの私としては、日々鞭で打たれるようなものですから。(笑)
    大聖人様の最初の折伏もご両親でしたしね。

    仏法には時という重要な要素がありますが、吹けば飛ぶような一個人の私にも、やはり、時というものがあるように思います。
    今後どんな人生になっていくのか、凡夫ですからね、正直見通せないのですが、分からないなりに、肌でひしひしと感じるものがあります。
    もう残り少ない今生の人生ですが、私なりに完全燃焼したいと思っています。

  • nanatokokoさんお久しぶりです。

    長い間仕事に没頭しておりました。
    現在はフリーですが何とか食いつなぎしている状態です。
    僕のことはこの辺でおいといて、皆さん元気でしょうか?
    日蓮正宗の皆さんもお元気でおられることをお祈り申し上げます。
    「冬は必ず春となる」短縮させて頂きましたが今正に春に近づいて
    おり、梅も開花しました。人生も暖かくなる時期ですね。

    お仕事も生活も頑張って下さい。

  • >>24095

    御両親の折伏に、そのような歴史といいますか、長い忍耐の持続があったわけですね。
    わたしなんか、あきらめやすい性格なので真似できそうにもないです(笑)。

    > 折伏というと、貴方の教学力と粘り腰が思い出されます。
    > 見習いたいと思っています。

    これは、完全に誤解です。 私にあったのは、宗教や仏法というもにへの深い迷いだけでした。
    そのなかで、もがき苦しみ疑問点を検討してきたことは事実ですが。

  • >>24094

    > 無視すればいいですよ。

    言葉足らずでしたか。
    私の場合、単に所属寺院の御住職や講頭さんに直接的にどうのこうのではないのです。
    まだ入講して年月がたっていないので、特別確執とかはないという状態ですから。

    そうではなくして、僧侶中心とした正宗の体質といいますか、何か時代に逆行したものに深い疑問を感ぜざるを得ないということです。
    私の所属の寺院は、地方の一末寺で目標達成に大変な困難な状況のようなので、正宗の持つ矛盾がよく感じられる環境にあるといえます。
    都会の寺院であったら、多分また違った印象をもったことでしょう。
    地方の末寺は大変です。 ノルマの過重で、疲弊しているように見えて仕方ありませんね。

  • 昨年の11月28日に両親そろって御授戒を受けることが出来ました。
    学会の時からの折伏ですから、ちょうど50年かかりましたよ。
    両親共超高齢で、活動など何も出来ないけど、一応、日蓮正宗に所属することになりました。

    今年も折伏を推進したいと決意しています。

    折伏というと、貴方の教学力と粘り腰が思い出されます。
    見習いたいと思っています。

    今年もよしく。

  • 無視すればいいですよ。

    うちの御住職なんか、私には、お寺の打ち出しなど全然考えずに、マイペースでいってくださいと、半ば見放されているのでしょうが(笑)、自由にさせてもらっています。

    ご住職も含めてですが、みんな凡夫です。
    上も下もありません。

    唱題と折伏、それだけでいいと思っています。
    後は枝葉。

    昨夜の会合でも、あんまり雰囲気がぎすぎすしてたので、隣の部屋でお茶でもしながら話しましょうや、なんて茶々を入れて、結果盛り上がりました。(笑)
    ご住職も手造りのスイーツを出してくれましてね、これが結構いけたので、商売変えして菓子屋さんしたらどうです、なんて軽口を叩いたりしましたが、講での私の役割は、概ね、今はこんなところです。(笑)

  • >>24091

    こんばんは。

    > 週2で寺院に行っています。
    > 去年の9月からですが、10名ほどの自主参加で、様々なことについて話し合っています。
    > 最初は2名でしたが、少しずつ増えてきて、まだ増加しそうです。

    つくづく感心するのですが、寺院活動が積極的ですね。
    何年か前も、唱題に頻繁に寺院へと往復した事を述べていた記憶があります。
    そのような点では、私は真逆ですね(笑)。

    新年そうそう芳しくない話題は言いたくはないのですが、
    日蓮正宗というものに対する軽蔑の念と、かすかな義憤ともいえる感情をもっているのが現在の状態です。
    一言で言えば「ノルマ・・・ノルマ・・・ノルマ・・・」に終始している現状に対してですがね。

    暗い話題はこの辺にして、あなたと御住職との関係が持続するよう願っています。

  • >>24091

    新年のお慶びを申し上げます。 

    コメントは、三日か四日あたりします。
    実は、酒が入ってしまっていますので、現在は適切な時ではありませんから(笑)。

  • >>24089

    お元気ですか。

    新年明けましておめでとうございます。

    週2で寺院に行っています。
    去年の9月からですが、10名ほどの自主参加で、様々なことについて話し合っています。
    最初は2名でしたが、少しずつ増えてきて、まだ増加しそうです。

    まだ30そこそこのご住職ですが、気が合って、会合も楽しみになりました。

    今年もよろしくお願いします。

  • お久しぶりです。 変わりなく過ごして居られるでしょうか。
    本年も、もうすぎ終わりとなります。
    どうか、よい年をお迎えください。

  • 御書

    聞き飽きたのぉ

    学会で正宗に通っていたころは

    3年間で100世帯の折伏をしていたけどな

    つまらん能無しに大聖人が付くわけないやろw

    他人のフンドシつけても所詮は能無しやw

  • 以前、日顕宗の寺に行きました。

    いかなきゃ良かった。

    アホ坊主とアホな講員がいるだけでしたね

    ヘタレそうなツラしてましたし。

    鶴丸が閑古鳥に見えて仕方ないっすw

    栄正寺?吉川のおっさん

    いや、おれより若いんでハナタレ坊主かw

    アイツの程度の信仰なら俺にでもできると思ったなぁ

    長吉から来ていたボケ講員の夫婦もアホらし。

    早くトビ閉めてオナニーして寝とけやw

  • 意味のない御書学なんてやめたらどうですか?

    なんのために御書を勉強すんの?

    ボケ講はんw

  • >>24081

    こんばんは。

    本当におめでとうございます。

    寺院で、同志の皆さんに見守られての結婚式なんて、これ以上はない最高の結婚式じゃないですか。
    お二人にとって、生涯忘れることのない想い出が出来ましたね。

    いつまでも、お幸せに。

    純真で素直な信心をされています。
    私から話すことなど、何もないですよ。

    それに、大きな使命が与えられていると感じます。
    どうか、お二人仲良く、その使命のまま、生き切ってください。

    迷いなど縁のない、まっすぐな一本道でしょう。
    何もないとは思いますが、もし今後話し合ってみたいことが起きたら、その時は声をかけてください。
    嬉しい報告も大歓迎ですが。(笑)

    私のところからは、本山まで、ほとんど高速ですが、それでも10時間以上かかります。
    ただ、お会いしたいけど、当分は無理な状況です。

    いつになるか分かりませんが、お二人には、いつかお会いしたいですね。
    つもる話が山ほどありそうだから。(笑)

    遠くからだけど、ご活躍を見守らせていただきます。

    では。

  • >>24079

    こんばんは。

    先週土曜日、無事に家内と入籍も済ませ、お寺様でも仲の良い講員さん達に見守られながら結婚式を取り計らって頂きました。😊

    名実共に夫婦となって今は物凄く幸せです。

    いつもnanatokokoさんには温かいお言葉を頂き、ありがたくて嬉しくて感謝の気持ちが言葉には言い表せないほどの気持ちでいっぱいです。

    今回のお言葉は正直涙が沢山溢れました。

    本当にありがとうございます。

    おかげさまでうちの家内も私同様、講中では皆さんのお力添えを頂きながらですが、お手本となるべき立ち位置を頂く事になりました。

    本当に前にもお話しした通りで自分達の考えには想像出来ない様な力の働きを2人とも実感しています。

    折伏躍進の年に相応しい動きを夫婦揃ってさせて頂ける事は、御本尊様に感謝申し上げる気持ちしかありません。

    毎回この様な心に染み渡る温かいお言葉を頂けるnanatokokoさんにはいつかどこか~いや総本山大石寺の大御本尊様がおられる場所で御登山の際にお会い出来たら良いのになぁって思っています。

    こういう場所では明確な名前は出せないのが非常に残念ですが…
    私が所属しております寺院は、大石寺があります隣のK県のB寺です。(^。^;)

    本山までは車で高速道路を使って2時間位で行ける非常に恵まれた環境で信心をさせて頂いております。

    桜の開き始める3月末の連合会の総会を伴った春季御登山には夫婦揃って仲良く御登山させて頂くつもりです。

    いつもいつも心温かいお言葉本当にありがとうございます。

    またお時間のある時にやり取りをさせてください。

    では失礼致します。。。

  • >>24076

    こんぱんは。

    次に、自然の摂理、大自然の法則「南無妙法蓮華経」を広げるという考え方についてですが、ここは私もお笑いさんと近いんです。
    しかし、法則に即して、「理」と「事」の相違を考えた時、人間にとって真の救いとは何か。
    そこに多様なアプローチがあり、それはそのまま日蓮仏法の分派につながっていると考えています。

    私は日蓮正宗に信を置いているのだけど、お笑いさんには、日蓮正宗に所属することに、今も疑問があるのかな。

  • >>24077

    こんばんは。

    近々ご結婚ですか。
    おめでとうございます。

    夫婦についての御書は実に多いですね。
    どれだけ夫婦というものが大切か、大聖人様の教えが心に沁みます。

    末法悪世です。
    世相も乱れに乱れています。
    そういう奔流の中だから、我々正信のものでも、その影響は避けられません。
    これからの、様々な障害のあることを考えた時、一人だとえてして覚束ないことも出てきます。
    でも、信心の強い絆で結ばれたお二人一緒なら、どんな障害も、必ず乗り越えられます。
    大聖人様の、これ以上は望めないほどの励ましのお言葉が、御書に多く綴られています。

    大聖人様ご在世の強信な信者さんも、御書を通してみると、夫婦の仲良さが垣間見えますね。

    時光さん、阿仏房さん、頼基さん、池上さん、胤継さんもそうです。
    貴方も、その仲間に連なってください。

    世界でたった一つの正法を受持しているんだからね。
    世界一の幸せな夫婦になってください。

    ぜひ、講の皆さんのお手本になってくださいね。

    話が前後しましたが、「信心の涙」「悲しみ」について、親身なコメント戴きました。
    感謝しています。

    真意をお伝えしてなかったので、ご心配をかけさせてしまいましたが、大丈夫です。
    この「涙・悲しみ」は、即、信力・行力に繋がるものです。
    「・・・だからもっと頑張ろう」「・・・だからもっと真剣に生きよう」
    そんなところです。

    そのへんはご住職もわきまえておられるので、全然親身になってくれません。(笑)

    あなたが、どちらの支部に所属されているのか存じませんが、年齢もそうですが、信心には距離も関係ないですからね。

    ご多忙でしょうし、投稿については、固く構えずに、時々、折々にお話出来たらいいんじゃないでしょうか。

    今夜はこのへんで。

  • >>24076

    こんばんは。

    先ず、このトビの趣旨ですが、このトピの長くなりました。トピを立てた時の私の思いは確かに鋭角的なところがあったことを、今でも思い返すことが出来ます。
    でも、振り返るまでもなく、多くの人がいろんなことを投稿しています。あまり四角四面に構えなくてもいいのではないかな。

    次に「完全武装」なんだけど、これは言葉は違うけど、大聖人様の境地だね。
    大聖人は『開目抄』でこう仰っていますね。
    「智者に我が義やぶられずば用ひじとなり」と。
    その境地を目指していかれることは、もちろん尊いことだと思うけど、地湧の菩薩であれば、それ以外はないのだと言わんばかりの姿勢は、どうかと思います。

    ご存じのように、地湧の菩薩と一括りにしても、上は数万の眷属を率いておいでの菩薩もいれば、単独で遠離の行を願う菩薩もあります。
    だから、一つの生き方のみを是として、他は認めないということではなくて、もっと多様な生き方を受け入れてもいいんじゃないでしょうか。

    そこで私に関してですが、私は須梨般どくさんです。
    智慧が足りない下根下機だからね。
    だから「以信代慧」でいきます。
    具体的には、私の信は、日蓮大聖人とその人の説かれた三大秘法に絶対の信を入れています。
    そして、その清流は日蓮正宗に流れていることに、やはり信を置きます。
    その二つの信の上に、自身の信仰体験を加えると、自分なりに「随力弘通」は出来ます。
    もちろん「完全武装」に少しでも近づきたいですよ。
    より多くの人に、私の信を伝えたいからね。

    また話しましょう。

  • <<
  • 24101 24078
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順