ここから本文です
  • 1

    【ビジョン:理想・夢念・大志】は<最愛の我が子・我が分身>&<人生の旗印>!!


    皆さん、こんにちは!ようこそ!掲示板訪問を心より歓迎します!

    現代日本は政権交代も実現して戦後体制があらゆる分野で崩壊しつつある乱世大変革期に突入していると実感します。このような激動の時代に生きる私たち
    だからこそ、日本の新時代を築くために各自が【ミッション:使命・天職】を体得できる【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて勇進しましょう!

    私にとって【青春:幼な心&青年の精神】で思い描く【ビジョン:理想・夢念・大志】は<いつも一緒!>の<最愛の我が子・我が分身>です!

    ●国家興隆するときには、理想を以て生活とし、国家衰退するときには、生活を以て理想とす(徳富蘇峰)

    そして、私の中で活きている【ビジョン:理想・夢念・大志】は、私自身が現実生活で直面する精神的・肉体的・経済的・社会的な<大試練・患難辛苦>に打ちのめされて、<人生のどん底>にあろうとも、常に励まし慰め勇気と希望を与え続けてくれ、何度ノック・ダウンしてもノック・アウトせずに、再起・復活に導く<人生の旗印>となってくれます!

    ●幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。その志を貫くためには、
     玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志をまげて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする(西郷隆盛)
     ★<玉>=価値あるもの[正義・名誉]⇔<瓦>=がらくた[生き甲斐の無いもの]
    ●人生の価値は、その長さとは関係がない。人生の価値とは、どのようにその時間を利用したかで決まるものなのだ。あなたが十分に生きたかどうかは、あなたが生きた年数ではなく、あなたがどのような意志をもって生きたのかで決まる(モンテーニュ)

    まさに、私たちの【青春:幼な心&青年の精神】に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】とは、【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】であり、<我が道:人生目的・存在意義>である【ミッション:使命・天職】に通じているのだと体感できます!

    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい(ピリピ書2−13〜14)
    ●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである(ヒルティ)
    ●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である(シュバイツァー)
    ●素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが壮年になってから実現されることである(A.d.ヴィニー)
    ●青春の夢に忠実であれ(シラー)
    ●この世にあるやすらぎはただ一つ大いなる目標への確信だけです(タウラー)
    ●この動揺する時代に自分までぐらつくのは、ただ災いを増すばかり、おのれの志を守ってゆずらぬ者だけが世の中をつくりあげて行くのだ(ゲーテ) 

    皆さんの<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢念・大志】を大切に守り育ることで、【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】に出遭って、【ミッション:使命・天職】を体得して、この混迷波乱の大変革の時代に、世界を舞台に活躍されることを心より応援しています!

    ●君が何かを全身全霊で欲した時、君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。それはいつも、前向きな力として働くのだ(パウロ・コエーリョ)
    ●神様は誰にでも行く道を用意していて下さるものだ。神様がおまえのために残してくれた前兆を、読んでゆくだけでいいのだ(パウロ・コエーリョ)

    皆さんと【ビジョン:理想・夢念・大志】や【ミッション:使命・天職】や【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】について、語り合える事を楽しみにしています!

    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
    ●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三)

    Good luck & God bless you!

  • <<
  • 509 489
  • >>
  • 509(最新)

    cforum2000 10月8日 12:47

    ●私が願うのは(タゴール)

    私が願うのは
    危険から護られることではなく
    危険のさなかで
    恐れないことです

    哀しみのどん底
    心のはげしい痛みの中で
    慰めてもらうことではなく
    哀しみを克服し
    勝利をうたうことなのです

    逃げ場がなくなった時も
    勇気を失わさせないでください
    世間的にも大失敗し
    挫折の連続に遭っている時も
    その害が取り返しのつかないものだと
    考えない恵みをいただきたいのです

    あなたが来て私を救ってくださる・・・
    これを私は願っていません
    私が願うのは
    のりこえてゆく力です

    あなたは私の荷を軽くしたり
    慰めてくださらないで結構です
    たた 私が重荷を担う
    その力をお与え下さい

    喜びの日に謙虚に頭(コウベ)を垂れ
    私はあなたを思い
    あなたの存在を認めます

    暗い悲しい夜
    失意以外、何もない夜にも
    ああ 決してあなたを
    疑うことがありませんように

    ★★★

    ●何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、
     あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。
     そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、
     あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう
     (ピリピ書4-6)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • 【ビジョン:理想・夢望・大志】を<人生の旗印>に高く掲げよう!

    ■讃美歌第二編【64】★のぼれ 高く のぼれ マタイ伝7-13~14
     のぼれ高く  のぼれ若き友よ 低き野辺は霧に閉ざさるれど
     高き峰の上は 日に輝く 細き道を進み絶えずのぼれ

     のぼれ高く のぼれ信仰をもて 雨と風は道をさえぎれども
     黒き雲の上に青空あり 強き神によりて勇みのぼれ

     のぼれ高く のぼれ助け合いて 道に倒れ悩む人のあらば
     愛の手をば のべていたわりつつ 高き峰を指して共にのぼれ

    ●「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、
     そこから入る者が多い。
     しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。
     それを見いだす者は少ない。」(マタイ伝7-13~14)
    ★★★

    ●上を見よ、下を見るなかれ
     前を見よ、後ろを見るなかれ
     外を見よ、内を見るなかれ
     しかして、人に手を貸すべし (エドワード・へール)
    ●青年よ大志を抱け!(クラーク)
    ●汝の車を星につなげ!(エマーソン)
    ●失敗は罪ではない、目的が低いことが罪である(内村鑑三)
    ●<向上>(内村鑑三)
     上へ、上へ、上へと、
     昇るは救済(スクイ)なり、
     降るは滅亡(ホロビ)なり。
     われらは永久に昇りて永久に救われんのみ。
     道の難きを意とせず、
     われなんじを支えんと主いい給えばなり。
     手段を講じてしかるのにちに進まず、
     主の命を確かめて懼(オソ)れなく進むなり。
     より高き、より難き、より聖き業へと進むなり。
    ●美しいビジョン気高い理想を抱き続けている者は、
     いつの日にか、それを現実にするものとする。
     コロンブスは、未知の世界のビジョンを抱きつづけ、それを発見した。
     コペルニクスは他の無数の世界と、
     より広い宇宙のビジョンを抱きつづけ、それを証明した。
     ビジョンを持つことだ。理想を描くことだ。
     あなたの心をこよなく鼓舞するもの、あなたの心に美しく響くもの、
     あなたが純粋な心で愛することのできるものをしっかりと胸に抱く事だ。
     その中から、あらゆる喜びに満ちた状況、
     あらゆる天国のような環境が成長する。
     もしあなたがそれを抱きつづけたならば、あなたの世界はやがて、
     それに基づいて築かれることになる(ジェームズ・アレン)


    今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • 「毎朝・就寝前の決心(ウォルカー)」に学ぶ<生き様・死に様>

    ●コスモポリタン雑誌主事ウォルカー~毎朝就職前の決心(内村鑑三)
     ◆臆病ならざる勇気~失敗・損失に処する覚悟
      ⇔ 人生の不安に動かされず友人・健康・財産の損失を恐れない勇気
     ◆接する全ての人へは好情と善意を抱く心構え
      ⇔ みだりに悪意で人をさばかない
     ◆むさぼらず現状に満足する
      ⇔ 自分が受けるべきものと同様に他者が受けるべきものを善しとする 
     ◆義務を尽くすに勤勉
     ◆挙動においては快活
     ◆正義の遂行に熱心
     ◆公明なる心~小事であれ大事であれ真理とあれば全てを受入れられる心
      ⇔ 新発見を学ぶ為、大胆にして静粛なる円満にして調和せる生涯を送る哲理を学ぶための心

    ウォルカーの決心を<人生目的>とするには困難ですが、【ビジョン:理想・夢望・大志】を
    目指す<生き様・死に様>とした時には、役立つ心得であり<実現手段>と実感できます。

    皆さんが心に抱く<最愛の我が子・我が分身>の【ビジョン:理想・夢望・大志】を
    <人生の旗印>に掲げてウォルカーの決心で活躍されることを心より応援しています!


    今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • ≪力と真理≫⇔【ダイナミック・パワー】と【バイタリティ】!

    ●<力と真理>(内村鑑三)
     キリスト教は真理であって力である。
     力ある真理である。真(まこと)の力である。
     力のない真理ではない。
     真理でない力ではない。
     兵力は力である。しかし真の力ではない。
     哲学は真理である。しかし霊魂を生かす真理ではない。
     キリスト教は兵力や金力のような力ではないと同時に、
     また数学や哲学のような真理ではない。
     キリスト教は神の力である。
     「すべて信ずる者を救わんとの神の大能」である。

     ゆえに、キリスト教は力ある真理であると言うは、
     その真理そのものに力が存していると言うのではない。
     これは、その真理に神の力が伴うということである。
     「神は愛なり」という真理そのものが力あると言うのではない。
     これに似たる真理はキリスト教以外の宗教にもある。
     しかしながら、この真理が、
     神が特別につかわしたまいし使者によって唱えらるる時に、
     これに非常の力が添うのである。
     力は真理以上にあるのである。
     そうして力が真理に添う時に、
     それが神の言となりて、
     死せる霊魂を生きかえらしむるのである。

    【真理】である【神の愛=主イエス】の【聖霊】を通じて与えられる
    <無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】によって、
    心に抱く<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・大志】を
    <人生の旗印>に高く掲げ活躍を心より応援しています!

    今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • 【ビジョン:理想・夢望・大志】で<愛神献霊:自主独立精神・自由・独立>を目指そう!

    ●独立(内村鑑三)
     独立とは必ずしも他の援助を絶つの謂(いい)にあらずして、
     自己の有するすべての実力を活用するの謂なり。
     人一人は小宇宙なり。
     彼の内にほとんど無限の力の貯蔵さるるあり。
     これをことごとく活用せんか、
     彼ひとりの希望(正当なる)を充たし得るのみならず、
     彼は進んで他を助け、もってなお余りあるべき者なり。
     依頼阿従はもとこれ自己の実力を知らざるより来たるものなり。
     あたかもシナ人、朝鮮人等が、
     彼らの邦土の富を知らずして、
     いたずらに貧弱をかこつがごとし。
     吾人各自は一大富源なり。
     これを開鑿(かいさく)して、
     吾人は欠乏を感ずべき者にあらず。
     余輩は言う、
     依頼は弱性にあらずして罪悪なりと。
     独立は美徳にあらずして硬要的義務なりと。


    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • <理想の太陽>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<ひまわりの花>(ウイリアム・ブレイク)
     おヽ、ひまわりの花よ! 君にはあきれるほどに感心するよ。
     だって君は、いつでも、太陽だけを追いかけているんだから。

     君にとって、太陽とは、
     この世の生涯すべてを捧げてでも、
     追い求める価値のある
     愛おしく光輝く<理想郷>なんだね。

     君が追い求めて見つけた<理想郷:太陽>は、
     青年なら誰でもが望みこがれたけれど、
     誰もが君のようにはできなかった。

     君が見つけて追いかけている<理想郷:太陽>は
     この世の生涯を終えて、
     静かに眠る純潔な聖女でさえも、
     眠りから目覚めてしまほど憧れるものだね。

     そして、君が信じ望み愛し続けている<理想郷:太陽>は
     僕自身の心にもいる<ひまわりの花>も
     追い求めているものなんだ。

     Ah! Sun-flower William Blake

     Ah Sun-flower! weary of time,
     Who countest the steps of the Sun:
     Seeking after that sweet golden clime
     Where the traveller's journey is done;

     Where the Youth pined away with desire,
     And the pale Virgin shrouded in snow
     Arise from their graves and aspire
     Where my Sun-flower wishes to go.

    ★★★

    ●青年よ大志を抱け!(クラーク)
    ●汝の車を星につなげ!(エマーソン)
    ●失敗は罪ではない、目的が低いことが罪である(内村鑑三)
    ●青年よ、若き君たちよ!
     つねに正義とともに立て!
     若き君たちの胸中から、正義が消え失せてしまえば、
     その行く末は、社会の破滅である。
     「正義」とは、単なる社会規範としての法律を言うのではない。
     むろん法律は守るべきだ。
     しかし、もっと崇高なる正義があることを、忘れないでくれたまえ!
     (ゾラ)
    ●他人のあざけりを心にとめず、敗北にもくじけず、
     勇気をもってまた起ちあがれ。
     いっさいの正義にはやがて勝利がおとずれるのだ(エマーソン)
    ●人は何のために生きているかをいつも考えねばなりません。
     この問題が解決されるとき、その人は死についてあまり考えなくなります。
     人生の意義はあなたが人生から逃れることでなく、何を与えるかなのです。
     これがわかれば人生は豊かになります(キング牧師)
    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち
     神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、
     これまで彼が導かれてきたすべての道が
     そこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
    ●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり
    (内村鑑三)
    ●神の御心にかなうことを求め行なう以上に
     快い気分を覚えさせ喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)
    ●諸君の精力と思考とを、自分の使命に集中させよ!
     なすべきことを、とことんまでやりぬけ。
     あらゆる改善をし、あらゆることに精通し、
     なすべき仕事を完璧にマスターせよ!(カーネギー)
    ●友よ 太陽に向かって努力せよ!
     人類の救済が 熟する日も近い
     さえぎる木の葉や枝が なんだ
     太陽のもとまで 突き進め!(ヒッピル)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • 【ビジョン】で<天職>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<天職発見の道>(内村鑑三)
     おのが天職を知らんと欲する者多し。
     言う、われにしてもしわが天職を知らんか、
     われはわが全力を注ぎてこれに当たらんと。
     人よ、汝は汝の天職を知るを得るなり。
     汝は容易にこれを発見するを得べし。
     汝の全力を注ぎて、汝が今日従事しつつある仕事に当たるべし。
     さらば遠からずして汝は汝の天職に到達するを得べし。
     汝の天職は、天よりの声ありて汝に示されず。
     汝はまた思考を凝らしてこれを発見するあたわず。
     汝の天職は汝が今日従事しつつある職業によって汝に示さるるなり。
     汝は今や汝の天職に達せんとしてその途中にあるなり。
     なんぞ勇気を鼓舞して進まざる。
     なんぞ惰想にふけりて天職発見の時期を遅滞せしむるや。
     知者あり、いわく、
     「すべて、汝の手に堪うることは、力を尽くしてこれをなすべし
      (伝道の書9-10)」と。
     このほか、べつに天職の道あるなし。
     平々坦々たる道なりといえども、
     その終点は希望の町なり。
     感謝と歓喜の都なり。

    ★★★

    ●天職を発見するの法は今日目前の義務を忠実に守ることであります。
     さすれば、神は段々と我等各自を神の定め給いし【天職】に導き給います。
     要するに天職はこれに従事するまでは発見する事のできるものではありません。
    (内村鑑三)
    ●自分の仕事を知り、それを為せ。
     我々の大事な務めは遠くのほうにおぼろげにあるものを眺めている事ではなくて
     手元にあってはっきりしている事を行なうことである(カーライル)
    ●力に応じたことをしなさい。
     そうすれば神はあなたの善い意図を援(タス)けられるであろう
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●信心があって足ることを知ることは大きな利得である(テモテ前書6‐6)
    ●喜んで必然に従う者、彼こそは賢者にして、神を知る人である(ヒルティ)
    ●神はあなた方にあらゆる恵みを豊かに与え、
     あなた方を常にすべてのことに満ち足らせ、
     すべての善いわざに富ませる力のある方である (コリント後書9‐8)
    ●すべてのことを、人々の言葉や評価によってではなく、
     あるがままに認める者はまことの賢者であって、
     人間よりむしろ神から教えを受けた者である(トインビー:イザヤ書54-13)
    ●人間の第一職分は、自家の天職を探求するのが第一で、
     其天職をどこまでも遂行するのが第二の本分であろう徳富蘆花)
    ●人間にとって最優先課題はこの世でつくべき仕事を発見することだ(カーライル)
    ●人が考えるべきことは何をなすべきかではなく自分は何であるかである
     (エックハルト)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • ■【神の愛=主イエス】⇔【ビジョン:理想・夢望・大志】の側に立つ決心!

     神の側に立とうと決心するがよい。
     次ぎには、あなたの力と個性に合わせて、
     あなたに個人的に下される神の命令に従い給え。
     そうすれば、一切ののものがひとりでに生じ、
     前よりも大きな力までが与えられる。
     が、この道以外では、もちろんそうはいかない。
     神の霊はただに健やかな者ばかりでなく、
     弱い者、病める者をも強くする。
     あなたのなすべき務めは道を選ぶことである。
     まず最初に、たとえば;
     ●まず神の国と神の義とを求めなさい。
      そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう(マタイ伝6-33)
     ●神のみこころを行おうと思う者であれば、だれでも、わたしの語っているこの教が
      神からのものか、それとも、わたし自身から出たものか、わかるであろう(ヨハネ伝7-17)
     ●地の果なるもろもろの人よ、わたしを仰ぎのぞめ、そうすれば救われる。
      わたしは神であって、ほかに神はないからだ(イザヤ書45-22)
     のような、ごく簡単な言葉に従って、
     それをためしてみるがよい。
     それとも、ひとはただ神におのれの意志を捧げさえすればよい、
     といっているジェノアの聖女カタリナの言葉に従うがよい。
     「神がひとたび人間の意志を所有されるならば、
      神はその人の中でみずから全てのことを行ない、
      彼を完全へと導き給う。」
     そうなるとまた、予言者バラムが述べたことが、
     しだいに実現されてくる。
     ●だれもヤコブのうちに災いのあるのを見ない。
      またイスラエルうちに悩みのあるのを見ない。
      彼らの神、主がともにいまし、王者の喜びがそのなかに聞える
      (民数紀略23-19~24) 
     
                             『幸福論』(ヒルティ)より抜粋
    ★★★

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • <神の大意志>⇔【ビジョン:理想・夢望・大志】

    ●<説と志>(内村鑑三)
     説を共にする者あり。志を同じくする者あり。
     しかして二者いずれを友として選ばんとならば、余輩は後者を選ぶ者なり。
     説は変じやすし。志は奪うべからず。
     志において相一致して、吾人は初めて永久の友となるを得るなり。
    ●<意志の作用>(内村鑑三)
     神によりて思い、神によりて働き、神によりて息(いこ)う。
     これキリスト信者の生涯なり。
     われの意志なるものは、
     われ、これをわが意志をして神の意志たらしむるために消費し、
     神の大意志をしてわれの小意志に代わりてわれを活動せしむ。
     かくてわれはわが意志の弱きを覚えず。
     そは、わが意志はこれを神の意志となすに足り、
     しかして神の意志は自由にわれを使用してなお余りあればなり。

    皆さんの<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢望・大志】に
    【神の愛=主イエス】の<大意志>【御心:聖意・聖旨】を体感して
    <人生の旗印>に高く掲げて活躍されることを心より応援しています!

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • 【礼拝:★讃美★祈求★感謝】を<最高!最善!最美!>の武器!

    ●<修養と祈祷>(内村鑑三)
     修養は、神によらずして自ら高くのぼらんとするの法なり。
     祈祷は、神によって直ちに潔められんとするの途なり。
     修養は人の法にして、祈祷は神の途なり。
     われらはプラトン、シセロ、孔子、王陽明にならって
     聖人君子と成らんと欲せずして、
     パウロ、アウグスティヌス、ルーテル、クロンウェルにならって
     クリスチャンたらんことを願うべきなり。
    ★★★
    ●正しき人の祈りは、はたらきて大いなる力あり(ヤコブ書5‐16)
    ●【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】
     いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
     これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである
     (テサロニケ前書5‐16~18)
    ●望みて喜び、患難に耐え、常に祈れ(ロマ書12-12)
    ●心をこめないで言葉をさがすより、言葉をさがさないで祈りの中に心をこめる方がよい
    (ガンジー)
    ●心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世界にない
    (ガンジー)
    ●思案したり、心配したりせずに、祈りかつ働くことが、どんな困難な状況にあっても、
     正しいやり方である(ヒルティ)
    ●何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに感謝をもって祈りと願いとを捧げ、
     あなた方の願い求めるところを神に打ち明けなさい(ピリピ書4-6)
    ●求めよさらば与えられん、
     そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう(ヨハネ伝16-24)
    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、
     これに対抗することはできるであろう。
     私は神のおかげで困難になれてきた。
     神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムエル)  
    ●イエスは言われた。「神を信じなさい。はっきり言っておく。
     だれでもこの山に向かい、『立ち上がって、海に飛び込め』と言い、
     心の中で疑わず、ただ、自分の言う通りに成ると信じるなら、その通りに成る。
     だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。
     そうすれば、その通りになる。 (マルコ伝11-22~24)
      
    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • <最悪>で<最善>に導く【神の愛】!

    ■<一日一生:12月5日>(内村鑑三)
    ●わたしたちは四方から患難を受けても窮しない。
     途方にくれても行き詰まらない。
     迫害に会っても見捨てられない。倒されても滅びない。
     いつもイエスの死をこの身に負うている。
     それはまたイエスのいのちが、この身に現れるためである。
     わたしたち生きている者はイエスのために絶えず死に渡されているのである。
     それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである
    (コリント後書4-8~11)
     
     恐るべかざるものの第一は失敗である。
     失敗は、方針を転ぜよとの神の命令である。
     われらは失敗を重ねて、神の定めたまいしわが天職につくのである。
     恐るべかざるものの第二は患難である。
     患難は、われらを神のふところに追いやるための彼のむちである。
     われらは患難に会うて、
     神のわれらのために設けたまいし休息(いこい)の牧場(まきば)入るのである。
     恐るべかざるものの第三は死である。
     死は、聖められし霊魂の純金を、肉の汚物より分離するための最後の手術である。
     われらは死を経過して、
     神の、聖者のために備えたまいにし光栄(みさかえ)の聖国(みくに)に行くのである。

    ■■■

    ★★★新年あけましておめでとうございます!
       2017年が飛躍の<善き年>になるよう祈念いたします!★★★
    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • ★★A Happy New Year!
      新年2017年を<善き年>としてお迎えください!★★

    ●【真個の理想】(内村鑑三)
     キリスト教は理想ではない、事実である。
     理想が事実となって顕われたるものである、
     すなわち真個の理想である。
     「なすべき」はキリスト教ではない、
     「なしうる」がキリスト教である。
     キリストは道徳的最大事業である。
     われらはかれにありて、
     善をなすこと梃(テコ)をもって
     汽関車を動かすがごとくにやすくなることができる。

    ★★★

    ●一切の仕事が神を離れては困難であり、神と共にあれば一切が可能である
     (ヒルティ)
    ●不可能を口にしないのは万事が自分にとり可能であり、
     許されていると考えるからである(トマス・ア・ケンピス)
    ●理想の実現は(不可能と見えるのは)人間の力や制度によるのではない!
     「万軍の主の熱心これ成し給うべし(イザヤ書9-7)」(内村鑑三)
    ●神には何もできないことはありません(ルカ伝1-37)
    ●人にできないことでも、神にはできる
     (マタイ伝19‐26、創世記18‐24、ヨブ記42‐2)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • ●<力と真理>(内村鑑三)

    キリスト教は真理であって力である。
    力ある真理である。真(まこと)の力である。
    力のない真理ではない。
    真理でない力ではない。
    兵力は力である。しかし真の力ではない。
    哲学は真理である。しかし霊魂を生かす真理ではない。
    キリスト教は兵力や金力のような力ではないと同時に、
    また数学や哲学のような真理ではない。
    キリスト教は神の力である。
    「すべて信ずる者を救わんとの神の大能」である。

    ゆえに、キリスト教は力ある真理であると言うは、
    その真理そのものに力が存していると言うのではない。
    これは、その真理に神の力が伴うということである。
    「神は愛なり」という真理そのものが力あると言うのではない。
    これに似たる真理はキリスト教以外の宗教にもある。
    しかしながら、この真理が、
    神が特別につかわしたまいし使者によって唱えらるる時に、
    これに非常の力が添うのである。
    力は真理以上にあるのである。
    そうして力が真理に添う時に、
    それが神の言となりて、
    死せる霊魂を生きかえらしむるのである。

    皆さんの活躍を心より応援しています!

    ★★★Merry Xmas & A Happy New Year !
      <善きクリスマス&善き年>をお迎えください!★★★
    今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ●<自由の尊厳>(内村鑑三)
     自由は、気まま勝手をおこなうの意にあらず。
     自由は自ら、おのれを治むるの意なり。
     自由は、おのれを神にゆだぬ。
     されども強いられてゆだぬるにあらず。
     自ら求めてゆだぬるなり。
     自由は、自ら選んで人のしもべたるも、
     しかも終わりまで自主たるを失わず。
     神学も教会も、政府も国家も、しかり、神自身も、
     自由の尊厳を犯して、
     吾人の上に何事をもなすあたわざるなり

    ★★★

    ●<真の自由>(内村鑑三)
      ◆真の自由は発意である    ⇔ Unconditional(無境遇)
      ◆真の自由は正しき選択である ⇔ 霊性本来の標準に従う~霊的生命達成の道
      ◆真の自由は善き意志を行う能力である 
    ●真の自由は消極的状態でなく積極的状態である
      何事をも為しうる状態又能力でなく,ある事を為さずしてある他のことを為す能力
      ⇔善悪を判別して悪を避けて善を行う能力 (内村鑑三) 
    ●自由とは理想にあらず、境遇にあらず、能力である(内村鑑三)
    ●Ican do that which is right.(我は正しき事を為し能う)(内村鑑三)

    Good luck & God bless you!
    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    田中 聡(さとし)

  • 【ビジョン:理想・夢念・大志】に<神の言辞(ことば)>あり!

    ●<神の言辞(ことば)>(内村鑑三)
     神は人の言辞(ことば)をもって語りたまわず、
     事実をもって語りたもう。
     あるいは災難をもって、
     あるいは病をもって、
     あるいは悪人に遭遇せしめて、
     その聖意(みこころ)をわれらに伝えたもう。
     事実は隠語なり。その解釈は決して易からず。
     苦悶転倒、数月にわたりて、
     なおその解答を得ざることあり。
     されども聖霊の暗示によりて
     ついにその解明に達するや、
     万物ことごとく明らかにして
     青空一点の疑雲を浮かべず。
     その時、川と丘とは「しかり」と答え、
     人もわれも「しかり」と応ず。
     沈黙にまさる雄弁あるなし。
     事実をもって語りたもう神の言辞は
     その意味深遠にして量るべからず。

    ★★★

    ●私の思いは、あなた方の思いと異なり
      私の道は、あなた方の道と異なる
     主の御告げ
     「天が地よりも高いように
      私の道は、あなた方の道よりも高い
      私の思いは、あなた方の思いよりも高い」(イザヤ書55-8~9)
    ●天の下では、何事にも定まった時期あり、すべての営みには時がある。
     生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
     植えるのに時があり、植えたものを抜くのに時がある。
     殺すのに時があり、癒すのに時がある。
     崩すのに時があり、建てるのに時がある。
     泣くのに時があり、微笑むのに時がある。
     嘆くのに時があり、躍るのに時がある。(伝道の書3-1~5)
    ●神のなされることは全てその時にかなって美しい(伝道の書3-11)
    ●我(主)が為すことを汝今は知らず、後に悟るべし(ヨハネ伝13-7)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!


  • ●急がず休まず静かに天命を待て!(ゲーテ)

    ●<毎日少しずつ(人生のABC)>(内村鑑三)
     少しずつ、しかり、少しずつ、毎日少しずつ。少しずつは大なる勢力である。
     一日に一寸ずつ穿(ほ)れば、一年間には厚さ六間の堅い大理石または、
     みかげ石の岩を穿り通すことができる。双方より一日に一尺ずつ掘れば、
     長さ数マイルの難工事のトンネルも、数年を出でずして貫通することができる。
     一日に一ページずつ書けば、十年間には三千六百ページの浩瀚(こうかん)の
     著述をなすことができる。人生短しといえども、もし一つの事を続いて
     毎日少しずつなすならば、死ぬまでには一大事業を成就することができる。
     驚くべきは、毎日少しずつなす仕事の結果である。
     そして凡人が事業をなさんと欲せば、この途(みち)を取るよりほかに
     方法がないのである。

    ●惰(おこた)らず行かば千里の外も見ん 牛の歩みのよし遅くとも(徳川家康)
    ●One Step at a time(あせらずゆっくり一歩ずつ)

    皆さんの心に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】に【神の愛=主イエス】から託された
    素晴らしい恵みである【ミッション:大義・使命・天職】を再発見して、
    <超歓喜!超感動!超感謝!の大讃美!大絶賛!大称賛!>の心意気で
    【神の愛=主イエス】に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】しながら、
    日々前進されることを心より応援しています!

    ●主を待ち望め。さらば彼、なんじを救わん(箴言 20-22)
    ●主は人の一歩一歩を定め、主は御旨にかなう道を備え、その行く道を喜ばれる。
     人は倒れても、まっさかさまに倒されはしない。全く打ち捨てられることもない。
     主がその手を助け支えられるからである。
     若いときにも老いた今も、わたしは見ていない。
     主に従う人が捨てられ、あるいはその子孫が食物を請い歩くのを見たことがない
     (詩篇37-23~25)

    今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ★崇高遠大な【ビジョン】を登ろう!

    ■<最後の登高>(ヒルティ)
     最後の嵐が吹きすさんでも
     絶頂めざしていさんで登ろう。
     これから道は永久に真直ぐだ、
     天の梯子もはるか上まで見える。
     
     ついに明けそめた朝のそよ風が、
     えもいえぬ思いで胸をみたす。
     しかしその時どきの恩寵(めぐみ)の豊かさに、
     わたしの心もたましいも夢みごこち。

     高き栄光よ、ついに近づいた、
     年ごろ想ったのとなんという違いか。
     けれどもなお長い巡礼の不安な旅路を思い、
     いま一度、十分に支度をととのえよう。

     現実の危険はついに知らなかった、
     わたしに触れたのはただ恐怖の影のみ。
     ここまで親しく導き給うた主よ、
     あなたの大みわざをなしとげて下さるでしょうか。

    ★★★

    ●<吉田松陰が亡くなる一年前に弟子に送った漢詩>
     「志を立てるためには人と異なることを畏れてはならない
      世俗の意見に惑わされてもいけない
      死んだ後の業苦を思いわずらうな
      また目前の安楽は一時しのぎと知れ
      百年の時は一瞬にすぎない
      君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように」
      (NHK「その時歴史が動いた」より)
    ●進まんのみ、進まんのみ。
     褒(ホ)めらるるも褒められざるがごとくに進まんのみ。
     謗(ソシ)らるるも謗られざるがごとく進まんのみ。
     ただ一筋に神を目的(メアテ)に進まんのみ。
     人は無き者と思うて進まんのみ(内村鑑三)
    ●汝の車を星につなげ!(エマーソン)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • ●<天職発見の道>(内村鑑三)
    おのが天職を知らんと欲する者多し。
    言う、われにしてもしわが天職を知らんか、
    われはわが全力を注ぎてこれに当たらんと。
    人よ、なんじはなんじの天職を知るを得るなり。
    なんじは容易にこれを発見するを得べし。
    なんじの全力を注ぎて、なんじが今日従事しつつある仕事に当たるべし。
    さらば遠からずしてなんじはなんじの天職に到達するを得べし。
    なんじの天職は、天よりの声ありてなんじに示されず。
    なんじはまた思考を凝らしてこれを発見するあたわず。
    なんじの天職はなんじが今日従事しつつある職業によってなんじに示さるるなり。
    なんじは今やなんじの天職に達せんとしてその途中にあるなり。
    なんぞ勇気を鼓舞して進まざる。
    なんぞ惰想にふけりて天職発見の時期を遅滞せしむるや。
    知者あり、いわく、
    「すべて、なんじの手に堪うることは、力を尽くしてこれをなすべし(伝道の書9-10)」と。
    このほか、べつに天職の道あるなし。
    平々坦々たる道なりといえども、その終点は希望の町なり。感謝と歓喜の都なり。

    ●【天職】を発見するの法は今日目前の義務を忠実に守ることであります。
     さすれば、神は段々と我等各自を神の定め給いし【天職】に導き給います。
     要するに【天職】はこれに従事するまでは発見することのできるものではありません。(内村鑑三)
    ●自分の仕事を知り、それを為せ。
     我々の大事な務めは遠くのほうにおぼろげにあるものを眺めている事ではなくて
     手元にあってはっきりしている事を行なうことである(カーライル)
    ●力に応じたことをしなさい。そうすれば神はあなたの善い意図を
     援(タス)けられるであろう(トマス・ア・ケンピス)
    ●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。
     そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である
     (シュバイツァー)
    ●あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、
     それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう(ガンジー)
    ●青春の夢に忠実であれ(シラー)
    ●素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが壮年になってから実現されることである
    (A.d.ヴィニー)

    Good luck & God bless you!

  • 百年後に【ビジョン】を届けよう!

    ●百年後(タゴール)

    いまから百年後に
    わたしの詩の葉を 心をこめて読んでくれる人
     君はだれかー 
     
     いまから百年後に?
    早春の今朝の喜びの 仄かな香りを、
    今日のあの花々を、鳥たちのあの唄を、
    今日のあの深紅の輝きを、わたしは
    心の愛をみなぎらせ 君のもとに
    届けることができるだろうかー

     いまから百年後に。
    それでも、ひととき 君は南の扉を開いて
    窓辺に座り、 
    遙か地平の彼方を見つめ、物思いにふけりながら
    心に思いうかべようとするー

     百年前の とある日に    
    ときめく歓喜のひろがりが、天のいずこよりか漂い来て
    世界の心臓(こころ)にふれた日のことをー
    いっさいの束縛から解き放たれた 奔放で うきうきした
    若やいだ早春(ファルグン)の日のことをー 

    羽ばたく翼に 花粉の香りをいっぱいのせた
    南の風が
    にわかに 吹き寄せ 青春の色調で
    大地を紅く染めたのをー

     昔の時代(とき)から百年前に。
    その日、生命たぎらせ、心に歌をみなぎらせて
     なんと詩人は目覚めていたことか、
    どんなにか愛をこめ どんなにか多くの言葉を
    花のように咲かせたがっていたことか!

    百年前の とある日に 

     いまから百年後に
    君の家(うち)で、歌って聞かせる新しい詩人は誰か?
    今日の春の歓喜(よろこび)の挨拶を、わたしは その人に送る。
    わたしの春の歌が、しばし君の春の日に こだましますように。

    君の心臓(こころ)の鼓動のなかに、若い蜂たちのうなりのなかに、
    そして、木の葉のざわめきのなかにも、こだましますように。
     いまから百年後に。

    身近で目先の成果だけを求めるのではなく、百年後の実現を目指すような遠大で崇高な【ビジョン:理想・夢念・大志】を抱いて活躍されることを心より応援しています!

    ●<吉田松陰が亡くなる一年前に弟子に送った漢詩>
      志を立てるためには人と異なることを畏れてはならない
      世俗の意見に惑わされてもいけない
      死んだ後の業苦を思いわずらうな
      また目前の安楽は一時しのぎと知れ
      百年の時は一瞬にすぎない
      君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように     
                     (NHK「その時歴史が動いた」より)


    Good luck & God bless you!

  • ■<ひまわりの花>(ウイリアム・ブレイク)

     おヽ、ひまわりの花よ! 君にはあきれるほどに感心するよ。
     だって君は、いつでも、太陽だけを追いかけているんだから。

     君にとって、太陽とは、
     この世の生涯すべてを捧げてでも、
     追い求める価値のある
     愛おしく光輝く<理想郷>なんだね。

     君が追い求めて見つけた<理想郷:太陽>は、
     青年なら誰でもが望みこがれたけれど、
     誰もが君のようにはできなかった。

     君が見つけて追いかけている<理想郷:太陽>は
     この世の生涯を終えて、
     静かに眠る純潔な聖女でさえも、
     眠りから目覚めてしまほど憧れるものだね。

     そして、君が信じ望み愛し続けている<理想郷:太陽>は
     僕自身の心にもいる<ひまわりの花>も
     追い求めているものなんだ。

     Ah! Sun-flower William Blake

     Ah Sun-flower! weary of time,
     Who countest the steps of the Sun:
     Seeking after that sweet golden clime
     Where the traveller's journey is done;

     Where the Youth pined away with desire,
     And the pale Virgin shrouded in snow
     Arise from their graves and aspire
     Where my Sun-flower wishes to go.

    ★★★

    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち
     神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、
     これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
    ●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三)
    ●人は何のために生きているかをいつも考えねばなりません。
     この問題が解決されるとき、その人は死についてあまり考えなくなります。
     人生の意義はあなたが人生から逃れることでなく、何を与えるかなのです。
     これがわかれば人生は豊かになります(キング牧師)

    Good luck & God bless you!

  • <<
  • 509 489
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン