ここから本文です
  • 1

    *****

    菅直人さんのファンクラブです♪

    頑張れ!菅直人♪

  • <<
  • 1377 1353
  • >>
  • >>1376

    あれ、1375の投稿者、早速自分の投稿消した。やっぱりこの掲示板にもいるようですね、原子力関係者。

  • >>1371

    > 世界の英雄 菅直人!♪♪

    菅直人の価値は、海外で先に評価されるかもしれませんね。原子力関係者の息がかからない海外だからこそ、客観的に菅やその取り巻く日本の情勢を見れるからかもしれないが、日本国民としては恥ずかしいことかもしれませんね。

    菅直人ブログより

    https://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-12259644692.html?frm_src=thumb_module

    >「MY NUCLEAR NIGHTMARE」出版で訪米

    2017-03-25

    テーマ: ブログ

    > 明日、3月26日から30日まで訪米する。私が福島原発事故の1年後に出版した「東電福島原発事故、総理大臣として考えたこと」が英訳され、コーネル大学から出版されるにあたって記念講演を頼まれたため。英文の題名は「MY NUCLEAR NIGHTMARE」。

    > 福島原発事故に対する外国での関心は今でも極めて高い。これまでも各国の原発反対運動を始め、多くの国から話を聞きたいと招待を受けた。できるだけ出かけるようにしている。私の本は2年前にドイツ語訳が出版された。今回英訳本が出版されるので、さらに広く読んでもらえると期待している。

  • >>1369

    もっとも、「戦争反対」を掲げたケネディは国民にとってヒーローと映ったが、「脱原発」を掲げた菅直人は国民にとってパフォーマンスと映った。この辺がアメリカ国民と日本国民の民度の違いだろう。

  • >>1368

    これはかつてアメリカにおいて、軍事関係者のおかげで大統領になれたケネディが、大統領になった後、軍事関係者に反旗をひるがえして「戦争反対」を掲げ軍事関係者から抵抗を受けたのと似ている。その抵抗がどれほど凄まじかったか、ケネディの結末を見れば明らかである・・・・・

  • >>1367

    菅直人は原子力関係者の力があったから総理になれたわけだからね。その原子力関係者に反旗をひるがえして「脱原発」を掲げたのだから、その抵抗がどれほど凄まじいものになるか、我々には想像もつかない。

  • >>1365

    続き

    この後、ベントの開始準備と同時に午前9時から住民避難が始まる。もし東電がもっと早い時間にベントする気があったら、住民避難ももっと早く行われていたはずである。

    そして、姿を消していた保安院もようやくこのとき姿を現し、官邸にメルトダウンの報告をする。ベントとするという決定的な状況になったので、かんねんしたのかこのときやっと姿を現したと考えられる。

     結局東電は12日の午前0時から菅総理が現場に到着するまでの記録を残していない。そのこと自体もなぜそのようにしたか、上記のような状況と照らし合わせるとピッタリ当てはまる。

    さらにその後、バリバリの原子力ムラ自民党広報誌3K新聞は遊覧飛行ネタなるものを報道して何としても菅の責任に擦り付けようと画策したが、これがいかに馬鹿げたネタか、容易に想像がつく。

    皆が盲信している「遊覧飛行ネタ」の大矛盾点

     東京から福島までおよそ300キロ。菅総理がヘリで現場に到着するまでおよそ1時間だから、10キロの非難指示が出ていたとして、この10キロの距離をヘリでかかる時間はおよそ2分。
    もしこの時ベントが実施された場合、菅総理が被爆の影響を受けるとするとこの2分間が問題となる。もしベントがスタートされる時とこの2分間が重なれば問題となるが、そのような兆候は全くなかった。(ベント準備状態だったら、菅総理が近づくことはなんら問題はない)
     しかも現場は菅総理が現場を離れてしばらくたった午前9時から準備をスタートさせているのだ。もし準備が整ってベントをスタートできる状態だったら、菅総理が現場を離れて2分たったらすぐにスタートできたはずだ。
     そもそも自民党さんが考案した遊覧飛行ネタの屁理屈だと、菅が福島に着くずっと前から(東京をでてしばらくしてすぐ)に放射線被害を受けるような言い方なんですよ。ということは避難指示の出た半径10キロよりはるか外側だ。となると避難出来てない住民がかなりの数いたはずだから、当然ベントは出来ないこととなる。菅が近づくことによりベント出来ないのではなく、住民が避難出来てないからベント出来ないということになりますね、それも福島県全域の住民が避難しなければならないほどの規模の。
    つまり、菅総理が現場に近づくことでベントが妨げられたというのは、まったく筋が通らないお笑い話ということになる。

     12日午前0時にベントを開始すると言ってから、実際にベントが行われたのは、なんと14時間後のことだ。その間の菅総理の訪問が作業に影響を及ぼしたとは考えられない。むしろ、菅総理が現場に赴き、吉田所長に大喝を入れたからこそ、午前9時からやっとベント作業が始まったと考えれるのが自然の流れだ。

     このネタに国民が洗脳されているおかげで、自民党は原発責任の追及から逃れられている。自民党にとっては、遊覧飛行ネタを維持することは生命線なのだ。

    タイトル:東電記録はどこへ行ったのだろう??????? まあ、自民が知っている

  • 菅さん、枝野さんも含めて多くの国民に次の事実(ほぼ間違いない)を見ていただきたいですね。


    https://www.youtube.com/watch?v=wdao_aKwyTY

    福山さん、次のように考えればベントがなぜ遅れたか、その謎がすべて埋まりますよ。


    東電と自民党は蜜月の関係。事故直後、東電はまず自民党に相談したそうですから、きっと次のような状況だったのでしょう

    現場吉田氏:「現場の電源が使えません。このままでは原子炉を冷却できずにベントが必要となります。」
    自民党谷垣氏:「なに、ベントだと!?!?!?。ということは放射性物質を放出するということなのか?付近の住民はどうなる?」
    東電本社:「住民避難が必要になります」
    自民党谷垣氏:「原発は絶対に事故を起こさないんじゃなかったのか?我々は今まで100%原発は事故を起こさないということで原発政策を進めてきたんだぞ。話が違うじゃないか。ベントする前に何かできることはないのか。とにかく冷やせばいいんだろ、冷やせば」
    東電本社:「そうは申されても・・・・・」
    自民党谷垣氏:「現場になんとかするように伝えてくれ」
    東電本社:「わかりました、現場に伝えます」
    (この状況はいわゆる社会で極めて普通にある状況だ。東電のボスは自民党であったが、自民党東電の原子力ムラはそれまで原発利権という莫大な富を築いてきた。その根底にあったのは安全神話であり、その神話が事故により根底から崩されかねない場面に直面したのだ。まず利益を重視する社長の立場の自民党は、それを死守するためになんとしても原発は安全という概念を崩すことは許されなかった。利益重視のボス自民党、まず現場に住民避難を伴うベントは後回しということを伝えたのは自然の成り行きだったかもしれない。勿論、その根底に科学音痴の4文字があったからこそそのような判断を下したとも言える。ところが東工大出身の菅総理は元々は原子力ムラと言えども、ベントの必要性は誰よりも早く気付いていた。ところが東電は民主の言うことを聞かずに自民党の言うことをまず聞いてしまった。何十年という長い間、二人三脚で莫大な富を築いてきた東電と自民党の関係、そう簡単に崩れるものではなかった。)


    東電本社:「おい、吉田、自民党がベントするなと言っている、なにか手を考えてくれ」
    現場吉田氏;「え~~~、そんなこと言われても」
    東電本社:「確か緊急冷却装置があったよな。ベントの前にまずあれを使ってみたらどうだ?」
    現場吉田氏:「そんな。あれはまだ一回も使ったことがないんですよ。うまく作動するかどうかわかりません」
    (ここでも、安全神話を死守するあまり、それまで一回も緊急冷却装置を動かしたことがないことがあだとなる)
    東電本社:「なあ吉田、お前も一緒になって原発は事故らないって言ってきただろ。ベントして住民避難にでもなればお前も非難されることになるんだぞ。」
    (吉田は技術者のプライドと原発安全神話を掲げてきた責任から次の決断をする。
    現場吉田氏:「ん~・・・・・・・、わかりました、ベントの前になんとか試みてみます」
    東電本社「よろしくたのんだぞ。今後の俺達の運命は吉田、お前にすべてかかってるんだからな 」

    (このあたりの状況、実は下のNHKスペシャルでも語られていない。12日の午前0時にベント準備が始まる映像が流れてから、次にベント開始の映像が流れるのがなんと9時間後の午前9時だ。そして、いかにこの空白の9時間を埋めるように編集されているかがわかる。

    「原発メルトダウン 危機の88時間」
    https://www.youtube.com/watch?v=eLL1H6iv2sQ

    さらにこの時、官邸に状況を報告するはずの保安院は姿を現さなくなる。保安院は事故に怖じ気づいて逃げたという説もあったが、実はこのとき自民党、東電と事故処理について相談していたものと思われる。自民党、東電、官僚とそれまでタッグを組んで安全神話を守り原発政策を推し進め原発利権を享受してきたのだ。この放射能を原発の外に出すという彼らにとっては前代未聞の事態に遭遇したとき、当然今後の対策、つまり放射能を外にだすベントは何としても阻止しようとしたのはある意味自然の成り行きと思われる。その後、総指揮官の官邸にはベントの状況は一切報告されないこととなってしまった。官邸不在で自民党、東電、官僚が事故への対応を協議することとなる。まさにこの時、過去何十年という原子力ムラによる原子力行政の膿が集約された。原子力行政の隠蔽体質、その裏で原子力利権をむさぼる政財界、安全神話への過信。


    東電本社:「おい、吉田、どうだ、うまくいきそうか?」
    現場吉田氏:「中々厳しい状況です。やはりベントは必要です。これ以上ベントしないと格納容器の圧力もどんどん高まって益々ベントが困難になります」
    (この時、原子炉内の圧力は規定圧力2倍にまで高まっていた。このころ官邸には東電からほとんど情報が上げられていない。官邸は東電に対して強い不信感を抱くようになる。 ただ後で菅総理が東電本店に乗り込んだ時にわかったことだが、実はこの時、東電本店では巨大スクリーンの映像によって現場の状況は逐一手に取るようにわかっていた。)
    東電本社:「おい、吉田、菅総理がそちらに向かうぞ」
    現場吉田氏:「え~~~、何しに来るんですか?」
    東電本社:「どうやらベントが遅れていることに業を煮やして確かめに行くらしい」
    現場吉田氏:「で、どうすればいいんですか?」
    東電本社:「いいか、今までの経緯はなんとしても伏せておいてくれよ。皆にもそう伝えておいてくれ」
    現場吉田氏「わかりました」
    (現場は大想定外のまさかの総理の訪問に右往左往。とにかくベントをしなかったことがバレれば大変なことになるこはわかっていた。自民党お抱えの国会事故調もこの時のことを菅総理が現場を混乱させたと言っていたが、まさにその言葉通り現場は大混乱だったのだ。後に吉田調書以外の調書が存在しないのもこのためだろう。東電と自民党の口裏合わせだけでも大変なのに、他の職員の口裏合わせまではとても不可能なのは容易に想像がつく。
    まさか日本国総理が東電という一企業に訪れるようなことはないだろうとたかをくくり、状況は決してバレることはないと踏んでいた自民党、東電、保安院。しかし、まさか総理が直接現場を訪れるなんて、ベントを渋っていたことがバレてしまう。その時の自民、東電、保安院は相当あせったことと思われる。それこそ悪さをしていた高校生が先生や親にバレることを恐れて何をしていいかわからない、まさにそのような状況だったであろう。
     実は菅総理は、現場がどのような状況になっているか全く情報が入ってこなかったのでそれを確かめに行くために、また被災地がどのようになっているのか視察するために東京を発つことを決めたのだが、もうベントはとっくに開始されていていたと思っていたらしい。ところが、ベントはまだ始まっていないと知った時、唖然としたそうだ。)

    菅総理、現場に到着

    菅総理:「なぜベントしない!!!」
    現場吉田氏「え~~、かくしてこういう状況でベントが非常に困難な状況でして・・・・・」
    (冷静を装う吉田だが、内心はビクビクしていたに違いない)
    菅総理:「とにかく早くベントしてくれ」
    現場吉田氏:「決死隊をつくってやります」

  • 菅さんは東京電力から政治献金を受けてないから福島原発問題で
    東京電力に厳しく対処出来た。
    自民党の政治家には出来ない快挙だったネ♪

    さすが菅直人!♪

  • 管直人・・・またヘリコプターで視察して原発爆発のきっかけを作りたい。
    今度はどの原発にしようか考えていたのに・・・

  • >>菅直人にノーベル平和賞を!♪♪♪<<               菅には模造品がよく似合う

  • 管直人君を韓国人売春婦の元締めに!!

    管君は頭がおかしいから「また爆発させるぞ~」って、売春婦相手に喚いているらしいが何を爆発させるんだ?

  • ガソリーヌ山尾君と倉持麟太郎の不倫話が喧しいが、
    そういえばもう20年ほど前、菅直人君の不倫が一世を風靡したのだった。
    菅君は男らしくない言い訳をしていたが、あの時の戸野本さんにとっては後味が悪かったな。
    細野モナ男がバレたのが10年も前か。あの後モナは結婚して子供ができたようだ。
    結局細野君の通名がモナ男に変わっただけだ。
    ガソリーヌ君の件は、両家庭の破壊につながるだろう。
    子供がグレても叱るのは無理なこと、同情を禁じ得ない。
    以上のように、民進党には脈々とした不倫の系譜がある。

    自民党はと言えばずっと大っぴらだ。
    田中角栄君には真紀子の母親の他子供のいる愛人が2人居たし、
    宇野宗助君は芸者に裏切られて首相を辞めた。
    橋本龍太郎君はハニートラップにかかったし、山崎拓君もエゲツなかった。
    安倍君だって隠し子がいる報道もあった。
    自民党は人数も多ければコッチのほうのスケールもデカい。
    土台政治家に限らず、日本中不倫だらけだろう。

    だから与野党が互いに相手の不倫をあげつらうのは、
    非常に品位にもとるし、目クソ鼻クソの五十歩百歩だし、
    数々の焦眉の急の本題をさしおいて何をやっているだということになる。
    特にガソリーヌ君の件があるだけに、民進党は相手の不倫をあざけるのはやめたほうがよい。

    しかしそこが民進党の民進党たるところで、
    自分らの不倫は開明的な人倫のさきがけで、大いに支持されるべきであるに対し、
    自民党の不倫は前時代的、差別的で女性を食い物にし、悪徳極まるものである、と
    根拠なく信じているところが滑稽だ。

    民進党のナルシズムに付き合うほど、日本国民はヒマではない。

  • 菅直人の罪は大きい。有明海干拓を佐賀高等裁判所の判決を菅直人は控訴せず受け入れた。これは
    菅直人が一方的に有明海干拓は国が悪いと思い込んだことによる。これで50年以上かかった計画はメチャクチャになり今も未解決となった。総理なら50年もの歳月を費やした事業を簡単に個人的な思いでメチャクチャにするべきではない。なんとしても成功させるのが
    総理の仕事だ。全てを国かを悪い、国家に立ち向かうのが正義だみたいな浅はかな男を総理にした国民の罪も大きい

  • 小松長官に対して野党議員は「そのまま死んじまえ」とやじった!


     民主党も共産党も「通院治療しながら働く権利」を一切認めない!


    民主党の榛葉賀津也(しんばか づや)は、小松長官が出席
    すべき委員会のない月曜日に抗がん剤の治療を受ける申請を
    出したところ、「国会審議をないがしろにしている」と辞任
    を要求。

    2014年3月4日、日本共産党の小池晃が、小松長官(当時)
    に対し、「安倍政権の番犬」と小松長官を侮辱したことがあり
    ました。小池晃というのは「中国共産党の番犬の一匹」なんで
    すが、まあ共産党員の人権感覚などというものはこのレベルです。

    日本共産党の大門実紀史という大学中退の東京土建一般労働組合
    専従だったおっさんが、何を勘違いしたのか、小松長官に「あな
    たは療養に専念すべき」と医師でもないのに医療指導したことが
    ありました。

    病気治療をしながら働いている人は全国に何百万人もいます。に
    もかかわらず、こういう発言を平気でおこなう大門に対しては、
    「日本共産党は病者に冷たい」と大ブーイングが起こりましたま
    した。

    もともと、共産主義者というのは「同志」は優遇しますが「意見
    が異なる人は殺してもかまわない」と考えているようですね。ス
    ターリン、毛沢東、ポルポトなどは数百万~数千万単位で自国民
    を大虐殺しています。 有田ヨシフも元共産等員です。

    菅直人ファンクラブ♪ 小松長官に対して野党議員は「そのまま死んじまえ」とやじった!     民主党も共産党も「通院治療しな

  • <<
  • 1377 1353
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン