ここから本文です
Let'sPensées!

Let'sPensées!

  • 2,083
  • 3
  • 2018/04/19 00:11
  • rss
  • <<
  • 2083 2062
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2081

    こんばんは フローラさん
    バカラック作曲でDusty Springfield-The Look Of Love(恋の面影)をききました。とても都会的で、どうみてもジャズですよ。ボサノバ調ですね。雰囲気としてはジャズ歌手のヘレン・メリル風ですね。「ニューヨークのため息」といわれるほど都会的なんです。とてもいいです。
    ところで都会的な淡い存在感を漂わせるマイルス・デイビスに影響を与えたとみられる人物が見つかりました。ジャズ評論家の岩浪 洋三氏によればマイルスの才能を見抜き、育てたのはサックス奏者のチャーリー・パーカーだそうです。一応紹介しておきます。曲調がよく似ていると思います。
     
     ↓(つづく) 非表示です。Charlie Parker-All the things you are

  • >>2077

    こんばんは

    >やはりマイルス特有の都会的な淡い存在感、つまり孤独感を漂わせていますね。ハーブ アルパートの影響ではないか、ということですが私にはわかりません。

    私の書き方が悪く、誤解を招いたようで申し訳ないです。影響を与えたのはマイルスデイヴィスで、アルパートはその影響を受けたのではないか・・・という意味でした。 クールさというのか、あのような雰囲気ってどうやって醸し出されるのでしょうか・・・不思議です。

    レストさんが、映画ミュージックのお話をなされたので、私も・・・
    ジャズではないけれど私は、バカラックも好きです。
    『カジノ・ロワイヤル』の中の『The Look Of Love』

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=MPkp-pCJYCc

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2077

    こんばんは フローラさん
     素人に毛のはえたような私のJazz知識ですが、プロのJazz評論家の岩浪 洋三や定成 寛のレベルにははるかにおよびません。しかし哲学的視点からなら私の独自な展開もできるかもしれません。
     大都会の実存主義的孤独を表現した映画として、『死刑台のエレベーター』や『タクシードライバー』がありますが、いずれも主題曲はJazzです。日本では1986年の角川映画『キャバレー』があります。主題曲の『Left Alone』はフィリピン出身のJazz歌手 マリーンが歌っています。原曲はMal Waldronの『Left Alone』です。
     マリーンの歌を紹介します。
      ↓(つづく) 非表示です。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2076

       こんばんは フローラさん
     Miles Daivis-Concierto de Aranjuezをきかせていただきました。はじめての曲なのですが、やはりマイルス特有の都会的な淡い存在感、つまり孤独感を漂わせていますね。ハーブ アルパートの影響ではないか、ということですが私にはわかりません。ハーブ アルパートは深夜ラジオ番組のオールナイトニッポンのテーマ曲「ビター・スウィート・サンバ」が使われているのが有名ですね。ただあまりくわしくはありません。
     Miles Davisといえばフランスの実存主義の影響が最も大きいのではないでしょうか。やはり孤独がテーマです。
    フランス映画「死刑台のエレベーター」の主題曲を彼が手がけています。ごぞんじだと思いますがとりあえず紹介しておきます。
         ↓(つづく) Miles Davis-Ascenseur pour I´e´chafaud (Lift to scaffold)

  • >>2074

    こんにちは

    オスカー・ピーターソンのご紹介ありがとうございます。

    名前はきいたことがあったのですが、どのような曲を演奏なさる方なのかは知りませんでした。
    どうしてこうまでクールで都会的なんでしょうか・・・有機的なものと無機的なものが一緒に感じられました。

    時代はちょっと異なりますが、マイルス・デイヴィス

    ここでは「アランフェス」を演奏しています。ハーブ・アルパートとか彼の影響を受けたのでしょうね~。

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=mSS5p9BdNGU

    Let'sPensées! こんにちは  オスカー・ピーターソンのご紹介ありがとうございます。  名前はきいたことがあったのです

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2072

    こんばんは フローラさん
     Free Jazzは、1960年代、黒人の公民権運動をきかっけに始まった前衛ジャズです。虐げられた黒人の屈折した感情を、あの動物的とも思える叫び声のように荒れ狂うサックスで表現したのは黒人暴動などの時代背景があったのです。鬱屈とした時代の空気が伝わります。
     ところでDavid  Tudorについてですが私は詳しくはありません。偶然性の音楽で有名なジョン・ケージの影響を受けた前衛的現代音楽家、ピアニストということなんですが、曲をきいてみると動物の叫び声みたいなものが表現されたりして、フリージャズと似ているところがありますね。難解な音楽です。
     David Tudorが1926年生まれということで、同世代の1925年生まれでジャズ ピアニストのOscar Petersonを紹介したいと思います。「鍵盤の皇帝」という異名をとっています。高松宮殿下記念ー世界文化賞を受賞しています。日本と縁がありますね。
      ↓(つづく) 非表示です。Oscar Peterson-Bossa Nova

  • >>2070

    こんにちは

    ジャズ、全くわからず申し訳ないのですが、Free Jazz というジャンルは、「前衛ジャズ」から続いているものなのでしょうか?

    David Tudor

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=UhidEOKKyMo

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2068

    こんにちは フローラさん  
     Sadao Watanabe -Seiling は静かな曲でいいですね。ナベサダさんはカルフォニア シャワーで有名ですけど、フュージョン系の騒々しい音楽を想像していたのですが、聴いてみると案外静かな曲でした。何となく都会的で落ち着きます。それにくらべると一段と騒々しいのがフリージャズです。そのフリージャズの巨匠 セシル テイラーが4月5日米ニューヨーク州ブルックリンの自宅で亡くなりました。ピアノの鬼才です。ジョン コルトレーンもフリージャズとバラードの2本立てですし、フリージャズはききなれていはするのですが、それにしてもセシル テイラーは難解な現代音楽そのものです。しかし京都賞を受賞しています。それだけ信頼に足る音楽ということでしょうか。あまりおすすめしないのですが、追悼をかねて、いちど挑戦してみてはいかがでしょうか。
     ↓(つづく) 非表示です。

  • >>2067

     こんばんは~

    >Takehiro Honda -Everything Happens To Me

    とても素敵でした。アルバム(?)の写真や曲、すべてがアメリカって感じがしたんですが、日本人のピアニストの方だったのですね~。

    私はジャズとか全く知りませんで・・・

    ナベサダさんとかはいいなと・・・

    Sadao Watanabe " Sailing"

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=hCmKBdu0xgk

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2064

    こんばんは フローラさん 


    > こんにちは
    >
    > >George Shearing -The Shadow Of Your Smile
    >
    > どうもありがとうございます~。よかったです。
    >
    > これも彼なんですね~。
    >
    > George Shearing - Misty
    >
    > h ttps://www.youtube.com/watch?v=6sc7nlTucDA
    >
    > ところでリンクを張っても表示される人々と、レストさんや私のように表示されない人々がいますよね、
    > なぜなのでしょうね~?

     私もよくわかりません。なにかルールがあるとは思うのですがよくわかりません。たぶん著作権の関係で原則的に記載しない、という方針なのでしょうが、時々誤って記載するミスが生じているかもしれません。昔は非表示あつかいはされませんでしたけど。つい最近のことだと思います。
      Mistyはいい曲です。サラ ヴォーンもMistyをうたっていますが、若干騒々しいかもしれません。ジョージ シェアリングのMistyは静かでいいですね。
     日本人のJazz ピアニストで私の好きな 本田 竹広を紹介します。静かな曲です。
       ↓(つづく) 非表示です。Takehiro Honda -Everything Happens To Me

  • >>2063

    こんにちは

    >② 人の心を操ろうとするのはサイコパスの特徴であり、そのゲームに決して加わらないこと。

     ③ サイコパスから身を守ろうと考えるのであれば、一切の連絡手段を断つこと。

    まさにそうですね~。掲示板である方に、彼らと決して接触しないこと、
    相手からぶつかってきても相手にしないこと・・・とアドヴァイスをされました。

  • >>2062

    こんにちは

    >George Shearing -The Shadow Of Your Smile

    どうもありがとうございます~。よかったです。

    これも彼なんですね~。

    George Shearing - Misty

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=6sc7nlTucDA

    ところでリンクを張っても表示される人々と、レストさんや私のように表示されない人々がいますよね、
    なぜなのでしょうね~?

  • >>2059

    ある書籍によればサイコパスへの対処法として次の7つがあげられています。

     ① 世の中には良心をもたない者もいることを理解。

     ② 人の心を操ろうとするのはサイコパスの特徴であり、そのゲームに決して加わらないこと。

     ③ サイコパスから身を守ろうと考えるのであれば、一切の連絡手段を断つこと。

     ④ 治らないものを、治そうとしないこと。

     ⑤ サイコパスの素顔を隠す手伝いをしてはいけない。

     ⑥ 自分の心を守ること。

     ⑦ 幸せに生きること。(サイコパスに対してそれが一番の報復になる)

     サイコパスは反社会的な行動をするので危険性は高いが、殺人などの重犯罪を犯す人は、その中でもごく一部にかぎられます。100人に1人の割合だからけっこう多く身近にいるということです。注意しましょう。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • <<
  • 2083 2062
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託