ここから本文です

人生の出来ごとの警告になるもの
ギャンブラーの人生の変化や緊迫の出来事を警戒しなさい。これらの緊迫は回復しつつあるギャンブラーが、
ギャンブルへの逆戻りの原因になりうる。以下は、数人の専門家が提示した、平均的な人々の、10大緊迫事項なのです。これらの事項のいくつかは‘能動的“状況であっても心に留めておきなさい。

1. 配偶者の死
2. 離婚
3. 夫婦の別離
4. 拘置期間
5. 信頼家族の死
6. 個人の災害や病気
7. 結婚
8. 仕事に熱中する
9. 家族の和解
10. 引退

資料:T.H. Homes and R.H. Rahe”Social Readjustment Rating Scale”精神身体調査ジャーナル、1967
pp.213-218

家族と働く
財政修復計画の源泉は家族メンバーや愛する人、特に配偶者の協力の一部に委ねられる様だ。しかしながら、
それら、問題あるギャンブラーの周りの精神力学はギャンブラーのものの様に、破壊的になりうるし、財政回復努力の妨害行為になるだろう。

心の中に留めおく幾つかのポイント

 驚いた事に、家族や関係者は度々、収支をコントロール出来ない状況においてはギャンブラーの問題について分からずにいる。

 何時もギャンブラーの問題に目覚めている家族メンバーは、彼らがギャンブラーの問題をコントロール出来る,又は、彼らは、彼や彼女の依存症を続けるのをギャンブラーに,現に可能にさせると思っている。

 家族メンバーは、問題あるギャンブラーに対する反応での、彼ら自身の悪金銭管理習慣を持つように、なって来たに違いない。

 機密性は尊重されるべきである。ギャンブラーの向う見ずな態度は、他の家族メンバー、関係者、友達、仕事仲間、又は雇用者に、財政的に有害になるだろう。しかしながらカウンセラーとしてのあなたの、倫理的義務は、顧客の情報を顧客の文章化同意なしに、他の人に暴露すべきではないということである。

貯蓄、債権、商品、そして、他の保証で、今日、より、簡単に、
ギャンブルができる。
 

ウオールストリートはリバーボートギャンブルと同じなのでしょうか?

全ての問題あるギャンブラーではないが、今日ビデオポーカーや、福引、スロットマシーンをする。
何人かは、投資市場に手を出し、不運にもギャンブラーの考え方で、財政市場に近づく。

全投資形態は危険を巻き込む。――より、もっと違った幾つかの形――そして問題あるギャンブラーは
(主に“賭博”ギャンブラー)は、この大博打ポーカーの勝負のような依存のリスクを見つけ出すだろう。
一つには家や不動産といった家族財産の固定財源を伴ったものよりも貯蓄、債権、商品、そして他の保証で、今日、より、簡単に、ギャンブルができる。

オンラインアクセスも又ギャンブルが、より容易く、早く、そして簡単に市場を作る。昼の取引は主要な
実例だと専門家は言う。昼の取引は、投資者が株式を一日当り多数、何百回とさえ売買いするとき、ギャンブラーが、ビデオポーカーマシーンに時々釘付けになるように、時々彼らが,彼らのコンピューター画面に釘付けになって取引することは何もないと知っている。昼間の取引の、巨大な主要なものは金を失う。――
幾つかの場合では、彼らの家や、全て彼らの財政資産を失う。

株式市場では、“ギャンブル”を望んでいないギャンブラーでさえ(しかし投資物件を持っている)隙だらけである。自暴自棄の状況では、賭けために現金が必要だ。彼らは大衆向けに投資物件を売るだろう。
彼らが,その価値の断片で車を売るのは、やまやまなのだが、単に現金を手にするだけなのだ。これは、
二重損失を意味する。ーー投資物件の損失と、賭博で失った金の損失である。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン