ここから本文です
  • 人間には、本来的に、捨て切れない利己欲が備わっている。

    他人より豊かな生活がしたい。

    もっと美味い食事がしたい。

    大きな家に住みたい。

    金持ちになって、美人と結婚したい。

    子供には、苦労させたくない。

    共産主義は、人間が本来的に持つ、これらの基本的欲望を、捨て去るように要求する。 それが共産主義社会が成立する要件だからだ。

    しかし、そんなことは不可能なのである。

    *******************

    このように、人間の自然の姿 (=本来の人間性 )に、共産主義が合致しないから衰退したのである。( あるいは反しているからである )

    だから、[ 頭でっかち ] な人間が、いくらマルクスの共産主義思想に共鳴しても、人間社会全体の支配的思想になることが出来なかった。

  • <<
  • 29 10
  • >>
  • <<
  • 29 10
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順