ここから本文です

原発を廃止しろ

  • 42
  • 0
  • 2014/06/14 09:08
  • rss
  • <<
  • 42 21
  • >>
  • 違法ではないが好ましくない





          恣意的な運用がなされる恐れがある





             組織的犯罪対策立法に反対





    社民党の福島さんは、政治家であるとともに弁護士でもあります。しかし、私は、この人の人間性に非常な疑問を持っています。それはなぜかというと、いうこととやることがあまりにも違いすぎる、それでいて、平然として微塵も反省して恥じ入ることをしない。


    同様に、いうことも極めて支離滅裂・論理性を恐ろしく欠く、等の兆候が随所で見られます。例を挙げればきりがありませんので、ここでは代表的・典型的事例を3つほどあげさせていただきます。


    1)2012年11月2日参議院緊急質問において「復興予算が被災地以外で使われていることに、被災者が激怒しています。当然です。」と発言。その後、2011年6月から当該発言のあった同年11月にかけて、全額公費助成で実施されていた社民党本部の耐震診断の一部に復興予算が流用されていたことが明らかになった。

    この公費助成は、東日本大震災以後、拡充され復興予算の一部が当てられたが、その根拠法である東日本大震災復興基本法(2011年6月施行)は社民党を含む与野党の賛成多数で可決成立した物である。

    同法では、その目的を、東日本大震災からの復興の円滑かつ迅速な推進と活力ある日本の再生を図ることを目的とする(法1条)と明記しており、いわゆる復興予算が復興だけに使われる物ではないことが示されている。

    なお、発覚から5日後、又市征治幹事長は「違法ではないが好ましくない」として、復興予算相当分の280万円を被災地に寄付することを表明した。


    2)2009年3月4日、自らが代表を務める「福島みずほ事務所」(東京)において、平成18年度までの数年間、雇用する私設秘書2人について労働保険に加入させていなかったことが判明した。

    同事務所は「17年ごろに雇用を始め、労働保険加入の手続きを開始したが、委託事務組合との折衝などで遅れてしまったようだ」と釈明した。

    福島は2008年12月、小沢一郎民主党代表(当時)とともに、舛添要一厚生労働相(当時)に対する「非正規労働者支援の緊急申し入れ」の中で、「多くの非正規労働者が雇用保険の加入漏れの恐れがあることがわかった。非正規労働者が、資格がありながら雇用保険に加入していない実態を掌握する措置を講ずること」などを求めており、産経新聞等は、「両党とも派遣社員などの労働保険未加入を批判していながら、党首自らの事務所で同様の問題を抱えていたことになる。」と指摘した。なぜか、朝日新聞はこのことを取り上げませんでしたが・・・


    3)弁護士時代から従軍慰安婦問題に積極的に取り組み、アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を担当した弁護士の一人であり、慰安婦問題についてはかなり早い段階から、被害者の救済や問題の周知に大きな役割を担った。

    このように、女性の権利擁護・拡大に積極的だが、児童ポルノ法の改正案(創作物も取り締まり対象に含め、単純所持も禁止とする)に関しては、恣意的な運用がなされる恐れがあるなどとして極めて否定的な態度を示した。


    最後に、これは本当に許せない福島の政治態度かと思うのですが。

    1999年6月8日、参議院法務委員会にて平野貞夫参議院議員は、同年5月22日に福島が保坂展人と共に組織的犯罪対策立法に反対する全国ネットワークが主催する『組対法三法を廃案に 五・二二全国集会』に参加したと述べた。

    彼女は、暴対法に反対しているのです。暴力団を、市民が一所懸命排除しようとしているのに、その足を引っ張っているのです。

    原発を廃止しろ 違法ではないが好ましくない            恣意的な運用がなされる恐れがある         

  • 助けて!!




           問題を解決できるように!!




              日本軍に無惨に踏みにじられ・・・




                いつ??




                   「朝鮮戦争当時」




                      はああ???





    韓国人元慰安婦の金福童は、息を吐くように嘘をついています。

    金福童は、「14歳のとき村の班長と軍服のような服を着た男に軍服工場で働きなさい。そうしないと財産が没収されると言われた」と証言しました。

    しかし、慰安婦は17歳以上(18歳以上)しか募集されておらず、14歳の慰安婦の存在が発覚すれば関係者は厳しく処罰されたはずです。

    金福童は現在88歳で、「14歳のころから8年間慰安婦を強いられた」と証言しました。

    金福童は、1939年頃から1947年頃まで慰安婦をしていたことになります。

    しかし、大東亜戦争は1945年に終わっており、1947年頃まで慰安婦を強いられたということは絶対にありえません。

    9月に金福童(キム・ボクトン)はフランスで、「朝鮮戦争当時、日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思いをさせられた。」と証言しました。
    フランスで鳴り響いた絶叫・・日本は謝りなさい

    「私たちは日本軍の奴隷だった」秋夕(チュソク)連休が始まった18日。雨が降るフランス、パリのシャイヨー宮前で韓国ハルモニの声が鳴り響いた。

    韓国語を理解できないヨーロッパ人と観光客の注目を少しの間でもつかむため、老駆を導いてフランスまで渡ってきたハルモニの執念は広場を越えて全世界に広まった。
    去る1992年1月8日、駐韓日本大使館前で始まった慰安婦被害ハルモニらの水曜集会がフランスでも開かれた。20年以上続いてきた水曜集会は日本を含む米国、台湾、インドネシアなどで行われたことはあるがフランスで開かれたのは今回が初めてだ。

    慰安婦被害ハルモニらを代表して証言者になったキム・ボクトン、ハルモニ(88)は「朝鮮戦争当時 日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思いをさせられた。日本が誤りを悔いて慰安婦被害者の問題を解決できるように助けて」と話した。

    集会には韓国挺身隊問題対策協議会(挺隊協)関係者とフランス女性団体、海外同胞など100人余りが参加した。ソーシャルネットワークサービス(SNS)でもハルモニらを応援して参加を促す文が広がった。ツイッターID@SPA*****、@acc*****など市民らは「歴史的なフランス、パリ水曜集会が開かれた。
    アジア経済:韓国語2013年9月20日

    http://www.peeep.us/5c83ad75

    http://megalodon.jp/2013-0921-0013-02/www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013092012432151429
    改ざん記事
    http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013092012432151429

    1945年に大東亜戦争が終結し、大日本帝国陸海軍は解体されました。

    日本国憲法(陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。)は、1946年11月3日に公布され、1947年5月3日に施行されました。

    朝鮮戦争当時(1950年6月25日 - 1953年7月27日休戦)に日本軍は存在しないので、金福童(キム・ボクトン)の嘘が明らかとなりました。
    日本政府は米国に設置された「慰安婦の少女像」や「慰安婦の碑」を撤去させるために、世界に向け慰安婦の真実を発信するべきです。

    こいつがうそつきババアのぶんぶく茶釜こと金福童(キム・ボクトン) ↓

    原発を廃止しろ 助けて!!             問題を解決できるように!!                日本軍

  • シールを張り替えよ!!





                       心配するな!!





                誰も、張り替えに気づく人間はいないよ!!




     慰安婦問題が広く知られるようになって20年以上が過ぎた。第2次世界大戦時、日本軍が慰安婦を強制連行したとの「説」はその後の調査研究によって、事実ではないと結論が出た。しかし、残念なことに、勉強不足から慰安婦問題については韓国側の主張が「正しい」と信じている日本人も少なくない。

     東京基督教大学教授の西岡力氏が慰安婦問題の捏造について語る。ここでは捏造された慰安婦問題を世界中に拡散させた日本人弁護士のロビー活動について解説する。
     * * *
     2006年に安倍晋三内閣が発足するや、米議会が慰安婦は性奴隷であり日本政府は公式謝罪と補償をせよという決議を通そうとした。安倍首相が国会で国内での論争の成果に立って、権力による慰安婦連行は証明されていないと答弁したことに対して、米国メディアが激しく非難し、日米関係がおかしくなりかかるということが起きた。その背景には反日日本人らが慰安婦性奴隷説を国連に持ち込み、国際的に嘘を拡散させていたということがあった。

     日本人の戸塚悦朗弁護士こそが「慰安婦=性奴隷」という国際謀略の発案者だった。戸塚は自分のその発案について次のように自慢げに書いている(『戦争と性』第25号2006年5月)。
    〈筆者は、1992年2月国連人権委員会で、朝鮮・韓国人の戦時強制連行問題と「従軍慰安婦」問題をNGO「国際教育開発(IED)」の代表として初めて提起し、日本政府に責任を取るよう求め、国連の対応をも要請した〉
    〈それまで「従軍慰安婦」問題に関する国際法上の検討がなされていなかったため、これをどのように評価するか新たに検討せざるをえなかった。結局、筆者は日本帝国軍の「性奴隷」(sex slave)と規定した〉

     この規定が国際社会での反日謀略のスタートだった。日本人が国連まで行って、事実に反する自国誹謗を続けるのだから、多くの国の外交官が謀略に巻き込まれるのは容易だった。

     彼の国連ロビー活動は、1992年から1995年の4年間で海外渡航18回、うち訪欧14回、訪米2回、訪朝1回、訪中1回と執拗に繰り返された。戸塚弁護士らの異常な活動の結果、1996年に彼の性奴隷説が国連公式文書に採用された。
    ※SAPIO2012年8月22・29日号

    <補足>
    戸塚弁護士が、“性奴隷”という言葉を造語したと巷間言われているが・・・
    厳密にはこれは間違い。
    戦前、日本共産党が世間の目をくらませるために始めたハウスキーパー制度(男性党員と女性党員を同居させ、偽装夫婦を装う)で、事実上女性党員を性欲のはけ口として利用したことや、党の家屋資金局が、女性党員に美人局(つつもたせ)よろしく、売春行為を強要した。(党の絶対的権限を掌握する家屋資金局の責任者として、松村ことスパイMが有名であるが、彼はこのつつもたせ作戦の後の人間で、つつもたせのようなちまちました資金集めではなく、大森銀行ギャング事件などの大技を使った。)

    当時の日本共産党の考えでは、売春とか性行為は人体の一部にすぎない生殖器の物理的な一時使用にすぎないという、恐ろしく純粋な唯物論的思想に立っていました。売春・性行為そのものに、いかなる見地からも、道徳的・倫理的意味は見出せないという立場です。今でも、その名残がありますが。

    日本共産党のこのような女性党員の利用の仕方を、当時のジャーナリズムは性奴隷制度だと厳しく糾弾した。左派系の平塚雷鳥女史なども、同様な非難をした。(戦後では松本清張)

    戸塚は、この日本共産党に貼られた汚辱にまみれたレッテルを、賞味期限シールの張り替えよろしく、日本政府に巧みに張り替えようと画策したわけである。
    日本共産党は、わが意を得たりとばかり、この張り替えに全身全霊で飛びついたというわけ。

    共産党にとっては、売春行為とは身体の一部にすぎない生殖器の単なる物理的一時使用にほかならないという、恐ろしく純粋な唯物論的認識であった。今もそうかと。売春行為・性行為そのものに、いかなる観点からも、倫理的・道徳的意味は、見出し得ないというのが、共産党の立場である。人間が、普段、食事をとる行為と全く同一視した認識である

    こいつが、いわくつきの共産党員戸塚悦朗弁護士 ↓

    原発を廃止しろ シールを張り替えよ!!                         心配するな!!       

  • 「張景子」

    元北京放送(中国) アナウンサーだった中国人ですでに日本に帰化しています。北京放送のナウンサーですから・・・もう完全に「中国の工作員」100%ですよね!

    張はテレビへの出演も多く、「日本国籍を、はい、持ってます。でも日本人かどうかは、あのちょっと微妙で、国籍に関する考え方は根本的に違うんですよね、中国の人たちって。」

    そらそうでしょ!張は中国の工作員として便宜的に日本に帰化しただけなんですから、彼女には日本人としての意識など100%ないでしょう。

    じつは中国系帰化人にこのパターンが多いんですね。この連中の共通項は、「中国政府を批判できない」ということです。 こういう人物を日本に帰化させている制度っていったい何なんでしょう。

     「国籍に関する考え方は根本的に違うんですよね、中国の人たちって。」

    以下、いくつかのコメント

    • 張景子
    チョン・ギョンジャ
    彼女は中国北部の朝鮮族ですね。
    日本国籍は、外国に出入りする場合など、あれこれと便利だから取ったと答え、三宅さんから、あんた内諜だねと断言された動画は有名ですよね。

    • 無題
    在米日系日本人は、アメリカ人として、第二次世界大戦を戦いました。100部隊、442部隊。大戦中、一番の勲章と犠牲を払いました。国籍を変えるということは、その国に忠誠を誓うことです。

    • アメリカでさえ。。。
    あの自由の国アメリカでさえ、「国に忠誠を誓うか」と聞きます。日本でもすべきです。

    こいつが張景子 ↓

    原発を廃止しろ 「張景子」  元北京放送(中国) アナウンサーだった中国人ですでに日本に帰化しています。北京放送のナ

  • 李承晩は、日本から強制送還される朝鮮人の受け取りを、かたくなに拒否する一方、
    北朝鮮の金日成は、同胞の朝鮮人の日本よりの受け入れに極めて積極的でした。
    しかし、李承晩は、朝鮮人の帰国を阻止すべく、テロ組織を極秘に日本に潜入させました。
    ただし、北朝鮮も日本に常時テロ組織を送り込んでいるのは、自明のことですが!!

    朝鮮戦争が膠着状態となり、1951年7月から休戦会談が開始されると、韓国大統領・李承晩は1952年1月18日に李承晩ラインを宣言し、竹島を占拠するとともに対馬は韓国領であるとして日本に「返還」を要求するとともに日本の漁民数千人を抑留し、第一大邦丸事件のような日本人殺害事件も引き起こしました。韓国では休戦後も国土が荒廃したままで、経済活動は衰退し、世界最貧国となっていました。また、韓国政府は朝鮮戦争中には共産主義者との関係を疑われた韓国民を裁判なしで数十万人虐殺したのです(保導連盟事件、居昌事件など)。

    一方、北朝鮮は、1955年に在日朝鮮人が極左急進主義を弱めて設立した在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)と緊密な連携をとるようになりました。(朝鮮総連の前身の在日本朝鮮人連盟は日本国内にておこなっていた大規模な武装闘争(日本の裁判所や検察庁へ襲撃など)などで解散させられている)。また、北朝鮮は共産圏諸国の支援を受けることによって復興を遂げつつあり、在日朝鮮人にも在日朝鮮学校への支援などの資金援助をおこないました。

    韓国政府は北朝鮮に対し教育費の援助を止めるよう抗議を行ったが、韓国政府自身は支援を行わず、在日本大韓民国居留民団(現:在日本大韓民国民団)からの抗議を受けて、ようやく支援を行ったものの、その額は北朝鮮の10分の1にとどまりました。李承晩は、実にケチな男だったのです!!

    1945年9月2日 - 1952年4月28日、連合国最高司令官の指令により多くの密入国者や犯罪者の在日朝鮮人が韓国に強制送還されました(大村収容所だけでも3633人)。自ら帰還を希望した在日朝鮮人140万人は日本政府の手配で帰還したのです。
    1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約発効のより日本国主権回復。以後、韓国政府は日韓政府協定が結ばれていないとして在日朝鮮人の引き取りを拒否しつづけたのです。

    1956年、北朝鮮の金日成国家主席は朝鮮労働党第三次大会で在日朝鮮人学生を衣食住・学費の全てを無償で北朝鮮へ受け入れると発表し、在日朝鮮人の帰国を大々的に呼びかけたのであります。声明を受けて、日本国内では朝鮮総連は帰国促進運動を繰り広げました。

    1959年2月13日、石橋内閣は「在日朝鮮人の北朝鮮帰還問題は基本的人権に基づく居住地選択の自由という国際通念に基づいて処理する」とした閣議了解を行いました。
    <<





    1959年8月、韓国の李承晩大統領は「日本は人道主義の名の下に北朝鮮傀儡政権の共産主義建設を助けようとしている」と非難し、予定されていた日韓会談の中止を指示しました。

    1959年8月、カルカッタで日朝赤十字社間で帰還協定が締結されました。在日本大韓民国居留民団は韓国政府の意向で北送反対闘争委員会を結成しました。

    1959年8月25日、在日本大韓民国居留民団員たちが日本赤十字本社に乱入。

    1959年12月14日、北朝鮮への帰国船の第一陣が出発しました。北朝鮮へ帰国した朝鮮人には、韓国政府による済州島4・3事件や麗水・順天事件などの虐殺を逃れて日本に密入国した韓国人などが多数いたのであります。

    危機感を募らせた韓国政府は日本に大量の工作員を送り込むことを決定したのであります。1959年9月、韓国政府は日本に戻ることなく韓国に帰還したままであった在日義勇兵(在日朝鮮人の韓国軍への志願者)たちに、在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業を阻止するために日本に潜入して妨害工作活動を行う工作員となるよう要請しました。韓国政府は在日義勇兵41人・韓国軍予備役将校・韓国警察試験合格者24名からなる北韓送還阻止工作員を結成したのです。また、韓国政府が日本国内で組織した工作員も妨害活動を行うことになったのです。

    原発を廃止しろ 李承晩は、日本から強制送還される朝鮮人の受け取りを、かたくなに拒否する一方、 北朝鮮の金日成は、同胞

  • 日本の法律では帰化人であれば国会議員に立候補できます。
    そのことには異議はありません。
    白真勲議員はお名前からも帰化した事が判り、それを隠す事なく堂々と立候補してご当選されています。

    官報に以下の記述がありました。

    法務省告示第291号
    S50年8月29日帰化認可 法務大臣 稲葉 修

    福山栄○(福山一郎、陳栄○) S7年3月6日生
    福山哲郎(陳哲郎) S37年1月19日生
    福山俊○(陳俊○) S45年1月 2日生

    さて、日本の国会議員に事実として選ばれた人間が、当選後に帰化した人物だと判明した場合、その人物に投票された方々はどの様に感じるでしょうか?

    この事はまだ表立っていませんね。
    今の内にご自分からご出自を明らかにされるのなら、まだ見所があるのかも? それとも【なかった事】にするような対応を取るのでしょうか?


    民主党内部には、この福山議員と同様な『出自が明らかでない』人物が相当数おいでのようですね。

    単刀直入、率直に言いますよ。!!

    帰化したのなら堂々と明らかにして政治活動すべき。
    後ろめたいから隠しているのではないのか?

    そのような態度こそ、『日本人が最も忌み嫌う態度』である。

    原発を廃止しろ 日本の法律では帰化人であれば国会議員に立候補できます。  そのことには異議はありません。   白真勲

  • 本当は、ずっと前からわかっていたことなのです!!





    韓国政府は、「在日韓国人」を「日本への密入国者」と認定しています。




    最近は、「民団」でさえ公式の場での「強制連行のうそ」は言えなくなりました。



    2013年10月の韓国「朝鮮日報」による、「在日韓国人祖国帰還への提言」に対して、「J-cast」ニュースが日本での反応を続報しています。「親韓派」の朝日や毎日がこの話題を取り上げないのは不思議ですが、「朝鮮日報」の記事には「一部捏造」があります。 それは、

    「在日韓国人・朝鮮人の3世・4世の多くは、本人が日本で暮らしたいと思ってそこに住んでいるわけではない。彼らは、植民地時代の強制連行・徴兵政策により日本に来た人たちの子孫」と書いていますが、これは韓国側の政府見解とも異なる、まったくの「捏造」であり、「使い古されたうそ」なんです。 

    実は、日本にある「民団」でさえ、この「うそ」を公式の場では発言しなくなりました。(民団の民族学級では子供向けにはやっていますが)  実際の「在日韓国人1世」は、戦争難民でありまた、経済難民なんですね。



      
         朴正煕韓国大統領


     ここに、1965年の「日韓条約」の中で、当時の朴正煕韓国大統領が「在日韓国人」に向けて発表した「談話」があります。できれば、「一字一句」をしっかり読み取り、在日韓国人の「捏造された過去」を改める資料としていただければ幸いです。

    [文書名] 日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話
    http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19651218.S1J.html
    [年月日] 1965年12月18日
    [出 典] 日本外交主要文書・年表(2),629-630頁 及「大韓民国外交年表 附主要文献」,
    1965年629-630頁
    [備 考] 翻訳 玄大松 [全 文] 大統領談話文(韓日協定批准書交換に際して)


    親愛なる在日僑胞(キョッポ)の皆さん!

     私は,日本の空の下で韓国同胞たちが再び分裂して相剋することなく,暖い同胞愛の紐帯の中で互いに和睦して親近となり,また幸福な生活を営なむことを希望してやみません。

     これとともに私は,これまで"分別なく故国をすてて日本に密入国"しようとして抑留され祖国のあるべき国民になれなかった同胞に対しても,この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。

     再びこうした分別のない同胞がいなくなることを希望しながら,今日からわれわれは新しい気持と新しい心構えで,栄えあるわが祖国を建設する働き手とならんことを,訴えてやみません。

                              1965年12月18日   大統領 朴正煕



     分別なく故国をすてて日本に密入国
     韓国民として前非を問わない
     再びこうした分別のない同胞がいなくなることを希望

     これが、韓国政府の「公式見解」です。 在日韓国人は韓国に帰って、「祖国を建設する働き手」になれ!は韓国の大統領が公式に発表した談話です。

    当時の、在日韓国人の状況が見えてきませんか? 「在日韓国人の出自」を、韓国の大統領自らが「日本に密入国」とはっきり述べています。しかも、韓国では、在日韓国人が犯した「前非を問わない」そうです。

    さらに、「祖国を建設する働き手とならんこと」を訴えておいでですね。その訴えに対して「在日韓国人」は応えてきましたか? 「ネット掲示板」で「チョッ・パリ」だとか「倭・猿」とかの「日本侮辱」を書き込むことが、韓国への愛国的な行動ですか? 

    私は、在日韓国人はすぐに韓国に戻って、「祖国を建設する働き手」になることこそ、「韓国人としてあるべき姿」だと思います。「人としてあるべき姿」だと思います。

    原発を廃止しろ 本当は、ずっと前からわかっていたことなのです!!       韓国政府は、「在日韓国人」を「日本への

  • それにしても日本人はおおらかですね!




             次は安重根の石碑ですか・・・




    金沢に戦前に上海で爆弾を投げつけ多くの日本人を死傷させた反日活動家、尹泰吉。このテロリストの記念館が処刑された場所、金沢に※来年、開設される。日本人殺害を「抗日の英雄」と扱う在日韓国人の団体である在日本大韓国民団が中心となって進めており、民団石川県本部内に開設される予定だ。

    上海事変が勃発した1932年(昭和7年)の4月29日,日本軍は中国との停戦調停中,天長節(天皇誕生日のこと)兼戦勝祝賀式典を上海虹口公園で催しました.式典は国歌斉唱から始まったがその途中壇上に爆弾が投げられ軍首脳や外交官などに死傷者がでました.爆弾を投げた犯人はその場ですぐ取り押さえられたが,その人物こそ尹泰吉(ユン・ポンギル)だったのです.

    尹泰吉は1908年朝鮮忠清南道徳山面で生まれ,青年時代から漢学を好み,民族意識に燃えて,「月進会」を組織し,文・盲退治,共同耕作,消費組合の運営などさまざまな実践的活動に取り組みました.

    1930年尹泰吉23歳の時,日本支配の風刺劇を上演したことが原因で,官憲に狙われる身となったため,父母と身重の妻と子を残し上海へ亡命しました.
    そして,上海で「韓人愛国団」を組織する金九と接しテロによる抗日運動を選び,1932年4月29日の上海・天長節事件を起こしました.

    彼は「大韓独立万歳」と叫んだその場で逮捕され,軍法会議で死刑の判決を受け,1932年12月19日金沢の三子牛山で銃殺されました.

    その後,尹泰吉の遺体は墓標も立てられず,密かに暗葬されましたが,1946年野田山公園墓地の参道の下から在日同胞にて遺骨が発掘されました.

    掘り起こされた遺体は,ソウルに喪の「凱旋」をし,盛大な国民葬をもってソウルの国立孝昌墓地公園に葬られ,今は立派な記念碑が建っています.ソウルには 「尹泰吉記念館」も建てられ,また,郷里に近い大田忠武体育館前と「民族独立記念館」内には,銅像が建てられています.韓国では,伊藤博文を暗殺した安重根に比肩する英傑と評価されています.

    現在,石川県金沢市南郊の野田山墓地公園に「尹泰吉義士暗葬之跡」と「尹泰吉義士殉国記念碑」とが建立されており,はるかふるさと韓国を望んでいます.

    それにしても日本人はおおらかですね。
    日本人を大勢殺傷したテロリストの、義士としての石碑の建立を日本国内に認めているのですから。 ↓
    そのうち安重根の“殉国義士”碑も皇居前あたりにできるんじゃないでしょうか・・・

    原発を廃止しろ それにしても日本人はおおらかですね!               次は安重根の石碑ですか・・・

  • 正直に払うあなたが、バカを見る!!





    在日外国人は韓国、朝鮮人に限らず中国人、フィリピン人だろうとトンデモ免税特権!!

    在日外国人の免税特権

    なぜ在日朝鮮人はパチンコで大儲けしても納税0にできる謎はこのサイトで明らかに!!これ産経新聞の記事もあり事実です!
    http://ameblo.jp/hourousya0907/entry-11206531430.html

    在日中国、韓国、朝鮮人などの永住外国人は海外に住む、六親等以内の親族も扶養家族扱いで免税されている許しがたい事実!

    原発を廃止しろ 正直に払うあなたが、バカを見る!!       在日外国人は韓国、朝鮮人に限らず中国人、フィリピン人

  • 何も反論ができません!!






              政府の見解と異なる主張をすることはできません!!






                      反論ができなければ・・・







     民事裁判では国が一方の当事者である時は、国は政府が対外的に宣明した立場や方針に拘束されます。たとえ訴えが事実ではなくとも裁判では国の代理人(弁護士)は政府の見解と異なる主張をすることはできません。

    「従軍慰安婦訴訟」や「強制連行訴訟」「勤労挺身隊訴訟」に関して「河野談話」「村山談話」がある限り、何も反論ができません。反論ができなければ「当事者主義」というのにもとづいて原告が正しくなくても言い分が通ります。

    このたぐいの訴訟のニュースを見ればわかるでしょう。しかし、原告側が敗訴になっているのは「国際法上、個人が直接外国に対して戦争被害の損害賠償を請求することはできない」というのがあるからです。

     国際条約が効力を発揮することもあります。平成11年(1999年)に米のカリフォルニア州で「南京大虐殺」の謝罪と損害賠償を求める決議が行われ、カリフォルニア州地裁も同様の判決を下しました。この頃、アメリカでは日本企業を標的にして100兆円に及ぶ請求訴訟が提起されていました。

    被告の日本企業は28社、原告は戦時中の元米国兵捕虜、在米国シナ人、韓国人らです。これらは米国連邦高裁はサンフランシスコ講和条約によって賠償問題は解決済みであるとし、州地裁判決を破棄しました。100兆円などとは実に危ないところでした。

     村山談話などは「国会での謝罪決議」を本日は採択しない、とウソを流しておいて、土井たか子議長が会議再開のベルを鳴らし、山崎拓氏が提案し、256名の議員の欠席者を出したまま可決したところから始まっています。

    そして、村山首相は事前の説明なしに「村山談話」を発表しました。村山富一、土井たか子、山崎拓は歴史的大罪を犯しています。国家反逆罪と言っても過言ではありません。

     河野談話は強制連行について公文書が見つかっていないし、客観的史料もないにも関わらず、曖昧に強制の事実を認めるような談話を発表しました。後に副官房長官だった石原信雄氏が暴露していますが、韓国との暗黙の密約でした。

    どこを向いて政治をしているのでしょう。宮沢喜一、河野洋平も歴史的大罪を犯しています。これも国家反逆罪です。

     現在のところ、国際法や国際条約によって日本国民の財産は守られていますが、反論できないことにより事実認定されたとしてデマゴギーがまかり通るようになっています。

    日本人は罪の意識を植え付けられ、政治的に何らかの形で日本国民の財産はむしりとられることは明白です。非公式に補償を口走る鳩山元総理、外国人へバラマキ可能な「子供手当て」、朝鮮学校の無償化、外国人参政権・・・こういった形に変えて忍び寄っています。

    原発を廃止しろ 何も反論ができません!!                 政府の見解と異なる主張をすることはできませ

  • 何の解決の見込みがないことを持ち出して





    何年も始終ケンカばかりしている





            何が悪く何が正しかったを調べても現実には全然役立たない





                     協力すれば国がうまく 行くのに





    安秉直教授がテレビ出演 … 「慰安婦業者の半分は朝鮮人」「日本に謝罪ばかり求めて何になるか」


    ■教科書フォーラムの安秉直、「慰安婦は自発的」妄言で波紋
    最近「4.19学生運動、5.16革命」波紋を投げかけた教科書フォーラムの余波がいまだ冷めやらぬ中、ニューライト財団理事長を引き受けている安秉直(アン・ビョンジク)ソウル大名誉教授が6日のMBCテレビ「ニュース焦点」に出演して、日帝時代の慰安婦強制動員の証拠はなく土地収奪もなかったと言明し て、再び波紋が予想される。

    安教授はまた、我が国が日本の誠意ある過去清算を要求していることについて、過去よりも今後の 韓日関係をどうすべきかが重要だとして、「過去に被害にあった人でも、今自分にとって幸せな条件を過去に侵略した人が出してくれるのなら、それまで拒否する理由はないと思う」と述べた。

    安教授はこの日のインタビューで、慰安婦がいたことを否定する人はないとしながらも、「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」として、慰安婦動員の「自発性」を強調した。

     記録がないからといって強制性に対する評価を留保するのは間違いではないか、という司会者の質問に安教授は、「軍隊慰安婦や一般慰安婦の生活は悲惨きわまりない。私たちはそのことに目を閉ざしてはならない。韓国にも私娼窟という慰安婦が多数いるが、そうしたことを無くすためには、なぜそのような現象が発生するのかを研究せねばならない。無条件強制によってそうした現象が起きる、とは考えられない」などと、とんでもない返事をした。

     安教授は更に、慰安婦業者のうち半分は朝鮮人だったとして、「(当時)朝鮮人が何の権力で強制的に動員したというのか」と主張したりした。

     安教授はただ、軍が強制動員した可能性があると思って自分は韓国挺身隊問題対策協議会と共同 で調査をしたと明らかにしたうえで、「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」と主張した。そんな調子の反日運動が今日の私たちにとって何の意味があるのか、という疑問から挺身隊対策協との活動をやめたということだった。

     安教授はまた日帝時代の土地収奪問題について、「公然たる土地収奪はなかったようだ。当時、国有地は朝鮮王室の物だったが、これを朝鮮総督府の所有にした。掠奪と言えば掠奪だが、掠奪というより朝鮮王室の所有を国家の所有にしたものだ」と、当時の朝鮮総督府を国家と同一視する発言をしたりした。

     安教授はまた、韓日両国が善隣のパートナーになるには日本の謝罪が必要ではないかとの質問に 対して、「それでは問題解決にならない。今後どんな関係を持てば我々の歴史的課題がうまく行くのか、を考えるべきだ」と答えた。

     安教授は更に、「過去の何が悪く何が正しかったを根掘り葉掘り調べても現実には全然役立たない。」として、「私たちが協力すれば国がうまく 行くのに、独島やら靖国やら何の解決の見込みがないことを持ち出して何年も始終ケンカばかりしている。こんなことをするなと言っているのだ」と表明した。


    アンビョンジク"慰安婦強制動員はない"また妄言
    MBCに抗議殺到..."日本に追放しろ!"

    韓国で真実を言って暴行を受けるアン・ビョンジク教授 ↓

    原発を廃止しろ 何の解決の見込みがないことを持ち出して      何年も始終ケンカばかりしている          

  • それを肯定することは、憲法違反だああーーー!!



         なぜならば、国家の正当性を根底から失ってしまうからだああーー!!



      あまつさえ、何を誇りにすればよいのかわからなくなるではないかああーー!!





    大韓民国臨時政府

     Wikipediaによると1919年の3・1独立運動に端を発し、上海を拠点としていましたが、、1940年に重慶に拠点を移しました。そこで光復軍総司令部を創設して、1941年12月9日、対日宣戦布告をしています。

    アメリカ戦略事務局(OSS)と協約を結んで光復軍の特務工作訓練を受けます。しかし米軍潜水艦と飛行機での本国進撃準備途中、日本の降伏を迎えています。

     大韓民国臨時政府は戦後、米国によって事実上解体されました。また連合国側として参戦国であったとも認められていません。

    現在の大韓民国はこの大韓民国臨時政府の正当性を主張しています。(憲法前文に記載)

     ここに韓国の不幸があるように思います。韓国では対日宣戦布告を強調していているようですが、交戦していないので自分の力で独立を勝ち取ったのではありません。

    独立は連合国によって与えられた独立であるわけです。戦勝国でもありません。韓国人は何を誇りにすればよいのかわからないと思います。その矛先は反日イデオロギーとして利用され、それを国家をまとめる原動力にしているのだと思います。

     日本が大東亜戦争を戦い、人種平等、アジア開放を実現したことは実際には韓国人もともに戦って得たもののはずでした。しかし、それを肯定することは韓国では憲法違反になってしまうのです。

    原発を廃止しろ それを肯定することは、憲法違反だああーーー!!         なぜならば、国家の正当性を根底から失

  • イメージとは??



             強制連想させりことである!!




                 "強制連行だ"と叫ぶことにより!!





    「1939年(昭和14年)から1945年までの間に約70万人もの朝鮮人の人々が強制連行によって日本につれてこられたとされています。」.

    中学校の教科書では上のように強制連行という言葉を使っています。そして、いやがる人に暴行を加え、手錠をかけて無理矢理連れて行く様子を描いています。それが6年間続いたと教えているのですが、本当でしょうか。

    1938年(昭和13年)に、日本の国会で国家総動員法(国民徴用令は1939年)が成立しました。この法律によって、15歳から45歳までの男子と、16歳から25歳までの女子を、国家は徴用できるようになりました。「徴兵」が兵士になる義務であるように、「徴用」とは、戦時に一定の労働に従事する義務のことです。多くの若者が出征し労働力不足が深刻になり、その穴を埋めるためにやむなくこの法律を作ったのです。

    さて当時、法的には「日本国民」であった台湾や朝鮮では、この法律はどのように適用されたのでしょうか。台湾では、日本本土と同時に徴用令が施行されましたが、朝鮮では施行されませんでした。

    その代わり、日本企業が朝鮮で自由に労働者を「募集」することを許可しました。それまでは、朝鮮人労働者が大量に本土に流入すると失業者が増加するので、日本政府は朝鮮人労働者の移住を制限していたのです。制限を取り払ったので、多くの朝鮮人労働者が日本にやってきました。

    朝鮮にも「徴用」令が施行されたのは、1944年(昭和19年)になってからでした。けれども、総督府では、なるべく自分の意思で徴用に応じてほしいと願い拒否した者への罰則の適用を控えました。そのため目標の達成率は79パーセントにとどまりました。

    1944年11月末に徴用令を受け取った鄭忠海氏は次のように書いています。

    「…後を振り返りながら、別れの言葉もそこそこに集合場所である永登浦区庁前の広場に向かった。広場は出発する人、見送る人で一杯だった。徴用者の点呼が終わると一同は隊伍を組んで商工会議所の前に集まり、各地から動員された人々と共に壮行会が催された」(「朝鮮人徴用工の手記」河合出版)

    鄭氏は、その後広島の東洋工業に入社し、終戦時までここで働いて帰国しました。本書には、寄宿舎生活の様子や被爆体験、日本人との交流などが綴られています。

    これは教科書が描き出す「強制連行」のイメージとはまったく異なっています。

    いわゆる「強制連行」の実態に関しても、一般で認識されているのとはかなり違う実態があったことが少しずつ明らかになってきている。

    たとえば朝鮮総督府が行なった土建労働者の「官斡旋」による道外募集(いわゆる強制連行の一部とされている)では、使用者に対して賃金、待遇などで労働者を厚遇するようにかなり細かく指示している。たとえば飯場料は賃金の二分の一以下とするとされており、借金づけによるタコ部屋化を禁じている(くわしくは広瀬貞三「『官斡旋』と土建労働者」、『朝鮮史研究会論文集』第29集参照)。

    また、1944年に広島の軍需工場に徴用された鄭忠海氏は90年に日本で出版した手記(『朝鮮人徴用工の手記』河合出版)の中で、新築の寄宿舎で新しい寝具が準備され、食事も十分で満足でき、仕事は日本人女子挺身隊員といっしょであり、「女性たちとの恋だの愛だのということに心をうばわれているようで、工場内の風紀は言葉にならないほどだった」と書いている。

    戦争初期には朝鮮人は日本人・台湾人に比して優遇されていたのが分かる。
    「官斡旋」の段階でも本人の希望で就職先を変えられることから"強制連行"というのは大げさな表現だ。

    コリアン・反日左翼は「募集」の段階から"強制連行"だとしているが、
    当時朝鮮から日本内地へは渡航制限をしていたが、密航してでも出稼ぎしようとする朝鮮人が一杯いたというのに、何で強制連行の必要があるのだろうか。
    "強制連行"などしなくても労働者は確保できたのである。

    原発を廃止しろ イメージとは??             強制連想させりことである!!               

  • くよくよと思ってみても愚痴となり





                  敗戦罪とあきらむがよし





    日韓併合条約

    第六条
    日本国政府は、前記併合の結果として、全韓国の施政を担任し、同地に施行する法規を遵守する韓人の身体および財産に対し、十分なる保護を与え、かつその福利の増進を図るべし。

    第七条
    日本国政府は、誠意忠実に新制度を尊重する韓人にして、相当の資格ある者を、事情の許す限り、韓国における帝国官吏に登用すべし。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    韓国人の安全と財産を保護し、福利につとめ、官吏に登用する。
    これらの、どこに差別と搾取がありますか。どこが植民地で、どこが侵略ですか。

    日本の軍人になりたいと、懇願の血書を書いたのは、誰あろう朴槿恵大統領の
    父上である朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領です。朴正煕元大統領は大統領に
    なってからも、日韓併合の朝鮮にとってのメリットを率直に認めていた方です。

    戦後、日本にいる友人達とのパイプを活かして、韓日基本条約を締結。
    李承晩政権下で再び世界の最貧国に転落していた中、日本から国家予算規模の経済援を引き出し、「漢江の奇跡」と呼ばれる急成長を成し遂げ、それが日本のお陰であることも、むろん当人ですから、解っていました。

    歴代、私腹を肥やすことが慣習の大統領達の中にあって、ほぼ唯一
    身辺のきれいな、スキャンダルのない大統領でした。これは、
    陸軍士官学校で叩きこまれた日本精神のしからしむることではないでしょうか。

    この見方があながち我田引水でないことは、戦犯として処刑された陸軍中将洪思翊(ホン・サイク)の辞世の句にも見られます。
    彼もまた、多くの日本人軍人と同じく、処刑されるのですが、何も言い訳はせず、日本軍人としての生涯をまっとうしました。

    「昔より冤死せしものあまたあり われもまたこれに加わらんのみ」
    「くよくよと思ってみても愚痴となり 敗戦罪とあきらむがよし」

    どうでしょう。見事な潔い散り方は、まさしく帝国軍人です。そして彼の意識もそうであったでしょう。

    そしてそれ以上にここで記憶せねばならぬのは、「韓国は日本と共に戦った」いや「日本人として戦った」ということです。端的な事実です。それを韓国が「侵略」呼ばわりするのは、これも大きな筋違いである、ということです。靖国神社には、日本軍人としての朝鮮の方々がお祀りされています。

    下は、栄光に満ちた朝鮮人志願兵 ↓

    原発を廃止しろ くよくよと思ってみても愚痴となり                    敗戦罪とあきらむがよし

  • 国籍の1位は韓国!!






             4人に1人が韓国籍!!






                 それって、何のこと??







    「私の考えでは『韓国人慰安婦がウヨウヨおる』という部分は、計数を計ったことがないので、それは韓国という国名を挙げたわけですから、少々不穏当であった」

    確かに、国会議員が証拠も示さずに「韓国人慰安婦はまだ日本にウヨウヨおる」と発言したことは不穏当です。

    しかし、西村議員の述べたことは真実です。

    正確に言えば「韓国人売春婦はまだ世界中にウヨウヨおる」です。

    韓国は「売春大国」であり「売春婦輸出大国」です。

    2007年、韓国の女性家族部が実施した実態調査では、韓国の風俗産業の経済規模は約14兆952億ウォン(約9622億円)と試算しました。

    これは、2007年の韓国の国家予算239兆ウォン(約16兆円)の約6%に相当する額です。

    また、韓国全土で4万6247カ所の風俗店が営業しており、これらの店で働く韓国人女性は26万9707人に達するとしました。

    2012年12月、韓国の「男性の権利擁護を目指す男性連帯」は、韓国内の風俗産業で働く女性の数を189万人と推定していました。

    2004年、韓国では性売買特別法が施行され、風俗への取り締まりが厳しくなりました。

    韓国の風俗街は壊滅的ダメージを受け、韓国人売春婦は海外に大量流出しました。

    韓国の国会議員の調査によると、海外で売春をしている韓国人女性は10万人以上おり、そのうち3万人が米国、5万人が日本にいると指摘しています。

    しかし、観光や留学目的で来日して売春をする韓国人女性もおり、在日韓国人売春婦もいるので、実際に日本にいる韓国人売春婦は5万人よりも多いでしょう。

    それに、「エイズ」に感染した韓国人男性の性転換者らも日本で売春していました。


    韓国人女性の売春は、日本だけではなく米国でも社会問題になっています。

    2006年6月21日、韓国の中央日報は「ロサンゼルスで毎月逮捕される70~80人の売春婦の9割が韓国人」との警察関係者の証言を報道しました。

    2012年5月、テキサス州で韓国人売春婦が逮捕され、韓国人売春婦が足首に鉄製の鎖をかけられ連行された姿がテレビで生中継されました。

    2012年6月、テキサス州ヒューストンのヘリス郡当局は裁判所に、「売春と人身売買の巣窟である韓国人運営業者らを撤去させなければならない」とし、韓国人売春業者を告発しました。

    テキサスだけでなく、ロサンゼルス、アトランタなど韓国人密集地域がある大部分の州当局は、韓国人売春婦問題で頭を痛めています。

    2012年年7月22日、韓国の朝鮮日報は「米国とオーストラリア両政府によると、米国では売春目的で働く外国人女性の4人に1人、オーストラリアでは5人に1人(17%)が韓国人」と報道しました。

    米国で売春を行う外国人女性の国籍の1位は韓国の23.5%で、米国で売春を行う外国人女性の4人に1人が韓国籍です。

    原発を廃止しろ 国籍の1位は韓国!!                4人に1人が韓国籍!!             

  • これを知らずして、戦後の日韓史を語るなかれ!!





     第一大邦丸事件(だいいちだいほうまるじけん)とは、1952年2月4日に公海上(済州島沖20マイルの農林漁区第284漁区と思われる海域)で操業中であった福岡の漁船『第一大邦丸(57トン)』及び『第二大邦丸(57トン)』が、韓国の漁船『第一昌運号』及び『第二昌運号』(各約55トン)を利用した韓国海軍によって銃撃、拿捕され、その際に第一大邦丸漁撈長であった瀬戸重次郎(34)が被弾して死亡した事件である。


    1952年1月18日、韓国は李承晩ラインを設定し、竹島、対馬及びその周辺海域における韓国の主権を主張し始めた。

     1953年1月22日に、第一大邦丸及び第二大邦丸は、福岡を出航し2月4日には二百八十四農林漁区で操業していた。

     同日午前7時ごろに、第一大邦丸の南西より韓国の漁船である第一昌運号及び第二昌運号が北上して接近してきた。そして日本語で「魚は獲れますか」と話してきた。韓国船はそのまま行過ぎ、付近で停止して操業(を装って日本船を監視)していた。

     しばらくして第一大邦丸が揚網作業に入ると、そのとき船尾から30メートル程度の距離にあった韓国船が、自動小銃で第一大邦丸への銃撃を開始した。

     日本側二隻は逃走を開始したが、8時15分には第二大邦丸が拿捕され、逃走していた第一大邦丸も銃撃が熾烈で、逃走を断念した。この時操舵室内に坐っていた漁撈長は、後頭部左側より銃撃をうけ、意識不明となる。第一大邦丸は8時30分に拿捕され、第一昌運号の船員に「翰林に行け」と日本語で命令された。

     同船は11時30分に済州島の翰林面に入港させられ、日本人船員は憲兵によって警察に引き渡され、船内の目ぼしい私物、装備及び漁獲物は警察に没収された。その際に日本人船員側が憲兵に対して負傷者がある旨を伝えたので、船員は翰林面の高医院に収容された。

     高医院とは名ばかりの医院で病室はもちろん設備も全く無く、医師は見ただけで「これは駄目だ」といって漁撈長の手当てを拒否した。船員たちは警察に行き軍病院かどこかへの入院を依頼した。

     しかし警察は「我々は軍の命令によって行動したのであって、我々に責任はない」と拒絶した。そこで船員たちは憲兵隊へ行き、病院への収容を再度依頼したが、憲兵隊長に「盲貫銃創だからとても駄目だ」と言われて再度拒否された。

    船員側の度重なる依頼の末、軍病院への入院が許可された。その際に「車は直ぐ来ますから」と言われたため、船員はそのまま漁撈長の元へ行った。

     病院までの搬送の間に漁撈長が死なないように、医者にリンゲルの注射を求めたが、医者はリンゲルは高価だと躊躇。結局船員が私物を売り払って金を払う約束をしてリンゲルを一本射ってもらった。

     しかし韓国側は結局車を出さず漁撈長を放置し、漁撈長は2月6日の23時に死亡した。翌日漁撈長の遺体は命中弾が軍のものか警察のものか判明させる為に韓国側によって解剖され、結果憲兵の銃撃によるものであることが判明した。

     同日より警察に火葬の手配を頼んだが黙殺され、船員は残った私物の一部を売り払って葬儀一式を整え、足りない薪を付近の松の枝などで補ってさらに翌日に火葬した。

     2月9日から、船員は全員警察署の前の防空団詰所に監禁された。詰所は約4畳の広さで、そこに18人が監禁され、食料は一切支給されなかった為、船内食料で食いつないでいた。

    この際に韓国は自国の領海は島と島を結んだ線から計測されると主張した。これは群島基線に基づく主張であるが、韓国は群島国家であると主張していないため国際法的には無効であると思われる。

     この後、警察は船員に対して領海侵犯をしたという嘘の調書をハングルで作成し、これに捺印させ、日本への通知とした。しかし、海図を出して調べるときには丁字定規一本とたばこ及びマッチを以て測るという具合に適当に作成された調書の矛盾より公海上の事件であった事がわかり、佐世保の朝鮮沿岸封鎖護衛艦隊司令官グリッチ少将が、李承晩に会見を求め、これに対して李承晩は遺憾の意を表し、第一大邦丸の釈放に応じた。
    問題点
    • 民間船に対する無警告攻撃行為
    • 当初より明確な軍事行為目的を持っていた。外務委員会連合審査会によると、韓国船2隻には乗組員各12名のほか、憲兵1、特務隊員1、情報隊員1、警邏4、5名が分乗していた。
    • 拿捕後の取調べ時の虐待的取り扱い。食料を与えない、過剰な人口密度等、ジュネーヴ条約違反の疑いは払拭できない。

    下は、不当に抑留された日本人漁船員たち ↓

    原発を廃止しろ  これを知らずして、戦後の日韓史を語るなかれ!!       第一大邦丸事件(だいいちだいほうまるじ

  • いかにして、「国籍ある教育」が行えるのか???




           自らの力で、独立を勝ち取ることができなかった




              永遠にその機会を、失ってしまったのだあああーーー!!!




                その挫滅した精神を、いかに病魔から守るのか??




                     徹底した優越感主義をとれ!!




                      徹底して、相手を蔑視しろ!!!




             かくて、歴史のキ形児、猟奇民族が誕生した!!




    「朝鮮民族の問題点」を払拭するために行われた「国籍ある教育」に基づいた韓民族優越史観で編纂された韓国の国定教科書が韓国起源説を加速させている側面があります。

    教科書では、「先進的な韓国が未開な日本に文明を授けてあげた」という歴史観が一貫して強調されており、日本に対して、日本の独自性の強い社会・文化や、日本が最も影響を受けた中国との東シナ海交易ルートや、日本から外国への文化伝播が存在しないかのような誤解を与えています。

    また、朝鮮半島が歴史上ほとんどの期間中国の従属国で政治・社会・文化の面で隷属していたことに殆ど触れられていないため、韓国人が「歴史的に朝鮮は文化先進国」という認識を一層強くする原因となっています。

    例えば、小学校の社会科教科書の日本関連では、
    「百済の文化を日本に伝えてあげた王仁」
    「(三国時代)わが先祖は発達したわが文化をとなりの日本にも教えてあげた」
    「高句麗の文化を日本に伝えてあげた」
    「今も日本人は、王仁を日本文化の先生として崇めている」
    等と朝鮮半島から日本への文物の「授与」が執拗に記述されている一方で、日本から朝鮮半島への影響については「残虐性」や「野蛮性」が誇張されて執拗に記述されており「日本人は文化的に劣等」という認識のもとで一貫して記述されています。


    また、高校の歴史教科書では、
    「倭族は大概東北アジア系統の族属と南洋族そしてアイヌ族の雑種」
    「優秀な朝鮮民族と劣等な日本民族」
    「東アジアの文化的後進国であった日本」
    「朝鮮半島の先進文化を未開な日本に教えてあげた」
    「近代化以前の日本の文化はすべて偉大な先進文化を持つ朝鮮半島から由来したもの」
    「野卑な日本はいつも朝鮮半島を侵略して財物を奪っていった」
    と示唆するような記述で一貫されていて「東アジアで文化的に劣等だった日本」とまで明記されているのです。

  • かくして、神話と起源説は作られる!!





    これが、韓国起源説、第一号だあああーーー!!!





    朝鮮戦争の折、テコンドーの生みの親、崔泓熙(チェ・ホンヒ)は、徴兵されそうになった時、小さな漁船で釜山から日本に密入国し、トンズラしてました!!
    休戦協定締結後、のこのこと韓国に帰り、陸軍に入隊し、将官にまで出世した、実に厚顔というか、恥知らずな人間ですが! 
    まあー、日本で言えば非国民ですが、韓国では・・・

    1955年4月11日、「テコンドー」という名称が、崔泓熙(チェ・ホンヒ) が日本留学中に学んだ松涛館空手を元に独自の工夫を加えて、正式に命名された。

    「テコンドー」命名以前 、1940年代中盤の朝鮮半島では、韓国併合後に日本から伝わった空手が「コンスドー(空手道)」、「タンスドー(唐手道)」などの呼称で普及しはじめた。当時の主な道場勢力は以下の通りである。

    青涛館(1944年 - )
    初代館長は李元国(イ・ウォングク)。日本留学中に松武館の盧秉直とともに松濤館へ入門、船越義珍に師事。朝鮮戦争勃発時、軍の召集を拒み日本へ密航した。青涛館の分館として4つの道場が派生。

    吾道館
    館長は崔泓熙(チェ・ホンヒ)陸軍少将。軍隊内でその教義を広め、民間道場とは一線を画していた。「テコンドー」の名称が決まるまでは自らの雅号「蒼軒」に因んで「蒼軒流唐手」と称していた。ベトナム戦争時は657名のテコンドー師範を同地に派遣した。

    国武館

    正道館

    青龍館

    松武館(1946年 - )
    館長は盧秉直(ノ・ピョンジク)。日本留学中に青涛館の李元国とともに松濤館へ入門、船越義珍に師事。後に大韓テコンドー協会の第5代会長に就任。

    朝鮮研武館空手道部 / 智道館(1946年 - 1967年)
    館長は田祥燮(チョン・サンソプ)。 柔道道場内に発生。後年、智道館に改称。

    YMCA拳法部 / 彰武館(1946年 - )
    館長は尹炳仁(ユン・ピョンイン)。後に智道館と親交を深める。後年、彰武館に改称。この分館として講徳院、韓武館等がある。

    武徳館
    館長は黄琦(ファン・ギ)。鉄道局内のクラブとして発生。黄琦は南満州で中国武術を学んだとしている。後に「手搏道(スバクドー)」の名称で普及、大韓手搏道会の前身にあたる。

    「テコンドー」命名 ;1950年代、韓国内の武道団体統治の動きは武道自体の名称統合の流れを生み、「テコンドー」が命名される。国政の動乱の中で一度は解体されるも、命名者崔泓熙の活動により復活を果たす。

    1950年 - 朝鮮戦争が勃発。臨時首都のあった釜山で「大韓空手道協会」が創立される。中央審査委員の資格が付与されないことを理由に、武徳館館長の黄琦と青涛館館長の孫徳成(ソン・トクソン)が脱退。

    1953年 - 黄琦、「大韓唐手道協会」を独自に発足。

    1954年 - 崔泓熙陸軍少将を含む第29歩兵部隊が李承晩大統領の前で演武を行う。空手を知らない大統領はテッキョンと断定したままこれを賞賛、軍内での普及を宣言。崔泓熙は反日の立場を取る大統領に向かって日本の武道である空手とは言えず、またテッキョンとも違うことから自らが創始した武道であると伝える。

    ここから、韓国起源説の、第一弾が始まったのですよ!!!

    原発を廃止しろ かくして、神話と起源説は作られる!!      これが、韓国起源説、第一号だあああーーー!!!

  • 貧しいから、日本へ行く! 




                                                                 
                          
    食べていけないから、日本へ行く!







                     それが、精神的 “強制連行” だ!!!







                 いいから、とりあえず、“強制連行だ”と、叫んでおけ!!







              何かあったら、とりあえず、“人権問題だ”と、騒いでおけ!!







    1959年2月25日に東京で開催された在日韓僑北韓送還反対中央民衆大会の決議文には、「現在日本には約60万の韓国人(南北を合わせて)が残留しておりますが、此の大部分は第二次世界大戦中日本が強制的に労働せしめる為連れて来たものです」と記されているが、東京大学大学院准教授外村大は、「ここに記された、在日コリアンの大部分が強制連行によって日本に来たとする主張は誤りである」と指摘している。

    1990年代に入って朝鮮人被害者への戦後補償問題が論争されはじめると、「徴用か強制連行か」に関してもさまざまな角度から議論がなされた。在日本大韓民国民団の子団体、在日本大韓民国青年会の中央本部が、在日1世世代に対する聞き取り調査では、渡日理由として、「徴兵・徴用13.3%」と明記されており、「その他20.2%」、「不明0.2%」を除いたとしても「経済的理由39.6%」「結婚・親族との同居17.3%」「留学9.5%」と65%以上が自らの意思で渡航してきたことがわかる。

    尚、このアンケートは渡航時12歳未満だったものは含まれておらず、これを含めるとさらに徴兵・徴用による渡航者の割合は減ることになる。なお、2005年の日韓基本条約関係文書公開に伴う韓国政府に対する補償申請者は、2006年3月の時点で在日韓国人からは39人に留まっている。

    「日本政府により強制連行された人々が現在の70万人の在日朝鮮人を構成している」と言われることもあるが、外務省の発表では、戦時中に日本に渡航しその後日本に残留した朝鮮人登録者61万人のうち徴用により来日した者は245人で、全員が「自由意志により日本に残留した」ことになっている。

    この発表に対して、韓国側は「当時の朝鮮半島の情勢(が悪かったため)で(意思をもって日本に残ったことは)仕方なかった」と主張している。しかし、韓国側は、日本政府が摘発した韓国人密入国者や犯罪者の送還を拒否するとともに、これらを日本国内で釈放し居住させるよう要求していたという事実もある。

    原発を廃止しろ 貧しいから、日本へ行く!                                      

  • 何をいちゃもんつけたいんだ??



              「法令が禁じた学校での政治活動だ」



                     それがどうした??



          あしなが育英会奨学金への寄付で集めたお金は??



               連合の政治活動資金にした。 残りは、朝鮮学校へ寄付さ!!



                 何か、文句あるのか??  エエッ!!



    山梨県教職員組合(略称:山教組)は、民主党の輿石東参院幹事長(当時)の2004年夏に行われた参議院議員選挙に向けて、校長、教頭を含む小中学校教職員らから組織的に選挙資金を集めたとして、産経新聞に報道された。

    産経新聞は、この資金集めが山教組の9つの地域支部や傘下の校長組合、教頭組合を通じ、「カンパ」や「選挙闘争資金」の名目で、山教組の指令により、半強制的に実施されていると報じた。同紙には複数の教員による「資金は輿石東への政治献金として裏口座でプールされた」という証言が掲載された。

    教員組合による選挙資金集めは、教員の政治活動などを禁じた教育公務員特例法に違反する疑いもあるほか、献金には領収書も発行されておらず、政治資金規正法(不記載、虚偽記載)に抵触する可能性も指摘された。山梨県教育委員会は、山教組委員長や校長ら19人を処分したが、文部科学省は再調査を求めた。

    また国会でもこの問題が取りあげられ、「法令が禁じた学校での政治活動だ」との追及がなされた。その後、山教組幹部ら2人が政治資金規正法違反で罰金30万円の略式命令を受け、山梨県教育委員会も24人に対し、停職などの懲戒処分を行った。

    山教組幹部らは「教育基本法改正を前に狙い撃ちされた」と批判したが、こうした山教組の姿勢には批判の声もあがった。また、全国で日教組の組織率が低下している中、山教組は100%近い組織率を維持している。

    ○山教組が呼びかけた募金について
    産経新聞の報道によると、2009年5月に開催された、山梨県教職員組合(山教組)の定期大会で「子どもの学び保障救援カンパ」が採択され、主にあしなが育英会奨学金への寄付を名目として約1億7000万円が集まったが、実際にあしなが育英会に寄付された金額はそのうちの7000万円のみであった。

    残りの1億円については日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)に寄付され、その後連合から日教組に助成金として3750万円が交付されたとされる。それを今度は全額、朝鮮学校への支援金に回した。 この報道に対し連合と日教組側は、寄付金の使途は就学支援に限定し、募金の趣旨に沿っているので問題ないとしている。

    日教組のドン、置き石東 ↓

    原発を廃止しろ 何をいちゃもんつけたいんだ??              「法令が禁じた学校での政治活動だ」

  • <<
  • 42 21
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン