ここから本文です
  • 1

    ようやく狂った無能政治の「暗黒の政治」の3年間に終わりを告げた!

    政権が欲しいだけの間抜けた素人無能集団を持ち上げ、「政権交代をしたあとにはバラ色の日本の時代が来るような幻想」を平和ボケして思考能力を失った間抜け国民に与え、不抜けで覚悟のない自民党長期政権の失態に乗じて馬鹿に政治をやらせるまで至った責任の多くは屑マスコミにある!

    しかし国民はそんな屑マスコミに天誅を加え国会議員のように覚醒させるとはできない!
    それに乗じて屑マスコミは相変わらずノサバっている。

    こんな状況で日本がよくなるはずがない!
    このトピは、ネット市民が、NHK,朝日深部をはじめとした屑マスコミを徹底的に糾弾して、葬り去るトピです!

  • <<
  • 43 24
  • >>
  • 雇用契約交わしていた!!





             商業ベースでの契約に基づいて雇用





    ◆慰安婦:「雇用契約交わしていた」=米軍報告書
    2007/05/19 朝鮮日報

     第2次大戦中の旧日本軍の「従軍慰安婦」について調査を行ってきた米国陸軍は、慰安婦として働いた女性らが「一定の契約を交わして雇用されていた」ことを報告書に明記したと、産経新聞が18日付で報じた。

     同紙によると、米国陸軍の戦争情報局心理作戦班が1944年9月に作成した「戦闘地域の日本軍の売春所」と題した報告書に、こうした内容が記載されているという。

     米軍の東南アジア翻訳尋問センターによる同年11月の尋問報告書の中に含まれていたこの報告書は、1973年に公開が解禁された、と同紙は報じた。

     報告書によると、ソウルで金品と引き換えに徴募され、ビルマ(現ミャンマー)のミイトキーナ(現ミッチナ)地区にあった「キョウエイ」慰安所で日本軍を相手に売春行為を行っていた朝鮮人女性20人と、慰安所を経営していた41歳の日本人男性が、米軍の捕虜となった。

     その際、米軍が主に日本人経営者に対する尋問を行って作成した報告書では、「すべての慰安婦は以下のような条件で契約を交わして雇用していた」とあり、慰安婦の女性らが基本的に商業ベースでの契約に基づいて雇用されていたという事実を率直に記した契約書の内容が盛り込まれていた、と同紙は報じた。

     同紙は「報告書に慰安婦の雇用条件や契約条件が明記されており、慰安婦の女性が一定額の借金を返せば解放されるという条項があるという点で、当時の米軍当局が日本軍の“強制徴用”や“性奴隷”とは違った認識を持っていた証拠になる」と強調している。

    NEWSIS/朝鮮日報日本語版

    http://megalodon.jp/2008-0724-1151-38/www.chosunonline.com/article/20070519000010


    『朝鮮日報』とは文字通り南朝鮮で発行される新聞である。日本がプロパガンダで発行しているものではない。

    南鮮は本当に有ったことを当時書いたのだが、自分たちの都合の悪いことは、今後は無かったことにする気・違い衆愚民族ということがよく分かる。あくまで売春婦は『日帝に強制された可哀想な性奴隷』でないと困るのである。そうしないとそれをネタに日本から金を強請り取ることが出来ないからである。彼らの言う『歴史認識』とはそういうことなのだ。


    ビルマ(現ミャンマー)のミイトキーナ(現ミッチナ)での米軍による朝鮮人慰安婦の尋問 ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 雇用契約交わしていた!!                商業ベースでの契約に基づいて雇用

  • 前非を問わない





         分別のない同胞がいなくなることを希望





             建設する働き手とならんことを・・・





     在日韓国朝鮮人が今でも恥知らずにも「ウリたちは日本に強制連行されてきたニダ」というウソを民族集団の中でばら撒き、教育しています。断っておきますが、「韓国国内での話」ではなく、日本国内での話ですよ。

    在日はこれを「民族教育」と呼んでいますが、はっきり言えば、日本憎悪を刷り込む「反日教育」以外の何物でもありません。在日にとっての「日本憎悪」は、彼らの向学心や出世欲の燃料なんです。

    「ハングリーさ」ではなく「日本と日本人憎悪」なんです。これは全ての在日が持っている共通する価値観ですよ。ですから自分が恵まれないと「自分たちは差別されているニダ」となります。

     在日韓国人は日本人向けでは、「表向き」は「日韓の架け橋」的なことは言います。しかし実際には、反日教育をしっかりおこない「日本敵視」の教育を彼らは決して止めません。 在日韓国人はまた、韓国向けでは「ウリナラは心の祖国ニダ~!」とか言いますが、なぜか・・・なぜか韓国に帰国しようとはしません。

    おまけに、韓国国民男性の義務である「兵役義務」も、在日の中に兵役該当者が約8万人もいると言われていますが、兵役に参加したのはたったの100名余。 まあ、見事なコウモリっぷりでしょ!


     実は、在日韓国人が「韓国に戻る」チャンスは過去にもありました。在日韓国人は見たくはないでしょうが、以下は韓国政府の公文書です。文書名は「日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話」で、日付は「1965年12月18日」となっています。 

     [文書名] 日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話
    http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19651218.S1J.html

    [年月日] 1965年12月18日
    [出 典] 日本外交主要文書・年表(2),629-630頁 及「大韓民国外交年表 附主要文献」,

    1965年629-630頁
    [備 考] 翻訳 玄大松 [全 文] 大統領談話文(韓日協定批准書交換に際して)


    親愛なる在日僑胞(キョッポ)の皆さん!

     私は,日本の空の下で韓国同胞たちが再び分裂して相剋することなく,暖い同胞愛の紐帯の中で互いに和睦して親近となり,また幸福な生活を営なむことを希望してやみません。

     これとともに私は,これまで「分別なく故国をすてて日本に密入国」しようとして抑留され祖国のあるべき国民になれなかった同胞に対しても,この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。

     再びこうした分別のない同胞がいなくなることを希望しながら,今日からわれわれは新しい気持と新しい心構えで,栄えあるわが祖国を建設する働き手とならんことを,訴えてやみません。

                                       1965年12月18日   大統領 朴正煕


     おそらく在日2世、3世、4世は、この文書の存在さえ知らないでしょう。朴正煕大統領は、韓国の近代化のために日本で教育を受けた在日の働き手が欲しかったのでしょうね。しかし、在日韓国人社会では、北朝鮮向けにおこなわれたような「祖国帰国運動」は起こりませんでた。

    半島に暮らす韓国人の多くが、在日韓国人のことを「パンチョッ・パリ(半分日本人野郎)」とさげすんで呼ぶのはこういうことを在日韓国人がしてきたからです。朝鮮戦争から逃げ、韓国の近代化に手を貸さなかった連中など許せないニダというのが韓国人の本音でしょう。

      戦後いったん日本から朝鮮に戻った人は朝鮮戦争に巻き込まれ再び日本に逃げた!

     在日韓国人というのは、朝鮮半島でおこなわれた「韓国大虐殺」や「朝鮮戦争」から逃れて、日本に逃げてきた一時的な戦争難民であり、彼らが本来暮らすべき家は朝鮮半島以外ありません。今は「韓国語が話せない」などと御託を並べていますが、日本国民と世界は「人道」にのっとり、在日韓国人は韓国に戻すべきなんです。

    一時的には不平不満を言うでしょうが、「韓国人は祖国・韓国で暮らす」べきなんです。私たち日本国民は「心を鬼にしてでも」在日韓国人たちが祖国で暮らせるように応援してあげるべきなんですね

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 前非を問わない           分別のない同胞がいなくなることを希望              

  • 廃止されます!!





           外国人登録法!!





    在留管理制度と特別永住者管理制度

    在留管理制度

    http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html
     外国人登録法の廃止によって外国人登録証明書に変わり、新たに「特別永住者証明書」と「在留カード」が交付される。その手続きは2015年7月8日まで。対象は下記。

    ① 「3月」以下の在留期間が決定された人

    ② 「短期滞在」の在留資格が決定された人


    ③ 「外交」又は「公用」の在留資格が決定された人

    ④ ①から③の外国人に準じるものとして法務省令で定める人 (台湾、パレスチナ)


    ⑤ 特別永住者

    ⑥ 在留資格を有しない人 (出国命令、退去強制、在留特別許可)

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 廃止されます!!             外国人登録法!!      在留管理制度と特別永住者管理制

  • テレビ番組で、同時通訳者のことをやっていましたが・・・





          あなたは、知らず知らずのうちに、





            言葉のマインドコントロールに陥っていませんか???





    戦前の国際連盟や、戦後の国際連合、これを英語でなんというか?
    国際連盟は、リーグ オブ ネイションズ、国際連合は、ユナイテッド ネイションズ=UNです。

    リーグはセ・リーグやパ・リーグというように、戦前から連盟という訳が確立していましたが、国際と訳すべき対象語が全く見当たりません。

    常識的な日本人は、リーグ オブ ネイションズは国際連盟ではなく諸国連盟と翻訳するでしょうし、ユナイテッド ネイションズ=UNは、国際連合ではなく、せいぜいどうひいき目に見ても諸国同盟と訳するのが関の山でしょう。
    だって、つい先日まで日本と死闘を演じていた敵国、連合国=ユナイテッド ネイションズなんですよ。<注>アダム・スミスの名著、ウェルス オブ ネイションズは、国際民の富ではなく、諸国民の富と訳されていますが。

    では、いったいどこから“国際“という言葉がでてきたのでしょうか?
    これは、日本の役人さん、特に外務官僚が編み出したトリックで、日本国民やマスメディアをマインドコントロールするための作為的翻訳語なのです。

    国際という言葉が持つ語感から、そこになんらかしらの正義性やかすかな世界との連帯感を感じるからです。

    実は、その起源は19世紀中ごろのヨーロッパ世界での動きまでさかのぼります。マルクス・エンゲルスが共同で、あの衝撃的な「共産党宣言」を発表します。そして、マルクスは何よりも万国の労働者の団結を最優先戦略と考え、やたらめったら“インターナショナル”という言葉を、腐るほど連発します。国際共産主義運動として、今でも根強く残っています。

    マルクスのこの世界規模での言葉によるマインドコントロール作戦は、世界史上類例を見ない大変な成功を収めたと言えるでしょう。

    当時多くの知識人たちは、インターナショナル=国際という言葉に、ほのかな正義性と何とも言えない連帯感を、その言葉の語感から感じ取ったのであります。

    これは、すぐさま日本の知識人にも多大な影響を及ぼし、国際イクオール正義・連帯を感情的に連想させるようになりました。この国際という言葉は、よほど知識人の心をくすぐるもんなんですね。

    私の学生時代、周りの学生が、“ああ、インターナショナル・・・”と喚き散らしながらよく歌っているのを聞きました。ある時一人の学生に何のためにそんなへんてこな歌を歌うのかを尋ねてみたところ、インターナショナル=国際という呪文を唱えることにより、なんともいえないほのかな世界との幻覚的な連帯感を味わうことができるとの回答が、帰ってきました。

    国際共産主義運動に非常な危機感と嫉妬を強く覚えた日本のお役人さん、特に外務官僚は、“では、我々も”国際“という言葉をやたらめったら使ってみよう”という戦略に打って出ました。

    一発目が国際連盟。この翻訳が、国民やマスメディアにバカ受け。これにあじをしめた外務官僚は、二発目として、連合国=ユナイテッド ネイションズを国際連合と翻訳。たちまち二匹目のドジョウよろしくこれまた国民やマスメディアに超バカ受け。(もし当時同時通訳の人がいたら、昨日と今日とで翻訳がガラリと変わり、大変こんがらかったことでしょう。)

    国連憲章という言葉の持つ語感と、諸国同盟憲章という言葉の語感とでは、随分違うと思われませんか。前者のほうが、後者よりもなんとなく正義性が強そうに響くように思われませんか・・・

    翻訳の仕方ひとつで、国民やマスメディアの感情はかなり異なってくるということでしょう。

    <余談>
    国連憲章のもとになったのは、大西洋上で1940年(日米開戦は翌年の1941年)ルーズベルトとチャーチルが発表した大西洋憲章です。当初のルーズベルト案では、UN=ユナイティド ネイションズ(諸国連合)ではなく、アソシエイティド ネイションズ=関係諸国となっていました。その言葉の響きがあまりにも弱すぎる、これじゃドイツとの戦争に勝てないとチャーチルが不満を述べ、
    チャーチルはより同盟という意味合いを強めたユナイティド ネイションズに変えるように進言したのです。
    それで、現在の国連=UNができたわけで、チャーチルの強い進言がなければ国連=ANとなっていたでしょう。

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! テレビ番組で、同時通訳者のことをやっていましたが・・・            あなたは、知らず知らず

  • 見たことありますか???





            ピカソの絵を???





               知ってました?? 





    このピカソ晩年の絵を??





    「ゲルニカ」と並ぶピカソの作品に「朝鮮の虐殺」という作品があちます。この作品の背景にあるのが、1950年から始まった朝鮮戦争において、国連軍占領下にあった「信川(シンチョン」で発生した、住民の4分の1にあたる3万5383人が虐殺されたとされる「信川虐殺事件」なんだそうです。

    加害者については「米軍説」と「韓国人反共主義者集説」があるそうです。この時代、韓国軍と米軍、反共自警団による「北のスパイ狩り」は凄惨を極めました。 もうお分かりですよね。 この事件もまた「在日韓国人の日本密入国の原因になった事件の一つ」なんです。韓国人はみな韓国から逃げたんです。 着の身着まま、命からがらね。  


       
      在日は「本当の韓国人の歴史」に目を背けないで!


     朝鮮半島の「黄海南道信川(sンチョン)郡」では、1950年12月7日に米軍により、火薬庫に母親と子どもを分けて閉じこめ、ガソリンをかけて火を付け、400人の母親と102人の子どもを含む910人が虐殺されたと言います。http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj1999/sinboj99-10/sinboj991018/sinboj99101861.htm  

    でもこれって、「韓国の慰安婦マンガ」でも同じような場面がありましたね。ということは、米軍や韓国軍がやった犯罪行為までもが「日本軍のせい」に置き換えられる工作が組織的におこなわれているということでしょう。この頃の米軍と韓国軍は、「男は皆殺し」、「女は強姦」を組織的にやっていました。 アメリカ軍と韓国軍の犯罪の闇は深そうですね。
     
       
       在日韓国人を生み出したのは韓国軍や米軍ではないのですか?


     在日韓国人は目を開けて、どうかこの作品をしっかり見てください。「在日韓国人1世とは、韓国での虐殺から逃れ、日本に逃げた連中」のことであることを! 「強制連行」という言い訳は、この密入国韓国人たちが、「特別永住資格の不正取得をごまかすためのみじめな言い訳=うそ」でしかないことを! 

    ピカソが描いているのは、韓国人虐殺者と、在日韓国人1世の親族であることを! しっかり歴史を直視してください。そして、「強制連行」というウソを信じてきたこと恥じてください。「歴史の勉強」はまずは事実検証から始めてください。


    パブロ・ピカソ作 「朝鮮の虐殺」(Masacre en Corea 1951)フランス国立ピカソ美術館収蔵  ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 見たことありますか???              ピカソの絵を???               

  • 移民とは別の問題???





            なぜ??    なぜ??





    在日韓国朝鮮人が「強制連行」を今も主張する理由は何なの?




      終戦以前に日本にいなかった在日は永住資格はもらえない?




    「SAPIO2014年6月号」が石原慎太郎議員の見解を記事にしています。題して「在日朝鮮人・韓国人へのヘイトスピーチについて石原氏の見解」 。SAPIOも忙しそうですね。

    <略>
    一方で朝鮮総連がさまざまな建物を「外交機関に準ずる機関」の関連施設であるとして固定資産税の減免措置を受けてきたことは事実です。

    <略>

    また韓国側が事実に即した歴史教育を行なわなかったり、要人が日本人を挑発するような発言を繰り返したりすれば、当然、日本人はよくない感情を抱くでしょう。在日朝鮮人・韓国人に限らず、外国人はどうしても母国の評判を背負ってしまう。本格的な移民時代を迎えれば、その種の問題は顕在化するでしょう。」http://www.news-postseven.com/archives/20140601_255509.html


    「在日韓国朝鮮人は元祖・移民なのか?」という問題です。まず在日韓国朝鮮人を定義します。在日韓国人は「韓国籍と日本の特別永住資格を持つ在日朝鮮人」、在日朝鮮人は「朝鮮籍か北朝鮮国籍と日本の特別永住資格を持つ在日朝鮮人」とします。


     まず在日韓国朝鮮人(以下、在日)は「移民」か? これは結論から言うと「移民」ですよね。戦争難民であろうが経済移民であろうが目的には関係なく移民なんでしょう。


    では、在日は「合法移民」か? これは違いますよね。ですから在日は「不法移民」と呼ぶべきです。でも、在日38万人は「日本の特別永住資格」を持っていますよね。そう持っています。でも本来持てるはずのない在日がなぜ「日本の特別永住資格」を持っているのか。不思議です。


     そもそも「特別永住資格」とは何なのか? 「終戦(1945年)前から日本に居住し、サンフランシスコ講和条約の発効(1952年)で日本国籍を失った台湾と朝鮮出身者とその子孫に対して認められた永住許可」。「終戦前から日本に居住し」というところが大事です。「朝鮮戦争から逃げてきた」では」セーフにはなりません。


     ご承知とは思いますが、1948年から、南朝鮮では「赤狩り」がおこなわれ「韓国大虐殺」が実施されます。「済州島四・三事件」で8万人、保導連盟事件では60万人~120万人、朝鮮戦争では200万人の民間人が殺されました。

    ちょっと常識があれば、「300万人が殺されれば、戦争難民が大量発生した」であろうことは簡単に想像できます。では朝鮮人が逃げた場所はどこか? 答えは明白です。


     パチンコマルハンの会長韓昌祐は、戦後出稼ぎのために密航し、特別永住資格を得たと証言しています。「密航者が特別永住資格」を得る方法は、買うか成りすますか?偽造するか? いずれにせよ「非合法」であることは明白です。

    このことが実は、在日の中で行われている「在日は強制連行されたというウソ」の原因なんですね。実際問題、在日自身が「在日1世は密入国者」ということぐらいは知っているでしょうが、それは「特別永住資格の不正取得」を認めることになるから絶対にできないのでしょう。


     「特別永住資格」は子孫に引き継げますので、現在、日本にいる在日の2.3.4.5世はみんな在日1世が不正取得した「特別永住資格の後継者」である可能性が高いです。在日が反日であるのは「自分たちの過去」を隠すためでもあったんです。

      
     最後に在日韓国人に関しては「移民」というよりは「棄民(きみん)」という言葉がふさわしいですね。「虐殺から逃げた朝鮮人」が在日韓国人1世です。日本政府が送還しようとしても韓国政府が受け取り拒否をしていたことは有名です。

    ところが2012年に在日韓国人には「韓国での参政権が付与」され、2016年7月1日から在日韓国人も韓国での「住民登録証」や「健康保険」の対象者にもなります。と同時に「損得に異常に執着する韓国人」ですから、韓国本国では「在日にも兵役をさせろ!」という声が上がっており、実際、1994年以降生まれの在日韓国人男子には「条件付兵役義務」が課されることが決定しています。

    在日韓国人は、日本政府がほうっておいても「韓国政府が在日の韓国国民化」をおこなうと思います。ですから最初にあったSAPIOの記事で「在日朝鮮人・韓国人の問題は移民とは別の問題」という石原さんの指摘は、あながち的外れもないようです。2016年、在日韓国人の韓国への強制帰国命令もあるかもしれませんよ!


    在日1世の皆様。こんな船で対馬海峡を・・・・ ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 移民とは別の問題???              なぜ??    なぜ??      在日韓国朝鮮人

  • つかみどころがないのが唯一の取り柄!!




          さすが、“油をさしたウナギ”と言われる価値は十分にある!!




    韓国が誇る潘基文(パン・ギムン)国連事務総長だが、実際は「歴代最悪」の烙印を押されている。昨年9月、米ニューヨークタイムズ紙に「潘基文は一体どこにいるのか」と題したコラムが掲載された。内容はシリア内戦などの国際問題への国連と潘総長の対応を酷評するものだった。

    〈国連史における最悪の事務総長というレッテルをはられてしまった。“無力な傍観者”、“どこにもいない男”というありがたくない形容も枚挙にいとまがない〉
    〈潘基文事務総長も国連もシリア国内の大虐殺を止めることに関しては全く無力だった〉

    非常に辛辣だが、実は潘総長への批判が起こったのはここ最近の話ではない。

    2009年にはノルウェー国連大使が潘総長を「やる気と学ぶ意欲に欠けているせいで、多くの交渉で影響力を発揮できていない」と批判している文書が流出。2010年には国連内部監査部のトップが退任するにあたり、潘総長に「あなたの行為は嘆かわしいばかりか、真剣に非難されるべき」「国連事務局は腐敗の道をたどっている」と50枚に及ぶ抗議文書を送りつけている。

    国連外交に詳しい民間シンクタンク・独立総合研究所所長の青山繁晴氏が国連内で囁かれる潘総長の人物評を語る。


    「自分のキャリアに傷をつけたくないために、対応を誤ったと国連の責任が問われているハイチのコレラ問題などにはほとんど取り組んでいませんし、人事面でも、韓国人を大量に採用して幹部を固めています。最近になって始めた対日批判も、次期韓国大統領を狙ってのものと不評を買っています」

    もはや“誇れない”国連事務総長となっていた。
    ※週刊ポスト2013年12月13日号

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! つかみどころがないのが唯一の取り柄!!           さすが、“油をさしたウナギ&

  • ■天木直人


     中国・人民日報のインタビューにて

     http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-11/29/content_30746916.htm


     ”「村山談話」を大いに発揚し、
      「村山談話」の精神を否定する指導者が
      日本に二度と出現しないようにするためには、
      「村山談話」を日本の政府と国民が
      遵守しなければならない法的文書に
      変えなければならない。”と発言

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! ■天木直人    中国・人民日報のインタビューにて   http://japanese.china.

  • 沖縄に不気味な影



    産経2013.4.1 07:13 [中国]

     「中国ともめた」

     台湾・台北郊外を流れる淡水河の岸辺で今年2月、1人の老人の死体が発見された。遺体には鋭利な刃物で刺された傷があった。老人の名前は陳進福さん(78)。妻も同時に殺された。3月に入って男女4人が逮捕された。陳さん夫妻の財産をねらった犯行とみられているが、陳さんは日本の島をめぐるトラブルも抱えていたようだ。

     日本の公安関係者は「沖縄に土地を所有していた陳さんが中国ともめていたとの話もある」と語る。

     地元関係者によると、留学生として来日した陳さんは、日本の大学の非常勤教員などを経て事業をおこした後、沖縄県西表島の南西に位置する外離島(そとばなりしま)や内離島(うちばなりしま)の土地を日本人から購入。

     陳さんには香港の実業家が「観光開発したい」と土地の売却を働きかけていたという。台湾の東森テレビ(3月11日電子版)はこの実業家が「大陸(中国)の軍関係者からの指示で購入を図ったともいわれる」と伝えた。尖閣諸島の南に位置する西表島と与那国島との間を中国艦船7隻が航行したのは昨年10月だった。

     中国人による沖縄県の土地買収話はこれだけではない。沖縄県が一昨年11月に上海で開いた投資セミナーでは、リゾート開発のほか米軍人向けの賃貸住宅も対象に含まれていた。

    沖縄側には中国マネーを当て込み、経済を活性化したいという思惑もあるようだ。水面下では地元財界トップもからみ、主に中国の資本で500億円程度の「日中友好投資ファンド」の立ち上げを目指す動きもある。構想には、カジノリゾートや那覇市内のチャイナタウン設置、中国語テレビの開局も含まれている。

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 沖縄に不気味な影    産経2013.4.1 07:13 [中国]   「中国ともめた」   台湾・

  • 福岡朝鮮学園、補助金二重取りの疑い 県と北九州市から:朝日
     福岡県で朝鮮学校を運営する学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市八幡西区)が昨年度、公演鑑賞など交流事業への補助金を同県と北九州市から二重に取得していた疑いがあることが2日、分かった。同市などによると、計228万円分で請求名目が似通い、うち91万円分は事業の日付と金額が一致していた。県も市も他自治体への二重申請を禁じているが、同学園で常態化していた可能性もあると見て調査に乗り出す方針だ。

     関係者によると、同学園はこの日、市に「過去も含め二重請求した可能性がある」と申し出た。県や市は調査で二重申請の実態が確認できれば、返金を求める方針だ。
     同学園は同市で九州朝鮮中高級学校(約170人)と北九州朝鮮初級学校(約100人)、福岡市で福岡朝鮮初級学校(約50人)を運営する。

     法令上「各種学校」扱いの朝鮮学校には一般の私立小中高校向け助成制度は適用されず、地元自治体が独自に補助制度を設けている。福岡県は年間800万円(事業費の半額)、北九州市は400万円(今年度から450万円)、福岡市は190万円を上限に交流事業や設備整備の実績に応じて支給している。昨年度は県と両市から限度額の計1390万円が支払われた。

     県と北九州市の資料によると、同学園の報告書のうち、9項目計228万6522円分の内容が似通っていた。このうち、九州朝鮮中高級学校の「劇団四季ライオンキング」鑑賞費70万525円(昨年7月11日、福岡市)、北九州朝鮮初級学校の「川筋太鼓と金剛山歌劇団共演」入場料・交通費4万7600円(同11月10日、同県飯塚市)など5項目計91万6605円分は、各事業の日付と金額が一致した。

     他にも、同初級学校での「アリラン夏祭り」(同8月29日)の経費として市に71万7千円分、県に98万1千円分を申請するなど、二重申請を疑わせる例があった。
     県と市の補助金対象は学校が自己負担した事業。二重取得を防ぐため市の報告書には補助金収入の記入欄があるが、空白で提出されていた。

     同学園は取材に対し「朝日新聞から1日に二重請求の疑いがあると指摘を受けたので、行政に問い合わせた。今後、指導を受けるようなことがあれば、それに従いたい」とコメントした。
     県は補助金の申請を受ける際、領収書の提出を求めるが、確認でき次第、返却している。北
    九州市は領収書の「写し」の提出を求めるため、二重申請が発覚しにくかったと見られる。

     朝鮮学校は、朝日新聞に問い詰められて、あわてて行政に申告したようですが、「二重請求した可能性がある」とは白々しさにも程があります。

      ずさんな審査で二重払いを長年許していた県と市もその怠慢を反省する必要がありますが、しかし、曲がりなりにも教育機関であるはずなのにこのような詐欺行為を平然として行うことができるとは酷いものです。さすがは朝鮮学校と言うべきでしょうか。この一件だけでも朝鮮学校への高校無償化が如何に不適当であるかがよくわかります。

     まずは過去にも遡って調査し、全額を返金させること。全額の返金が確認できるまで一切の補助金を停止すること。そして関係者を刑事罰に処すこと。さらに、全国で同様の詐欺行為が行われていないかを調査すべきです。このような行為に甘い対応は許されません。

    おい、何か文句あっか?? えっ!!

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 福岡朝鮮学園、補助金二重取りの疑い 県と北九州市から:朝日   福岡県で朝鮮学校を運営する学校法人「

  • ベトナムの証言

     ベトナム戦争で有名な住民虐殺は昭和43年(1968年)3月16日の米軍ソンミ村虐殺事件が挙げられますが、最も残虐だったのは韓国兵だったと言われています。

     南ベトナムクアンナム省フォンニィ・フォンニャット村の虐殺、ハミの虐殺、ゴダイの虐殺、タイヴィン虐殺をはじめ、村々で化学兵器まで使用して住民を殺戮しました。

    ベトナム人の証言

    「遠くでタイハンが私たちを呼んで手まねきした。かれらは手にアメを一握り持っていたので、私たちはわれ先にももらおうと走っていった。しかし私たち近づくと、アメをもっていたタイハンは笑いながら銃をとるや、いちばん先に走ってきた子どもの頭めがけて引き金を引いた。そうやって先にいった子どもが三、四人死んだ。私は殺されると思って逃げた。あれが果たして人間なのかと、身震いしながら走った。私たちは、大きくなったら必ず韓国からきたあの悪魔に復讐するのだと、なんどもなんども約束した」

    韓国人の証言

    「後輩のひとりが今年軍隊を除隊しました。後輩の話によれば、彼の部隊長は、ベトナム戦争のときに自分の部隊が村を丸ごと焼き払い、住民全員を撃ち殺したと自慢げに語っていたということです。かれらは修道女まで殺したそうです」

     この種の証言はベトナムでも韓国でも何人かに尋ねてみれば数多く聞き出せるといわれる。

     韓国軍の「フィアス・タイガー(猛虎師団)」「ブルー・ドラゴン(青竜師団)」が最も残忍無比だったと言われ、"索敵殺害" - "殺しつくせ、焼きつくせ、破壊しつくせ"という作戦の中で老若男女問わず赤ん坊まで殺戮した。ベトナムの退役軍人の人は次のように語っている。
    「韓国兵に会ったら、死に出会ったも同然だった」

     韓国軍はとりわけ女性にとって恐怖の的でした。韓国兵は残忍なやり方で女性をレイプしてから殺すのだ。米韓軍が共同でベトナム人の結婚の行列を襲って花嫁を含め7人の女性を強姦し、結婚式に呼ばれた客の宝石を残らず奪った上、三人の女性を川の中へ投げ込んだという事件まであった。

     韓国軍によるベトナム人大虐殺は推定で30万人を超すと言われている。

    朝鮮人は信じたいことしか信じない。
    見たいものしか見ない。
    現実と妄想の区別のつかない民族だ。

    ベトナム戦争での韓国軍によるソンミ村虐殺事件も忘れたらしい。
    いや問題にしたり騒いだりすると逆に国民から批難を受ける。
    だからマスコミも今更取り上げない。

    ベトナム戦争時、米国の要請に応じて最前線で戦った韓国軍(1965年から1973年)が残忍で、殺したばかりのベトナム人たちの内臓を取り出し、米兵などにもすすめながら食べた行為は現地ではよく知られている。

    ・・・捜索掃討作戦は、一次的にじゅうたん爆撃等で作戦地域を公開して, 韓国軍等の地上軍が現場に投入されて村に残っている住民たちを即決処分した後、家を燃やしてブルドーザー等で村全体を押し潰す方 式で展開した. 生存者の韓国軍に関する証言で共通な点は, 無差別機関銃乱射, 大量殺戮, 妊産婦, 女性に対する強姦殺害, 家屋への放火などだ. 生存者の証言を土台に韓国軍の良民虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型が現れる.

    ★住民たち(大部分が女性と老人, 子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつのグループにまとめて、機関銃を乱射して抹殺する.

    ★住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす.

    ★子供の頭を割ったり首をはね, 脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む.

    ★女性を強姦した後、殺害して, 妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す.

    ★住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる.

    韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディやケーキが含まされていた. 老人たちの口にはタバコが 咥えられていた場合が多かった. 恐らく、村人を安心させながら一ケ所に集めるための手段だったようだ.

    http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm

    しかしありもしない従軍慰安婦問題や100年近く前の日韓併合には執拗なほど粘着し謝罪と賠償を求める。
    日韓基本条約で解決済みであってもだ。

    同胞は同胞を殺さない。
    韓国軍は虐殺などしない。
    日帝は酷いことをしたに違いない。
    彼らの思考回路がそうなっている。

    事実などなんの意味もない。

    韓国軍によって無残にも虐殺された南ヴェトナムの人々 ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! ベトナムの証言   ベトナム戦争で有名な住民虐殺は昭和43年(1968年)3月16日の米軍ソンミ村虐

  • 同胞は同胞を殺さない!





    韓国軍は虐殺などしない!






    日帝は酷いことをしたに違いない!





    ベトナムの為にも、日本からライダイハンやベトナム戦争で南朝鮮人が行った残虐行為など世界に公表するべきではないか。南ベトナムが陥落し記録や資料が失われたことをいいことに、卑怯な韓国は未だに謝罪も賠償も何一つ行っていない。

     韓国軍によるベトナム人大虐殺は推定で30万人を超すと言われている。50万人を超えるという説もある。

    朝鮮人は信じたいことしか信じない。
    見たいものしか見ない。
    現実と妄想の区別のつかない民族だ。

    ベトナム戦争での韓国軍によるソンミ村虐殺事件も忘れたらしい。
    いや問題にしたり騒いだりすると逆に国民から批難を受ける。
    だからマスコミも今更取り上げない。

    同胞は同胞を殺さない。
    韓国軍は虐殺などしない。
    日帝は酷いことをしたに違いない。
    彼らの思考回路がそうなっている。

    事実などなんの意味もない。

    ベトナム人の耳を集めて首飾り。御機嫌の韓国兵(韓国陸軍最凶悪の猛虎師団)。 ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 同胞は同胞を殺さない!      韓国軍は虐殺などしない!       日帝は酷いことをしたに違いな

  • これって、事業仕訳の対象になりますでしょうか??




    京都に立命館大学という大学があります。
    関西では「関関同立」と呼ばれて、一応は有名大学の範疇に入っているのですが、ちまたでは「反日左翼の巣窟」とか、「共産党・民青の学校」という「よからぬ風評」もあるようです。

    立命館は学生数が多いので、文部科学省から「私立大学経費等補助金」を補助されており、その額は、平成24年度分だけでも「56億42413000円」が援助されています。もちろん全て「日本国民の税金」からです。

    ★国際交流財団、日本にある反韓団体「立命館大コリア研究センター」へ
     研究費支援
     やまとはまほろば 2009-12-02
     http://ameblo.jp/pikino/entry-10401710184.html

    ▲立命館大コリア研究センター

    韓国国際交流財団が日本にある反韓団体に研究費を支援したという主張が提起されて論議がおきている。月刊朝鮮12月号はこの財団が研究費を後援した
    立命館大コリア研究センターが韓国政府の支援金を受けて北朝鮮の連邦制統一を擁護して朝鮮総連系に奨学金を与えたと報道した。

    ここは在日同胞留学生スパイ集団事件の核心人物だったソ・スン(徐勝・65)教授が所長をしている施設でもある。

    立命館大コリア研究センター設立を主導したソ・スン教授は金大中(キム・デジュン)元大統領の太陽政策を支持する代表的な在日同胞の一人だ。
    2007年、金大中元大統領がソ教授の斡旋でこの大学で名誉法学博士学位を受けたこともある。

    同大学の韓国人教授A氏は「大学内部ではコリア研究センターが 韓国政府と日本を非難するための場所だと言われる」という。彼は「そこは韓国文化や韓日の歴史を研究する所ではなく、金大中政権の太陽政策と北朝鮮の連邦制統一案を擁護する扇動隊の役割をしている。

    日本の植民地歴史に対して北朝鮮政権の見解から批判し、他の教授らが不快がる」と伝えた。

    コリア研究センターは2008年11月から4回にかけて親北朝鮮学者で有名な水野直樹京大教授を招請して講義を任せた。講演の究極的な核心が朝鮮総連の主張と全く同じだったという。
    「植民支配をした日本がどうして北朝鮮を非難できるのか」ということだ。

    ソース:朝鮮日報(韓国語) [月刊朝鮮]

    立命館大学コリア研究センター所長 勝村 誠 ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! これって、事業仕訳の対象になりますでしょうか??     京都に立命館大学という大学があります。 関

  • これも反日マスコミと云われる所以のひとつ?。

    ひょっとして、中韓といった反日スジからお金を貰ってわざとやっている特派員も居るかもね。

  • 日本語使用は良いが






              朝鮮語排斥は好ましくない






    韓国人にハングルを教え、韓国語を守ったのは日本


    韓国では世宋時代の1443年にハングルの28文字が創出されました。
    これは日本の平仮名などを参考としています。

    何故、韓国が独自の文字の創出に時間がかかったかといえば、
    中国の属国であったため、嫌疑を避けるためと思われます。
    1504年、学府の成均館ではハングルの教授が禁止され、
    燕山君の時代になると正音書籍を燃やし、ハングルは厳禁となりました。


    日本人によるハングル研究は、
    1872年対馬厳原に朝鮮語学所を設置したことに始まります。
    近代朝鮮語を科学的に体系化したのは、
    金沢庄三郎氏と小倉進平氏です。
    漢字交じりのハングルは、福澤諭吉氏の提案です。


    ハングルが韓国国民に教えられ始めたのは、日韓併合後です。
    識字率が低かった韓国人にハングルを教えるため、
    1911年8月、朝鮮教育会が発足し、「朝鮮語及び漢字」
    「諺文より始めて漢字交じり文及び平易な漢字」
    を教育することが決まりました。


    現在の韓国人は、日本がハングルを奪ったと主張しますが、
    朝鮮総督府の教育政策は、ハングルを禁止するどころか、
    日常の手紙すらハングルで書けない韓国人知識者のためにも、
    ハングルを教えたのです。


    1938年、玄永燮は、南次郎総督と会見し、朝鮮語全廃を提案、
    しかし南総督は、「日本語使用は良いが、朝鮮語排斥は好ましくない」
    とし、朝鮮語を守ったのです。

    90%以上いた文・盲を一掃したのです。 ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 日本語使用は良いが                 朝鮮語排斥は好ましくない       韓国人にハ

  • 国内では、散々 消費税の導入を煽っていたにも拘らず、自分達には非課税で優遇せよとの厚顔無恥な主張。
    国外では、以前から日本を貶めるような記事を英語版にて配信して問題とされたにも拘らず、ほとぼりが冷めるのを見計らい、当時の責任者が社長に就任。
    その毎日新聞が、またやらかしている。

    毎日新聞、英字版記事で靖国神社を「靖国戦争神社(Yasukuni war shrin)」と紹介 世界へ配信

    Japanese prime minister visits Yasukuni war shrine

    TOKYO (AP) -- Prime Minister Shinzo Abe paid his respects
    Thursday at a shrine honoring Japan's war dead in a move that
    drew a quick rebuke from China warning that the visit celebrated
    Japan's military attacks on its neighboring countries.

    The visit to the shrine, which honors 2.5 million war dead
    including convicted class A war criminals, appears to be a departure
    from Abe's "pragmatic" approach to foreign policy, in which
    he tried to avoid alienating neighboring countries.

    It was the first visit by a sitting prime minister since
    Junichiro Koizumi went to mark the end of World War II in 2006.

    Visits to Yasukuni by Japanese politicians have long been a point of
    friction with China and South Korea, because of Japan's brutal aggression during World War II.

    ://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20131226p2g00m0dm032000c.html

  • 本物の英雄であったなら・・・




             事実をありのままに伝えるだけでいい!!

        


                           それで十分!!




    独立運動家・臨時政府・独立軍の本当の姿
    仮に、独立の指導者たちが本物の英雄であったなら、こんなでっち上げはする必要がなかった。そこがアジアの他の国との違いだ。インドでは、ガンジーやボースの軌跡をわざわざでっち上げる必要はない。事実をありのままに伝えるだけでいい。それで十分、彼らは英雄であり後世の手本となる。

    アジアの各国にはミャンマーのアウンサン、インドネシアのスカルノ、ベトナムのホー・チ・ミンなど、キラ星のごとく独立の英雄がいる。ところが韓国には、このような偉大な独立の指導者が一人もいなかった。日本軍を打ち破った勇猛果敢な軍事指導者も、思想的人間的に偉大な文人指導者も、ついに現れなかった。

    大韓民国臨時政府なるものを象徴するのが、中枢にいた三人の主要人物だ。一人は狂信的独裁者李承晩。王朝に繋がる家系が自慢で、それゆえに民族主義者であり、庶民を人間とは思っていなかった(だから大虐殺できた)傲岸な人物だ。

    もう一人は、強盗殺人犯で脱獄囚の金九(キム・グ)。生涯、政争を繰り返した人物だ。こんな男が“警察本部長”に就いていたのだから、いかに怪しげな団体かが分かる。

    最後の一人は朴殷植(パク・ウンシク)で、嘘つき・でっち上げの天才。『韓国独立運動之血史』という怪プロパガンダ文書を書いて、今日に至る韓国のトンデモ近代史の原型を作った人物だ。

    彼らの設立した臨時政府なるものは、いかなる国家からも承認されず、設立から26年間、一度も日本軍と戦わなかった口先だけのヘタレ集団だ。独立軍の中で同組織所属をとくに「光復軍」と呼んでいるが、日本軍と交戦したことはない。

    「人類史上最悪の植民地支配」などと糾弾するほど日帝の支配が過酷なら一度くらいは銃をとって戦っても良さそうなものだが、結局、設立から終戦までの間やっていたことといえば、内輪でのポスト争いと中国政府へのタカリ、市民社会に対する強盗略奪、政敵の同じ韓国人の暗殺くらいのもの。

    一方、独立軍とか抗日パルチザンと称する集団の正体は、要するに満州の匪賊やソ連・中国共産党軍に所属していた韓国人のことである。「愛国心はならず者のなんとやら」とはよく言ったもので、強盗略奪が生業だった匪賊であっても「独立闘争」といえば名分が立ったのだろう。

    満州国軍官学校卒で朝鮮戦争の英雄である白善燁氏は当時を直に知る人物だ。元帥は「独立軍など見たこともないのに、どうやって討伐できるのか」と呆れている。

    もっと呆れるのは、韓国ではこの“独立軍”が日本軍に対して「青山里戦闘」なるもので大勝利したと信じられていることだ。実際には匪賊討伐の際に日本軍人に若干名の死者が出た事件だが、「日本軍に3千名以上の戦死者を出した」という嘘が定着している。

    驚くのは、この臨時政府の戦勝プロパガンダを韓国政府が未だに継承しており、毎年「戦勝記念行事」まで開催していることだ。虚しくないのかという疑問はさておき、この現実からも今の韓国政府が臨時政府の正統な後継者に他ならないことがよく分かる。

    このように、独立運動家と称する連中が「ニセモノの英雄」であり、本人たちも十分それを承知していたから、歴史をでっち上げる必要に迫られたわけである。


    <注>韓国は今でも日韓併合時代を、「人類史上最悪の植民地支配」と呼んでいる。これは、1944年の連合国側のカイロ宣言で、プロパガンダ的に日本を非難するためと、朝鮮人の戦意をくじくために意図的に使われた言葉である。韓国は今でもこれを後生大事に担ぎまわっている。この時同時に、アメリカのルーズヴェルト大統領は、朝鮮を40~50年間連合国=国連の信託統治とする方針を中国の蒋介石をはじめ、各国首脳に伝えている。なぜならば、誰が見ても朝鮮人自身のガバナンス=統治能力はゼロであることは、明白であったからである。

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 本物の英雄であったなら・・・              事実をありのままに伝えるだけでいい!!   

  • 日本ではありません!!





    知ってましたか???





                   西暦ではなく皇紀を使った独立宣言書があるのを!!






    アジアやアフリカの有色人種は数百年の戦いを経ても白人に勝てなかった。

    『アジア人』というだけでそれは「支配される側」に生まれたことを意味した。

    その世界の構図を正面から戦って変えた国が
    この小さな島国・日本だったのである。

    インドネシアの場合、350年間、彼らの祖父やその祖父もずっと勝てずに
    苦しみ続けた強敵を、颯爽と現われた同じアジアの日本軍が、
    彼らインドネシア人の目の前で討ち破ってみせたのだ。


    戦後、マニラの独立記念式典でこんなことがあった。

    例によって韓国の代表が、延々と戦争当時の日本軍と日本民族と
    現在の日本企業を罵倒する演説を打った。韓国代表の演説は
    痛烈無残で聞くに堪えなかった。

    そこで、インドネシアのアリ・ムルトポ准将は韓国の軍人に向かって
    次のように日本を擁護した。
    ★インドネシア アリ・ムルトポ准将
    「日本はアジアの光である。
     大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示したもので
     アジア人の誇りである。
     今、忽然として日本民族がこの地球上から消えたら韓国が一番困ると思う。
     もし、日本がシンガポールの地点にあったら、インドネシア人の成功は
     容易である。つまり、日本の近いところに位置していることは、幸運なのだ。
     経済的支援を連続的に受けていると言ってもよいくらいだ。

     インドネシアが日本に近ければ、今のような貧弱なインドネシアではない。
     つまり、我々インドネシア人は『日本はなにもしてくれなくてもよい』と
     考えている。日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで十分、
     アジア・アフリカにつくしていると考えている。
     だから、我々アジア人は外交面に弱い日本を支援したいと思っている」

    インドネシア人の感情も考えずに日本を罵倒する韓国人に
    インドネシアの軍人が(日本人のいない場所で)怒ったのである。


    ちなみにインドネシアでは日本軍降伏後もイギリスやオランダとの
    独立戦争が4年5ヶ月も続き、甚大な戦死者を出した。

    その戦争において、特別な功労を立てた戦死者は
    首都ジャカルタ郊外のカリバタ国立英雄墓地に祀られた。

    実はそこに彼らの国の英雄たちと一緒に11名の日本人が
    手厚く葬られているのである。
    (カリバタ以外にも各地区の英雄墓地に32名の日本人が祀られている)
    ★インドネシア サンパス元復員軍人省長官
    「特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから日本軍人
     約1000人が帰国せず、インドネシア国軍と共にオランダと戦い、
     独立に貢献してくれたことである。日本の戦死者は国軍墓地に祀り、
     功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけですむものではない。」

    また、独立50周年となった平成7年、残留日本兵69名に対し、
    インドネシア大使から感謝状が贈られ、スハルト大統領は彼らを
    官邸に招いて礼を述べた。

    そしてインドネシアの独立宣言文を起草したスカルノ大統領、ハッタ副大統領は
    “独立を宣言をしたその日付”を1945年という西暦ではなく、
    「日本の協力なしには独立できなかった」という感謝の念を込めて“17805”
    (=17日/8月/05年)つまり2605年という皇紀で記したのである。

    宣言
    我らインドネシア民族はここにインドネシアの独立を宣言する。
    権力委譲その他に関する事柄は、完全且つ出来るだけ迅速に行われる。
    ジャカルタ、05年8月17日
    インドネシア民族の名において
    スカルノ / ハッタ


    これは、今でも10万ルピア紙幣に印刷されています。インドネシア、特にバリ島などに行かれる機会がございましたら、是非記念に10万ルピア紙幣を1枚でも日本にお持ち帰りください。  ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! 日本ではありません!!      知ってましたか???                     西暦

  • “私は感情的に非難するつもりもない”






              “割りと公平だった“






                   “むしろ私は評価している“






    李朝時代の朝鮮半島は近代的な学校はなく、書道と呼ばれる寺子屋がありました。習字と漢籍の素読を教えるだけで実学を一切無視したものでした。日韓合邦当時、その数は約1万6千で、児童総数は14万人で人口の1パーセントに過ぎませんでした。しかし、韓国では教科書に以下のように書いています。

    「1905年以降、普成、養正などをはじめ数多くの学校が建てられ、1910年頃には全国の学校数が5000余となった」

    日韓合邦の1910年は官立・公立小学校はあわせて百校ほどでしたが、保護国時代に日本が先導して設置した公立小学校がほとんどでした。5000校というのは昭和20年に日本が朝鮮半島から去るときの数字です。1910年に5000校というのは巨大なウソです。

    朝鮮の近代的「小学校」は1895年、当時の旧韓国政府が四校(壮洞、貞洞、桂洞、紬洞)を開校したことに始まります。四校あわせて187名でした。そして後に九校になります。

    1905年にはいり、日本の「朝鮮教育代行」という一大国家的規模事業がはじまり、1906年「普通学校令」が交付されます。総督府は可能な限り大規模に朝鮮全土に学校を設置する方針を定め、最高・最良の教育をすすめるための教科書や教師を整備していくことにも腐心しました。資金は日本から持ち出し(借款だが大韓帝国は不返済)官立九校、のほか、各道の主要都市で公立50校がまず整備されました。修身、国語(ハングル)、漢文、日語(日本語)・・・がつくられ出版されました。

    日韓合邦後は明治天皇からの恩腸金(おんしきん)1700万の利子の5分の1.5を初等教育に資することとして、これに総督府からの補助金を加えて小学校の増設をしました。

    1911年 136校増設
    1912年 107校増設
    1913年  22項増設

    1910年に100校だったのが1915年には410校となりました。総経費は115万円でこのうち恩賜金からの利息は2割を占めていました。

    昭和18年(1943年)には官立・公立の小学校は4271校となり、就学児童は日本人9万8169人、朝鮮人194万26人となりました。このほか就学2年の簡易学校は1853校ありました。
    「普通学校」の経費は朝鮮人に対しては負担を軽くし、在鮮日本人は朝鮮人よりも約8倍多く負担しました。

    京城帝国大学は1926年に設置されており、戦前の日本のエリート養成9大学のうち、6番目に設立されています。高等教育としては旧制高校にあたる「大学予科」のほか単科大学にあたる「専門学校」を官立で次々設立し、義務教育を目指していたことから師範学校を大幅に増設していきました。

    日帝が愚民化政策したなどというのは韓国の巨大なウソです。「学校に行けなかった人が大変多かった」とか「この地域では中学校は1校しかなかった」「朝鮮には京城帝国大学しかなかった」などといい、愚民化政策だといいます。

    昭和18年時点で就学率は61パーセントだから、39%の人が学校にいっていない、ここだけつまめば学校に行けなかった人が多かったと、知らないひとは刷り込まれてしまいます。日韓合邦以前は何パーセントだったのかは言わない。

    「一校しかない」というのも人口に対して1校が多いか少ないかを述べずに単に、「少ない」という。大阪と名古屋の帝大より京城帝大が早くできたことは伏せて「大学がひとつしかない」という。こうやって事実の一部をつまんで見せて同情してもらおうと被害者ビジネスをやっているわけです。

    昭和21年には義務教育を実施する予定で、愚民化政策なら義務教育などしません。戦後の韓国の経済発展は日本統治時代の教育の賜物であり、今日の韓国の高い教育レベルも総督府の教育政策があったからです。

    朴 正煕(パク・チョンヒ)第5~9代大統領
    「日本の朝鮮統治はそう悪かったと思わない。自分は非常に貧しい農村の子供で学校にも行けなかったのに、日本人が来て義務教育を受けさせない親は罰すると命令したので、親は仕方なしに大事な労働力だった自分を学校に行かせてくれた。すると成績がよかったので、日本人の先生が師範学校に行けと勧めてくれた。さらに軍官学校を経て東京の陸軍士官学校に進学し、首席で卒業することができた。卒業式では日本人を含めた卒業生を代表して答辞を読んだ。日本の教育は割りと公平だったと思うし、日本のやった政治も私は感情的に非難するつもりもない、むしろ私は評価している」

    娘さんの朴クネ現韓国大統領は、一体、父親のこの発言をどう受け止めているのでしょうか・・・・・?

    下は、朴親子 ↓

    屑マスコミを徹底的にネットで糾弾する! “私は感情的に非難するつもりもない”                 &ld

  • <<
  • 43 24
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン