ここから本文です
  • 1

    *****

    今日の試合はどこがポイントか。
    みなさんなりに探りだして語りましょう。

  • <<
  • 45201 45181
  • >>
  • 45201(最新)

    hac***** 2016年4月26日 22:56

    なんといっても3本のホームラン。とくに杉山1号大島1号の連続ホームランによる同点で流れを変えた。ビシエドのライト上段へのホームランは特大で勝利を決定的にした。

  • ハマスタで3タテを喫して以降、今年の横浜と中日の地力の差を感じていました、昨日の逆転負けを見て改めてこのことを感じさせられました。

    3タテ返しと挑んだナゴヤドームでの3連戦も福谷が滅多打ちされて、逆転負けしてからは、更に横浜を勢いをもたらし手がつけられない状況となってしまっていますね。

    対横浜に関しては、石川、梶谷、筒香といった左の好打者に対して、左の中継ぎをまったく起用しないのはどういうことなんでしょうかね。毎試合毎試合、終盤で接戦を迎え、この状況で田島、又吉では彼らには酷です。

    昨日の試合も同点で迎えた7回裏、田島がマウンドの上がって矢先に、捕手に代打で荒波の場面、代わった直後の投手にプレッシャーをかけてくる辺り、首位の立つべきチームの采配に見えました。

    荒波を出して(実際は高城、死球後)、石川に回ってくると嫌だなと思っていましたが、まさに嫌な予感が的中してしまいました。

    今季の不安定な中継ぎ陣において、田島と又吉は信頼できる投手なのかもしれませんが、首脳陣が悪い結果を招くことに対してビビリすぎです。投げてみなければわからない怖さはあるにしても横浜上位打線には聡文と岡田をもっと起用してもらいたい。横浜の左打者が左投手を苦にしてないデータでもあるのであれば、別ですが・・・。

    聡文と岡田への首脳陣の評価がこの程度のものであれば、今からでも外国人獲得やトレードで左腕中継ぎの獲得を目指して欲しいですね。左腕中継ぎが一枚、二枚加われば、様々な試合展開での継投も可能になりますし、毎度毎度の終盤の逆転負けも減らせると思います。このままでは田島、又吉も潰れてしまいそうで怖いです。

    あとは攻撃陣ですね、リードすると途端に中押し、ダメ押しができない、攻撃が雑になる、昨日の試合も無死三塁での無得点から試合展開が変な方向に向かいだした気がします。打てない下位打線ならリードしててもスクイズでも構いせん。もっと一点でもがむしゃらに取りに行って、投手陣を楽にさせて上げて欲しいところです。

    山井に関しては、4月16日のナゴヤドームでの阪神戦、得意のホームゲームを3タテ狙いで中5日で起用、その博打に破れ、滅多打ちを食らってからはどこか安定感がないですね。

    今後、バルデスに勝ちがついて、山井が安定しないことには上位進出は考えられないと思います。

  • 開幕戦、8回表までは完全に勝ちパターンでしたが、勝負事はわからないもんですね。

    負けはしましたが、次の点に関しては評価できたと思います。
    ・8回表の攻撃、無死一塁で森野に送りバントをさせてまで、もう一点を取りに行った采配。
    ・山井が予想外に素晴らしい投球をしてくれたこと。
    ・ルナが二打点と四番の仕事をしてくれたこと。
    ・昨年、得点圏でやたら弱かった大島がタイムリーを打ったこと。

    今日の敗因は同点に追いつかれた場面だと思いますが、上本を見下して繋がれたことと、ゴメスの打席での外し球の捕手の要求ですね。
    特にゴメスの場面、一球目の時点で高さもコースもやけに中途半端だなと思いましたが、それを二球続けましたからね、その意図が今ひとつわかりません。もっと内角を攻めるべきと思いました。

    今日の松井雅のリード、打撃いずれもダメダメな感じがして、谷繁の力がまだまだ必要だなと感じさせられました。
    試合の終盤は捕手交代の起用が今季は必要だと思います。

    今季、勝ちゲームをしっかり勝ち切るためには、捕手の入れ替えと左の中継ぎ投手が不可欠ですね。今日の試合であれば鳥谷のところでワンポイントでいいから計算できる投手を起用できること。こういう投手がいないと先々きついですね。

    あと、5番平田・6番藤井・7番エルナンデスの並びは何か物足りないですね。現状では和田の復帰が待たれます。

  • キャッチャー松井が馬鹿すぎる。打てない。その事に責任も感じてる様子もない。バッターボックスで空振りをした後、自分への良い訳をつぶやいて、恰好ばかりつけようとする。挙句に阪神ゴメスに対して高めの球を要求。あほか。ヒット打たれたら確実に点をとられる場面で、力で外野前に持って行かれる可能性が高いのに変化球主体のピッチャーの球で高めを要求。あり得へんやろ。馬鹿過ぎる。結果、同店打を打たれて、きっと松井は自分のせいやないと思うんだろう。もう、出てくるな。トレードでどこか他球団にいってくれ。

  • 2015年シーズンが開幕しました。
    わがドラゴンズは戦前の予想はよくて3位争い、Bクラス予想は当たり前どころか、最下位予想も多いようです。

    実際そんなに戦力が整っていないのかな、って感じですが・・・。

    投手陣の弱体化が囁かれていますが、山井と大野は普通にやってくれれば一年間ローテを守ってくれるでしょう。バルデスが予想外に良く、これもローテの一角として計算できそうです。

    そして何より吉見です。ケガからの完治復活とはならず、ローテの一角とまでは言えないようですが、どんな形であれ、一年間投げてくれれば、それなりの結果が期待できます。

    この4投手で貯金をいくつ作れるかがシーズン順位が変わってくると思います。

    幸い、他のセ・リーグの各球団も抜け出ているようなチームはないだけに、ドラゴンズにもチャンスは十分あると思います。

    あと上位進出に欠かせない投手は中継ぎ投手、浅尾と高橋聡の頑張り次第ですかね。彼らが一年間戦力として計算できれば優勝争いも可能と思っています。

  • 選手、首脳陣も歯がゆい試合が続いていますが、ファンにとってもストレスの溜まる試合が続きますね!

    勝負の8月に向けて、5割り近辺をうろうろ、CSはもちろん、あわよくば優勝も視野に入っていた矢先にまさかの失速。

    細かいことを言い出したら切りかないのですが、投打にわたり選手層が薄かったということですかね…。

    明らかに調子を落としている選手を起用せざる得なかった、二軍から上がってくる選手に救世主がいなかった、それに尽きます。

    来季に向けて、即戦力の先発と中継ぎ左腕は補強ポイントになると思いますが、野手、特に内野手も補強ポイントですし、問題は多いですね。

    個人的には、野手陣はがむしゃらに取り組む必要はないから、もう少し凡打の精度をあげてもらいたい。

    無死一塁がフライアウト二つで、二死一塁とか論外です。

    3割打てば合格の世界なのですから、7割の凡打の中に選手のクレバーさ、チームの戦術や意図を感じるチームを作ってもらいたいです。

    がむしゃらに振り込む前に頭を使って欲しい、特に平田、藤井は…。

  • http://www.sanspo.com/baseball/news/20140712/dra14071220480004-n1.html
    (中日1-3広島、10回戦、広島7勝3敗、12日、ナゴヤドーム)
    中日は3点を追う八回に手痛い走塁ミスが出た。中田、小笠原の連続代打で無死一、二塁の好機を演出。続く大島が適時打を放ち1点を返したが、ここで代走の一塁走者・武山が二塁をオーバーランしタッチアウト。反撃ムードに完全に水を差し「完璧に自分のミス」とうなだれた。谷繁監督は「ちょっと『んっ?』という感じになった。表の2点も重かった」と険しい表情でこぼした

  • 5割復帰まで、あと一つ…。

    今日の試合は広島のエースのマエケンが先発、春先のマエケンなら諦めムードもありますが、打線も最近はそこそこ打てるようになってきてますし、マエケン自体の調子もそれほど良い印象もないだけに、チャンスはあると思います。

    例え、追い込まれていても何とか対応できるという強い自信を持って打席に立ってもらいたい!

  • >>45188

    堂上直倫は一軍に必要ですかね、あんな打撃センスを感じない選手をスタメンで使わないで欲しい。



    指名したこと自体あほ

  • http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140711-1332867.html
    <中日8-2広島>◇11日◇ナゴヤドーム
     中日谷繁元信兼任監督(43)も3連勝に笑顔だ。「先制点を取ったけど、2アウトからのホームラン2本で追いつかれ、流れが行きそうなところで6回に藤井がしぶとくタイムリーを打って1点を勝ち越し、うちに流れが来た。いい攻撃でした」。さらに一挙5点を奪って突き放した8回について「(小笠原も)今月になって集中力が増してきた感じだし、期待に応えてくれている。和田も(3ランで)決めてくれて理想的な攻撃でした」とたたえた。

     ただし7回2失点で5勝目の大野については「2アウトから、1番避けなきゃいけないホームランが2本。課題は多いと思います」と手放しではホメなかった。3連勝で5割復帰にも王手をかけたが「いつもと同じように全員で必死に頑張ります」と締めくくった。

  • 昨日のヤクルト戦、スコアだけを見れば快勝ですが、不満が多い試合ですね。

    ポイントと言えば、ヤクルトの二塁手山田の守備にあったと思います。

    一旦勝ち越しした大島のタイムリーと終盤の逆転の流れを作っエルナンデスのヒット、守備のいい二塁手なら大島の当たりはタイムリーにはならなかったし、エルナンデスの当たりは併殺打になったと思います。

    そうなれば、試合展開もわからなかったと思います。

    巨人戦からの連敗で特に気になるのが、序盤の得点機を逃して、終盤に接戦となり中継ぎが打たれるパターンです。

    当然、持ちこたえられない中継ぎにも問題があるのですが、打線も取れるところではしっかり得点を挙げて、投手陣の負担を軽くしてもらいたい。

    昨日の試合では得点機で和田が二回キャッチャープライ、堂上直倫がどん詰まりのセカンドゴロで流れを立ちきってしまった。

    上位チーム相手にさすがにこういう戦いでは勝ち抜けないと思います。

    ところで、堂上直倫は一軍に必要ですかね、あんな打撃センスを感じない選手をスタメンで使わないで欲しい。

    スタメンは谷でお願いしたい。荒木と交代で二軍行きでいいと思います。

    本当、これだけ進歩が感じられず、練習時に何を考えて取り組んでいるのか聞いてみたいぐらいです。

    一応三球団競合のドラフト一位ですから、個人的にはトレードができ、かつ投手とのトレードも可能であれば、中継ぎ投手を獲得して欲しい。

    堂上直倫クラスの選手で、どのレベルの中継ぎ投手が獲得できるかは微妙ですが…。

    多分、いまの中日では化けないと思います。

    チームに残るとしても背番号1は剥奪して、70番を与えて欲しい。

    今日からの広島三連戦、前回の巨人戦で悔しい想いをした先発投手が前回よりも一イニングずつ頑張ってくれれば、それなりに戦えるのではないかと期待しています。

  • http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140710-1332271.html
    <ヤクルト4-7中日>◇10日◇神宮
     中日谷繁元信兼任監督も采配ズバリの逆転勝ちににんまりだ。1点を追う7回1死満塁で投入した代打小笠原が的中の2点タイムリー。「そういうところ、決めるところの代打でしっかり応えてくれた」とうなずいた。今季初先発を託した岩田も6回3失点と奮闘。「ホームランはあったけど岩田らしく投げてゲームをつくってくれた。持ち味を出してくれたんじゃないかな」とたたえた。

  • ヤクルトとの初戦に敗れて四連敗。

    すべて接戦だっただけに四連勝していてもおかしくない内容だけに歯がゆいところですね。

    接戦を取りこぼさずに優勝争いをしていたチームが接戦をことごとく落としてBクラスに甘んじるへたれのチームになってしまいました!

    いまは相対的に投打が噛み合ってないですね。

    打線は一見打っているようには見えるけど、序盤で一本欲しいなという場面で点が取れない。昨日の試合は初回から残塁の山で石川相手に四点しか取れないのが不思議なぐらいです。

    また、リードしてから、ここで点が取れれば中継ぎの負担が減るのに、と思う場面で点が取れない試合が多いですね。

    投手陣に関しては、先発が最低でも7回は投げないと勝つことは難しそうです。

    なんせ信頼できる中継ぎが一人もいない。

    浅尾、福谷、田島あたりは球速表示こそ出ていますが、打たれたくない心理が強すぎて、打者と勝負できていない。ランナーを背負ってからは更にその心理が強くなって、さらにコントロールを乱す情けない投手に成り下がってしまっている。

    三人とも必要な戦力だけにいま彼らに求められているのは力でねじぶ伏せる投球ではなく、きっちりでコースに投げきれる制球と、相手と冷静に勝負する頭でしょう。

    右の中継ぎがこんな状態なら左の中継ぎに至っては岩瀬以外は誰がベンチ入りしているの状態。昨日は岡田が投げましたがそんな状態ですね。

    小林正人と三瀬はどうしちゃったんですかね…。

    浅尾と高橋聡文がケガをしてベストな投球ができないだけに中継ぎの補強はしっかりすべきだった。

    今季に関しては左のパヤノが全くの計算外、復調を期待していた田島がいまだ復調せずで厳しいところですね。

    そうは言っても昨日はエルナンデスの緩慢なプレーがポイントとなりますが…。

  • 昨日は先発の雄太が序盤から打ち込まれ流れを悪くし、打線はここでもう一点欲しいという場面でことごとく凡打と非常に歯がゆい試合でした。

    今日は交流戦最終戦。なんとか勝って終わってもらいたいところですが、今日も山井の不安定な立ち上がりで流れを悪くするんですかね…。

    今季、まだ負けてませんが、実質勝ち星と同じぐらいの負けがあるような投球内容ではあります。

    ある程度の点が入らないと勝てそうにないような雰囲気もありますが、ロッテの石川を打てるかどうか、初物には滅法弱い打線にあって、頼みのルナと森野はいまひとつ、和田と藤井が当たっているものの、平田、捕手と直倫の打撃が糞では得点も期待できそうにありませんね。

    平田とか直倫とか、まともな打撃もできない癖にレギュラー気取りの勘違い野郎はベンチスタートで良い。

    あと武山も起用しなくてで欲しいですね。打撃の期待できない捕手が多い中、救世主的な扱いをされていますが、武山がマスクを被ると途端に大量失点するイメージがあります。

    誰を起用しても目くそ鼻くそレベルの打撃なのであれば、リードのうまい捕手でいいと思います。

    せっかくの日曜日に球場まで足を運んでくれる熱心なファンのためにもいい試合をしてもらいたいですね!

  • 昨日は先発の雄太が楽天との相性どおり、中盤までいいリズムをチームにもたらしてくれました。

    寡黙で地味な投手ですが、確実にゲームを作ってくれますし、チームには欠かせない投手ですね。安定感ではチーム一の先発投手です!

    打線も辛島の一人相撲もありましたが、少ないチャンスをものにできました。

    エルナンデスはヒット数こそ少ないがヒットの弾道が綺麗ですね…なんとなくセサルを彷彿させる選手です。

    高めが得意の選手のようですので、低めのボール、特にボールになる変化球の見極めが課題となりそうです。

    打線はルナが心配ですね。

    浅尾は一イニング投げましたが、ストレートは引っ掛かっていたし、コントロールも悪かった。全盛期の7割ぐらいの出来ですかね…。

    まだ、多くを期待するのは厳しいと思います。

    さて、今日の先発は山井。前回は今季のエースらしい投球を、と期待したが見事に裏切られてしまったので、リベンジしてもらいたい。

    今日は楽天、美馬との我慢ぐらべになると思いますが、辛抱強く投げてもらいたい。

    立ち上がりからの失点でチームに悪い流れをもたらすのは勘弁してもらいたい。

    楽天との相性は今季抜群ですので、4連勝できっちり終えてもらいたい。

    相性の良いチームをきっちり叩けないと上位には行けないですからね。

  • 昨日はエラー、拙攻あり、ビジター球場でこれだけミスのオンパレードですから普通なら負ける試合内容ですが、よく勝てましたね!

    もっともロッテも拙攻のオンパレードでしたけどね…。

    攻撃は相変わらずルナと森野頼り、昨日は和田が一仕事してくれましたが、平田はチャンスをことごとく潰すし、いまいちな打線であることに変わりはありませんね。

    今日もルナと森野で点が取れるか取れないかの勝負になりそうですね。

    今日の先発は大野、不器用な投手だけに幕張の強風にフィットできるかが気になります。

    ロッテも打線も投手陣もいまひとつの印象があるので、大野が勝手に自滅せず、粘れるかがポイントになりそうですね。

  • <<
  • 45201 45181
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託