ここから本文です
  • 1

    *****

    又市征治さんのファンクラブです♪

    http://www.s-mataichi.com/

    頑張れ! 又市征治さん♪♪

  • <<
  • 261 238
  • >>
  • 2016年12月28日

    安倍首相の真珠湾訪問について(談話)

    社会民主党幹事長 又市征治

    4.今回の安倍首相の真珠湾訪問に先立ち、日米などの歴史学者ら50人以上が太平洋戦争を「自存自衛のための解放戦争だった」と正当化している保守層を支持基盤に持ち、東京裁判にも否定的な見方を示し、国会で「侵略の定義は定まっていない」と答弁している安倍首相に対し、先の大戦への歴史認識自体を問いただす公開質問状を発表した。安倍首相は質問状に真摯に誠実に答えるべきであるし、過ちを認めないままの慰霊であるならば、今回の真珠湾訪問と所感の発表は、うわべだけを糊塗する空虚な自己満足にすぎないといわざるを得ない。「和解」というのであれば、中国や韓国、朝鮮をはじめとするアジアの人々に対し、堪え難い犠牲と苦痛を与えたことを忘れてはならない。アジアへの侵略や植民地支配、強制徴用などについても、反省の意を何らかの形で表現すべきであり、アジアにおいても日本への信頼を醸成し広げていくべきである。

    5.アリゾナ記念館のそばに、「真珠湾の復讐者」の異名を持つ米海軍潜水艦ボーフィン号も眠っている。安倍首相は、1944年8月22日、ボーフィン号の魚雷攻撃を受け、沖縄の疎開児童ら1482人が犠牲となった対馬丸事件にも思いをはせるべきである。在日米軍基地の70%が沖縄に集中し、民意に反する新基地建設が強行されるなど、今なお続く沖縄の苦しみと悲しみは、真珠湾が原点であった。「戦争の惨禍は、二度と、繰り返してはならない」、「戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります」などと述べ、「不戦を誓った」と言うのであるならば、再び日本を戦争の当事国にしかねない憲法違反の「戦争法」制定を強行し、今も南スーダンPKOの新任務付与や日米ACSA改定など、「武力に基づく平和」を目指す政策を次々と推し進め、さらには明文改憲に突き進むということは、大きな矛盾にほかならない。戦争の惨禍は「政府の行為によつて」もたらされたのであり、首相に求められているのは、真に歴史を顧みて、日本が再び戦争をしないという約束である平和憲法を活かしていく決意である。

    以上

  • 2016年12月28日

    安倍首相の真珠湾訪問について(談話)

    社会民主党幹事長 又市征治

    1.日本軍の真珠湾奇襲攻撃により太平洋戦争の戦端が開かれてから今年で75年の節目となる。社民党は、戦争の歴史を改めて見据え、過去を反省し戦後75年続いてきた国際紛争を解決する手段としては武力を用いることはない「平和国家」日本の揺るぎない決意を未来につないでいく一歩になるとして、安倍首相の真珠湾訪問を求めてきた。そして本日午前、真珠湾を訪問した安倍首相は、75年前の真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナの乗組員を追悼するアリゾナ記念館をオバマ大統領とともに訪れ、犠牲者を慰霊し、「和解の力」と題して演説を行った。しかし、単なる慰霊ですますのではなく、犠牲者に真摯に向き合い、侵略戦争の加害者としての責任と深い悔悟を自らの言葉で語り、痛切な反省の上に立った慰霊であるべきであった。

    2.安倍首相の真珠湾訪問については、現職首相初の訪問だとして電撃的に発表されたが、その後、吉田茂元首相や鳩山一郎元首相、岸信介元首相も真珠湾を訪れていることが明らかになった。今回の訪問が、オバマ大統領を批判するトランプ次期大統領を「信頼できる」とし、対ロ接近を進めることへの反感を強めるオバマ大統領を取りなすための政治的パフォーマンスではないことを信じたい。

    3.安倍首相は演説で、「歴史にまれな、深く強く結ばれた同盟国になった」、「日米同盟をさらなる高みに押し上げていきたい」などと、「希望の同盟」としての日米同盟の強化を強調していることに、強い違和感を感じる。この間、日米同盟の名の下に、軍事面での日米の協力が進んできており、アメリカとともに世界中の戦争に加担する危険性が高まっている。日米同盟の強調は、真の意味での不戦を語ることにはつながらない。



  • ハハハ
    議員宿舎にオンナ連れ込んだ
    あの股いっつあんのことか・・・

    世の中に不平のかぎりを言うためにくっ付いてるような
    あのカワハギみたいな
    口元がなんとも御愛嬌だな

    このオトコに連れ込まれた
    オンナの方の口元も同じだったとしたら・・・オオロイな

  • 基地縮小と日米地位協定見直しを

    又市征治■又市征治幹事長が安倍首相に迫る

    社民党の又市征治幹事長は5月23日の参院決算委員会で、沖縄で発生した米軍属による女性暴行殺害事件について、警察庁の三浦正充刑事局長から、72年の本土復帰から今年4月末までの米軍人・軍属とその家族による凶悪事件(殺人、放火、強姦〈ごうかん〉)が575件との答弁を受けた上で「基地ある限り今後も事件事故の犠牲者が出るおそれがあることはこの事実が証明している。とすれば、基地の縮小、撤去を求めることは当たり前のこと」と主張した。

    事件への沖縄県民などの反応について又市幹事長は「政府は怒っているふり、米軍は謝ったふりだけしている。同じパターンの繰り返しではないかという怒りが渦巻いている」と指摘。

    安倍晋三首相は「政府としても米側に具体的かつ実効性ある再発防止策を求めていく考え」と、まさに同じパターンを繰り返した。

    又市幹事長は、日本での米軍関係者の犯罪にはやはり日本の法律が適用されるべきだとして「速やかに日米地位協定の抜本的改定を図る意思はあるのか」と質問。安倍首相は「実質的に(運用)改善を積み重ねてきたところ」と、これも同じパターン答弁だった。(社会新報2016年6月1日号)

  • 2016年6月5日

    沖縄県議会議員選挙の結果について(談話)

    社会民主党
    幹事長・選対委員長 又市 征治

    1 本日投開票が行なわれた沖縄県議会議員選挙(定数48)で、社民党は公認6名全員当選、推薦6名が勝利し、社民・護憲会派の議席を守ることができた。
     沖縄県民のご支援・ご協力に敬意を表するとともに、心からお礼を申し上げたい。また翁長知事就任後の初の県議選となり、翁長県政の与党勢力が過半数を維持した。
     戦後70年間、米軍基地による犠牲を強いられ、今回の米軍による女性暴行殺害事件をはじめ、後を絶たない凶悪犯罪に対する激しい怒りと苦悩を共有し、沖縄からの全基地撤去を求める沖縄県民とともに闘っていく。

    2 安倍政権は、今回の県議会議員選挙で高まった米軍基地の縮小・撤去と在沖海兵隊撤退、辺野古新基地建設反対、日米地位協定の根本的改定などの民意を真剣に受けとめ、全力をあげて取り組むべきである。
     また辺野古代執行訴訟をめぐる和解案は、国と地方が対等であることを示したものであることを重視し、沖縄の自治を尊重して和解案の協議を行うべきである。

    3 社民党は、今後も翁長県政を支え、辺野古新基地建設断念、普天間基地の閉鎖・撤去、在沖米軍基地の縮小・撤去、日米地位協定の全面改正、オスプレイ配備撤回を強く求めるとともに、参院選での野党候補の勝利と県民が安心して暮らせる沖縄を創るため全力をあげる。

    以上

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ,.――――-、
     ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、
      | |(・)。(・)|   
      | |@_,.--、_,>  頑張れ
      ヽヽ___ノ    又市征治
                で、ござる。
               ニンニン♪

  • 自民党勉強会における沖縄を冒涜し報道統制を狙う暴言に抗議する(談話)

    社会民主党幹事長 又市征治

    1.昨日開かれた安倍晋三首相に近い自民党の若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」の初会合で、講師として呼ばれた作家・百田尚樹氏が、「(普天間基地は)もともと田んぼの中にあり、周りには何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何年もかかって基地の周りに住みだした」、「うるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰だと言いたい」、「沖縄で米兵がレイプ事件を起こしているが、沖縄ではそれ以上の件数で沖縄県民がレイプ事件を起こしている」、「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」などと発言した。作家だからといって、世界一危険な普天間基地に関する歴史的事実を無視し、思い込みで勝手なことを発言するのは許されない。百田氏の暴言は、沖縄県民及び沖縄二紙に対する冒涜であり、社民党は、満腔の怒りをもって抗議するとともに、発言の撤回を強く求める。また、こうした百田氏を報道機関であるNHKの経営委員に任命していた安倍政権の責任も厳しく糾弾する。

    2.同勉強会で、出席議員から、米軍普天間飛行場の移設問題で政権に批判的な沖縄の地元紙について、「左翼勢力に完全に乗っ取られている。沖縄の世論のゆがみ方を正しい方向に持っていく」、「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」、「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」などの発言があった。この間、自民党自体が「選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い」という文書を在京のテレビキー局に送付したり、NHKとテレビ朝日幹部を呼びつけて事情聴取したりするなど、民主国家にあるまじき圧力をかけてきた。政権に批判的なマスコミを規制すべきだとする上記の発言は、こうした政府・自民党の動きと軌を一にしたものであり、若手議員の発言だからとはいえ断じて看過できるものではない。報道介入や言論弾圧を示唆し、権力による報道統制を肯定する暴言に断固抗議する。

  • 自民の放送局聴取 放送法に違反する

    ■又市征治幹事長

    自民党がテレビ朝日とNHKの番組内容に関しそれぞれの幹部から聴取する問題で、社民党の又市征治幹事長は16日の記者会見で「特定の番組の中身をめぐって事情聴取することは言論の自由、報道の自由に触れるおそれがある。ましてや政権党による番組チェックは番組編成の自由を保障する放送法に違反する」と述べた。

    (社会新報2015年4月17日号)

  • 13年度決算の実質審査が6日、参院決算委員会で始まった。社民党から同日に又市征治幹事長、9日に福島みずほ議員(副党首)、10日に吉田忠智党首が質問に立った。

    又市征治■又市征治幹事長

    又市幹事長は、内戦などで混乱する中東諸国に対する日本の資金提供による難民支援について、わが国が非軍事の人道支援として難民支援を行なうという趣旨は肯定できるとする一方、日本への渡航難民申請について、13年に申請者3260人に対して認定数は欧米諸国に比べて突出して少ないわずか6人、10年から14年11月の間のシリア人申請者61人に対しては1人も認定されなかったという実績を対置。「日本自身が難民認定基準を見直し、これを受け入れることも大事なのではないか」とただした。

    これに対し安倍晋三首相は、内戦などによる「避難民であることをもって直ちに難民条約上の難民に該当するものではない」と述べ、難民認定者数の少なさを条約上の定義の問題に解消するかのような答弁をした。

    又市幹事長は「国連高等難民弁務官事務所から過去12回、厳格すぎる(日本の)難民認定の見直しを求められている」と指摘した。

    (社会新報2015年2月18日号)

  • 5.「生活の向上」を口実として、マイナンバーに関する情報システム整備事業を計上しているが、むしろ情報漏えい・国民監視の強化など「生活の不安」が増すのではないか。また、「安全・安心な社会の実現」を名目に、「(ISIL(「イスラム国」)をめぐる問題への対応を含む)中東・北アフリカの安定化支援」の320億円が計上されているが、安倍首相が「ISILと闘う周辺各国」への支援だとエジプトで会見したことから、有志国連合の一員としてテロに巻き込まれる危険を惹起しかねない重大な政策変更につながる内容である。さらに「経済対策」を口実に、沖縄の米海兵隊のグアム移転、米軍普天間基地移設に関する施設整備費に加え、輸送ヘリの改修、軽装甲機動車の整備、離島の拠点整備などまで計上し、防衛費が約2110億円と13年度補正に比べ倍増し、軍事面での経済成長を狙う安倍カラーが如実に現われている。

    6.「好循環拡大」というが、そもそもアベノミクスでは「好循環」は拡大しない。社民党は、アベノミクスの問題点を浮き彫りにするとともに、家計支援のボトムアップの経済政策への転換を求めて引き続き奮闘していく。

    以上

  • 2014年度補正予算案の成立に当たって(談話)社会民主党 幹事長 又市征治

    1.本日の参議院本会議で、「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」を受けた2014補正予算3案が可決・成立した。わが党が求めてきた家計や中小企業の負担軽減、災害復旧関連、地域公共交通活性化、B型肝炎被害者支援なども盛り込まれているが、本質はアベノミクスの失敗隠しと統一自治体選挙向けバラマキが中心であり、緊要性が乏しく、不安拡大につながるものであることから、社民党は反対した。

    2.2014年度補正予算は、2015年度当初予算と一体的に編成された事実上の「15か月予算」となり、あわせて「3年連続100兆円」という巨大予算となった。「経済の脆弱な部分に的を絞り」、全国津々浦々に「好循環」の成果を届けるとしているが、いわゆるアベノミクスが失敗したがゆえに、地方や中小企業向けの支援策を講じざるを得なくなったという認識が欠如している。アベノミクスの根本的な誤りを認めさせるとともに、経済対策が必要な状況を招いた政府の責任を問わざるを得ない。

    3.一度かぎりの交付金や商品券のように、「地域振興券」などと同様、自治体業務ばかりが増え、消費喚起の効果も不透明な付け焼刃的な支援策が多く、地方や中小企業支援を謳いながら、実際には統一自治体選挙を前にしたバラマキ以外の何物でもない。

    4.そもそも財政法第29条は、補正予算は「特に緊要となつた経費の支出」と規定している。しかし、ロボット導入実証実験などのように、昨年の夏に概算要求され、本来2015年度本予算に計上すべき事業の一部が補正予算に「前倒し計上」されている。さらに、”地域経済活性化に資する”放送コンテンツ等海外展開支援事業などのように、「地方創生」と看板を「付け替え」ただけの、従来施策の焼き直しも多い。15年度本予算における見かけ上の「財政再建」をアピールするために、緊急性・必要性のない事業を補正予算に「飛ばし」た粉飾的手法も見られる。

  • テキサス親父、グレンデール市議会に




    「慰安婦像は日本人の名誉を毀損している。




    侮辱している」




    マラーノ氏一流の弁舌や論理展開に議会も沈黙




    2014年10月26日

    「テキサス親父」こと、米評論家のトニー・マラーノ氏が、
    慰安婦の像や碑の設置を続ける韓国系団体に、米国の市議
    会で反撃を始めた。

    慰安婦像などの設置を「日本バッシング(叩き)ではない」
    とする米側の主張を逆手に取り、米軍相手の慰安婦「ヤンコ
    ンジュ(洋公主=米軍慰安婦)」の像設置を要求したのだ。
    マラーノ氏一流の弁舌や論理展開に、米市議会も沈黙するし
    かなかったようだ。  

    「日本人の名誉を毀損(きそん)している。侮辱している」

    マラーノ氏は21日(日本時間22日)、カリフォルニア州
    グレンデール市の市議会でこう言い切った。

    これは事前に届け出れば、誰でも市議会で意見を述べること
    ができるパブリックコメント制度を利用したもの。市民以外
    でも参加でき、これまで韓国系団体が日本バッシングに悪用
    してきた制度だ。

    マラーノ氏はまず、「あなたたちの(慰安婦像を設置した)
    目的は尊い」と、皮肉たっぷりで市議らを持ち上げて、こう
    続けた。

    「最近、韓国で新しい慰安婦グループが『韓国政府に1950
    年から92年の間、強制的に慰安婦にさせられた』と言ってい
    る。これはグレンデール市としては、日本や日本の人々に対し
    て、自分たちが一貫性があることを表明するチャンスだ」

    新しい慰安婦グループとは、朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基
    地近くの売春街で米兵相手の売春をしていた「ヤンコンジュ」
    「基地村女性」と呼ばれた韓国人女性だ。

    このうち122人が今年6月、「韓国政府の厳しい管理下に
    置かれて、人権を侵害された」として、朴槿恵(パク・クネ)
    大統領率いる韓国政府に国家賠償訴訟を起こしている。

    マラーノ氏は続けた。

    「貴市は、今ある慰安婦像が『日本や日本人を差別したり、
    侮辱する目的で設置されたわけではない』と証明すべきだ。

    そのためには、新しい慰安婦グループ(=米軍慰安婦)のた
    めの像を設置したらどうか。現在の像の隣に、大理石の記念
    碑などを設置することを勧める」

    http://news.livedoor.com/article/detail/9395058/

    http://hosyusokuhou.jp/

    又市征治ファンクラブ♪ テキサス親父、グレンデール市議会に     「慰安婦像は日本人の名誉を毀損している。      侮辱

  • テレビ番組で、同時通訳者のことをやっていましたが・・・




          あなたは、知らず知らずのうちに、




            言葉のマインドコントロールに陥っていませんか???




    戦前の国際連盟や、戦後の国際連合、これを英語でなんというか?
    国際連盟は、リーグ オブ ネイションズ、国際連合は、ユナイテッド ネイションズ=UNです。

    リーグはセ・リーグやパ・リーグというように、戦前から連盟という訳が確立していましたが、国際と訳すべき対象語が全く見当たりません。

    常識的な日本人は、リーグ オブ ネイションズは国際連盟ではなく諸国連盟と翻訳するでしょうし、ユナイテッド ネイションズ=UNは、国際連合ではなく、せいぜいどうひいき目に見ても諸国同盟と訳するのが関の山でしょう。
    だって、つい先日まで日本と死闘を演じていた敵国、連合国=ユナイテッド ネイションズなんですよ。<注>アダム・スミスの名著、ウェルス オブ ネイションズは、国際民の富ではなく、諸国民の富と訳されていますが。

    では、いったいどこから“国際“という言葉がでてきたのでしょうか?
    これは、日本の役人さん、特に外務官僚が編み出したトリックで、日本国民やマスメディアをマインドコントロールするための作為的翻訳語なのです。

    国際という言葉が持つ語感から、そこになんらかしらの正義性やかすかな世界との連帯感を感じるからです。

    実は、その起源は19世紀中ごろのヨーロッパ世界での動きまでさかのぼります。マルクス・エンゲルスが共同で、あの衝撃的な「共産党宣言」を発表します。そして、マルクスは何よりも万国の労働者の団結を最優先戦略と考え、やたらめったら“インターナショナル”という言葉を、腐るほど連発します。国際共産主義運動として、今でも根強く残っています。

    マルクスのこの世界規模での言葉によるマインドコントロール作戦は、世界史上類例を見ない大変な成功を収めたと言えるでしょう。

    当時多くの知識人たちは、インターナショナル=国際という言葉に、ほのかな正義性と何とも言えない連帯感を、その言葉の語感から感じ取ったのであります。

    これは、すぐさま日本の知識人にも多大な影響を及ぼし、国際イクオール正義・連帯を感情的に連想させるようになりました。この国際という言葉は、よほど知識人の心をくすぐるもんなんですね。

    私の学生時代、周りの学生が、“ああ、インターナショナル・・・”と喚き散らしながらよく歌っているのを聞きました。ある時一人の学生に何のためにそんなへんてこな歌を歌うのかを尋ねてみたところ、インターナショナル=国際という呪文を唱えることにより、なんともいえないほのかな世界との幻覚的な連帯感を味わうことができるとの回答が、帰ってきました。

    国際共産主義運動に非常な危機感と嫉妬を強く覚えた日本のお役人さん、特に外務官僚は、“では、我々も”国際“という言葉をやたらめったら使ってみよう”という戦略に打って出ました。

    一発目が国際連盟。この翻訳が、国民やマスメディアにバカ受け。これにあじをしめた外務官僚は、二発目として、連合国=ユナイテッド ネイションズを国際連合と翻訳。たちまち二匹目のドジョウよろしくこれまた国民やマスメディアに超バカ受け。(もし当時同時通訳の人がいたら、昨日と今日とで翻訳がガラリと変わり、大変こんがらかったことでしょう。)

    国連憲章という言葉の持つ語感と、諸国同盟憲章という言葉の語感とでは、随分違うと思われませんか。前者のほうが、後者よりもなんとなく正義性が強そうに響くように思われませんか・・・

    翻訳の仕方ひとつで、国民やマスメディアの感情はかなり異なってくるということでしょう。

    <余談>
    国連憲章のもとになったのは、大西洋上で1940年(日米開戦は翌年の1941年)ルーズベルトとチャーチルが発表した大西洋憲章です。当初のルーズベルト案では、UN=ユナイティド ネイションズ(諸国連合)ではなく、アソシエイティド ネイションズ=関係諸国となっていました。その言葉の響きがあまりにも弱すぎる、これじゃドイツとの戦争に勝てないとチャーチルが不満を述べ、
    チャーチルはより同盟という意味合いを強めたユナイティド ネイションズに変えるように進言したのです。
    それで、現在の国連=UNができたわけで、チャーチルの強い進言がなければ国連=ANとなっていたでしょう。

    又市征治ファンクラブ♪ テレビ番組で、同時通訳者のことをやっていましたが・・・           あなたは、知らず知らずの

  • 「お主もワルよのう」






                  「貧すれば鈍する」






                       “とうに処分済みだ!” だってさ!!






    【ソウル聯合ニュース】韓国の姜昌熙(カン・チャンヒ)国会議長は27日、呉公太(オ・ゴンテ)中央本部団長をはじめとする在日本大韓民国民団(民団)幹部8人の表敬訪問を受け、在外国民の安全や投票権保障などについて意見を交わした。

     呉団長は「安倍晋三首相の就任以降、『在日特権を許さない市民の会』(在特会)など右翼勢力の活動で在日同胞の安全な生活が脅かされている」と述べ、この問題に韓国政府が関心を持つよう求めた。

    2013/08/27朝鮮日報


    在日本大韓民国民団(民団)団長の呉公太は、パチンコホール27店舗を運営している株式会社三公商事の代表です。

    そして、呉公太は「呉本公太」という通名(偽名)を使い、民主党政権下で防衛大臣政務官だった下条みつ(先の衆院選で落選)に政治献金をしました。

    民団団長から献金貰った民主党防衛大臣政務官(下條みつ)&民主党、パチンコ店や在日コリアンからの献金をマネーロンダリング

    下条みつの政治団体「みつの会」の収支報告書には、平成20年から22年まで、それぞれ100万円、110万円、100万円の政治資金パーティーへの支払いがあります。

    いずれも呉公太が代表を務める会社名義で、代表者の名は「呉本公太」と通名(偽名)が記載されており、外国人からの献金とはわからないようにしました。


    民団は、会員数50万人を数える在日韓国人などのための組織です。

    民団は、違憲な外国人地方参政権付与を主張し、いわゆる従軍慰安婦問題で日本政府に難癖をつけている反日組織です。

    呉公太は民団団長として、2012年5月に民団代表団とともに李明博大統領を訪れ、在日韓国人の地方選挙参政権の獲得などに向けてさらなる支援を要請しました。

    韓国人は、嘘つき元慰安婦の証言があれば、従軍慰安婦という日本の犯罪が立証できると主張しています。

    民団は、「安倍晋三首相は、いわゆる従軍慰安婦問題について『軍による直接関与を示す証拠はない』と主張している」と訴え、安倍政権を批判しています。

    安倍首相の発言は事実あり、韓国政府も日本軍直接関与を裏付ける証拠をもっていませんが、民団は日本政府の調査に難癖をつけています。

    2月13日付の「民団新聞」は、従軍慰安婦について、「軍・官憲や業者による強制は巧妙であり、関連資料が残っていたとしてもとうに処分済みだ」と主張しました。

    <布帳馬車>どっちがサムライらしいのか

    軍・官憲や業者による強制は巧妙であり、関連資料が残っていたとしてもとうに処分済みだ。「証拠がない」などとうそぶく安倍氏と歴史事実に向き合った河野氏といずれがサムライか。悪徳商人からの賄賂を懐手にしながら、「お主もワルよのう」などと高笑いする大名は時代劇の中だけにしてもらいたい。
    2013.2.13民団新聞抜粋


    5月24日付の「民団新聞」は、「公の文書などなくとも、被害者の証言と状況証拠があれば十分だ」と主張しました。

    <布帳馬車>「貧すれば鈍する」vs「窮すれば通ず」

    日本の為政者は従軍慰安婦問題について、軍の関与と強制性を認めた河野談話があるにもかかわらず、強制性を示す文書(証拠)は存在しないとの立場を間欠的に示してきた。その中心人物の一人である安倍首相は、河野談話の見直しさえ公言してはばからない。こうした奇異な態度が橋下徹大阪市長の「慰安婦は必要だった」などとする妄言につながっている。

     文書がなければ犯罪行為は立証できない?まさか!それを裏付ける公の文書などなくとも、被害者の証言と状況証拠があれば十分なはずだ。日清・日露戦争当時から万国公法に通じていたことを自慢してきた日本は、戦時国際法にも熟知していた。それに抵触する行為を示す文書は極力残さず、残っていたとしても焼却したに違いない。
    2013.6.12 民団新聞



    民団のボス、パチ屋のデブ呉公 ↓

    又市征治ファンクラブ♪ 「お主もワルよのう」                      「貧すれば鈍する」         

  • 韓国の反日デモで、「アンネの日記」の

    アンネフランクの写真を踏みつける韓国人達


    http://blog.livedoor.jp/annef/


    http://www.youtube.com/watch?v=q2msEyPXIMs


    ナチスやヒトラー、ハーケンクロイツが大好きな朝鮮人達

    http://blog.livedoor.jp/annef/

    又市征治ファンクラブ♪ 韓国の反日デモで、「アンネの日記」の   アンネフランクの写真を踏みつける韓国人達   http:/

  • 日本政府に対し補償を要求??




           なぜ??





              日本の弁護士の助言???




    第2回国会衆議院本会議第55号(昭和23年6月4日、1948年23期)より


    ○衆議院議員榊原亨君
    私は、最近激増しつつあります癩患者の犯罪に対する処置並びに癩病に対する救癩事業そのものにおいて、はなはだ遺憾の点多く、これが緊急の対策を要するものありと考えますので、以下諸点につき、法務総裁並びに厚生大臣の責任ある御答弁を要求する次第であります。

    問題となりますのは朝鮮人患者のことであります。現在朝鮮人癩患者は、一療養所に約四、五百名くらい收容せられておるのでございまするが、戰前朝鮮の小鹿島にありました約六千名の癩病患者は、終戰と同時に日本人職員が引揚げたのを機会に、全部これが脱出をはかりまして、この脱出いたしました六千名の癩患者の大部分は、あらゆる手段を講じて、日本に向け多数密航してきたのであります。

    その一例を申しますると、兵庫縣の尼崎市におけるがごときものでありまして、これら朝鮮人患者は、日本において一團を組織いたしまして、不良なる日本人または朝鮮人と共謀いたしまして、いろいろ凶惡なる犯罪を犯しつつあるのであります。

    そして、彼らの一部が万一警察に捕われましても、前に申し上げた通り、何ら処罰を受けることなく、そのまま癩療養所に再び收容され、彼らはますます増長いたしまして、療養所内の秩序を乱し、勝手氣ままな生活をした後、折を見て再び三たび脱出するという順序を繰返しておるのでございまして、療養所は、この種犯罪者の安全なる温床となつておるのであります。

    これらの点につきましても何らか緊急の処置を講じなければ、社会の安寧秩序の上から申しましても、実に重大なる事態に至ることを憂うるものであります。

     私どもの見るところによりますと、近來厚生省の方針はあまりに結核対策に重点をおき過ぎ、癩対策に対しては関心がないようでありまするが、この点は、ぜひとも当局の猛省を要望するのであります。


    ○國務大臣(鈴木義男君) 
    榊原君から癩患者の犯罪について御質問でありまするが、癩患者の犯罪はまことに困つた問題でありまして、もとより檢察当局としては、区別をして取扱うようなことはないのであります。

    しかしながら、癩患者であるということを発見いたしますれば、できるだけ通常の刑務所に收容せずに、特別の刑務所に收容をするか、あるいは病院に送付いたしまして、病院について調査をし、あるいは取調べを継続するというようにいたしておるのであります。

    法務廳といたしましては、ぜひ特別の癩患者のための刑務所を施設いたしたいということで、数年前から予算を提出しておるのでありまするが、國費多端であるためと、この問題に対する認識が十分でないためと伴いまして、いつもこの予算が削られておるような次第でありまして、・・・

    みなさん、不思議に思いませんか??
    昭和20年、1945年8月15日に朝鮮半島は日本から解放されたんですよね。
    苛酷な植民地支配とやらから。

    当時朝鮮には全羅南道の小鹿島(ソロクト)に、ハンセン病患者を隔離・収容する小鹿島更生園という日本が創設した国立ハンセン氏病の療養所がありました。
    やっと苛酷な日帝からの植民地支配から脱することができたのに、どうして患者さんたちは日本にわざわざ密航してきたのでしょうか・・・
    まさか、ハンセン氏病患者さんを日本に強制連行するような奇徳な日本人は一人もいないでしょう!

    それでも彼らは強制連行されたと平然と叫ぶのです。
    それに反論すると、差別者、レイシストと糾弾されるのです。
    こんな国、世界中で日本だけですよ!
    早く、普通の国になりましょうよ!!

    榊原 亨(1899~1992) 日本の心臓手術の先駆者。福井県生まれ。九州帝大卒業、金沢医大
    助手、岡山医大外科助教授を経て外科榊原病院(現在心臓病センター榊原病院)を開設。岡山県医師会長、日本医師会副会長、国会議員を務めた。

    日本の心臓手術研究の先駆者・榊原亨氏 ↓

    又市征治ファンクラブ♪ 日本政府に対し補償を要求??             なぜ??                 日本

  • 又市征治後援会は、日々奮闘・活躍を続ける又市征治氏の活動を応援してくださる会員を募集しています。あなたも一緒に活動してみませんか?

    ■後援会報の発行
     会員の皆様あてに後援会報「又さんだより」をお送りしています。
     情勢と課題、国会内外での又市議員の取り組み等を紹介しています。
     発行は、新年と夏の年2回です。

    ■総会・国政報告会の開催(例年1月)
     後援会総会・国政報告会・新春交歓会を開催しています。
     2006年は、総会・国政報告会に400名、新春交歓会に500名の方に参加いただきました。

    ■会費・カンパの送付先
     会費は1年間1000円です。(毎年12月末締め)
     当会の主旨にご賛同いただける方のカンパも大歓迎です。
     
     ●郵便振替口座:00750-4-37852
     ●口  座  名:又市征治後援会
       ※新規ご入会の方は、その旨通信欄にご記入ください。

    ■お問い合わせは
     又市征治後援会事務局
     〒930-0804 富山市下新町8-16
     TEL 076-441-0800
    まで、お願いいたします。

  • 神話が無くなれば、どうなるのだああーーー???






       誇りを持つべきものが、何もなくなってしまうではないかああーーー!!!






            何としても、神話の崩壊を食い止めよ!!!







    韓国では日本統治時代は「日本は無慈悲に我が民族の土地と食糧と労働力を収奪した。だから我が民族は草の根や木の皮でようやく命をつないだり、海外に流浪するしかなかった」というイメージが定着しています。

     ソウル大学教授の李榮薫(イ ヨンフン)氏はこのイメージは1955年東京大学に留学していた韓国の研究者が朝鮮人労働者を大量に収奪したと学術論文を書いたことによる、と述べています。こういったものがなんら実証的な根拠なく、教科書にも表れることになったようです。

     李教授は日本統治時代は経済成長率が年率プラス3.7%となっており人口増加1.3%を上回っていることをあげ、工場などの生産施設や鉄道などの社会間接資本、近代的な法と制度、そして市場経済のシステム、高い教育水準を持つ人的資源を遺産として残したと綿密な統計を示して指摘しています。

     また、農民の土地台帳には韓国人の農民の土地が奪われ日本人のものになった例は一例もなく、米の半島から内地への移出は搾取ではなく内地のほうが米の価格が高いからで韓国人がより高い収入を得るため売却し、農村経済が向上したと述べているほか、挺身隊と慰安婦が無関係であること、650万の強制連行が事実出ないことも述べています。


     こうして韓国の神話は音を立てて崩れてきていますが、国家起源を含めて神話がなくなったとき、韓国は誇りを持つべきものが何もなくなってしまいます。でもこれから誇りある歴史を作れば良いのですが、彼らはどこへ向かうでしょうか

    又市征治ファンクラブ♪ 神話が無くなれば、どうなるのだああーーー???           誇りを持つべきものが、何もなくな

  • <<
  • 261 238
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン