ここから本文です
  • 1

    *****

    ツイッター形式でつぶやいてください。

    あと、応援メッセ、ノムさんみたいなボヤキ、論評とか・・
    べつに長くなってもいいんですけどw

  • <<
  • 4068 4046
  • >>
  • >>4067

    >【冴えわたった継投策】

    この頃継投が良くハマリますよね。
    5回裏、2アウト3塁のところで京田一人の為に中澤を投入し、
    三振に討ち取りました。8月末の阪神戦でも左が3人続く場面
    で三凡(2奪三振)に討ち取ったことがありましたが、昨日も
    あそこは一つの勝負どころで、すばらしい決断でした。
    今シーズン前半にはこういう左Pのワンポイントってほとんど
    見ませんでしたけどねー。
    7回裏、2アウト1・2塁、バッター平田のところで、一呼吸早く
    近藤をマウンドへ。ここも三振に討ち取った。
    近藤は回跨ぎで8回裏もマウンドへ。少しいやな感じがしましたが、
    スイスイ投げて三凡でミッション完了。

    ゲームを通じて左バッターに対するインコースの球がとても有効でした。
    キャッチャーの松井には3安打されましたが、松井にだけはどういう
    わけか三打席とも全部アウトコースに行って打たれてました。(笑)

    さぁ、今日石川の変化球がストライクゾーン低めぎりぎりにストン
    ストン落ちてくれるか。
    打撃陣、ミニマム5点はノルマね。

  • 【冴えわたった継投策】

    体調不良の小川に代わって、急きょ中4日で先発登板の大下はよく投げてくれた。
    4 2/3イニング 失点1はわたしの期待を大きく上回った。
    実質的には勝利投手に値すると評価する。

    中澤、梅野、ハフ、近藤、石山のリリーフ陣も無失点の完璧リレー、期待に応えた選手達は勿論だが5人もの投手の
    能力をきっちりと引き出し勝利に結びつけたベンチワークも素晴らしかった。

    【やっと火が付いたクリーンナップ】

    バレの先制2ランHR、山田の追加鯛鰤2塁打、雄平の止めの2点鯛鰤で合計5打点と久しぶりに働いてくれた。
    これまでチームに貢献できなかった分を残りの試合で挽回してほしい。

    【石川】

    本日先発登板予定の石川については厳しい意見が多い。
    だが、スワの苦しい投手事情のなかでこれまで派手さこそないがチームを支えてきたのは事実だ。
    今日は石川のありがたさをファンに再び認めさせる活躍をひそかに期待してる。

  • 【勝因はベンチの決断】

    明らかに不調に見えたとはいえ今やチームのエース格の原樹理、それをさして信頼のないハフにスパッと6回から切り替えたのは見事だった。
    なかなかできない決断だったと思う。

    【珍しく初球で決めた山田】

    これを待っていたのだ。
    主力打者は打ってナンボ、甘い球は積極的に打っていってほしい。
    上田や比屋根とは期待されてるものが違う。

    【小川】

    3位巨人とは4.5ゲーム差があり、余裕があるので緊急事態発生というほどではない。
    抹消するほどの重症でもないのが救いか。
    最悪でもCSファーストステージでの完全回復を見据え、今週は休養、10月初週に復帰出来れば上等だと願う。

  • >>4064

    >【死に体阪神に醜態ブキャナン】
    > 全く何やってるのだろう。
    > 戦意喪失の阪神に4回4失点で降板させられ、みすみす10勝目を手放>す。
    > 馬鹿馬鹿しくてこれ以上は論評しない。

    おっしゃる通りです。コイツは来年はいないでしょう。
    昨日は中継ぎが阪神の貧打打線ということもあり、一本もヒット打たれずに押さえ込みましたから、うまくいきましたね。
    ただ、私は基本的にはCS反対論者なのですが、スワローズがCSに2位
    で進出し、ファイナルステージまで行くとすると先発はブキャも入れないと足らないかも。

    雄平の悪球打ちは一生直りませんね。
    バットに当たることを祈るのみです。(笑)
    当たると打球の速度は凄いですけど。

  • 【死に体阪神に醜態ブキャナン】

    全く何やってるのだろう。
    戦意喪失の阪神に4回4失点で降板させられ、みすみす10勝目を手放す。
    馬鹿馬鹿しくてこれ以上は論評しない。

    ベンチの英断
    二日間の休養があって救援陣に余裕はあったろうが、珍しく早々に先発ブキャナンを諦めピンチを未然に防いだ継投策は評価する。

    【バレ以外はよくやった打線】

    先取点こそ奪われたが、初回に青木の同点打、山田の勝ち越し2ランHR、西浦の3ランHRで大量6点を奪い勝負を決定づけた攻撃は見事だった。
    以後はのんびり観戦ができた。

    それにしても雄平の悪球打ちはどう評価したらいいものか。
    あんなことがこれからも可能なのだろうか。

  • 【勝たせてもらった】

    山中の粘投は大きく評価する。
    だが、阪神も工夫がなさすぎる。
    こちらから見ても不可思議な選手起用。
    3回の山田の鯛鰤2塁打も7回のバレのと西浦の鯛鰤も、阪神にプロレベルの守備力があれば得点にはならなかった。

    うちも山田の情けないエラーから2失点、8回には1死満塁の大ピンチを招くなどスキだらけなのに逆転できない。
    勝たせてもらって文句を言うのは不遜かと反省する。

    いまや阪神は戦う集団には見えない、最下位転落もむべなるか、ただ終戦を待つのみのようだ。

    【ついに村上昇格】

    いよいよ多くのファンが待ち望んでた村上が今日1軍デビューする。
    守備がまだまだなのでスタメンはないだろうが、どこかで代打登場の場面があるのか、楽しみだ。

  • 【完勝】

    原樹理が2塁も踏ませぬ好投でピンチなし。
    中継ぎも休ませられて、こんなにのんびり安心して観戦したのはいつ以来だろう。
    覚えていない。

    5回にナバーロに初ヒットを打たれ完全試合がなくなってからは、はらはらする場面もなくなった。
    6回に3点の追加点を取ってからは雨は降るしもう止めないかとばかり思ってた。

    楽勝ってなんか物足りない不謹慎な感想でした。

  • >>4060

    昨日も試合を決めるダメ押しは結局青木。
    勿論、原樹のピッチングには恐れいった。
    山田と青木の打順を入れ替えるともっとチームの
    得点力上がるかな~?
    山田はいざという時にダメという印象が強い。
    まー、うまく行っている時は余計なことはしない方が
    いいに決まっているけど。

  • 【またもや青木】

    何と頼りになる男だろう。
    巨人先発の田口に対し、何度もチャンスは作るものの得点できず終盤7回に突入。
    好投の先発星を降板させて作った1死1・3塁のチャンスにきっちりと同点鯛鰤。
    これでここまで好投の田口を降板させた。
    そして9回には勝負を決定づける2ランHR。
    まさに獅子奮迅の活躍でチームを勝利に導いた。

    【文句なしの投手陣】

    星は期待以上の好投で貢献度大。
    石山が使えない状況で、梅野と近藤は実力どおりに結果をだした。

    問題はわずか1点リードで8回を誰に投げさせるかだった。
    前日の内容から、危険だが中尾か大下しかいないか、と思ってたらなんとハフの登場だ。

    ハフは前日8回に大ピンチを作って梅野に助けてもらったばかりだ。
    目をつぶって観戦してたらあっさり三凡に仕留めた。
    ハフもだが、ハフを指名したベンチの勇気と英断を称賛する。

    【信頼できる中継ぎ不在の巨人】

    田口が降板して8回1死1・2塁、1:1の同点でうちのクリーンアップを迎えるという緊迫した場面となる。
    ここで巨人は昨日の今季初登板に続いてこの日も畠を当ててきた。
    いくらなんでもそれは無茶だろう。
    案の定、畠はバレに勝ち越し鯛鰤を打たれる。

    でも、マシソンもカミネロも沢村もいなければやむを得ない選択か。
    この時期になればどこのチームも投手陣は枯渇してる。
    梅野や中尾の台頭のあったうちはまだましなほうかもしれない。

  • 【延長12回わずか3安打 価値あるドロー】

    両軍、全戦力を使い果たし残存戦力なし。
    石山には2イニングを投げさせるという大きい犠牲も強いられたが、その代償はあった。

    よく投げた投手陣
    ブキャナン、梅野、近藤、中尾、石山は称賛に値する。
    反面、ハフ、中澤、秋吉は捨てゲーム要員にするしかない。

    宮本
    持ち味の選球眼と積極性が同点犠飛に繋がった。
    良く打ってくれた。
    感謝する。
    廣岡に代えて指名したベンチも素晴らしい采配だった。

    西浦 川端
    それでもプロか。
    バントくらい決めろ。
    川端も最低でもバットには当ててくれ。
    三振ならわたしでもできる。

    【巨人の拙攻と山口に助けられた】

    他人事ながら巨人ファンが気の毒になるほどだった。
    二度のバント失敗。
    ノーヒットで同点にされ、先発吉川の奮闘を無にする守護神。
    10回、12回、絶好のサヨナラのチャンスで決められない打撃陣。

    シーズンも残りわずかになり、今さら山口の役割分担変更はできないだろう。
    目下のライバルの思いがけない迷走、混迷はありがたかった。

  • 【今やスワは青木のチーム】

    やはり青木がいると全く別のチームになる。
    二日間の欠場が仮病ではないかと思いたくなるような活躍だ。
    再入団時、3年10億は高いと思ったが今は相応だと思う。

    8回のバントトライはベンチの指示だったらしい。
    終盤、1点勝負になり確実に走者を進めたい気持ちは分かるが状況を見て欲しいものだ。
    上田ならまだしも、チーム首位打者にバントさせるか。
    いつか坂口にバントさせ、山崎に打たせて失敗したことを覚えてない。
    ヒッティングに切り替えさせられてよかった。

    【予期せぬ幸運、メルセデス降板】
    7回まで5安打1点に抑えられ、8回に2本のヒットで無死1・2塁になりこの日まで不調の山田、バレに回った。
    打ちあぐんでてたメルセデスをまさかここで代えてくれるとは思わなかった。
    パスボールで勝ち越し点をもらい、あとはもう勢いで追加点を加えた。
    メルセデス続投ならどうなってたのだろう。

    【よく投げた小川】
    序盤で大量失点した前回とは違い、勝負どころでよく踏んばった。
    8回2死1・2塁で代打阿部を空振り三振に取ったのはしびれた。
    ただ、今の阿部よりは亀井のほうが怖かった。

  • 【青木 2番を打つ4番打者】

    それにしてもたいした男だ。
    初回のピッチャーライナー、3回の併殺打と中日先発小熊に二度まで仕留められ、期するものがあったのか。
    チームは2回の雄平の先制打で1点は先制したものの、以降は5回まで毎回小熊に3人に抑えられ、追加点どころかチャンスメイクさえできない。
    その間、うちの初登板初先発の高橋は4回に5失点して逆転され降板、4点差を追いかける苦しい展開だった。

    代打武内のラッキーな内野安打からやっとつかんだ6回無死1・2塁のチャンスで青木は初球から果敢に打って出た。
    この積極さが奏功、1点差に迫る3ランHRとなり、最終的には雄平の逆転2ランHRに繋がり苦しまされた小熊をやっとK0できた。
    殊勲の逆転2ランHRを打った雄平がヒロインで「青木のこのHRでチームの雰囲気が一気に変わり、その流れに乗って打たせてもらった。」と語ったのは青木を立てただけではないだろう。

    青木は2番ながらチームを引っ張り、活路を開き、チームを奮い立たせるまさに4番打者の活躍だった。

    雄平
    先制鯛鰤に逆転2ランHRで打点3、好守備もあり、文句なしに青木に並ぶヒーローだ。

    山田
    強打者だからこそスランプがある。
    甘いファーストストライクを漫然と見逃し、ボールを打って凡退を繰り返してる。
    甘い球は初球から打ってゆく積極性を見せて欲しい。

    宮本
    右投手の先発なので大引に代わってのスタメンなのだろうが、攻守にわたって精彩がなかった。
    守備はもともと悪いのだからそろそろ結果を出さないと降格されそうだ。

    高橋奎二
    初登板は5回5失点だったが、パスボールや不運なヒットもあり実質は3失点といったところか。
    勝利投手にはなれなかったが1軍で十分通用するように感じた。
    スタミナがないという下馬評だが、また見たいと希望を持たせてくれた。

  • 【上田 人生初のサヨナラ弾】

    劇的な最期だった。
    中日は前進守備、センター方向へ強風が吹いてたので非力な上田でも普段はフェンス際のフライでも、外野手の頭上を越す可能性は大いにあると期待して見ていた。
    2-0になって四球も意識したくなる場面で、ためらわず強く打って出た上田の勇気と成果を称賛する。

    もう君を知人男性とからかいはしない。
    ヤクルトスワローズの上田剛史だ。
    山田と仲がいいのだからいい意味でのその強気、厚かましさを教えてやって欲しい。

    【劇的大逆転につなげたそのほかの選手】

    青木
    苦境にあってもいつもチームを鼓舞し、身をもってナインを引っ張ってゆく姿勢と活躍には敬服する。
    この選手がいなかったら、とてもいまの位置にはいなかっただろう。
    メジャーに行く前はこんな感じではなかった。
    人間的にもよくここまで変ったっものだ。
    将来、指導者としての才能を感じる。

    大引
    追撃のHRと同点鯛鰤2塁打は素晴らしかった。
    この人が6番に座ると7番の西浦は重圧が和らげられるのか、2安打3四球、 その3四球はすべて得点に繋がるという活躍で勝利に貢献した。

    武内
    追撃の2ランHRはチームを勢いづけた。
    広島戦での汚名を結果で晴らしたのは立派だ。

    【ベンチの作戦】
    中日の救援陣の不安定さをどこまで見据えていたかは分からないが、終盤に大攻勢をかけ、勝利したのは評価する。
    先発小川の乱調、大量失点をベンチワークで補って勝つという、年間でも何試合もない監督采配による勝利でもあった。

    【中日救援陣】
    いくらなんでもおそまつとしか言いようない。
    対巨人戦なんかを見てても、折角のリードを終盤でひっくり返されるのが多すぎる。
    選手の不調はあるにしてもこれだけ終盤に逆転されて負けていては、監督の責任論が起きるのはやむを得ない。
    勝利した側が言うことではないが、これではファンが可哀そうだ。

    【山田とバレ】
    我慢の限界はとっくに過ぎた。
    いい加減で目を覚ませ。

  • 【広島強し】

    確かにカラシティーの投球時かぎってに強い雨が降るという不運はあった。
    だが一夜明けて振り返ってみて、昨日の大瀬良の安定した投球内容では降雨に拘らず勝ち目はなかっただろう。
    一昨日の敗戦とは中身が違う。
    残念がるほどのことではない。

    リーグ優勝確実の広島だが今日はローテの谷間。
    何としてもものにして貯金生活に復帰したい。

  • 【クリーンアップ、いい加減にしろ】

    塁上の走者を一掃するからクリーンアップというのだ。
    すこしは仕事しろ。
    阪神3連戦で打点は山田の1打点だけ。
    昨日だって打点をあげたのは坂口と青木だけではないか。

    特にバレ、初回1死1・2塁で3-2からボールを振って最悪のゲッツー。
    その後の打席においても無気力さが目立った。

    こんなことを繰り返してるから2冠の活躍をしてもいまひとつ信頼されないのだ。
    打てなくても一昨日の伊藤隼太のファールフライをキャッチしたようなひたむきさをみせてくれれば、ファンは納得して応援する。

    【いよいよ原、高橋奎二、大引、武内が帰って来るか】

    未確認だがこの4人が帰ってくるらしい。
    高橋がどんなピッチングを見せてくれるか楽しみだ。
    原については怪我さえ治ってれば心配はない。
    大引はファームで元気らしい。
    廣岡、宮本の守備力では心もとないし、これでサードは安心だ。
    武内も打力は期待薄にしても畠山が代打専門になって終盤のファースト守備に不安があったので、十分戦力になると前向きにとらえたい。

  • 【勝利貢献度第一位は文句なく山中、続くは二人の梅野】

    山中
    7回終了時、投球数107 失点0
    ここまでできすぎで、いくら何でも交代だろうと思ったが、ベンチは連投で疲労混倍の近藤や梅野をよほど使いたくなかったのだろう。
    107球投げた後でも、風張や秋吉、大下よりは信頼できると考えたのか、8回も登板、1失点し、1死1・3塁のピンチを残して降板した。
    それにしてもよく投げた。
    8回の失点も廣岡の拙い守備と雄平のエラーもあってのことで自責点は0だ。
    勝利への貢献の第一人者だろう。

    梅野雄吾
    こんなことになるのなら8回の頭から梅野を出しておけよと言いたくなるが、それは結果論、ベンチはベンチなりに考えての結果だろうから責めない。
    山中の残した大ピンチを1四球は出したものの後続を見事に断ち切って得点を許さなかったのは大きく評価できる。
    ついこの間まで自信のないルーキーのようだったのが、短期間でこれほどまでたくましくなるとは、全く予想できなかった。
    自分の見る目の無さを痛感するとともに若い力の台頭が嬉しい。

    阪神の梅野捕手
    まずは2回裏2死1・2塁のわが軍のピンチ
    初球のストライクを見逃し、空振りの後、とんでもない外角スライダーを空振って三球三振。

    次は5回表1死1塁
    山中の拙いバント、ゲッツーかと思いきや2塁へ悪送球1死1・3塁となり坂口の犠飛でノーヒットで先取点を献上してくれた。

    極め付きは5回裏1死満塁のわが軍の大ピンチ
    糸原の飛球は犠飛には十分と思われ同点を覚悟したが、2塁走者の梅野は3塁へ暴走憤死、3塁走者の鳥谷の怠慢走塁もあってホームベース到達前にアウトになり変則ダブルプレーが完成、この回無失点で終了。

    坂口
    2安打 2四球 1犠飛 2打点
    先取点と追加点
    よくやってくれます。

    青木
    坂口敬遠に燃えたか、貴重な3点目をたたき出す。
    いつもなにかはしてくれます。

    廣岡
    主力が打てないなか、9回代打でヒット、坂口の鯛鰤2塁打で生還と活躍した。

    上田
    9回、原口の大飛球をフェンス際で最大ジャンプして好捕。
    プレイオブザデイに選ばれてもいいようなファインプレーだった。

  • >>4046

    meeting246.comさん こんにちわ

    #4046の投稿を読まずに#4047を投稿し、改めて拝読しました。
    わたしと全く同じ感じ方をする人がいて驚きました。
    青木の活躍に対する評価や坂口の守備位置変更の考察についても、度々頷くともに目も開かせられることも多かったです。
    これからも独創、卓見な投稿を期待してます。

  • 【まさに不思議な勝ち】

    戦前、古野対メッセで勝てると思った人は少なかっただろう。
    メッセの不調と阪神のショボい攻めに助けられた。
    7回以降、チャンスは作るが追加点が奪えず、守備時は毎回ピンチを迎え、観戦してて疲れが溜まった。

    古野
    5回 失点2 自責点1は期待以上の結果だった。
    5回終了時、投球数84、後を託すリリーフの不安定さと疲労を考えるともう1イニングの続投もあった。
    たまたま6回表にチャンスで打順が回り、すんなり代打をたてられたのも幸運だった。
    今後のベンチの判断は残すか、抹消するか、結果が興味深い。

    中澤
    ハフに代わって上がってきたばかりで、6回、2点リードの大事な場面を任された。
    不安いっぱいで見ていたが、左打者3人を危なげなく仕留めた。
    これは大きかったと思う。
    左打者に対しては通用しそうで、そうなれば今後も期待できる。

    宮本
    大量得点に繋がる四球を選び、バントも決めたのもよかった。
    守備に置いてファインプレーでピンチも切りぬけたのも評価する。
    ただ送球エラーでピンチも作った。
    9回にはたいして守備のよくない廣岡に守備固めで交代させられるのは恥だと思え。
    守備力を向上させないといつまでもレギュラーにはなれないぞ。

    【二度、無死2塁出塁の青木を返せないクリーンアップ】
    高年俸に似合う結果を出せと言いたい。

  • 昨日の古野、5回2失点は相手が打てない阪神打線
    ということもあるけど、上出来でした。
    その後左が3人続くところで引き継いだ中澤が3人を
    ピシャリと討ち取ったのが見事でした。
    左が多い阪神なので今日も中澤にはどこかの回で登場
    してもらうことになるだろうな~。
    左Pがもう一人必要だ。中尾がいつ登録になるのか。

    青木は相変わらず素晴らしい。
    その後の山田・バレンティン・雄平が情けなかった。
    青木が0アウトで2塁打というチャンスが2回あった
    のに、2回とも得点できず。どちらか一方で1点でも
    取っておけば、最終盤で投手含め大分落ち着いて守備に
    つけたと思う。
    今日はこの3人男がチャンスで大きいのを咬ませてもらい
    たい。
    特に雄平は左Pとの対戦の時はほとんど期待しておらず、
    体調がパンとしていれば畠山と交代させたいくらい。
    今日は向こうが右P先発なのでバレンティンとの勝負を
    避けられたりした場合はガツーーンと喰らわせてやって
    ほしい。

    先発の山中はストライクが低めに集まれば、6回2失点
    くらいでいける可能性もあると思うが、高めに浮くと4回
    6失点で降板もあり得るな。そうなったら悪いけど秋吉と
    風張に2回ずつ投げてもらって終わらせましょう。

    山中が踏ん張って今日も近藤・石山を登板させる展開になった
    場合だけど、最近の石山はストレートが真ん中高めにいくので
    非常に怖い。
    今日出ていったら広島戦の時のようにやられそうな気がする。
    と言って代替案がある訳でもなし。
    それと8回・9回のファーストとレフトの守備。
    坂口・バレの守備をどのタイミングで変更させるか。
    スコアー(リード・ビハインド・タイ)・点差・打順等の
    条件により対応が難しいが、この頃の坂口の守備を見るに、
    ファーストは8回の守りでは内野の専門家に交代させたほうが良いと
    思う。

  • <<
  • 4068 4046
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!